1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンク人気のパスタおすすめ比較ランキング!うまいのはどれ?

2018/02/01更新

人気のパスタおすすめ比較ランキング!うまいのはどれ?【2018年】

2種類のパスタ

皆さんはイタリア料理を作る際、使うパスタにはこだわっていますか? パスタはその長さや太さ、形、表面の質感などによってソースの絡みやすさや食感が大きく異なります。当然パスタによって相性が良い料理も異なりますので、料理に合わせてパスタを使い分けることで、ワンランク上のイタリア料理を目指してみてはいかがでしょうか。

本ページでは、パスタの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

パスタの選び方

ノートパソコンの前で悩む女性

まずはパスタの選び方についてご説明いたします。パスタには実に多くの種類があるので本格的に選ぼうとすると迷ってしまうかもしれませんが、作りたい料理などに合わせて選択肢を絞っていくことで選びやすくなりますよ。

ショートパスタかロングパスタか

パスタは大きく分けるとショートパスタとロングパスタの2種類があります。それぞれ形状によってさらにたくさんの種類に分けられるのですが、全ては取り上げられないので、ここでは代表的なパスタの種類をご紹介いたします。

普段はスパゲッティのような代表的なパスタしか使わない方も、料理に合わせてパスタを変えることでより美味しく、より楽しく食事ができるかもしれませんよ。ぜひ他のパスタにも目を向けてみてくださいね。

ショートパスタ

日本において、ショートパスタはスパゲッティなどのロングパスタと比べるとあまりなじみがありませんが、ショートパスタにはマカロニを始めとしてたくさんの種類があります。

マッケローニ

日本においては英語名である「マカロニ」と呼ばれる円筒状のショートパスタで、グラタンやサラダによく使われます。濃いめのソースを絡めても美味しくいただけますよ。直径は5mm前後で穴が小さめです。

リガトーニ

名前の由来が「すじ」であることからもわかるように、表面にすじが入っているショートパスタです。この表面のすじによってソースが付着しやすくなります。直径はマカロニより大きく9~15mmほどで、ミートソースやアマトリチャーナなど、トマトを使ったソースなどと一緒によく使われます。

ペンネ

円筒状の両端が斜めにカットされた、ペン先のような形をしたショートパスタです。表面にすじが入ったものと入っていないものがありますが、すじが入ったものはペンネ・リガーテとも呼ばれます。ペンネが使われる料理としては、ペンネ・アラビアータやペンネ・ゴルゴンゾーラなどが有名です。

ファルファッレ

蝶の形が特徴的なショートパスタで、さまざまな大きさのものがあります。トマトソースやクリームソースをかけたり、スープに入れたりしてさまざまな食べ方を楽しむことができますよ。

コンキリエ

コンキリエは「貝殻」を意味する単語で、その名の通り貝殻の形をしたショートパスタのことを指します。大きいものはコンキリオーニ、小さいものはコンキリエッテと呼ばれます。ソースを絡めたり、中に具を入れたりして使われます。

フジッリ

フジッリは小さくて分厚いらせん状のショートパスタです。ショートパスタの中でも日本でよく見かける種類なので、知っている方も多いのではないかと思います。ドレッシングやマヨネーズがよく絡むため、サラダと相性が良いパスタです。

ルオーテ

車輪の形をしたショートパスタで、英語名である「ホイール」としても知られています。日本ではキャラクターの形にして売られているものもあります。

ニョッキ

ニョッキは一般的にジャガイモと小麦粉を合わせて作られる団子状のパスタです。ジャガイモ以外にもカボチャやホウレンソウなどを使ったニョッキも存在します。ニョッキはジャガイモと小麦粉があれば簡単に作れるので、ぜひ一度挑戦してみてください。

ロングパスタ

パスタ

スパゲッティを始めとするロングパスタは日本でも口にする機会が多いですが、スパゲッティ以外にもたくさんの種類があるので、ぜひ他のロングパスタも料理に合わせて使ってみてくださいね。

