1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンク板チョコおすすめ比較ランキング!健康や美肌にも人気なのは?

2018/05/17更新

板チョコおすすめ比較ランキング!健康や美肌にも人気なのは?【2018年】

2枚の板チョコ

明治のミルクチョコレートや森永のミルクチョコレート、ロッテのガーナチョコレートなどに代表される板チョコはチョコレートの定番ですよね。これらの有名な板チョコ以外にもオーガニックの板チョコやカカオの含有量が多い板チョコ、高級なカカオを使った贅沢な板チョコなど、さまざまな商品が販売されています。

本ページでは、板チョコの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

板チョコの選び方

スマートフォンを見て驚く女性

まずは板チョコの選び方についてご説明いたします。板チョコはチョコレートの種類やカカオの含有量、原材料などによって風味だけでなく体への影響も異なるので、購入する前にぜひチェックするようにしてみてくださいね。

チョコレートの種類で選ぶ

板チョコを含み、チョコレートにはビターチョコレートやミルクチョコレート、ホワイトチョコレートなどいくつかの種類がありますが、みなさんはこれらの違いをご存知でしょうか。ここでは板チョコに使われる代表的なチョコレートの種類をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビターチョコレート

ビターチョコレートとはミルクが入っていない、カカオマスが40~60%のチョコレートのことを指し、ブラックチョコレートやダークチョコレートなどとも呼ばれます。苦めのチョコレートがお好きな方におすすめです。

ミルクチョコレート

ミルクチョコレートとはその名の通り、全脂粉乳や脱脂粉乳などの乳製品(ミルク)が入ったチョコレートのことです。ビターチョコレートと比べて苦みが弱く、濃厚な甘みやクリーミーさ、なめらかな舌触りが特徴です。カカオの苦みが苦手な方はミルクチョコレートを選ぶとよいでしょう。

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートとはココアバターやミルク、砂糖などから作られるチョコレートのことです。カカオ豆の中でも苦みがないココアバターを使用し、苦みのあるカカオマスを使用していないため、甘さが引き立っています。

カカオの含有量で選ぶ

板チョコの原料であるカカオには食物繊維やミネラルに加え、テオブロミンやカカオポリフェノールなど独自の成分も含まれています。

テオブロミンという成分には脳を活性化し、集中力や記憶力を高める働きがあると言われています。また、カカオポリフェノールは血圧を下げたり、老化を防止したり、動脈硬化を予防したりするなどさまざまな効果があると言われています。

単に美味しいから板チョコを食べているという方も、こうしたカカオの効果に期待して食べてみるのもよいのではないでしょうか。その場合はカカオの含有量をチェックし、なるべく多いものを選ぶとよいでしょう。

原材料をチェック

板チョコを選ぶ際は原材料をチェックすることがとても大切です。商品のパッケージなどに載っている原材料名の欄を見ると、基本的に使用量が多い順に原材料が並んでいるので参考になりますよ。例えば砂糖が一番最初に載っている場合、その板チョコは砂糖が一番多く使われているということになります。

カカオの含有量が多いからといって砂糖があまり使われていないかというと必ずしもそうではなく、カカオの苦みを和らげるために砂糖をたくさん使っている商品もあるので注意が必要です。

また、板チョコの原材料をチェックする際は使われている食品添加物にも注目してみてください。板チョコに使われている主な食品添加物としては香料、乳化剤、植物油脂、レシチンなどが挙げられます。特に安価な板チョコには食品添加物が多く含まれているケースが多いです。使われている原材料がなるべくシンプルなものを選べば安心ですね。

余裕があれば、有機栽培されたカカオ豆を使っているオーガニック食品かどうかも確認するとよいでしょう。板チョコは美味しさだけでなく、安全性にもこだわって選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

板チョコ人気おすすめ商品TOP20

次にネット通販で購入できる人気の板チョコを、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、自分に合ったお気に入りの板チョコを探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

20位

iChoc オーガニックチョコ・ホワイトバニラ(80g)【有機JAS認定品】

iChoc オーガニックチョコ・ホワイトバニラ(80g)【有機JAS認定品】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 594

香り高いブルボンバニラを練り込み、上品な味わいに仕上げたライスミルク入りの板チョコです。動物性の原材料を使っておらず、有機JASの認定を受けたオーガニックチョコレートなので安心して召し上がっていただけます。ホワイトチョコレート特有の苦みのない引き立った甘さがお好きな方はぜひ一度味わってみてください。

