1. グッディ∞
  2. スポーツ&アウトドア毎日やりたい腹筋ローラーおすすめ比較ランキング!筋トレに人気なのは?

2018/05/21更新

毎日やりたい腹筋ローラーおすすめ比較ランキング!筋トレに人気なのは?【2019年】

腹筋ローラーを使う男性

腹筋の鍛錬やウエストの引き締めに便利な腹筋ローラー。短い時間で行えるので、忙しい現代人にピッタリのアイテムです。最近ではテレビやメディアで頻繁に登場しており、ダイエットや体系美化を目指す女性にも人気を集めているんですよ。

腹筋ローラーには色々な種類がありますから、自分に合ったものを手にすると続けやすいと言われています。そこで、今回は販売されているローラーの中でも、特にオススメのものをご紹介します。

腹筋ローラーの選び方

パソコンを使う男性

腹筋ローラーは、形状やサイズはもちろん、色やデザインまで様々なものが売られています。製品ごとに使い勝手や負荷の大きさが異なりますから、ご自身の目的に沿ったローラー選択が重要です。

腹筋ローラーの形状で選ぶ

腹筋ローラーを選ぶ際に、一番大事と言われるのが「形状」です。特に大きさと車輪の数は重要で、この2つの違いがローラーの性質を決めると言って良いでしょう。

車輪の大きさで負荷が違う!

車輪(ローラー)の大きさは、トレーニングの難易度に影響します。特に腹筋ローラーを見て、「小さいほうが使いやすそう」「片付けるのに便利そう」と考えている方は要注意。腹筋ローラーの難易度は、実はその逆なんです。

腹筋ローラーはサイズが小さいものほど、使用時に地面との設置距離が短くなり、体を起こすのに大きな力が必要です。腕立て伏せをする時にかかる力を想像すると、イメージしやすいのではないでしょうか。

つまり、「腹筋ローラーは車輪が小さなものほど、かかる負荷が大きくなる」と覚えておきましょう。逆に車輪が大きくなるほど、動作に必要な負荷は軽くなります。つまり、大きな車輪を持つ腹筋ローラーが、初心者向きというわけですね。

車輪の数で使い勝手が異なります

続いて注意しておきたい部分が、車輪の数による違いです。腹筋ローラーと言うと、多くの方が1輪ローラーを想像するかと思いますが、実は2輪タイプや3輪タイプのローラーも数多く販売されています。

ローラーの数で何が違うのかと言いますと、一番の違いは「安定性」。車輪の数が増えるほどに、腹筋ローラーはその安定性を増して行くのです。これは、1輪車が走り続けないと安定しないのに対して、3輪車は停止状態でも安定した姿勢を保てることを思い浮かべると、容易に想像できるのではないでしょうか。

初心者にオススメなのは「2輪タイプや3輪タイプ」!

また、2輪タイプや3輪タイプのように、複数の車輪を持つ腹筋ローラーはその構造上、正しい姿勢を取りやすい点もポイントです。安定性が高いので、初心者さんにありがちな「正しい姿勢が取れず横にブレて、鍛えられない」といったトラブルが少ないと言われています。

本格的に鍛えたい方は1輪タイプから始めても良いですが、初心者さんは安定性に勝る2輪や3輪から試して行くのが良いのではないでしょうか。

車輪の幅に要注意。あまり狭いと事故ります

最後に注意したいのが、「車輪の幅」についてです。腹筋ローラーついている車輪は、商品によって幅が大きく異なります。幅が狭いものほどバランス感覚が求められ、扱いが難しくなりますから、初心者さんは「ある程度幅があるもの」を選ぶと良いでしょう。

腹筋ローラーの目的は「腹筋を鍛える」ことであり、バランス感覚を養うものではありません。最近では2輪を重ねて安定性を増したものが増えており、好評を博しているんですよ。

腹筋ローラーの機能で選ぶ

腹筋ローラー

使うのが嫌になるような器具や、ケガしそうな製品では、誰がやってもトレーニングは続きません。腹筋ローラーを継続するには、使用感に優れたローラーや、安全性に配慮したローラーの選択が不可欠です。

