1. グッディ∞
  2. 家電コンバージョンレンズのおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/02/01更新

コンバージョンレンズのおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

カメラとレンズ

デジカルカメラやビデオカメラの撮影で簡単に焦点距離を変えられるレンズのひとつに“コンバージョンレンズ”があります。すでにカメラの撮影で使っているという人も多いかも知れませんが、コンバージョンレンズは、広い角度で撮影する広角用や遠くを撮影する望遠用、近くを撮るための接写用のレンズなど様々な用途に分かれていて、多くのメリットがあると言われています。

コンバージョンレンズは焦点距離を変換させて撮影を行うので、何も付けていないカメラで撮影するより、飛躍的に撮影領域が広がるようです。現在では、様々なメーカーからたくさんのレンズが販売されているので、購入する時に迷ってしまうこともあるでしょう。

本ページではコンバージョンレンズの選び方のポイントや、効果的な使い方、さらにネット通販で購入できる人気のコンバージョンレンズをランキング形式でご紹介したいと思います。自分にぴったりのコンバージョンレンズを見つけて、写真や映像の撮影に活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コンバージョンレンズの選び方

考える男女

まずはコンバージョンレンズの選び方についてご説明したいと思います。効率の良い撮影環境にするためには、用途に合ったコンバージョンレンズを選ぶことが大切なので、ぜひ参考にしてください。

仕様について

コンバージョンレンズは、メーカーによって“コンバーターレンズ”“フロントコンバーター”“アタッチレンズ”と呼ばれていて、メーカーによって様々な種類やサイズが変わってきます。

カメラ本体のフィルタ径に合ったコンバージョンレンズならいいですが、サイズが合わない場合にはコンバージョンレンズアダプタを利用することでコンバージョンレンズのフィルタ径を調整する必要があります。

また、コンバージョンレンズは「ワイドコンバージョンレンズ」「テレコンバージョンレンズ」「マクロレンズ」「フィッシュアイレンズ」と撮影の用途により種類が分かれます。それぞれ特徴がありどういった撮影をしたいかによって選び方も変わります。

どのコンバージョンレンズを使うかによってメリットやサイズは変わってきますので、用途によってコンバージョンレンズの種類を選ぶことで、自分の好みに合った撮影環境を整えることができるのがいいですね。

ワイドコンバージョンレンズについて

ワイドコンバージョンレンズは、レンズの広角域を変える効果があると言われており、景色をより広く撮影するためのもので、撮影範囲が広がる効果が期待できます。ワイドコンバージョンレンズを使用することで簡単に広角域の撮影が楽しめるのが嬉しいポイントです。

同じ距離から撮影する時に全体を広く撮れるので、狭い室内であっても景色を楽に写せます。また、屋外であっても風景写真の全体を撮影したり、集合写真をキレイに撮影することができるのも魅力的です。

さらにワイドコンバージョンレンズには、近くのものと遠くのものが離れて写る「遠近感」を強調する効果があると期待されており、風景写真を撮る時には迫力と躍動感のある風景写真を撮れるため人気があるようです。

テレコンバージョンレンズについて

テレコンバージョンレンズは、望遠用のレンズになっていて、長いレンズを必要とせずに遠くの景色をアップで撮影する効果が期待できます。テレコンバージョンレンズは光学レンズになっているので、画質の低下も少なく、遠くの景色をキレイに撮影できるのが嬉しいポイントです。

レンズの明るさを変えることなく、焦点距離を伸ばせるので、手ブレや被写体ブレをおさえて撮影する効果が期待されています。また、一眼レフカメラでは明るさのある望遠レンズは高価なものが多く、手頃な値段とサイズのテレコンバージョンレンズは、望遠撮影用にオススメなレンズと言われています。

子どもの運動会や発表会で使用される事も多く、遠くからでもキレイに撮影できることが魅力的です。また、動物園の撮影では、望遠レンズのピンボケを利用することで金網をボカすことで、動物だけをキレイに撮影できると言われています。

