1. グッディ∞
  2. 生活雑貨500ml前後のステンレス水筒のおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/01/09更新

500ml前後のステンレス水筒のおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

ピクニック

保冷効果や保温効果に優れたステンレス水筒。さまざまな容量の商品が市販されていますが、中でも500ml前後のものは携帯しやすく、お茶やコーヒーを入れて職場や学校などに持参するのに丁度良いサイズで人気です。

今回は、500ml前後のステンレス水筒の選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご紹介していきます。自分に合った機能性や使い勝手のものを選ぶ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

500ml前後のステンレス水筒の選び方

使い方

500ml前後のステンレス水筒は、どなたでも取り扱いやすい適度な大きさで、持ち運びもしやすいのが魅力ですよね。

老若男女を問わずニーズが高い分、品揃えも豊富なので、どのようなタイプを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、500ml前後のステンレス水筒を購入するときに、考慮に入れていただきたい検討ポイントについてご説明していきます。

「保温効果or保冷効果」どちらが必要?

まず、チェックしていただきたいのが、保温効果と保冷効果のどちらが必要かという点です。

「保温・保冷両方OK」タイプが主流

ステンレス水筒には、基本的に「保温・保冷両方OK」というタイプと「保冷専用」タイプの2種類があります。現在主流で売れ筋なのは、オールシーズン重宝する保温・保冷どちらもできるタイプで、季節や好みに合わせて異なる温度の飲み物を楽しむことができます。

一方、主な用途がお子さんの夏場の水分補給や、スポーツジムに持参するためという場合は保冷専用でも事足りるかもしれません。

「保冷専用」に熱い飲み物を入れてはダメ

子供向けの保冷専用タイプのステンレス水筒には、ストローで飲む商品が多く見受けられますが、大人向けの商品には、直接口を付けてゴクゴク飲める口径の広い商品が多いという特徴があります。

口径の広いステンレス水筒に熱い飲み物を入れると、少し傾けただけで一気に口内に流れ込むのでヤケドのリスクが高まってしまいます。

また、そもそも保冷専用タイプは、熱い飲み物への耐性を保証した設計になっていません。フタを閉めて放置すると内圧が上昇し、中身が飛び出たり、キャップが開かなくなるといった事故・不具合を引き起こす可能性がありますから、保冷専用に熱い飲み物を入れるのはNGです。

どんな飲み物を持ち運びたいのか

500ml前後のステンレス水筒に、どんな飲み物を入れようと思っていますか?一般的に、水やお茶類、コーヒーを持参する方が多いですが、ステンレス水筒はどんな飲み物でも入れてOKというわけではありません。飲み物の種類の向き・不向きがあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

ステンレス水筒に適さない飲み物

一般的なステンレス水筒は、酸性の飲み物や塩分を多く含有する飲み物、発泡する炭酸飲料には適していません。具体的なNG飲み物とその理由を見ていきましょう。

スポーツドリンクはフッ素加工タイプならOK

スポーツをしている方や、夏場の水分補給に欠かせないスポーツドリンクを入れられないというのは意外かもしれませんが、酸性の飲み物を長時間入れておくとステンレスが溶けたり錆びたりすることがあるため不向きです。

ただ、「スポーツタイプ」と記載されている商品や、フッ素加工が施されている商品であれば、サビを防ぐ効果があるのでスポーツドリンクを入れても大丈夫です。

炭酸飲料を入れるのは危険!

冷えたコーラやソーダ類を飲みたいという方もいるでしょうが、炭酸飲料をステンレス水筒に入れるのはNGです。

発泡性のある炭酸飲料を入れると水筒内部の圧力が高まり、フタが開かなくなったり、フタを開けると中身が噴出したりすることがあります。場合によっては、水筒自体が壊れてしまうこともあるなど危険ですから、炭酸飲料は絶対に入れてはいけません。

味噌汁やスープ類の塩分がサビの原因に

最近では、ランチ用に温かい味噌汁やスープを入れて保温しておける携帯用ジャーも人気がありますが、一般的なステンレス水筒には不向きです。理由はスポーツドリンクと同様に、味噌汁やスープに含まれる塩分がサビの原因になるからです。

コーヒーを入れておくならどんなタイプ?

