1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーボディケアバスグッズお風呂掃除用スポンジ・ブラシのおすすめ比較ランキング!人気最強は?

2018/03/03更新

お風呂掃除用スポンジ・ブラシのおすすめ比較ランキング!人気最強は?【2018年】

浴室は湿度が高く、油断するとヌメリやカビがすぐに発生してしまいます。ですが、天井・壁・床・鏡・ドア・ふた・小物など掃除しないといけない場所も多く、面倒に感じていませんか?

そんなお風呂掃除を少しでも簡単&楽に済ませるために、掃除に使うスポンジやブラシの見直しをおすすめします。同じ洗剤を使っても、スポンジやブラシを変えるだけで今まで以上に汚れが落ちやすくことがあります。

お風呂掃除用スポンジ・ブラシの選び方やおすすめの商品、使い方などについてしっかりと紹介します。

スポンサーリンク

お風呂掃除用スポンジ・ブラシの選び方

お風呂掃除に使うことができるスポンジやブラシにもいろいろな種類や素材があり、何がどう違うのか迷ってしまうことも多くあります。どのようにお風呂掃除用のスポンジ・ブラシを選ぶのがいいのでしょうか。

いろいろな方面から、使いやすいお風呂掃除用スポンジ・ブラシを選ぶポイントをみていきましょう。

タイプで選ぶ(スポンジorブラシ)

お風呂掃除用の道具としては手に持って洗うことができるスポンジと柄のついたブラシタイプのものがあります。それぞれの特徴・メリット・デメリットを紹介します。

スポンジタイプ

掃除をする場所によって体勢や姿勢を変える必要があります。ですが、手の力がすぐに思った通りに伝わるためスムーズに掃除を進めることができます。手が届く範囲であれば、意外と楽に掃除をすることができ、洗いムラも起きにくいのが特徴です。

小さいため、収納場所にも困ることがありません。紐をつけてフックにかけたりすることで気になる時に気になる場所をササッと洗うことができる手軽さもあります。

ブラシタイプ

スポンジでは手が届かない天井や壁の上部を掃除する際にはブラシタイプが役立ちます。ヘッド部分の角度調節ができたり、柄の長さを調節して使いやすい長さにすることができる商品もあり、使いやすくなっているものが多くあります。

ですが、手の力が伝わりにくいという面があり洗いムラができてしまうこともあります。そうなると汚れをしっかりと落とすために力が必要になることもありますので注意が必要です。また、柄の長さが短いものだと浴槽の底・天井の隅などを掃除する際に無理な体勢になることがあり、腰などを痛めてしまう可能性もあります。

握りやすい・持ちやすい形を選ぶ

スポンジタイプの握りやすさ、ブラシタイプの持ちやすさは力をきちんと伝えられるかどうかにかかわってくるポイントになります。

スポンジタイプであれば、スポンジの中央部にくびれなどがついており握りやすくなっているもの、ブラシタイプであれば使う人の身長や手の長さ、浴室のサイズに合っているものを選ぶようにしましょう。

実際に店頭でお風呂掃除用のスポンジやブラシを選ぶ際には、手に取って持ちやすさ・握りやすさを確認するようにしましょう。ブラシタイプのものは水を含むとヘッド部分が重くなります。それを想像しながら、天井などが掃除できるのかを考えてみることもポイントになります。

大きいサイズのスポンジを選ぶ

スポンジやブラシのヘッド部分が大きければ、1度で磨くことができる範囲が広くなるため掃除の効率がよくなります。また、大きめのサイズの方が力も入れやすくなるため、掃除が楽に感じます。

浴槽や壁・床など広い場所を洗う際には、やはり表面積の大きなものが便利です。

掃除場所に合わせた厚さを選ぶ

浴室の中には、いろいろな場所があります。洗いたい場所に応じてスポンジの厚さを変えることも、掃除を効率よく済ませるポイントになります。

一般的に硬いものは薄く、柔らかいものは厚く作られているスポンジ。厚さによって洗う場所を使い分けるのがおすすめです。

浴槽・床用は厚めのものがおすすめ

浴槽や床の掃除をする際にはスポンジが厚めのものがおすすめです。ゆるやかな曲面にもしっかりとフィットさせることができ、長時間使っても疲れにくいという特徴があります。

