1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーメイクコスメアイメイク人気アイライナーおすすめ比較ランキング!最強なのは?

2018/04/11更新

人気アイライナーおすすめ比較ランキング!最強なのは?【2019年】

女性の目元

目を大きく見せたり、目の形を変えて見せたりしてくれる「アイライナー」。顔の中でも重要なパーツである目の印象をアップさせるので、顔全体の雰囲気も大きく変わります。

「きれいにラインを引くのが難しそう」、「どれを選べばよいかわからない」などの理由で今までアイライナーを避けていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本ページでは、アイライナーの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

アイライナーの選び方

スマホを操作する女性

まずはアイライナーの選び方についてご説明いたします。アイライナーは「形状」、「色」、「落ちにくさ」などで選ぶことができるので、順番にみていきましょう。

形状で選ぶ

アイライナーにはさまざまな形状のものがあります。それぞれ塗りやすさや仕上がりなどが異なるので、特徴をみながら自分に合ったものを選んでくださいね。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは手がぶれても失敗しにくく、少しずつ描き足していけるので初心者におすすめの形状です。ぼかしやすく、なじませやすいのでナチュラルで優しい目元に仕上げることができますよ。

ただ、他の形状と比べてラインを引く際に力を入れてしまいがちなので注意してください。強い摩擦は肌によくありません。

ペンシルタイプには鉛筆のように自分で芯を削って使うタイプと、削る必要のない繰り出しタイプがあります。

鉛筆タイプ

鉛筆タイプは芯を削る必要があり手間がかかるというデメリットがありますが、初心者でも扱いやすくおすすめです。

繰り出しタイプ

繰り出しタイプは自分で芯を削る必要がないので手間がかかりません。また、芯の太さが一定なので、好みの太さの商品を選べば毎日同じ太さのアイラインを引くことができますよ。

リキッドタイプ

リキッドタイプは液体のアイライナーで、油性ペンや筆ペンのようなイメージです。

ペンシルタイプと比べて力を入れずにラインを引くことができるので、人によってはリキッドタイプのほうが使いやすいかもしれません。

同じリキッドタイプでも「フェルトタイプ」と「筆タイプ」の2種類あるので順番にみていきましょう。

フェルトタイプ

フェルトタイプは油性ペンや水性ペンのような見た目をしています。芯が硬めなのでラインを引く際にぶれにくく、同じ太さのラインを引くことができます。

筆タイプ

筆タイプは筆ペンのような見た目をしています。芯が毛でできているので柔らかく、なめらかにアイラインを引くことができます。

また、毛先が細く、細いラインも引きやすいので初心者にもおすすめです。

ジェルタイプ

ジェルタイプはペンシルタイプとリキッドタイプの中間的な特徴を持っています。容器に入ったジェルを筆に付けて使うタイプと、ジェルをペンシル状にしたタイプがあります。

ジェルタイプのアイライナーはにじみにくくメイク持ちがよいという特徴があります。

パウダータイプ

パウダータイプのアイライナーは粉状になっていて、柔らかく自然なラインを引くことができます。濃さの調節もしやすいので、アイラインが濃くなりすぎて困っている方は試してみてはいかがでしょうか。

クリームタイプ

クリームタイプのアイライナーは「伸びがよい」、「にじみにくい」、「メイク持ちがよい」というメリットがあります。

他の形状とはひと味違う質感でアイラインを引くことができるのでぜひお試しください。

色で選ぶ

色鉛筆

何色のアイライナーを選ぶかというのも大切なポイントですよね。アイライナーの色は「ブラック系」と「ブラウン系」がメジャーですのでそれぞれについてみていきましょう。

ブラック系

ブラック系は目元がくっきりとしてシャープな印象になります。瞳の色が黒に近い方、クールビューティーな雰囲気を出したい方におすすめです。

ブラウン系

ブラウン系はブラック系と比べてナチュラルで優しい印象に仕上げることができます。失敗しても比較的目立ちにくく、初心者の方でも安心です。

ナチュラルメイクで自然に目力をアップさせたい方、瞳の色が茶色い方におすすめです。

同じブラウン系でも濃さなど色味に違いがありますので、いろいろと試してみてくださいね。

水分などで落ちにくいものを選ぶ

汗や涙、雨など、気をつけていても目元が濡れてしまう場面はありますよね。アイライナーは水分や油分によって落ちやすいので注意が必要です。

そのため、なるべく落ちにくい「ウォータープルーフ」のアイライナーを選ぶとよいでしょう。

また、ペンシルタイプと比べてリキッドタイプやジェルタイプのアイライナーのほうが落ちにくいので、アイラインの落ちやすさが気になる方は参考にしてください。

お湯で落ちるかどうかで選ぶ

アイライナーの中には「お湯で落ちる」タイプがあります。クレンジングで落とさなくてもよいので、肌への負担を抑えることができます。

お湯で落ちると聞くと、日中にじみやすかったり落ちやすかったりするのではないかと思うかもしれません。しかし、お湯で落ちるタイプでありながら耐久性に優れた商品もあるのでご安心ください。