眠気覚ましや気分転換に、職場にコーヒーを持参したい場合は、コーヒーの香りが移りにくいフッ素加工などの特殊な加工が施されている商品を選びましょう。コーヒーは香りが強いので、他の飲み物を入れたときにステンレスに移った匂いが気になってしまうかもしれません。

香りや風味を堪能したいなら

メイン用途がコーヒーで、コーヒー特有の香りや風味をじっくり楽しみたい方は、マグタイプのような飲み口が広いものがおすすめです。飲み口の形状については次項で詳しくご説明しますが、ワンタッチオープンタイプの水筒は飲み口が狭いので、香りや風味を味わうには物足りないかもしれません。

飲み口の形状で選ぶ

500ml前後のステンレス水筒の飲み口のタイプとしては、主に以下のような4種類があります。

直飲みできる「マグタイプ」

最もシンプルなのは、フタをクルクルと回し開けたらそのまま直接飲める「マグタイプ」です。マグタイプは飲み口が比較的大きいタイプが多く、ゴクゴク飲みたい方に適しています。コーヒーの香りを楽しみながら飲みたい方にもおすすめです。

また、他のタイプと比べるとパーツが少ないので、お手入れの手間をかけたくない方にもマグタイプは人気があります。

片手で開けられる「ワンタッチオープンタイプ」

突起部分を押すとキャップがパカッと上に開くタイプです。片手でもワンタッチで開けることができるため、お年寄りや小さなお子さんでも使いやすいでしょう。
マグタイプは両手でフタを開ける必要がありますが、ワンタッチオープンタイプなら仕事中や運転中でもサッと飲むことができます。

衛生的な「コップタイプ」

フタの部分がコップになっているタイプです。最近はマグタイプやワンタッチオープンタイプが主流となっていますが、コップタイプは本体に直接口を付けないので衛生的です。

また、保温性が高い水筒だと熱過ぎて飲めないことがありますが、一回コップに入れることで適度に冷ますことができるというメリットもあります。

こぼれにくい「ストロータイプ」

水筒を倒してしまっても、こぼれる心配が少ないのがストロータイプ。パソコンや大切な書類を広げたデスクに置いても安心です。

また、飲み口が小さく、マグタイプなどと比べるとフタを開けたまま少し置いておいてもすぐに冷めたり温まったりしないので、運転中でも手軽に水運補給しやすいでしょう。ただし、ストローは清潔に保つ必要があります。

お手入れのしやすさで選ぶ

okマークを出す女性

500ml前後のステンレス水筒を毎日のように使う場合は、お手入れしやすいかどうかも検討しておきたいポイントですね。

お手入れのしやすさを重視するなら、パーツが少ないマグタイプがおすすめです。それ以外のタイプなら、パーツを分解できるかどうかをチェックしておきましょう。

また、水筒内部に茶渋や匂いが付きにくいコーティングが施されている商品なら、毎日のお手入れも簡単に済ますことができ、汚れも蓄積しにくいでしょう。

子供用の水筒を選ぶチェックポイント

500ml前後のステンレス水筒は、幼稚園や保育園に通うお子さんに持たせるのにも丁度良いですよね。検討ポイントは以下の4つです。

持ちやすさ

同じ500ml前後でも、スリムな形だと長さが出るので倒しやすく、小さなお子さんには扱いにくいでしょう。子供向けの水筒を選ぶなら、ドッチリとした安定感のある形状のものがおすすめです。

飲みやすさ

小さなお子さんが一人で飲む場合は、こぼしにくいストロータイプがおすすめですが、お子さんの得手・不得手に合わせて選びましょう。本体に直接口を付けないコップタイプは衛生的で、コップを使って飲むトレーニングにもなりますよ。

持ち運びやすさ

保冷・保温効果が長持ちし、落としたりぶつけたりしても衝撃を吸収してくれるカバー付きがおすすめです。また、肩に掛けられるひもや、肩に負担がかかりにくい肩パッドが付いているとなお良いでしょう。

