1. グッディ∞
  2. 食品&ドリンクおすすめ冷凍フルーツ比較ランキング!スムージーやジャムにも人気なのは?

2018/02/23更新

おすすめ冷凍フルーツ比較ランキング!スムージーやジャムにも人気なのは?【2019年】

フルーツ

店頭においしいフルーツの並ぶ季節になると、旬の味を買い求めて新鮮な味わいを楽しむという人は多い事でしょう。そしてその季節ならではの旬のフルーツを瞬間冷凍することでギュッとおいしさを閉じ込めたのが冷凍フルーツです。

生のフルーツのように時間とともに急速に鮮度が落ちることもなく、いつでも好きな時に食べられるのが大きな魅力ですが、そうした使い勝手の良い便利なところだけでなく冷凍技術の進歩によってその質や味わいも大幅に向上しているのが冷凍フルーツです。

味だけでなく栄養素の点でも生のフルーツと遜色ないと言われるものもあり、さらに魅力が高まっています。いろいろな活用法のできる魅力たっぷりの冷凍フルーツを選ぶときに役に立つ様々な情報をお届けします。

スポンサーリンク

冷凍フルーツの選び方

スムージー
冷凍フルーツを選ぶときチェックしたいポイントをご紹介します。

魅力たっぷりの冷凍フルーツを選ぶ

新鮮な果物のおいしさは格別です。特に旬の果物の果汁がほとばしるようなフレッシュな味わいや食感はその季節だけに許された至福の時間とも言えます。そんな季節の恵みの果物をいつも身近に楽しめるように保存する技術として考え出されたのが、ジャムにしたりドライフルーツにしたりすることなどです。

そして冷凍技術の進化に伴って旬の季節に収穫したフルーツを冷凍保存することでいつでもそのおいしさを楽しめるようになりました。旬の芳醇な味わいの果物は残念ですが生のままの状態では日持ちせず劣化してしまい易いものです。

旬の果物のせっかくの極上の味わいを楽しめるのが本当に短い期間だけなんて、考えてみれば随分もったいない話ですね。冷凍フルーツはそんな悩みを解消してくれる頼もしい存在です。さらにおいしい状態で収穫した果実を瞬間冷凍する技術の開発によって冷凍することで素材が受けるダメージを抑えられるようになったとされています。

そのため、解凍してそのまま食べても生の果物とは違ったおいしさを楽しめるものも多く、冷凍フルーツの方が鮮度の落ちた生のフルーツよりもビタミンCや抗酸化物質の含有量が高いという研究結果が発表され話題になっているとも言われています。

収穫した果物が消費者の口に入るまでにはそれなりの期間がかかり、その間に鮮度はどうしても落ちてしまう事は十分に考えられます。その点冷凍フルーツは収穫してすぐに冷凍するため鮮度を保ちやすく、保存性の点でも大いに魅力があります。魅力あふれる冷凍フルーツを選ぶことで食卓にいつでも旬の味わいが感じられます。

パッケージは使う頻度に合わせて選ぶ

冷凍フルーツのパッケージにもいろいろなタイプがあります。海外製の量販店などでは3キロものフルーツが入った巨大なパッケージも人気商品にランクインしているように、コスパもよく常によく利用する人にはとてもお勧めできます。

ただし、使用頻度がそれほど高くなく、少しずついろいろな種類を使いたいという人には2キロから3キロのフルーツが入ったパッケージはあまりにも大きすぎるし、いくら冷凍保存なら長期間保存できるとしても、開封してからあまり長い期間経過すると冷凍乾燥するなど劣化が進んでしまい、味わいが大幅に低下してしまいます。

その為あまり使用頻度が高くない場合は、少量ずつにパッケージされたものを選ぶ方がフレッシュな状態で使い切れるのでお勧めです。また、何種類も大きなパッケージを保存するのは大変だという人には何種類かのフルーツがあらかじめミックスされているものが大変便利です。