【メーカー】アイチョコ(iChoc)
【原材料】有機カカオバター、有機砂糖、有機ライスミルク(有機米、有機ひまわり油、塩)、有機タイガーナッツ、塩、有機バニラエキス、有機バニラパウダー

19位

明治 明治ザ・チョコレート魅惑の旨みジャンドゥーヤ 50g×10箱

明治 明治ザ・チョコレート魅惑の旨みジャンドゥーヤ 50g×10箱

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,500

表面にカカオの実が描かれ、チョコレートでヘーゼルナッツチョコを挟み込んだ3層構造が斬新な板チョコです。カカオ分は51%で、ベネズエラ産のカカオ豆を中心に使用しています。ヘーゼルナッツの香ばしさとカカオのスパイシーさを力強く感じることができますよ。

【メーカー】明治
【原材料】カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、ヘーゼルナッツペースト、植物油脂、乳化剤(大豆を含む)、香料

明治 明治ザ・チョコレート魅惑の旨みジャンドゥーヤ 50g×10箱の口コミ評判

袋を開けるとふわーっとカカオとナッツ系の香ばしい匂いが。。。
口に入れると、まずカカオの味と風味が最初にドバーッと押し寄せてきて、チョコレートの旨味で幸せになれます。そして鼻から抜けるチョコとは思えないような香ばしい匂い。

ナッツ好きには堪らない風味でした。チョコとナッツの香ばしさをたっぷり味わいたい人はぜひ。

18位

明治ハイミルクチョコレート

明治ハイミルクチョコレート

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 108

上質な素材を使用し、ミルク本来のコクと香りにこだわることによって、「明治ミルクチョコレート」よりもさらに濃厚なミルク感を実現したミルクリッチな板チョコです。ミルクチョコレートの濃厚な甘みやクリーミーさ、なめらかな舌触りがお好きな方はぜひ一度味わってみてください。

【メーカー】明治
【原材料】砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、脱脂粉乳、レシチン、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

17位

VIVANI オーガニックダークチョコレート 99% 80g  2枚  【送料込】

VIVANI オーガニックダークチョコレート 99% 80g  2枚  【送料込】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,268

ヨーロッパやアメリカを中心に高い人気を誇るドイツのチョコレートメーカー「ヴィヴァーニ(VIVANI)」が製造するカカオ分99%の濃厚な板チョコです。オーガニックのチョコレートで、パナマ産の有機カカオや体に優しいココナッツシュガーを使っているので、安心して召し上がっていただけます。

【メーカー】ヴィヴァーニ(VIVANI)
【原材料】有機カカオマス(パナマ産)、有機カカオバター(ドミニカ共和国・パナマ・タンザニア産)、有機ココナッツシュガー(インドネシア産)

16位

ロッテ ガーナローストミルク 50g×10個

ロッテ ガーナローストミルク 50g×10個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,188

風味豊かに仕上げた焦がしミルクと優しい味わいのカカオの組み合わせが濃厚な味わいを生み出す板チョコです。ひと手間加えたミルクの香ばしい風味とコクが、口にした瞬間なめらかに広がります。9年ぶりに登場したロッテ・ガーナシリーズの新しい味わいをぜひお楽しみください。

【メーカー】ロッテ
【原材料】砂糖、ミルククラム(砂糖、全粉乳、ココアバター)、全粉乳、植物油脂、ココアバター、カカオマス、乳糖、ヘーゼルナッツペースト、食塩、香辛料/乳化剤(大豆由来)、香料

ロッテ ガーナローストミルク 50g×10個の口コミ評判

ローストミルクの味がよく解りませんがそこまで香ばしい訳でもなく程々の甘さ、でした。あまり馴染みがない味で美味しくてついつい全部、食べちゃいました。強いて言えば、新鮮味を感じました。

15位

有機ココシュガーチョコ ダーク カカオ 64% 100g

有機ココシュガーチョコ ダーク カカオ 64% 100g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 799

ヘルシーなココナッツシュガーを使用したカカオ分64%の板チョコです。カカオとヘーゼルナッツ、コクのある甘さのココナッツシュガーの組み合わせが濃厚で、少量でも満足感が味わえるように仕上がっています。乳化剤不使用・オールオーガニック・白砂糖不使用というのは嬉しいポイントですね。

