1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティースキンケア日焼け止めおすすめ人気ランキング!市販の商品を最強比較

2018/06/07更新

日焼け止めおすすめ人気ランキング!市販の商品を最強比較【2018年】

足に日焼け止めで書かれたSPF

年間を通して私たちに紫外線を送ってくる太陽。彼に長期休暇は無く、特に夏場は容赦なく私たちの肌を焼いていきます。夏場だと少し散歩しただけで腕や顔が真っ黒、なんてこともありますよね。そんな紫外線の悪影響を予防してくれるのが日焼け止めです。

今や女性に限らず男性でも必須となるアイテムなわけですが、ドラッグストアなどで見てみると分かるように、その種類は数十、数百にも上ります。しかも、パッケージにはSPFやPA+などよく分からない数字まで書いてある始末です。

そこで今回は日焼け止めの適切な選び方を紹介したいと思います。SPFなどの表記についての解説はもちろん、コストや効果など様々な面から日焼け止めを見ていきましょう。また、数ある日焼け止めの中から人気の商品をランキング形式で紹介します。他にも購入後の効果的な使い方も解説しますので、これを参考に強い日差しを乗り切りましょう。

今、話題沸騰中の日焼け対策アイテムはコレ!

いろいろな日焼け止め商品が販売されていますが、こんな日焼け止め効果が期待できる商品も活用してみてはいかがでしょうか。紹介する商品はどれも、今かなり売れている商品なので試してみてもいいかもしれませんね。

【PR】ホワイトヴェール

ホワイトヴェール

100%植物成分、安心&安全な日本製の太陽ケアアサプリメントがこちらの『ホワイトヴェール』です。すでに人気女性誌やネット上でもかなり注目されている商品で、愛用者も右肩上がり。

紫外線対策に役立つのが、ニュートロックスサンという成分。地中海発のシトラスとローズマリーから抽出された天然のポリフェノールで、飲み続けるほど紫外線防御のパワーがアップするといわれています。なんと3ヶ月の摂取で約60%も防御とされていますから驚きですよね。

他にもザクロエキスやメロンプラセンタ、ルテイン、ローズなどの美白&美容ケア成分をたっぷり贅沢配合。日焼け止めだけでは満足できない美意識高い人からも絶賛されるサプリメント、試してみてはいかがでしょうか。

【体験談】ホワイトヴェールを実際に試してみた口コミは?

ホワイトヴェール

大人気の「ホワイトヴェール」。実際にその効果を試すべく飲んでみました。1日2~4粒ということですが、1袋60粒入りなので約1ヶ月持たせるために1日2粒ずつ飲むことに。小粒なのでかなり飲みやすいですね。

ホワイトヴェール

サプリはある程度の期間つづける必要があるので、半年以上はつづけたいと思い飲みはじめたのはちょうど春先の頃。毎日欠かさず飲んでいたところちょっとした変化が。

ファンデーションを買うときは肌色に合わせて選ぶのですが、毎年夏頃になるとワントーン暗い色のファンデーションを勧められるんです。でもホワイトヴェールのおかげか?冬に使用していたファンデと同じカラーでOKと!なんだか効果が出ているようなので、引き続きホワイトヴェール、愛用したいと思います!

今なら初回980円!90日間全額返金保証
送料無料で定期解約はいつでもOK!

【PR】インナーパラソル16200

インナーパラソル16200

『インナーパラソル16200』という、なんとも頼もしい商品名の大ヒットサプリメント。注目のニュートロックスサンに加えてパインセラ、コプリーノ、ビタミン類などの美容成分を配合することで、夏の美容対策をサポートします。

パッケージにはニュートロックスサンのロゴがしっかりとプリント。これは高配合の証なんですよ。

美容家や美容ライターも大注目。さらに海外セレブからも注目されているインナーパラソル16200は、臨床評価試験によって“12週間摂取することで屋外での行動でも美容効果に改善が見られた”そう。なんと医学誌にも掲載されているのですから、これは信頼できそうですよね。

