1. グッディ∞
  2. 生活雑貨急須のおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/04/04更新

急須のおすすめは?人気の商品比較ランキング【2019年】

急須

お茶淹れに欠かせない「急須」は、どのご家庭にも1個は欲しいアイテムです。昔ながらの陶器製の急須もいいですが、オシャレで個性のある耐熱ガラス製の急須も面白い存在ではないでしょうか。

今回はそんなデザイン感あふれる急須たちの選び方や、人気商品をランキング形式でご紹介しようと思います。食卓やお茶の間を彩る、素敵な商品を選んでみませんか?

スポンサーリンク

急須の選び方

ガラスきゅうす

最近は急須にも様々なデザインのものが出回っており、ご家庭の雰囲気にピッタリのものを選びやすくなっています。ただし、その一方で素材や品質による実用性も捨てることはできませんよね。

ここでは、急須のデザインや素材・実用性に至るまで幅広く解説を進めます。

実用性で選ぶ急須

急須は茶葉を入れて注ぐだけなので、「どれを使っても同じじゃないの…?」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。ところが、良い品質の急須を使ってみるとその差は一目瞭然。使い勝手からお茶の味までまるで異なります。

茶葉の混じりやすいものを選ぶ

お茶の味は茶葉から出ているため、より美味しいお茶の味を引き出そうと考えるなら、「お湯を淹れたときに茶葉が回ってなじむもの」を選ぶことが大切です。

より良い味を出すためには、

  • 内側にお茶を入れたときに、茶葉が急須全体で回れること
  • カップ型茶こしのように、茶葉を狭い範囲で閉じ込めないこと

上記に留意した急須選びが欠かせません。お湯全体にお茶の味を馴染ませるためにも、カップ型茶こしのものよりは、急須の内側に網が張ってあるものを選ぶことをオススメします。

注ぎやすくキレの良いものを選ぶ

いずれの急須にも注ぎ口はついていますが、その仕上がりの良し悪しは、お茶を入れたときにハッキリと伝わります。

良質な急須の注ぎ口は丁寧に仕上げられているため、湯呑に注いだ時にお茶が切れ目なくスムーズに流れ出るからです。

  • お茶を入れたときに「ジャポジャポ…ジャポ」と途切れながら出てしまう
  • 仕上がりが悪く真っ直ぐにお茶が出ない。斜めになってお湯が流れ出る

普段使いではあまり気にならないかもしれませんが、お客さんが来た時にこれでは少しガッカリですよね。安価な製品でもきちんと仕上げられている急須からは、お茶がきれいに出ます。

実際に買うまでわからない部分もありますが、より良いものを選びたいところです。

お手入れが簡単なものを選ぶ

お手入れのしやすさも、急須選びに欠かせません。急須は構造上内側が洗い難いものなので、あまり複雑な形状をしたものだと「水カビや雑菌」の温床となりがちです。

衛生上良いものではありませんから、基本的には「あまり複雑形状の急須」を選ぶことをオススメします。

また、内側に網が張ってあるものの場合、張り方や目の細かさによっては「茶葉をきれいに洗い出せない」ものも少なくありません。濡れたまま急須の奥に引っかかった茶葉も衛生上悪影響を与えます。

  • あまり形が複雑ではなく、スポンジやブラシが届きそうなものを選ぶ
  • 目が細かすぎるものや、届かない範囲に張られている茶こしは避ける

このように、表面のデザインや価格だけでなく、お手入れのしやすさも意識した商品選びが大切です。

二番煎じも美味しいものを

来客時は別として、普段使いの場合は二番・三番煎じを嗜むことも多いですよね。茶葉は一度お湯を注ぐと段々と膨らむので、急須によっては目詰まりを起こしてしまいお茶が思うように出てこないものも少なくありません。

良質な急須の場合、内側に張る網の面積を広くするなどして、茶葉が詰まり難いように配慮した構造をしています。こうした商品なら繰り返し使ってもスムーズにお茶注げるので、二番煎じもストレスなく楽しめます。

普段から淹れたてのお茶を楽しみたいという方には、是非とも意識してほしい部分です。

素材やデザインで選ぶ急須

急須と言えば陶器や鉄製のものをイメージするかと思いますが、最近は耐熱ガラスや樹脂で作られたものも少なくありません。それぞれの違いに目を通し、ご家庭にピッタリのものを選びましょう。

急須といえば陶器製!

