1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンクドリンク栄養豊富でおいしい無調整豆乳のおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/03/14更新

栄養豊富でおいしい無調整豆乳のおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

大豆と豆乳

余計な添加物などが入っておらず、豆乳ならではの栄養素が豊富に含まれている「無調整豆乳」。無調整豆乳の他にも調整豆乳や豆乳飲料などがあり、同じ豆乳でも違いがあります。現在、さまざまな無調整豆乳が販売されていますが、違いが分からずどれも似たり寄ったりな商品だと感じている方も多いのではないでしょうか。

本ページでは、無調整豆乳の飲む目的に合わせた選び方やネット通販で購入できる人気の商品に加え、無調整豆乳の美味しい飲み方などもご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

無調整豆乳の選び方

タブレットを眺める女性

まずは無調整豆乳の選び方についてご説明いたします。先に無調整豆乳と他の豆乳の違いを知り、そのあとで飲む目的などに応じて自分に合った無調整豆乳を選んでいきましょう。

豆乳の種類を知る

豆乳は大きく「無調整豆乳」、「調整豆乳」、「豆乳飲料」の3種類に分けられます。まずは無調整豆乳が他の2種類の豆乳と比べて何が違うのかを理解しましょう。

無調整豆乳

無調整豆乳は大豆のみを原料とし、大豆固形分が8.0%以上で、大豆たんぱく質が3.8%以上のものを指します。無調整豆乳は調整豆乳や豆乳飲料と比べると飲みにくさがデメリットですが、3種類の豆乳の中で最も大豆固形分が多く、イソフラボン・大豆サポニン・レチシンなどの栄養成分をたくさん摂取することができます。

調整豆乳

調整豆乳とは砂糖や食塩などを入れて飲みやすいように味を調整した豆乳のことで、大豆固形分が6.0%以上、大豆たんぱく質が3.0%以上のものを指します。

豆乳飲料

豆乳飲料は大豆以外に果汁や野菜汁、コーヒーなどを加えることで、ジュース感覚で飲むことができる豆乳です。JAS規格によると豆乳飲料には2種類あり、果汁入りのものとそうでないものに分けられます。

果汁入りの豆乳飲料は大豆固形分が2.0%以上で大豆たんぱく質が0.9%以上のものを指し、その他の豆乳飲料は大豆固形分が4.0%以上で大豆たんぱく質が1.8%以上のものを指します。

飲む目的で選ぶ

これから無調整豆乳を飲む予定の方も、すでに飲んでいる方も、何らかの目的を持っていらっしゃるはずです。そのような方は、無調整豆乳の栄養成分表示などを見ながら目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

美肌効果

美肌効果に期待して豆乳を飲むという方は多いのではないでしょうか。豆乳に含まれるビタミンBやビタミンE、イソフラボンなどには、美肌効果があると言われています。ビタミンBやビタミンEによる新陳代謝や血行の促進、イソフラボンによる肌トラブルの防止など、さまざまな効果が期待できますよ。

ダイエット

豆乳に含まれる大豆サポニンには、ぶどう糖が体内で脂肪と結合しないように抑制し、体脂肪の蓄積を防ぐ働きがあると言われています。また、食欲を抑える効果もあるとされているので、豆乳にダイエット効果を期待する方は、大豆サポニンの含有量をチェックしてみてください。

便秘の解消

豆乳に含まれるオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌の栄養源になります。オリゴ糖によってビフィズス菌の数を増やして腸内環境を整えることで、便秘の解消が期待できますよ。

バストアップ

豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることによって、女性のバストアップにも効果があると言われています。また、イソフラボンは他にも生理痛の緩和や肌の老化防止などにも役立つそうです。女性の強い味方ですね。気になる方はイソフラボンの含有量を確認してみてください。

非遺伝子組み換えかどうか

豆乳の原料である大豆は、遺伝子組み換えが行われたものも多く流通しています。遺伝子組み換えとは遺伝子操作のことで、人為的に自然界の作物の遺伝子に手を加えているということになります。便利な技術ではありますが、人体に絶対に影響が無いとは言い切れません。

無調整豆乳を選ぶ際は、パッケージなどを見て、原料の大豆が「遺伝子組み換えでない」かどうか確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

