1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーエクササイズ縄跳びのおすすめ比較ランキング!ダイエット・エクササイズに人気最強なのは?

2018/01/15更新

縄跳びのおすすめ比較ランキング!ダイエット・エクササイズに人気最強なのは?【2018年】

縄跳びなどの運動用品

子どものころに遊びや運動の一環として、「縄跳び」を行ったことのあるかたも多いのではないでしょうか。そんな縄跳びですが、有酸素運動やトレーニングに効果があるといわれています。場所と縄跳びさえあれば手軽にできるため、ダイエットやエクササイズに使われることが多くなっているそうです。

今回はそんな縄跳びの選び方のポイントや、人気商品をランキング形式でご紹介します。効果的な使い方についてもまとめてみたので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

縄跳びの選び方

悩むスポーツウェアの女性

縄跳び選びにもいくつかのポイントがあります。特にダイエットやエクササイズのために縄跳びをする場合、自分の身体や体力に合った縄跳びを選ぶことで、より効果を期待できるでしょう。

縄跳びのロープの重さについて

縄跳びのロープの重さはそれぞれ異なります。軽いものは100g程度から、ボクサーなどが使用するような重いものなら300g程度からのラインナップになるそうです。ダイエット・エクササイズ用となると、ある程度重いロープを選ぶほうが良いそうです。

というのも、ある程度の重さのあるロープは、軽いものより体に負荷をかけることができ、さらに飛びやすくなるからです。

重さがあることでロープに遠心力がかかり、しっかりとロープが張った状態で回すことができます。引っかかりにくくなるので、体に負荷をかけつつも惰性で飛び続けられるでしょう。ダイエットなど継続が大切な運動に用いる場合は、縄跳びのロープは重めのものを選ぶことをおすすめします。

ロープが軽いとコントロールがしにくくなるため、継続して縄を回すことが困難に。ただし、楽に回すことができるので、体力に自信のないかたは軽いものから試してみるのも良いかもしれません。

縄跳びのロープの太さについて

ロープの重さ同様、太さもそれぞれ異なります。太いロープは空気抵抗が強いため、回している感覚がしっかりと伝わります。縄跳びの感覚をつかむのにぴったりですね。
細いロープは空気抵抗が少ないため、スムーズに縄を回したり、二重跳びや三重跳びなどの高度な技をするのに良いでしょう。

ロープの留め具について

ロープとグリップをつないでくれる「留め具」には、「折り曲げ式」・「ストレート式」・「ベアリング式」の3種類あります。飛びやすさや扱いやすさについて変わってくるので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

「折り曲げ式」について

グリップ部分の中に、ロープを折り曲げて留めるタイプ。100均で買える縄跳びにはこのタイプのものが多く、子どものころに扱ったことあるかたも多いのではないでしょうか。
簡単に長さの調整ができるというメリットがありますが、ロープが根本から抜けやすかったり、跳んでいるさいに捻れやすくなるなどのデメリットがあります。また、グリップの動きがロープに伝わりにくいため、ダイエットやエクササイズでの使用にはあまり向いていないでしょう。

「ストレート式」について

ロープの先端部分に留め具があり、グリップ部分の中で真っすぐな状態で留めておくタイプ。一般的に縄跳びといえばこのタイプの留め具が多いそうです。留める力が強くしっかりと固定してくれるため、簡単には抜けないでしょう。捻れも起きにくいのだとか。ただしその分、長さの調節がやりにくくなっています。

「ベアリング式」について

グリップ部分にベアリングが内蔵されているタイプ。そのため、ロープがスムーズに回転してくれ、ロープも捻じれにくくなっています。非常に跳びやすい留め具でしょう。ただし、しっかりと固定してくれる分、長さ調整が面倒なのだとか。

グリップの長さについて

ロープが良いものでも、持ち手部分である「グリップ」が自分に合っていないと、回しやすさに差が出てしまいます。グリップ部分が短いものは、腕を大きく振ってロープを回す必要があります。長いものだと、腕の振りが小さくてもロープが回ってくれます。また、長すぎると技をするさいに邪魔になったり、コントロールするのが難しくなってしまいます。自分の身長を考えながらも、ある程度の長さのあるグリップを選ぶようにすると良いでしょう。

グリップの形について

グリップ部分の形は、さまざまな形のものがあります。ずっと握って飛ぶものなので、やはり持ちやすさにはこだわりたいものですよね。手にほど良くフィットして、握りやすい形状のものを選ぶようにすると良いでしょう。完全な円柱型よりは、楕円形やくびれのあるものが良いかもしれません。

また、手に汗をかいてしまったさいや、手が乾燥しているときは、ロープの回転の反動で手からグリップが外れやすくなってしまいがち。グリップ部分に滑りにくい加工がしてあると安心できますよ。