ただし、スポンジが厚くなると劣化のスピードも早くなるという特徴があります。また、しっかりと中まで乾燥させることができないとカビが繁殖しやすくもなり、衛生面で不安が残ります。

適度な厚さの商品を選択し、使った後はしっかりと乾燥させることを心がけましょう。

厚めのものはスポンジの気泡が大きいものが多くなっています。そのため洗剤の泡立ちがよいという特徴もあります。

細かい部分・小物には薄めのものがおすすめ

蛇口や洗面器など細かな凹凸がある場所を掃除する際には薄手のスポンジがおすすめです。軽い力で変形させることができるため、細部までしっかりと力を入れて洗うことができるようになります。

薄めのものはスポンジの気泡が小さめに作られていることが多くなっています。泡立ちはあまりよくありませんが、汚れが絡みやすいという特徴があります。

スポンジの硬さを確認

スポンジ

浴室内の洗いたい場所の汚れに応じて、スポンジの硬さもしっかりと合わせることが掃除を楽に済ませるポイントになります。

頑固な汚れには硬めのもの

蛇口についてしまったウロコ状の汚れや風呂桶の水垢・扉やタイルのカビなどは簡単には落ちてくれない頑固な汚れになっています。そのような場所を掃除する際には硬めのスポンジを選ぶようにしましょう。

傷つきやすいものには柔らかめのもの

浴槽は傷がつきやすいため、柔らかなスポンジでしっかりと洗剤を泡立てて洗うのがおすすめです。たっぷりの水・洗剤を含ませることができれば、洗剤を追加する回数も減らすことができます。

ただし、メラミン素材のスポンジは浴槽にはおすすめできませんので、ご注意ください。

素材で選ぶ

スポンジやブラシに使われている素材には、いろいろなものがあります。種類によってどのような違いがあるのかを紹介していきます。

アクリル製

洗剤を使わず、水だけで掃除をすることができるのがアクリル製の特徴です。蛇口についた水垢も、キュキュッとこするだけで傷つけることなくピカピカにすることができます。浴槽洗いにも使えます。

ナイロン製

ざらざらとした感触が特徴のナイロンは、細かな凹凸のある床や壁を洗うのにおすすめです。

メラミン製

使ううちに表面が摩耗するので、だんだんとスポンジが小さくなっていくのが特徴となるメラミンスポンジ。使い捨てのスポンジとするのがおすすめです。

表面を削りながら汚れを落とすという特徴があるため、浴槽洗いには向いていません。水道の蛇口など、金属の部分に使うのがおすすめです。

マイクロファイバー

細かい繊維で作られているマイクロファイバーは、繊維が皮脂や石鹸の汚れをしっかりとからめ取ってくれるという特徴があります。吸水性にも優れているため、天井や壁の結露をふき取る際にも重宝します。

収納のしやすさで選ぶ

お風呂掃除用のスポンジ・ブラシは使い勝手も大切ですが収納のしやすさもポイントとなります。

スポンジであれば紐を通すことができる穴やフックがついたもの、ブラシタイプのものは柄の部分にフックや穴がついているもの、であることを確認しておきましょう。

収納だけでなく乾燥もしやすいものでないと、すぐにカビが生える原因となってしまいます。

色で選ぶ

使っているうちにスポンジ自体にも汚れがついてきます。スポンジの交換時期が分かりやすくなるためには、白いものがおすすめです。逆にスポンジに汚れがついてくるのが気になる、という方には色つきのものがおすすめです。

価格で選ぶ

衛生面を考えると、お風呂掃除用のスポンジ・ブラシはできるだけ細かく取り換えた方がいいでしょう。そうなると、価格の安いものを選んで、必要に応じて取り替えていくことがおすすめとなります。

あまり高いものを買ってしまうと、「もったいない」という思いが働いてしまい、なかなか交換できなくなってしまいます。本来、浴室内を清潔にするための掃除道具であるにも関わらず、それでは意味がありません。