そして、パッケージを選ぶときに保存に便利なようにチャック付きのものを選ぶのもポイントです。いつ開封したかわからないものが冷蔵庫の中でどんどん劣化してしまうようなことを防ぐためにも、なるべく短期間で使い切るように心がけたり、最初から小さなパッケージのものを活用するのがおすすめです。

使い途によって最適な形状のものを選ぼう

キッチンでレシピを見る女性

冷凍フルーツには様々な形状のものがあります。どんなふうに使うかによって最適な形状のものを選ぶようにしましょう。

人気のスムージーに使う

冷凍フルーツがこれほど広く日本でも人気を得られるようになった理由の一つにスムージーの人気が広まったことがあると言われています。スムージーは新鮮な野菜や果物をミキサーやブレンダ-で撹拌して作るいわゆるフレッシュジュースです。

けれども新鮮な果物や野菜が常に身近にあればもちろん理想なのですが、全ての材料を収穫したてのフレッシュな野菜や果物で作るのは普通の人には決してたやすいことではありません。そんな時に大活躍するのが冷凍フルーツです。

例えば野菜は生のものを使うけれど、合わせる果物は冷凍フルーツにすれば材料を準備する手間が大幅に省けます。一例としてニンジンジュースにはオレンジやリンゴなどに加えパイナップルを加える事でぐんと風味がよくなると言われていますが、パイナップルを常にフレッシュな状態でキープしておくのは結構大変な事です。そんな時冷凍パイナップルなら必要な分だけをすぐに取り出して使えるので大変便利です。

スムージーに活用するならベリー類などの小さなものはそのままでもいいのですが、パイナップルのような大きなフルーツはカットやクラッシュタイプのものがおすすめです。そのままブレンダ-に放り込んでも短時間でスムージーが出来て大変便利です。

ジャムに加工する

ジャムにする素材として人気なのはブルーベリーやイチゴなどのベリー類です。ジャム自体が果物の保存性を高める事も目的の一つなので、生の果実が出回る旬の季節に大量に手に入れてジャムを作るのももちろんいいのですが、ちょっとジャムが食べたいなと思った時に手軽に欲しい分だけジャムを作るには冷凍フルーツがおすすめです。

ブルーベリーやイチゴ、ラズベリーなどのベリー類はもともと小粒のものが多いのでそのまま使って比較的短時間でジャムを作る事はできます。大粒のイチゴなどの冷凍フルーツを使うなら出来上がった時にかなり存在感のあるイチゴジャムも作れますが、ジャムにする目的ならクラッシュタイプの冷凍フルーツでも十分おいしく作れます。

また、人気のベリー類が何種類かミックスされているものもおいしいジャムに仕上がるのでとてもお勧めです。クラッシュタイプを選んでおけば一つ一つの形は多少不揃いでも気にならないし、ジャムだけでなくスムージーにも活用できて使い勝手がとても良いです。

ヨーグルトなどのトッピングに

ヨーグルトやアイスクリームのトッピングに冷凍フルーツを使うのも人気の高い利用方法の一つです。凍った状態でヨーグルトなどのトッピングにすることで食べる時に多少シャリシャリとした食感が残る方がシャーベットのようにおいしく食べられます。トッピングに使用する冷凍フルーツはやはり人気が高いのはブルーベリーやイチゴ、ラズベリー、ブラックカーランとなどの小粒のベリー類です。

旬が短く、フレッシュな果実を味わえる期間があまり長くない上、ベリー類はとても繊細で傷みやすいため取扱も結構大変です。そんな時こそ積極的に活用したいのが冷凍フルーツです。それぞれを単品でトッピングするのももちろんおいしいのですが、ベリーミックスのようにあらかじめ人気のベリー類が何種類かミックスされた状態で冷凍してあるタイプなら、そのままトッピングに使用しても見た目にも華やかだし、一度にいろいろな味わいが楽しめてとてもお勧めです。

美容効果に期待して選ぶ

果物には美容と健康に欠かせない様々な効果を持つものがたくさんあります。冷凍フルーツも果物の美容効果などに注目して選ぶこともできます。たとえば目を酷使することの多い現代人にとって眼精疲労は多くの人が抱える悩みの一つです。

