1. グッディ∞
  2. 生活雑貨人気のIH対応土鍋おすすめ比較ランキング

2018/08/08更新

人気のIH対応土鍋おすすめ比較ランキング【2018年】

寒い時期に恋しい鍋料理。最近はオール電化住宅が増えたり、卓上IH調理器が普及しており、土鍋にもIH対応商品がたくさん販売されています。IH対応土鍋があれば、手軽にかつ安全に鍋料理を楽しむことができますよね。そこで今回は、IH対応土鍋の選び方や、おすすめの商品をご紹介します。オシャレな土鍋もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

IH対応土鍋の選び方

土鍋2

IH対応土鍋を選ぶときには、どのような点をチェックすればよいのでしょうか。

大きさで選ぶ

土鍋のサイズは「6号」、「7号」などと表記されています。一般的には6号は1~2人用、7号は2~3人用、8号は3~4人用、とされていますが、そのサイズはメーカーによって若干の差がありますので注意が必要です。土鍋の大きさを選ぶときには、容量もチェックしておくことをおすすめします。

また、土鍋でさまざまな料理を楽しみたい場合は、やや大きめを選ぶと良いと言われています。例えば、3人で使用するのであれば、7号よりも8号がおすすめです。男性ばかりで使用するのであれば、1号大きめでも良いかもしれません。ただし、先ほども説明した通り、メーカーによってサイズに差があります。また、大きくなるほど、煮る時間も長くなりますので、大きすぎるものは避けた方が良いでしょう。

ちなみに、100円均一で販売されている土鍋は6号サイズのものが多いようです。サイズ選びに迷ったら、6号サイズを試してみても良いですね。

発熱体の形式で選ぶ

IH対応土鍋には、鍋底に発熱用の着脱式金属プレートを置いて使用するタイプのものと、鍋底内面に発熱体が取り付けられているタイプのものがあります。

発熱用金属プレートを使用するタイプ

発熱用の金属プレートは着脱式なので、外しておけば土鍋を直火にも使用することができます。鍋底内面に発熱体が取り付けられているタイプのものと比べると安価な商品が多く、比較的購入しやすいかもしれません。

しかし、鍋底に発熱体が直接触れるため、土鍋が高温になりすぎて、IH調理器を痛めてしまう恐れがあるという弱点があります。金属プレートを使用する際は、高温状態をキープしすぎないよう注意が必要です。

鍋底内面に発熱体が取り付けられているタイプ

こちらのタイプは、ガラス質の釉薬に守られた多層構造の発熱体が土鍋本体に直接取り付けられており、そのまま直火でも使用することができます。

土鍋は基本的に蓄熱性が高いため、高温状態が長時間続きます。それが土鍋のメリットなのですが、IH調理器にはダメージを与える原因となる可能性があります。こういった状態を防ぐための工夫がされている商品も多く販売されていますので、発熱体についてはお店のスタッフやメーカーに聞いたり、ホームページで調べてみると良いですね。

加工方法はメーカーや商品によりさまざまですが、発熱体と土鍋が一体になっているため、お手入れが非常に簡単であることが最大のメリットです。

材質で選ぶ

土鍋の材質は大きく分けて3種類あり、それぞれに特徴があります。

萬古焼き

土鍋の全国シェアの80%以上を占めると言われている三重県四日市市で多く生産されています。土が細かいので、表面がツルツルで陶磁器のような質感です。水が浸入しにくく、耐熱性に優れています。ニオイや汚れがつきにくいのが特徴で、カレー鍋やキムチ鍋などでも安心して楽しむことができますよ。

比較的安価な商品もありますが、中には中国産や東南アジア産の萬古焼きというものもあります。こういった商品は、ペタライト(耐熱原料)が配合されていないことも多く、数回使用しただけで壊れてしまう場合があります。萬古焼きの土鍋を選ぶ際には、産地にも注意してくださいね。

伊賀焼

土鍋を最初に生産したと言われている伊賀焼。熱に強く、蓄熱性や遠赤外線効果が特に優れています。土鍋らしいゴツゴツとした手触りと風情があり、デザイン的にもかなり魅力があります。

しかし、土が荒いため、ニオイや汚れが染み込みやすいという弱点があります。また、萬古焼きやセラミック製のものと比べて水に弱いため、外側の底が少しでも濡れた状態で火にかけると、一瞬にして割れてしまうことがあります。