安全性抜群!ストッパー付き腹筋ローラー

腹筋ローラーにまつわる事故として、「ローラーが滑りすぎて、床に顔面を打ち付ける」というものが挙げられます。勢いよくぶつけてしまうと、結構な痛みが生じます。

もちろん、事故を避けるために注意してればよいのですが、反復運動という性質上、疲れているとついつい気が抜けてしまうもの。「あと1回…!」というところでぶつけてしまうことは、決して珍しくありません。

そこでオススメしたい製品が、「ストッパー付き腹筋ローラー」。文字通りローラーが転がりすぎないようにストッパー機能がついており、安全性は抜群です。ローラー事故は時として腰や背中にもダメージが及ぶので、できればついているものを選びましょう。

握り心地は超重要。グリップ部分に注意して

続いて求めるは「使用感」。使い勝手が良いものほど、トレーニングは長続きします。腹筋ローラーの使用感は、主にグリップ部分に集約されます。以前は古典的な金属や樹脂タイプが多かったのですが、最近はスポンジタイプやラバータイプなど様々なものが売られいます。

握りやすさを考慮して、好みのものを選びましょう。ちなみに、一般的にはスポンジやラバーが人気ですよ。

あっ壊れた…?耐荷重に要注意

最後に注意したいポイントが「耐荷重」。腹筋ローラーにはそれぞれ耐荷重が設定されており、あまり大きな力を加えると壊れてしまうものも存在します。耐荷重を考慮する上で、特に注意したい部分は「車輪の素材や太さ、個数」です。

素材的は樹脂製よりも金属製が強靭ですし、幅に関しても太いものほど耐久力が高めでしょう。また、車輪の数が多いほど負荷を分散することが可能です。特に体重が重い方は要注意。簡素な作りの製品や女性向けの製品だと、あっという間に壊れてしまうこともありますよ。

腹筋ローラー人気おすすめ商品TOP8

それでは早速、腹筋ローラーを見て行きましょう。どれも人気商品ですから、とてもオススメできるローラーばかりです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

Soomloom腹筋ロズウィル スリムトレーナー4つのローラーが エクササイズローラーブレーキ 膝を保護するマット付きーラー アブホイール エクササイズ

Soomloom腹筋ロズウィル スリムトレーナー4つのローラーが エクササイズローラーブレーキ 膝を保護するマット付きーラー アブホイール エクササイズ

4輪タイプの腹筋ローラーなので、抜群の安定性を誇っています。バランスを意識せずトレーニングできるので、腹筋強化に集中したい方には特にオススメできるモデルです。

本製品は構造上とても扱いやすいと評判で、1輪や2輪タイプの腹筋ローラーが合わなかった方でも、これなら使えると大好評。初心者さんを中心に、広く支持を集めています。

Soomloom腹筋ロズウィル スリムトレーナー4つのローラーが エクササイズローラーブレーキ 膝を保護するマット付きーラー アブホイール エクササイズの口コミ評判

ひざをついてコロコロするだけで腹筋だけでなく、僧帽筋、三角筋、脊柱起立筋、広背筋などにも刺激を与えられ
体幹トレーニングとしては非常に簡単で続けやすいと思います。

すべりも十分だし、初心者でも安定して使えるし、十分満足です。
すべりについては、ベアリングのイメージほどツルツルではなく、普通な感じ。

7位

Soomloom腹筋ローラー アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー3つのローラーが エクササイズローラーブレーキ 膝を保護するマット付き

Soomloom腹筋ローラー アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー3つのローラーが エクササイズローラーブレーキ 膝を保護するマット付き

安定感のある3輪タイプの腹筋ローラーです。グリップ部にはスポンジを挟み込んでいるの使用感が良く、重量も比較的軽く抑えられており、初心者さんや女性の方からも高い支持を集めています。

また、安全性に配慮したブレーキ機能や静穏性の高いベアリング式を採用するなど、機能面も充実しているんです。専用マットも付属しており、サービス面も充実。

初心者用腹筋ローラーの、お手本のようなモデルだと言えるでしょう。誰にでも扱えるよう丁寧に設計されているので、腹筋を鍛えたい方はもちろん、お腹周りを引き締めたい方など、様々な用途に使える腹筋ローラーです。