自分の中である程度、どのような使い方・処分するタイミングをするのかを考えて、価格をチェックするようにしてみましょう。

スポンサーリンク

お風呂掃除用スポンジ・ブラシ人気おすすめ商品TOP10

では、お風呂掃除用のスポンジ・ブラシのおすすめ商品を紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

マーナ バスタブスッキリ洗い ブルー W130B

マーナ バスタブスッキリ洗い ブルー W130B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 756

ヘッドについた粗めのスポンジは水切れと通気性がいいため汚れをスポンジにためることなくしっかりと落すことができます。スポンジ部は90度まで自由に動くため、バスタブの曲面にもしっかりとフィットしてくれます。

また、スポンジ部は取り外しも可能ですので、手に持って小物や水道回りなど細かな部分もしっかりと洗うことができるようになっています。

持ち手は先端がフック状になっているので、タオルハンガーにひっかけて乾燥させることができます。

マーナ バスタブスッキリ洗い ブルー W130Bの口コミ評判

若干スポンジは固めですが,我が家のシステムバス&システム洗面(タカラ)は傷つきません.洗剤を使って泡立て,優しくなでる程度で十分汚れは落ちます.また,使った後は2~3度降ればあっという間に水切れして乾くので衛生面でも安心です.

スポンジの適度な固さと粗さで、楽に汚れが落とせます。細かい溝や角の汚れには古歯ブラシが必要ですが、日々の掃除にはこれくらいで十分。またスポンジの粗さは、水切れの良さ、汚れの残りにくさにもつながり、掃除後のスポンジ掃除が楽です。

9位

レック 激落ち バスクリーナー マイクロベロア ( バススポンジ 風呂スポンジ )

レック 激落ち バスクリーナー マイクロベロア ( バススポンジ 風呂スポンジ )

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 206

青い面はマイクロベロアとなっており、極細の繊維が密集しています。そのため、水に濡らすと汚れの間に入り込みやすくなりブラシのように汚れをけずり落とすことができるため、水だけでも汚れを落とすことができます。

黄色い面は洗剤をしっかりと泡立てることができるスポンジとなっています。両面を使い分けて、いろいろな汚れをしっかりと落すことができます。

スポンジの中央部にウエストカットが入っているため、持ちやすく疲れにくいのが特徴です。

レック 激落ち バスクリーナー マイクロベロア ( バススポンジ 風呂スポンジ )の口コミ評判

手持ちのスポンジで落とせなかった洗い桶や腰掛けなどの垢汚れがほぼきれいに落ちました。ひと月余り使用しましたがほとんど劣化せず、この先2-3ヶ月は持ちそうです。

使った瞬間、良い商品だと感じました!今まで使用していたどのバスクリーナーよりも、明らかにツルツルになりました。力も要らず、時間もかからず風呂掃除が楽になりました。

8位

激落ちくん バスクリーナー 発泡ビーズ ( バススポンジ ) S-804

激落ちくん バスクリーナー 発泡ビーズ ( バススポンジ ) S-804

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 298

青い面は樹脂製のクリーニングビーズをバルーン状に発泡させています。その発泡ビーズが凹凸にしっかりと入り込んで汚れをかきだしてくれるため、水だけでもしっかりときれいにすることができるスポンジです。

黄色い面はスポンジになっているため、洗剤を使用する際にはしっかりと泡立てることができます。

本体サイズは縦15.5㎝×幅8.5㎝×厚さ5㎝ですが、スポンジ中央部にくびれがつけられているため持ちやすく、しっかりとつかむことができます。

激落ちくん バスクリーナー 発泡ビーズ ( バススポンジ ) S-804の口コミ評判

質感は硬めです。青色側はもちろん、黄色のスポンジ部分も硬めです。硬いと言ってもほどよい硬さなので快適に利用できます。この製品を使用して一番驚いた点は泡立ちの良さと、洗浄後のバスタブの触り心地です。

スポンジが大きく使いやすいですまた穴も開いててフックに掛けることも可能で使いやすさ○です

7位

サンコー お風呂スポンジ お得用バスピカピカ 3色入 びっくりフレッシュ BF-53

サンコー お風呂スポンジ お得用バスピカピカ 3色入 びっくりフレッシュ BF-53

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 926

縦20㎝×横12㎝×厚さ1.3㎝というサイズで1つあたりの重さはたったの13g、広げても2つ折りでも使うことができるので洗いたいものの汚れをしっかりと落とすことができます。