セラミック

上記の2種類と比べて土が微細なため、ニオイや汚れ移りがほとんどありません。そのため、キムチ鍋をした後にサッと洗って水炊き、なんていう楽しみ方もできるんですよ。

土鍋を購入した際に最初に行う「目止め」という作業が必要なく、手軽に使えるのもポイントです。デザインが豊富で、IH対応のものが非常に多いのも嬉しいですね。

商品の価格帯は比較的高めになりますが、土鍋をヘビーユーズしたい方にはセラミック製がおすすめです。

その他のチェックポイント

土鍋には、浅めのものと深めのものがあります。深めの土鍋の方が吹きこぼれにくく、鍋料理や煮物、炊飯などさまざまな料理に使用できます。浅型のものは、空焚き可能なものが多く、焼き物や蒸し物に向いているとされています。同じ「土鍋」でも用途が違いますので、ご自分の用途に合った土鍋を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

IH対応土鍋人気おすすめ商品TOP10

ここでは、IH対応土鍋の人気商品を、ランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

萬古焼 銀峯 IH対応 土鍋 9号 4-5人用 花三島 26091

萬古焼 銀峯 IH対応 土鍋 9号 4-5人用 花三島 26091

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥4,700

伝統工芸品に指定されている三重県の「萬古焼き」の土鍋は、最良品質のペタライト(耐熱原料)を使用しており、特に耐熱性に優れていることで有名です。そんな萬古焼きの中でも土鍋のトップブランドと言われる「銀峯花三島」の9号サイズです。4~5人用サイズで200V(高出力3kw)のIHにも対応。

IH使用時はステンレスプレートを入れて使用するタイプで、プレートを外せば直火やオーブン、電子レンジでも使うことができますよ。

萬古焼 銀峯 IH対応 土鍋 9号 4-5人用 花三島 26091の口コミ評判

IHの食卓で 寒い日は 悩みなく お鍋です。
食卓が さらに さらに 楽しいです。
老人所帯には 欠かせません

4人家族です。
お鍋にちょうどいいサイズです。
4合のお米も炊いています。とても美味しいです。

9位

ブラック&ホワイト ニューIH対応マルチ土鍋 9号 3.2L (4~5人用)

ブラック&ホワイト ニューIH対応マルチ土鍋 9号 3.2L (4~5人用)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥4,580

ブラック&ホワイトのツートンカラーがオシャレなIH対応土鍋。鍋料理だけでなく、シチューやスープご飯と言った洋風料理にもピッタリなデザインです。ふきこぼれにくい高い縁と、具がたっぷり入る深型形状が魅力ですよ。

4~5人用の9号サイズですが、従来のものより少し大きめの容量。鍋の底に発熱体を焼きつけてあるタイプで、直火でも使用することができます。IH200V対応の電磁調理器では中火(1.5kw)以下で使用してくださいね。

ブラック&ホワイト ニューIH対応マルチ土鍋 9号 3.2L (4~5人用)の口コミ評判

鍋も深くこれくらいが丁度いいと、お義母さんからも好評でした。
少し重たいですけど、IHで使えるのが最高です。
見た目もシンプルで購入して良かったですよ!!

冬の間中ずっと使っていました!
表面がツルッとしているので、洗いやすくとても良かったです。

8位

キントー KAKOMI IH鍋 2.5L BK 25193

キントー KAKOMI IH鍋 2.5L BK 25193

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥11,227

真っ黒でスタイリッシュなデザインが魅力的な土鍋。吸水率が極めて低い素材を使用しているので料理の匂いが鍋に移りにくく、お手入れも簡単です。カビなどの心配も必要ありません。

容量は2.5L。8号と9号の間ほどのサイズで、底面に発熱体が焼きつけてあります。たくさん具材を入れてもきちんと閉まるフタの高さも魅力ですね。ヘルシーな蒸し料理にも使用できるすのこがセットになっているので、毎日でも使いたくなる土鍋ですよ。

キントー KAKOMI IH鍋 2.5L BK 25193の口コミ評判

数ある土鍋を探して試して・・・ようやくスタイリッシュな土鍋に出会えました。
蓋が深くて、野菜をこんもりのせてもしっかり蓋がしまります。

IHで、使える土鍋をずっと探してました。これは、使いやすく、見た目もスタイリッシュでとっても気に入ってます。

7位

キントー KAKOMI IH鍋 2.5L WH 25192

キントー KAKOMI IH鍋 2.5L WH 25192

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥11,227

洋風やエスニックなど様々な鍋料理が映えそうな真っ白な土鍋です。吸水率が低い素材でできており、料理の匂いが鍋に移りにくく、カビなどの心配も必要ありません。しっかり閉まる深さのあるフタも非常に使いやすいですよ。蒸し料理に使えるすのこがセットになっています。