スポンサーリンク

縄跳び人気おすすめ商品TOP8

ここからはインターネットで購入できる、ダイエットやエクササイズにおすすめの人気商品を、8位から順にランキング形式でご紹介します。口コミも一緒に紹介するので、ぜひ縄跳び選びの参考にしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

Mocent エア縄跳び 消费カロリーの良い なわとび 屋内と屋外に適し(nawatobi)ロープの長短を調節 大人用 子供用 ダイエット縄跳び 日本語説明書や電池付き

Mocent エア縄跳び 消费カロリーの良い なわとび 屋内と屋外に適し(nawatobi)ロープの長短を調節 大人用 子供用 ダイエット縄跳び 日本語説明書や電池付き

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,280

ロープの取り外しができ、エアでもロープつきでも縄跳びができる商品。時間や場所を選ぶことなく、誰にも見つからずに気軽にダイエット・エクササイズが楽しめます。グリップ上部にはLED液晶画面がついており、跳んだ回数・時間・体重・消費カロリーを確認することができます。目安やモチベーションになり、毎日の習慣として大変便利ですね。

日本語説明書や電池がついているので、購入してすぐに使用できるのもうれしいポイントです。

Mocent エア縄跳び 消费カロリーの良い なわとび 屋内と屋外に適し(nawatobi)ロープの長短を調節 大人用 子供用 ダイエット縄跳び 日本語説明書や電池付きの口コミ評判

エア縄跳びをしてみましたが、まわりにロープが当たることがないので、狭い我が家でも
運動不足が解消出来そうです。
液晶部品には、跳んだ回数や消費カロリーが表示されるので、ダイエットする際は、良い目安にもなります。

そして やっぱり一番気に入ったのは縄跳びとしての使いやすさですね!
重すぎず軽すぎず すごく回しやすいです!
あとは日本語説明書がついてるのはありがたい!これがあるとないでは全く違う!!!

7位

LICLI 縄跳び ダイエット トレーニング用 なわとび 小学生 子供用 大人用 長さ調整可能 最大3m 「 回しやすい 絡まりにくい ベアリング ジャンプロープ」「 筋トレ 全身運動 ボクシング スピード ロープ 」 4色

LICLI 縄跳び ダイエット トレーニング用 なわとび 小学生 子供用 大人用 長さ調整可能 最大3m 「 回しやすい 絡まりにくい ベアリング ジャンプロープ」「 筋トレ 全身運動 ボクシング スピード ロープ 」 4色

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 599

グリップ内部はベアリング式を採用しているため、絡まりにくい構造となっています。従来の商品に比べてクセがつきにくく、グリップも回しやすい長さなのだとか。またスポンジで覆っているため、汗を吸収してくれ滑り止めの役割も果たしてくれるでしょう。

ロープは約3mとゆったりとした長さがあるので、高身長のかたにもおすすめ。長さは自由に調節可能なので、もちろん女性やお子さんにもぴったりです。太さは5mmなので、トレーニングに負荷を与えてくれるそうですよ。

LICLI 縄跳び ダイエット トレーニング用 なわとび 小学生 子供用 大人用 長さ調整可能 最大3m 「 回しやすい 絡まりにくい ベアリング ジャンプロープ」「 筋トレ 全身運動 ボクシング スピード ロープ 」 4色の口コミ評判

ダイエット用に購入しました。普通のものと比べると、やはりグリップのフィット感が断然違います。耐久性も抜群です。

とても軽くて回しやすかったです。跳べる回数が増えました。

6位

BenRan 縄跳び ジャンプロープ トレーニング用 筋トレ ダイエットグッズ スピードロープ

BenRan 縄跳び ジャンプロープ トレーニング用 筋トレ ダイエットグッズ スピードロープ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 799

グリップ内部にベアリングがあるため、回転速度を保ちスムーズに跳ぶことができます。またロープが絡まりにくい構造となっているのもうれしいポイントです。グリップの材質は環境にやさしいABSを採用。スポンジで覆われているので、運動中の汗を吸収してくれ滑りにくくしてくれます。

ロープは高品質の「PVCロープ」の採用により、絡まりにくく耐久性にすぐれています。丈夫なので長く使うことができそうですね。ロープの長さは好みの長さに調節できます。シンプルなデザインが、使う人や場所を選ばないので素敵ですね。

BenRan 縄跳び ジャンプロープ トレーニング用 筋トレ ダイエットグッズ スピードロープの口コミ評判

絶妙な重量感で、なおかつ回しやすいので、10分も飛ぶと汗だくになってしまいます。
持ち手が小さいのでコンパクトに収納可能で、常にカバンに入れて会社の休み時間など人気のない所で飛んでいます(笑)

跳びやすいし、長く続けられます!
耐久性もあるし、文句ありません!

