1. グッディ∞
  2. 生活雑貨はたきのおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/01/09更新

はたきのおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

アイキャッチ

高い場所や細かな雑貨などが置いてあるところでは、掃除機は使いにくいものです。そこで役に立つのが、埃をはたくことができるはたきです。

今回はこのはたきにスポットを当てて、用途に応じた選び方などを豪紹介します。素材やインテリア性などに注目して選ぶためのポイントを挙げているので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

はたきの選び方

選び方

はたきは素材やサイズなど様々な商品が販売されています。価格面において手軽に購入できるものや、長く愛用できる高品質なものなど色々とあります。

そこでどのような点に注意すれば良いのかを含めて、はたきの選び方をご紹介します。使用する場所や好みに応じて満足できるものを選べるように、参考にしていただければと思います。

素材で選ぶ

はたきは大きく分けて、化学繊維と生絹、そして天然羽によるものがあります。それぞれに特徴が異なりますので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。

化学繊維

はたきは基本的に埃を下に落とす道具です。その上で掃除機をかけるというスタイルになりますが、化学繊維のはたきは静電気を利用して埃を吸着させる機能を持っています。

そのために机の上の掃除などに向いています。細かな事務用品が置いてある机やパソコンなど埃が吸い付く家電商品、あるいは細かな雑貨が置いてあるテーブルの上の掃除に適しています。

使い終わった後は吸着した埃を落とす必要がありますし、使い続けるうちに吸着率も低下していきます。そのために定期的に買い替えることが必要です。

生絹

昔ながらのはたきの素材です。化学繊維とは逆に静電気を起こさずに埃を落とせるのが特徴となります。布は洗うことができるので、安価で購入しつつも長もちするのが利点と言えます。

天然羽

ダチョウの羽を使ったものが多く見られますが、高級志向のはたきに使われる素材です。柔らかな羽を使っているので、小物などを傷つけることなく細かな場所でも埃を落とせるのが特徴となります。

ダチョウの羽には柔らかさの異なるものがありますし、色の違うものもあります。デザイン性や機能性で商品を選ぶということも大切です。それなりの価格になるので、お気に入りの逸品を選びたいものです。

サイズの選び方

基本的にはたきは高い場所の掃除に使うものなので、はたきもそれなりの長さが必要になります。けれども短いサイズのものであれば、机の上などの掃除に適しています。

掃除する場所に応じてサイズを使い分けるという方法もあります。例えばリビングでは高い位置の照明器具なども掃除できるように、柄の長いものを用意しておくと便利です。

あるいは静電気で埃が吸い付いてしまう家電製品のために、コンパクトなサイズのはたきを用意しておくと便利です。

このように必要な場所に適するサイズのはたきを吊るしておくなど、うまく使い分けることを前提に選ぶという方法もあります。

デザインで選ぶ

天然羽を使ったはたきは、高級品として販売されています。その中にはデザイン性に優れたものも多くあります。仕事場などでデスク周りをさっとひと拭きしたい時、お気に入りのデザインのはたきを使うのもお洒落なものです。

インテリア性の高い商品も多いので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶという方法もあります。羽の柔らかさも色々とあるので、例えばお気に入りのコレクション周りを綺麗にする場合には柔らかい羽のものを選ぶといった決め方ができます。

柄の部分にもこだわりのあるものがあります。天然木による手に馴染むものも多いので、使い勝手もチェックして選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

はたき人気おすすめ商品TOP10

高い場所や細かなところでの掃除に適したはたきは、手頃な価格で購入できる便利な掃除道具です。けれども品質にこだわると、高級品も販売されていますしデザイン性にも優れたものがあります。

そこで様々な商品をランキング形式でご紹介します。用途や好みに応じて選べるように、口コミも添えているので参考にしていただければと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

テラモト MM ダチョウハタキ L

テラモト MM ダチョウハタキ L

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,109

ダチョウの毛を使っているので柔らかく、付着した埃も簡単に落とせるはたきです。羽が柔らかいので狭い場所でもしっかりと埃を掻き出すことができます。

細かな雑貨などを多く保有している人には、破損させる心配もないのでおすすめです。長さも66cmあるので、高い場所の汚れも簡単に落とすことができるので便利です。柄はABS樹脂製となるためにお手頃な価格となっています。

テラモト MM ダチョウハタキ Lの口コミ評判

今まで購入したはたき関係のものの中で、ベストです。羽が柔らかくてもしっかりしていて、広いところ、狭いところもほこりを払え、天井にも届きます。

普通のハタキと違ってしっくり埃が払えて最近のモップの様なタイプよりスッキリして後の埃も着きにくく気持ちが良いと思います。

9位

Homeland はたき ほこり取り 掃除 羽根 オーストリッチ

Homeland はたき ほこり取り 掃除 羽根 オーストリッチ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 350