陶器は昔から現在に至るまで、最も広く使われている素材です。鉄製のものと比べて保温性が高いので、ご家族で団らんを楽しみながらゆっくりとお茶を楽しむにはピッタリ。

製品総数が多いのでデザインも色々なものが販売されており、個性を出しやすいというメリットも有しています。吸水性も高く、誰が使っても安定的にお茶の旨味や渋みを引き出せます。

ただし、陶器製はお茶の香りや色が容器に染みやすく、複数の茶葉を使いまわすには向かない商品です。色々なお茶を嗜みたい方には、他の素材を選ぶ方が良いかもしれません。

陶器製の特徴まとめ

 〇 保温性が高く長い時間かけてお茶を楽しめる
 〇 製品の種類が多いので色々なデザインが売られている
 〇 茶葉の香りや色が染みやすい

おばあちゃんの家にありそうな鉄製急須

南部鉄器に代表される鉄製素材の急須です。陶器製と同じく庶民派急須として長く親しまれてきた素材なので、古いお宅ではとくに頻繁に見かけます。読者の方の中にも、おじいちゃんやおばあちゃんの家で目にした方は多いのではないでしょうか。

鉄製素材は材質的に落下した時などの衝撃に強く、割れにくいという長所を持ちます。また、耐久性にも優れているので長く使っていくにはピッタリの素材です。

ただし、鉄は熱しやすく冷めやすいという特徴を持つため、陶器製の急須と比べてお茶の温度管理には注意が必要かもしれません。1回に注ぐ量を調整するなどして、上手に付き合っていく姿勢が大切です。

レトロで独特の風格があるため、オシャレアイテムとしても活用できそうですよね。

鉄製急須の特徴まとめ

 〇 衝撃に強く耐久性にも優れている。頑丈な作り。
 〇 デザインや雰囲気はノスタルジーでオシャレ。
 〇 熱しやすく冷めやすい。上手な付き合い方が大切。

オシャレで現代的なガラスの急須

西洋茶のティーポットのようなガラス製の急須です。耐熱処理をしているため熱に強く、あつ~い日本茶を注いでも割れる心配はありません。洋風デザインの急須が多いのですが、若い世代を中心に広く受け入れ始められています。

  • 急須の中で茶葉が踊る。眺めているだけでオシャレな気分に
  • お湯を注ぐと美しく染まる。日光を浴びて輝く様子はとっても魅力的!

などなど、陶器製や鉄製では決して味わえないティータイムを過ごせます。お茶会や来客対応にもピッタリのアイテムです。

実用性も抜群!

一見変わり種のように見えるガラス製急須ですが、実用性も従来のものと比べて決して劣りません。と言うのも、ガラス素材は香りが移りにくく、それなりの耐久性もありますから、長く使っていける素材の1つ。

更に断熱構造をした製品の中には、保温性に優れている商品も少なくありません。実用面から見ても、オススメしたい素材の1つです。

お手頃価格で扱いやすい!樹脂製素材

樹脂製急須も比較的新しいジャンルの製品です。ガラス製同様に耐熱素材を使っているので、割れてしまう心配はありません。

その上、樹脂製はガラス製と比較してかなりの軽量。大きめの急須にお湯をたっぷり注ぐと重たく感じてしまうものですが、樹脂製は他の素材よりも本体が軽く負担に感じにくいという長所を持っています。

また、樹脂は鉄などと比べると価格が安く、気軽に買い替えができるというメリットも有しています。落としてもガラスや陶器のようにケガをする心配がないので、小さなお子様がいるご家庭にもピッタリだと言えるでしょう。

樹脂製急須の特徴まとめ

 〇 重量が軽く、大きめサイズでも負担に感じにくい。
 〇 価格が安いので気軽に買い替えができる。
 〇 ガラス製や陶器製と比べて割れにくい。ケガの心配も少ない。

スポンサーリンク

急須人気おすすめ商品TOP10

それでは、急須の人気ランキングをご紹介しようと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

萬古焼き 南景製陶園 ベンリー急須 菊型 粉引 【研磨仕上げ】

萬古焼き 南景製陶園 ベンリー急須 菊型 粉引 【研磨仕上げ】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,120