5位

TOPSTER 縄跳び トレーニング用 オリジナルケース付 エクササイズグッズ ベアリング (6カラー)

TOPSTER 縄跳び トレーニング用 オリジナルケース付 エクササイズグッズ ベアリング (6カラー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 777

グリップはベアリング構造を採用しています。そのためロープが絡まることなく、スムーズな高速回転が可能になります。また、汗をかいても滑りにくいハンドグリップを採用。持ちやすく滑りにくいのが特長なので、さまざまなシーンで活躍できそうです。

高品質な「PVCロープ」を使用しているため、耐久性にもすぐれています。ロープの長さや約280cmで、身長に合わせて長さを調節することができます。調節の仕方は簡単で、グリップの下の蓋を開けてロープを引き出し、ストッパーで長さを調節して余分な部分をカットするだけ。

TOPSTER 縄跳び トレーニング用 オリジナルケース付 エクササイズグッズ ベアリング (6カラー)の口コミ評判

飛びやすい。ベアリングがついているので縄が絡まず楽に飛べます。
何よりこのコスパでよいのか?というぐらいお値段で申し訳ないぐらいです。
商品と一緒に縄跳び保管用の簡易的な袋もついていました。

キックボクシングジムでは重めの縄跳びを、仕事の休憩時間にビニール縄跳びを使ってます。
だからこそ、このベアリング縄跳びの凄さがわかるのですが、これはストレスなく飛べます。

4位

beastoo sports トレーニング縄跳び ジャンプロープ ジャンプカウンター付き スポーツ フィットネス ダイエット 筋トレ用 男女兼用ロープ長さ調整可

beastoo sports トレーニング縄跳び ジャンプロープ ジャンプカウンター付き スポーツ フィットネス ダイエット 筋トレ用 男女兼用ロープ長さ調整可

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 890

ロープの長さは2.7m。身長に合わせてロープの長さを調整できます。グリップは、通気性が良い「スポンジグリップ」仕様となっています。運動中の汗を吸収してくれるので、滑りにくくしてくれます。さらにグリップ上部には、飛んだ回数がわかる「ジャンプカウンター」
がついているため、計画的なトレーニングに役立ちそうですね。また、跳んでいる最中に回数を数える必要がないため、跳ぶことに集中できますよ。999回まで数えてくれるそうです。

beastoo sports トレーニング縄跳び ジャンプロープ ジャンプカウンター付き スポーツ フィットネス ダイエット 筋トレ用 男女兼用ロープ長さ調整可の口コミ評判

適度な重さでいい運動になります。
長さも丁度良くて飛びやすいです。

すごく飛びやすい。
縄も絡まず、カウントまでしてくれて至れり尽くせりです。
これでこの値段はすごくお得!
縄跳びをお探しならばこの商品を買わない手はありません!

3位

エア縄跳び Himart 縄なし縄跳び 消费カロリー なわとび 2way 跳び式 ロープの長さ調節可 大人用 子供用 ダイエットトレーニング用 室内 室外 自宅 ノイズ減少 縄跳びできない者にも対応

エア縄跳び Himart 縄なし縄跳び 消费カロリー なわとび 2way 跳び式 ロープの長さ調節可 大人用 子供用 ダイエットトレーニング用 室内 室外 自宅 ノイズ減少 縄跳びできない者にも対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,199

縄跳びをする際に悩みがちな「場所」の問題。トレーニングは継続が大切ですが、雨の日や普段使う場所が使われていたなどの理由で、縄跳びができない日もありますよね。こちらの商品は「ロープ」がないため、場所を選ばずいつでもどこでも縄跳びをすることができます。もちろん付属で長さ調節可能のロープがついているため、普通の縄跳びとしても使用できます。

グリップ部分にはLED液晶があり、跳んだ回数や時間・消費カロリーなどを表示してくれます。自分がどれだけ鍛錬できているかがわかり、モチベーションも上がりそうですね。

エア縄跳び Himart 縄なし縄跳び 消费カロリー なわとび 2way 跳び式 ロープの長さ調節可 大人用 子供用 ダイエットトレーニング用 室内 室外 自宅 ノイズ減少 縄跳びできない者にも対応の口コミ評判

外が寒くて運動しなくなるので、ジョギングから、家でエアー縄跳びに替えました。
初めて使うので、紐をぶんぶん振り回すという不思議な感覚。
そして跳べてなくても、縄がないので引っかからず、何度も中断せずに良いです。笑

エア縄跳びで限られたスペースで運動出来るのでとても便利ですし、カウンタもついていて目標を決めて飛べますので飽き性で面倒くさがりな私でも継続出来そうです☆
ロープの取付け取外しはすごく簡単でした!

