1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンク塩のおすすめ比較ランキング!美味しい人気商品は?

2018/05/21更新

塩のおすすめ比較ランキング!美味しい人気商品は?【2018年】

塩

日々の料理に欠かせない塩ですが、何となく選んだ塩を使っている方も多いのではないでしょうか。塩はとれる場所や製法などによって性質が大きく変わります。料理に合わせてぴったりの塩を選ぶことで、ワンランク上を目指すことができますよ。

本ページでは、塩の選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

塩の選び方

タブレットを操作する女性

まずは塩の選び方についてご説明いたします。先に塩の原料による違いを知ったうえで、商品の表示や合わせる食材によって塩を選んでいきましょう。

原料による違いを知る

塩は原料によって大きく「海塩・岩塩・湖塩」の3つに分けることができます。海水そのものだったり、海水が長い歳月をかけて変化したものだったり、とれる場所によって特徴も異なるので、違いを知って使い分けられるようになりましょう。

海塩

地球の表面積の大部分を占める海水からとれる塩です。同じ海塩でも海水を塩にする製法によって、海水を太陽光や風に当てることで水分を蒸発させて作る「天日塩」や、海水を釜で煮詰めて作る「せんごう塩」などに分けることができます。

ちなみに日本で作られるほとんどの塩は「せんごう塩」です。また、海塩は岩塩よりもミネラルが多く含まれています。

岩塩

太古の地殻変動によって陸上に残った海水が、長い歳月をかけて固まったものが岩塩です。日本では馴染みのない岩塩ですが、世界各地で採掘されており、世界全体の生産量の約60%を占めています。岩塩は海塩よりも塩辛いのが特徴です。

湖塩

湖塩は他の2種類と比べるとマイナーな原料で、世界全体の生産量に占める割合も少ないです。湖塩は塩湖からとれる塩ですが、日本には塩湖がありません。しかし海外に目を向けるとカスピ海やバルハシ湖、グレートソルト湖、ウユニ塩湖、死海など、有名な塩湖はたくさんあります。湖塩はまろやかな味わいが特徴で、海塩と同様にミネラルを多く含んでいます。

「しお公正マーク」があるかどうか確認

塩の紛らわしい表示によって、根拠が無いにも関わらず健康に良いといった誤解を招く恐れがあります。そのようなことを防ぐために、例えば「天然塩」や「自然塩」といった表示を禁止するなど、塩にはいくつかの表示ルールが定められています。

食用塩公正取引協議会では、消費者の商品選択を助け、不当な顧客誘引を防止するために、塩の表示が適正かどうかを判断しています。協議会に表示が適正だと認められた商品には、「しお公正マーク」が表示されます。

商品のパッケージに「しお公正マーク」が表示されているかどうかは、その商品が信頼できるかどうかを判断するうえで1つの指標になるので、ぜひ確認してみてください。

合わせる料理で選ぶ

塩の粒の大きさや塩辛さによって料理の味わいは変わります。料理別におすすめの粒の大きさや塩辛さをご紹介いたしますので、ぜひ塩選びの参考にしてみてください。

牛肉やマグロなど、赤身の食材

牛肉やマグロなど、赤身の食材には、粒が大きく塩辛さが強い塩がよく合います。牛肉やマグロは素材そのものの味が強いので、塩も主張が強いものがおすすめです。

とんかつや天ぷらなどの揚げ物

とんかつや天ぷらなど、脂っこい料理には粒が小さく塩辛さが強い塩がよく合います。また、酸味も少しあれば揚げ物の脂っこさを中和してくれますよ。

白身の肉や魚

白身の肉や魚など、あっさりした食材には粒が大きく塩辛さが弱い塩がよく合います。素材そのものの味を損なわずに引き立ててくれますよ。

トマトなどの生野菜

トマトなどの生野菜には粒が小さく塩辛さが弱い塩がよく合います。粒が小さい塩はスッと溶けるので、素材によく馴染んでくれます。

スポンサーリンク

塩人気おすすめ商品TOP20

次にネット通販で購入できる人気の塩を、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、好みに合ったお気に入りの塩を探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