南景製陶園の優れた技術を用いて作られた、陶器製の急須です。随所に工夫が施されており、陶器製の急須としてはトップクラスの品質を持っています。

最大の特長は、底全体に広く張られた網です。これにより急須全体が茶こしとして機能するため、お湯を注いだ時に茶葉の色と香りがしっかりを染み出します。よくあるカップ状の小さな茶こしを取り付けた急須とは味が歴然と違うので、コダワリ派ならずとも手に入れたい商品です。

 〇 わずかな傾きでもしっかりとお湯を注ぐことができる絶妙の構造。
 〇 細かな目をした茶こし網だから、小さな茶葉を使っても目詰まりしにくい。
 〇 広口に設けられたフタはお湯を注ぎやすく、お手入れにも便利。

などなど、数々の工夫を凝らした商品として人気を集めています。

その上、急須全体を熟練の職人が丁寧に研磨しているので磨きあがりはまさに完璧の装い。滑らかかつ艶やかな仕上がりで、価格以上のたたずまいをしています。

萬古焼き 南景製陶園 ベンリー急須 菊型 粉引 【研磨仕上げ】の口コミ評判

我が家に、急須はたくさんあるのですが、
お茶こしをする網がついていないので、こればかりを使っています。
網が全面にあるので、お茶がしっかり濾されます。

色々な急須を購入しても自然とお茶がつまり、でなくなっていたので、いい急須がないものかと探していました。このベンリー急須はとても優れものです。次回も購入するなら、絶対ベンリー急須がいいです。

9位

常滑焼3-195間宮 20号袋形無地深蒸急須 AM-T098

常滑焼3-195間宮 20号袋形無地深蒸急須 AM-T098

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,191

コロンとした可愛らしいフォルムが人気の、常滑焼の磁器製急須です。見た目通りシンプルなデザインをしていますが、熟練の技術を用いて丁寧に磨かれているため、表面に上質なオシャレ感をまとっています。

一見これといった特徴が無いように感じられますが、注目すべきはその内側。注ぎ口から平面に広く張られた茶こし部分は、急須の内側全体に茶葉が回る様に計算して作られた構造。誰がどのような入れ方をしても、茶葉の風味と香りをしっかりと出すことができるでしょう。

また、通常の製品よりも茶こしを広口に張っているため、茶葉が広がる2番煎じ以降も目詰まりを起こしにくく、ちょっと傾けるだけで最後の1滴まできちんと注ぐことができます。

急須は構造上、最後の1滴までお湯を注がなければ、その旨味や風味があっというまに逃げてしまいます。何気ない工夫のようですが、実はお茶の性質を知り尽くした人にしか作れない、上質な構造をした急須です。

 〇 お茶を注いだ時の目詰まりがイヤ!
 〇 茶こしのお手入れが本当に大変。ササッと茶葉を流したい
 〇 より美味しくお茶を嗜みたい。茶葉の味を感じたい

こんな方にはとくにオススメ。お値段も他の急須と比べて安い部類に入るため、本当にお買い得な逸品ですよ。

常滑焼3-195間宮 20号袋形無地深蒸急須 AM-T098の口コミ評判

お茶の葉がよく広がっておいしく淹れられるし、手入れも楽、安定感もあり。何より2人分にちょうどいい容量。いい買い物をしました。
難しいのですよ。いい急須にめぐり合うのは。

洗い易いデザインの急須を探していましたが、近所のスーパーなどにも
ありませんでした。
何も特別なことのない昔からある常滑焼の急須です。
低価格で使いやすいため普段使いに気楽に使用できて
よかったです。

8位

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 角 450ml CHJKN-45

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 角 450ml CHJKN-45

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,334

画期的なコーヒーメーカーを生み出したことで名高い、ハリオの和製急須です。ガラス製の急須は割れが心配かもしれませんが、本製品はもちろん耐熱性抜群の耐熱ガラス急須。お湯を注いでも割れることはありません。

製品としては、ハリオらしく機能美とデザインの両立を目指した急須です。とくにガラスの抜けるような透明感の長所を存分に活かしており、お湯を注いでから茶葉が染まるまでの様子を、香りだけでなく視覚的に楽しむことができる構造です。