無調整豆乳人気おすすめ商品TOP5

次にネット通販で購入できる人気の無調整豆乳を、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、好みに合ったお気に入りの無調整豆乳を探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

5位

 マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml×24本

マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,137

厳選された国産の遺伝子組み換えでない大豆を使用した、大豆固形分11%の無調整豆乳です。無調整豆乳が大豆固形分8.0%以上のものを指すということを考えると、本商品の大豆固形分11%は一般的な無調整豆乳よりも多いということが分かります。大豆固形分11%ならではのコクとすっきりとした後味をお楽しみください。

同じマルサンアイ株式会社が製造するスタンダードな無調整豆乳と比べると、主にたんぱく質、炭水化物、カリウム、マグネシウム、イソフラボンなどの栄養素が多くなっています。中でもイソフラボンに関しては1.5倍以上の含有量なので、摂取量を調整しながら飲んでくださいね。

【栄養成分(100mLあたり)】エネルギー:62Kcal、たんぱく質:5.5g、脂質:3.5g、炭水化物:2.0g、ナトリウム:0mg、カリウム:218mg、カルシウム:11mg、マグネシウム:34mg、鉄:0.6mg、亜鉛:0.5mg、コレステロール:0mg、イソフラボン:47mg

マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml×24本の口コミ評判

これまで飲んだ無調整の豆乳の中で一番美味しいです。
すっきりしていて飲みやすい豆乳だと思います。
国産の大豆を使用と書いてるので、なんだか安心して飲めます。
授乳中でよく出ると聞いて甘酒と混ぜたりもしますが、クセがないのでとても美味しいです。

リニューアルされてからは、初めて飲みますが
前のタイプよりちょっと味がスッキリとしたような感じで
好みが分かれるかも知れませんが、豆乳独特の後味の青臭さがないので
とても美味しいと思います。

4位

ふくれん 九州産ふくゆたか大豆成分無調整豆乳 200ml×12本

ふくれん 九州産ふくゆたか大豆成分無調整豆乳 200ml×12本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 995

遺伝子組み換えでない九州産大豆「ふくゆたか」を原材料に使用した、大豆固形分9.0%の無調整豆乳です。200mLパックが12本セットになった商品なので、飲み残すことなく自分のペースに合わせて使うことができますよ。

輸入された大豆を使った豆乳が多い中で国産の大豆を使用した商品はなかなか珍しく、大豆の産地を気にする方でも安心してお飲みいただけます。大豆のうま味を残しつつ特有の臭みを除去することによって、豆乳があまりお好きでない方もさっぱりと飲みやすい味になっていますよ。

【栄養成分(200mLあたり)】エネルギー:99Kcal、たんぱく質:10g、脂質:5.1g、炭水化物:3.3g、ナトリウム:14mg、カリウム:388mg、カルシウム:22mg、マグネシウム:45mg、鉄:1.4mg、コレステロール:0mg、イソフラボン:45mg

ふくれん 九州産ふくゆたか大豆成分無調整豆乳 200ml×12本の口コミ評判

無調整の豆乳ですが、豆臭さや甘みが少なく、さらっと飲みやすい印象です。しっかりした豆乳感を楽しみたい人には向きませんが、牛乳がわりに使うならこのくらいのほうが、いろいろ合わせやすいと思います。

本当にクセがないので、そのままでも、あたためてお砂糖を入れても、きなこを溶かして飲んだりしても美味しいです。豆乳嫌い、だけど健康のために飲んでみたい!と言う方にこそ是非試して頂きたい品です。

3位

マルサン 有機豆乳無調整 200ml×24本

マルサン 有機豆乳無調整 200ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,700

遺伝子組み換えでない有機大豆を原材料に使用した、大豆固形分9.0%の無調整豆乳200mLパックが24本セットになった商品です。本商品は有機JASの認定を受けた農場において、厳しい生産基準に従って生産された有機大豆のみを使っています。

賞味期限は120日となっていますが、牛乳などと異なり長期保存ができるのは、衛生管理に基づいた工場で完全密封された容器に無菌充填しているためで、防腐剤や保存料は全く使用されていないのでご安心ください。