今なら初回990円!注目成分を高配合!
臨床評価試験も実施済みで安心

今人気の日焼け止めサプリメントはこちら

最近愛用者が続々と増えている日焼け止めサプリメント。塗る日焼け止めと併用することで、より強力に紫外線から肌をケアできると、かなり人気を集めています。そんな日焼け止めサプリメントが気になっている人は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

日焼け止めの選び方

スマホを持ってOKサインを出す女性

まずは日焼け止めの基本的な情報から選び方を確認していきましょう。SPFやPA+などの意味が分からない方はぜひ見ていってくださいね。

SPFとPAについて

日焼け止めと言えばSPFやPA+といった表記がほぼ確実に見られます。SPFの方は後に30や50の数字がついており、PAの方は+の数が変わってきますね。これらが何を表しているのかと言えば、それぞれ紫外線に対する強さや効果時間です。詳しい説明のためには紫外線の種類を把握する必要がありますので、まずはそちらを見ていきましょう。

【紫外線の種類】紫外線A波

紫外線A波はUVAとも表記されるもので肌の奥深くまで侵入して活性酸素を作り出します。そして、DNAにダメージを与えたり、コラーゲンを破壊することでシワやたるみなどを招くと言われているのです。UVAは窓ガラスも容赦なく抜けてくるため室内であっても安心はできません。

【紫外線の種類】紫外線B波

紫外線B波はUVBとも呼ばれるもので主に肌の表面へと悪影響を与えます。肌表面に活性酸素を発生させることでメラニン色素の過剰発生や色素沈着などを促し、最終的にシミやソバカスを発生させるのです。UVAに比べて地上に届く量が少ないものの、皮膚への影響が大きいため注意が必要です。

この他にも「紫外線C波」が存在しますが、オゾン層でほぼ吸収されて地上に届くことは少ないとされていますし、現在の日焼け止めはUVAとUVBをカットするために作られていますので今回は説明を省きます。

さて、なぜUVAとUVBの話をしたかといえば、SPFはUVBに対する効果の目安、PAはUVAに対する効果の目安と言われているからです。これを踏まえてSPFとPAの解説をしていきましょう。

SPFについて

SPFは既に話したようにUVBに対する効果の目安です。また、太陽の光を浴びてから日焼けするまでの時間の目安にもなっていますね。実際にいくつかの商品を見ると分かりますが、SPFの後には1~50+の数字が書かれています。この数字が日焼けが始まるまでの目安です。ただ、30なら30時間効果がある、という表記ではありません。

私たち人間には個人差があり、それは日焼けが始まる時間も同じことです。一応は15~20分程度と言われますが、Aさんは日光を浴びてから10分ほどに日焼けが始まるのに対してBさんは20分まで大丈夫、なんてこともあります。この日焼けが始まるまでの時間が重要で、SPFの後についた数字分だけ日焼け開始を遅らせることが出来るのです。

たとえば、SPF30の日焼け止めをAさんが使用した場合、もともと10分のところを30倍ほど遅らせることが出来ますので、日焼けまでのリミットを「10分×30=300分(5時間)」まで延長できます。Bさんなら10時間に延長ですね。

そのため、同じSPFの日焼け止めを使っても効果はひとそれぞれです。ちなみに、効果時間の間は絶対に日焼けしない、なんて馬鹿な話はありません。日焼け止めも万能ではなく、効果時間中であっても徐々に徐々に日焼けは進行します。

このことから、SPFは用途に合わせて数字を決めましょう。近所への買い物程度であればSPF30も必要ないかもしれませんが、スポーツや登山など長時間にわたって外気に晒されるならSPF50程度の商品を選ぶのがいいと思います。

PAについて

PAはUVAに対しての防御力を示す数値です。SPFとは違って後に表記されるのは+であり、PA+、PA++、PA+++、PA++++のように+の数が4つまで増えていきます。+の数が多いほどUVAに対する防御力が上昇します。先ほど話したようにUVAは肌にシワやたるみなどを発生させる原因です。これらをより強力に対策したいのなら+の多い商品を選ぶのもいいかもしれません。