明るい昼下がりの日光に照らされながら染まって行くその様子は、ティータイムが持つその雰囲気を存分に盛り上げてくれるでしょう。また、デザイン的に日本茶に捉われないフォルムをしているため、中国茶や紅茶にも利用できる点も好印象。

機能面も充実の装いを見せています。茶こしは従来のものより大きめのものを採用しているため、どんな茶葉でもお湯全体に均一に色付けができる上に、フタと茶こしを外すことで電子レンジでの加熱にも対応。

 〇 オシャレでかわいい急須が欲しい。洋風リビングでも使いたい。
 〇 紅茶から中国茶まで…急須はこれ1個で済ませたい。
 〇 茶葉の風味を味わいたい。色々な入れ方を楽しみたい。

上記のような方にはとくにピッタリの急須です。季節に関係なく幅広く使えるアイテムとして、大変な人気を有しています。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 角 450ml CHJKN-45の口コミ評判

700mlは二人暮らしにちょうどいいサイズ。
持ち手が細くお湯の重さでバキっといったらどうしよう!!と思うのですが案外丈夫です。
ガラスポットなので見えるし、ジャスミン花茶などは綺麗に広がって素敵ですよ。

父親がお茶を美味しく淹れるには家にある急須じゃ駄目だっ!! と言い出しまして購入。
 個人的には、急須もそうですが、腕とかじゃないかな……と思っていたのですが、美味しく入るようで、父はご満悦です。

7位

九谷焼 陶器 急須ポット はねうさぎ(茶こし付き) AK3-0584

九谷焼 陶器 急須ポット はねうさぎ(茶こし付き) AK3-0584

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,121

他の焼き物と比べてセールス意識が強い「九谷焼」の急須です。デザインを見ただけで「何を作れば売れるのか」をしっかりと認識している、現代的な焼き物だと言えます。

急須に描かれた可愛らしいウサギが跳ね回っているイラスト塗りは、世代を問わず幅広く受け入れられています。このデザインだけでも思わず手を出したくなってしまいそうですよね。

もちろん、九谷焼ならでは品質感も魅力の1つです。表面は丁寧に研磨されているため手触り感は抜群。軽く触れただけでも手に吸い付いてくるような、親しみやすい質感をしています。

また、耐熱性だけでなく耐久性も高く、安価な急須のように少し使っただけで割れてしまう心配もありません。繰り返し使用するうちに自分ならではのカラーが出てくるので、良い意味で使いごたえのある急須です。

フタや茶こしも丁寧に作られています。フタのすり合わせが良いのでお湯を注ぐと急須の中でしっかりと蒸らすことができますし、茶葉の味も急須全体に行き渡ります。お値段以上の価値を秘めた商品なので、迷ったときはぜひこちらの購入をオススメします。

九谷焼 陶器 急須ポット はねうさぎ(茶こし付き) AK3-0584の口コミ評判

とにかくうさぎが可愛い、それだけでレビューを終えてもいいぐらいである。

真面目なレビューとしては当方2人家族だが、満杯にするとちょうど2杯分でかなりぴったりだ。

有名な九谷焼ですので、注ぎ口も液漏れしないようになっており、デザイン、性能、どちらに関しても文句のつけようがありません!

毎日のティータイムが楽しみになり、お茶がおいしくなったような気がします(^-^)

6位

四日市 萬古焼き 急須 e408 紫泥

四日市 萬古焼き 急須 e408 紫泥

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,890

萬古焼の定番である紫泥を使って作られた急須です。通常の土よりも鉄分を多く含んでいるため、お茶の風味をまろやかに仕上げると言われています。

作りにこれといった特徴はありませんが、お茶の味がよく出るように内側に広がりを見せた構造や、あまり傾けないでもお湯が注げるように工夫された注ぎ口はとても評判がよく、使い勝手も悪くありません。

デザイン面はかなりシンプルですが、優しくまろやかな艶と丸みを帯びたデザインは、いずれもとても優れた作りです。実際に手に取ってみるとその質感や仕上がりの良さが伝わってきます。

デザイン的に落ち着いているので、普段使いはもちろん、TPOが求められる状況でも使いやすいアイテムです。ご自宅やオフィスの来客用に購入する方も多く、支持されています。

