1. グッディ∞
  2. 家電地デジやcatvにも人気のテレビブースターおすすめ比較ランキング

2018/02/15更新

地デジやcatvにも人気のテレビブースターおすすめ比較ランキング【2018年】

リビングに置かれたテレビ

テレビ画面にノイズが入ったり、観たいチャンネルが映らなくなってしまったときに便利なテレビブースター。ブースターは山間部など受信環境が悪い地域だけではなく、都市部で受信環境が悪くない場合でも、テレビの台数を増やすと電波が弱まることがあるため他人事ではありません。

ここでは、テレビの視聴環境を改善するテレビブースターの選び方や人気商品の特徴など、購入前に知っておきたい基本情報をご紹介します。テレビブースターの種類は多岐にわたるので、適切な商品を選ぶためにもぜひチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

テレビブースターの選び方

PCを見て悩む女性

テレビブースターとは、弱くなってしまった電波を増幅させることができるアンテナ部品です。選び方を見ていく前に、まずはテレビブースターが必要なケースやメリットといった基礎知識からご説明します。

テレビブースターはどんなときに必要?

そもそも、テレビの電波はどのような状況で弱くなってしまうのでしょうか。以下に主なシチュエーションを挙げるので、自宅の視聴環境と照らし合わせてみましょう。

受信を阻害する障害物がある

今まで問題なく視聴できていたのに、途中から映りが悪くなった場合は障害物の影響かもしれません。自宅と発信基地や受信塔の間にビルやマンションなど大きな建造物が建つと、電波の受信が妨げられてしまうことがあります。

発信基地の電波が弱い

大元の発信基地から発せられる電波自体が弱ければ、各世帯に届く電波も微弱なものになってしまうため、ブースターによる増幅が効果的です。発信基地から遠いエリアも電波が届きにくいため、ノイズが入るなど不具合が生じやすいでしょう。

複数のテレビを視聴するとき

リビングだけでなくダイニングや寝室にもテレビを設置する世帯が増えていますが、複数のテレビを視聴するには電波を振り分ける分配器が必要です。電波が分配されると各テレビに届く電波が弱まるため、ブースターで増幅させることになります。

テレビブースターを導入するメリット

複数のテレビを設置すると、電波が分配されてそれぞれのテレビに供給される電波が弱くなるとご説明しましたが、電波の入力値に対して出力値が小さくなってしまうことを分配損失といいます。テレビブースターの主なメリットは、電波を増幅させることによって分配損失を補填することができるという点です。

ケーブルによる損失も補填できる

電波の損失は分配によるものだけではなく、アンテナケーブルの距離(長さ)による損失もあります。アンテナケーブルが10mあると3dBの損失があるとされているため、アンテナから遠い部屋にケーブルを引き回していたりすると、損失が大きくなりやすいのです。

自分で設置できる

業者に依頼するとコストが高くつきますし、都合の良いタイミングで来てもらえないこともありますが、市販の屋内用テレビブースターであれば自分で設置できるタイプもあります。5,000円以内で購入できるものもあるので、適切な商品を選べばコスパは断然良いでしょう。

かならずブースターで改善できるとは限らない

便利なテレビブースターですが、テレビの映りが悪くなる現象のすべてをブースターで解決できるとは限りません。例えば、短いケーブルでアンテナとテレビをつないでも映像がクリアに映らないというような、電波が十分に受信できていないと思われるケースはブースターを使っても改善しない可能性があります。

このようなケースでは、アンテナの方向を変えたり、アンテナ自体を交換する必要があるかもしれないので、原因がよくわからない場合はブースターの購入前に専門業者に相談しましょう。

まずは屋内用・屋外用から選ぶ

家

テレビブースターを選ぶときは、まず屋内用か屋外用かを検討しましょう。基本的には電波の受信状況に応じて使い分けます。

屋内用は手軽でコンパクト

スリムでコンパクトな形状のものが多く、テレビの横や後ろに設置することができます。専門知識がなくても自分で手軽に取り付けることができるため、機器類の設置が苦手な方におすすめです。

ただし、屋外用と比べると電波の増幅効果は弱いため、電波の受信状況がかなり悪い場合は屋外用にした方が良いでしょう。屋内用は少しノイズが入ったり、特定の番組の映りが少し悪いといった微調整に適しています。