Soomloom腹筋ローラー アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー3つのローラーが エクササイズローラーブレーキ 膝を保護するマット付きの口コミ評判

友達の家で一輪タイプのローラーを使ってみたら、バランス取るのが結構大変だったので、三輪タイプを購入。
左右にグラグラしないから安定していて使いやすい。

一輪のヤツ買わなくて本当によかったです。安定してコロコロ出来てちゃんと効いてる気がするのでとても満足です。商品説明がカタコトっぽくて少し不安でしたが、商品は特に問題なかったです。

6位

RooLee アブホイール 腹筋ローラー エクササイズウィル エクササイズローラー スリムトレーナー 静音 取り付け簡単 膝を保護するマット付き

RooLee アブホイール 腹筋ローラー エクササイズウィル エクササイズローラー スリムトレーナー 静音 取り付け簡単 膝を保護するマット付き

直系18㎝とトレーニングにピッタリの車輪サイズで作られており、本格的にエクササイズを行いたい方に向いた製品です。2つの車輪を組み合わせることで安定性も確保しており、腹筋や胸筋の強化に集中しやすい環境づくりが為されています。

本製品は1輪タイプに近く、かかる負荷もそれなりに大きい点が特徴です。ですが、耐荷重が150kgもあるので破損のリスクは少なく、安心して使える点もポイントでしょうか。短期間で腹筋を鍛えたい方や、ウエストを引き締めたい方には、特に人気がありますよ。

RooLee アブホイール 腹筋ローラー エクササイズウィル エクササイズローラー スリムトレーナー 静音 取り付け簡単 膝を保護するマット付きの口コミ評判

人生初の腹筋ローラーでしたが、腹筋どころか全身の筋肉に刺激がいくようで、アチコチが筋肉痛になりました。これを膝を付かないでやれる人がどれだけ凄いかがよく分かりました。オススメします!

産後の体型戻しのために購入しました。
お腹だけでなく太腿などにも効いてるのが分かります。
毎日続けています!効果が出てくるのを楽しみにして頑張ります!!

5位

DB Praise 腹筋ローラー Ab Wheel 写真付きマニュアル 4色 (ピンク、グレー、ブラック、オレンジ)

DB Praise 腹筋ローラー Ab Wheel 写真付きマニュアル 4色 (ピンク、グレー、ブラック、オレンジ)

車輪の直系は15cmと小さめなので、強めの負荷でシェイプアップできる腹筋ローラーです。安定性にも配慮した2輪タイプであり、腹筋力の強化だけでなく、体力や柔軟性の増進やダイエット目的などにも使えます。

なお、グリップはゴムパーツで覆われており持ちやすく、色も4色から好きなものを選べるので、女性を中心に好評です。専用マニュアルが付いているので、筋トレ初心者でも安心して使えますよ。

DB Praise 腹筋ローラー Ab Wheel 写真付きマニュアル 4色 (ピンク、グレー、ブラック、オレンジ)の口コミ評判

女の私でも使えてますので、女性の皆さん、ご安心を。正直ダメもとで、腹筋、脂肪燃焼、運動不足解消、ストレス解消に使い始めたのですが、思ったよりも効果絶大です。

毎日使用してウエスト減りました。
頑張って続けていきます。
良かったです。

4位

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

ホイール直系14.5cm、耐荷重200kgとかなり本格的な2輪タイプの腹筋ローラーです。車輪の直系がかなり小さいので、体重が重たい男性が使用すると、相当筋力を鍛えることができるでしょう。

本製品はステンレス鋼材で作られたパイプと、スポンジタイプのグリップを組み合わせて作られており、使用感の方も本格的。また、車輪は静音性に配慮した素材で作られており、フローリングでも音を気にせず、安心して使うことができると言われています。

なお、腹筋ローラーは、膝をつかずに起伏を繰り返すスタイルを取ることで、腹筋以外の部位も鍛えることが可能です。そのため、上半身全体を鍛えたい方などに、特に高い人気を誇っています。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付きの口コミ評判