スパゲッティ

名前の由来はイタリア語の「spago(紐)」で、紐のように細長い形状をしたイタリアを代表するパスタの1つです。日本で最も親しまれているパスタではないでしょうか。ナポリタン、ミートソース、カルボナーラ、ボンゴレなど、さまざまな料理に使える万能ロングパスタです。

スパゲッティーニ

スパゲッティーニはスパゲッティの中でもより細いものを指し、太さは直径1.6mm前後です。オイル系のパスタなど、あっさりめの料理と相性が良いロングパスタです。

カペッリーニ

名前の由来はイタリア語の「capelli(髪の毛)」で、スパゲッティーニよりもさらに細く、直径がわずか1.0mm前後のロングパスタです。冷製パスタなどによく使われます。なお、ゆで時間が短いのでゆで過ぎないように注意が必要です。

パッパルデッレ

名前の由来はイタリア語の「pappare(食いしん坊)」で、非常に幅の広い革ひも状のロングパスタです。幅の広さは20mm前後にも及びます。ボリュームたっぷりで、濃厚なソースを絡めれば美味しくいただけますよ。

タリアテッレ(フェットチーネ)

日本のきしめんのような平たいリボン状のロングパスタで、幅は5.0mm~10mmほどです。イタリア北部ではタリアテッレと呼ばれ、イタリア中南部ではフェットチーネと呼ばれています。クリームソースやラグーソースなどとよく合います。

ブカティーニ

名前の由来はイタリア語の「buco(穴)」で、スパゲッティよりもやや太く、中心に穴が開いたロングパスタです。スパゲッティなどのロングパスタと、リガトーニやペンネなど円筒状のショートパスタの良さをあわせ持っているのでさまざまな料理に使えます。中でもアマトリチャーナなど、濃厚なソースとの相性は抜群です。

リングイネ

名前の由来はイタリア語の「lingua(舌)」で、スパゲッティを平たくしたような形状が特徴のロングパスタです。バジリコ、松の実、チーズ、オリーブオイルなどを使ったソース「ジェノベーゼ」と合わせてよく使われます。

キタッラ

「chitarra(キタッラ)」はイタリア語でギターを意味し、ギターの弦のように針金を張った木箱の上から、伸ばした生地を押し当てて線状に切ることで作られます。仔羊の煮込みソースを絡めて食べるのが伝統的な食べ方です。

乾燥パスタか生パスタか

パスタには長期保存に向いた乾燥パスタや、素材の風味が楽しめる生パスタがありますが、それぞれの違いを理解して使い分けてみてはいかがでしょうか。

乾燥パスタ

パスタをゆでる前に乾燥させ、長期保存できるようにしたものが乾燥パスタです。スーパーなどでよく売られているのがこのタイプで、ゆでるだけで簡単に調理できる手軽さと日持ちの良さがメリットです。

生パスタ

もちっとした食感や歯切れの良さが特徴で、素材の風味が引き立つのが生パスタです。乾燥パスタでは味わえない食感や風味を楽しめるので、普段は乾燥パスタを使っている方もぜひ一度試してみてください。なお、生パスタは乾燥パスタと比べて賞味期限が短いので、早めに使いきることが大切です。

ブロンズダイスかテフロンダイスか

パスタを作る際、ダイスと呼ばれる穴の開いた型に生地を通すことで穴の形などによってさまざまな形になるのですが、ダイスの材質によってもパスタの仕上がりが変わります。

ブロンズダイス

青銅などの金属で作られ、古くから使われているブロンズダイスは、摩擦が大きいためパスタの表面がざらざらとした仕上がりになります。表面がざらざらしているので、ソースが絡みやすくなります。ぜひ濃厚なソースと合わせてみてください。

テフロンダイス

テフロンダイスは摩擦が少ないためパスタの表面がつるつるとした仕上がりになります。スーパーなどでよく売られているパスタはこのタイプが多いです。ブロンズダイスを使ったパスタと比べるとソースが絡みにくく、さっぱりとした口当たりになります。あっさりめのソースやオイル系によく合いますよ。