容量は2.5L。底面に焼き付けてある発熱体は、多層構造になっています。IH調理器と土鍋の摩擦で起こるダメージを軽減しながら、加熱ムラを減らし、異常過熱を防いでくれますよ。

キントー KAKOMI IH鍋 2.5L WH 25192の口コミ評判

蓋に深みがあるので、鍋の具材をモリモリ入れて蓋が出来ます。

プレゼントになりましたが、本人希望もあってか
大変喜ばれました。

6位

MIYAWO(ミヤオ) サーマテック IH土鍋 ブラック 10号 ME107

MIYAWO(ミヤオ) サーマテック IH土鍋 ブラック 10号 ME107

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥6,962

耐久性や耐熱性に優れた土鍋です。吸水率が低いのでカビや匂いがつきにくく、ひび割れも発生しにくいんですよ。土鍋底面に焼き付けられた多層構造の発熱体が、土鍋にしっかりと熱を伝え、食材を中心から温めてふっくらと仕上げてくれます。

5人家族にピッタリの10号サイズ。IH調理器(100V・200V)はもちろん、ガスコンロやハロゲンヒーターなどさまざまな熱源に体押していますよ。食品衛生法など各種安全基準をクリアした安心の日本製です。

MIYAWO(ミヤオ) サーマテック IH土鍋 ブラック 10号 ME107の口コミ評判

この土鍋は軽いし、取っ手は素手で掴めるし、蓋は持ちやすいし、大満足の商品でした。
心配していた熱伝導ですが、ビルトインIHも、卓上IH1.4kwも問題なく使えました。
この冬から大活躍してくれそうです。

5人家族ではちょうどいい大きさです。いい品です。購入時期にちょうど中国製の鍋で毒素が出て中毒起こしたニュースが出ていたのでなおさら国産でとこだわったのですが、やはり日本製は良いですね。

5位

BLACK ニューIH対応土鍋 8号 ブラック 3-4人用

BLACK ニューIH対応土鍋 8号 ブラック 3-4人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,948

土鍋らしい陶器の風合いを残しつつ、オシャレ感も合わせ持った、シンプルな黒の土鍋。中に入れた食材や料理の色が映え、汚れが目立ちにくいことも嬉しいポイントです。お粥や豆乳鍋など、淡い色のお料理のときは特に食欲をそそりますよ。

3~4人向けの8号サイズです。IH調理器(100V・200V)と直火の両方に対応しているので、さまざまなシーンで活躍してくれますよ。200VのIH調理器では中火以下で使用してくださいね。

BLACK ニューIH対応土鍋 8号 ブラック 3-4人用の口コミ評判

IHに対応出来る黒の土鍋を探していましたところ大変手頃なお値段で、しかも大きさが三人家族にちょうど良いものが見つかりました。お鍋の美味しい季節ですから、使いやすく大活躍しています。

見た目も良く、使い勝手も最高。
長く使いたい商品です。
値段以上の価値はあります。

4位

萬古焼 銀峯 IH対応 土鍋 8号 2-3人用 花三島 26081

萬古焼 銀峯 IH対応 土鍋 8号 2-3人用 花三島 26081

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥3,700

土鍋のトップブランドと言われる「銀峯花三島」。ひとつひとつの土鍋を、手作業で丁寧に研磨して仕上げてあり、安心の品質です。土鍋ならではの風合いと品質で、定番ながらも、それが一番だと改めて感じさせてくれる一品ですよ。

2~3人用の8号サイズで、容量は約2200cc。最良品質の耐熱原料を使用しており、200V(高出力3kw)のIHにも対応。IH使用時はステンレスプレートを敷いて、直火ではプレートなしで使用するタイプです。

萬古焼 銀峯 IH対応 土鍋 8号 2-3人用 花三島 26081の口コミ評判

卓上での調理、保温が出来て重宝しています。内部にプレートを装着するタイプですが、IHでもガス火でも使用可能です。
大きさも、大人2人での使用で丁度良かったです。仕上げも良く、大変満足しています。

IH対応って意外と少ないんですけども、こういう定番の鍋のIH版があるというのは非常に安心です。
実際に使用してみても、特に問題なく鍋のあたたかみを感じながら食べることができます。
オススメの一品です。