【メーカー】Dardenne(ダーデン)
【原材料】有機カカオマス、有機ココナッツシュガー、有有機カカオバター、有機ヘーゼルナッツ、有機アガベイヌリン

有機ココシュガーチョコ ダーク カカオ 64% 100gの口コミ評判

全て有機素材で砂糖も使用せずココナッツシュガーなのがいい、
甘味も苦味も丁度いい、口どけもなめらかでおいしいです。

主人がお気に入りで、美味しく頂いています^ ^甘いので疲れた時ぴったりです。

14位

70%ダーク 100g

70%ダーク 100g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 486

砂糖を使わず、厳選されたカカオ豆によって風味よく仕上げられた板チョコです。本商品を製造するバロールは、1881年にドン・ヴァレリアーノ・ロペス・リュレッド氏がスペイン東部バレンシア州のビリャホヨサで創業した、歴史あるチョコレートメーカーです。

ダークチョコレートなので、テオブロミンやカカオポリフェノールなど、カカオの成分をより多く摂取したい方におすすめです。

【メーカー】VALOR(バロール)
【原材料】カカオマス、マルチトール、ココアパウダー、ココアバター/乳化剤(大豆由来)、甘味料(ステビア)、香料

13位

ブルボン アーモンドラッシュカカオ70 1枚×10箱

ブルボン アーモンドラッシュカカオ70 1枚×10箱

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,160

キレのあるカカオ分70%のチョコレートの中に、香ばしいローストアーモンドをぎっしりと散りばめた板チョコです。大きさの異なる2種類のアーモンドを使用しており、食べごたえのあるザクザクとした食感と、噛んだ瞬間から広がるアーモンドの充実感をお楽しみいただけます。

【メーカー】ブルボン
【原材料】アーモンド、カカオマス、砂糖、ココアバター、植物油脂、全粉乳/乳化剤(大豆由来)、香料

12位

明治 明治ザ・チョコレート鮮烈な香りフランボワーズ 50g×10箱

明治 明治ザ・チョコレート鮮烈な香りフランボワーズ 50g×10箱

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,484

ブラジルのトメアスー産カカオ豆を中心に使用した、カカオ分44%の板チョコです。本商品は2017年、「国際味覚審査機構(iTQi)」が主催する品評会で優秀味覚賞を受賞しました。フランボワーズとカカオのフルーティーな酸味が重なり合い、華やかな風味が楽しめる1枚に仕上がっていますよ。

【メーカー】明治
【原材料】カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、植物油脂、ラズベリーパウダー、りんごパウダー、乳化剤(大豆を含む)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、香料

明治 明治ザ・チョコレート鮮烈な香りフランボワーズ 50g×10箱の口コミ評判

おいしさはお墨付き。10個ケース入りが欲しくて購入しました。1箱3枚入りで、1枚の食べきり満足度があります。おすそ分けに1枚差し出すと喜ばれます。フランボワーズの爽やかさとカカオの風味がとても好きです。

ちょうど良い甘さと苦さが最高です

11位

明治 ミルクチョコレート 50g

明治 ミルクチョコレート 50g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

カカオとミルクの素材の美味しさを追求し、厳選された材料を使った板チョコです。「ピュアチョコレート」の称号を持っており、芳醇なカカオとミルクの風味が楽しめます。安価な板チョコによく使われている植物油脂が使われていないという点も魅力的です。そのまま食べるだけでなく、手作りチョコの材料として使うのもおすすめですよ。

【メーカー】明治
【原材料】砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、レシチン(大豆由来)、香料

10位

有機ココシュガーチョコ アーモンドミルク 100g

有機ココシュガーチョコ アーモンドミルク 100g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 799

乳製品の代わりにアーモンドミルクパウダーを使用し、ココナッツシュガーで甘さをつけた、カカオ分58%の板チョコです。乳製品を使用していないにもかかわらずコク深いミルク感が実現されています。植物性100%で有機栽培された原料を使っているというのも注目すべきポイントです。

【メーカー】Dardenne(ダーデン)
【原材料】有機カカオバター、有機ココナッツシュガー、有機カカオマス、有機ヘーゼルナッツ、有機脱脂アーモンドミルクパウダー、有機アガベイヌリン

9位

Lindt エクセレンス・90%カカオ 100g

Lindt エクセレンス・90%カカオ 100g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 572