柔らかなオーストリッチ(ダチョウの毛)を使った高品質なはたきです。全長は35cmほどとコンパクトな大きさなので、細かな場所の埃を落としたいと思う人におすすめです。グリップは木でできているので、手にしっかりと馴染みます。

北欧インテリアに馴染むようなデザインなので、掃除道具にもこだわりたい人にとっては見た目も機能性も満足できる商品ではないでしょうか。

Homeland はたき ほこり取り 掃除 羽根 オーストリッチの口コミ評判

見た目もいいし、良いと思います。掃除機もかけます。とても気に入りの大満足商品です。

8位

オーストリッチ羽根はたき PATA mini(パタ・ミニ) (黒)

オーストリッチ羽根はたき PATA mini(パタ・ミニ) (黒)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,188

マイクロファイバーよりも毛先が細かいと言われるオーストリッチのはたきなので、狭い場所の埃もしっかりと落とすことができます。コンパクトなサイズなので、机回りの埃をサッと払いたいような人におすすめです。

様々な品質があえるオーストリッチ(ダチョウの毛)の中でも柔らかなものを使用しています。耐久性も高いので、長く使用できるためにコストパフォーマンスも高いと言えます。

7位

[REDECKER/レデッカー]山羊毛の高級埃掃い(ハタキ/黒)

[REDECKER/レデッカー]山羊毛の高級埃掃い(ハタキ/黒)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,050

最高級の山羊毛で作られた高品質なはたきです。柄は楽器などにも使用される梨材が使われています。徹底的に品質にこだわったはたきが欲しいという人におすすめです。

まるでカシミアのような柔らかな肌触りが特徴となります。ピアノや高級オーディオ製品などの掃除に向いています。インテリア性にも優れているので、掃除用品にもこだわりを持つ人も満足できるのではないでしょうか。

[REDECKER/レデッカー]山羊毛の高級埃掃い(ハタキ/黒)の口コミ評判

購入しましたがリッチすぎました。毛がたっぶり使われていて上品で持っているだけでテンションがあがります。

とにかく、埃が嘘のように取れます。(通販の謳い文句のようですが。。。)本当です。お値段以上の価値があります。ふわふわ感といい、使用感といい、もう言う事なしです。

6位

[REDECKER/レデッカー]オーストリッチ羽はたき(90cm/Black)

[REDECKER/レデッカー]オーストリッチ羽はたき(90cm/Black)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,540

ダチョウの胸の羽を使用した、非常に柔らかな質感のはたきです。全長が90cmあるので、高い場所でも楽に掃除をすることができます。見た目のシルエットもお洒落なデザインなので、長く愛用できる商品と言えます。

部屋のインテリアにも合うデザインと確かな品質、そして機能性がうまく価格とバランスが取れた商品と言えるでしょう。

[REDECKER/レデッカー]オーストリッチ羽はたき(90cm/Black)の口コミ評判

掃除機もかけますが、電気いらずで手軽でおしゃれなので良いです。

5位

[REDECKER/レデッカー]オーストリッチ羽はたき(35cm/Black)

[REDECKER/レデッカー]オーストリッチ羽はたき(35cm/Black)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,450

ダチョウの柔らかな羽を使った、インテリア性にも優れたはたきです。全長が35cmとコンパクトな大きさなので、机の上の細かな埃を払うのに適しています。オフィスや家庭のパソコン回りを綺麗にしておきたい時などに活用できます。

羽は静電気を発生しにくいので、冬場の使用でも安心できます。自然素材は耐久性も高く長持ちするので、コストパフォーマンスも高いことで人気です。

[REDECKER/レデッカー]オーストリッチ羽はたき(35cm/Black)の口コミ評判

自宅用で愛用していますが我が家では羽はたきは必需品です!埃のない家で生活できます!

なにより羽がとても柔らかいので、小物を沢山置いた棚の上も、小物を退けずに埃をはたけますし、小物が動く事もありません。観葉植物に積もる埃も、植物を傷付けずにはたいてあげることができます。

4位

オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (灰)

オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (灰)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,138

細かな雑貨周りの埃をきれいに落とせるはたきです。高品質なダチョウの羽毛を使っているので、耐久性が高いことが特徴となります。掃除道具にもこだわりを持っている人も満足できる商品ではないでしょうか。

会社のオフィスでサッと埃を拭き取るのとスマートに見られそうです。もちろん自宅で大切なコレクションなどの手入れにも、柔らかな羽毛なので安心して使用できます。

オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (灰)の口コミ評判

週に2、3日はたきをかけるのが習慣になりました!小物を飾ってあるところも、柔らかい羽毛がスルスルと入って埃をかき出してくれます!