子供が好きなデザインかどうか

子供は好き嫌いがはっきりしているので、自分が気に入らない水筒を毎日使うのは苦痛かもしれません。お子さん好みの色合いのものや、大好きなキャラクターがあしらわれているものであれば、毎日喜んで使ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

500ml前後のステンレス水筒人気おすすめ商品TOP10

500ml前後のステンレス水筒はどのような商品が人気なのでしょうか。ここでは売れ筋の10商品をご紹介していきます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml コーラルピンク SM-SC48-PV

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml コーラルピンク SM-SC48-PV

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,172

機能性と携帯性を兼ね備えた象印のステンレス水筒です。軽量かつスッキリとしたデザインで持ち運びやすく、暑い日に冷えた飲み物をバッグに入れても安心の結露抑制構造となっています。容量は480ml。

飲み口は空気が通るエアーベント構造担っているため、飲み物がスムーズに送り出されます。茶渋汚れやニオイが付着しにくく落としやすい、内面フッ素コーティングもうれしいポイント。甘すぎず上品なコーラルピンクは大人の女性におすすめです。

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml コーラルピンク SM-SC48-PVの口コミ評判

ウォーキングする母に熱中症対策でプレゼントしました。この上の600と悩みましたが、バッグから出し入れなどからこちらのサイズにしました。長さも丁度良く使いやすいとの事です。

職場に持って行くコーヒーが1日中温かく飲めます。とても軽量で、持ちやすく、色もとても気に入っています。買ってよかった!

9位

タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブルーブラック MMJ-A048-KA Tiger

タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブルーブラック MMJ-A048-KA Tiger

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,100

ボトル内面にスーパークリーンプラス加工が施され、汚れが付きにくくサビにくいタイガーのステンレス水筒です。茶渋汚れやコーヒーのニオイも付きにくいので、毎日のお手入れもサッと洗うだけで清潔を保つことができるでしょう。

容量は480ml、重量は190gと軽量です。ワンプッシュオープン式のフタだから、片手でも簡単に開けることができて便利です。持ち運ぶときでも安心の安全ロック付き。ネット通販だと2,000円台で購入することができます。

タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブルーブラック MMJ-A048-KA Tigerの口コミ評判

夢重力って、うまい事言ってるなぁと感心する位ホント軽いです。コンパクトだし、かさばる重たいカバンに苦労している学生さんにピッタリではないでしょうか。

サハラマグは漏れないし、片手でロックを外して ボタンを押すとパカッと開いて飲めるのでとっても便利です。

8位

【Amazon.co.jp 限定】象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml ダークココア SM-JE48AZ-TD

【Amazon.co.jp 限定】象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml ダークココア SM-JE48AZ-TD

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,102

内面フッ素コートによって、着色やニオイ移りを抑える象印のステンレス水筒です。フタや飲み口部分は簡単に取り外すことができるので、毎日のお手入れも簡単。本品はアマゾン限定カラーのダークココア色で、2,000円以内で購入できます。

飲み口には口あたりがソフトな樹脂カバーを採用しています。象印独自のSLiT設計により、真空層を最大限薄くているのも特徴。機能性を保ちながらコンパクトさを追求したこだわりの一品です。

【Amazon.co.jp 限定】象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml ダークココア SM-JE48AZ-TDの口コミ評判

気に入っているのは内部のフッ素コーティングです。本体に汚れやにおいがつきにくいというのが売りのようですが、なにより、コーヒーにステンレスの金属臭がうつりにくい点がうれしいです。

粉末のスポーツドリンクを入れて使用しています。飲み口も広く、一気に飲める感じでスポーツのお供に最適です。象印の製品は精度が良く、今まで漏れたりしたことが無いのでとても気に入って使用しています。

7位

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml スレートグレー SM-SC48-HM

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml スレートグレー SM-SC48-HM

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,172

ステンレス真空2重構造で保冷力も保温力も優れた象印の水筒です。冷たい飲み物を入れても結露しにくいので、バッグに安心して入れておけます。スリムで手になじみやすい形状。容量は480mlです。

