1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンクドリンクおすすめビールランキング!人気の商品を最強比較

2018/03/03更新

おすすめビールランキング!人気の商品を最強比較【2019年】

ビール

皆さんはビールはお好きですか?ビールは海外発祥の飲み物で、日本に入ってきたのはおよそ1860年頃と言われています。その後、大正時代に日本で初めてビールの醸造が開始され、今では多くの日本人がビールを愛飲していますね。

そんなビールは日常生活にも欠かせません。毎晩の晩酌、飲み会の定番、ビアガーデンなどを始めとした夏の風物詩、お中元やちょっとした手土産やお礼の贈り物にまでビールは活躍しています。最早ビールは日本人の生活に溶け込んでいる飲み物なんですね。

そんなビールも色々なメーカーから発売されて、その味わいや風味にも特徴があります。もちろん好みのビールを味わうことが第一ですが、どんなビールが人気なのでしょうか?また気をつけて飲まないと太る、と言われているビールですが、どんな風に気を付けて飲めば良いのでしょうか?

ここではビールの選び方、ネット通販で人気なビールの比較ランキング、ビールを飲む時の美味しい、健康的で効果的な飲み方を紹介したいと思います。

ビールの選び方

缶

さてビールの選び方と言っても、基本的には自分のお気に入りのビールがあるならそれを選ぶに越したことはありません。しかしビールにも色々なメーカーがあり、様々な種類のビールがメーカーから発売されています。それによって味の差だけでなく色々な違いがありますので、希望にそったビールを選ぶことが大事です。

ここではそのビールの差について、選ぶポイントについて説明しましょう。

ビールの味と原材料

ビールの主な原材料は麦芽とホップです。この内、麦芽の使われている量が3分の2以上の物をビールと呼びます。ですが市販のビールにはこの麦芽とホップ以外にも、麦や米、とうもろこしやスターチなど様々な材料が使われています。

麦芽とホップ以外の材料を使用することはコストダウンにもつながりますが、決してそれだけではありません。麦芽の使用量が減るとビールのコクが少なくなりますが、代わりにすっきりとした口当たりで飲み心地が軽く、飲みやすいビールになります。

ビールが苦手な人でも飲みやすいので、原材料に注目して選んでみて下さい。

「瓶」と「缶」

一昔前には「缶ビールはビールに金属の味がついて美味しくない」と言われていましたが、少なくとも現在ではそんな心配はありません。缶の中は特殊な樹脂で覆われているので、ビールと金属が触れることはないからです。

また瓶に比べて缶は持ち運びがしやすく、ゴミとしての処理もしやすいというメリットがあります。大きさも色々ですがコップが必要な瓶よりテーブルでの場所も取ることがなく、野外でのパーティにも適しています。そのため現在では缶ビールの方が人気があるようです。

もちろん瓶ビールにも根強い人気が有り、瓶ビールの方が好みという人もいるので好みや置き場所などを考えながらビールを選ぶようにしましょう。

ビール人気おすすめ商品TOP20

ではここからインターネット通販で購入できる人気のあるおすすめビールを紹介していきたいと思います。一本二本を購入するなら良いですが、良く飲む人や贈り物としてビールを購入する場合は重くて持ち運びが大変、自宅に運んでくれる通販サイトを利用しましょう。

同時にそのビールのポイント、味の特徴、参考になる口コミも一緒に紹介していきますので、参考にしてみて下さいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

20位

ザ・プレミアム・モルツ 香るエール 350ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 香るエール 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥5,375

ザ・プレミアム・モルツの中でもライトブルーの美しい缶が目立つパッケージ、香るエール。プレミアムモルツは材料を厳選して作られたビールで、香りも深く感じられるビールです。しかし香るエールはその香りを更にライトにしたタイプで、あのビールの香りが苦手な人でもスッと入っていくビールに仕上がっています。

ビールを飲みたいけど、軽く飲みたい。サラッと一杯だけ飲みたいという時にオススメの爽やかさ。お酒が苦手な人にオススメです。

ザ・プレミアム・モルツ 香るエール 350ml×24本の口コミ評判

良く普通のプレモルは飲みますが、この商品はAmazonで先行予約が出来ということで飲んでみようかと思い購入しました。飲み口爽やかで香りも良く「お、いいね、美味い」が第一印象でした。