四日市 萬古焼き 急須 e408 紫泥の口コミ評判

自宅でお茶を飲む時、お茶漬けを食べる時に使っています。
お茶の味もよく出るので、気に入っています。
あと、比較的広く浅く作られているので、とても洗いやすいのも良いです。

握りや、注し口がつかいやすいです
全体のかたち、デザインもよく、気に入っています
漉し網がなく、すこし変わっていますが、不都合は
ありません
2,3杯さすのに便利です。

5位

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ 450ml CHN-45T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ 450ml CHN-45T

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,620

コーヒーメーカーなどで知られるハリオ製の急須です。「ふかみ」の名の通り、深蒸し茶を美味しく入れることにこだわり抜いて作られた構造をしています。

通常急須にお湯を注ぐと、中に入った茶葉と交じり合い色が出てくるものですが、本製品はガラスの透明感を活かして、色が出る様子だけでなく、ジャンピングと呼ばれるお湯の中で茶葉が舞い踊る様子も計算して設計。

お湯を注いだ瞬間、お湯と茶葉が織り成すハーモニーを楽しむことができるので、お茶を入れること自体が楽しく感じられてしまう商品です。

 〇 お茶を味や香りだけでなく、視覚的にも楽しみたい。
 〇 ティータイムをよりリラックスした、上質なものにしたい。

本製品はこのような方にはピッタリ。舞い踊る茶葉と急須が、より上質なティータイムへと導きます。

また、本製品は機能面も外せません。通常の茶こしよりずっと細かく作られた茶こし部分は茶葉の味を良く引き出し、味と風味が命の深蒸し茶も美味しく楽しむことができる構造。

更に急須全体がお茶を注ぎやすく作られているため、普通に注ぐだけでお茶を最後の1滴まで注げます。お茶の注ぎ残しは2番煎じの味に影響を与えますから、ハリオらしい気の利いた配慮だと言えるでしょう。

価格については非の打ちどころがないほど優れています。この価格では勿体ないほどの、実用的かつオシャレな急須です。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ 450ml CHN-45Tの口コミ評判

450mlを購入。二人分を煎れるのに、ちょうどよいサイズです。
 
細かい茶葉が出ることもほぼなく、低めの温度でゆっくり蒸す緑茶にも、高温で煎れる紅茶にも使用しています。
緑茶も紅茶もしっかり抽出され、美味しいです。

同じような形の商品があったけれど、茶こしの形が違うのですよね。
これは中で、しっかり茶葉が開いていい感じです。
形もとてもかわいくて、置いておいても絵になります。

4位

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ 700ml CHN-70T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ 700ml CHN-70T

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,536

人気のハリオ製の急須です。外見の通り無色透明のガラス製ですが、耐熱構造なので割れてしまう心配はありません。通常の急須よりもずっと大きな茶こしをしているため、どんな茶葉を使っても、注いだお湯全体に味と香りを伝達できます。

その上、本製品の茶こしは深蒸し茶も美味しく入れることができるように、茶こしの網目がとても小さく作っている点がポイントです。長い時間をかけて味と香りを引き出す深蒸し茶には欠かせない工夫なので、お茶をより美味しく楽しむことができますよ。

なお、本シリーズは容量別に複数のバリエーションが売られています。本製品は同シリーズの中でも700mLとかなり大きめサイズなので、ファミリー用や来客対応にはピッタリです。

ガラス製なので香りが移りにくく色々な茶葉を活用できる点を活かして、ご家族の団らんや来客対応用に1個備えてみては如何でしょうか。普段使いの茶葉はもちろん、ちょっと贅沢な茶葉まで美味しく入れることができますよ。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ 700ml CHN-70Tの口コミ評判

以前の茶茶急須より、網が大きくなり、茶葉が広がりやすくなり、早く色が出る。
葉が、はみ出して出てくることもなく、とても使いやすい。
たっぷり容量の700mlで、毎朝、冷たい緑茶を作って、娘に持たせてます。

網が広くなって洗いやすいです。
蓋のデザインが改良されていて、そそぐ時に茶葉は蓋と網の間に挟まりにくくなっています。
ガラスの急須は中が見えるので、どのくらいの色になったかがすぐにわかって便利です。

3位

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 700ml CHJMN-70T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 700ml CHJMN-70T