屋外用は増幅効果が高い

屋外用のテレビブースターは基本的に業者に設置してもらう必要があります。とはいえ、屋内用と比べると電波の増幅効果は非常に高いので、全く映らないなど受信レベルの悪化が顕著な場合は屋外用を第一選択としましょう。

テレビブースターのスペックから絞り込む

テレビブースターは似たような形状のものが多いため、どれを使っても大差はないと思っていませんか?でも実際は、搭載されている機能はメーカーや機種によって異なるため、以下のような項目を念頭に置いて比較検討することをおすすめします。

BS放送・CS放送にも対応しているか

テレビブースターは地デジ用やケーブルテレビ(CATV)用など、放送形式に対応した商品が用意されています。地デジ用でもBS放送やCS放送にも対応しているものもあれば、地デジにしか適用できないタイプもあるため、どのチャンネルに不具合があるかをチェックして適切なタイプを選びましょう。

「利得」の大きさ

利得というのは、入力した電波信号をどのくらい増幅させることができるか、というレベルをあらわす数値です。利得の単位はデシベル(dB)で、数値が大きいほど電波の受信状況を改善させる能力が高いということになります。「ゲイン(Gain)」と表記されることもありますが、なるべく数値が大きい機種がおすすめです。

定格出力の範囲

乱れのないきれいな映像にするには、設置したブースターの出力レベルの範囲内であることが大切です。その目安となるのが定格出力という数値で、ブースターが出力できる最大値をあらわしています。

出力レベルが定格出力の範囲内であれば、スムーズに増幅されてきれいな映像になりますが、その範囲を超えたレベルだと映像が乱れるなどの不具合が生じやすくなります。ですから、定格出力はなるべく大きい機種を選ぶと良いでしょう。

雑音指数(NF)

アンテナで受信した信号が、どの程度ノイズの影響を受けているかをあらわす指標が雑音指数(NF)です。雑音指数はデシベル(dB)で示されることもありますが、数値は小さい方がノイズの影響を受けにくく、信号の質を落とさずに増幅させることができます。

メーカーのアフターケアは丁寧か

テレビブースターは普段耳慣れない用語が出てくるため、機器類が苦手な人にとっては取扱説明書を見ても理解しづらい部分もあるでしょう。そのような場合、メーカーの対応が丁寧でわかりやすく教えてくれるかどうかも気になるところです。
メーカーの対応は口コミ情報を参考にするしかないですが、ホームページのQ&Aなどが充実しているところは、ユーザーへの配慮が行き届いた丁寧な対応をしてくれる可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

テレビブースター人気おすすめ商品TOP10

いま売れているテレビブースターの人気商品10機種をご紹介します。それぞれの特徴やユーザーの口コミ情報を参考にしてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

HORIC アンテナブースター 室内・地デジ(UHF/VHF)専用 中継タイプ HAT-ABS024

HORIC-アンテナブースター-室内・地デジ専用-中継タイプ-HAT-ABS024

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,045

テレビやレコーダーを追加したことによって弱まった電波を増幅できる地デジ専用ブースターです。すでに設置してあるアンテナ配線の途中に簡単に取り付けることができて便利。CS放送・BS放送には対応していません。

価格は3,100円程度で電源アダプター付き。手頃な価格なので、業者に依頼する前に試しに購入しやすいという点も魅力です。利得はUHF15〜19dB、VHF11〜14dBなので状況によっては劇的な改善は得にくいかもしれませんが、ブロックノイズやコマ落ちの改善に役立つでしょう。

HORIC アンテナブースター 室内・地デジ(UHF/VHF)専用 中継タイプ HAT-ABS024の口コミ評判

この価格でアンテナ工事などを考えるならばとりあえずつけてみて失敗してもいいかとおもい購入。効果は抜群で画像の乱れも一切なくなりました。但し、地デジ専用なので注意。(BS・CS・非対応

地デジの受信が不安定だったのですが、このブースターを装着してからは、アンテナレベルが75dbを超えるようになりました。土砂降りの時に、特定のチャンネルで映らなくなる症状が出ていたのも、綺麗に映るようになったので、装着してよかったです。

9位

DXアンテナ CATVブースター CS/BS・770MHz帯双方向(屋内屋外共用) CF30L2CH

DXアンテナ-CATVブースター-770MHz帯双方向(屋内屋外共用)-CF30L2CH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,660