いつもはプレミアムモルツを飲んでます。プレミアムモルツのおいしさはそのままで、さらにライトにした感じです。

19位

サッポロビール 【北海道限定販売】 サッポロクラシック 2017富良野VINTAGE 350缶 24本入

サッポロビール 【北海道限定販売】 サッポロクラシック 2017富良野VINTAGE 350缶 24本入

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,950

サッポロクラシック富良野VINTAGEは2008年から始まったロングセラー。毎年八月に収穫した積立の富良野産のホップを使用して作られたサッポロビールで、ホップのビールらしい香りに満ちているビールです。味わいも苦味が少なく、ビールが苦手な人にもオススメ。

北海道の人たちがこよなく愛するビールですが、通販で購入すれば北海道以外の人たちでも楽しむことができます。特にサッポロビール好きさんにはぜひ、この新鮮な味わいを楽しんでみて欲しいですね。

サッポロビール 【北海道限定販売】 サッポロクラシック 2017富良野VINTAGE 350缶 24本入の口コミ評判

苦味も少なく、さっぱりと飲めるところが好きです。物足りないと思われる方もいらっしゃると思います。でもおいしいですよ。

横浜に転職した息子に送って喜ばれました。息子も飲んでいるかと、しみじみ味わっています。

18位

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 北海道・東北・北陸 詰め合わせセット 350ml×12本

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 北海道・東北・北陸 詰め合わせセット 350ml×12本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,180

北海道、仙台、青森、岩手、秋田、山形、福島、石川、富山、福井で作られた一番搾りが一本ずつ、そこに定番のキリン一番搾りを二本加えた12本の詰め合わせセットです。各ビールはその地方の風土、気質に合わせた地元のビールに仕上がっており、その地方独特のビールが一度に試すことができるお得なセットですね。

お世話になった方への贈り物、友人同士で集まって飲み比べ、自宅で一人旅気分で楽しむ……色々な楽しみ方ができる限定セットになっています。

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 北海道・東北・北陸 詰め合わせセット 350ml×12本の口コミ評判

忙しくお金もないので旅行へ行く代わりに楽しんでいます。味が結構違うので、面白いと思います。旅行よりも安いですし。

色々なビールを1箱で楽しむことができ便利。お酒が好きな方への贈答用として手配したらとても喜んで下さり、「またお願いね」とのことでした。

17位

アサヒ スーパードライ 350ml×6缶パック

アサヒ スーパードライ 350ml×6缶パック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,138

日本初の辛口ビールとしてデビューしたアサヒスーパードライは、ビールの中でも後味にキレを感じる一本に仕上がっています。その品質の高さは世界クラスで、いくつもの賞を受賞している一品。食事の味を邪魔しない味ですから、どんな状況にも合うビールです。

またビール独特の香りが薄いので、あの香りが苦手な人も試してみて下さい。六缶セットなのでちょっとした手土産からひとり暮らしのストックにもお手軽なのも高ポイントですね。

アサヒ スーパードライ 350ml×6缶パックの口コミ評判

ビールやお酒は安売りの店でも購入できますが、マンションに住んでいると多く購入することが出来ないので宅配をしてもらうと便利です。

いつもは、他社のビールを飲んでますが、気分転換したいとスーパードライにします。辛口ですが、飲みやすくて、ついつい飲み過ぎてしまいます。

16位

【ギフト限定】一番搾り プレミアムセット 305ml×11本 K-NPI3

【ギフト限定】一番搾り プレミアムセット 305ml×11本 K-NPI3 一番搾り

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,980

東北産のホップ「かいごがね」の第一等品ホップ、麦汁の一番搾りだけをしようして作られた、極上の一番搾りプレミアム。原材料にこだわって作られた瓶ビールですが、容量も305mlと飲みきりやすいサイズなのもポイントです。