20位

南の極み 天日塩さらさら小粒 500g

南の極み 天日塩さらさら小粒 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 205

南オーストラリアの海水を使い、塩田でじっくりと18か月間かけて作られた天日塩です。粒の大きさは約0.5mmで、ストレートな塩辛さが感じられます。粒が小さめで食材によくなじむので、野菜の下ごしらえなどにも便利です。

使いやすい容器で、指先で塩の量が調整しやすいのもうれしいポイントです。細かい塩は量の調整が難しかったりするので助かりますね。

南の極み 天日塩さらさら小粒 500gの口コミ評判

サラサラで使い勝手のいいお塩です。青いフタの南の極み塩を使ってましたが、小粒があることを知りこちらを購入しました。おにぎりや、野菜の下ごしらえに小粒が重宝します。

天日塩は熱をかけないで太陽と風だけで結晶させたもの。
ミネラル塩は数多あるが、天日塩となるとなかなかに手に入りにくい。
この「熱をかけていない」製法がマル。

19位

天然紅色岩塩 ヒマラヤピンクソルト ミル用粗粒 (3~5mm)300g入

天然紅色岩塩 ヒマラヤピンクソルト ミル用粗粒 (3~5mm)300g入

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 850

ヒマラヤ西部のガンダーラで採掘された岩塩です。約6億年前の先カンブリア時代の地殻変動によって、陸上に取り残された海水が固まってできた岩塩です。ミネラルがたっぷりと含まれており、まろやかな味わいが素材そのものの味を引き立ててくれますよ。

ピンク色の粒は料理の見栄えも良くしてくれるはずです。3~5mmの大き目の粒なので、ミルなどで細かくして使うとよいでしょう。

天然紅色岩塩 ヒマラヤピンクソルト ミル用粗粒 (3~5mm)300g入の口コミ評判

料理や野菜に振りかけるととてもおいしいです。塩辛いだけではなく深みのあるお塩という感じです。

他の岩塩よりもミネラル分が豊富なせいか、まろやかな塩味を楽しめます。
塩味が中心となる料理との相性は抜群で、味に締まりが出る気がします。

18位

あらしお 4kg

あらしお 4kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 939

平釜でじっくりと炊き上げて作られた塩です。原材料はオーストラリア産の天日海塩が使われています。粒はサラッとした薄片状結晶なので、食材によくなじみ、すぐに溶けて素材そのものの味を引き立ててくれますよ。

おにぎりや魚料理、中華料理、パスタなど、さまざまな料理にお使いいただけますが、4kgの大容量なので入浴時に使ってもよいかもしれませんね。

あらしお 4kgの口コミ評判

こちらは安くて色々な用途に使えて、本当に大助かりしています。
盛り塩をしたり、お風呂にいれたりもしています。

食用・入浴用と何にでも惜しみなく使える価格です。
もちろん、お塩の味もまろやかで美味しい。

17位

粟国の塩 500g

粟国の塩 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,296

3人の学者と共に塩の本来のあり方を追求して、20年の研究の末に誕生した沖縄産の塩です。採かんタワーや平釜、脱水槽を駆使し、約1か月間かけて作られる粟国の塩は、素材のうま味が十分に引き出されています。

料理だけでなく、梅干し・味噌・醤油などの加工品とも相性がよいので、さまざまな使い方がお楽しみいただけます。500gの大容量なので、たっぷりと贅沢に使えるのもうれしいポイントです。

粟国の塩 500gの口コミ評判

塩はこれに決めています。梅干し、味噌、などたくさんの料理を支えてくれています。からさが穏やかで本当に味を引き立ててくれるすばらしい塩です。

普通の食塩だと付けすぎるとすぐに辛くなって食べられたものではありませんが、こちらの塩だと辛みが勝つのではなく、しっかりとした塩味が旨味と共に味わえます。

16位

キパワーソルト 250g

キパワーソルト 250g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,097

自然の力で作られた塩田の塩を、独自の製法で高温加熱した焼き塩です。独自製法によって800度以上の高温で加熱しているので、有害有機物質や汚染有機物質が完全に取り除かれています。

