1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーメイクコスメかわいいチークのおすすめ人気比較ランキング!キープ力も抜群なのは?

2018/02/14更新

かわいいチークのおすすめ人気比較ランキング!キープ力も抜群なのは?【2019年】

チークを乗せる女性

チークは何となくいつも同じところに同じような色を適当にのせてしまうと言う人は少なくありません。でも、たしかにアイメイクほどインパクトが感じられないチークですが、肌の色や顔の骨格、そして顔全体の印象までチークの入れ方ひとつで変わってしまうと言われています。

どんな印象の顔になりたいかによってチークの選び方からチークの入れ方、選びたいチークの種類も変わってくるので、チーク選びはメイクの仕上がりを左右する重要なポイントになります。

チークを入れる事で骨格の特徴をコントロールして小顔に見せるなどの効果が期待できます。さらに頬にチークを入れる事で肌の血色をよく見せて健康的で女性らしい魅力的な印象の顔に仕上げます。

また、使う色や入れ方を変えるだけでカジュアルメイクからフォーマルなメイク、キュートではつらつとしたメイクやクールで大人っぽいメイクなど、どんなイメージのメイクにも対応することができます。

そんなメイクへの効果が絶大なチークはどんな時にどんな色を選んでどんなイメージになりたいかによって選び方も変わってくるので、選び方のコツ、使いやすい種類や入れ方のコツなど、自分の魅力を最大限に引き出すために使い分けたりする技術も必要です。

たくさんのチークの中から理想の自分のイメージに近い状態に見せてくれるチークを選ぶために、ぜひ覚えておきたいコツやポイントがあります。

スポンサーリンク

チークの選び方

スマホを見る女性

自分に似合うチークを選ぶためには何を基準にすればいいか迷ってしまいますね。そこでチークを選ぶ際にぜひ意識したいポイントをご紹介します。

自分に似合うチークを選ぶためには?

何と言っても自分に似合うチークを見つけるためのポイントの一つが自分の肌の色との相性です。

自分の肌がやや黄みを帯びたトーンのイエローベースの人は肌になじみやすい黄味寄りのカラーを選ぶのがおすすめです。コーラルピンクやオレンジレッド、サーモンピンク、アプリコットなどが相性の良い色になります。
また肌が青みを帯びた涼しげな印象で、どちらかと言えば色白な肌色の人は透明感を演出しやすい青味寄りのカラーを選ぶのがおすすめです。ローズピンク、スモーキーピンク、ピンクベージュ、ブルーレッドなどが相性の良い色になります。

チークにはどんな種類がある?

チークは大きく分けると固形状のパウダーチーク、練状のクリームチーク、液体状のリキッドチークの3種類に分類されます。それぞれに特徴があるので自分の雰囲気や好みのテクスチャーのものを選ぶようにしましょう。

パウダータイプのチーク

一般的には固形状のチークで、専用のブラシを使用してふんわりと仕上げたいときに向いています。単体で使用するだけでなく、ベースに練状のチークを使って仕上げに使用するという使い方もあります。

クリームタイプのチーク

クリームのように練状になったチークは、肌に付けた時に内側から自然に頬が上気したような血色感を感じさせる仕上がりにできるのが魅力です。パウダーチークを付ける前に使用することで、より発色をよくする効果が期待できます。

リキッドタイプのチーク

液体状になったチークは、自分のベースの肌色を活かした色味に仕上げやすいのがメリットです。ソフトな発色で、みずみずしく透明感のある肌を演出できます。

肌質と仕上がりに合わせて選ぶ

顔に手を当てる女性

チークを使ってメイクする時にどんな肌質に仕上げたいかで選ぶこともできます。さらっとした仕上がりでテカりにくく仕上げたいときにはパウダーチークがおすすめです。肌がテカりやすく化粧崩れが気になるときにもおすすめです。

クリームやリキッドなどのタイプのチークは、使用するとウェットでつややかな仕上がりになるのが特徴です。肌の乾燥が気になる人や、肌をしっとりと仕上げたいとき、肌につや感を出したいときに使うのがおすすめです。