ビールは一度開けたら飲み上げないといけませんが、これなら無理なく飲み上げられますし、瓶ビールだけどサイズが小さいのでそのまま飲めるというメリットも。セットになっているのでそのままギフトに、家でのストックにと活躍してくれます。

【ギフト限定】一番搾り プレミアムセット 305ml×11本 K-NPI3の口コミ評判

ふっと目が付き、試しに頼んでみましたが、これは旨いですね。追加で更に19本頼んでしまいました。晩ご飯に一本だけ飲むつもりが、ついつい三本飲んでしまって、このペースではすぐ無くなると思い追加注文しました。

実家へ御中元で贈りました。普段のビールとは違った美味しさだったようでとても喜ばれました。1本が305mlくらいなので一人でも十分飲みきれるのもいいようです。

15位

キリン 濃い味〈糖質ゼロ〉 350ml×24本

キリン 濃い味〈糖質ゼロ〉 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,905

ビールを飲むと太るし、カロリーやプリン体が気になる……そんな人のためにキリンが作り出した糖質ゼロビールがキリン濃い味〈糖質ゼロ〉。糖質ゼロだからカロリーも抑えられていて100mlあたり19Kcal、プリン体も60%オフ。だけどビールの美味しさも同時に味わえます。

キリン独自の技術であるカラメル麦芽、引き締まった苦味をもたらすファインアロマホップによってビールのコク、引き締まった苦味もしっかりと感じられるビールです。アルコール度数も3%なのでお酒に弱い人にも。

キリン 濃い味〈糖質ゼロ〉 350ml×24本の口コミ評判

この手のビールでは一番好きなビールで愛飲しています。糖質ゼロとかそういうところに注目しがちですが、アルコール度数がちょっと低めなので平日の真ん中でも軽く一杯飲みたいというときにとてもいいです。第三のビールのなかでも水っぽくなく、キリンらしいビールです。

糖質オフのビールをいろいろ試してみましたが、こちらのビールが一番おいしいです。リピート購入です!

14位

サッポロ 黒ラベル 500ml×24本

サッポロ 黒ラベル 500ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,997

サッポロ黒ラベルはビールを飲んだ一口目、あの美味しさを長く味わってもらうためにビールの風味を劣化させる成分を持たない甘さ長持ち麦芽を採用しています。これによってビールの味や香りだけでなく、泡立ちの良さもアップさせるので美味しいだけでなく見た目も良く、長く楽しめるビールになっています。

また工程で酸素との接触を極限まで減らすことでビールが劣化しにくくさせ、美味しさそれ自体もアップ。甘さや酸味は他のビールよりも控えめですが、ビール自体の味わいはたっぷりと味わえるビールです。

サッポロ 黒ラベル 500ml×24本の口コミ評判

一口飲んで感じるのは苦みです。苦みと甘さ、そして優しい口当たり。ドライビールの対極にあるビールらしいビール、それがサッポロ 黒ラベルだと思います。

黒ラベルは美味しい。料理の邪魔をしない。いろいろなビ-ルを渡り歩きましたが、黒ラベルに戻ってきました。

13位

サッポロ ヱビスビール 350ml×24本

サッポロ ヱビスビール 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥5,202

麦芽100%、バイエルン産アロマホップをふんだんに使用したエビスビールは、ビールの中でも深いコクがある「味の重みと深み」があるビールです。ライトな飲み心地が流行していくビール業界の中でもその深みを守り続け、そして愛飲している人も多い人気のあるビールですね。

ライトなビールに慣れている人には少し重く感じるかもしれませんが、昔ながらのビール愛好者はやはりエビスビール、と言うほど愛されています。コクのあるビールを求める人に。

サッポロ ヱビスビール 350ml×24本の口コミ評判

色々なビールがありますが、やっぱりヱビスに戻ってしまいます。リニューアルしても、ヱビスらしさがあり、今後も引き続き楽しみたいと思っています

一日おきに日本のメジャーなビールと飲み比べましたが、エビスビールが一番おいしいです同じエビスのエビスマイスターもおいしいですが、毎日飲むならこれです。どんな体調の時でもおいしい。

