1. グッディ∞
  2. スポーツ&アウトドアおすすめのスタッフバッグ比較ランキング!人気なのは?

2018/07/13更新

おすすめのスタッフバッグ比較ランキング!人気なのは?【2018年】

登山

スタッフバッグは軽くて丈夫で小さくたためる、荷物の持ち運びやサブバッグとして便利なアイテムです。もともとは登山道具の1つで、荷物を細かく分けて収納するために使われるものです。

旅行やレジャーなどの際に、大きなリュックやバッグのなかがごちゃごちゃにならないようにするには、かさばらず小分けできるスタッフバッグは最適なアイテムです。また、スタッフバッグの防水仕様のものにドライバッグがあります。

薄くて軽いのに水を被ってもなかの荷物が濡れないという優れた機能のスタッフバッグです。このようにスタッフバッグは便利な機能を持つため、日常使いする方も多いようです。リュックのようにベルトが付いたものなどもあり、ファッションアイテムとしてもおしゃれなものもあります。

そこで現在人気のスタッフバッグにどのようなものがあるかをご紹介させていただきます。人気の商品からお気に入りを見つけて便利に使ってみてください。

スポンサーリンク

スタッフバッグの選び方

選ぶ人形

スタッフバッグを選ぶ際に大切なことは何に使うかということでしょう。本来の役割を考えれば、大量の荷物を持ち運び、とっさに欲しいものを出したいという場合に、スタッフバッグを使って小分けにしておくと便利に利用することができるというアイテムです。

とは言え、軽いという性質が、普段使いのバッグとしても便利なので、あえて普通のバッグとして使う方も多いようです。また、高い防水機能を誇るドライバッグは、ゲリラ豪雨の多い時期には大切な荷物を守る手段にもなります。

本来の登山用のパッキングアイテムとしてだけではなく、日常でも使うアイテムとして人気が広がりつつあるスタッフバッグ。その選ぶ際の目安をご紹介します。

スタッフバッグの種類

スタッフバッグにはいくつか種類があります。本来のスタッフバッグは、荷物を小分けするための収納袋という役割のみを持っていますが、そこに防水機能や、圧縮機能を追加したものもあります。それぞれの性質を理解しておきましょう。

スタッフバッグ

スタッフバッグと呼ばれるアイテムは、本来は登山などの大量の荷物をパッキングしてバランスよく詰め込み、さらに取り出しやすくするために開発されたアイテムです。そのため、丈夫さと共に、低摩擦であること、役割が終わった場合に場所を取らないこと、汚れの落ちやすさ、見た目での判別のしやすさなどが優れています。一般的な旅行やレジャーの際にもこの性能は便利に利用することができるでしょう。

ドライバッグ

スタッフバッグのなかで防水性の高いものをドライバッグと呼びます。なかには水に潜っても浸水しないというものまで存在します。そこまで高性能ではなくても、あえてドライバッグと名付けられているものは高い防水性を持っているので、雨や水のレジャーなどではまず浸水することがありません。濡らしたくない荷物をドライバッグに入れた上でカバンやリュックで持ち運ぶようにすると、安心感があります。

コンプレッションバッグ

コンプレッションバッグは入れたものを圧縮することができるバッグです。寝袋やダウンの衣類などは普通に荷物としてカバンに入れると場所を取ってしまいますが、コンプレッションバッグにまとめて入れて圧縮することで、容量を減らして空間を確保することができます。できるだけ荷物を減らしたいバイク旅行などの際に大変便利なバッグです。

入れるもので選ぶ

スタッフバッグにはさまざまな大きさのものがあります。しかし単純に容量だけを見ても、その使いみちがわかりにくいのではないでしょうか。そこでスタッフバッグを選ぶ際に、何を入れたいのかでどの容量を選べばいいかということを説明させていただきます。

ただしおおまかな目安としてなので、だいたいの大きさを把握できれば、あなた自身の入れたいものに変換していただくと、選びやすくなると思います。大きいものを購入してまとめて入れてしまえばいいと思うかもしれません。

しかしまとめ入れは、スタッフバッグの本来の役割を考えれば、せっかくの性能を活かしていないということにもなります。あくまでも種類別に小分けするという方向性で選んでみてください。