そんな目の健康に欠かせない成分として注目されているのがブルーベリーなどに含まれるポリフェノールの一種アントシアニンです。抗酸化作用も高くアンチエイジング効果も期待できると言われています。

また、美容ビタミンの代表格ビタミンCをとりたいならイチゴやマンゴー、アセロラ、さらにライチ-などもおすすめです。疲労回復効果を期待するならクエン酸が豊富に含まれたパイナップルやアセロラ、ミカンなどを選ぶのがおすすめです。

美容効果を期待してビタミン剤などのサプリメントをとる人は少なくないのですが、冷凍フルーツなら様々な美容効果が期待できる栄養がたっぷりと含まれているうえ、何と言っても美味しく食べられるところが選ばれる最大の理由だといえます。

スポンサーリンク

冷凍フルーツ人気おすすめ商品TOP10

冷凍フルーツを人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

KIRKLAND (カークランド)シグネチャー ストロベリー冷凍 2.72kg

KIRKLAND (カークランド)シグネチャー ストロベリー冷凍 2.72kg

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,685

カークランドシグネチャー冷凍フルーツの代表的な冷凍フルーツです。2.72kgの大容量でカークランドの定番商品です。ヘタがカットされた大粒のイチゴがたっぷりと入ったジッパー付きのパッケージで、熟成度の良い時期に収穫して迅速に冷凍することで新鮮さを維持しており、砂糖や防腐剤、着色料などは全て無添加です。日本のイチゴよりも酸味が強く、スムージーなどにたっぷりと使えます。

KIRKLAND (カークランド)シグネチャー ストロベリー冷凍 2.72kg の口コミ評判

甘くはありませんが、3cmから5cmはある大きなものです!
ヨーグルトに入れてます。

他の冷凍ベリーや蜂蜜と混ぜて風呂あがりにベリージュースにして頂いております。

9位

冷凍果実 ライチ 500g

冷凍果実 ライチ 500g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 450

台湾や中国産のライチが500g入ったパッケージです。大粒で食べごたえがあり、甘すぎず、たんぱく過ぎることもない程よい味わいです。皮も薄くてむきやすく、一袋に25粒から26粒程度入っています。生のライチは高価でなかなか食べられないけれど、冷凍フルーツならお手頃価格で食べられるので、手に入れやすく気軽に食べられ便利です。

冷凍果実 ライチ 500gの口コミ評判

美味しくてほとんど自分で食べてしまいました(笑) この値段で、しかも量も思っていたよりもかなり入っていたので大満足です。スーパーに売っていないですし、生の物は高いので重宝しますね。

このライチは粒が大きくて食べ応えが有り、甘味も程良く有り(甘すぎず淡泊すぎず)もう夢中です、これはリピートしたくなります。

8位

九州産 熊本産 スムージー用 大盛り 冷凍イチゴ 2キロ ビタミンC

九州産 熊本産 スムージー用 大盛り 冷凍イチゴ 2キロ ビタミンC

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,480

熊本のきれいな空気と水をたっぷりと吸い込んで栽培された国産イチゴです。完熟した真っ赤なイチゴなので、自然解凍してそのまま食べてもさわやかな酸味を味わえます。面倒なへたも取り除いてあり適度なサイズにカットされているので、バナナや牛乳などと混ぜ合わせればフレッシュで栄養豊かなおいしいスムージーが簡単に出来上がります。

九州産 熊本産 スムージー用 大盛り 冷凍イチゴ 2キロ ビタミンCの口コミ評判

フレッシュで粒も大きくてスムージーにはぴったりです。量も多くて充分でした。そのものは甘さはさほど感じませんが、ハチミツを入れれば問題ありません。

無性にイチゴが食べたくなったので購入。自然解凍すれば生のイチゴと遜色ないです。
無くなったらリピします。

7位

カナダ産 冷凍ブルーベリー 3キロ

ブルーベリー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,680

カナダ産の大粒冷凍ブルーベリーが3㎏入りのパッケージです。アントシアニンとビタミンA E Cがたっぷりと含まれており、美肌効果や整腸作用、便秘の改善効果が期待できます。食べやすいハイブッシュでしっかりとした食べごたえがあるので、スムージーなどにする他ヨーグルトなどにそのまま加えてもとてもおいしく食べられます。