3位

BLACK ニューIH対応土鍋 7号 ブラック 2-3人用

BLACK ニューIH対応土鍋 7号 ブラック 2-3人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,584

土鍋らしい風合いと、モダンな黒がオシャレな土鍋。家庭的な温かみのある柄のものが多い中、スタイリッシュな土鍋は、そのまま食卓に出してもオシャレです。テーブルコーディネートにこだわりたい方にもピッタリですね。

2~3人用の7号サイズで、容量は約1400cc。容量がたっぷり欲しい方の1人用としても人気ですよ。直火でも使用でき、IH電磁調理器(100V・200V)に対応していますが、200VのIH調理器では中火以下で使用してくださいね。

BLACK ニューIH対応土鍋 7号 ブラック 2-3人用の口コミ評判

IH対応のひとり用の土鍋を探してました。大きさも丁度良く お手入れも簡単で
重宝してます。

意外と大人2人でも十分です。小さくとも保温は流石の土鍋さん。おもうような調理ができて重宝しています。あともう一品とか寒い日は湯豆腐・・・がとにかくサッとできるし、そのまま食卓に出せるのでGOOD!

2位

NATURAL ニューIH対応土鍋 8号 ホワイト 3-4人用

NATURAL ニューIH対応土鍋 8号 ホワイト 3-4人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥2,969

中の料理が良く映える真っ白な土鍋は、発熱体が鍋底に埋め込まれたタイプです。プレートを入れる必要がないのでお手入れがラク。食材を取るときにも邪魔になりません。直火にも使用でき、オシャレと実用性を兼ね備えたスグレモノです。

3~4人用の8号サイズで、容量は約2100cc。200V、100VのIH調理器に対応していますが、200V使用時は中火以下で使用してくださいね。口コミによると、水濡れで使用すると割れることもあるようですので注意が必要です。

NATURAL ニューIH対応土鍋 8号 ホワイト 3-4人用の口コミ評判

色もデザインも良いです。IHで使えてとても便利です。冬の食卓には欠かせない一品です。3人家族ですが、サイズもちょうど良いです。

念願の電熱板が、土鍋底に焼成時点で入ってるIH対応土鍋。
見た目が普通の土鍋と変わらないだけでなく、直火もOKというハイブリッドタイプ!
シンプルなデザインと頑丈なつくりに、大満足です。

1位

NATURAL ニュー IH対応 土鍋 6号 (約 20cm ) ホワイト 1-2人用

NATURAL ニュー IH対応 土鍋 6号 (約 20cm ) ホワイト 1-2人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥1,950

シンプルなデザインが魅力的なIH対応土鍋です。鍋底に発熱体が焼き付けてあり、普通の土鍋と同じように使用できますよ。100V、200VのIH調理器に対応していますが、200V使用時は中火以下で使用する必要があります。

1~2人用の6号サイズで、容量は約1000cc。プレートが必要ない分お手入れが簡単なので、毎日でも鍋料理が楽しめますね。鍋焼きうどんや雑炊にも大活躍してくれますよ。冬の一人暮らしには欲しい一品です。

NATURAL ニュー IH対応 土鍋 6号 (約 20cm ) ホワイト 1-2人用の口コミ評判

一人暮らしには最適!!毎日あったかい汁ものは寒い季節必須!汚れも落ちやすくて洗うのも楽です。IH対応は値段が高くずーっと考えていましたがその点でもこちらは◎です。

IH対応の土鍋、熱伝導効率も良く深さもあり
気軽に鍋物ができます。
おもに鍋焼きうどんに使用してます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

IH対応土鍋の効果的な使い方

お粥

土鍋を買ったら、まず「目止め」という作業を行います。目止めとは、新しい土鍋でお粥を炊くことで、お粥のでんぷん質で土鍋の小さな穴などを埋めていく作業です。このひと手間をかけなければ、水漏れしたり、最悪割れてしまうことがありますので、ぜひ行ってください。

また、土鍋は急激な温度変化に弱い鍋です。鍋の外側が濡れたまま火にかけたり、最初から強火で熱すると、割れてしまうことがあります。熱くなった土鍋を急激に冷やすことも、ひび割れや割れる原因に繋がりますので避けてくださいね。

まとめ

寒い時期は特に大活躍してくれる土鍋。さまざまな料理を楽しめる土鍋は、忙しい主婦や一人暮らしの方の強い味方です。お気に入りの土鍋を見つけて、たくさん使ってくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.