スポンサーリンク

アイライナー人気おすすめ商品TOP10

次にネット通販で購入できる人気のアイライナーを、ランキング形式でご紹介いたします。形状や色、口コミなどを参考にしつつ、自分に合ったアイライナーを探してみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ラブ・ライナーリキッド ダークブラウン

ラブ・ライナーリキッド ダークブラウン

「ラブ・ライナーリキッド ダークブラウン」はリキッドタイプのアイライナーです。発色が良いので、ファンデーションやアイシャドウの上からアイラインを引いても埋もれることがありません。

保湿成分であるヒアルロン酸、プラセンタエキス、コラーゲン、ケラチンを配合しているので、目元にうるおいを与えてくれます。

色はダークブラウンなので、「ブラックよりもナチュラルに、ブラウンよりもくっきりと」目元を見せたい方におすすめです。

【形状】リキッドタイプ
【色】ダークブラウン

ラブ・ライナーリキッド ダークブラウンの口コミ評判

ダークブラウンを購入。
私は上手にアイラインを引くことが出来ないのですが、こちらの商品ではとても綺麗に引くことが出来ました。また、理想の色だったので良かったです。

最近メイクが濃すぎるかな、落ち着きたいなと思ってダークブラウンを購入しました。
アイラインの色を変えただけでグッと今時の目もとになりました。雰囲気が変わります。
どんな色のアイシャドーにも合う色味で使いやすいです。

9位

ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナー ジェルペンシルM

ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナー ジェルペンシルM

「ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナー ジェルペンシルM」はジェルタイプのアイライナーです。人気ブロガーの桃さんがプロデュースした商品だそうで、アイライナーとしては珍しいピンクブラウン色です。

先端が繰り出し式のペンシル状になっていて、芯が柔らかいのでスムーズに濃厚なラインを引くことができます。芯が柔らかい分、出しすぎると折れることがあるので注意してくださいね。

5種類の美容成分を配合し、「染料フリー・タール系色素フリー・鉱物油フリー」なので目元に優しい作りになっています。

【形状】ジェルタイプ
【色】ピンクブラウン
【その他】ウォータープルーフ

ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナー ジェルペンシルMの口コミ評判

持ちも良く、ピンクブラウンの色合いがニュアンスがあり優しい雰囲気になる、かつ敏感肌ですが痒くなったりかぶれたりしたことがない点も◎。
黒はキツすぎる、茶色では平凡過ぎる、という方におすすめ。ピンクブラウンといっても甘々ではないので使いやすいと思います。

こちらの商品、全く落ちない!滲まない!
その上、”描きました感”がピンクブラウンなのでありません。ですが、薄いブラウンでもないのでしっかり目のフレームをつくってくれます。

8位

フローフシ モテライナー リキッド ブラック

フローフシ モテライナー リキッド ブラック

「フローフシ モテライナー リキッド ブラック」はリキッドタイプのアイライナーです。選ばれし6人の筆職人による伝統の技によって、とても描きやすい筆先になっています。さらに、人間工学に基づいて、手になじんで持ちやすい「八角形アルミボトル」を採用しているので、初心者の方でも扱いやすい商品です。

独自の美容成分「エンドミネラル」を配合し、目元を優しくケアしてくれます。また、色素沈着しない顔料のみを使っており、毎日使っても肌に優しい設計になっています。

ぬるま湯で簡単にオフできてゴシゴシこする必要がないのも、デリケートな目元の肌にとってはうれしいポイントですよね。

本商品は定番カラーであるブラックなので、つややかでくっきりと引き立つ目元を演出したい方におすすめです。

【形状】リキッドタイプ
【色】ブラック
【その他】お湯オフ

フローフシ モテライナー リキッド ブラックの口コミ評判

とにかくにじみません。
はっきり線が描けて、消えにくい。お風呂に入るとすぐ取ることが出来る。
今まで使ったものの中で最高です!