キャップを開けるときに水滴が飛び散りにくい構造になっているため、デスク周りを汚さずに開けられます。内面にフッ素コーティングが施され、撥水性があるのも魅力のひとつ。水切れが良く、コーヒーやお茶類の色が付着しにくい上、ニオイも残りにくいので清潔を保ちやすいです。

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml スレートグレー SM-SC48-HMの口コミ評判

通勤用に購入。お弁当と一緒に毎日持ち歩いています。軽くてよく冷えるので通勤・通学用には良いと思います。ロックが二重でかかるのも良いです。

ジムに持って行っても軽くて負担になりません。ロックも使いやすく、デザインがシンプルで良いです。

6位

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ 400ml パステルブルー JNL-402 P-B

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ 400ml パステルブルー JNL-402 P-B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,160

コンパクトで携帯しやすいサーモスのステンレス水筒。容量は400mlで本体重量は約180gと超軽量タイプ。保温・保冷どちらも対応できるので、季節に関わらず適温の飲み物を楽しむことができます。

フタは片手で開けられるワンタッチオープン式で、水漏れを防ぐロックリング付き。飲み口の部品は取り外せるので毎日のお手入れもしやすいでしょう。さわやかなパステルブルーのベースに小花のイラストを散りばめたデザインも好評です。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ 400ml パステルブルー JNL-402 P-Bの口コミ評判

コーヒーを入れて使っています。可愛いし大きさも丁度良いです。冷める事も無いし回りのプリントも剥がれませんしとても良いです。

縦に長くないので、カバンにも収まりやすいです。熱いものをいれても、飲む時ゴボッと出たりしないので安心です。軽く、量も適量で全体的に満足です。

5位

サーモス 水筒 真空断熱 ストローボトル 400ml スカイブルー FHL-400F SKY 保冷

サーモス 水筒 真空断熱 ストローボトル 400ml スカイブルー FHL-400F SKY 保冷

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,132

小さなお子さんの通園・通学用にぴったりな、サーモスのストロー付きステンレス水筒です。小さな手でも開けやすいワンタッチキャップ。ストロータイプなのでこぼさずに飲むことができます。容量400ml、保冷専用です。

男の子に人気の、飛行機や自動車のイラストをあしらったかわいらしいデザインのポーチ付き。肩に負担をかけないショルダーパッドも付いています。また、ポーチにも本体にも名前を書いておけるスペースがあるというのもうれしいポイントです。

サーモス 水筒 真空断熱 ストローボトル 400ml スカイブルー FHL-400F SKY 保冷の口コミ評判

1歳後半の子どもに使わせています。蓋を開けるのも簡単で、ストローなので飲みやすい、しかも飲み物がぬるくならない。良いことばかりで、買ってよかったです。

2歳の子に丁度いい大きさ。太すぎず、上手に持って飲めます。保育園にいつも持って行きます。

4位

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 500ml コーラルピンク JNL-502 CP

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 500ml コーラルピンク JNL-502 CP

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,800

真空断熱の魔法びん構造で保冷・保温効果に優れたサーモスのステンレス水筒です。500ml入りの携帯に最適なサイズ。独自の工法によって約210gと軽量化を実現しました。

フタ部分にロックリングが付いているので持ち運ぶときも安心。ワンタッチで開けることができ、飲み口は口にフィットしやすい形状になっていて取り外しも簡単。お手入れのしやすさも好評です。女性に人気の上品でかわいらしいコーラルピンクです。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 500ml コーラルピンク JNL-502 CPの口コミ評判

毎日使っているのでシンプルな構造で衛生的に洗えるところも良いです。
形もスマートで気に入ってます。

小学生の子供が使用します。親子でサーモスを愛用しています。夏は氷を入れてお茶を入れるととても冷たく飲めて快適でした。

3位

タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 パッションピンク MMJ-A048-PA Tiger

タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 パッションピンク MMJ-A048-PA Tiger

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,111

独自のスピニング加工によって、重量を190gにまで軽量化したタイガーのステンレス水筒です。容量は480ml、高さ21.8㎝とコンパクトなので職場や学校への持ち運びに最適。保温・保冷両方に対応しているためオールシーズン使うことができます。

片手がふさがっていても開けられるワンプッシュオープンタイプ。内側にはスーパークリーンプラス加工が施されているためサビにくく、汚れやニオイもつきにくいので清潔を保ちやすいです。

タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 パッションピンク MMJ-A048-PA Tigerの口コミ評判

軽量で保温力も優秀で大変使いやすい製品です。朝氷入りの麦茶を入れて外出しお昼に帰宅しそのまま放置しましたが、夕方になってもまだ氷が残っていました。

色もきれいで、握りやすい大きさで、なにより軽い‼仕事に持って行くのにちょうど良いです!