カナダ産 冷凍ブルーベリー 3キロの口コミ評判

毎朝美味しくいただいています。仕事がらPC画面を見つめる時間が長いのですが、目の疲れが軽減された気がします。

朝食時、ヨーグルトのトッピングにと購入しましたが、冷凍状態も良くて満足しています。

6位

北海道産 ハスカップ(冷凍果実)1kg (250g×4袋) 【商品は北海道四季工房がお送りします】

ハスカップ.

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,900

北海道産の希少なハスカップの冷凍フルーツです。強い酸味があり爽やかな苦さを感じる味わいが特徴のハスカップは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品とよく合います。ジャムやフルーツソースに加工するほかにも果実酒の材料としてもおすすめです。塩漬けにして梅干し代わりに利用することもできます。アントシアニンやカルシウム、ビタミンC、鉄分、ビタミンEのほか、食物繊維も豊富です。

5位

[冷凍] ブルーベリー 180g

[冷凍] ブルーベリー 180g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 321

マルハニチロの独自の選別によって大粒の果実を限定して完熟のブルーベリー果実を急速冷凍したものです。凍ったまま食べてもブルーベーシャーベットのようにおいしく食べられ、爽やかな果実の味が楽しめます。その他にもヨーグルトやアイスクリームのトッピングに使用したり、豆乳や牛乳と合わせてスムージーにするのもおすすめです。

[冷凍] ブルーベリー 180gの口コミ評判

マチェドニア大好きな母のために購入しました。
ぱっと開けて必要な分だけを出すことができて、彩りも鮮やかになるのでとても便利。
美味しいと喜んでいたのでいずれリピートします。

4位

タイ産 モントン種冷凍ドリアン(榴莲) 300g

タイ産 モントン種冷凍ドリアン(榴莲) 300g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,850

果物の王様ドリアンの中でも最高級のトリプルAランクのものをタイから真空パックで空輸したものです。金の枕と呼ばれる本場タイで人気のモントン種で、自然解凍したものを種の周囲のクリーム状の部分をすくって食べます。甘みがあってドリアンの独特の臭いも控えめなので、初めての人でも食べやすく、クリーミーでとろけるような濃厚な舌触りと深い甘みが味わえます。

3位

北海道産アロニア(冷凍果実) 1kg 【商品は北海道四季工房がお送りします】

北海道産アロニア(冷凍果実)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,150

主に北海道の旭川市で生産されたアロニアを急速冷凍した冷凍果実です。ポリフェノールが豊富でアントシアニンやビタミンAをはじめとするビタミン類のほか、カリウムやカルシウム、リン、亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。アロニアの果実には渋みがあるので、ジャムや果実酒などに加工して使用するのに向いています。

2位

KIRKLAND ネイチャーズ スリーベリーミックス 1.81Kg 【冷凍品】 

KIRKLAND ネイチャーズ スリーベリーミックス 1.81Kg 

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,580

ラズベリーとブルーベリー、ブラックベリーの三種類のベリーがミックスされた冷凍フルーツです。使う際には冷凍庫から出して半解凍気味でシャリシャリとした食感を楽しむのもおいしいです。ヨーグルトやアイスクリームにのせて食べるほかにはスムージーの材料に最適で、牛乳やバナナを加えたり、炭酸水やはちみつで作るのもおいしいです。工夫次第で料理にもいろいろ使える冷凍ベリーです。

KIRKLAND ネイチャーズ スリーベリーミックス 1.81Kg 【冷凍品】の口コミ評判

冷凍で届き、ジャムにしましたが、最高美味しいです。色々な味が混ざるのかとおもったら、それが美味しいかも?