リニューアルして、色味がとっても良くなりました。発色が素晴らしいです。速乾で、まったく滲みません。
しかも夕方まで全く落ちないのでかなり優秀!
細いラインも、まつげの間をうめるのも、ハネアゲも自由自在。本当におすすめです。

7位

フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック

フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック

「フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック」はリキッドタイプのアイライナーです。「美しいラインが、思いのままに描ける」、「描いたラインが、いつまでも続く」というアイライナーの本質を追求しています。

熊野の職人が選び抜いた4種類の毛を奈良の筆職人が手もみによって混合比率を整えており、「思いのままに描ける」筆先を実現しています。

また、建築の床用ワックスやビルの外壁用塗料を研究している匠が本商品の開発に関わっており、耐水性が飛躍的に向上しています。その高い耐水性によって「描いたラインが、いつまでも続く」が実現します。

本商品の色はブラウンブラックとなっていますが、カーキがプラスされています。「ブラウンは物足りないけどブラックは強すぎる!」という方におすすめの色です。

【形状】リキッドタイプ
【色】ブラウンブラック
【その他】お湯オフ

フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラックの口コミ評判

うす茶でもなく黒でもなく、絶妙な色で好きです。
薄茶だと物足りない、黒ライナーだとキツくなってしまうのですが、こちらの色ははっきりなのに優しい感じのラインに出来ます。
筆も描きやすく失敗は少ないのではと思います。

毛先が細くかつしっかりしていて、とても書きやすかったです!とても綺麗なラインが書けます♪今までは昼寝した後はラインが滲んでいたのですが、これは確かに滲みません。

6位

ニューボーン WアイライナーEX 02 ダークブラウン (ウォータープルーフ)

ニューボーン WアイライナーEX 02 ダークブラウン (ウォータープルーフ)

「ニューボーン WアイライナーEX 02 ダークブラウン」は、ペンシルとリキッド両方の機能が付いたアイライナーです。まるでマーカーのように、アイライナーの両端に2種類のペン先が付いています。

リキッド部分はコシがあり、ぶれにくい極細筆なので細いラインや目尻におすすめです。一方ペンシル部分は濃厚発色の柔らかい2mm芯なので、まつ毛の生え際を埋めたり、下まぶたのラインを引いたりするのに向いています。

保湿成分であるヒアルロン酸とコラーゲンを配合しているので、目元のうるおいを保ってくれますよ。また、ウォータープルーフアイライナーなので汗や皮脂、水に強く、ラインをしっかりキープしてくれます。

【形状】ペンシル&リキッドタイプ
【色】ダークブラウン
【その他】ウォータープルーフ

ニューボーン WアイライナーEX 02 ダークブラウン (ウォータープルーフ)の口コミ評判

アイライナーを使うときは「目のラインはペンシルで引き、目尻やペンシルで埋めれなかった部分はリキッドで引く」とよく言われていますが、2本使いだとお金もかかるし、何より面倒くさい!
そんなずぼら人間にピッタリの商品です。

描きやすいし、本当に落ちにくいです。私は奥二重ですぐ滲んで困っていたのですが、これは滲まないです。ペンシルの方も滲みませんでした。

5位

LB スマッジジェルアイライナー ジェットブラック

LB スマッジジェルアイライナー ジェットブラック

「LB スマッジジェルアイライナー ジェットブラック」はジェルタイプのアイライナーです。

スマッジは英語で “smudge” と書きますが、「(インクが)にじむ」という意味を持っています。「にじんだらダメじゃん!」と思うかもしれませんが、ここではそういったマイナスイメージではなく、「ぼかす」という意味で使われています。

芯が柔らかくてよく伸びるのでぼかしやすく、ふんわりとした印象の目元を作ることができます。また、ウォータープルーフ&スマッジプルーフなので美しいラインを長時間しっかりキープしてくれます。

壊れたガラスのような多角形のラメを採用しており、角度によって輝きが変化するので華やかさがアップできますよ。

【形状】ジェルタイプ
【色】ジェットブラック
【その他】ウォータープルーフ、スマッジプルーフ

LB スマッジジェルアイライナー ジェットブラックの口コミ評判

アイライナー自体、普段のメイクで滅多に使わないのですが、この商品はラインを描いた後ぼかす使い方をするようです。
どうしても目元の印象が強くなりがちなアイライナーですが、滲ませる・ぼかすように使うとグラデーションが出来て、柔らかで自然な仕上がりに出来ます。

柔らかく描きやすいですが、折れにくく綺麗に描けます。
とても細くナチュラルに描けるのでマスカラやアイシャドウを塗らない普段使いにも便利で、細いアイラインを引くだけで表情豊かになり鏡を見るのが億劫になりません。