特にUVAはUVBと違って年間を通して降り注ぎます。UVBの場合は夏場をピークに他の季節は量をガクンと減らしますが、UVAの場合は冬や秋も一定量観測されています。これが徐々に肌へとダメージを与える、と考えると恐ろしいですね。UVA対策として日焼け止めを塗るのなら夏場だけでなく、冬や秋も継続して使用しましょう。

SPFとPAの説明は上記のようなものになります。これだけ見るとSPF50+、PA++++の商品がよさそうに思えますが、実はSPFやPAの数値が高いほど肌への負担が強くなるという欠点があります。そのため、必ずしも数値が高い商品が良いとも限らないのです。用途によってはSPFやPAの低いものの方が使いやすいこともありますので、自分の生活に合わせて数値を選ぶようにしましょう。

顔用とからだ用について

女性の額に太陽マーク

いくつかの日焼け止めを見ていくと分かるように「顔用」「からだ用」という2種類の商品が存在します。たまに「どうせ中身は同じものだろう」とからだ用を顔に使ってしまう方もいるようですが、これはアウトですので止めてください。

というのも、人間は顔と体で皮膚の厚さや敏感さが異なります。具体的に言えば、顔は体に比べて肌が薄くデリケートなのです。そのため、からだ用の日焼け止めを顔に使ってしまうと肌への負担が大きく、何かトラブルに繋がる恐れもあります。顔用はからだ用に比べてやや高めではありますが、必ず顔には顔用を使うようにしてください。

顔用を体に使うのなら大きな問題は無いと思われますが、単純に顔用の方が高価なことからもったいないですね。また、顔用はからだ用に比べて伸びが悪いことから全身に塗り広げるのが大変だと思います。基本的に顔には顔用、体にはからだ用と2種類の日焼け止めを用意しておいてください。

保湿成分について

近年は保湿成分を配合した日焼け止めも増えていますね。正確には保湿クリームに日焼け止めの要素が入った商品が多いようですが、どちらにせよ日焼け予防と保湿を同時に行うことができます。そのため、肌が乾燥しがちな方は保湿成分の入った商品を選択するのもいいでしょう。価格はやや高めかもしれませんが、より肌を綺麗な状態に保てると思われます。

コストについて

日焼け止めの価格はピンキリで高いものなら1本で2000円越え、逆に安いものなら1本500円程度、極端な話100均でも購入可能です。高価格な商品が必ずしも良いとは限らないものの、やはり低価格商品に比べると成分や塗りやすさなどでメリットを持つことが多いですね。

ただ、日焼け止めは夏中、人によっては1年を通して使うものですので、あまり高価な商品を選んでしまうと使い続けるのが大変なこともあります。そのため、常に使い続けても苦にならない程度の価格帯を選んでおくのがいいでしょう。また、夏場は少し高価なものを、冬場は安価なものを選択するのもありかもしれません。

日焼け止め人気おすすめ商品TOP20

ここからは人気の高い日焼け止めをランキング形式で紹介していきましょう。各商品の簡単な説明と口コミも加えてありますので、気になる商品だけでも確認してみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

20位

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 大容量 85g (1.7倍)

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 大容量 85g (1.7倍)

こちらはビオレの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。同社の通常パッケージに対して1.7倍、85gもの容量を持つことから家族で使う方や、ほぼ毎日外出するという方にはぴったりでしょう。

また、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、シトラスmixを配合していることから肌に潤いやみずみずしさを与える効果が期待できます。汗や水に強いスーパーウォータープルーフが採用されているのもいいですね。これならプールや海と言った施設でも問題なく使えそうです。

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 大容量 85g (1.7倍)の口コミ評判

こちらの日焼け止めはつけた後に肌にピタっとくっついてとどまってくれるので頻繁に塗り直しは不要です。
匂いが薄めなのもまた使いやすいです。

調子良いです!!孫の運動会で使用しました。これからが本番です!!期待しています。特に犬の散歩とか、買い物とか庭の手入れも・・・・重宝しそうです。

19位

KOSE コーセー サンカット R 日焼け止めジェル 50 (スーパーウォータープルーフ) 80g

KOSE コーセー サンカット R 日焼け止めジェル 50 (スーパーウォータープルーフ) 80g

こちらはコーセーの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。パッケージは印象的なブルーのもので、スーパーウォータープルーフを採用しています。これによって水をしっかりと弾いてくれるため、水や汗で日焼け止めが流れ落ちる心配は少なめです。