水に溶かすと温泉卵のような匂いがしますが、これは海水に多く含まれる硫黄が気化するために起こる現象で、何も問題はありません。調味料としてだけでなく、素材の下ごしらえや入浴用など、さまざまな用途にお使いいただけます。

キパワーソルト 250gの口コミ評判

夏はもぎたてのキュウリにちょっとつけるだけで本当に美味しく感じました。
料理やサラダに重宝しています。

美味しいだけでなく、野菜や果物を洗ったり、傷したときの消毒やら、何にでも使えます。常に持ち歩いて添加物が気になるお弁当などに少しふりかけてみたりしています。

15位

瀬戸内の花藻塩 500g

瀬戸内の花藻塩 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 237

瀬戸内海の海水を100%使用して作られた塩と、海藻二段漬け込みによって凝縮されたうま味成分「海藻抽出物」を原料にして作られた藻塩です。まず天日干しした海藻を海水に漬け込み、平釜で煮詰め、海藻浸漬にがりを抽出します。そのあとさらにもう一度天日干しした海藻を海藻浸漬にがりに漬け込むことで、海藻抽出物ができあがります。

海塩に海藻由来のうま味が加わった藻塩は、通常の塩と同じようにお使いいただけるので、ぜひ一度お試しください。

瀬戸内の花藻塩 500gの口コミ評判

素材の味が引き立つ美味しさです。
塩辛さがキツくなくほんのり甘さがあって、サラダにかけても肉魚をシメても良い万能健康塩だと思います。

ほんのり甘みがあります。天ぷらにつけても美味しい。他の塩と混ぜても違和感がありません。少量でも料理が引き立つので役立っています。

14位

カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ 100g

カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ 100g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,592

イタリアのアドリア海に面するチェルビアで、海水を天日干しして作られたトリュフ塩です。原材料に海塩、黒トリュフ、香料(トリュフ)が使われており、トリュフの香りが楽しめるフレーバーソルトとなっています。

肉料理だけでなく、パスタやオムレツ、サラダ、じゃがいも料理など、さまざまな料理にお使いいただけますよ。純粋な塩とはまた違った使い方が楽しめるので、ぜひ一度お試しください。

カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ 100gの口コミ評判

本当に美味しい!お肉を焼いた時や、最後の仕上げにコチラを使うと、全ての料理で美味しさが違います!

開けた瞬間強烈なトリュフの匂いが溢れます。
何にかけてもかけたもの全てが美味しくなり、非常に重宝しています。

13位

クレイジーソルト 269g

クレイジーソルト 269g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 999

岩塩と6種類のハーブ(ペッパー・オニオン・ガーリック・セロリ・タイム・オレガノ)をブレンドした無添加の調味料です。原材料は岩塩とハーブのみで、化学調味料は一切使用していません。食品添加物が気になる方も安心ですね。

和風・洋風・中華・エスニックなど、どんな料理にでも合わせられる万能調味料なので、一家に一本用意しておけばたいへん便利ですよ。

クレイジーソルト 269gの口コミ評判

スープ・パスタ・ライスなんにでも使える万能調味料です。
ほんの少しつかうだけで。味付けがきまります。
ショートパスタの生クリーム仕立て&にんにくスープにとてもあいました。

ポテト・焼肉・パスタ等に使用してみましたが、謳い文句通り何にでも合いますね。
ふりかけるだけで香り高く深みのある味になります。

12位

ヒマラヤ岩塩 ピンクパウダー(粉末) (2kg)

ヒマラヤ岩塩 ピンクパウダー(粉末) (2kg)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,542

ヒマラヤ山脈北西部にあるカシミール地方でとれた岩塩です。「ピンクパウダー」という商品名からもわかるように、粒がピンク色のパウダー状になっており、ミルなどを使わずにそのままお使いいただけます。

