1. グッディ∞
  2. 生活雑貨マフィン型のおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/06/21更新

マフィン型のおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

マフィン

マフィン作りというと「難しい」「手間がかかる」などのイメージをお持ちの人が多いかもしれませんが、マフィン型が一つあれば驚くほど簡単においしいマフィンを焼くことができます。

しかも、繰り返し使うことができるので、エコにもつながるのがマフィン型のメリットの一つ。お気に入りのマフィン型を選べば、普段お菓子作りもより一層楽しいものになりますよね。

しかし、一口にマフィン型と言っても、その種類はとても豊富で、どのようなものを選んだらいいか悩んでしまう人が多いのが事実。形や加工技術などに特徴があり、選ぶマフィン型によって、仕上がりが大きく左右されます。

そこで、ここでは、人気のマフィン型をランキング形式でご紹介していくとともに、マフィン型についての基礎知識もレクチャーしていきましょう。

スポンサーリンク

マフィン型の選び方

マフィン2

マフィン型を選ぶときには、どのようなポイントに気を付けるといいのでしょうか。チェックしたいポイントについてご紹介していきます。

まずは大きさを検討する

マフィン型は、大きなものから小さなものまでその大きさの種類が豊富です。特に、一度にたくさん焼くことのできる大きなマフィン型を買う時には、一度サイズをチェックしましょう。

海外メーカーのものでは、大きめサイズで作られていることが多く、実際に買ってみたものの自宅のオーブンに入らないと使うことができません。ですから、必ず事前に大きさを測ってみることが大切です。

マフィン型は、その多くがオーブン専用の商品ですが、シリコン製のものであればレンジで使うことも可能です。

ターンテーブル式のレンジでは、大きさはレンジ内に入ったものの、角が引っ掛かってテーブルが回転しないということがあるので、レンジサイズよりも一回り小さめのものを購入するのがおすすめ。

もし、ちょうどいいサイズのものがないという場合は、シリコン型の角をカットして大きさを調整するという裏技を使っている人もいます。

素材の違いで選ぶ

マフィン型には、様々な素材があります。それぞれの素材の特性とメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

シリコン製

柔らかく、扱いやすさで人気が高いのがシリコン型です。シリコンのメリットは、錆びないこと。金属製のマフィン型だと、水分が少しでも残っていると錆びてしまうことがありますが、シリコン製のものはそういった心配は無用です。

カラフルでカラーや形のバリエーションが豊富なのも特徴で、定番の丸型からキャラクター、季節にちなんだモチーフのものまでさまざまな形でマフィンを作ることができます。

オーブンだけでなく、レンジでの調理も可能なので、ホットケーキミックスを使ってレンジでチンするだけの簡単レシピを実践することもできます。冷製のお菓子型としても使えるため、ゼリーやチョコレートなどあらゆるものに応用できることも利点です。

食洗器で洗えることやコンパクトで置き場所を取らないことなど、使いやすさは断トツ。ただし、色の濃いものはシリコンに色移りしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

金属製

金属製のものには、スチールやステンレス、ブリキ製などのものがあります。金属製のものは、全般的に、シリコン製のものよりも熱の通りが良く、中心まで火が通りやすいためしっかりと膨らんだ形で仕上がるのが特徴です。

スチールは、主に鉄でできている合金で、表面にフッ素やシリコン樹脂などで加工がされており、焦げ付きにくいようになっています。熱の通りがいいので、短時間でもふんわりとしたマフィンに焼き上げることができると人気です。

ステンレス製のものは、錆びにくく、フルーツなどの酸にも強いので、マフィンのアレンジの幅が広がります。スチール製のものに比べて、熱伝導率は若干劣りますが、出来上がりに大差なく、何よりも簡単にお手入れができるということころに最大のメリットがあります。

ブリキ製のものは、熱の伝わりが抜群に早く、ふんわりとしたマフィンを焼くことができます。プロの愛用者も多く、自宅で本格的なマフィン作りをしたいという人におすすめ。他の素材に比べて価格は高めですが、仕上がりの違いを知れば、その価値がわかるでしょう。

ステンレス以外の素材は、錆びやすいので、使い終わった後はきれいに洗い、しっかりと乾かすことが必要です。特に、製菓用品はそう頻繁に使うものではないので、念入りにお手入れをして大切に使いましょう。

カップの大きさで選ぶ

マフィンの本場、アメリカでは、マフィンの大きさは私たちが普段日本で見ているサイズよりも大きめ。食事代わりとしてしっかり食べられるマフィンを作るのなら大き目のサイズを、おやつとして気軽に食べられるものを作るのであれば、ミニサイズのものを選びましょう。

大きいものと小さいものを用途に合わせて使い分けるのもおすすめ。一度にたくさんのマフィンを作るために、複数枚マフィン型をまとめ買いする人もいます。

デザインや形で選ぶ

マフィン型と言えば、シンプルな丸型を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はその形にはたくさんの種類があります。

