1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーダイエットMCTオイルのおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/06/29更新

MCTオイルのおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

ココナッツ

ダイエット効果が期待できるということで近年注目を集めている「MCTオイル」。試しに使ってみたいもののMCTオイルがどういうものなのかわからないという方や、どれを選べばよいかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

本ページでは、MCTオイルの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

MCTオイルの選び方

タブレットを眺める女性

MCTオイルの選び方についてご説明いたします。まずはMCTオイルやその効果について理解したうえで、成分や原料などをチェックして自分に合った商品を選べるようになりましょう。

MCTオイルとは

MCTは「Medium Chain Triglyceride」の頭文字をとったもので、中鎖脂肪酸を意味します。つまりMCTオイルとは中鎖脂肪酸オイルのことです。では中鎖脂肪酸とは何かというと、ココナッツやパームフルーツなどヤシ科の植物や母乳、牛乳などに含まれる天然成分です。

中鎖脂肪酸の特徴として、「吸収が速い・肝臓で素早く分解される・蓄積しにくい」という点が挙げられます。一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸と比べて約4倍のスピードで分解され、短時間でエネルギーになることで知られています。

MCTオイルの効果

MCTオイルダイエットがここ最近話題になっているように、MCTオイルにはさまざまな効果があると言われています。実際にどのような効果があるのか確認しておきましょう。

ダイエット

中鎖脂肪酸は前述の通り吸収や分解が速く、体脂肪として蓄積しにくいため、ダイエットに効果があると言われています。

脳機能低下の抑制

平常時に人の脳がエネルギー源として利用するのはブドウ糖ですが、体内にブドウ糖が不足した時などは第二のエネルギー源として「ケトン体」を利用することがわかっています。そして中鎖脂肪酸はケトン体を効率的に作り出してくれるので、老化などによる脳機能低下を抑制してくれるのではないかと言われています。

便秘の解消

MCTオイルには水溶性の食物繊維である「ペクチン」が含まれていますが、このペクチンには便を柔らかくし、便秘の解消をサポートする効果があると言われています。

成分で選ぶ

MCTオイルに含まれている脂肪酸は主にカプロン酸(C6)・カプリル酸(C8)・カプリン酸(C10)・ラウリン酸(C12)の4種類に分けられます。それぞれ特徴が異なるので含有量をチェックしてみてくださいね。

カプロン酸(C6)

カプロン酸(C6)は炭素数が6個の分子構造が短い脂肪酸で、バターなどに含まれています。ケトン体への変換は速いですが胃に不快感をもたらす可能性があります。

カプリル酸(C8)

カプリル酸(C8)は脳内で代謝されるスピードが非常に速い脂肪酸で、ココナッツオイルやバターなどに含まれています。また、カプリル酸は抗菌性にも優れています。価格はやや高いですが、エネルギーへの変換効率を重視するならカプリル酸を多く含んだMCTオイルがおすすめです。

カプリン酸(C10)

カプリン酸(C10)はカプリル酸(C8)と比べるとエネルギーへの変換効率は劣りますが、コストを低く抑えられるというメリットがあります。一般的なMCTオイルはカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)を主に含んでいます。

ラウリン酸(C12)

ラウリン酸(C12)はココナッツオイルやパーム油、母乳などに含まれている脂肪酸で、今回挙げた4種類の脂肪酸の中では一番分子構造が長く、他の脂肪酸とは異なりケトン体には変換されません。しかし高い抗菌性を持つと言われています。

100%ココナッツ由来かどうか

MCTオイルの中にはココナッツオイルを原料として作られたものやパーム核油を原料として作られたものがあります。やはりMCTオイルが何から作られているのかというのは気になるポイントですよね。

ココナッツオイルよりもパーム核油のほうが安く手に入るため、パーム核油由来のMCTオイルのほうが多いと言われていますが、100%ココナッツ由来をアピールしたMCTオイルも目立ってきているのでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

MCTオイル人気おすすめ商品TOP10

次にネット通販で購入できる人気のMCTオイルを、ランキング形式でご紹介いたします。口コミなどを参考にしつつ、自分に合ったMCTオイルを探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ココナッツ由来100% MCTオイル 170g 3本 (MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE) 有機バージンココナッツオイル5%配合 中鎖脂肪酸油98%

ココナッツ由来100% MCTオイル 170g 3本 (MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE) 有機バージンココナッツオイル5%配合 中鎖脂肪酸油98%

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,682

有機バージンココナッツオイルを5%配合したココナッツ由来100%のMCTオイルです。中鎖脂肪酸油は98%含まれています。有機バージンココナッツオイルが5%配合されていることにより、まろやかで程よいココナッツ風味に仕上がっています。トレーニングをしている方やダイエット中の方、高齢の方などはぜひ一度試してみてくださいね。