マクロレンズについて

マクロレンズで撮影した花のアップ

マクロレンズは接写用のレンズになっていて、花や虫、切手など小さなものをアップで撮影する効果が期待されています。マクロレンズでは、デジタルカメラに搭載されている内臓マクロと比べると離れて撮影をした場合でも、近接撮影の効果が高まるのが嬉しいポイントです。

距離を離した状態で撮影できるので、光を十分に当てた状態で撮影できると人気になっているレンズです。花や虫を撮影する時に自分が小さくなった気分で撮影ができるようになっており、幻想的な写真を撮りたい時にオススメです。

フィッシュアイレンズについて

フィッシュアイレンズは“魚眼レンズ”とも呼ばれていて、魚の眼で写した世界を体験できる特殊レンズです。特殊な歪みを演出した対角180度の超広角写真が撮影できるので、普段では撮れないような写真を写せると期待されているレンズです。

四角い画面で撮影できる「対角魚眼」と円形に撮影できる「全周魚眼」があり、どちらも独特な歪みによって直線の建物も歪んで見える風景が撮影できると言われています。全周魚眼はドアののぞき窓から撮影したような写真が撮れるので、ペットを撮影すると可愛い写真が撮れると人気のレンズになっているようです。

対応機器について

コンバージョンレンズは、デジタルカメラや一眼レフ、ビデオカメラに取り付けることで撮影のバリエーションの種類を広げる効果があると言われていますが、最近ではスマートフォンにも取り付けられるコンバージョンレンズが出てきています。

そのため、コンバージョンレンズを選ぶ時には、対応機器の種類を見ておく必要があるでしょう。カメラ用なら口径を合わせるだけでいいですが、スマホ用のコンバージョンレンズはカメラに取り付けることはできません。

また、カメラ用のコンバージョンレンズもスマホに対応はしていませんので、自分の用途に合ったコンバージョンレンズを購入しなければなりません。製品情報を確認してどの様な撮影をしたいのかを確認しながらコンバージョンレンズを選択することをオススメします。

スポンサーリンク

コンバージョンレンズ人気おすすめ商品TOP10

それでは今人気のコンバージョンレンズをご紹介したいと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

AUKEY カメラレンズキット クリップ式 スマホレンズ 3in1 (150°広角レンズ、198°魚眼レンズ、15×マクロレンズ) iPhone、Samsung、Sony、Android スマートフォン、タプレットなどに対応 PL-A3

AUKEY カメラレンズキット クリップ式 スマホレンズ 3in1 (150°広角レンズ、198°魚眼レンズ、15×マクロレンズ) iPhone、Samsung、Sony、Android スマートフォン、タプレットなどに対応 PL-A3

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,399

スマホレンズ対応のコンバージョンレンズとなっています。ワイドコンバージョンレンズ、マクロレンズ、フィッシュアイレンズの3点セットになっているので、3つのレンズが楽しめるのがメリット。

クリップ式になっているので、スマートフォンのカメラ部分に取り付けるだけで、いつでも特殊な効果を使用した撮影が簡単にできるようになると期待されています。スマートフォンだけではなく、タブレットにも対応しているのは嬉しいポイントです。

約1300円とかなりリーズナブルな値段設定になっていて、クリップで取り付けるだけで各種デバイスで使用できるので交換性も高くなっているようです。手軽にスマートフォンやタブレットで特殊な撮影を試したい方にはオススメですね。

AUKEY カメラレンズキット クリップ式 スマホレンズ 3in1 (150°広角レンズ、198°魚眼レンズ、15×マクロレンズ) iPhone、Samsung、Sony、Android スマートフォン、タプレットなどに対応 PL-A3の口コミ評判

iPhone7にて使用しましたが、価格相応に楽しめるレンズです。魚眼:長辺側が切れ、円形になりません。広角:歪曲が大きく四隅にケラレでます。接写:小さい物しか撮れませんが一番使えます。