しかも、80分間の耐水テストを実施済みですからね。信用できると言えそうです。また、水に触れることで紫外線対策効果が高くなると言われるアクアリィセンサー成分を配合。これによって強い紫外線から肌をしっかりと守ってくれます。

KOSE コーセー サンカット R 日焼け止めジェル 50 (スーパーウォータープルーフ) 80gの口コミ評判

無色無臭で、そこまでベタベタしないので使いやすいです。
ちなみに私は男ですが普通に使えます。

手の甲に一滴垂らして拡げるとサラサラした油脂の皮膜が皮膚を覆った様な感じです
香りは ありません
付け心地もベタベタせず良いです

18位

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

こちらはユースキンの日焼け止めで数値はSPF25、PA++です。パッケージに可愛いミッフィーのイラストが印刷されていることからも分かるように、子どもにも使える商品となっています。SPFやPAの数値が低いことから肌の弱い子どもや、敏感肌の方も使いやすいでしょう。

加えて、無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性、紫外線吸収剤無配合など肌が弱い方にとっては嬉しい特典が満載。しかも、使った後は石鹸で簡単に落とすことができます。なるべく肌に優しい日焼け止めを探している方は購入してみるといいかもしれません。

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)の口コミ評判

塗り心地がいいです。
ユースキンなのとミッフィもかわいい。色々使いましたが、これに落ち着きそうです。

私は敏感肌&太陽アレルギーなので、一般的な日焼け止めはとてもつけれないです。これはクリーミーで刺激が少ないので肌が痛くなりません。白浮きもしないです。

17位

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

こちらはヴェレダの日焼け止めで数値はSPF33、PA++です。主流となっているSPF50+などに比べると効果は低いものの、天然成分だけで作られていることから肌に優しいのが特徴です。そのため、子どもはもちろん生後6か月の赤ちゃんでも使うことが可能。伸びがよくベタつきの少ない仕様ですので、赤ちゃんが嫌がることも少ないと思われます。

また、化粧下地としても使いやすいことからお母さんも一緒に利用できますね。肌が敏感で添加物をなるべく避けたいという方は検討してみるといいかもしれません。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクトの口コミ評判

ユースキンUVミルクからより安全性の高いこちらへ。匂いに敏感で化粧品は無香料のものを使用していましたが、これは清潔感のある香りで良いです。

とても気に入っている商品です。香りはハーブのカモミールの香り。
テクスチャーは少し緩めでベースファンデっぽい色がありますが、時間の経過とともに消えているように感じます。

16位

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++ 33g

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++ 33g

こちらはビオレの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。これ1本で紫外線カットだけでなく美白も出来る仕様となっているうえ、化粧下地としても効果を発揮することから女性向けの商品と言えるでしょう。

美白成分としてはカモミラETが配合されており、これがメラニンの生成を抑えてシミやソバカスを予防します。また、保湿成分としてヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、シトラスmixなどが加えられているのもポイント。UVカットしつつ美白出来る仕様に興味のある方は利用してみてはどうでしょう。

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++ 33gの口コミ評判

忙しい朝夕の送迎時、重宝してます。今はリキッドタイプが多い中、クリーム状、小さめのこのサイズもというのもいいです。

お手頃なお値段ですしビオレというよく知っているブランド名もあって安心して使ってます。

15位

専科 ミネラルWUVジェルSPF50

専科 ミネラルWUVジェルSPF50

こちらは専科の日焼け止めで数値はSPF50、PA+++です。そのため、よく見るSPF50+、PA++++と比較すると少しだけ効果が薄めですね。その分だけ肌に優しい仕様となっていますので、必要十分だと思えばこちらを使用してみるのもいいでしょう。