ココナッツ由来100% MCTオイル 170g 3本 (MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE) 有機バージンココナッツオイル5%配合 中鎖脂肪酸油98%の口コミ評判

ほのかなココナッツの香りが食材を引き立ててくれる気がします。
小ぶりの瓶なので食卓において、魔法の調味料のようにお手軽に使っています。

クセがないので、どんな料理にも合います。サラダやコーヒーにいれて毎日摂取しています。ココナッツの香りは強くないです。

9位

中鎖脂肪酸油100% Fresh MCT Oil 460g

中鎖脂肪酸油100% Fresh MCT Oil 460g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,160

天然植物性のパームヤシオイル由来の食用MCTオイルです。体内で素早く代謝・燃焼されるとして注目されている中性脂肪酸油が100%含まれています。無色透明でベタつきが少なく、ニオイがほとんどしないのでお好きな料理や飲み物に混ぜて召し上がっていただけますよ。460gの大容量なのでたっぷりとお使いいただけます。

中鎖脂肪酸油100% Fresh MCT Oil 460gの口コミ評判

MCTオイルダイエットを始めて明日で1ヶ月。今までのダイエットと比べて辛くないし、イライラしません。ウエストもだいぶ緩くなりました。

8位

仙台勝山館 MCTオイル 165g

仙台勝山館 MCTオイル 165g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,404

100%ココナッツ由来の100%中鎖脂肪酸で構成されたMCTオイルです。味やニオイが無く透明の液体なので、さまざまな料理や飲み物に加えて飲むことができますよ。サラダやヨーグルト、味噌汁、コーヒー、紅茶などに入れてお召し上がりください。165gの小瓶タイプなので、試しにMCTオイルを使ってみたいという方におすすめの商品です。

仙台勝山館 MCTオイル 165gの口コミ評判

コーヒーとバターに混ぜて飲んでいます。
確かに、空腹感がなくなります。
朝飲むと、昼ころまでは、全然空腹感がありません、頭もすっきりするような、気がします。

7位

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)135g

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)135g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 939

マレーシア産のココナッツを100%使って作られた中鎖脂肪酸100%のMCTオイルです。本商品の内容量は135gと少なめで価格も安いので、試しにMCTオイルを使ってみたいという方におすすめです。もし使ってみて効果を実感したのであれば、本商品は他にも250gのタイプがあるのでぜひそちらも検討してみてください。

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)135gの口コミ評判

サラッとしてクセがなく飲みやすい。サラダにかけてもお肉にかけても違和感なく、味に変わりがありません。続けようと思います。

味も香りも殆ど感じない無味無臭といっても良いぐらいで、なめらかなオイル感だけ。
なので、何に使っても風味を損ねることは無い。味噌汁に入れると、これが結構良い感じ。

6位

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)×3本

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)×3本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,971

マレーシア産のココナッツを100%使って作られた中鎖脂肪酸100%のMCTオイルが3本セットになった商品です。中鎖脂肪酸100%なのでココナッツオイルを使うよりも効率的に中鎖脂肪酸を摂取できます。

中鎖脂肪酸は消化・吸収が速く、エネルギーへの変換効率が高いため、体脂肪として蓄積されにくいと言われています。ダイエット中の方もぜひ試してみてくださいね。

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)×3本の口コミ評判

気になる匂いも無く、味も無く、そのままでも料理やコーヒーに入れて使用してます。

ココナッツオイルは 取り過ぎると脂肪肝になるが、MTCはなりにくい印象です。

5位

 仙台勝山館 MCTオイル スティック 7g×10袋入

仙台勝山館 MCTオイル スティック 7g×10袋入

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 972

100%ココナッツ由来の100%中鎖脂肪酸で構成されたMCTオイルのスティックタイプです。スティックタイプなので持ち運びにたいへん便利です。例えば平日の昼食は外でとる機会が多いかと思いますが、MCTオイルスティックをバッグに忍ばせておけばその昼食でもMCTオイルを摂取することができます。外食の機会が多い方はぜひ検討してみてくださいね。

仙台勝山館 MCTオイル スティック 7g×10袋入の口コミ評判

自宅では 瓶入りのMTCオイルを使用してますが 持ち歩くのが大変なので 外泊先では 使用できませんでしたが スティックタイプのおかげで 簡単に持ち歩けるようになりました

個包装なので持ち運びに便利、旅先でもどこでも使える気軽さが嬉しい。
大体大スプーン一杯位なので、そのまま何にでも使えます。

4位

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)250g×2本

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)250g×2本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,586

マレーシア産のココナッツを100%使って作られた中鎖脂肪酸100%のMCTオイルが2本セットになった商品です。ココナッツオイルは冬場など低温になると固体に変化してしまうのですが、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルであれば低温でも固まらず、そのままの状態で使えます。こうした使いやすさもメリットの1つですね。