リビングでは、約12畳のリビングの中央に設置して、ほぼ全体を映すことができています。
ipカメラカプリで外出先から室内の様子を確認できます。ドライブレコーダーとしては、ミラーに結束バンドでホルダーを固定して使用していますが画像の通り、とても広い範囲を撮影できています。

9位

ソニー SONY ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU2

ソニー SONY ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU2

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 13,370

手軽に超広角な遠近感が楽しめるワイドコンバージョンレンズとなっています。SONY製のコンバージョンレンズでは、手頃な値段になっているのがメリット。後ろに下がらなくても広がりのある映像が撮影できるようになります。

人間の視野以上に広角な映像が撮影できるので、プロの作品にも使用されるコンバージョンレンズとなっているようです。レンズ構成は3群3枚のレンズを使用しており、画角は103°~88°の広角を持っていて、レンズが向いていない方向の撮影もできると言われています。

ソニー SONY ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU2の口コミ評判

魚眼コンバーターを以前から使ってたのでコンバーターの画質やクオリティは同等な感覚で満足です。その上でもう少し落ち着いた画角で広めでということでほどよい広角具合かなと思います。あとちょっと広いともっと良かったかもしれませんが、そこはSEL1018の守備範囲かなと。

レンズが向いている方向にはいない家族が、自分は写っていないものと思って油断している姿が、ファインダーの端にしっかりと入るのです。もちろん魚眼ほどの歪みはなしに。風景写真専用のつもりが、これは案外、撮影対象者を緊張させずに自然なスナップに収めることを可能にするレンズかもしれません。

8位

【超薄型/ポーチ付】【58mm取付ネジ径】0.7x AF ワイドコンバージョンレンズ【ロワジャパン】

【超薄型/ポーチ付】【58mm取付ネジ径】0.7x AF ワイドコンバージョンレンズ【ロワジャパン】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,600

ワイドな撮影に対応したワイドコンバージョンレンズです。取付け径は58mm、最大径は77mmに対応していてレンズ構成は1群1枚となっています。約4000円とリーズナブルな値段でワイドな撮影ができる、と口コミでも評判のワイドコンバージョンレンズです。

キャリングポーチ、取り外せるキャップが付属で付いてくるのも嬉しいポイントです。カメラの機種によっては、アダプターチューブが必要ですが、手軽に広角な撮影がしたい方にオススメできるレンズと言えるでしょう。

【超薄型/ポーチ付】【58mm取付ネジ径】0.7x AF ワイドコンバージョンレンズ【ロワジャパン】の口コミ評判

広角レンズは高額ですので、代用品として購入しました。まだ、装着して撮影していませんが作りもしっかりしていて値段以上の品物です。ただ、リヤのキャップはねじ込み式ではなく、ワンタッチ式にして欲しいです。ステップアップリングで58mm以下のレンズでも併用できますので便利です。

PowerShot SX50HSに装着して仕様しています。いままで何個かワイコンレンズを買いましたが、どれもケラれちゃって使えませんでしたけど、このレンズはまったくケラレもなく使えるので最高です。やっと良いワイコンレンズに巡り会えました。

7位

OLYMPUS フィッシュアイコンバーター TG-1,TG-2,TG-3,TG-4用 FCON-T01

OLYMPUS フィッシュアイコンバーター TG-1,TG-2,TG-3,TG-4用 FCON-T01

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,302

明るさを維持したまま広角な風景を撮影できるフィッシュアイレンズです。防水仕様なので、水中撮影でもキレイな撮影ができるのがメリット。レンズ内部に窒素ガスが入っているので温度差で曇ることもないと期待されています。

フィルターの取り付けはできないようですが、付属のキャップがあるので使い勝手が良いと評判です。風景写真でも迫力のある写真が撮れますが、水中撮影での評価が高いようなので、水中撮影での利用をオススメしたいコンバージョンレンズの一つと言えるでしょう。