特徴としてはミネラルウォーターベースによるストレスのない肌への浸透、ベブーパウダーインによるすべすべとした仕上がり、石鹸で簡単に落とせる専用クレンジングいらずなどでしょうか。また、ファンデーション前に使うことでのり、つきが良くなるとされています。

専科 ミネラルWUVジェルSPF50の口コミ評判

ベビーパウダー配合のため、夏でも肌のガサつきがある自分の肌に対して、保湿クリームとしても機能してくれて一石二鳥。

ジェルでは無く振ってカタカタ音がする真っ白な乳液タイプです。
色が付くわけでは無く、明るく肌が綺麗に観えると思います。

14位

Acnes(アクネス) 薬用UV ティントミルク 30g【医薬部外品】

Acnes(アクネス) 薬用UV ティントミルク 30g【医薬部外品】

こちらはメンソレータムのロゴが入った日焼け止めで数値はSPF50+、PA++です。SPF50+に対してPA++++の商品が多いためやや珍しい数値かもしれません。そんな本商品最大の特徴はUVカットと同時にニキビ予防が出来ることでしょう。

ニキビ予防に効果的な殺菌、消炎成分が配合されています。そのため、思春期でニキビが気になる学生にはぴったりのアイテムと言えそうです。普段は一般的なニキビ予防、夏場はこちらの商品に切り替えるのもありでしょう。また、うるおい成分としてビタミンC誘導体も配合されています。

Acnes(アクネス) 薬用UV ティントミルク 30g【医薬部外品】の口コミ評判

にきびに悩んでいた高校生の頃にこの商品に出会い、それ以来ずっと愛用しています。にきびが悪化することもなく、ほんのりカバーしてくれ、しかも日焼け止め効果もある。

13年間使っています
ニキビができた時にもお世話になりました

13位

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

こちらはアネッサの日焼け止めのひとつで数値はSPF50+、PA++++です。アネッサの日焼け止めらしく特徴は様々。紫外線に合わせて肌を守る「UVフルブロック処方」、紫外線と光エネルギーを分散させつつ製剤の安定と保ち肌を守る「光スタミナ技術」、汗や肌に強い「スーパーウォータープルーフ」、ヒアルロン酸やアクアインプール配合による「うるおいケア」など。

加えて伸びがよくサラサラした使い心地や、化粧下地効果などを持ち合わせます。目印は派手な太陽のキャラが印象的な金色のパッケージです。

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60mlの口コミ評判

沖縄に行く前に購入し使ってみましたが、2度塗りすると日焼けしにくくなり、非常に良いと思いました。

期待通り、全然 焼けないです!
ベタベタもしないし、肌がつるんとして香りもいいです!

12位

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g

こちらはビオレの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。「のびのびキッズ」の名前から分かるように子どもの肌へ配慮しており、保湿成分であるワセリンが配合されています。また、塗った後のベタつき無し、汗や水に強い、簡単に落とせるなど子どもでも使いやすい特徴が満載。

特に子どもはすぐにジャレつくことからベタつき無しは重要と言えるでしょう。ベタつきの多い日焼け止めは子どもが嫌がって塗らせてくれなくなりますしね。子ども向けの日焼け止めで効果の強いものを探している方は利用してみるといいかもしれません。

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90gの口コミ評判

べたつかず、刺激もなく、無香です。
伸ばしやすいので、やわらかい子供の肌にもスッと広がりました。

子供用のものは初めて見ました。今は子供でも日焼けしないようにするんですね。
パッケージは黄色で目立つのでいいです。伸びもよく、サラッとしてますし、ワセリン配合で肌のことも考えてくれてます。

11位

アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml

アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml

こちらはアロベビーの商品で1本で紫外線対策と虫対策をしてくれます。そのため、アウトドアに最適。山や草原など虫が多い場所で活躍してくれるでしょう。紫外線吸収剤や、虫よけに用いられるディートなど肌に悪影響を与える可能性のある成分を含んでいないことから肌が敏感な赤ちゃんにも使えるため、お出かけ時に1本持っておくと便利です。