12位

キリン ラガービール 350ml×24本

キリン ラガービール 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥4,498

120年以上愛されているキリンラガービールの愛飲者は、日本内だけではありません。海外でも日本に行ったら一番飲んでみたいビールとしてキリンラガービールの名前を挙げるほど、グローバルなファンがいるビールでもあります。

その味わいはホップの香りが立つ、バランスの良い味わい。ビールとしてのクセもなく、しかも物足りなさもない、人も場所を選ばないビールです。「ビール」が飲みたいという時に飲みたくなる、そんなビールです。

キリン ラガービール 350ml×24本の口コミ評判

やっぱりキリンラガーは、一番うまかぁ〜。朝、昼、晩口に入る食べ物のどれでもあうと思います。

僕にビールの美味しさというものを教えてくれたビールがこれ、キリンラガービール。苦味があるが、さらっと飲み干すことも出できて、かつ飲みごたえもしっかりしている。

11位

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 関西・南部九州・沖縄 詰め合わせセット 350ml×12本

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 関西・南部九州・沖縄 詰め合わせセット 350ml×12本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,180

滋賀、神戸、大阪、奈良、和歌山、京都に加えて、九州の宮崎、熊本、鹿児島、沖縄を一缶ずつに通常の一番搾りを二缶加えた一番搾りシリーズです。味の傾向としてはすっきりとしていて、飲みやすく爽やかなシリーズ詰め合わせになっています。

西日本のキリン一番搾りを一まとめで楽しめるセットですから、各地方のビールを味わいたい人だけでなく、地方出身の人も故郷の美味しさを寄宿することなく味わえるセットになっています。旅愁を感じる贈り物にも是非。

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 関西・南部九州・沖縄 詰め合わせセット 350ml×12本の口コミ評判

色々なビールが飲めて良かったです。飲み比べれるのはなかなか難しいので・・・全体的に切れのある味ですか・・・美味しかったです。

私は殆ど飲めませんので、味の違いが余り分かりませんが子供達が、遊びに来た時に皆で楽しんでいるようです。

10位

【2017年リニューアル】新・キリン 一番搾り 500ml×24本

【2017年リニューアル】新・キリン 一番搾り 500ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥5,997

長く愛好されているビールメーカー、キリン。そこから開発、販売されているキリン一番搾りは数あるビールの中でも特徴のある「苦味」がポイントです。人によってはその苦味が苦手……という人もいるかもしれませんが、キリン一番搾りはその苦味は抑え、味のキレの良さを追求しています。

その一番搾りがリニューアル、更に「上品な麦のうまみ」を追求して、穀物の旨みが味わえるより美味しいビールになりました。キリンビールの中でも軽く、苦手な人でも飲みやすい仕上がりです。

【2017年リニューアル】新・キリン 一番搾り 500ml×24本の口コミ評判

国産の王道と言えば,サッポロ黒ラベル,アサヒスーパードライ,キリンラガーだけど,盛らない自然な旨さがあるのはキリン一番搾り。麦の味と,ホップが発酵してできた丁度いいナチュラルな炭酸が味わえます。

さっぱりして、香りも華やかで非常に飲みやすいです。スーパードライだと1口目はおいしくても、1缶の後半には苦味に飽きてくるときがある私ですが、これは飽きずに最後まで飲みきれます。

9位

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 関東 詰め合わせセット 350ml×12本

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 関東 詰め合わせセット 350ml×12本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,180

キリンビールから発売された限定セット、47都道府県の一番搾りの関東バージョンの詰め合わせセットです。横浜、取手、群馬、栃木、東京、千葉と埼玉。そこに定番の一番搾りの五缶を組み合わせており、其々の地方のキリンビールが味わえます。

容量自体も350mlという手頃なサイズなので、飲み比べにもぴったり。さっと飲みきってしまえるベストサイズです。贈答品にも向いていますが、キリンビール愛好者さんにはぜひとも各地方の一番搾りの違いを楽しんでみて欲しいですね。