何本ものエステル繊維をより合わせて作られており、繊維の断面にエッジがあるため水だけでもしっかりと汚れをかきおとすことができます。

スポンジの端に穴が開いており、専用の紐を取り付けることでフックにかけて清潔に乾燥させることができます。

サンコー お風呂スポンジ お得用バスピカピカ 3色入 びっくりフレッシュ BF-53の口コミ評判

用途によって使い分けられ、汚れ落ちも良いです。通常のスポンジより薄いけれど硬さも程よくあり、半分に折って使うこともできるので縁や角など細かい部分などもストレスなく掃除できます。

試しに使ってみた所、隙間等に角が入りやすく使いやすかったので今回はお得な3個入りを購入しました。使い始めは硬くて手に馴染みませんが段々フィットしてきます。

6位

オーエ QQQ フッキングスポンジ

オーエ QQQ フッキングスポンジ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 373

スポンジ本体に丸みのある切り込みが入っており、ヒモをつけることなくスポンジ本体をタオルハンガーなどにかけて収納することができるようになっているスポンジです。そのため、気になる汚れを見つけた時にサッと手に取りサッと使うことができます。ひっかけて乾燥させることができるので、乾燥に時間がかからず清潔を保ちやすくなっています。

水切れのいい目の粗いスポンジをソフトな不織布ではさんでいるので、両面を使うことができます。少ない労力でも効率よく洗うことができる、高さ17.5㎝×幅8.7㎝×厚さ3.7㎝のサイズです。

オーエ QQQ フッキングスポンジの口コミ評判

長いこと愛用しています。引っ掛けられるので、乾きが早いし置く場所を取られないので便利です。しっかりしているので、浴槽やお風呂場の床をガシガシ洗ってもすぐにはくたりません。汚れをよく落としてくれます。

握りやすいタイルブラシを探していて、ピッタリものが手に入りました。クエン酸スプレーを気になる場所に吹き付けておいて、翌日でも擦ると良く落ちます。そういうことを習慣にすると、大掃除の時も楽になりますね。

5位

レック 激落ち バスクリーナー マイクロ&ネット ( バススポンジ 風呂スポンジ )

レック 激落ち バスクリーナー マイクロ&ネット ( バススポンジ 風呂スポンジ )

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 205

裏と表で別の素材を使っているため、1つで2役をこなすことができるお風呂掃除用スポンジです。グリーンのクロス面は超極細の繊維が使われています。繊維に角が多く作られているため、水だけでもしっかりと汚れをこすり落とすことができますが、浴槽や小物類には傷をつけることがありません。白い面はポリエステルネットになっており、洗剤の泡だちを良くしてくれるため少量の洗剤で汚れを落とすことができます。

縦15.5㎝×横8.5㎝×厚さ4.8㎝の大きさです。

レック 激落ち バスクリーナー マイクロ&ネット ( バススポンジ 風呂スポンジ )の口コミ評判

普通のスポンジと大差ない値段で、この大きさと品質。弾力も大きさも丁度良い感じがします。大きいので風呂掃除が早く終わって中々良いと思います。

汚れが落ちやすいです。特に利用するのは肌色のスポンジ側。ここに中性洗剤をつけて洗うと、浴室浴槽内も傷つかずに洗うことができて助かっています。吊って干せるので衛生面にもいい。

4位

ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー 抗菌 ホワイト

ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー 抗菌 ホワイト

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,296

網目状の構造になった繊維で作られたブラシ部分が、汚れをしっかりとかきとることができるクリーナーです。余計な力を必要とせず、水だけで汚れを落としてくれます。毛足が長いという特徴もあり、隙間や凹凸の多い水道の周りなどにもきちんと届き、きれいにすることができます。

ヘッド部分が半球型になっているため、床や天井の隅もしっかりと洗うことができます。持ち手は約50㎝から73㎝の間で伸縮可能です。女性でも高い場所が楽に掃除をすることができます。

ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー 抗菌 ホワイトの口コミ評判

ポンポンのようなふさふさが180度に留め具もなく取り付けられているため、浴槽のカドを簡単に洗うことができる。普段は洗剤も使わずに十分にきれいになる。スポンジやブラシに柄が付いているものとは段違いに使いやすい。

これを使ってからピンクカビが全く生えません。さっと洗うだけでも湯あかがすぐに取れますし、傷もつかないし、へたりにくいし、何よりヘッド部分にカビがついたりせず全く綺麗なまま。お風呂掃除が嫌じゃなくなりました。

3位

3M バスシャイン おふろスポンジ 抗菌 特殊研磨粒子付き 2個 BM-12K

3M バスシャイン おふろスポンジ 抗菌 特殊研磨粒子付き 2個 BM-12K

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 598

抗菌ウレタンスポンジに、特殊な研磨粒子を含ませたナイロン不織布を張り合わせたスポンジです。しつこく頑固な湯あかもすっきりと落すことができます。

スポンジに入っている切り込みおかげでラックやタオルハンガーに引っ掛けることができるようになっています。床や台に置く際にも設置する部分が少なくなるように設計されているので、スポンジ本体の水切りがきちんとできるようになっているのが特徴です。

2個入りなので、思いっきり使うことができます。

3M バスシャイン おふろスポンジ 抗菌 特殊研磨粒子付き 2個 BM-12Kの口コミ評判

タオルハンガーに引っかけて収納できるのがとてもいいです。今までスポンジの置き場に水垢がたまったりスポンジの水切れが悪かったりと困っていましたがこれだとしまうのも取るのもとても簡単ですぐに乾きます。

硬めのバス用スポンジがほしく購入しました。使用開始してから2ヶ月過ぎましたが硬い方は多少はへたりましたが、まだまだ硬く問題なく使えております湯垢も落ちやすく気に入ってます。

2位

スコッチブライト おふろスポンジ ハンディロング 伸縮 バスシャイン B-549

スコッチブライト おふろスポンジ ハンディロング 伸縮 バスシャイン B-549

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 593

浴室の高い壁や天井の掃除は大変ですが、このスポンジはハンドル部分が伸縮可能で49~69㎝に調節をすることができます。ヘッド部分も180度動かすことができるので、手が届きにくい高い部分や天井の隅などもしっかりと洗うことができます。浴槽の中や床も無理せず楽な姿勢で洗うことができます。

ヘッド部分は取り替え可能となっているので、汚れが気になったらヘッド部分だけを替えることができます。便利かつ経済的です。

スコッチブライト おふろスポンジ ハンディロング 伸縮 バスシャイン B-549の口コミ評判

スポンジ部分がポリエステル不織布というナイロンスポンジみたいなもので、最初はバスタブが傷つくのではないかと思っていましたが、そんなことはなく、むしろ力を入れずにこすっても汚れが落ちるという優れモノでした。

今まで浴槽も浴室もスポンジで洗っていて浴室の高い場所や手の届きにくい所が難儀でしたがコレを買ってからはとてもお風呂掃除が楽になりました。汚れもしっかりと落ち満足してます

1位

スコッチ・ブライト バスシャイン 抗菌スポンジ 研磨粒子なし BM-22K

スコッチ・ブライト バスシャイン 抗菌スポンジ 研磨粒子なし BM-22K

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 223

抗菌ウレタンスポンジにナイロン不織布を張り合わせて作られているスポンジで、研磨粒子は使用していません。そのため、浴室の小物にも傷をつけることなく、壁も床もこのスポンジ一つで洗い上げることができます。

本体に切り込みとつながった穴が開いており、その部分をタオルハンガーやラックに引っ掛けることで衛生的に乾燥・保管ができるようになっています。引っ掛ける場所がない浴室では、接地面を少なくして立たせることができるのでやはり衛生面で安心感があります。

スコッチ・ブライト バスシャイン 抗菌スポンジ 研磨粒子なし BM-22Kの口コミ評判

表面がハードなのであまり力を入れずに使用しています。キッチン用もスコッチブライトを使用することがあり双方丈夫で長持ちです。100円均一、安くてどんどん使い捨てるのもいいのですが、何故かキレイになった気がしてしまうのです。

スポンジはかなり分厚く、バスタブの底を洗う時にもスポンジをしっかり握れるので洗いやすいです。かなりしっかりした硬さがあるので、へたらずにかなり長く使えるだろうと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

お風呂掃除用スポンジ・ブラシの効果的な使い方

汚れの落ちやすいお風呂掃除用のスポンジやブラシを買っても、使い方を間違っていては効果も半減してしまいます。お風呂掃除用スポンジ・ブラシの効果をより発揮できるような使い方をすることが大切です。

お風呂掃除の頻度は?

