1. グッディ∞
  2. 生活雑貨粉ふるいのおすすめ比較ランキング!人気なのは?

2018/01/09更新

粉ふるいのおすすめ比較ランキング!人気なのは?【2018年】

粉ふるいを使うシェフ

お菓子を作ったりパンを焼いたりするとき、材料の粉を丁寧にふるっておくことで生地の仕上がりが全く違ってきます。そんな時に役に立つのが使い易い粉ふるいですが、種類も豊富でどれを選べばよいか迷ってしまいますね。

そんな時に役に立つ粉ふるいの選び方や上手な使い方、おすすめの製品などに関する情報をお届けします。

スポンサーリンク

粉ふるいの選び方

選び方

粉ふるいを選ぶときにチェックしておきたいポイントについてご紹介します。

用途によって選ぶ

粉ふるいにもさまざまなタイプのものがありますが、どんな使い方をしたいのかその用途によって適したものがあります。クッキーやケーキを焼いたりするのに原料の小麦粉をふるう為には目の細かいものを選ぶ必要があるし、アーモンドパウダーなどをふるうときには小麦粉よりも目の粗いものの方が適しています。

お菓子の仕上げに粉糖をかけるには専用のシュガーストレーナーが向いているし、クリームや加熱した野菜を裏ごしするには、ある程度の大きさがあるシンプルな機能の粉ふるいが最適だという風に、用途によって選び方も変わってくるものです。

一つの粉ふるいですべてこなすのはちょっと難しいかもしれませんが、自分が主にどんな用途で使う予定なのかに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

容量によって選ぶ

お菓子作りやパン作りなどにいつも大量の粉を使う事が多いなら、粉ふるいもあまり小さなものではなく、それなりの大きさのものを選んだ方が粉をふるう作業が楽に短時間でできて便利です。

粉ふるいを選ぶときにはどんな目的で使うかに合わせて適したタイプを選ぶことが大切ですが、どのくらいの量の粉をふるいたいかによって容量を選ぶことも同じくらい大切です。

大量の粉をふるうといっても、家庭用であればあまり大きなものは収納場所を考えるのも大変になるので、大きめの粉ふるいとトッピングにも使用できる目の細かく小さなストレーナータイプなど、最低でもこの2種類をそろえておくことで、より作業が効率よくできるようになる事でしょう。

機能性で選ぶ

粉ふるいにもいろいろな種類があり、その機能性も異なります。

粉が飛び散りにくいもの

小麦粉などの粉をふるうときにふるった粉が飛び散るのが悩みだという人は少なくありません。せっかくきれいに粉をふるう事が出来ても、広い範囲に粉が飛び散ってしまっては無駄になるうえに後片付けも大変になってしまいます。

そんな時は粉が飛び散りにくい形状になった粉ふるいを選ぶのがおすすめです。ハンドル部分を握ったり離したりすることで自動的に粉がふるえるようになっているタイプの粉ふるいにも、ふるった粉の出口部分の形状に工夫が施され、粉が飛び散りにくいようになっているものもあります。

粉の投入部分は入れやすいように広めになっており、ふるった粉の出口部分はやや絞って狭くしてあるなど、粉が飛び散りにくく使い易い工夫がされています。

お手入れが楽なもの

お手入れのことを考えれば、材質は錆びにくく丈夫なステンレス製のものがおすすめです。ステンレス製のものは食洗機にかけて洗う事もできるものがほとんどなので、使った後お手入れが楽にできます。

また、使用後のお手入れで多くの人が頭を悩ませるのが部分的に粉がこびりついて落としにくいなどの問題です。特に自動粉ふるいタイプになっているものは形が複雑な分粉がたまる部分が出来てしまうなど、綺麗に洗うのが大変なものもあります。

そんなストレスを感じずに済むのが分解できるタイプです。粉ふるいの本体と網などを簡単に分解できるタイプは洗い易く乾かすのも簡単です。プラスチック製の粉ふるいの中にはそうしたタイプもあります。

スポンサーリンク

粉ふるい人気おすすめ商品TOP10 

粉ふるいを人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 2重アミ自動 粉ふるい LL 【日本製】 D-4724