スポンサーリンク

パスタ人気おすすめ商品TOP10

次にネット通販で購入できる人気のパスタを、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、好みに合ったお気に入りのパスタを探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ブイトーニ No.311ペンネリガーテ 500g

ブイトーニ No.311ペンネリガーテ 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 266

1827年にイタリアで創業し、パッケージに描かれている「ブイトーニの家」の絵で有名なブイトーニ社が製造するペンネリガーテです。円筒状のショートパスタでペン先のような形をしたものをペンネと呼びますが、同じペンネでも表面にすじが入っているものと入っていないものがあります。

ペンネの中でも表面にすじが入ったものをペンネリガーテと呼びますが、すじが入っていないものと比べてソースが絡みやすいのが特徴です。アラビアータなど、濃厚なソースとよく合うのでぜひ試してみてくださいね。

ブイトーニ No.311ペンネリガーテ 500gの口コミ評判

肉厚で食べごたえがあります。筋が入ってソースとの絡みもよく、トマト系、クリーム系のソースによく合います。伸びるのが他のメーカーのものに比べ遅い(長い時間ぶりんぶりんしている)ように思います。

肉厚でアラビアータにしてもソースに負けない小麦の味を味わうことができます。
日本のペンネは小さいのものが多いのでこれくらいの大きさが個人的にはベストです。

9位

ALCE NERO(アルチェネロ)有機全粒粉ペンネ 250g

ALCE NERO(アルチェネロ)有機全粒粉ペンネ 250g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 211

イタリア産の有機全粒粉デュラム小麦を100%使用し、有機JAS認定と有機EU認証を受けたペンネです。全粒粉は小麦のふすまや胚芽などの外皮ごと製粉されているので、有機農法以外だとどうしても不安が残ってしまいますよね。しかしその点本商品は安心です。

アルチェネロ社が製造するパスタの原材料は有機農法で栽培されており、作物本来の風味や栄養分を損なわないように注意しているので、素材の美味しさを丸ごと味わうことができますよ。

ALCE NERO(アルチェネロ)有機全粒粉ペンネ 250gの口コミ評判

有機全粒粉製法であり、メーカーによる調味料等の味付がされず、消費者の調理次第で素材の味を楽しむことが出来る。こういう食の在り方を発見出来たこと含めて、とても満足しました。

全粒粉は歯ごたえがあり小麦のおいしさが味わえる気がします。
ただ、全粒粉は栄養価が高い反面 農薬の残留が気になるので、有機農法のものがいいですね。
なのでこの商品がペンネとしては我が家の定番です。

8位

バリラ No.3 スパゲッティーニ 5kg [並行輸入品]

バリラ No.3 スパゲッティーニ 5kg [並行輸入品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,100

麺の太さが1.4mmのスパゲッティーニです。スパゲッティよりもやや細めのロングパスタはスパゲッティーニと呼ばれますが、オイル系やあっさりめのソースによく合います。5kgも入っているのでたっぷりと使えますよ。

本商品を製造するバリラ社は1877年に創業したイタリア最大級の食品会社で、イタリアにおいて3人に1人がバリラ社のパスタを選ぶと言われるほど人気のブランドです。麺が細めでゆで時間は短いですが、アルデンテにも仕上げられるので、お好みの硬さに調整してみてくださいね。

バリラ No.3 スパゲッティーニ 5kg [並行輸入品]の口コミ評判

私は細いパスタ、いわゆるスパゲッティーニが好きです。茹で時間が短いのも、せっかちな私には好都合です。茹で時間さえ間違えなければ美味しいです。油断して茹ですぎると、ちょっとね…となるのは、このパスタだけではなく他のパスタも同じ。

バリラは美味しいしソースの邪魔をしないので、いつも使っています。
ジップロックのLサイズに小分けして、冷蔵庫で保管。パスタ料理の多いお家ではかなり重宝すると思います。
やっぱり何と言っても安いです。