お風呂は毎日使うため、日々の汚れがすぐに蓄積してしまいます。汚れがたまってから掃除するという方も多いかもしれませんが、汚れのつき方によって毎日掃除した方がいい部分・週に1度程度でいい部分があります。

毎日掃除したい場所

浴槽と排水口は毎日掃除をしておくことで清潔を保つことができます。毎日掃除することで大きな力も必要なく美しさをキープできるので、時間もかかりません。

浴槽はスポンジやブラシに洗剤をつけて円を描くようにこすりましょう。あとはシャワーで洗い流せばOKです。

排水口はごみ受けにたまったごみを取り除き、スポンジで汚れを落とします。毎日洗うことでヌメリやカビの繁殖を抑えることができます。

週1回のペースで掃除したい場所

浴槽・排水口と合わせて週に1度のペースで掃除をしておきたいのは、床・壁・お風呂のフタ・ドア・小物類です。中性洗剤とスポンジでこるし洗いをするだけで清潔をキープすることができます。

お風呂掃除のタイミングはいつがベスト?

入浴後のお風呂は、汚れもやわらかくなっており汚れが一番落ちやすいタイミングです。日中に乾燥した浴室の掃除をしようとすると汚れが落ちにくく、力もいりますので、お風呂上りにちょこっと掃除をする習慣を身につけるようにしておくことをおすすめします。

換気扇・浴槽のエプロンの掃除を忘れずに

年に数度という頻度で構わないので、きちんと洗っておきたいのが換気扇と浴槽のエプロン部分です。

換気扇は表面についたほこりを落とし、スポンジやブラシでこすって汚れを落とします。掃除後に水分を拭き取ることも忘れないようにしましょう。

浴槽のエプロンというのは、浴槽の側面についているカバーのことです。普段は見えていませんが、裏側に水が入り込むことで赤カビ・ヘドロなどがたまってしまいます。取扱説明書に従って取り外し、漂白剤などを使って汚れを取ります。

しっかりと乾燥させる

お風呂の中は湿度と温度が高く、カビが発生しやすい場所となっています。お風呂掃除用のスポンジ・ブラシも浴室内に置いている方が多いと思いますが、しっかりと乾燥させることを心がけましょう。

引っ掛ける部分や紐がついているものは、タオルハンガーにS字フックをかけることで吊り下げて保管することができます。棚や床に置いてしまうよりも乾燥するスピードも早くなりおすすめです。

また、使用頻度の高くない掃除用スポンジ・ブラシは浴室内ではなく洗面台の下など、湿気の少ないところに保管するのもおすすめです。使用頻度の高いものだけを浴室内に置き、こまめに使うようにしましょう。

洗剤代わりに重曹・クエン酸もおすすめ

食品としても使われることのある重曹やクエン酸は、手や肌についても安心です。小さなお子さんがいらっしゃる家庭であれば洗剤よりもおすすめかもしれません。

浴室の床に重曹を多めにまき、スポンジやブラシでゴシゴシとこすると石鹸カス・皮脂汚れが落ちてくれます。また、浴槽の残り湯に重曹を溶かしいれて、小物をつけおくことで汚れを落としやすくしてくれる効果もあります。

まとめ

いかがでしたか。毎日の生活になくてはならない、お風呂掃除用スポンジ・ブラシの選び方や使い方、おすすめ商品を紹介しました。これまで、使えればいいや、と選んでいたスポンジ・ブラシについて、少し見方が変わったのでは?と思います。

この機会に使いやすく用途に応じたお風呂掃除用のスポンジ・ブラシに変えてみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.