例えば、ローズやフラワー型、ハート型、星形など人気の高いモチーフをはじめ、キャラクターを模ったものや、ハロウィン、サンタやトナカイなどのクリスマスモチーフなど、季節にちなんだものまで、バリエーションが豊かです。

マフィン型には浅型、深型があり、お好みに合わせて選ぶことができます。様々な形でマフィンを焼けば、普段のおやつタイムはもちろん、たくさんの人が集まるパーティーでも楽しむことができます。

スポンサーリンク

マフィン型人気おすすめ商品TOP10

数多く発売されているマフィン型の中からおすすめのものを売れている順に10位からご紹介します。実際の使用感などのレビューも参考にしてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

富士ホーロー マフィンカップ型 ベイクウェア 9P 57303

富士ホーロー マフィンカップ型 ベイクウェア 9P 57303

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,911

スチール製ならではの熱伝導率の良さで、マフィンをおいしく焼き上げることのできるカップです。フッ素コーティング加工が施されており、焦げ付きや汚れが付きにくいことに加え、フルーツなどの酸からも守ってくれます。耐熱温度は276度と高く、焼きあがった後に型離れしやすいことで、初めてのお菓子作りにも最適な商品です。

富士ホーロー マフィンカップ型 ベイクウェア 9P 57303の口コミ評判

一度に9個焼けるところがいいです。汚れも付きにくそうです。いい買い物しました(*^^*)一緒にレンジ紙ケース9号も買いました。たくさんマフィンを焼きたいと思います。

実際にマフィンを作る時は8号のグラシンケースが丁度いいサイズです。以前は100均のシリコンカップ型を使っていましたが匂いや所定の焼き時間通りで生焼けなどがあって本商品を購入するに至りましたが、本商品はしっかり焼き上がり、シリコン型より膨らみました。

9位

おしゃれなバラ型のシリコンケース 焼き菓子 クッキング ケーキ作り

 おしゃれなバラ型のシリコンケース 焼き菓子 クッキング ケーキ作り

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 780

生地を流し込むだけで、すぐにおしゃれでかわいいバラ型のマフィンを焼くことができます。花びらの形をモチーフに作られたマフィン型は、お手入れや取り扱いが簡単なシリコン製。中にバターや油を塗ってから使うと、より型から生地が離れやすくなり、きれいな形に仕上げることができます。パーティーで出すお菓子作りにもおすすめです。

おしゃれなバラ型のシリコンケース 焼き菓子 クッキング ケーキ作りの口コミ評判

とても可愛いバラのシリコンです いっぱいいっぱいに入れるより半分ぐらいにして入れて作った方が可愛らしいバラの形になります

バラの形のマドレーヌが作りたくて購入しました!焼き上げる際に型にしっかりバターを塗って焼いたところ、型外しはスムーズに行えました。シリコンなので扱いやすかったです!

8位

遠藤商事 ブリキマフィン型 #10カップ12ヶ付

遠藤商事 ブリキマフィン型 #10カップ12ヶ付

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,277

ブリキ製のマフィン型は、昔から愛用されている素材で、焼き上がりが本格的な味になるとプロからも支持を受けている商品です。熱伝導率が良く、それほど時間をかけなくてもふわふわで風味豊かなマフィンを作ることができます。ただし、水分が型に残っていると錆びやすいので、しっかり乾かしてからしまうなど、お手入れには気を遣うことが必要。お菓子作りに本気で取り組みたい人におすすめです。

遠藤商事 ブリキマフィン型 #10カップ12ヶ付の口コミ評判

焼きあがりがとっても良くて、びっくりしました。これを買って以来テフロンのものを使わなくなりました。ただし使い終わった後は、洗ってちゃん拭き、オーブンの残った余熱で乾かしているので、さびたりはしていません。

こちらの型は一つ一つが若干小さめなのも気に入っています。子供のおやつにもピッタリの大きさだと思います。ブリキは油が馴染むまでは少々使いにくく感じることもありますが、馴染んでしまえば扱いやすくなるし加工したものと違い、劣化することもないので長く使うにはぴったりだと思います。

7位

貝印 マフィン型 6個取り DL-5580

貝印 マフィン型 6個取り DL-5580

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,471

マフィン型の中にシリコン樹脂加工が施されており、生地だけでなく、焦げてこびりつきやすい砂糖などもすぐにと離れるので、使いやすいと人気です。しつこい汚れは、水でふやかしてから取ると、するりと取れてあっという間にお手入れ完了。鉄製なので、熱伝導率が良く、焼き上がりのふっくらとしたおいしいマフィンを焼くことができます。