アルカリ性の栄養素が高く、ミネラルがたっぷりと含まれています。約3億年の長い歳月をかけて結晶化したヒマラヤの天然岩塩の味を、ぜひ一度味わってみてください。

ヒマラヤ岩塩 ピンクパウダー(粉末) (2kg)の口コミ評判

ミネラルたっぷりの岩塩だから、食材のちょっとした味付けにこれだけでも、シンプルな味付けで十分美味しい。

細かな粉末タイプで使いやすいです。ミネラル分がたっぷり含まれているからか、味わい深い塩です。

11位

日本海水 並塩(讃岐) 25kg

日本海水 並塩(讃岐) 25kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,783

瀬戸内海の海水を100%使用して造られた業務用の塩です。粒の大きさは食塩と同程度で、適度ににがり分が含まれています。食塩と同様に幅広い用途にお使いいただけますよ。

25kgと大容量なので、食用としてだけでなく、雑草駆除用や入浴用として贅沢に使ってもよさそうですね。バスソルトは毎日使うとなるとお金がかかってしまいますが、本商品は価格も安いので代わりに使ってみてはいかがでしょうか。

日本海水 並塩(讃岐) 25kgの口コミ評判

大量購入したのは体に使うためですが、もちろん、料理にもよく、特に焼き魚はにがりがある並塩の方がうま味を逃がさない作用で、おいしく焼けます

入浴用として購入しました。
たっぷり使えて、この値段はとても助かります!
料理にも使ってみましたが、美味しいです。

10位

ぬちまーす 250g

ぬちまーす 250g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 994

沖縄・宮城島のきれいな海水から、細かい霧を発生させて塩を作る製塩法「常温瞬間空中結晶製塩法」によって作られた塩です。印象的な商品名ですが、沖縄の方言で、命のことを「ぬち」と言い、塩のことを「まーす」と言うそうです。

「命の塩」の名の通り、生命に必要なミネラルがたっぷりと含まれていますよ。パウダー状の粒でサラサラとしており、まろやかな味が特徴です。

ぬちまーす 250gの口コミ評判

サラサラで使いやすく、食塩のどぎつい塩っぱさとは全然違ってとても美味しいです。
卵焼き、しめ鯖、おにぎり、野菜炒め、焼肉、何にでも合うし、どの料理も引き立てて美味しくなります。

野菜、肉、果物(特にスイカ)フライ物等に振り掛け、食したところ、味がまろやかに成ったり、スイカは甘みが増し貴重な一品に成りました。

9位

セルマランドゲランド ゲランドの塩(顆粒) 1kg

セルマランドゲランド ゲランドの塩(顆粒) 1kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,024

フランスのブルターニュにあるゲランド塩田で、熟練の塩職人が古くから伝統製法で作り続けてきた塩です。職人の手によって海水をくみ取り、太陽光と風に当てて自然に乾燥させてできあがります。

本商品は顆粒タイプとなっており、独自の製法によって細かく砕かれているので、ミルなどを使う必要はありません。細かく溶けやすいので肉・魚・野菜問わずさまざまな料理にお使いいただけますよ。

セルマランドゲランド ゲランドの塩(顆粒) 1kgの口コミ評判

色はうっすらとグレーがかっていて、まろやかな美味しい塩だと思います。粒の大きさも細かすぎず粗すぎず、使う料理を選ばずとても使い勝手が良いです。

数年前からお料理にゲランドの塩を使用しています。
変な塩辛さもなく、やさしい甘みのある味が気に入っています

8位

アルペンザルツ 500g

アルペンザルツ 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 756

ドイツ・アルプス山脈のふもとにあるバート・ライヒェンハルの岩塩層から作られた岩塩です。アルプスで2億5000万年もの長い歳月をかけて形成された天然の岩塩層から採掘しています。カルシウムが豊富で、マイルドでコクのある味わいが楽しめます。