【限定セット】キリン 47都道府県の一番搾り 関東 詰め合わせセット 350ml×12本の口コミ評判

毎日、晩酌しているので、同じ銘柄のビールに飽きていた時、このセットを見つけました。350mlと飲み比べをするには適した量で、鈍感な私にも味の違いがわかりました。

びっくりするくらい土地によって、味も色も変わっているんで、グラスに注いで、ええ!とか おお!とかなります。

8位

アサヒ クリアアサヒ 350ml缶×24本

アサヒ クリアアサヒ 350ml缶×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,905

クリアアサヒはその名前の通り、より美味しさにクリアさを求めて作り出されたビールです。そのため原材料の使用量を見直しただけでなく、こだわりの「澄み切り二段発酵」により作り出されています。

これは麦汁を発酵させる工程を前半発酵、後半発酵と二段発酵に分けることで前半はゆっくりと発酵させて旨味を残し、後半の発酵で一気に発酵させて雑味のないすっきりとした味わいを作り出す手法です。これによりクリアアサヒのクリアな美味さを作り出しているのです。さらりとした飲み心地のビールが好きな人におすすめですね。

アサヒ クリアアサヒ 350ml缶×24本の口コミ評判

酔ってもいいときは、ビールに日本酒やワイン、焼酎と色々飲みますが、ご飯がメインで、少しだけ飲もうかな、と言うときは、だいたいこれです。

普通に美味しいサラッとしやビールでした。特にクセもなくスッキリした飲みやすかったです

7位

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥5,090

ザ・プレミアム・モルツは材料も高品質のアロマホップや天然水と、徹底的にこだわり抜いた材料を使用して作られた名前の通りプレミアムなビールです。その製造方法にもこだわられていて、普通のビールを作成する時は一度しかされない煮沸を二度行うというダブルデコクション製法によって制作されています。

それによって引き出された味わいはコクがあり、香りも深いホップの香りがしてビール好きにはたまらない仕上がりになっています。ライトでなく、深いビールの甘さが欲しい人はコレです。

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本の口コミ評判

相変わらずの美味さに感激しました。やっぱり、ビールはこれに限る。これを飲んでしまうと他のビールは飲めません。本当に美味い!

外国ビールとか地ビールとかいろいろと味わって、皆それぞれ独特の風味とか味わい、コクがあっていいのですが、結局プレモルに戻っていく自分。

6位

アサヒ スーパードライ 500ml缶×24本

アサヒ スーパードライ 500ml缶×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥6,242

日本が誇る辛口ビール、アサヒスーパードライ。ビールを良く知らないという人でも名前は知っているという有名ビールです。後味のキレが良く、ビール特有の香りが和らいでいるのが特徴なので、飲みやすさの良さもあってファンが多いビールですね。

そのアサヒスーパードライ500ml缶。350じゃちょっと少ない、飲みごたえがないという人は断然こちら。350mlを二缶飲むよりも経済的で体にも優しいですし、ちょっと残っているとビールはどんどん劣化して美味しくなくなってしまいますから、たっぷりで飲みきれるサイズはどうでしょうか?

アサヒ スーパードライ 500ml缶×24本の口コミ評判

若い頃は350mlを2本、毎晩飲んでいましたが、近頃はお金や飲み過ぎに注意して、この500mlにしています。晩酌には丁度いい量です。

やっぱりおいしいです!いろいろなメーカーさん飲んでますが最後はやっぱりスーパードライです!

5位

サッポロ ホワイトベルグ 350ml×24本

サッポロ ホワイトベルグ 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,905

ホワイトベルグとはホワイトビールのこと。ビール大国ベルギーで愛されているホワイトビールの製法から学んで、サッポロが作り出しました。ベルギー産の麦芽を使用して限りなく本場のホワイトビールに近付けられた味わいになっています。

また使用されたコリアンダーシードとオレンジピールがフローラルながら爽やかな香りを演出していて、本場のホワイトビール好きな人も初めて飲む人も引き付ける味わいと風味になっています。ベルギービール好きな本物を求める人に。