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,472

高い耐熱ガラスの製造技術を持つ、ハリオのティーポット型急須です。シンプルで用途を問わないデザインをしているためシーン問わずに使いまわせる点が特長で、日本茶から中国茶、紅茶まで幅広くお使いいただけます。

茶こし以外のほぼすべてが耐熱ガラスで作られているため、お湯と茶葉が交じり合ってティーポットを美しく染めていく様子を逐一目で楽しむことができます。広口サイズに作られた茶こしはとても目が細かく、味や風味の出にくい茶葉も美味しく楽しめる急須です。

なお、本製品は耐熱ガラスなので電子レンジに入れてもOK。話が弾むあまりぬるくなってしまったお茶も、簡単に暖めなおすことができるんです。陶器製急須などと異なり、洋風リビングにもマッチするデザインなので、広く使っていけるでしょう。

本製品は大容量の700mLタイプなので、ご家族の団らんやたっぷりお茶を楽しみたい方に、とくにオススメできる急須です。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 700ml CHJMN-70Tの口コミ評判

形も可愛いし、ハーブティーの色も良く見えます。
注ぎ口も絶妙で、垂れてくる事もありません。
茶葉がジャンピングしている様子がわかりますし、とても美味しいお茶が淹れられます。

以前使っていて、古くなったのを期にHARIOの他の製品を購入したものの使い勝手が悪く、
また茶々急須丸700mLを買い直しました。
ちょうどよい大きさで、お茶のキレもよく洗いやすいので快適です。

2位

HARIO (ハリオ) 急須 茶茶 なつめ 700ml CHRN-4N

HARIO (ハリオ) 急須 茶茶 なつめ 700ml CHRN-4N

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 999

通常の急須と異なりたてに長いロングサイズの急須です。一目見ただけで注意を引くフォルムをしているため、ちょっと変わった急須をお求めの方には大人気。個性を出しながら、美味しいお茶を入れることができる急須として知られています。

付属している茶こしはとても目が細かく、茶葉を漏らすこと無くキャッチ。小さめの茶葉であろうと、本製品なら注いだお茶に茶葉が混じることはほとんどありません。

また、しっかりと作られた注ぎやすい構造や、お茶の味が広がるように作られた広口の茶こしは、茶葉の味を存分に引き出すと好印象。ハリオの他の製品同様に、日本茶だけでなく中国茶や紅茶など、あらゆるティータイムに対応する汎用性の高さを持っています。

なお、本製品の最大の特徴でもある縦長Lサイズ構造は、ただ奇をてらったものではありません。縦長サイズにすることで冷蔵庫などに入れてもスペースを取らず、冷たいお茶やアイスティーとしても楽しみやすい構造です。

ちょうど缶ジュースやペットボトルを取り出す感覚で使いまわせるので、大人から子供まで幅広く愛されている製品です。普段使いの急須としてはもちろん、水差しの様な感覚で使っても良いでしょう。

美味しくお茶を入れられるだけでなく、スペースを縦長構造にオシャレなデザイン。容量もたっぷりサイズの700mL。これはお買い得ですよ。

HARIO (ハリオ) 急須 茶茶 なつめ 700ml CHRN-4Nの口コミ評判

電子レンジで水から温め熱いお茶を飲んだり、浄水を冷蔵庫で冷やして冷たいお茶にしたりとどちらも手軽に飲めるのでとっても便利です。大きさも丁度良いし、洗うのも洗い易く清潔です。今のところ何の問題も無く100点満点です。

透明なのでお茶の出具合がよくわかるのがよいと思います。
シンプルな形状で洗いやすい点も◎です。茶こしもプラスチックだからどうなのかなと心配していましたが、金属の網より洗いやすいと思いました。

1位

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,100

コンパクトな450mLサイズの耐熱ガラス製のオシャレかつ実用的な急須です。ガラスごしに見える広口の茶こしが特徴で、軽くお湯を注いだだけでお茶の葉が急須全体を回るように丁寧に作られています。

お茶は茶葉が急須内で回れば回るほど旨味と香りを増し、味わいに深みが出ます。ガラスを通して色と共に味わいが染み出していくひと時は、ティータイムをより上質なものへと変化させるでしょう。