OLYMPUS フィッシュアイコンバーター TG-1,TG-2,TG-3,TG-4用 FCON-T01の口コミ評判

一眼レフのような緻密な、立体感のある写真はコンパクトカメラには望めませんが、普段からカバンに入れて歩ける便利さ、荷物を最低限にしたい旅カメラとしてもコンパクトカメラはいいと思いますが、このコンバーターがあるとずいぶん広角になって、写る世界が広がり楽しめます。

水中で広角にしたくて早速買ってみました水中で使う際は、本体とレンズの間に水が満水にならないと残念な写真になってしまうので満水になるように水中で外して付ける手間がありますが慣れちゃうと気になりません。

6位

Panasonic ワイドコンバージョンレンズ VW-W4907H-K

Panasonic ワイドコンバージョンレンズ VW-W4907H-K

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 21,779

パナソニック製のワイドコンバージョンレンズです。光学性能を落とすことなく広角での撮影ができると期待されています。奥行きのある写真に仕上げられるため、風景や被写体の背景を広くする効果に優れていると言われています。

レンズ構成は3群3枚となっていて、倍率は0.79倍になっています。付属品にレンズキャップとレンズリアキャップ、アダプターリング等もついているようで、これを購入するだけで便利に使えるようになっていてオススメと評判のレンズです。

Panasonic ワイドコンバージョンレンズ VW-W4907H-Kの口コミ評判

前で安いのジェネリックを買ったけどそれはあまり良くない、太陽の光があった時とたくさんレンズフレアを見えるそして画質は悪くなったのでこのPanasonicワイドコンバージョンレンスを買いました

Panasonic HC-X1000用のワイコンを探していましたが対応商品がなく、口径が同じのこの商品を購入。ケラレもなく問題なく使用できました。購入前にメーカーに問い合わせたところ、あくまで保証外とのことでしたので自己責任で購入ください。

5位

RICOH GR用ワイドコンバージョンレンズ GW-3 21mm ラバーフード付属 175780

RICOH GR用ワイドコンバージョンレンズ GW-3 21mm ラバーフード付属 175780

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 14,765

RICOHの純正ワイドコンバージョンレンズです。水平画角が65.4度から81.2度に広がり明るさもそのままになるのがメリット。軽量でコンパクトなので、そこまでカメラ自体が重くならないと言われています。

概算焦点距離が21mmとかなり広い広角を持っており、補正が効くので歪曲もそこまで気にならないようです。ただし、取り付けるためにはGH-3フードとアダプタが必要になるようなので注意が必要です。GRを持っている人には是非オススメしたいレンズと言えるでしょう。

RICOH GR用ワイドコンバージョンレンズ GW-3 21mm ラバーフード付属 175780の口コミ評判

超広角?21mm相当を得ようとすると、普通はそれなりに大柄で重く高額なレンズが必要なのですが、このコンバージョンレンズをGR(画角28mm相当)に付けた場合、カメラ内のデジタル補正が効くのでしょうが、随分と簡単に歪みの少ない綺麗な画像が撮影出来ます。

アダプタが届くまで使用できないという事になってしまったので、無駄が発生しました。
これから購入される方は、アダプタとセットで購入しましょう。レンズに文句は一切ありません。すばらしい性能です。

4位

OLYMPUS テレコンバージョンレンズ 1.7倍 デジタルカメラ用 TCON-17X

OLYMPUS テレコンバージョンレンズ 1.7倍 デジタルカメラ用 TCON-17X

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,600

撮影倍率を1.7倍に拡大できるデジタルカメラ用テレコンバージョンレンズです。対応機種によって必要なアダプターが変わってきますので注意しておきましょう。植物や野鳥、学芸会での撮影で活躍が期待できるレンズとなっています。

XZ-1に取り付けることで、光の少ない場所でも明るくキレイに撮影できるので、対応機種での撮影をオススメします。約1万円とリーズナブルな値段で購入できるのでコストパフォーマンスの高いテレコンバージョンレンズと言えるでしょう。