サッポロ ホワイトベルグ 350ml×24本の口コミ評判

会社から家に帰って最初に口にするビールにしてもう3年以上たちますが、飲み飽きません。香も味も素晴らしく重くないので自分には最適。

美味しい美味しくないは好みの差が大きいですが、味は紛れもなくベルギービール風です。ただ、ベルギービールの中でも、シメイホワイトやデリリウムのような、フルーティーで苦味のない軽い口当たりです。

4位

キリン のどごし〈生〉 350ml×24本

キリン のどごし〈生〉 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,699

ジョッキでビールをゴクゴクと飲み干す時のあの喉の通り、渇いた体にするりと入っていく「のどごし」を追求したのがキリンののどごし〈生〉です。飲んだ後口の爽快なキレはキリンビールの特徴そのままに、最初の一口の美味しさと後味の良さの二つが味わえます。

量も飲みきりやすい350ml、水分補給をしたくなっている喉にちょうど良い量なので愛飲者も多いです。サイズが小さめなので冷蔵庫に幾つかしまって置きやすいのもメリットですね。

キリン のどごし〈生〉 350ml×24本の口コミ評判

アサヒスーパードライとこちらしか飲んだことないですが^^ スーパードライはなんか辛口であまり飲めませんでしたがこちらは商品名通りのどごしが良くやみつきになりました!

毎日おいしくいただいてます毎回リピートしております、又なくなりそうなので頼みます

3位

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥4,498

ビールのフレッシュな美味しさを追求するサッポロ黒ラベル。その製法ではビールと酸素が触れる機会を極限まで減らして、製造工程でもビールが劣化することを防ぐという徹底っぷり。だから缶を開けた時のあの一口目の美味しさが際立ちます。

キレとコクと苦味のバランスがとても良く、ビールのコクを感じながらも重くない、後味のすっきりとしたビールに仕上がっています。350mlということもありそこまで冷蔵庫の場所も取らず、飲みきりしやすいサイズで人気です。

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本の口コミ評判

一口飲んで感じるのは苦みです。苦みと甘さ、そして優しい口当たり。ドライビールの対極にあるビールらしいビール、それがサッポロ 黒ラベルだと思います。

キングオブジャパニーズBEER。唯一無二。スタンダードな美味さで日本料理にも合う。サッポロさんありがとう!

2位

【2017年リニューアル】 新・キリン 一番搾り 350ml×24本

【2017年リニューアル】 新・キリン 一番搾り 350ml×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥4,498

キリン一番搾りのリニューアルビール、キリンの特徴である苦味は抑えられていますが、その分味のキレが良くよりすっきりとした味わいが楽しめるビールになっています。しかしビールの原料でもある麦の美味しさ、上品さはそのままに楽しめるビールです。

缶ビールにも色々な容量がありますが、こちらは350ml。人によってはもう一本飲みたくなる量でもありますが、場所を取らずに一本すっと飲めてしまう分量でもあります。ビールがは好きだけどお酒に弱い人にもオススメのサイズです。

【2017年リニューアル】 新・キリン 一番搾り 350ml×24本の口コミ評判

ほんのり赤色で味はスッキリしてて味のあるビールでした。コンビニでは売り切れが多くで購入困難!Amazonで箱買です

1番大好きなビールです。麦の味がしっかりして要らないものが混じってないのが良いです。

1位

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥4,744

日本国内でもファンが多い、名前を知らない人はいないんじゃないかというほど有名な辛口ビール、アサヒスーパードライ。ビールのコクこそ軽いものの、そのキレの良い味わいはどんな料理とも合わせやすく、飲みやすいビールです。

そのアサヒスーパードライの350ml缶。350ml缶は温くならない、炭酸が抜け切らない内に飲める、場所を取らない、女性にも飲みきりやすいサイズと多くの人に好評。一人で飲んでも、大人数で飲んでも、自宅用でも、贈り物にも。ぴったりのサイズの詰め合わせです。

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本の口コミ評判

やっぱりおいしいです!いろいろなメーカーさん飲んでますが最後はやっぱりスーパードライです!