ボールベアリング付でタイヤも凹凸がないため静か。板継ぎ目の溝を避ければマンションのフローリングでも使えます。左右に傾かないように維持する体の脇腹が刺激されないからタイヤサイズは同じで一輪車が良かった。

コンパクトで、ローラーもスムーズです。
マンションですが、ローラーの音もすごく静かです。
かなり腹筋、肩に効くようで翌日は筋肉痛になります。
安いのに効果は抜群だと思います。

3位

FREETOO 腹筋ローラー アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー エクササイズローラー 超静音 厚いマット付き

FREETOO 腹筋ローラー アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー エクササイズローラー 超静音 厚いマット付き

ホイールサイズは直系14cm、耐荷重150kg程度とかなり頑丈な作りの腹筋ローラーです。安定性のある2輪タイプですが、それぞれの車輪の幅が厚めに作られているので、グラつき抑制にはかなり期待が持てます。

また、本体設計も耐摩耗性に優れたEVAホイールやABS(厚みスチール芯入り)を採用しており、持ちやすく、静かに運用できるように設計されています。場所や床を選ばずトレーニングできる腹筋ローラーとして、どこでも活躍できるでしょう。

FREETOO 腹筋ローラー アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー エクササイズローラー 超静音 厚いマット付きの口コミ評判

どうせなら可愛いものが欲しいなと思っているところで発見し、即購入しました(*^^*)
付属のマットも小さいので、出張先にも持っていけるので、毎日続けることができます。

思い立って購入しましたが最初は膝コロで壁に当てないととても出来ませんでしたが、徐々に壁無しで膝コロ出来る様になりました。静音効果があり転がしても煩くないので夜の筋トレにも問題なし。

2位

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218 腹筋ローラー

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218 腹筋ローラー

男女問わずに使える腹筋ローラーです。幅は30cmと持ちやすく、ホール直系も15㎝と適度なサイズ。本製品は2輪タイプのローラーですが、他の製品のように車輪同士をくっつけず、適度な距離を取ることで安定性を強化しています。シンプルな構造に必要十分なポテンシャルを秘めており、とても使いやすいと好評です。

腹筋ローラーは、膝を立てて腕と胸の筋肉を使って動作したり、膝を付けない姿勢で起伏を行うなど、様々な使い方ができる製品です。本製品は複数の鍛え方を表記したマニュアルが付属しているので、鍛えたい部位をピンポイントで強化できる優れモノ。ビギナーさんでも、すぐに本格的なトレーニングに入れます。

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218 腹筋ローラーの口コミ評判

届いてすぐ使ってみました。
この商品は初めて使うのですが説明書が入っていて使用例などの記載があり初心者でもすぐ使うことができました。
とても腹筋によく効くものでした。

2年間、体重90キロで問題なく使えてます。両輪が真ん中でくっついてるタイプも使ってるのですが、この商品は両輪の間に少し間隔があるので左右のバランスが取りやすいです。

1位

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

スッキリとした黒一色のデザインに、ステンレスパイプが光る、本格的な2輪腹筋ローラーです。グリップ幅は30cmと十分な幅を持っている上に、ホイール直系は15cmと標準的。耐荷重は200kgもあり、ほとんどの体系の方に対応しています。

本製品の最大の特徴は、優れた使用感にあります。上記の基本スペックに加えて、グリップ部は発砲スポンジで覆われており握りやすく、ローラーは静音性と耐久性に優れたEVA素材で作られているので、長く使い続けたい方にはピッタリの性能。2つの車輪は適度な距離が保たれており、トレーニング時にブレを感じることも少ないでしょう。

使用感に耐久性、そして安定性に優れた逸品であり、腹筋ローラーとして満点をつけたくなるアイテム。形状にクセがないので使用法がバリエーションに富んでおり、使い方によっては腹筋だけでなく、背筋や腕の筋肉など上半身ほとんどを鍛えることも可能です。どの腹筋ローラーが良いか迷った方は、この製品を選んでおけば間違いないと言えるでしょう。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付きの口コミ評判