また、使い慣れてくると色の出具合でお茶の味を調えることもできます。何度も使いまわすことで、「自分だけのオリジナルの味」を追求してみるのも面白いかもしれません。

ガラス製なので落下にこそ弱いものの、軽く傾けただけで湯呑を満たせる注ぎ口や、簡単に洗えるように配慮された構造などはお見事。誰が扱っても使いやすい急須なのでプレゼントなどにも良さそうですね。

なお、外観は見た目の通り中性的でオシャレな装いです。そのため、和洋問わずどんなお部屋にもピッタリとマッチします。リビングでティータイムを楽しむも良し、和室でお客さんと上質なお茶を味わうも良し。たくさんのシーンで活躍が期待できる急須です。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45Tの口コミ評判

自身が頻繁にお茶を飲む事と、中国茶も良く飲むようになったので、皆さんお勧めのこちらの購入を決めました。
実際使ってみて、中が見える事とお湯切れが良い事、皆さんのレビュー通りで買って正解でした~

デザインも良く、注ぎ口が工夫されていて液垂れしない、洗えない場所がないので茶渋が残らず清潔を保てる。
一人用に調度良い大きさで軽い。しかもお安い。素晴らしく良くできた急須です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

急須の効果的な使い方

ちゃのみ女

日本茶は茶葉によって入れ方が異なるため、それぞれの正しい作法を知ることが大切です。ここでは、特に代表的な茶葉の入れ方をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

煎茶の入れ方

煎茶はわたしたち日本で最も広く嗜まれているお茶の1つです。品質の良いものはアミノ酸を豊富に含んでいる為、お茶の香りと同時に旨味を楽しむことができますよ。

 〇 ステップ1 → 沸騰したお湯を湯呑に注ぎ、温度70度~80程度に落とします。
 〇 ステップ2 → 茶葉をお好みに合わせて急須に入れます。標準は大さじ1杯程度。
 〇 ステップ3 → 湯呑で湯冷まししたお湯を急須に戻します。
 〇 ステップ4 → お茶の味が急須の中に広がるように、1分~1分半程度待ちます。
 〇 ステップ5 → 均等に味が出るように、人数分の湯呑に回して注ぎます。

どうして一度湯冷ましするの?

上質な煎茶はアミノ酸を含んでいますが、あまり高い温度で入れると煎茶の苦味が強く出てしまい、アミノ酸の旨味を感じることができません。少し温度を落として、優しく嗜むのがポイントなんですよ。

ほうじ茶の入れ方

ほうじ茶は煎茶と並んで広く流通している茶葉の1つです。香りがよく苦味が少ないだけでなく、煎茶や玉露などと比べてあまり細かい作法に注意する必要がありません。

 〇 ステップ1 → お湯を沸騰させます。100度まで沸騰させてOKです。
 〇 ステップ2 → 茶葉を急須に入れます。少し多めに入れてみても構いません。
 〇 ステップ3 → 急須にお湯を注ぎましょう。湯冷ましの必要はありません。
 〇 ステップ4 → お茶の味が急須の中に広がるように、30秒程度待ちます。
 〇 ステップ5 → 人数分の湯呑に少量ずつ回しながら、最後の1滴まで注ぎます。

どうして熱湯でOKなの?

ほうじ茶は製造過程で炒って作られているので、茶葉に含まれている大半のカフェインが消失しています。そのため、100度近い熱湯で注いでも苦味が出にくく、美味しく楽しむことができるんです。

また、ほうじ茶はお湯が熱ければ熱いほど、良い香りを発します。香りもお茶を楽しむポイントの1つなので、あつ~いお茶でホッと一息つきましょう。

まとめ

急須は日本人の日常生活に密接した、重要度の高いアイテムです。お部屋やテーブルの雰囲気にピッタリのものを選ぶことで、お茶の間の団らんにも弾みがつくでしょう。

今回ご紹介した急須はいずれもデザインと実用性に優れ、使いやすいと評判のアイテムばかり。誰か使っても扱いやすいように工夫されているので、簡単に美味しく香り豊かなお茶を入れることができます。

もちろん、デザインも選択基準の1つです。来客時にはさり気なく出すことで、「あ。これオシャレ~」と感じてもらえたらもう100点。せっかく急須を買うのですから、そんな素敵な急須を選んでみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->