さまざまな設置状況に対応できる、コンパクトで省スペースな戸建住宅向けCATV用ブースターです。従来品と比べて消費電力を最大28%カットした省エネ設計で、耐雷性もパワーアップしています。

電源部分を取り外すこともできる電源分離タイプで、片手で簡単に脱着できます。また、電源部分に木ネジが取り付けてある仕様なので、壁への取り付けもスムーズです。以前はカットする必要があった防水キャップは、前加工が要らない新しいタイプを採用するなど利便性が向上しています。

DXアンテナ CATVブースター CS/BS・770MHz帯双方向(屋内屋外共用) CF30L2CHの口コミ評判

CATVでBSを見るにはSTBが必要だったので、自分でBSのアンテナを立て、こちらのブースター+分配器を使用することで家中でBSが見れるようになりました。

基本部品は入っていますが、ポールに取り付ける部品が入っていません。だから。安いのでしょう。ステンレスベルトと、PPバンドを使い取り付けしました。性能や使用方法は他社製品よりより簡単で、気に入っています。

8位

東芝 TOSHIBA 地デジ(UHF)・CATV ブースター 30dB増幅型 THC-77F4

東芝 TOSHIBA 地デジ(UHF)・CATV ブースター 30dB増幅型 THC-77F4

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

地デジとCATVの受信レベルを増幅させることができる東芝製のブースターです。本来はCATV専用ブースターですが、地デジと周波数帯域が重複するため併用可能となっています。BS/CS放送には対応していません。

利得は30dBタイプで、4,000円程度とリーズナブルな価格で入手できます。電源分離型なので、ブースター本体と電源部分を両方とも屋外に設置するなど都合に合わせて設置場所を選べるのも魅力のひとつ。シンプルなデザインで見た目もスッキリしています。

東芝 TOSHIBA 地デジ(UHF)・CATV ブースター 30dB増幅型 THC-77F4の口コミ評判

CATV用のブースターですが、地デジにも使用でき、又、電源部を外して屋内に分離設置できて便利な仕組みです。

前回付いていた物が故障したための購入でした、値段の割にちゃんと活躍しています。

7位

マスプロ電工 マスプロ UHF用ブースター UB35

マスプロ電工 マスプロ UHF用ブースター UB35

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,650

小型で高性能なマスプロ電工のUHF用ブースターです。出力105dBμV、UHF雑音指数(NF)1.5以下、利得32〜37dB、消費電力1.7Wという性能の高さと省エネ性を兼ね備えているのが魅力です。

電源部は、背面にあるフック取付板を壁に取り付けた市販のフックなどに掛けるだけで設置することもできるため、木ネジで固定する手間が省けます。ハサミで切らずに装着できる防水キャップも人気のポイントとなっています。通常14,000円程度ですが、ネット通販では5,000円程度で入手可能です。

マスプロ電工 マスプロ UHF用ブースター UB35の口コミ評判

パソコンに地デジチューナー付けて見てましたが、パソコン部屋を変えたら信号が弱くなったので、他の方のレビューを見てこれを購入しました。ブロックノイズや画面のフリーズ、信号がありませんで困っていたのが一気に解消。安定して綺麗に見る事ができています。設置も簡単で5分で出来ました。買って正解でした。

防水カバー装着がケーブルを貫通させるだけで済み、従来のケーブル径にあわせて先端を切断しなくても良いので作業がはかどり価格も安い。

6位

DXアンテナ 屋外用 地上デジタル放送専用 DC15V同軸線重畳式 UHFブースター U20L3C

DXアンテナ 屋外用 地上デジタル放送専用 DC15V同軸線重畳式 UHFブースター U20L3C

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,347

ワンタッチで取り付けることができる地デジ専用のブースターです。長さ5㎝程度のコンパクトサイズでアンテナの出力端子(F形)に本品を接続させるだけなので、機器類が苦手な人でも簡単に取り付けられるでしょう。調整も不要です。

コンパクトながらも性能はすぐれていて、利得は20dB、雑音指数(NF)は1.0dB以下という高利得・低雑音設計となっています。ネット通販だと2,000円台で購入できますが、電源部は付属していないため、同軸線重畳式の直流電源装置を別途用意する必要があります。