腹筋背筋が同時に鍛えられてこれはいい。
膝をついて10回でかなりのトレーニングになる。
ローラーは音がしないかつ床にキズつかない素材になっている。

腹筋を続けられないと一緒にやろうと主人が購入。3セットやるだけで腹筋に効きます!大げさでないところが良いです。これなら準備も片付けも楽だしで続けられそうです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

腹筋ローラーの効果的な使い方

男性の腹筋

腹筋ローラーには様々なスタイルの使い方が存在します。しかし、共通して言えることは、「誤ったスタイルでは効果がない」と言うことです。ここでは基本的な使い方を紹介しますので、正しく効果的なスタイルを身につけましょう。

初心者さん必見。女性にもオススメの「膝コロ」トレーニング法

腹筋ローラー初心者にオススメのトレーニング法が、「膝コロ」です。文字通り膝を付けて行うトレーニングスタイルで、ローラーをゆっくりと前に転がします。

腹筋ローラーを使ったトレーニング法の中では負荷が軽い部類であるものの、実践すると十分にキツイことが体感できるでしょう。「ぽっこりお腹を引っ込めたい」、「腹筋を基礎から鍛えたい」。こんな方には特にオススメですよ。

膝コロトレーニングの流れ

1、膝をつけ「膝立ち姿勢」を取る
2、腹筋ローラーを持ち、ゆっくりとローラーを前に出す
3、顔が地面に付くあたりで、動作を止める
4、腹筋を使って、ローラーを後ろに引いて戻す
5、膝立ち状態に戻ったら1セット完了

より美しい体へ。「立ちコロ」トレーニング法

立ちコロは膝を付けずに腹筋ローラーを使い、体を鍛えるトレーニング法です。腹筋だけでなく、上半身全体を鍛えることができるため、腹筋ローラーを使ったメニューの中では主流と言っても良いでしょう。

膝コロより負荷がかかるので大変ですが、そのぶん効果も大きめです。ウエストを引き締めて体系をキレイにしたい方や、腹筋を大きく強化したい方にオススメします。

立ちコロトレーニングの流れ

1、立ったまま背中を曲げ、腹筋ローラーを手にする
2、ローラーをゆっくりと前に転がす
3、腹筋に力を入れ、ローラーを止める
4、腕の力で引かないように意識しながら、ゆっくりと戻す
5、元の姿勢に戻ったら1セット完了

ポイントは、「腕の力」に頼らない

以上が、膝コロと立ちコロのトレーニング法です。どちらも「腕の力に頼りすぎない」ことがポイントですから、可能な限り腹筋を意識して動作するよう心がけましょう。「無理だ!」と感じた方は、前に出す距離を短くすると、比較的楽に行えますよ。

自宅で筋トレ!こんなグッズはいかが?

自宅で筋トレを実践するなら、ぜひ筋トレグッズを活用してみてはいかがでしょうか。比較的リーズナブルなものもたくさんあるので、初心者の人も試しやすいと思います。筋トレグッズを活用すればより効率的なトレーニングができることでしょう。

運動が苦手でも!効率的に腹筋を鍛えるアイテム

「腹筋を鍛えたい」「お腹を引き締めたい」そう思っていても、なかにはトレーニングが苦手だという人もいるでしょう。そんな人は今話題のこんなアイテムを活用してみてはいかがでしょうか。もちろんトレーニングが得意な人にもオススメです!

「着るだけトレーニング」今話題の加圧シャツ!

忙しい現代人に向いているということで、最近人気を集めている加圧シャツ。「着るだけでOK」、いつものインナーの代わりに着用するだけと便利に使えると思います。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

腹筋ローラーによるトレーニングは、短い時間で効果的にお腹を引き締め、腹筋の強化ができるので、注目を集めているメニューです。男性ばかりか女性の利用者も増えているんですよ。

腹筋ローラーには様々な製品がありますが、個人的には1輪タイプよりも、2輪タイプや3輪タイプをオススメします。安定性が高いので、ローラーそのものが使い難いといったトラブルが少ないからです。負荷がかかるので大変ですが、日々の継続がきっと効果を発揮するでしょう。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->