カルシウムはパスタのでんぷんと結合することによってコシの強さを出してくれると言われているので、パスタを茹でる際にもぜひ使ってみてください。

アルペンザルツ 500gの口コミ評判

塩なんてみんな同じって言ってた夫が、これでゆで野菜を食べたら驚いていた。混ぜ物がされてないか?って思うほどコクがある。尖った味がしない。

パスタに和食に、きゅうりの塩もみ等シンプルに使うのが美味しいです
お肉の下味に使うと、一味違います。
細かい割に湿気に強く、いつまでもサラッサラです。

7位

沖縄の海水塩 青い海 500g

沖縄の海水塩 青い海 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 592

沖縄・糸満市の沖合約2000mからとれた海水のみで作られた塩です。海水を平釜でじっくりと煮詰めて作り上げられました。粒の大きさは中くらいで、しっとりとしています。

塩味だけでなくかすかに甘味も感じられ、素材そのものの味を引き立ててくれるので、和風・洋風・中華問わず、どんな料理にも合わせられますよ。「しお公正マーク」がパッケージに表示されているのも安心できるポイントですね。

沖縄の海水塩 青い海 500gの口コミ評判

精製塩と違って、いろんなミネラルが含まれているのが味で分かります。
塩味、甘味、苦味、旨味のバランスが良いと思います。

甘味のある、とてもおいしいお塩です。このお塩で、おにぎりをつくると最高です。いろいろな料理に活躍してます。

6位

粟国の塩 250g

粟国の塩 250g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 680

沖縄の粟国島からとれる海水を釜でていねいに炊き上げて作った塩です。ポンプでくみ上げた海水を採かんタワーに流して1週間以上かけて塩分を濃縮し、平釜で30時間以上かけてゆっくりと煮詰め、脱水・乾燥に約2週間かけて出来上がる自慢の塩です。

3人の学者とともに20年の研究の末誕生した塩で、ユーザーの評価も非常に高い商品です。他の塩との違いをぜひ一度確かめてみてください。

粟国の塩 250gの口コミ評判

粒は結構大きく粗めです。口に入れるとうまみがジュワーッと広がるのがすぐに判ります。普通の食塩だと付けすぎるとすぐに辛くなって食べられたものではありませんが、こちらの塩だと辛みが勝つのではなく、しっかりとした塩味が旨味と共に味わえます。

どんな料理にも合いますが、辛すぎず旨味が強いのでシンプルな料理であればあるほど特に美味しさが際立ちます。

5位

 ダイヤソルト 並塩 25kg

ダイヤソルト 並塩 25kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,543

長野県の海水を使用して作られた25kg入りの業務用の塩です。価格が安く、25kgも入っているので食用としてだけでなく、他のさまざまな用途にも使えそうな商品ですね。

例えばお風呂に入浴剤として入れれば、肩こりや腰痛、むくみなどの改善やデトックス効果、保湿効果など、さまざまなメリットがあると言われています。25kgも入っていれば惜しみなく使えるので、ぜひ試してみてくださいね。

ダイヤソルト 並塩 25kgの口コミ評判

入浴剤 畑に散布 料理用といろいろ使わせてもらいました。
特に入浴剤としてはとても気持ち良く、体だけではもったいないので顔にもパシャパシャかけています。

毎日の入浴に入れて使って1ヶ月
まだまだ残っていて経済的にも助かりますし
お肌もツルツルです

4位

クレイジー ソルト 113g

クレイジー ソルト 113g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 605

岩塩と6種類のハーブ(ペッパー・オニオン・ガーリック・セロリ・タイム・オレガノ)をブレンドした無添加の調味料です。クレイジーソルトは1960年にアメリカのニュージャージー州で誕生して以来、アメリカやヨーロッパのレストランや家庭で広く愛されています。「クレイジーソルト」の名に恥じない調味料に仕上がっていますよ。

クレイジー ソルト 113gの口コミ評判

肉料理、魚料理は勿論 サラダのドレッシングにも合いますね。
家で作るポップコーンにパラパラと掛けると、とても美味しいですよ。

この食欲を刺激しまくる調味料はなんでしょう、肉がとても美味くなりましたが一番驚いたのは
野菜が美味しくてたまらなくなってしまった事です。

3位

南の極み 天日塩 500g

南の極み 天日塩 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 206

オーストラリア産の天日塩です。南オーストラリアの海水を塩田に引いて、太陽光と風に18か月間当てて作られています。日本のように雨が多い場所ではできない、気候条件のよいオーストラリアならではの製法です。