チョコレートの本質を極めたリンツのエクセレンスシリーズの、カカオ分90%の板チョコです。しっかりとしたカカオ感とやわらかい酸味によって、キレのあるスモーキーなチョコレートに仕上がっています。99%が食べられなかった方も、90%であれば食べられるかもしれませんね。

【メーカー】Lindt(リンツ)
【原材料】カカオマス、ココアバター、ココアパウダー、砂糖、香料

Lindt エクセレンス・90%カカオ 100gの口コミ評判

ビターなチョコレートを食べてみようと思いたち、先に、同銘柄のカカオ99%を試しました。身の程知らずでした。
一方、この90%は、まさしく期待していた通りの、ほろ苦さ。甘くはないですが、無理なく食べられました。

99%は本当に苦く、アルミホイルをかじった時のような感じでした。
85%はあんまり甘くなくて、味も好みではない…
ですが数%しか変わらないのにこの90%はほんのり甘くて美味しいです。

8位

ブルボン アーモンドラッシュミルク 1枚×10箱

ブルボン アーモンドラッシュミルク 1枚×10箱

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,160

香ばしいローストアーモンドをコク深いミルクチョコレートの中にぎっしりと散りばめた板チョコです。2種類の異なる大きさのアーモンド(スリーバードアーモンド・ハーフカットアーモンド)を使っており、食べごたえのある食感に仕上がっていますよ。

【メーカー】ブルボン
【原材料】アーモンド、砂糖、カカオマス、全粉乳、植物油脂、ココアバター/乳化剤(大豆由来)、香料(乳由来)

7位

有機アガベチョコレート ダーク カカオ 70% 100g

有機アガベチョコレート ダーク カカオ 70% 100g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 799

砂糖の代わりに低GIのアガベパウダーを使って作られた、カカオ分70%の板チョコです。GIとは「Glycemic Index(グリセミック・インデックス)」の略で、食後に血糖値が上昇するスピードを表す数値のことです。有機栽培された原料を使用しており、余計な食品添加物は使用していないため、味だけでなく健康にもこだわった板チョコであると言えます。

【メーカー】Dardenne(ダーデン)
【原材料】有機カカオマス、有機アガベパウダー、有機カカオバター、有機バニラパウダー

有機アガベチョコレート ダーク カカオ 70% 100gの口コミ評判

数少ない低GIチョコが手軽に食べられるのが嬉しいです。ビターが好きなのでとってもおいしく頂きました。

カカオ70%と中ではダントツ食べやすい。砂糖ではない低GI値アガベだから、後味がベタベタしていないのが良い。
板チョコが40個に割れるのようになっているのも食べやすい。

6位

明治 ホワイトチョコレート 40g×10個

明治 ホワイトチョコレート 40g×10個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,188

厳選された原料を使用し、ミルクのコク深さとすっきりとした後味を両立させた板チョコです。北海道産の濃厚なミルクの味わいが楽しめますよ。ホワイトチョコレートなので原材料にカカオマスを使用しておらず、カカオマス特有の苦みが無いため、チョコレートの甘さがより引き立っています。

【メーカー】明治
【原材料】砂糖、全粉乳(北海道産)、ココアバター、植物油脂、脱脂粉乳(北海道産)、乳化剤(大豆を含む)、香料

明治 ホワイトチョコレート 40g×10個の口コミ評判

ミルクのコクと甘さがしっかりとあり、クリーミーな甘さを堪能できます。
後味は、甘さの割には、意外とすっきりしていて、とても美味しいです。
板で食べれるというのも、嬉しいポイントです。

5位

ロッテ クランキー

ロッテ クランキー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

小麦やでん粉などから作られるモルトパフを使うことによってサクサクの軽い食感が楽しめるようになった板チョコです。ロッテのクランキーは1974年9月に発売して以来30年以上にわたって多くの人々に愛され続けています。ミルクチョコレートとサクサクの食感の絶妙なバランスをぜひお楽しみください。

【メーカー】ロッテ
【原材料】砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、モルトパフ、植物油脂、乳糖、乳化剤、香料、膨脹剤、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

4位

明治ザ・チョコレート 魅惑の旨味 ジャンドゥーヤ

明治ザ・チョコレート 魅惑の旨味 ジャンドゥーヤ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

ベネズエラ産のカカオ豆を中心に使用した、カカオ分51%の板チョコです。ヘーゼルナッツチョコをチョコレートで挟み込んだ3層構造によって、ヘーゼルナッツの香ばしさやカカオのスパイシーな風味を楽しむことができます。