しかも、安心のメイドインジャパン。原料や使い心地、安心にこだわり、50年以上のスキンケア製品製造実績のあるメーカーと協力して完成したと言われています。

アロベビー UV&アウトドアミスト 80mlの口コミ評判

子どもにと思い購入しました。日焼け止めと虫除けが併用されてるのが良いです。今のところ子どもは、嫌がらずつけてくれます。

これ1本で日焼け止めと虫除けの効果があるので、かなり助かります。白く残りますが赤ちゃん用なので気にしません。

10位

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ つめかえ用 125g

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ つめかえ用 125g

こちらはニベアサンの日焼け止めで数値はSPF35、PA+++です。SPF50+等に比べると効果がやや薄めな分、肌にも優しいと思われますので夕飯の買い出しなどちょっとしたタイミング用に1本持っておくといいかもしれません。

ただ、こちらはつめかえ用ですので、いきなり本商品を購入してしまうと非常に使いにくいです。まずはボトルタイプの商品を購入し、中身が無くなった際は本商品を購入しましょう。そうすることでボトルのゴミと費用を削減できます。ちなみに、こちらの商品は無香料無着色でアレルギーテスト済みです。

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ つめかえ用 125gの口コミ評判

使った直後のヌルヌルもすぐ気にならなくなり、日焼止めにありがちな白残りも気になりません。

アルコール臭くなくよくのびるので、軽くてしょっちゅう使えるため重宝していて何年も年間10パック弱買っています。全身にも子供にも使え、会社置きや携帯もして愛用中。

9位

KOSE コーセー サンカット 日焼け止め 透明スプレー 無香料 (SPF50+ PA++++) 90g

KOSE コーセー サンカット 日焼け止め 透明スプレー 無香料 (SPF50+ PA++++) 90g

こちらはコーセーの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。スプレータイプなことから顔や体はもちろん、髪にも使用できるのがいいですね。最近は頭皮のUVカットも基本になっているようです。また、透明スプレーですので白浮きを気にせず使用することが可能。メイクの上からでも使うことができます。

スプレータイプでありながら均一に塗れるようですので、日焼けムラも少ないと思われます。さらに無香料なのもポイント。香料の匂いが苦手という方や、外出時に匂いが気になる方も安心して使用できます。

KOSE コーセー サンカット 日焼け止め 透明スプレー 無香料 (SPF50+ PA++++) 90gの口コミ評判

身体に使うというより頭、頭頂部をメインに使っています
以前のアルバイトで屋外に立つことが多かったのですがとても重宝しました

長時間直射日光の下にいるとつむじや髪の分け目が焼けますのでこういったスプレータイプの日焼け止めはとても便利です

8位

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120g

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120g

こちらはニベアサンの日焼け止めで数値はSPF28、PA++です。SPF50+やPA++++などの強力な日焼け止めが人気の中、本商品が低めの数値をしているのはこども用だからでしょう。こどもは大人に比べて肌がデリケートで、あまり強力な日焼け止めを使用してしまうと肌トラブルに繋がる恐れもあります。

それでいて、こどもは虫取りやプールなど夏場に外出する機会が多いもの。そんなこどもの肌をこちらで守ってあげるといいでしょう。ノンアルコールでスーッとした使い心地なため、こどもが不快感を感じることも少ないと思います。

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120gの口コミ評判

娘の毎日の通学用に買いました。乳液タイプでサラサラと塗りやすいです。顔にも体にも良いですね。

子どもの日焼け止めにリピ中。量が多いのでかなり持ちが良いです。よく伸びるし肌にも良さそう。今まで母子ともにトラブルはありません。

7位

アネッサ パーフェクトUV スプレー アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60g

アネッサ パーフェクトUV スプレー アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60g

こちらはアネッサの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。一般的に日焼け止めと言えばジェルタイプやクリームタイプが有名ですが、こちらはスプレータイプですね。そのため、初めての方だと戸惑うかもしれません。

しかし、からだなど広範囲に塗布する際はスプレーの方が使いやすいとも言われてます。スプレーという部分以外は基本的に同社の他製品と同じで「アクアブースター技術」「美肌エッセンス」「スーパーウォータープルーフ」などが搭載されています。

アネッサ パーフェクトUV スプレー アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60gの口コミ評判

クリームタイプよりこちらの方が体に使いやすいです。もうすぐ終わりなので、新学期始まる前にまだ購入するつもりです!