使う人の年代にあわせて選ぶ

チークを選ぶとき、このチークはこの年代の人にしか似あわないという思い込みは必要ありません。

でも年代によって肌の状態は変化するので、その年代の人に似合うおすすめの色というのは確かにあります。

20代の若い年代なら、かわいらしく透明感があってピュアではつらつとした若々しい印象を与える効果のあるレッド系やピンク系のチークが似合います。

30代なら若さだけではなく女性らしさや上品さを感じさせるようなピーチ系やローズ系が似合う年代です。

40代からは体の状態も大きな変化を迎える年代に差しかかるので、肌に自然な血色を与えられるような柔らかめのピンクやオレンジ系の色味がおすすめです。

50代以降になれば年齢肌の気になる悩みを解消できて、肌に程よい明るさを与えられるようなピンクベージュ系や、ややスモーキーなローズ系なども似合います。

ただし年代は同じでもその人の肌のトーンは人それぞれなので、あくまでも自分の肌のトーンに合わせた色味を選ぶことが大切です。

なりたいイメージや目的に合わせて選ぶ

チークを選ぶときにはメイク全体のバランスも考えつつ、自分がどんなイメージになりたいかにあわせて選ぶようにします。

例えばキュートで甘い雰囲気に仕上げたいときには、メイクはチークを主役にできるようなものを選びます。

落ち着いた大人の雰囲気やナチュラルな雰囲気に仕上げたいときにはあまり存在感のありすぎるものではなく、チークはどちらかと言えば控えめな感じに仕上がるものを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

チーク人気おすすめ商品TOP10

数あるチークの中から自分に似合うものを見つけるために、人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

キャンメイク クリームチーク07 コーラルオレンジ 2.3g

キャンメイク クリームチーク07 コーラルオレンジ 2.3g

頬にのせた瞬間にスッと溶け込むように馴染み、肌の内側からにじみ出るような発色が特徴のチークです。

肌に塗った瞬間にサラサラに変化する新感覚のクリームジェルタイプのチークで、潤い感がたっぷりなのに質感はサラサラに仕上がるのが特徴です。スポンジで適量を取って頬にポンポンと叩きこむように馴染ませて使用します。

好みに合わせて数回重ね付することで思い通りの発色が実現できます。ラメが控えめで肌に馴染みやすいコーラルオレンジです。

キャンメイク クリームチーク07 コーラルオレンジ 2.3gの口コミ評判

たくさんの色があって迷いましたが、これを買って使ってみたら私の好みな色でとても良かったです(‘ ˘ `∗)オススメです!

ファンデーションのあと、スポンジに取ってから頬骨の上にポンポンとのせています。発色はいいと思います。次はオレンジ系を購入したいと思っています。パウダータイプより自然に見えると思います。

9位

キャンメイク グロウフルールチークス03 フェアリーオレンジフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークス03 フェアリーオレンジフルール 6.3g

パウダータイプのチークなのに粉っぽくならず、透明感とつやのある綺麗な仕上がりになり、キュートで生き生きとした印象のメイクが完成します。

ソフトフォーカスパウダー配合で毛穴を目立ちにくくしてくれる上、崩れ防止パウダー配合によってつけたての綺麗な発色を長時間にわたってキープします。

弾けるクリアオレンジでピタッと素肌に密着しておしゃれな印象に仕上げてくれるフェアリーオレンジフルールです。

キャンメイク グロウフルールチークス03 フェアリーオレンジフルール 6.3gの口コミ評判

ポールジョーやジルシチュアート、クリニークなどの百貨店コスメを一通り試して
最後に行きついたのが、このキャンメイクシリーズのチークです。使用感も、ハイブランドのものと遜色がなく、かわいらしいデザインが気に入っていてリピートしている商品です。

オレンジチーク、すごく綺麗です。ピンクより全然きれい。当たり前だけど落としたら割れた(笑)

8位

キャンメイク グロウフルールチークス04 ストロベリーフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークス04 ストロベリーフルール 6.3g

まるでクリームタイプのチークのように、つかった時にふんわりと柔らかなパウダーが素肌に密着してつやと透明感のある仕上がりになります。

みずみずしく華やかな花びらのようなハッピーでかわいい笑顔が生えるメイクが完成します。美容保湿成分としてコラーゲンやヒアルロン酸・エクトインが配合されているので、メイクしながら美肌ケアも出来てしまう優れものです。

ピュアな印象を与えるアイシーなガーリーピンクの頬に仕上がるストロベリーフルールです。

キャンメイク グロウフルールチークス04 ストロベリーフルール 6.3gの口コミ評判

とても自然にチークがのります。濃くつけたい時は指を2本使ってのせてます。混ぜて良し、単体で使って良し、ブラシや指でのせてると自分好みに塗れますのでオススメです!

