1. グッディ∞
  2. インテリア&家具洗濯干しカバーのおすすめは?人気比較ランキング

2018/03/03更新

洗濯干しカバーのおすすめは?人気比較ランキング【2018年】

洗濯物を快適に外に干せるアイテムの一つに、「洗濯干しカバー」があります。すでに洗濯干しカバーを使っているという方も多いかも知れませんが、洗濯干しカバーはゴミやホコリから洗濯物を守ってくれたり、雨に濡れないように使えたりと様々なメリットがあると期待されています。

広げて使えるテントタイプや、手軽に被せるだけで使えるシートタイプなど、現在では、様々なメーカーからたくさんの洗濯干しカバーが販売されているので、購入する時に迷ってしまうこともあるでしょう。

本ページでは洗濯干しカバーの選び方のポイントや、効果的な使い方、さらにネット通販で購入できる人気の洗濯干しカバーをランキング形式でご紹介したいと思います。自分にぴったりの洗濯干しカバーを見つけて、洗濯物を干す時に活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

洗濯干しカバーの選び方

洗濯 2

まずは洗濯干しカバーの選び方についてご説明したいと思います。効率良く洗濯物を干すためには、用途に合った洗濯干しカバーを選ぶことが大切なので、ぜひ参考にしてください。

干す環境に合わせてタイプを選ぶ

洗濯干しカバーにはいくつかの種類がありますが、種類を使い分けることで、効果的に洗濯物を干せるようになっています。それぞれのメリットとデメリットを把握して、あなたの用途に合った洗濯干しカバーを使っていきましょう。

テントタイプ

キャンプで使うテントのように、干している洗濯物をしっかりと多いながらカバーしてくれるタイプの洗濯干しカバーです。ハンガーや物干し竿を使って洗濯物を干しているなら、そのまま取り付けて使えるようになっているのは嬉しいポイントですね。

洗濯物をテントのように覆ってくれるので、ゴミやホコリ、雨に濡れることはほとんどありません。天気が悪くなり急に雨が降ってきた時でも、安心して使えるようになっているのは、嬉しいポイントの一つですね。

その代わり、物干し竿が取り外せるタイプでないと、テントタイプの洗濯干しカバーは使うことはできません。直接取り付けて覆っているので、取り付けられないと使えないところがデメリットとなります。

しっかりと雨風に強くなっていますので、洗濯物を外に干したい時にぴったりのタイプと言えるでしょう。

シートタイプ

物干し竿に直接被せて使うタイプの洗濯干しカバーです。そのまま被せるだけなので、取り付けをする必要がないところがメリット。シートタイプなので手軽に持ち運びができて、収納スペースをあまり取らないところも魅力的ですね。

しかし、洗濯物に直接被せるシートタイプだと、やはり通気性が悪くなるところがデメリットとなります。素材によっては通気性が良くなるように、工夫された洗濯干しカバーも販売されていますので、購入前に見ておくことが大切ですね。

洗濯干しカバーはスペースを取ってしまいますので、手軽に使いたい方にぴったりのタイプと言えるでしょう。

カーテンタイプ

カーテンのように洗濯物と外との間に壁を作ってくれるタイプの洗濯干しカバーです。基本的にはゴミやホコリ、雨風から洗濯物をカバーする使い方より、洗濯物の目隠しのために使われることが多いです。

開け閉めができるようになっていて利便性が高いのですが、カーテンタイプを使う場合には、固定するための物干し竿が必要になります。また、雨風から洗濯物をカバーするために使うのなら、物干し竿を高くしてあげて洗濯物を覆うように設置してあげると良いですね。

洗濯物の目隠しにぴったりで、工夫は必要ですが洗濯物をしっかりカバーできるタイプと言えるでしょう。

袋タイプ

洗濯物の中でも布団や枕といった寝具を干すために使うタイプの洗濯干しカバーです。ゴミヤホコリ、雨風から守るだけではなく、花粉も付着させないのがメリット。外が汚れていてもしっかりと洗濯物をカバーできるように作られています。

しかし、これ一つでは洗濯物をカバーすることはできず、寝具のみしかカバーできないようになっています。ピンポイントで使用したい方にぴったりのタイプと言えるでしょう。

効果的に洗濯物をカバーするために素材を選ぶ

洗濯干しカバーのタイプを選んだら、しっかりと素材を考えなければなりません。例えば、シートタイプであれば通気性の高い素材を選んであげることで、洗濯物をしっかりと乾かせるようになります。適当にシートタイプを選んでいては、洗濯物が乾きにくくなってしまい、逆効果です。