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%)250g×2本の口コミ評判

ココナッツオイルと違いバターコーヒーの味を損なうこと無く速やかにエネルギーを摂取できました。冬など直ぐに体が温まります。家と職場の両方で使うので2本セットがちょうど良いです。

使いやすくコーヒーに入れても飲みやすい。ココナッツオイルよりいいと思う。香りもしないのでいろいろ楽しめると思う。

3位

仙台勝山館MCTオイル2本セット(360g)

仙台勝山館MCTオイル2本セット(360g)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,320

100%ココナッツ由来の100%中鎖脂肪酸で構成されたMCTオイルが2本セットになった商品です。有名女性誌にも多数掲載された商品で、多くの人から高い評価を得ています。

無味無臭なので、ココナッツオイルが苦手な方でもさまざまな料理に混ぜたりかけたりして召し上がっていただけますよ。料理だけでなく、コーヒーや紅茶、スムージーなどの飲み物に混ぜて飲むのもおすすめです。

仙台勝山館MCTオイル2本セット(360g)の口コミ評判

コーヒーに入れて毎日飲んでいます。朝はオイル入りコーヒーだけでもお腹がすかないです。無臭なのでコーヒーの香がじゃまされないです。

朝のコーヒーに入れて飲んでいますが、飲みやすいオイルです。私はとっても気に入りました。
コーヒーにMCTオイル、ギーを入れて飲んでいますが、昼過ぎても全然お腹がへりません。

2位

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,398

マレーシア産のココナッツを100%使って作られた中鎖脂肪酸100%のMCTオイルです。本商品には脳内で代謝されるスピードが非常に速いカプリル酸(C8)が100gあたり55~65g含まれています。無色透明で無味無臭なのでクセがなく、スープやコーヒーなどお好きな料理や飲み物に加えて召し上がっていただけます。

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250gの口コミ評判

大抵はパンにぬって食べるのですが、野菜ジュースに混ぜて飲んでみた所、味が変わる訳でも無く、美味しく頂けました。中性脂肪が検査で高かったので、まいにち取り続けたいと思います。

テレビで見て以来、気になってました。私はコーヒーに加えて試しています。便通も整ってきましたし、お腹がすきにくくなったのが、何より嬉しい。自分のペースで継続して行きたいと思います。

1位

仙台勝山館 MCTオイル 360g

仙台勝山館 MCTオイル 360g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 2,160

100%ココナッツ由来の100%中鎖脂肪酸で構成されたMCTオイルです。トランス脂肪酸や長鎖脂肪酸が含まれておらず、中鎖脂肪酸だけをピンポイントで摂取できるので効率的です。1日の摂取量は5~15gを1~3回、つまり1日15g程度を目安にするとよいでしょう。朝食・昼食・夕食に少しずつかけたり混ぜたりして摂取するのがおすすめです。

仙台勝山館 MCTオイル 360gの口コミ評判

さらっとしていて、毎日紅茶に入れて飲んでいます。匂いもないですし、油分もサラサラしているので、気になりません。飲んだ後、満腹感がしばらく続きます。ダイエット目的で始めたのですが、頭が冴えるようになった気がします。

亜麻仁油もエゴマ油もサラダにかけたり色々試しましたがこのMCTはまったく癖がなく無味無臭なのでなんにでもあいます。便秘が緩やかに改善してきたように思えます!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

MCTオイルの効果的な使い方

MCTオイルを入れたコーヒー

最後にMCTオイルの効果的な使い方をご紹介いたします。基本的にMCTオイルは無味無臭なので料理の風味を損なうことがなく、さまざまな使い方ができますよ。

コーヒーに入れる

これは「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本の中で紹介されたMCTオイルの使い方なのですが、コーヒーに以下の2つを加えることで「完全無欠コーヒー」なるものができ上がります。

  • MCTオイル大さじ1~2杯
  • 無塩バターまたはギー大さじ2杯

朝にこの「完全無欠コーヒー」を飲むことで空腹感を感じにくくなるため、ダイエット効果が期待できると言われています。

調味料に混ぜて使う

マヨネーズやドレッシングなどの調味料を使う機会は多いかと思いますが、これらの調味料にMCTオイルを混ぜて使うのもおすすめです。マヨネーズやドレッシング大さじ1杯に対してMCTオイル小さじ1杯を目安に混ぜてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。MCTオイルが注目され始めたのはここ最近のことなので、これからさらに新しい商品が登場してくるかと思います。MCTオイルはクセがなく使いやすいので、ぜひ日々の食事に取り入れてみてくださいね。本ページを参考に、自分に合ったMCTオイルを見つけていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.