【メーカー】明治
【原材料】カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、ヘーゼルナッツペースト、植物油脂、乳化剤(大豆を含む)、香料

3位

明治ザ・チョコレート 濃密な深みと旨味 ベルベットミルク

明治ザ・チョコレート 濃密な深みと旨味 ベルベットミルク

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

ベネズエラ産のカカオ豆を中心に使用した板チョコです。カカオ分51%のミルクチョコレートで、ナッツの香りとミルクのコクのバランスが良く、濃厚な風味を楽しめますよ。なお、本商品は2017年の「Academy of Chocolate(世界最高峰のチョコレートを認定する賞)」において「BRONZE」を受賞しています。

【メーカー】明治
【原材料】カカオマス、ココアバター、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、乳化剤(大豆を含む)

2位

リンツ(Lindt) エクセレンス・99%カカオ 50g

リンツ(Lindt) エクセレンス・99%カカオ 50g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,200

カカオの含有量がなんと99%の上級者向けの板チョコです。リンツのチョコレート専門の菓子職人が最高のカカオ豆を厳選しています。チョコレートの原料である純粋なカカオマスに限りなく近く、カカオ豆本来の風味が楽しめますよ。

【メーカー】Lindt(リンツ)
【原材料】カカオマス、ココアパウダー、ココアバター(西アフリカ・中南米)、砂糖

リンツ(Lindt) エクセレンス・99%カカオ 50gの口コミ評判

まったく甘味はありません。でも、カカオの風味はしっかり。ひとかけで満足なので、カロリーを気にされる方におすすめです。
私的には、お酒類とゆっくり味わうのがおすすめです。

これまで高カカオ率のチョコは数多く試していますが、私の結論としてはこれが一番です。
100%を謳った他社製品が何社かありますが、チョコ好きがイメージするカカオの風味とはちょっと違うものばかりでした。

1位

明治 ミルクチョコレート 50g×10個

明治 ミルクチョコレート 50g×10個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,188

1926年(大正15年)9月13日に発売され、「ミルチ」の愛称で親しまれてきた板チョコです。1枚あたりカカオポリフェノールが410mg含まれています。ガナッシュやチョコレートケーキなど、手作りチョコレートの材料にも最適なので、もし余ったらぜひ使ってみてくださいね。

【メーカー】明治
【原材料】砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、レシチン(大豆由来)、香料

明治 ミルクチョコレート 50g×10個の口コミ評判

原材料を見てもらえば解りますが、低価格な商品でカカオバターの代わりに使用される「植物油(=パーム油)」が一切使われていません。油脂分はカカオバターと乳脂だけです。

口の中にいれてからとろける感じとコクと甘さのバランスのよいおいしさは、絶妙でリッチな気分にしてくれます。ほんとうに美味しい!大手メーカーのチョコレートの中ではこの商品が No.1だと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

板チョコの効果的な使い方

板チョコを使った手作りチョコ

最後に板チョコの効果的な使い方をみていきましょう。今回は板チョコのちょっとした雑学と板チョコを使ったレシピについてご紹介いたします。

板チョコに溝がある理由

皆さんは板チョコの溝に沿ってきれいに割ろうとしていないでしょうか。実はあの板チョコの溝はきれいに割るためではなく、チョコレートを早く冷やして固めたり、チョコレートを型から取り出しやすくするために入れられたものだったのです。

つまり板チョコは溝に沿って割る必要はなく、自分の食べやすいように割ってよいということです。きれいに割ることができずモヤモヤしていた方もこのことを知っていれば気持ちよく板チョコを食べられそうですね。

板チョコを使ったさまざまなレシピ

生チョコレートやトリュフチョコレート、チョコレートケーキなど、板チョコを使えばさまざまな手作りチョコを作ることができます。明治や森永、ロッテなどのウェブサイトでは板チョコを使った手作りチョコのレシピが無料でたくさん公開されているので、ぜひいろいろと作ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段はスーパーやコンビニなどで売られている比較的安価な板チョコしか食べないという方も、これを機にぜひワンランク上の板チョコにも挑戦してみてください。美味しくて体に良い板チョコを選べると良いですね。本ページを参考に、自分に合ったお気に入りの板チョコを見つけていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.