4位

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラウン(リキッドアイライナー) ウォータープルーフ

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラウン(リキッドアイライナー) ウォータープルーフ

「アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラウン」はリキッドタイプのアイライナーです。0.1mmの極細筆なので細いラインが引きやすく、コシがあるので太いラインもバッチリです。

天然色素(カーボンブラック)を採用しているので、インサイドライン(まつ毛より内側の粘膜部分にアイラインを入れること)に使うことができます。

また、速乾性で重ね塗りがしやすいので、出かける直前や外出先で使っても安心です。

一般的な洗顔料で簡単に洗い流すことができ、色も残らないので目に負担をかけません。また、保湿成分であるばらエキスとヒアルロン酸を配合しているので、目元の乾燥を防ぎうるおいを与えてくれますよ。

本商品の色はナチュラルブラウンなので、主張しすぎない優しい目元を演出することができます。

【形状】リキッドタイプ/0.1mm極細筆
【色】ブラウン
【その他】ウォータープルーフ

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラウン(リキッドアイライナー) ウォータープルーフの口コミ評判

目にしみることもなく、にじまず、落ちにくい。
クレンジングできちんと綺麗にオフできます。
筆先も細いですがコシがあります。
ナチュラルブラウンの色味が濃すぎず薄すぎず、目元をはっきりさせつつ、アイシャドウと馴染んでナチュラル感有り。

もう何度もリピしています。他の商品を使っても結局はこれに戻ってきます。奥二重ですがナチュラルメイクの時でもアイラインを細く入れるだけで目元の印象が違います。濃いメイクの時にも思い通りに描けるのが嬉しいです。

3位

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナー スーパーキープ02 ビターブラウン 0.4ml (お湯落ちタイプ)

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナー スーパーキープ02 ビターブラウン 0.4ml (お湯落ちタイプ)

「ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナー スーパーキープ02 ビターブラウン」はリキッドタイプのアイライナーです。0.1mmの極細筆なので細いラインも楽に引くことができます。

お湯で落とせるタイプなので、クレンジング剤を使わず肌への負担を抑えながらオフできますよ。さらに4種類の美容成分「ヒアルロン酸、コラーゲン、野バラエキス、パンテノール」を配合しているので、肌に優しい作りになっています。

また、お湯で落とせるタイプでありながら、涙などでにじんだり落ちたりしにくいウォータープルーフアイライナーであるというのもポイントです。

本商品の色はビターブラウンとなっており、一般的なブラウンよりは濃いです。そのため、「普通のブラウンでは少し物足りないけどブラックよりはナチュラルにしたい!」という方におすすめです。

【形状】リキッドタイプ/0.1mm極細筆
【色】ビターブラウン
【その他】ウォータープルーフ、お湯オフ

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナー スーパーキープ02 ビターブラウン 0.4ml (お湯落ちタイプ)の口コミ評判

普段からあまり滲みにくいと思っていましたが、この度長男の卒園式で感動してかなり号泣しましたが、滲むことは全くありませんでした。
黒い涙を流すことがなく、とても助かりました。

最近友人の結婚式に出席し、感動して号泣してしまいました。
慌てて御手洗に化粧直しに行ったら全くアイラインが崩れてなく、びっくりしました。
泣いた際にハンカチで涙を拭うだけでなく、目を擦ったりしたのに朝メークした時のままのラインで滲んでもいませんでした。

2位

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラック(リキッドアイライナー) ウォータープルーフ

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラック(リキッドアイライナー) ウォータープルーフ

「アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラック」はリキッドタイプのアイライナーです。0.1mmの極細な先端とコシのある筆先によって思い通りのアイラインを引くことができます。細いラインだけでなく、太いラインも得意ですよ。

独自処方の高分子ポリマーを配合したウォータープルーフアイライナーなので、涙や汗でにじまずにつややかなアイラインを1日中キープしてくれます。

本商品の色は鮮やかなつやが魅力的なピュアブラックなので、クールビューティーな目元を演出したい方におすすめです。

【形状】リキッドタイプ/0.1mm極細筆
【色】ブラック
【その他】ウォータープルーフ

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラック(リキッドアイライナー) ウォータープルーフの口コミ評判

リキッドアイライナーは難しいイメージがあって今まであまり使っていませんでしたが、クチコミが良かったのでこちらを購入。
不器用な私でも細いラインがキレイにひけて感動!!
目元が引き締まって良い感じです。

アイラインはいつもこれです。もう何本使ったか数え切れないくらいリピートしています。
筆が細くコシがあるので、まつ毛の隙間を綺麗に埋められます。
そしてとにかく落ちない!流石に擦ったりすると消えてしまいますが、泣いたり汗をかいたりしても朝から夜まで黒々とラインが残っています。