見た目可愛いだけじゃなく、粉とびが殆どない。3倍くらいするものを使ってましたが、粉とびしてケースやポーチも汚れるし嫌でした。それがこの価格で、発色もいいし頬に馴染んで自然。大満足です。

7位

キャンメイク グロウフルールチークス08 フューシャベリーフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークス08 フューシャベリーフルール 6.3g

肌に付けた感触がパウダーなのに粉っぽくならず、透明感とつやのある仕上がりになります。

保湿成分としてローズマリー葉やローズヒップ油をはじめ様々な植物成分と果実エキスが配合されており、メイクしながら美肌のためのケアも出来てしまいます。

ソフトフォーカスパウダーが配合されているので、毛穴が目立ちにくく透明感のある綺麗な肌に仕上がります。

キャンメイク グロウフルールチークス08 フューシャベリーフルール 6.3gの口コミ評判

とても喜んでくれました。春らしい配色ととても可愛い入れ物。娘も使い良かったら続けようと言ってくれました。何より娘の笑顔に満足です!

いつものナチュラルカラーのチークを華やかにしたい時用に購入。もっと青みがかっているかと思えばそうでもなく綺麗な透明感のあるピンク。小ぶりながら粉含みの良い刷毛が付いてるので塗るというよりトントン押し当てるといい感じ。

6位

キャンメイク グロウフルールチークス01 ピーチフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークス01 ピーチフルール 6.3g

パウダータイプのチークながらふんわりやわらかなパウダーが肌にとろけるように密着し、驚くほどの透明感とつやのある仕上がりになります。

透明感があって毛穴も目立ちにくくなり、綺麗な発色を長時間キープすることができます。色味はほんのりピンクが色づくベージュピンクのピーチフルールです。

キャンメイク グロウフルールチークス01 ピーチフルール 6.3gの口コミ評判

発色は良いと別のレビューで聞いてましたが本当に発色がよい。色味を混ぜながら薄?濃と濃淡を確かめながらやるとかなり仕上がりに拘ってやれると思いますよ。ブラシは小さいながらもホワホワしていてチクチクしませんし気持ちいいくらいです。

発色がとても良くツヤ感もあり仕上がりが凄く良いです。パケも可愛いし、ブラシもチクチクしなくて柔らかい感触なので使いやすいです。他のお色も買おうと思います。

5位

キャンメイク クリームチーク05 スウィートアプリコット 2.3g

キャンメイク クリームチーク05 スウィートアプリコット 2.3g

まるでお肌の内側から上気したように自然な血色が表現できるチークです。柔らかく溶けるようにお肌に馴染んで、きれいな発色が長時間持続します。

手に取るとやわらかなメルティージェルの質感ですが、肌に塗った瞬間にサラサラに仕上がり、綺麗な発色が長時間続くクリームタイプのチークで、ぱっと元気な表情を作れるスウィートアプリコットです。

キャンメイク クリームチーク05 スウィートアプリコット 2.3gの口コミ評判

発色はクリアですがほんのりした色味なので、40代のお肌にも可愛らしすぎることなく馴染みます。ブラシいらずで粉っぽくなく、しかもベトつきもないためとても重宝しています。

全色欲しいくらい使用感が気に入りました05スイートアプリコット購入ですイエローベースの肌に馴染んで自然ですベタつきもありません 持ちもいいです 少量ずつ指で叩いてぼかして使っています

4位

MAC マック ミネラライズ ブラッシュ #DAINTY 3.2g [並行輸入品]

MAC マック ミネラライズ ブラッシュ #DAINTY 3.2g [並行輸入品]

軽い付け心地で重ね付をしても重くならずに自然な仕上がるパウダーチークです。

ラメが入っているのでつけるときらめくパール感の漂うチークですが、肌によくなじみ、重ねて塗ってもムラになりません。

発色がよく、朝メイクしても落ちにくく長時間色味がキープできます。使い易く肌なじみの良い色で、付け方によってメイクの濃淡をつけやすいです。

MAC マック ミネラライズ ブラッシュ #DAINTY 3.2g [並行輸入品]の口コミ評判

パウダーは細かく、さらさらしているので、重ね塗りしてもムラになりません。
朝つけて夜までとれませんでした。少しゴールドが入っているのでしょうか。肌なじみがとてもよく、キレイな発色です。