DXアンテナ 屋外用 地上デジタル放送専用 DC15V同軸線重畳式 UHFブースター U20L3Cの口コミ評判

地デジ受信の際、ブロックノイズが特定チャンネルで発生している状況において、アンテナ出力のF型端子に直付することで、ブロックノイズが無くなり安定させることができます。 NF=1.0dB以下なので、凄い性能です。

電源分離ブースターでは見られなかったり映りが悪いチャンネルがありましたが、このブースターをかませたら全てのチャンネルが映るようになりました。たま~にモザイクが入りますが山間なので仕方ないです。

5位

1byone ブースター 室内用 高利得 低ノイズ デジタルハイビジョン アンテナ増幅器 電源アダプター付き

1byone ブースター 室内用 高利得 低ノイズ デジタルハイビジョン アンテナ増幅器 電源アダプター付き

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,399

自宅が受信塔から離れていたり、障害物があるなどの原因で弱められた信号を増幅させてくれる室内用のブースターです。白を基調にしたシンプルな形状で室内に設置しても邪魔になりにくく、3,000円前後で購入できるリーズナブルさが大きな魅力。

ノイズ指数は4dBより低いレベルです。付属の電源アダプターを使って給電することができます。正常に接続されるとインジケーターが赤色に点灯するので、適切に作動しているかを一目でチェックすることができて安心です。

1byone ブースター 室内用 高利得 低ノイズ デジタルハイビジョン アンテナ増幅器 電源アダプター付きの口コミ評判

東京スカイツリーから直線で22km、木造2階建ての1階。このブースターなしでも問題なく視聴できたのですが、最近、稀にノイズが入るようになりました。そこで、これを装着したところアンテナ強度が改善し、どのチャンネルも安定するようになりました。

最近は天候によって全く受信できない状態が頻発するようになったため、ダメもとで購入し2段ブースト状態に接続してみましたが、効果ありで近隣の主要全チャンネルの受信が可能になりました。

4位

マスプロ電工 UHFテレビ・レコーダーブースター 30dB型 UTR30BC-P

マスプロ電工 UHFテレビ・レコーダーブースター 30dB型 UTR30BC-P

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,700

テレビやハイビジョンレコーダーの増設時に便利な、屋内用のUHFテレビ・レコーダーブースターです。利得30dB型でBS放送とCS放送は通過するタイプとなっています。

最近の薄型テレビにマッチする、黒を基調にした目立ちにくいデザインを採用しています。一般的な屋内用ブースターはテレビ周辺に設置して配線が煩雑になりがちですが、本品は薄型テレビ本体の背面に直接取り付けることもできるため、見た目もスマート。縦置きや横置きにも対応可能で、スペースに応じた設置方法を選択することができます。

マスプロ電工 UHFテレビ・レコーダーブースター 30dB型 UTR30BC-Pの口コミ評判

家で使っていたブースターの調子が悪くなったので購入しました。こういう機械に全く詳しくないけれど何とか繋げられて良かったです。気になっていた映像の乱れが無くなったので良かったです。

ブースターが古くて冬になると番組殆ど見れないという現象が、、、商品到着して早速コレに交換、女性1人でも簡単に取り付けられます。久しぶりに前番組観れる幸せ!家電量販店より全然お安いのでオススメします!

3位

マスプロ電工 マスプロ BS/CS/UHF用ブースター UBCB35

マスプロ電工-マスプロ-ブースター-UBCB35

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,200

業界トップクラスのコンパクトサイズでありながら、低雑音・高出力を実現した人気機種。出力105dBμV、UHF雑音指数(NF)1.5以下という高性能タイプなので、不快なノイズの無いクリアな画像が楽しめます。

消費電力が2.8Wという省エネ性の高さもうれしいポイントです。また、ブースターの電源部は取り付けが面倒なものがありますが、本品の背面には市販のフックなどに掛けられるフック取付板が付いているため簡単です。異常お知らせ機能も搭載されているので、不慣れな方でも安全に使うことができるでしょう。

マスプロ電工 マスプロ BS/CS/UHF用ブースター UBCB35の口コミ評判

このブースター1台で、我が家のテレビ放送、受信状況は、一変しました。夕立が来ると乱れていたBS等も、すっかり解消しました。アンテナ等の工事は、この年になって、さすがに屋根上には上がれませんが、全て、私がやっています。もし、受信不具合の方がいらっしゃいましたら、このブースター、絶対にお勧めします。