2位

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ジェットブラック JNL-503 JTB

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ジェットブラック JNL-503 JTB

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,358

ワンタッチでフタを開閉できるサーモスの人気ステンレス水筒です。持ち運びに便利な500mlサイズで、職場や学校、スポーツジムなどさまざまな場所への携帯に重宝します。

保冷効果(10度以下)・保温効果(68度以上)の持続時間は約6時間あるため、朝用意したドリンクや温かいコーヒーをできたての温度のまま楽しむことができるでしょう。

ロックリング付きなので持ち運びの際にもれる心配がありません。ネット通販だと2,000円台で購入できるところも人気のポイントです。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ジェットブラック JNL-503 JTBの口コミ評判

使い勝手も良く、保温性もバッチリでした。朝入れたお茶が、昼でも熱々で夕方まで保ちます。

保温性はピカイチです。ノンブランドの安いのも使って来ました。比較すると歴然です。朝にお茶と氷を入れて持っていくとノンブランドは溶けてましたがコレは夜まで氷が残る。

1位

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml エスプレッソ JNO-501 ESP

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml エスプレッソ JNO-501 ESP

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,973

シンプルで扱いやすい半回転オープンタイプのステンレス水筒です。フタを160度回せば開けることができ、どの向きからも飲めるので手軽。容量は500ml、重さは約210gと軽量なので持ち運ぶときも負担になりにくいでしょう。

氷を入れやすい広口設計で、飲み口も口あたりがソフトなプラスチック製。シンプル構造なので、各パーツのお手入れも簡単とユーザーからも好評です。シックで落ち着いたデザインは男女問わず大人の方を中心に人気があります。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml エスプレッソ JNO-501 ESPの口コミ評判

温度が長時間保たれています。かさばらず軽いので、カバンに入れて毎朝お茶を持参しています。飲み口もベストで、洗いやすく、大変満足です。

パッキン周りとても洗いやすく、日々のお手入れが面倒くさくないところが良い。この手の製品は、使いやすさ以前にメンテナンスの簡易さが一番大事だと思います。その点、このマグはメンテナンス性、使いやすさともに大満足です!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

500ml前後のステンレス水筒の効果的な使い方

やかん

水筒に入れて持ち運ぶことが多い飲み物のひとつにお茶がありますが、500ml前後のステンレス水筒にお茶を入れる場合は以下のポイントに気をつけましょう。

煮出したお茶を入れる

本体に直接口を付けて飲むタイプやストロータイプは、唾液が中身に混入しやすいので、飲みかけのお茶を長時間置いておくと雑菌が繁殖する可能性があります。特に夏場は要注意ですね。

雑菌の繁殖を防ぐには、煮出したお茶を入れることをおすすめします。いったん煮沸しておくと熱湯消毒のような効果が期待できるのでリスクが低くなりますよ。

水出しする場合は水道水で

毎日お茶を煮出す余裕がなく、水出しで簡単に済ませたいという方も多いでしょう。水出しのお茶にする場合は、塩素処理されている水道水を使うのがおすすめ。ミネラルウォーターや浄水器を通した水では雑菌を防ぐことができないかもしれません。

まとめ

500ml前後のステンレス水筒を選ぶときの検討ポイントについて見てきましたが、いかがでしたか?この容量のステンレス水筒は、職場や外出先に持ち運ぶのに最適ですし、小さなお子さんが使うのにも丁度良いサイズです。

人気があるサイズなのでさまざまなタイプの商品が市販されていますが、持ち歩きたい飲み物の種類や、飲みやすい飲み口の形状などの検討ポイントを考慮に入れて、使い勝手の良い一品を選んでくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.