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 2重アミ自動 粉ふるい LL 【日本製】 D-4724

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,682

ステンレス製でハンドル部分を握るだけで片手で楽々使える粉ふるいです。2重アルミ構造になっているため、きめ細かく粉がふるえます。LLサイズで一度に大量の粉をふるう事が出来るので、何度も粉をふるう手間もなく粉ふるいにかける時間が短時間で済みます。分解することはできませんが、食器洗い乾燥機の使用もできるので、取り扱いがしやすい製品です。

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 2重アミ自動 粉ふるい LL 【日本製】 D-4724の口コミ評判

暫く網がシングルのものを使っていましたが、2度ふるうのが面倒でこちらを購入しました。便利です。

大きいとすぐに粉を振り終えられて良いです。収納に余裕があるのならば迷わず大きい物を飼うべきでしょう。
普通に粉をふるうよりも、早く、疲れず、こぼすことなくふるえていい商品です。

9位

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 粉ふるい ストレーナー13cm 【日本製】 D-4722

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 粉ふるい ストレーナー13cm 【日本製】 D-4722

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 756

幅140×全長210×高さ60mmの、小型の粉ふるいストレーナーです。小ぶりなサイズなのでお菓子などの粉ふるいとして使用するのはもちろん、食材の裏ごしにも便利に活用できます。小さめで使い勝手が良く、保管にも場所をとる心配がありません。ボウルの中で粉をふるいやすいサイズで、目はやや粗めなので、使用後にも洗い易く使い易い粉ふるいです。

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 粉ふるい ストレーナー13cm 【日本製】 D-4722の口コミ評判

目が粗くてびっくりしましたが、パン作りには支障はなかったです。サイズもちょうど良く、ボウルの中で粉をふるいやすく、こぼれません

離乳食用に購入しました。裏ごしや湯煎などで活躍!それだけでなく、お菓子作りの粉ふるいなどでも利用しています。
赤ちゃん用の裏ごし器を買うより、丈夫で長く使えて満足です。
見た目も作りも値段の割にはしっかりしていると思います。

8位

タイガークラウン ラインシフター 粉ふるい器 1687

タイガークラウン ラインシフター 粉ふるい器 1687

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,296

本体部分はABS樹脂、網部分がステンレスでできた軽くて使い易い粉ふるいです。コンパクトで本体重量も軽量ながら、容量はたっぷり2カップ分の粉がふるえるサイズです。引き金ハンドル部分は角度がついており楽に握れるので手首が疲れにくい構造です。さらにシフターは左右どちらの手でも使い易いデザインになっており、使い勝手の良い製品です。

タイガークラウン ラインシフター 粉ふるい器 1687の口コミ評判

昔のタイプは、手が疲れてしまって厄介でしたが、この進化版は全く疲れません。
しいて言えば、もう少し入り口が広いと粉が入れやすいですかね。

ステンレス製のものも購入しましたが、重さや握る場所が違うので使い分けていこうと思っています。とにかく軽くて洗えるので重宝しそうです。

7位

貝印 Kai House Select しっかり洗えてきれいに片づく 粉ふるい ( 受け皿 付き ) DL-6261

貝印 Kai House Select しっかり洗えてきれいに片づく 粉ふるい ( 受け皿 付き ) DL-6261

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,998

粉を入れる時に便利な広い口のデザインになっており、かるくて取扱いが楽にできるABS樹脂製の粉ふるいです。ポリプロピレン製の受け皿が付属しているので粉を入れたままで計量できるし、テーブルの上などに置いておくときに粉がこぼれず置き場所にも困りません。本体は網も取り外すことができて洗い易い構造になっているので、しっかり洗えてきれいに片づけられます。