設置作業はコネクターの加工・接続さえ注意深く行えば、特に難しい設定も不要でした。受信強度も(SHARPの受信機で)50~60だったものが90以上に改善されて驚きました。誰にでも使い易い商品だと思います。

2位

マスプロ電工 UHF・BS・CSテレビ・レコーダーブースター 30dB型 UBCTR30-P

マスプロ電工 UHF・BS・CSテレビ・レコーダーブースター 30dB型 UBCTR30-P

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,550

地デジとBS放送・CS放送のテレビ信号を増幅し、受信レベルを改善することができるマスプロ電工の屋内用ブースターです。小型で高性能なので通常は15,000円程度しますが、ネット通販であれば5,000円前後で購入できます。

利得はUHF25〜32dB、BS/CSは20〜30dBで、雑音指数も低いレベルに抑えられています。電源アダプターだけでなくUSBケーブルも付いているため給電に便利。薄型テレビの背面部分に本品を直接設置できる仕様になっているのは業界初です。

マスプロ電工 UHF・BS・CSテレビ・レコーダーブースター 30dB型 UBCTR30-Pの口コミ評判

天候に関係なくCSの一部チャンネル(ND12ND14ND16)の受信レベルが時々極端に低くなり見れなくなることがあったのですがこの機器を導入後は問題なく見れるようになりました

引っ越してからBSスカパーの受信レベルが低く、一部のチャンネルは映りませんでした。他のブースターやレコーダーを通してみましたがやはりダメで、レビューで高評価だったこちらを購入しました。結果、今まで全てのチャンネルが安定して映るようになりました。購入して良かったです!

1位

日本アンテナ BS・CS/UHF卓上型ブースター VBC22CU VBC22CU

日本アンテナ BS・CS/UHF卓上型ブースター VBC22CU VBC22CU

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,725

地上デジタル放送はもちろんBS放送・CS放送にも対応した、コンパクトな屋内用のテレビブースターです。本体サイズは4.2㎝×8.4㎝×8.4㎝と小さいので狭いスペースにも設置しやすく、見た目も邪魔になりません。

内部は金属製のケースでカバーされたシールド構造になっているため、電波の漏れやノイズの侵入を効果的に防いでくれます。増幅幅は、UHFで最大22dB、CS/BSで最大16dBとなっています。通常1万円程度しますが、ネット通販では4,000円前後で購入でき、多くの世帯で利用されています。

日本アンテナ BS・CS/UHF卓上型ブースター VBC22CU VBC22CUの口コミ評判

見たい番組がたまにブロックノイズが出現するようになり悩まされました。この商品を導入したら全局のアンテナレベルが60超になり満足できるレベルです。(導入前のアンテナレベルは最高44、最低32。)早く購入すればよかったと思います。

今までローカル局とBSのチャンネルの幾つかが映りませんでしたが、こちらの商品を使用したところ映らなかったチャンネルのアンテナレベルが倍以上になりハッキリと映るようになりました。設置場所は壁のアンテナ端子と分配器の間(壁のアンテナ端子から出てすぐ)です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

テレビブースターの効果的な使い方

せっかくテレビブースターを購入しても、効果的な使い方をしなければ視聴環境は改善しないですし、かえって悪化させてしまうこともあります。

テレビブースターの本来の効果をしっかり発揮させるには、設置場所を選ぶことが大切です。基本的には、アンテナになるべく近い場所に設置しましょう。

分配器やケーブルの近くに設置すると、信号の質を落とす雑音が混ざる可能性が高まり、ノイズも一緒に増幅させてしまうことも。屋外用であればアンテナ直下に設置するのが理想的ですが、その場合は雨に濡れても大丈夫な防水タイプを選びましょう。

まとめ

テレビブースターの基礎知識についてざっとご説明してきましたが、参考になりましたか?

ご紹介したように、テレビブースターにはさまざまなスペックのものがあり、基本的な視聴環境やトラブルの状況に合うタイプ・数値の商品を慎重に選ぶ必要があります。

価格だけで判断できる類の商品ではないため、今回のような選び方の基礎知識や売れ筋商品の特徴などを踏まえて、最適なテレビブースターを見つけてくださいね。まずは本当にブースターが必要か、不具合の原因を探ってみましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.