MACのチークは、発色が良く持ちも良いです。使いやすい色味で、付け方で濃淡の調整ができます。しっかりメイク派の方に向くと思います。

3位

キャンメイク クリームチークCL01 クリアレッドハート 2.3g

キャンメイク クリームチークCL01 クリアレッドハート 2.3g

肌に塗った瞬間にサラサラの質感に変化するクリームジェルタイプのチークです。肌に溶け込んでまるで頬が自然に紅潮したときのようなナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。

指かスポンジにとって頬にポンポンと叩きこみ、優しく伸ばして頬に馴染ませればもちもちの頬が完成します。

クリームチークの上からパウダータイプのチークを塗ればさらに色持ちがアップします。カラーは華やかなクリアレッドハートです。

キャンメイク クリームチークCL01 クリアレッドハート 2.3gの口コミ評判

思っていたよりそんなに真っ赤にはならず、少しピンクっぽさがありますが、とっても可愛くて使いやすいです。この値段でこのクオリティなら、他の色もいっぱい欲しくなっちゃいます!

クリームチークを初めて買いましたが、とても使いやすいです。イガリメイクにもぴったりだと思います。値段以上の商品ですね。とても満足しました☆彡

2位

キャンメイク パウダーチークスPW38 プラムピンク 4g

キャンメイク パウダーチークスPW38 プラムピンク 4g

オイルの効果でうるおってつやのある肌に仕上がる、なめらかなパウダーチークです。見たままのキュートな色がそのまま鮮やかにふんわりとかわいく発色します。

素肌にフィットして粉飛びがしにくく、つけたての綺麗な色が長続きします。ベースメイクの後、付属の筆を使って頬にふんわりと乗せて使用します。

キャンメイク パウダーチークスPW38 プラムピンク 4gの口コミ評判

とても深みがあって良い色です!肌が綺麗に見える気がします。濃すぎるかな?と思いましたが別ブラシでふわっとつけるといい感じになりました^^*コスパも良さそうなのでおすすめです。

見た感じの色は結構濃いめの小豆ですが、肌に乗せるとふんわりとした色になります。落ち着きのあるピンクといった感じです。目の下に乗せると可愛いです。プチプラでパッケージも可愛いので無くなったらリピートするかもしれません。

1位

キャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3g

キャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3g

まるで素肌のようなつややかさのみずみずしい仕上がりになるパウダーチークです。パウダーなのに粉っぽくならず、クリームチークのような透明感と明るいつやのある肌に仕上がります。

崩れ防止パウダーが配合されていて、綺麗な発色を長時間キープできます。色味は使う人を選ばず、だれでも似合って肌なじみの良いじんわり血色コーラルのアプリコットフルールです。

 キャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3gの口コミ評判

02 アプリコットフルール を買いました。コーラル系で肌に馴染みます。パールが入ってるけど下品な感じにならないし、頬からにじみ出る感じに仕上げてくれます。ほかの色もほしいなぁ。

自分でコントロールできるところがポイントですね♪しかもピンク系、オレンジ系どちらもいけるからこれ一つで完結するんじゃないかと!年代問わず使えるアプリコットが1番使いやすいとおもいます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

チークの効果的な使い方

チークを持つ手

チークの入れ方によって顔の印象はずいぶん変わります。でも誰にでも同じ入れ方がよいわけではなく、その人の年齢や肌の色、顔の形などに合わせて最も効果的な使い方をすることが大切です。

それぞれの年代に合った効果的なチークの入れ方

元気で若々しい10代なら鮮やかでフレッシュなカラーを選んでかわいく仕上げて明るい愛され顔を目指しましょう。

笑った時に頬骨の一番高くなったところにふんわりと円を描くように入れると上手にできます。境目が出来ないように薄く重ねるように入れるといい感じに仕上がります。

丸顔の人には目の下にチークを入れると目力がアップして断然かわいくなります。

20代はかわいらしさは残しながらも、大人っぽさもプラスできるようにするのがコツです。目じりから口角をつなぐ線の内側部分が最も濃くなるように入れましょう。

こうすることで自然な血色感がでて爽やかで上品な色気を感じるメイクが出来ます。
そして頬に付けたあとに鼻の下と顎先の部分にほんの少しチークを入れると、小顔で美人顔に見える効果が期待できます。