7位

マイサイズ おいしいパスタ ペンネタイプ 90g×4個

マイサイズ おいしいパスタ ペンネタイプ 90g×4個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 516

デュラム小麦のセモリナを100%使用したペンネです。保存料や合成着色料は一切使用しておらず、塩分はゼロです。ペンネとは円筒状の両端が斜めにカットされた、ペン先のような形をしたショートパスタのことですが、本商品は表面にすじが入っているのでソースがよく絡みます。

パスタソースは入っていないので、同社が製造するマイサイズのパスタソースなどをかけて召し上がってくださいね。中でもペンネと相性が良いアラビアータがおすすめですよ。

マイサイズ おいしいパスタ ペンネタイプ 90g×4個の口コミ評判

パスタはこれで代用して具とソースは普段通りに作っています。
ペンネなので具がよくからみ満腹感が得られます。
少しカロリーダウンできるのと茹で時間のぶん時短になります。
味もカロリーオフ食品にしては美味しいと思います。

ダイエット中にパスタが食べられるなんて。それも、なかなかのお味だと思いました。カロリーオフご飯はいろいろあるけど、パスタはないですもんね。もっといろんな種類を作ってほしいです。

6位

グラノロ スパゲッティ リストランテ 1.6mm 3kg [並行輸入品]

グラノロ スパゲッティ リストランテ 1.6mm 3kg [並行輸入品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,060

麺の太さが1.6mmのスパゲッティです。本商品を製造するグラノロ社は、良質の小麦が収穫できることで有名な南イタリアのプーリア州に、1967年に設立されました。イタリア国内では5本の指に入る販売量を誇るパスタメーカーなので、安心してお召し上がりいただけます。

3kgと大容量でありながら価格は安く、コストパフォーマンスに優れた商品です。ご家族がたくさんいらっしゃる方や訪問客が多い方、パスタ好きの方は常備しておいてはいかがでしょうか。高温、直射日光、多湿を避け、開封後はしっかり密閉して保存してくださいね。

グラノロ スパゲッティ リストランテ 1.6mm 3kg [並行輸入品]の口コミ評判

イタリア産 デュラム セモリナの美味しいパスタです。
茹で時間が7〜8分というのが最近の日本のパスタのトレンドからするとやや長いが
とても美味しく気に入りました。

1.6mmの太さは、クリーム系のこってりソースよりも、手早く作る和風タラコスパゲティやペペロンチーノなどのシンプルなメニューに向いてます。
あっさりさっぱり系のメニューがお好きなら、この太さがむしろオススメかと思います。

5位

 ALCE NERO(アルチェネロ)有機全粒粉スパゲッティ 500g

ALCE NERO(アルチェネロ)有機全粒粉スパゲッティ 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 330

イタリア産の有機全粒粉デュラム小麦を100%使用した太さ1.6mmのスパゲッティです。本商品を製造するアルチェネロ社は1978年にイタリアで創業し、有機農法をいち早く取り入れて実践してきた会社です。イタリアの各地に点在する農家や農協と強く結ばれ、有機農作物の栽培を徹底して行っています。

品質や安全性にこだわったパスタなので、安心して食べられますね。本商品ならではのそばのような食感と小麦の風味を生かして、通常のスパゲッティとはまた違った使い方をしてみても面白いかもしれませんよ。

ALCE NERO(アルチェネロ)有機全粒粉スパゲッティ 500gの口コミ評判

歯ごたえと風味があるため、これを食べてしまうと、通常の白い小麦粉だけのスパゲティが味気なく感じます。
使い方は通常のスパゲティと全く同じで、トマトソース、醤油ベースソース、クリームソース、何にでも合います。

普通のパスタを白米とすると、これは玄米のようなパスタです。
お蕎麦のように風味があって、ペペロンチーノ風だと具は玉ねぎより長ネギがおすすめです。
普通のパスタでカレー味はちょっと気持ち悪いけど、このパスタならいけちゃいます。