2位

RAYSTYLE 縄跳び ロープ 調整可能 なわとび 大人用 子供用

RAYSTYLE 縄跳び ロープ 調整可能 なわとび 大人用 子供用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 789

グリップ部分には「金属ベアリング」を採用しているので、ロープが絡まりにくくなっています。ロープの材質は環境にやさしい高品質な「PVCロープ」を採用しており、丈夫で耐久性にすぐれているため、長く使うことができるでしょう。グリップはスポンジなので、跳んでいる最中に滑りにくくてうれしいポイントに。

ロープの長さは約270cm、ハンドルサイズは15.5cm。重量は約150gとなっています。ロープの長さを簡単に調整できるため、自分の身長に合わせて自由に長さを変えられます。

RAYSTYLE 縄跳び ロープ 調整可能 なわとび 大人用 子供用の口コミ評判

この縄跳びは切らなくても自由に長さの調節が可能で、かつしっかり固定できるので使いやすいです。身長が高いので長さの心配がありましたが十分な長さでした。持つ部分はソフト素材でホールド感があっていい感じです。

ロープ長さ調節可能。持ち手の筒の中に調節した縄を折り畳んで入れられたので切らずに済んだ。成長とともに長さ調節できる。
持ち手が程よい重さでスポンジ素材のグリップで飛びやすいです。

1位

Trydea 縄跳び ジャンプロープ トレーニング エクササイズ ベアリング内蔵 長さ調節可能

Trydea 縄跳び ジャンプロープ トレーニング エクササイズ ベアリング内蔵 長さ調節可能

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 798

グリップ部分の留め具には「ベアリング式」を採用しているため、ロープの捻じれができにくく、スムーズな回転が可能に。さらにスポンジグリップのため、汗をかいても滑りにくくなっています。

また、こちらの商品はロープの長さを簡単に調節できるそうです。子どもから大人まで、またどんな身長にも合わせることができるでしょう。ロープは品質の高い「PVCロープ」を使用しているため、耐久性も抜群です。跳ぶときは風を切るような音が出るので、リズミカルに跳べますよ。

Trydea 縄跳び ジャンプロープ トレーニング エクササイズ ベアリング内蔵 長さ調節可能の口コミ評判

ベアリング内蔵で回しやすく、10分も飛ぶと汗だくになってしまいます。
グリップが小さいのでコンパクトに収納可能で、常にカバンに入れてもかさばりません。
ロープに癖がつくこともなくいつも最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

回しやすさと握りやすさに衝撃を受けました。
ベアリングとやらが内蔵されているかららしいですが、
回しやすいしねじれにくいです。
グリップにはスポンジが使われてるので、
持ちやすいし、汗をかいても全然滑りませんでした。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

縄跳びの効果的な使い方

トレーニング後の女性

より効果的に縄跳びをする方法をご紹介します。

軽くウォーミングアップしてから跳ぶ

ストレッチや軽くジョギングをするなどして体を温めておくと、より縄跳びの効果も期待できるそうです。縄跳びの後は筋肉を労わるマッサージも忘れずに。

理想は20分だけど無理はしない

有酸素運動は、運動開始から20分経過することで脂肪燃焼効果が期待できるそうですが、いきなり20分以上跳び続けるのは至難の業ですよね。まずは1分間に60回跳ぶのを目安に、3分間続けてみましょう。間に3~5分程度の休憩をはさんで、3セット行います。

毎日3セット行うことに慣れてきたら、4セット・5セット……と、どんどん3分間の縄跳び回数を増やしていき、20分以上続けられることを目標にしてみてくださいね。ちなみに、無理は禁物ですよ。

好きな音楽やラジオを聞きながらする

縄跳びはランニングと違って、景色が変わったりしません。黙々と跳び続けるのも楽しくないので、Bluetoothのイヤホンをつけて好きな音楽やラジオを聞きながら跳んでみましょう。「この曲が終わったらやめよう」という目標もできますし、リズミカルに跳ぶ楽しみもできますよ。

縄跳びを行う場所について

なるべく滑らかな地面で行いましょう。地面に小石が落ちていたら、ロープにあたった小石が飛んで、近くにいる人をケガさせてしまう恐れがあります。また、粗い地面はロープが摩耗し、ロープの寿命を縮める原因になってしまいます。
また、アスファルトやコンクリートなどで長時間縄跳びをすると、足や膝などに負担をかけてしまいます。たっぷり縄跳びがしたい場合は、硬い地面を避けたほうが無難です。

まとめ

シンプルな運動だからこそ、「縄跳び選び」が非常に重要になってきます。ダイエットやエクササイズを行うのなら、継続することがなによりも大切です。

今回ご紹介した縄跳びの選び方やおすすめ商品を参考にしながら、ぜひ自分にぴったりの縄跳びを見つけてくださいね。無理のない範囲で、楽しく運動できますように。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.