柔らかくてとっても豪華。こんなに素敵なはたきがあるとは知りませんでした。

3位

オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (黒)

オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (黒)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,138

柔らかい羽毛が細かな雑貨の隙間にもすっと入り込んで埃を掻き出せる上質なはたきです。長く使用できる商品を求める人におすすめです。静電気が発生しにくいので手入れも簡単ですし、保管もそれほど気遣う必要はありません。

ゴージャスな雰囲気の羽毛はインテリア性にも優れるので、掃除道具でありながらインテリアに違和感なく溶け込むのではないでしょうか。

オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (黒)の口コミ評判

ソフトで軽くて、埃も良く取れているように感じます。品質も問題ありません。良い物を購入したと満足しています。

ガラスの白熱灯が多い我が家。ガラスについたほこりが雑巾で拭いても取れにくかったけど、これは驚くくらい取れました。

2位

【白木屋傳兵衛商店】 羽二重正絹ハタキ

【白木屋傳兵衛商店】 羽二重正絹ハタキ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,650

柄は竹、はたき本体は生絹の上品なはたきです。全長57cmと長めのサイズなので色んな場所で活躍しそうです。絹は摩擦に強く埃を拭き取る性能に優れた素材です。

また掃除が終わった後の手入れも簡単なので、いつまでも長く使用することができます。お湯に石鹸を溶かして汚れたはたきをしっかりと洗えます。手頃な価格で長持ちする商品を探している人におすすめできます。

【白木屋傳兵衛商店】 羽二重正絹ハタキの口コミ評判

軽くて、使いやすいです。細くしなるので力をそれほど必要としませんし、布のカットを直線でなくきざみを入れてあるので使っている間に繊維がほどけてくることもなさそうです。

大変使いやすくしなりもあってとても気に入っています。使いやすいはたきです、柄の部分が竹を焼いたものでしなりがよいです!

1位

アズマ はたき シルキーハタキ

アズマ はたき シルキーハタキ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 540

昔ながらのシンプルな構造のはたきです。安価に購入できて、しっかりと機能的に使える商品を探している人におすすめです。材質はポリエステルとなり、適度な重量感もあるので高い場所での埃も簡単に落とすことができます。

手軽にいつでも使えるので、デスク周りなど埃がたまりやすい場所に置いておけばいつでも綺麗に維持することができます。

アズマ はたき シルキーハタキの口コミ評判

机に置いて在る物にホコリが沢山溜まりますが、掃除するのが邪魔くさくホコリ払いで簡単に、きれいになります。

なかなかきにいるものがなく、これもダメ元で買ったんだけど、文字通りほつれが少なく、はたきごたえがあり良かったです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

はたきの効果的な使い方

効果的

はたきは掃除機とは異なり、基本的にそれ自体で掃除が完結するものではありません。そのために使い方にも特徴が見られます。確実にはたきの機能を活用するためにも、使用方法について理解しておくと良いでしょう。

また手入れに関してもポイントを知っておくことで、特に効果なはたきを長く使用することができるようになります。

はたきは上の埃を下に落とすように

はたきは埃を下に落とす道具です。まず倒れては困るようなものをどけておいてから、棚の上やカーテンレールの上、あるいは家電の上などをそっと払うようにして埃を落とします。

その後で床に落ちた埃やごみを掃除機で吸い取れば完了となります。小物や雑貨などに付着した埃も、柔らかな材質のはたきを使うことで落とすことができます。

化学繊維のはたきは埃を吸着させる

絹や天然羽とは異なり、化学繊維の場合は静電気によって埃を吸着させることができます。細かな場所に積もった埃が落としにくい場合、この化学繊維のはたきをそっと沿わせることで吸着させて取ることができます。

はたきの手入れの方法とは

絹でできたはたきの場合、洗濯洗剤に浸けておくことで洗うことができます。天然羽は汚れを軽く払う程度で、メンテナンスは特に必要ありません。

化学繊維の場合も吸い付いた埃を払えば良いのですが、自然と吸着率は低下します。埃が取りにくくなったと感じたならば、新しいものと交換すると良いでしょう。

まとめ

掃除機ではなかなか掃除できない場所には、はたきが便利に活用できます。その素材によって価格は異なりますし、機能性などにも違いが見られます。

使用する場所やインテリア性などから、お気に入りのものを選ぶと良いでしょう。手入れもきちんと行うことで、高級品は非常に長く使用することも可能です。あるいは適度に買い替えることで経済的に使える商品もあります。好みに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.