1位

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック 0.4ml (お湯落ちタイプ)

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック 0.4ml (お湯落ちタイプ)

「ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック」はリキッドタイプのアイライナーです。先端が0.1mmの極細筆になっているので細いラインを引きやすく、目尻の跳ね上げも得意です。細いラインが引きやすいので二重や奥二重の方に向いているかもしれませんね。

本商品は汗、水、皮脂に強いウォータープルーフアイライナーなので、涙を流してもアイラインが落ちにくいと評判です。にじみやはがれに強く、きれいなアイラインを長時間キープしてくれますよ。それでいてお湯で落とせるのですから驚きですよね。

色は漆黒ブラックなので、くっきりしたシャープな目元を作りたい方におすすめのアイライナーです。

【形状】リキッドタイプ/0.1mm極細筆
【色】漆黒ブラック
【その他】ウォータープルーフ、お湯オフ

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック 0.4ml (お湯落ちタイプ)の口コミ評判

使って見たらまず筆が滑らかで細くも太くも描けていろいろと使い分けが出来て良かったです。今まで通り仮眠して起きてビックリ!!
にじんでない!!下まつげ付近が黒くなってない。もう感動です。

日中落ちないけれどお湯でオフできるアイライナーを求めてベルサイユや1dayタトゥー、ラブライナーなど色々使ってきましたが、こちらが一番落ちにくかったです。
ペン先も細くてしなやかなのでかすれずに描きやすく、メイク落としで簡単に落ちるので重宝しています。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

アイライナーの効果的な使い方

メイクする女性

最後に、アイライナーの効果的な使い方をご紹介いたします。基本的なアイラインの引き方に加え、目のタイプ別にコツをご説明いたしますので参考にしてくださいね。

基本的なアイラインの引き方

まずは基本的なアイラインの引き方を順番にみていきましょう。コツは「まつ毛の隙間を埋めるように少しずつ引く」ことです。

まぶたを上に引っ張り、少しずつラインを引く

アイラインを引く場所は、まつ毛の生え際から上へ3mm程度の範囲です。そのままではラインを引きにくいので、アイライナーを持っていないほうの手でまぶたを上に引っ張りましょう。

まぶたを上に引っ張ったら、少しずつラインを引いていきます。このとき、ラインを一気に引いてしまうと不自然な印象になってしまうので気をつけてくださいね。

また、まぶたの上のほうまでラインを引くのもよくありません。パンダ目の原因となるなど、不自然な仕上がりになるので注意しましょう。

はみ出た部分や濃すぎる部分は綿棒で落とす

失敗してもあせらず、はみ出た部分や濃すぎる部分は綿棒で優しく拭き取るように落としていってください。

目尻の先端はやや上向きに跳ね上げる

ある程度アイラインが引けたら、目尻の先端に向かって上向きに跳ね上げていきます。跳ね上げすぎるときつい印象になるのでほどよく跳ね上げてくださいね。

ただし、タレ目のようなラインを引きたい場合は、目尻の先端を跳ね上げるのではなく、下向きにラインを引きましょう。

綿棒を使ってアイラインを定着させる

最後はアイラインに沿って綿棒でなぞり、アイラインを定着させましょう。アイラインが落ちたりにじんだりしないようにするためにも大切な作業です。

目のタイプ別にコツを覚えよう

一重、二重、奥二重など、目のタイプ別にアイラインの引き方のコツは変わってきます。それぞれについてみていきましょう。

一重

一重の方はアイラインを太めに引くとよいでしょう。アイラインが細いと目を開いたときにまぶたがかかって埋まってしまいます。また、目力をアップさせるために目尻はやや長めに引くことをおすすめします。

アイラインを引いたあとはしっかり乾かして、定着させることが大切です。まぶたの重なりによるにじみを防ぐことができますよ。

二重

二重の方はもともと目力があるので、まつ毛の生え際に沿って細めのラインを引くとよいでしょう。また、アイライナーの色は目立つブラック系よりも、淡いブラウン系がおすすめです。

奥二重

奥二重の方は二重の部分にアイラインがかからないようにすることが大切です。二重の部分にアイラインがかかると、目が小ぶりに見えてしまったり、アイラインがにじんでしまったりするからです。

そのため、まつ毛の生え際に沿って細めのシャープなラインを引いていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。目元のメイクは顔全体の印象を大きく左右します。自分に合ったアイライナーを選び、それを使いこなすことができればきっと周りに差をつけることができますよ。本ページを参考に、ぜひお気に入りのアイライナーを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

まだデータがありません。


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->