OLYMPUS テレコンバージョンレンズ 1.7倍 デジタルカメラ用 TCON-17Xの口コミ評判

結構重いと言われてますが、明るくてあまり画質を落とす事無く使えて便利がいいですよ。ただ他の方の意見にもありますが、フードを付ける場合には要加工ですが自分はフードのネジ部分をちょっと加工して使ってます。

テレコンバージョンレンズに切ってあるネジですが、55mm、75-300mmレンズのレンズキャップ側の切ってあるネジは58mmなので、ステップダウンリング58mm→55mmが必要です。付けられないと思う方、参考にしてもらえば、良いです。

3位

【Full HD 対応】ビデオカメラ用 広角 0.6倍 ワイドコンバージョンレンズ「My Lens(マイ・レンズ)シリーズ」【レンズ径 25mm、27mm、28mm、30mm、30.5mm、37mm 対応】

【Full HD 対応】ビデオカメラ用 広角 0.6倍 ワイドコンバージョンレンズ「My Lens(マイ・レンズ)シリーズ」【レンズ径 25mm、27mm、28mm、30mm、30.5mm、37mm 対応】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,680

ビデオカメラ用のワイドコンバージョンレンズです。レンズ部分に取り付けることで広角な映像を撮影できるようになります。付属品として5種類のステップアップリングが付いてくるのが嬉しいポイントの一つです。

ステップアップリングによって、25mm、28mm、30mm、30.5mm、34mmのレンズに対応できるようになります。また、広角レンズを分離することでマクロレンズとしても利用できるのが魅力的です。値段も約4000円とリーズナブルなのでお試しとして購入してみるのもオススメですね。

【Full HD 対応】ビデオカメラ用 広角 0.6倍 ワイドコンバージョンレンズ「My Lens(マイ・レンズ)シリーズ」【レンズ径 25mm、27mm、28mm、30mm、30.5mm、37mm 対応】の口コミ評判

ソニーのビデオカメラに装着しています。ビデオのレンズを最大広角にした場合、周囲がいくぶんけられます。この商品のレンズ径がもう少し大きかったら良かったのですが…。しかし、この値段でアダプターリングも5種類添付されており、映像も良好です。いい買い物ができました。

値段なりのものだと思っていたら、良い意味で裏切られました。当カメラは広角40mm程度からのズームレンズなのですが、まるで最新のワイドレンズを売りにしたものに生まれ変わったかのようです。

2位

Bengoo スマホ用カメラレンズ 238°超広角 魚眼レンズ 高画質 カメラレンズキット クリップ式 0.2Xレンズ倍率 iPhone/HTC/Android タブレットPCなど対応

Bengoo スマホ用カメラレンズ 238°超広角 魚眼レンズ 高画質 カメラレンズキット クリップ式 0.2Xレンズ倍率 iPhone/HTC/Android タブレットPCなど対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,688

スマホ、タブレット用のフィッシュアイレンズです。ワイドコンバージョンレンズと魚眼レンズが一つになったレンズとなっています。幅広い範囲のキレイな写真に魚眼レンズの効果が加わるので、独創的な写真を撮影できると期待されています。

238度の広角での撮影は、他のレンズにはない魅力と言えるでしょう。手軽にスマートフォンで面白い写真を撮影したい方にオススメのレンズです。

Bengoo スマホ用カメラレンズ 238°超広角 魚眼レンズ 高画質 カメラレンズキット クリップ式 0.2Xレンズ倍率 iPhone/HTC/Android タブレットPCなど対応の口コミ評判

スマホのカメラ部分に取り付けて使うアタッチメントレンズです。画角は脅威の238度。スマホを持つ手すらも映り込むという超広角レンズです。周囲は大きくゆがむため、対角魚眼レンズのような写りにもなります。

この手の魚眼レンスは、数多く出ていますが、画角や画質で満足できるものが少ないです。日本製も含めて2000円~6000円くらいの製品を10個ほど手に入れていますが、今回の製品が一番よかったです。