4位

【Amazon.co.jp限定】はごろも ポポロスパ7分 5kg 1.6mm

【Amazon.co.jp限定】はごろも ポポロスパ7分 5kg 1.6mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,588

デュラム小麦のセモリナを100%使用した、太さ1.6mmのスパゲッティです。ちょうどよい麺の太さなので、濃いめ・あっさりめ問わず幅広いソースに合わせて使うことができますよ。標準のゆで時間は7分ですが、自分の好みの硬さに合わせて調整することで、さらに美味しくいただけます。

5kg入った大容量のパスタでありながら価格が安いのでコストパフォーマンスに優れた商品であると言えます。家族が多い方やパスタ好きの方におすすめです。袋にジッパーなどは付いていないので、開封後はパスタケースに入れるなどして密閉して保存するようにしてくださいね。

【Amazon.co.jp限定】はごろも ポポロスパ7分 5kg 1.6mmの口コミ評判

もちもち食感で昔から愛されるポポロスパ
大容量でこのお値段は常備しておくのに助かります。
最近はパスタソースも安いものが種類も多く出回っているのでいざ何を食べようか困った時に大活躍です。

安定の品質。
この太さが一番良い感じのアルデンテが、作りやすいです。冷製にもイケます。
パスタが大好きなので、たっぷり食べれてコスパも最高です!
最初は、カルボナーラにしましたが、ソースも良く絡み美味しかったです。

3位

ブイトーニ No.71スパゲティーニ 1.6mm 1kg

ブイトーニ No.71スパゲティーニ 1.6mm 1kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 345

麺の太さが1.6mmのスパゲッティーニです。本商品を製造するブイトーニ社は1827年にイタリアで創業した食品工業会社で、創業当時からデュラム小麦のセモリナを100%使用しています。「高温短時間乾燥」によるコシの強さとテフロンダイスによる表面のなめらかさが特徴です。

さっぱりとした口当たりとつるつるとした食感が楽しめるので、あっさりめのソースやオイル系によく合います。ゆで時間は8分で、スタンダードな太さなので使いやすいパスタですよ。

ブイトーニ No.71スパゲティーニ 1.6mm 1kgの口コミ評判

久しぶりじゃないか、ブイトーニお前、何処行ってたんだと。元気だったのかと。
他のメーカーには味や食感でそれぞれ良さが有る訳ですが、このツルシコ感は他のメーカーには無いブイトーニの良さなんですね。

安くて大容量ですし状況が状況だったので味は期待せず、とにかく食べられれば有難いと思っていました。
しかし実際届いて食べてみると、今までお店でも食べたことのないツルツルプルプルな食感に驚きました。
味もほんのり甘く、病みつきになりそうです。

2位

はごろも ポポロスパ CarbOFF(低糖質パスタ) 1.4mm 240g (5608)×3個

はごろも ポポロスパ CarbOFF(低糖質パスタ) 1.4mm 240g (5608)×3個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,199

通常のマカロニやスパゲッティと比べ糖質を50%カットした、100gあたり糖質26.7gの低糖質パスタです。また、100gあたりの食物繊維は43.6gとなっており、同社の製品「ポポロスパ7分結束(700g)」と比べるとなんと約10倍もの量が含まれています。麺の太さはやや細めの1.4mmです。

高圧押出成形機を使って製造しているので、デュラム小麦のセモリナを100%使ったスパゲッティに近い美味しさに仕上がっていますよ。なお、本商品は240gが3個セットになっており合計720gなので、1人前を100gとすると約7回使える計算になります。

はごろも ポポロスパ CarbOFF(低糖質パスタ) 1.4mm 240g (5608)×3個の口コミ評判

固茹で好きな人にはたまりません。10分茹でた後具材を混ぜるのにその後6分程かかり、普通のパスタだと完全に伸びててアウトだろうと思いきや、こちらのパスタでは全く伸びずに美味しく頂けました。芯が残ってるような硬さはありませんでした。