貝印 Kai House Select しっかり洗えてきれいに片づく 粉ふるい ( 受け皿 付き ) DL-6261の口コミ評判

最後に淵に溜まるのでそれをたたいて振り落とす手間がありましが、軽量してそのまま振れるのは良い。

6位

貝印 製菓用 粉ふるい 茶こしタイプ Kai House Select DL-6263

貝印 製菓用 粉ふるい 茶こしタイプ Kai House Select DL-6263

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 413

ステンレススチール製の茶こしタイプの粉ふるいです。お菓子作りなどの際に最後にココアやシュガーパウダーをかける時に、手軽にサッと使えて便利です。柄の部分はポリプロピレン製でちょっとかけておくにも便利なフックの形状になっています。7.5×18.3×3.5cmの小型サイズで、スイーツの仕上げなどにちょっと使いたいときにすぐに取り出して使い易く、収納場所も取りません。

貝印 製菓用 粉ふるい 茶こしタイプ Kai House Select DL-6263の口コミ評判

網目が細かいのできれいにシュガーパウダーをかけれると思った。

コーヒーを淹れる際電動ミルで挽くと微粉末が発生する為 篩にかけ淹れて
います。劇的に珈琲の味が変わりました

5位

和平フレイズ 粉ふるい 元祖ヤキヤキ屋台 YR-4248

和平フレイズ 粉ふるい 元祖ヤキヤキ屋台 YR-4248

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 667

お好み焼きやたこ焼きなどの屋台ものだけでなくお菓子作りなどの際に便利に活用できる粉ふるいです。中に粉を入れてハンドル部分を握ったり離したりすることで粉を振るい落とす使い方をします。ふるいを使って粉をふるった時のように周りに飛び散る事もなく、一気にサッと簡単にふるえる使い勝手の良い製品です。ステンレスでできた安心の日本製粉ふるいです。

和平フレイズ 粉ふるい 元祖ヤキヤキ屋台 YR-4248の口コミ評判

自動の粉ふりは壊れやすいと口コミで書かれていましたけど、値段も安いので購入してみました。購入してから3回使いましたが、素早く粉ふり出来てストレスなく使えます。洗う際に壊れない様優しく洗う様にしています。

量が加減できていいですね。それまで手で小麦粉をかけていたので億劫でしたが今は助かってます!!

4位

オークス レイエ ムダなくまぶせる粉ふるい LS1534

オークス レイエ ムダなくまぶせる粉ふるい LS1534

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

粉をまぶしたいときにサッと粉をすくって薄くまんべんなくふるう事が出来ます。粉をこぼさず縦にも横にも振れる独自の形状で、柄が長いので袋から粉をすくい易いのも特徴です。

スプーン部分が透明素材なので粉の残量を確認しやすく、簡単に分解して洗えるので清潔に使えます。パウダーシュガーやココア、抹茶などを使ってお菓子作りの仕上げにも便利です。

オークス レイエ ムダなくまぶせる粉ふるい LS1534の口コミ評判

前のバージョンは網の部分が金属ですが、こちらは樹脂製になっています。
これまでは、お肉の表面に小麦粉や片栗粉をまぶすときにどうしても適当に振りかけて指で延ばしていましたが これはいいです!洗うのも分解できるので楽です。

これは、軽量で飛び散らないし、粉も節約できるので大満足です!

3位

パール金属 粉ふるい ストレーナー 15cm ステンレス EEスイーツ 日本製 D-4723

パール金属 粉ふるい ストレーナー 15cm ステンレス EEスイーツ 日本製 D-4723

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 864

柄の部分もすべてステンレス鋼でできた日本製の粉ふるいストレーナーです。お菓子作りや料理に粉をふるう為に使用するのはもちろんですが、脚がついていないので粉が入り込んで洗いにくく感じる事もなく、材料の裏ごしなどにも便利に使用できます。柄の部分を含め全長は23cm直径が15cmで大きすぎず小さすぎず、ちょうど使い勝手の良いサイズです。

パール金属 粉ふるい ストレーナー 15cm ステンレス EEスイーツ 日本製 D-4723の口コミ評判

粉ふるいとしてはとても使いやすいです
100gくらいの少量(ケーキなどお菓子用)振るうだけなのですが
ちょうど一回できもちよくふるえる大きさです

強力粉と薄力粉を、一緒にふるいにかけ ダマが出ればスプーンなどで軽く拡販したり縁をトントンすれば綺麗にふるえます。以前購入したトリガータイプより使いやすいです。
ケーキ・餃子の皮など、粉物のふるいは、少し量が多くても2回に分けるなどして、ふるえば楽です。