また、洗濯物の目隠しとして使用する場合にも素材を考えなければなりません。ドームタイプやカーテンタイプの場合、目隠しとして使用する方が多いですが、薄い素材では洗濯物が見えてしまいます。薄い素材であった場合には、やはり透けやすくなってしまいます。

通気性を考えるなら素材は薄い方が良いですが、目隠しとして使うなら素材は厚くなければいけません。使い方に合わせて素材を選ぶことが、洗濯干しカバーでは大切ですね。

スポンサーリンク

洗濯干しカバー人気おすすめ商品TOP5

ここからはネット通販で購入できる人気の洗濯干しカバーを、ランキングでご紹介していきたいと思います。口コミの一部もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

5位

アイクォーク 洗濯物干用カバーシート マジカルカバー ISK-M2100B

アイクォーク 洗濯物干用カバーシート マジカルカバー ISK-M2100B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 900

洗濯物をシートできっちりと覆うシートタイプの洗濯干しカバーです。通気性・防水性に非常に効果が高いと言われており、ゴミやホコリ、花粉から洗濯物を守ってくれると期待されています。また、シートタイプなら洗濯物を隠してくれるので、洗濯物を見られたくない方にもぴったりですね。

小さく折り畳めて収納できるので、収納スペースに困ることがないのは魅力的です。マジカルカバーを使ってお出掛けしていれば、外出中に突然雨が降ってきてしまっても、洗濯物はしっかりとカバーしながら、乾かしてくれる効果があるのでオススメです。

アイクォーク 洗濯物干用カバーシート マジカルカバー ISK-M2100Bの口コミ評判

安いものだと風が吹くたびに結構うるさいようなレビューをどこかで読んだ記憶がありましたがこの商品は畳んだりするときに多少カサカサと音はしますがゴミ袋を広げる時ほどの音はしません。柔らかい紙のようなビニールのような・・・敷布団も覆ってくれます。

洗濯物にカバーするようにして使用しますが、今日試したところちゃんと乾いてました(雨も降りました)製品がとても軽いので強風があるとすぐ外れるので、多目に数箇所止めておくと問題なかったです。私はとても気にいった商品です。オススメ!

4位

クリンプ 洗濯物カーテン 収納袋付 QB-081

クリンプ 洗濯物カーテン 収納袋付

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,820

洗濯物の周りをシャットアウトするカーテンタイプの洗濯干しカバーです。洗濯物全体をカバーすることはできませんが、人には見られたくない下着をカバーするのにぴったりですね。メッシュで作られたカーテンなので、カバーしている間も通気性がばっちりなのは魅力的です。

ハンガーに被せてあげるだけで、手軽に使えるので、どんな方でもすぐに使えるようになっているのは嬉しいポイントです。コンパクトに収納できるように専用の収納袋が付いているので、収納スペースを取らなくてオススメです。

クリンプ 洗濯物カーテン 収納袋付 QB-081の口コミ評判

凄くいい!
取り付け取り外しも簡単で
薄く軽い生地なのもいい。
フリーサイズのもう少し丈があるタイプも作って欲しいです

3位

東和産業 花粉ガード 布団干し袋 花粉対策 ほこりを通さない シングルサイズ

東和産業 花粉ガード 布団干し袋 花粉対策 ほこりを通さない シングルサイズ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,688

花粉から布団をしっかりと守ってくれる袋タイプの洗濯干しカバーです。外の空気が汚れていたり、近くで工事をしていたりすると、花粉だけではなくゴミやホコリが多くあります。そんな時に使ってあげれば、布団を汚すことなくキレイな状態で干せるようになっているのは魅力的です。

空気中のヨゴレから布団を守ってくれるだけではなく、布団に付いているダニの対策にもぴったりと言われています。黒色の袋なので熱をしっかりと集めて、夏でなくても高温で布団を干せるので、ダニを一匹残らず退治してくれる効果があると言われていてオススメです。

東和産業 花粉ガード 布団干し袋 花粉対策 ほこりを通さない シングルサイズの口コミ評判

シングルサイズですが、敷布団の縦サイズ、掛布団の横サイズに合うように作られています。入れて干してみると、すぐに日光を集め、表面が熱くなってきます。中を触ってみると、表面の熱がしっかり伝わっているようで、中の布団もしっかり熱くなります。