パスタ自体GI値も低く、腹持ちが良く、脂肪も溜めにくいため、ダイエット・筋トレにも向いているが
さらに低糖質とあればコレは間違い無く素晴らしいパスタとしか言えない。
(きのこ類、野菜類、鶏肉を加え和風パスタを作ると素晴らしい筋トレ用メニューになる)

1位

バリラ No.5 スパゲッティー 5kg [並行輸入品]

バリラ No.5 スパゲッティー 5kg [並行輸入品]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,086

麺の太さが1.7mmのスパゲッティです。1.7mmのスパゲッティはとてもバランスが良くスタンダードなサイズなので、迷ったら1.7mmがおすすめです。ミートソースやトマトソースなど、お好きなソースに合わせられますよ。

内容量は5kgと非常に多く、1人前を100gとすると50回も使える計算になります。乾燥パスタなので長期保存には向いていますが、湿気やニオイ移り、虫害などを防ぐためにパスタケースなどに入れて密閉して保存してくださいね。

バリラ No.5 スパゲッティー 5kg [並行輸入品]の口コミ評判

表面がざらざらしたパスタも美味しいですが、つるっとしたこちらのパスタも良いですね。最近はオリーブオイルとシーズニングで簡単に済ませることが増えてきたので、こちらのスパゲッティが大活躍しています。その食感で風味が引き立ちますよ!

輸入品だし、品質や味に不安があったのですがいざ食べてみるとおいしい。
スーパーで取り扱ってるパスタと比べると断然こちらの方がおいしいですし、なにより量が多いので得だと思いました。
国産のパスタも悪くないのですが、味が違います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

パスタの効果的な使い方

ボンゴレビアンコ

最後にパスタの効果的な使い方をご紹介いたします。パスタの美味しさを決める「ゆで方」に加え、パスタの保存方法を覚えてパスタの風味や食感を最大限に引き出しましょう。

パスタのゆで方

パスタのゆで方は料理の美味しさを決める大切な要因です。自己流のゆで方でも構いませんが、一度正しいゆで方を覚えて、その違いを比べてみてはいかがでしょうか。

なるべく大きくて深い鍋を使い、たっぷりのお湯でゆでる

パスタがはみ出して焦げたり、鍋底やパスタ同士でくっついたりしないように、なるべく大きくて深い鍋を使ってたっぷりのお湯でゆでるようにしましょう。パスタの約10倍の量(パスタ100gであれば1L)を目安にしてみてください。

適切な量の塩を入れる

お湯が沸騰し始めたらパスタに下味をつけるため、1Lのお湯に対して約10gの塩を入れましょう。お湯に対して約1%の量が目安です。

沸騰したお湯の中にパスタを広げながら入れてかき混ぜる

お湯が沸騰したら、パスタを広げながらお湯の中に入れ、菜箸などを使って沈めていきます。パスタがしんなりしてきたら、くっつかないようにかき混ぜましょう。かき混ぜ過ぎるとパスタに傷がついてしまうので気をつけてくださいね。

好みの硬さに合わせてゆで時間を調整する

商品のパッケージなどに載っている規定時間を基準とし、自分の好みの硬さも考えながらゆで時間を調整してみてください。

パスタの保存方法

乾燥パスタは湿気に弱いので、保存の際は気をつけましょう。特に開封後は、湿気だけでなくニオイ移りや虫害などを防ぐためにも、しっかりと密閉して保存するようにしてください。適当な容器が無い場合は、パスタケースの購入も検討してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私たちになじみのあるスパゲッティ以外にも、パスタにはさまざまな種類があることがお分かりいただけたかと思います。同じソースでも使うパスタによってさまざまな味わいに変化しますよ。

今まで食べたことがないパスタもたくさんあるかと思いますので、これを機に、ぜひ料理に合わせていろいろなパスタを試してみてくださいね。本ページを参考に、お気に入りのパスタを見つけていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.