2位

パール金属 アンテノア 自動粉ふるい (中) 【日本製】 D-3566

パール金属 アンテノア 自動粉ふるい (中) 【日本製】 D-3566

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 728

お菓子やパン作りの際に欠かせない粉をふるう作業も片手で楽に時間をかけずにできてしまう便利な粉ふるいです。ふるった粉を周囲に飛び散りにくくするための独自の形状になっています。

ステンレス製なのでさびる心配もなく丈夫で取り扱いもしやすく、清潔な状態で使う事が出来ます。粉をふるう事で粉に空気が含まれて、ダマのない軽い仕上がりに作れます。

パール金属 アンテノア 自動粉ふるい (中) 【日本製】 D-3566の口コミ評判

ホームベーカリーからパン作りにステップアップして薄力粉用に購入
取っ手を握るとふるいができるのは新鮮な感動でした
大きさもちょうどよいし便利な一品です

大きさもほどよく、使いやすいです。金属粉がでることもなく、軽く、扱いやすいです。

1位

パール金属 日本製 自動 粉ふるい Mサイズ ステンレス製 EEスイーツ D-4726

パール金属 日本製 自動 粉ふるい Mサイズ ステンレス製 EEスイーツ D-4726

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 635

お菓子やパンなどの粉を使った調理をする時に欠かせない、粉をふるう作業が片手で簡単にできる粉ふるいです。二重アルミ構造になっているため、一度できめ細かな状態に粉をふるえます。

ステンレス製で食器洗い乾燥機にも使用できるので取り扱いが楽にできます。ちょっと使うのにも便利なMサイズで、ハンドルを握るだけで粉の飛び散りもなく楽々使えます。

パール金属 日本製 自動 粉ふるい Mサイズ ステンレス製 EEスイーツ D-4726の口コミ評判

今までは自動でないものを持っていましたが、あれだとふるった粉が広範囲に広がるので、こちらのタイプが欲しくて買いました。
カチャカチャ握るとあっという間に振るえて便利です。

低糖パンを焼くときに、材料を混ぜ混ぜするまえに、これでひと手間。そうすると、出来上がりが格段によくなりました。価格も安く、重宝しています。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

粉ふるいの効果的な使い方

効果的な使い方

粉ふるいの取り扱い方法のポイントをご紹介します。

使った後のお手入れ

粉ふるいでも片手で使えるタイプのステンレスなどでできたものは、使った後によく粉をはたいてきれいにすることが基本です。メーカーの使用上の注意にも書かれていることがありますが、使った後は粉を丁寧にはたいて取り除き、ジップ式のビニール袋などに入れて保管しておくのがおすすめです。

網が2重で複雑な形状になっているタイプは細部に粉がたまりやすく、使った後に洗って乾燥が不十分だと雑菌の繁殖やカビの原因になりやすいので注意が必要です。

それでもやはり使った後は洗っておきたいと思うのも無理のない事なのですが、洗うにしてもその前に粉をきれいに取り除いてから水洗いなどをして、その後はステンレス製のものならオーブンの余熱できっちりと乾かしておく方法がおすすめです。

もちろん食洗機に対応しているタイプならそのまま乾燥させることができますが、網目に粉が残った状態で水洗いしてしまうと、かえって網目に汚れがこびりつくことも考えられます。基本はまずは乾いた状態の時に粉をきれいに落とすのを徹底することです。

シンプルな形状のストレーナータイプは簡単に洗えるのがメリットなのですが、フチの部分や持ち手との接点の部分などはどうしても汚れが落としにくくなりがちです。汚れが付きやすい部分を重点的にチェックしながら使用後には同じように粉をしっかりと払い落としてから綺麗に洗って、その後完全に乾かしておくようにしましょう。

まとめ

家庭で小麦粉などを使った調理の際に、粉を事前にきちんとふるっておくことでより質の高い仕上がりになります。粉ふるいは用途に合わせて最適なものを選び、料理の腕を存分に振るいたいものですね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.