貝印 マフィン型 6個取り DL-5580の口コミ評判

紙ケース 9号がジャストサイズ。2つ購入し、フル活用中です。熱伝導率が良いのか、すぐに焼けるので、どんどん焼いていろんな方にプレゼントしたくなります。お手入れは、ぬるま湯に浸けるだけでするりと落ちます。

テフロン加工なので当然ですがくっつかないので手入れしやすいです。直に生地を流して焼いています。とても綺麗にできます。

6位

パール金属 スイートクロスハート2 シリコーン マフィン ケーキ 焼型 プレート 6ケ取り ピンク D-1592

パール金属 スイートクロスハート2 シリコーン マフィン ケーキ 焼型 プレート 6ケ取り ピンク D-1592

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 679

8号サイズのカップがちょうど収まる大きさで、程よいサイズ感のおいしいマフィンを焼くことができます。扱いやすいシリコン製で、型からマフィンが離れやすく、焼きあがりはマフィンだけでなく、型の中もきれいだと評判が高い商品です。シンプルなデザインとサイズ感の良さから、リピーターやまとめ買いをする人が多くいる人気のマフィン型です。

パール金属 スイートクロスハート2 シリコーン マフィン ケーキ 焼型 プレート 6ケ取り ピンク D-1592の口コミ評判

よく焼くマフィン!型の中にマフィン用の紙を敷き…失敗した事はありません。綺麗に外れて大満足です。一番使う菓子型です^^1個のサイズは底約5cm×高さ約3cmくらいです。

シリコーン特有のニオイは、個人差が有ると思いますが、私は気にならない程度でした。薄い紙タイプのシリコンカップ8号サイズ(直径約5cm位)がちょうどハマるので、プレゼント用に作るときに利用すれば型から外すのも簡単で、我が家で食べる分なら直接焼き型に入れて焼いてもOK♪

5位

貝印 耐熱 シリコン製 プチ マフィン型 ローズ15個取り CAKE MATE DL-6045

貝印 耐熱 シリコン製 プチ マフィン型 ローズ15個取り CAKE MATE DL-6045

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,252

シリコン製で扱いやすさが人気のマフィン型です。型の底面には、バラの花びらのような模様がつけられており、焼き上がりはローズの形(花びらの模様)に仕上がります。一口サイズのミニマフィンを一度に15個焼くことができるので、お客様のおもてなしやお子様のおやつ作りに最適。かわいらしいピンク色のデザインは、お菓子作りのやる気を高めてくれます。

貝印 耐熱 シリコン製 プチ マフィン型 ローズ15個取り CAKE MATE DL-6045の口コミ評判

ブラウニーを作りました。きれいに薔薇の形になるし、型離れもよかったです‼ 一度にたくさん作れるので、お友だちに配るのに便利でした。

可愛いフィナンシェが焼けました。贈り物にピッタリのお菓子が作れます!参考に…私はレシピより温度+10℃、時間+10分で焼いたら表面サクサク中しっとりに美味しく焼けました。お持ちのオーブンに合わせて調整されると良いと思います。

4位

シリコン加工 ミニマフィン天板 12P 【マフィン型】

シリコン加工 ミニマフィン天板 12P 【マフィン型】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,180

カップの数は12個で、食べやすい一口サイズのマフィンを焼くことができます。シンプルなデザインなので、マフィンだけでなくキッシュやタルト、ミニケーキなど様々なものに応用することができます。シリコン加工がされているので、生地がくっつくことなく、使いやすさも評価が高いポイント。リーズナブルな価格も人気です。

シリコン加工 ミニマフィン天板 12P 【マフィン型】の口コミ評判

シンプルな天板。マフィンを焼くのにも、変形フィナンシェを作るのにも向いている。シリコン加工がなされている為、そうでないものと比較すると、お菓子を焼き終えたあと、くっついたりせず綺麗にお菓子が取り出せる。

ミニマフィンやミニフルーツタルトを作りたくて購入。テフロン加工なので天板に油を塗らなくても全然okでスルッと取れます。一個でもある程度満足感ありの大きさでダイエット向きです(笑)あと、小さいお菓子の美しさと可憐さは見た目にもとっても楽しい。手土産に持って行くと「うわ?素敵☆」と喜ばれますよ。

3位

WILTON レギュラーマフィンパン 6CAV 2105-953

WILTON レギュラーマフィンパン 6CAV 2105-953

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,004

1929年にアメリカで生まれ、もうすぐ創業90年を迎えるウィルトン社は、製菓用品などを専門に取り扱うメーカー。アメリカの一般家庭だけでなく、世界中で愛されているスタンダードなマフィン型です。汚れの付きにくいノンスティック加工が施されており、ご下野記事のこびりつきを防ぎ、使い終えた後は清潔に保つことができます。