30代はつやを意識して上品で女性らしい美しさを感じる仕上がりにしましょう。こめかみから頬骨にかけて楕円形にシャープに入れるのがおすすめです。

でも、顔色が悪く見えがちだからと赤みを足しすぎると何となく派手でケバケバしさを感じる印象になるので、頬以外にも眉チーク軽く入れて自然な血色感をプラスするのもおすすめです。

40代になると頬が痩せたり肌にくすみを感じ始めるようになるので、透明感があって若々しい印象に仕上げるのがおすすめです。

血色感や透明感を出せるメイクが求められる年代なので、くすみが気になる肌にはあまり黄味の強すぎるオレンジやベージュ、そして濃い赤やピンクも浮いてしまいやすいので40代以降にはあまりおすすめできません。

頬骨よりも少し高い位置に、頬骨の少し上あたりからこめかみに向かって斜めに入れるとリフトアップ効果が期待できます。

そして目とチークの間にハイライトを入れる事で明るくて華やいだ印象に仕上げる事が出来ます。

こんなチークの入れ方はNG

どんな色のチークでも頬骨よりも下の位置に入れすぎると顔色が悪く見えてしまいやすくなります。

また、ただ真ん丸に入れすぎるのも、かわいい仕上がりと言うよりも幼すぎる印象になったり、さらに濃くしすぎると、いわゆる「おてもやん」のような野暮ったい感じの仕上がりになるので、丸く入れる時にはふんわりとした楕円形を意識していれるようにしましょう。

気になるシミやそばかすが目立たなくなる入れ方

指さす女性

チークの入れ方によってはシミやそばかすなどがかえって目立ってしまう事があります。

濃いシミやそばかすが気になる肌に使用する時には、コンシーラーを使ってシミを消してからチークを入れるというのが一般的ですが、あまり使いすぎると厚塗りに見えてしまう事もあります。

あまり濃いメイクではなくナチュラルメイクに仕上げたいときには、クリームタイプなどを利用して指で丁寧にのばしてつや感のある仕上がりになるようにつけるのがおすすめです。

シミの部分は色を乗せないようにしてシミをぼかすようにしながら入れると上手く目だたなく仕上げることができます

チークの種類で違う付け方のコツ

パウダーチークはブラシにとったら直接つけるのではなく、必ず手の甲などにとって余分な粉を落とし、ブラシに良く含ませてから頬にのせるようにしましょう。

このひと手間をかけることでチークがムラになったり濃くつきすぎたりするのを予防できます。

クリームやリキッドタイプのチークは適当なポイントに広げてしまうと修正が難しいので、まず最初に付ける範囲を意識することが大切です。

ここに乗せたいと思う範囲よりもやや小さめに付け始めると失敗が少なく上手につけやすくなります。

まとめ

人それぞれ顔立ちが違っているように肌質や輪郭ももちろん一人一人違います。そして同じ人でも年齢を重ねてゆけば肌質もフェイスラインも、肌が抱える悩みの種類も変化してくるので、似合う色や悩みの解消のために必要なテクニックも変化するものです。

チークはどんな色を選ぶか、どんな入れ方をするかで顔の印象に与える影響の大きなアイテムだと言われています。

チークの選び方やメイクテクニックなどを身に付ける事で、気になる悩みを目立たなくしたり、自分が理想とするなりたい自分に近づくことができます。

有名なモデルが使っているから、雑誌で見て一目ぼれしたから、チークを選ぶときにそんなきっかけで選んでも、メイクに実際に使って見たらなんだかしっくり肌に馴染んでくれない…こんな経験を持つ人は案外多いかもしれません。

せっかくつけるチークを大切な自分の肌に合わせるのではなく、イメージだけで選んでしまうと何となく浮いて見えたり、せっかくチークを入れているのにくすんだ印象に見えてしまう事さえあります。

チーク選びで一番大切なのは自分の肌や自分のなりたい理想に合っている事です。正しい知識を身に付けて、自分を一番素敵に見せてくれるチークに出会いたいものですね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->