髪に使えるものは他にもいくつかブランドがあるようですが、やはり信頼のアネッサが安心でした。変なもので、頭皮の毛穴をふさいでしまっても嫌ですし。。

6位

スキンアクア サラフィットUVさらさらエッセンス 無香料 (SPF50+ PA++++) 80g

スキンアクア サラフィットUVさらさらエッセンス 無香料 (SPF50+ PA++++) 80g

こちらはスキンアクアの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。水から誕生したと謳っている日焼け止めであり、水のように肌へと馴染むのが特徴のひとつ。塗布後すぐに肌へと浸透し透明になることから使っていて気持ちがいいと言われています。

また、無香料なことから匂いによるストレスも感じないでしょう。また、着色や鉱物油も加えられておらず、アレルギーテストも実施済み。さらに、ウォータープルーフが搭載されているので海やプールでも使いやすいと思われます。

スキンアクア サラフィットUVさらさらエッセンス 無香料 (SPF50+ PA++++) 80gの口コミ評判

さらっとしていていいです。一年中
顔に塗るために買いました お安いのでリピートします。うっかり日焼けを防ぐ為に、室内でも塗ってます

SPF50+ PA++++ でありながらさらりと付け心地がいいです。価格も手ごろで購入しやすいです。

5位

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ つめかえ用 125g

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ つめかえ用 125g

こちらはニベアサンの日焼け止めで数値はSPF50、PA++++です。商品名からも分かるように「つめかえ用」ですので、一度ボトルタイプの商品を購入後、リピート時に使用するといいでしょう。もう一度ボトルを購入するよりも安価なうえ、ゴミが出ないことからエコに貢献できます。

商品の特徴としては化粧水感覚で使えることでしょうか。UVジェルが肌になじむためストレスなく使用できると思います。香料や着色料は含みませんので、香料特有の匂いが苦手な方でも使いやすいでしょう。

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ つめかえ用 125gの口コミ評判

化粧をあまりしないので、重いべたっとしたテクスチャのものは苦手したが、こちらはとてもさらっとしていて肌も重苦しさを感じません。

伸びがよく、ベタつかないので大変気に入っています。海などのレジャーでは塗り直しが必要ですが、買い物などの日常使いでは、朝にひと塗りするだけで焼けません。

4位

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100g

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100g

こちらはコーセーの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++です。効果が強めなことからレジャー時などに活躍しそうです。しかも、ウォータープルーフですのでプールや海でも使いやすいと思われます。

また、ヒアルロン酸や10種の植物エキスが配合されており、保湿効果も期待できます。顔・からだ用なことから使い勝手もよく、使用後は石鹸で落とせるうえ、化粧下地にも使えるという一本。内容量はたっぷり100gほど入っていますので、1本買えば当分は使えるのではないでしょうか。

KOSE コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ) (SPF50+ PA++++) 100gの口コミ評判

効果ばっちりです。塗りやすいし塗った後のべたつき感もないです。

普段はジェルタイプの日焼け止めを使用しているのですが汗で落ちやすい為、アウトドアの場合はこちらを使用しています。

3位

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140g

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140g

こちらはニベアサンの日焼け止めで数値はSPF35、PA+++です。SPF50などの商品に比べると効果時間が短い分、肌への負担が少ないと思われますのでちょっとした外出時などに役立つでしょう。

しかも、容量はたっぷり使える140ml。それでいて値段もそう高くないことから、買い物用に1本置いておくのもいいと思います。容器もポンプタイプなことから使い勝手良好。顔からだ用なのもポイントが高いですね。さらに、ヒアルロン酸配合なことから保湿効果も期待できそうです。