WILTON レギュラーマフィンパン 6CAV 2105-953の口コミ評判

クオリティが高くて触りもいいです。本当にお勧めです。マフィン、カップケーキだけじゃなくて、ミニベークドオートミールとかマックアンドチーズも作っています。

とっても使いやすく、キッシュをやきました。中に油をぬらなくても綺麗に焼けます。取り外しも綺麗に取れます。もうひとつ買えばよかったと思ってます。使いやすいですよ。

2位

WILTON レギュラーマフィンパン 12CAV 2105-954

WILTON レギュラーマフィンパン 12CAV 2105-954

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,176

マフィンカップの数は12個と、一度にたくさんのマフィンを焼くことができる便利なマフィン型です。他の一般的なマフィン型と比べると大きさが大きめなので、自宅のオーブンに入るかどうかを一度採寸してみることがおすすめです。汚れがこびりつきにくく、食洗器で洗うことができるので、お手入れがとても簡単で使いやすいと評判の商品です。

WILTON レギュラーマフィンパン 12CAV 2105-954の口コミ評判

9号のマフィンカップがちょうど良いサイズです。私のオーブンは大きめなので少し余裕がありましたが、小さめのオーブンだと絶対に入らないと思います。生地が付いても焼き上がったときにツルッと取れました。お手入れもしやすくて、長く使えそうです

ウィルトンは海外のメーカーさんですがテフロン加工?フッ素加工?(良く分からないですが。)でカップを入れずに焼いてもコゲつかないしスルンと外れとても丈夫なのにお値段もお手頃で買い足すのにとても便利ですね♪

1位

パール金属 マフィン型 プレート 6個取り ハイクリーンコート EEスイーツ D-4838

パール金属 マフィン型 プレート 6個取り ハイクリーンコート EEスイーツ D-4838

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 954

一度に6つのマフィンが焼けるプレートは、食べやすいほど良いサイズ感に仕上がると評判が高く、最も多く売れているマフィン型の一つです。ハイクリーンコートという特殊な加工がされており、生地がこびりつかず、焼けた後の生地離れがいいので使いやすいのが特徴。オーブン専用ですが、蒸し器での使用も可能で、蒸しパンを作ることもできます。

パール金属 マフィン型 プレート 6個取り ハイクリーンコート EEスイーツ D-4838の口コミ評判

他の方のレビューの通り、短所が見当たらないくらい完璧なプレートだと思います。生焼けする事なく、中までしっとりと美味しいマフィンが完成しました。おやつタイムや朝食に手作りマフィンを出すと家族が喜んでくれます。

ミニサイズのキッシュを作るのに使っているが、大変重宝している。大きさも使い勝手がよく、生地が焦げ付いたりくっついたりすることもない。余計な凹凸もなく、洗いやすい。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

マフィン型の効果的な使い方

選び方

せっかくマフィンを焼くのであれば、失敗したくないですよね。おいしくて、しかもきれいに焼き上げるためのちょっとしたコツをご紹介します。

バターやオイルで焦げ付き防止対策

マフィン型には、あらかじめ焦げや汚れが付きにくいように樹脂やテフロンなどで加工がされています。しかし、使っているうちに少しずつ焦げ付きやすくなり、生地離れしにくくなってくるものです。

そこで、使う時には、あらかじめ型にバターやオリーブオイルなどを塗ってから使うのがおすすめ。初めて使う時からこれを実践していると、型の表面の痛みが少なく、長くきれいな状態で使うことができます。

マフィン型の中に、グラシンカップを入れて、そこに生地を流し込んで焼き上げる方法もよく知られています。焼きあがったマフィンが簡単に型から離れ、型も汚れないため、後片付けがとてもスムーズに運びます。

生地作りは入念に

どんなに素晴らしいマフィン型を使っても、生地作りがいまいちだと出来上がりもうまくいきません。ふんわりと膨らみのあるおいしいマフィンを作るためには、生地を丁寧にブレンドすることが大切です。あまりに混ぜすぎると膨らみにくくなるので、こねすぎないように程よく混ぜて全体のバランスを均一にすることを心掛けましょう。

ベーキングパウダーも所定の量をきっちりと計って使いましょう。特に、アメリカンマフィンのようにしっかりとしたふくらみが必要なものだと、ベーキングパウダーが足りなければぺちゃんこで固い仕上がりになってしまいます。

また、オーブンの予熱が甘いと膨らみにくくなるので、庫内を十分に温めてから、マフィンを入れるのがコツ。マフィン型をこだわって選んだのであれば、同じくらい生地作りにもこだわることが大切です。

まとめ

マフィン型には、色々な種類があることがわかりましたよね。シリコン製のものから金属製のものまで、その特徴やメリット、デメリットも様々。使いやすさや仕上がりなど、自分が重視するポイントを決めて選ぶと、お気に入りのものが見つかりやすいですよ。

ぜひ、こちらの生地を参考に、素敵なマフィン型を見つけてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.