何も考えず、グビグビ飲むのが、ビールだと実感しました。能書きは、不要。体が、癒されるのは、このビールです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ビールの効果的な使い方

ビール2

国外から日本に入ってきたビールですが、今ではビールは色々なビールが国内でも開発され、販売されて楽しまれています。飲み会でも「とりあえずビール」という言葉が流行ったこともあるほど、ビールは私たちの生活の中に溶け込んでいるのです。

その一方で、ビールは太りやすいなどのデメリットがあると言われていたり、自宅で飲むと味が悪いなどという言葉も良く聞きます。そこでビールを飲む時に更に美味しく飲むために、そしてカロリーが気になる人のために健康的な飲み方、また飲み残して始末に困るビールを便利に使う方法などを紹介したいと思います。

更に美味しくビールを飲むなら

ビール、特に缶ビールを飲むと金属の味がして美味しくない、ということを聞いたことはありますか?これが原因でビールは必ず瓶で、もしくは外でしか飲まないという人もいます。しかし実際には缶ビールの中は特殊な樹脂でコーティングされているので味の変質はありません。

これはどちらかと言うと口が金属部分、缶に触れているから金属の臭いや味を敏感に感じ取ってしまうのでしょう。もちろんこれはグラスやコップに注ぐことで解消され、更に美味しくビールを味わうことができます。しかもコップに注ぐメリットはこれだけではありません。

缶ビールも瓶ビールも長期保存が効くように炭酸ガスが多めに充填されているのです。だからどうしても炭酸ガスの刺激を感じやすくなり、ビール自体の味わいはその後で感じられます。ですがガスは蓋を開けると抜けていくので、コップに注いで暫く待つことでビールをより美味しく楽しめるのです。

コップを用意して飲むというのは少し手間ですが、たまにはビールをより美味しく楽しむためにやってみるのも良いのではないでしょうか。

気になるカロリー

ビールのカロリーはアルコールと糖質です。しかしアルコールは体を動かすエネルギーにはなりますが、脂肪として体内に蓄えられることはありません。ですから太る原因は糖質の方なのです。これがビールがアルコールの中でも太りやすいと言われている原因となってしまっているんですね。

だけどダイエットはしていてもビールを飲みたい……そんな人たちのために開発されたのが、糖質オフのビール。ダイエット中の人はこの糖質オフのビールがおすすめです。

しかし飲みすぎないことはどんな場合にでも大切です。どうしても飲みすぎてしまう人はビールのサイズを考えて、小さめの飲みきりサイズの缶を選ぶなどしてみて下さいね。

余ってしまったビールの使い道

飲み会などでついつい開けて、残ってしまったビール。一缶飲めると大きいサイズを買ったけど残してしまったビール……残って温くなり、炭酸の抜けてしまったビールは美味しくありません。仕方なく処分した……という人もいるのではないでしょうか。

そんなビールを無駄なく使えるのが、レンジ周りの掃除です。方法はビールを布巾などに染みこませて、油汚れを拭き取るだけです。仕上げに重曹を混ぜた水を布に染みこませて拭き上げましょう。これで臭いやベタつきも取れます。

ビールに含まれたアルコールとビタミンEにより油が分解され、しつこい油汚れが簡単に落とせるでしょう。宴会などでビールが余ってしまった時はぜひこの方法でビールを活かしてみて下さい。

まとめ

ビールは独特の苦味がある飲み物で、幼い頃こっそりビールを舐めて驚いた人も多いのではないでしょうか。もしかしたら今でもビールの苦味が苦手で、ビールは好みじゃないという人もいるかもしれませんね。

実はビールの苦味には抗ストレス作用があるとも言われていて、ストレスを感じた後にはビールが美味しく感じる、もしくはその苦味自体を感じなくなっていることでビールが美味しく感じられるようになる、とも言われているのです。だから大人になって色々なストレスを感じるようになると、ビールが美味しく感じるようになるのかもしれませんね。

ですが結論として、ビールは新しい飲み物として、そして定番の飲み物として多くの人に愛されています。宴会の席だけでなく、日常から、贈り物にも活躍しているビール。ぜひともその良さを活かすべく、好みにあったビールを探して、楽しんでみて下さい。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->