粒はサラサラとしており大き目で、ストレートな塩辛さと柔らかい味が特徴です。専用の容器は使いやすいだけでなく可愛らしいので、キッチンに置いておけば様になりそうですね。

南の極み 天日塩 500gの口コミ評判

最大の特徴は、固まらないこと。そうは言っても夏場だと密閉していない容器内では多少は固まってくるのだが、ちょっと振ってやれば元通りサラサラになる。

お値段が安いのにとても使いやすいお塩です。
開け口がスライドなので簡単ですし、出す量も調節しやすいです。
普段目分量で料理する方も使いやすいと思います。

2位

ユウキ食品 イタリアンロックソルト(岩塩) 800g

ユウキ食品 イタリアンロックソルト(岩塩) 800g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 464

イタリアにあるシチリア島の山脈から採掘された岩塩です。太古の地殻変動によって陸上に取り残された海水が、約200万年~5億年という気の遠くなるような長い年月をかけて結晶化したもので、純度が高くミネラルがたっぷりと含まれています。

ロック状になっているのでそのままでも使えますし、ミルに入れて細かくして使ってもよいですね。800gの大容量でありながら価格が安いので、岩塩好きの方におすすめです。

ユウキ食品 イタリアンロックソルト(岩塩) 800gの口コミ評判

癖の少ない岩塩で、何にでも使用できるようです。
単体で味見しても美味しいです。

いつもサラダに塩・胡椒・オリーブオイルをかけて食べていますが、塩が変わるだけで味に広がりが出てくるのには驚きました。

1位

伯方の塩 1kg

伯方の塩 1kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 317

にがりをほどよく残した天日塩です。CMなどでよく見るため、知名度が高い塩ですよね。太陽光や風を当てて蒸発させることで作られたメキシコまたはオーストラリアの天日塩を、日本の海水で溶かしたものを原料としています。

伯方の塩は粒が荒いので、ゆっくりと溶けていきます。パッケージには「しお公正マーク」がしっかりと表示されていますよ。1kg入っているのでたっぷりと使えますね。

伯方の塩 1kgの口コミ評判

昔工場見学をしたことがありますが、手頃な価格で美味しい塩を提供しようとする皆さんには頭が下がります。これからも頑張って欲しいです

料理に使う塩をケチって安価なケミカルな塩にすると料理が不味くなる事を実感できた気がする。
弱火でフライパンで炒って使うとサラサラで使い易い。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

塩の効果的な使い方

塩もみされたきゅうり

最後に塩の効果的な使い方をご紹介いたします。塩には味つけ以外にもさまざまな使い方ができるので、ぜひ有効活用してくださいね。

甘味を強めるために使う

2種類以上の異なる味が混ざると、一方あるいは両方の味が強く感じられることがあります。この現象は味の「対比効果」と言われています。一例を挙げると、スイカに塩をかけることで、甘味と塩味が混ざり、スイカの甘味が強く感じられるようになります。これは「隠し塩」などとも呼ばれますね。ぜひ一度お試しください。

水分を出すために使う

塩は食材の余分な水分を出したり、身を引きしめたりするために使われることがあります。例えば全体の90%以上が水分と言われる野菜「きゅうり」の水分を出したいときに使われることが多いです。水っぽさが無くなり料理の味が引き立つのでおすすめですよ。

変色を防ぐために使う

食材の皮をむいたり切ったりしてそのままにしておくと、茶色く変色することがありますよね。りんごが有名ですが、この現象を「褐変」と言います。

りんごの褐変はポリフェノールの一種であるエピカテキンなどが酸化することで起こると言われていますが、食塩水に浸しておくことで褐変を防いでくれます。濃度が濃いと味を損なってしまうので塩の量には気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。塩は調味料の中でも使う機会が非常に多いので、ぜひともこだわりの塩を使って料理の質を上げていきたいものです。料理に合わせて使い分けができるように、複数の塩を常備しておいてもよいかもしれませんね。本ページを参考に、お気に入りの塩を見つけていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.