1位

YIEASY スマホ用カメラレンズ 3点セット( LEDライト 0.6X広角レンズ 15Xマクロレンズ) フラッシュ 3段階の明るさ クリップ式レンズ 自撮りレンズ ワイドレンズ マクロレンズ

YIEASY スマホ用カメラレンズ 3点セット( LEDライト 0.6X広角レンズ 15Xマクロレンズ) フラッシュ 3段階の明るさ クリップ式レンズ 自撮りレンズ ワイドレンズ マクロレンズ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,980

10個のLEDライトを搭載することで、明るさを調節できるワイドコンバージョンレンズです。また、マクロレンズも搭載されていて、2つが重なることで超広角レンズとなります。取り外しが可能なので、マクロレンズとしても扱えると言われています。

自撮りがキレイに撮影できると口コミでも評判になっているようです。価格も約2000円とリーズナブルですが、機能性が高いのでお試しとして購入して使ってみることをオススメします。

YIEASY スマホ用カメラレンズ 3点セット( LEDライト 0.6X広角レンズ 15Xマクロレンズ) フラッシュ 3段階の明るさ クリップ式レンズ 自撮りレンズ ワイドレンズ マクロレンズの口コミ評判

さすがにレビューで自撮りをUPできませんがマクロもかなり綺麗に撮影できますし広角もケラレ等無く0.6なので大きなゆがみも観られませんので自撮りにちょうどいいと思います照明には柔らかいホワイトカバーが付いているので美肌効果が得られます

旅行で沢山写真とりたかったので購入しました。使いやすいです。今まで自撮り棒使ってましたが、荷物になるし混雑しているところでは使いづらい。これなら荷物にならないし、ライトつきでキレイに撮れます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

コンバージョンレンズの効果的な使い方

写真を取るシニア男性

コンバージョンレンズの効果的な使い方をご紹介します。

コンバージョンレンズの特徴を抑えてシーンに合った撮影

コンバージョンレンズにはそれぞれ特徴があるので、状況に合わせたレンズを使うことで効果的な撮影ができると言えるでしょう。ワイドコンバージョンレンズなら狭い場所でも撮影できて、遠近感が強調されるので風景写真に最適と言われています。

テレコンバージョンレンズなら遠くから近くのものを撮影できるので、スポーツの撮影に最適と言われています。マクロレンズはアップで写真を撮影できるので、ネイチャーフォトや小さいものを撮影するのに最適と言われています。フィッシュアイレンズなら独特な効果が期待できるので印象的な撮影をしたい時に最適と言えるでしょう。

各コンバージョンレンズは、使い分けることで効果的な撮影が行えるので、自分のニーズに合ったレンズを選択していくことをオススメします。

スマホ用のコンバージョンレンズで自撮り&面白画像撮影

デジタルカメラやビデオカメラだけではなく、スマホ用のコンバージョンレンズも販売されていますので、スマホ用のレンズを使用することで効果的な画像を撮影できます。自撮り棒を使わなくてもキレイな自撮りができると期待されています。

また、フィッシュアイレンズを搭載したものも多くなってきていますので、SNS上にあげる画像を効果的な演出で撮影できるようになっています。特徴的な画像を撮影してみんなの人気者になれるのでオススメですね。

まとめ

コンバージョンレンズは用途に合わせて使用することで、効果的な撮影が行えるレンズですが、持ち運びに便利で簡単に取り付けできるものが増えています。付属品も多くスマホでも使用できるタイプが増えており、使い勝手が良いアイテムだと思います。

豊富な種類のレンズが販売されていますが、値段と性能はピンキリです。しかし、リーズナブルなコンバージョンレンズの中にも品質の高いレンズが多くあるようです。コンバージョンレンズを購入する際、もし迷った時はぜひこちらのページを参考にしてくださいね。

自分に合ったコンバージョンレンズを選ぶことで、シーンに合った効果的な撮影ができるはずです。あなたもコンバージョンレンズを使って独創的な写真撮影をはじめてみませんか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.