冬の日差しが弱い日や花粉が飛ぶ季節に大変便利です。
ファスナーも3辺が開くので入れやすく、ベランダの汚れも
気にすることもなく、まさかの鳥の糞もカバー出来ますよ。

2位

コジット 雨よけ洗濯物テント

コジット 雨よけ洗濯物テント

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,570

洗濯物全体をカバーしてくれるテントタイプのもの干しカバーです。空気中のヨゴレや花粉はもちろんのこと、雨風にもしっかりと対応してくれるのは魅力的です。さらに、洗濯物全体を隠してくれるので、目隠しにも使えるようになっているのは、嬉しいポイントの一つです。

テントタイプは大きなサイズになってしまいますが、コンパクトに収納できるように作られていますので、収納スペースを気にしなくて良いのはメリット。高さ調節も二段階で対応できて、持音欲し竿に簡単に設置できるようになっていますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

コジット 雨よけ洗濯物テントの口コミ評判

最近連続して、晴天の朝に外干して午後外出中に雨に降られるという悲しい出来事が続いたので、良いものはないか探して見つけたのがこの商品でした。お天気の急変があっても、安心できるようになったのが嬉しいです。

以前使用していたのが壊れてしまったので、買い替えました。
使いかたはとても簡単です。
突然の雨や、強い日差しから守ってくれてます。ネット部分からは風が入るのもいい感じです。

1位

洗濯物保護カバー 洗濯日和

洗濯物保護カバー 洗濯日和

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,527

二段タイプで平干しするのにぴったりな洗濯干しカバーです。風による傾きで洗濯物が落ちないように、段差が作られているのは魅力的ですね。外に干すのが難しい枕やぬいぐるみを、簡単に干せるようになってくれるのは嬉しいポイントです。

お値段も約1,200円と非常にお手頃なので、コストパフォーマンスが高く使いやすい洗濯干しカバーとなっています。洗濯干しカバーを手軽に使えるようになっていますので、初めて使う方にもオススメしやすい商品となっています。

洗濯物保護カバー 洗濯日和の口コミ評判

九州で生活していた時はPM2.5 洗濯物に埃が付かなくて重宝しました。現在は雨がよく降るので洗濯物の雨除けになっています。
娘にもプレゼントしました。(とても喜んでいました。)

前から気になっていた商品で他の似たようなものと比べ値段が断然安いのでこちらを購入したのですが、買ってみてよかったと素直に言える商品です。急な雨のときにこれがあるのとないのでは全然違いました!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

洗濯干しカバーの効果的な使い方

洗濯 人

洗濯干しカバーの効果的な使い方をご紹介します。

使いたい状況に合わせて使う

洗濯干しカバーは目隠しや雨風から洗濯物をカバーすることにぴったりなアイテムです。また、効果的に洗濯物を干すために使われることも多いです。平干しをして型崩れを起こさないように、ネットを付けて物干しに取り付けられるタイプもあります。

通常の洗濯干しカバーでは使えない寝具も、専用のものを使ってあげるだけで、効果的に洗濯物を乾かすことが期待されます。あなたの用途に合った使い方をすることで、洗濯干しカバーを効果的に使えるようになります。

さらに、花粉防止用の機能が付いた洗濯干しカバーもあり、使い道は豊富にあります。設置スペースや収納スペース、どんなものに使用するかをしっかりと考えて洗濯干しカバーを使ってあげると、より快適な洗濯環境を作り上げることができてオススメです。

まとめ

洗濯干しカバーは効果的に洗濯物を干すことが可能となるアイテムですが、持ち運びも便利なタイプが増えてきていて、ネットが付属しているものまで種類が様々です。自分の用途に合わせた☆ができて、使い勝手が良いアイテムだと思います。

豊富な種類の洗濯グッズが販売されていますが、値段と性能はピンキリです。しかし、リーズナブルな洗濯干しカバーの中にも品質の高いアイテムが多くあるようです。洗濯干しカバーを購入する際、もし迷った時はぜひこちらのページを参考にしてくださいね。自分に合った洗濯干しカバーを選ぶことで、効果的に洗濯物を干すを整えることができるはずです。あなたも洗濯干しカバーを使って快適な洗濯をはじめてみませんか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.