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140gの口コミ評判

短時間の外出の際、身体に使用しています。
サラッとしており良く伸びます。

保湿する感覚で朝腕や足につけてます。汗で落ちてしまうので顔や首、手は違うものを。ポンプ式なので朝急いでいてもサッと付けられます。

2位

ビオレUVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ

ビオレUVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ

こちらはビオレの日焼け止めで数値はSPF50+、PA++++となっています。特徴としては汗や水につよいスーパーウォータープルーフで、80分間にわたる耐水試験でその効果は証明済みです。そのため、汗の量が多く日焼け止めが落ちやすい方や、プールや海などのレジャーによく出かける方におすすめです。

また、保湿成分としてヒアルロン酸やローヤルゼリーエキス、シトラスmixを配合しているのもポイント。肌が乾燥しやすく、日焼け止めと共に保湿をしたいと考える方にもぴったりだと思います。

ビオレUVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプの口コミ評判

白くならず、伸びがいいところが気に入っています。
お値段も手ごろなので夏の間は使用しようと思います。

顔以外、手足体用に使用しています。肌がきれいに見えます。
色白な私にはぴったりです。焼けないようにたっぷりこまめに塗っています。

1位

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

こちらはアネッサから発売されているSPF50+、PA++++の強力な顔、からだ用日焼け止めです。汗や水に触れることでパワーアップするというアクアブースター技術を搭載しているうえ、80分間の水浴テストで耐水性を確認したウォータープルーフなことから夏場のプールや海にも最適な一品と言えるでしょう。

それでいて、石鹸で簡単に落とせるのもポイントが高いですね。他にも繰り返しの紫外線に強い「光スタミナ技術」、乾燥から肌を守る「美肌エッセンス」などの特徴を持った商品。夏のお供に所持しておくのもいいでしょう。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mLの口コミ評判

ほんとに焼けないので、雑に塗ると塗れてないとこだけ焼けてムラになります。

7月頃からつけ始めていて、腕を見せてもらうと、本当に焼けていなくて驚きました。
家族も肌が黒く汚くならず、とても喜んでいました。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めを塗る手

ここからは日焼け止めの効果的な使い方を見ていきましょう。

使用量や塗り方を把握する

日焼け止めは大量にすり込めば効果があるものでもないです。ただ、少なくても効果が半減しますので、顔に塗る場合は500円玉くらいの大きさを目安にしましょう。これを顔の各部に少しずつ乗せていき、外側に向かってムラなく伸ばしていきます。

この時、力を入れすぎると肌に負担をかける恐れがありますので、なるべく優しく馴染ませてください。全体に塗り終わったら、最後に両手でペタペタとプレスして終了です。

3時間程度で塗り直す

日焼け止めはSPFの数字が高いほど効果の時間が長いとされますが、夏場は汗や汗を拭くタオルの影響などもあり時間が経つごとに日焼け止めの効果が薄れてきます。

そのため、SPFが高いからと言って塗り直しを怠ってはいけません。理想としては2~3時間おきに塗り直すのが良いと言われていますね。肌を紫外線から守るために面倒だと思わず、きちんと塗り直しを行いましょう。

出かける30分程度前に塗る

日焼け止めは塗ってから肌に馴染むまで少し時間がかかります。そのため、塗ってすぐに外出してしまうと日焼け止めの効果を十分に受けられない恐れがあるのです。一般的には外出30分前に塗るのが良いとされますね。朝などは少し忙しいかもしれませんが、早めに塗って日焼け止めの恩恵を存分に受けましょう。

水着の季節!こんなムダ毛ケアアイテムはいかが?

日焼け止めクリームが大活躍する季節といえば水着の季節!日焼け止めとともにこんなムダ毛ケアアイテムも活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日焼け止めの選び方や人気商品のランキングはいかがでしたか。日焼けは見た目の印象を悪くするだけでなく、皮膚がんや白内障の原因にもなると言われています。そのため、外出の多い方は日焼け止めによるUVカットが必須とも言えるでしょう。SPFやPAなどを考慮しつつ自分に合った商品を選び、太陽の光に負けない毎日を送るようにしてください。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->