100mLあたりのイソフラボン含有量は28mgとなっていますが、本商品1本分に換算すると56mgです。イソフラボンの1日摂取目安量の上限値は70~75mgとされているので、本商品を1日1本飲めば十分なイソフラボンを摂取できるということになります。ちょうどよいサイズなのでたいへん便利ですね。

【栄養成分(100mLあたり)】エネルギー:52Kcal、たんぱく質:4.7g、脂質:3.1g、炭水化物:1.2g、ナトリウム:1.0mg、カリウム:184mg、カルシウム:12mg、マグネシウム:25mg、鉄:0.6mg、亜鉛:0.4mg、コレステロール:0mg、イソフラボン:28mg

マルサン 有機豆乳無調整 200ml×24本の口コミ評判

調整豆乳は甘みの添加物が加えられたり欲しい栄養価がカットされたりしていますのでいつもは無調整豆乳を飲んでいます。
最初は味に抵抗があるかも知れませんが飲んでいると慣れてきて美味しいと感じてきます。
牛乳ではお腹がゴロゴロする人にお勧め、200mlだと飲みきりサイズで丁度良いです。

無調整という割には、とても飲みやすいですね。 なんか、豆臭いというか、青臭いようなイメージが、無調整という言葉にはあったんですが、ぜんぜんちがいました。毎晩、寝る前の小腹が空いたときなどにも、ちょっと飲んでます。

2位

キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳 1L×6本

キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳 1L×6本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,356

遺伝子組み換えでないカナダ産の丸大豆を原材料に使用した、大豆固形分8.0%の無調整豆乳です。本商品について特筆すべきなのは、2015年度のモンドセレクションで金賞を受賞したという点でしょう。

モンドセレクションは1961年にベルギーのブリュッセルで設立された民間団体で、毎年70名の専門家たちが世界各地の食品・飲料・化粧品・ダイエット食品・健康食品などを審査しています。モンドセレクションで金賞を受賞したという事実は、本商品の品質の良さを表しています。

1Lパックが6本入った商品なので、家族で飲みたい方や料理に使いたい方などにおすすめです。個人で飲む方は量を調節して飲んでくださいね。

【栄養成分(100mLあたり)】エネルギー:58Kcal、たんぱく質:4.5g、脂質:3.7g、炭水化物:1.6g、ナトリウム:0mg、カリウム:213mg、カルシウム:17mg、マグネシウム:28mg、鉄:0.5mg、亜鉛:0.4mg、コレステロール:0mg、イソフラボン:28mg、レシチン:211mg、大豆サポニン:40mg

キッコーマン飲料 おいしい無調整豆乳 1L×6本の口コミ評判

大人になってから牛乳が苦手になったので
豆乳を色々飲んでみましたがこれに辿り着きました。
コクがあるのでシリアルにもよし、カフェラテにもよし。
なにより氷を入れて直接飲むのが最高なのですイエー。

色はスキムミルクを溶かしたような濃いめの乳白色で他社の白っぽい豆乳の色とは全然違います。味は濃厚でありながら後味はさっぱりしている、今まで飲んでいた物とは全く違った、信じられない美味しさの豆乳です。

1位

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,237

遺伝子組み換えでない有機大豆を原材料に使用した、大豆固形分9.0%の無調整豆乳です。農薬を使用していない、または認められた農薬以外が使われていない有機栽培大豆のみを使用しています。

本商品は輸入された大豆を使っていますが、IPハンドリングといって、遺伝子組み換え作物と遺伝子組み換えでない作物が混在しないように分別管理された大豆であることを確認しています。遺伝子組み換えでない有機大豆ということで、原材料にもこだわりが感じられる無調整豆乳です。

本商品は1Lの無調整豆乳が6本セットになっていますが、テトラ・ブリック・アセプティックと呼ばれる容器が使われており、未開封の状態であれば常温での長期保存が可能になっています。飲み切れるか心配な方も安心して購入していただけますよ。

【栄養成分(100mLあたり)】エネルギー:52Kcal、たんぱく質:4.7g、脂質:3.1g、炭水化物:1.2g、ナトリウム:1.0mg、カリウム:184mg、カルシウム:12mg、マグネシウム:25mg、鉄:0.6mg、亜鉛:0.4mg、コレステロール:0mg、イソフラボン:28mg