1位

コストコ 冷凍 ブルーベリー 2.27kg カークランド

コストコ 冷凍 ブルーベリー 2.27kg カークランド

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,750

2.27㎏ものブルーベリーがたっぷり入ったコストコで人気の冷凍フルーツです。眼精疲労に効果的と言われるアントシアニンなどの栄養素が豊富で毎日食べたいコスパの良い商品です。適度な甘さで豆乳などと混ぜてスムージーにする他、グラニュー糖とレモンでジャムやフルーツソースにするのもおすすめです。チャック付きの袋なので、使いかけを冷凍庫で保存する際にも便利で使い易いです。

コストコ 冷凍 ブルーベリー 2.27kg カークランドの口コミ評判

品質が良い。美味しいです。朝ごはんにも深夜のスナックとしても使っています。買って良かったです。

夏のスムージーに、牛乳&ハチミツと一緒にクラッシュして、アイスのようにして楽しみました。子供達にも、大人気です。大粒で、美味しいです

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

冷凍フルーツの効果的な使い方

パンケーキ
種類が豊富で便利に使える冷凍フルーツを使うときに気を付けたいポイントをご紹介します。

冷凍フルーツの解凍方法

冷凍フルーツも種類によって活用方法は異なりますが、解凍方法は通常はパッケージに記された方法で行えば特に問題ありません。多くの冷凍フルーツは解凍する際には水分が出ても大丈夫なようにキッチンペーパーなどを敷いた上に乗せて冷蔵庫で自然解凍するのが一般的です。

そして解凍した冷凍フルーツは早めに食べきって、万一残っても再冷凍は絶対に避けましょう。どんな使い方をするかによっても異なりますが、凍ったままの冷凍フルーツをそのまま食べるとシャーベットのような食感でおいしく食べられるという意見は少なくありません。

ただし、市販のシャーベットはかなり甘みや香り成分が添加されているため、シャーベットと冷凍フルーツは全く別物で、果物の持つ天然の甘さを楽しむつもりで味わうにはお勧めです。

ケーキなどのトッピングに使用する時には

スムージーやヨーグルトのトッピングなどに使用する際には凍ったままの冷凍フルーツをそのまま使う事もできます。種類によって、例えばライチなどは解凍しても形がそれほど崩れる事もなく味わえるのですが、カットしてあるものやクラッシュタイプの場合、完全に解凍してしまうと生のような見た目を保つのはちょっと難しくなります。

スムージーやジャムなどに使用する際には撹拌してしまうので全く問題ないのですが、例えばケーキのトッピングなどに使用する時には解凍して時間が経過すれば水が出てくる事を考えれば冷凍フルーツをそのまま使うのはお勧めできません。

どうしてもケーキのトッピングに使用したいというときには食べる直前に凍ったままの冷凍フルーツをトッピングして、口に入れた時には半解凍状態ぐらいになるのがおすすめです。そのためプレゼントや持ち帰り用に使用するのはちょっと難しいのですが、家庭で作ってすぐに食べきるために直前に凍ったままケーキに乗せる方法なら何とか使えると言う事です。

冷凍フルーツにも賞味期限がある

冷凍することで腐敗することはないのでいつまででも保存できると思いがちですが、冷凍フルーツなどにも消費期限はあります。急速冷凍された冷凍フルーツならきちんと冷凍状態を保てる環境であれば約1年間は保存できると言われています。

ただし、保存状態が悪かったりすると霜がついていたり冷凍焼けしているものなどもあります。このように見た目にも劣化がわかる状態のものはすでに賞味期限は切れていると理解しましょう。

まとめ

いつでも収穫したてのフルーツの味わいが楽しめるのが冷凍フルーツの魅力です。近年は便利さだけでなく味や栄養価でも優れたものがあるとも言われ、ますますその魅力が高まっています。種類も豊富なので、好みの冷凍フルーツを選んで毎日の食生活を豊かにする楽しみを味わいましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->