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本の口コミ評判

牛乳が苦手なんですが、このマルサンの豆乳は毎日飲んでます。
個人差はありますが、無調整なので甘味などもなくスッキリとした飲み味だと思います。1日一杯(200ml)飲んでいるせいか健康で、あと肌ツヤがよくなり、髪も何となくパサつきがなくなりました。

濃厚だけどすっきりしてて、無調製でもおいしいです。
有機で安心なのも気に入ってます。
コーヒーに入れてソイカフェオレにすると美味しいです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

無調整豆乳の効果的な使い方

コップに入った大豆と豆乳

最後に無調整豆乳の効果的な使い方をみてきましょう。無調整豆乳の摂取量や飲むタイミング、美味しい飲み方をご紹介いたしますので、ぜひ参考にして毎日の豆乳生活を楽しんでくださいね。

無調整豆乳の摂取量目安

豆乳に含まれるイソフラボンにはさまざまな効果が期待できることをお伝えしてきました。しかし、イソフラボンは過剰に摂取してしまうと体に悪影響を与えてしまうおそれがあるため、食品安全委員会ではイソフラボンの1日摂取目安量の上限値を70~75mgに設定しています。

無調整豆乳のパッケージを見てイソフラボンの含有量を確認し、過剰摂取にならないように量を調整するようにしてくださいね。

無調整豆乳を飲むタイミング

無調整豆乳をどのタイミングで飲めばよいか迷っている方もいらっしゃるかと思います。無調整豆乳を飲むおすすめのタイミングをご紹介いたしますので、飲む目的に合わせて調整してみてくださいね。

朝起きたとき

朝起きたとき、朝食をとる前に豆乳を飲めば空っぽのお腹に栄養成分が染みわたります。便秘解消を目的として豆乳を飲む方は、朝起きたときに飲んで腸の働きを活発にしましょう。

食事前や空腹時

食事前や空腹時に無調整豆乳を飲むことで、満腹感が出て食べ過ぎを防ぐことができます。ダイエットを目的として豆乳を飲む方は、食事前や空腹時に飲んでみてはいかがでしょうか。

夜寝る前

就寝時に成長ホルモンが活発になるとされているのは有名な話ですよね。美肌効果に期待して豆乳を飲む方は、夜寝る前に飲んでみてはいかがでしょうか。

無調整豆乳の美味しい飲み方

無調整豆乳は調整豆乳や豆乳飲料と比べると飲みにくいので、毎日飲むのは少し辛いという方もいらっしゃるかもしれません。そこで、無調整豆乳の美味しい飲み方をご紹介いたします。日によって飲み方を変えるなど、毎日飲んでも飽きないような工夫もしてみてくださいね。

砂糖やハチミツ、シロップなどを加える

砂糖やハチミツ、シロップなどを加えることで無調整豆乳に甘味が加わり、飲みやすくなります。結局甘くするなら最初から調整豆乳を飲めばよいのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分で甘さが調節できるのは大きなメリットです。

無調整豆乳を果物と一緒にミキサーにかける

バナナやいちごなどの果物と一緒にミキサーにかけることで、無調整豆乳に果物の風味が加わりたいへん飲みやすくなります。果汁入りの豆乳飲料とは違って手作りなので安心感がありますよね。

無調整豆乳をコーヒーに入れてソイラテにする

コーヒーにミルクではなく、代わりに無調整豆乳を入れることでソイラテ風に仕上がります。ブラックコーヒーが飲みにくい方にも、無調整豆乳が飲みにくい方にもおすすめできる飲み方です。ぜひ試してみてくださいね。

無調整豆乳を料理に使う

無調整豆乳を直接飲むのではなく、料理に使うことで間接的に摂取する方法もおすすめです。豆乳を使ったレシピはネット上でたくさん公開されているので、気に入った料理があったらどんどん作ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。摂取量に気をつければ無調整豆乳はさまざまな効果が期待できるので、バランスのよい食生活を心がけたうえで、補助的に取り入れてみてはいかがでしょうか。本ページを参考にしつつ、目的に応じて自分に合った無調整豆乳を選んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.