テント:90L前後

テントには専用の収納袋がありますが、濡れたり汚れたりしたテントを入れるのにドライバッグを利用したいという方もいます。そういった際に使えるサイズが90L前後です。40Lでも入るという話もありますが、濡れて汚れていることからある程度余裕を見て40Lより大きめサイズが適当でしょう。きれいにたたまずに突っ込んで、まるごと洗ってから片付けるという方法がとれるので便利です。

寝袋など:40L前後

30Lから40Lのスタッフバッグは大きめサイズとして一般的なタイプです。このタイプはベルトがついて、リュックのように使えるものが大半となっています。かさばる寝袋などを入れて片付けるのに最適のサイズで、大きさ的に応用の幅も広いサイズ帯と言えます。

普通のリュックのように使えますが、長時間担いで疲れないようにする構造にはなっていないので、本格的にリュック代わりに使うのはおすすめしません。軽く、使わないときにはコンパクトに片付けられるため、旅行やレジャーの際には荷物の片隅に入れておくととても便利に使うことができます。

着替えなどの布類:10L前後

10L前後のスタッフバッグはパッキングアイテムとしてもっとも使いやすいサイズと言えるでしょう。着替えやタオルなどの布類を仕分けるのに大変便利です。ちょっとした道具類もこのサイズならだいたい入るので、登山や旅行などの仕分けをするためにスタッフバッグを使いたいなら10L前後がおすすめのサイズとなります。

貴重品小物:5L前後

いざというときに急いで見つけ出す必要がある貴重品類を仕分けておくのは大切なことです。細かな貴重品を入れておくには5L前後のスタッフバッグがいいでしょう。また、大切なものを入れるのですから、できればドライバッグを選ぶのがいいかもしれません。とは言え旅行カバンに入れて整理をしたいという程度なら一般的なスタッフバッグでも大丈夫です。貴重品の場合は、ぱっと見てわかりやすい色を選ぶのがおすすめです。

クッカー専用

キャンプなどの際に意外と荷物の邪魔になるのがクッカー類です。元から付いている収納がきっちりと収納できるものなら問題ないのですが、下手に余裕があると収まりが悪くなってしまいます。そういった要望に応えて作られたのがクッカー専用のスタッフバッグです。調理器具それぞれのサイズに合わせて作られているので、ぴったり入ると評判です。困っている方は購入してみてはいかがでしょうか。

素材で選ぶ

スタッフバッグの特性として、薄くて摩擦力が低い生地であることが求められます。ナップサックやカバンなどのなかに詰め込むので、厚みがあるとかさばり、摩擦による抵抗力が強いと取り出しにくいからです。そのため、使われる素材はツルツルした薄手の生地ということになり、自然とポリエステルやナイロン生地が主流となっているのです。

丈夫さ優先ならポリエステル

ポリエステルはやや重みがある素材ですが、十分薄く摩擦力の低い生地です。なによりも丈夫なので簡単には破けないという特性があります。できるだけ重量を減らしたいという場合には向いていませんが、少々乱暴に扱っても破損しないスタッフバッグが欲しいという場合にはポリエステル素材のものはとても頼もしく使えます。

軽さ優先ならナイロン

ナイロン素材は厚みのあるものもありますが、最近の流行は薄く透け感のあるシルナイロンが主流です。シルナイロンはシリコンコーティングされているナイロンで、大変薄く、軽くなっています。ただし破れやすいという弱点もあります。

そういったナイロン素材の弱点をカバーしたのがコーデュラナイロンやリップストップナイロンなどで、薄くても破れにくくなっています。とは言え岩などの尖ったものや石などによる破損はしやすいので、そのまま地面に置いたりはしないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

スタッフバッグ人気おすすめ商品TOP20

現在人気のスタッフバッグをご紹介させていただきます。登山やキャンプ用品の有名メーカーが競って使いやすい新製品を開発しているので、スタッフバッグも年々品質や使いやすさが向上しています。

購入する方も、キャンプやレジャーに使うだけでなく、その軽さと容量やカラーの種類の多さを便利に日常使いとして用いている場合も多いようです。使いたいシーンを考えながらあなたにぴったりのスタッフバッグを選んでみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

20位

コールマン アウトドアドライバッグ/L 170-6899

コールマン アウトドアドライバッグ/L 170-6899

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,018

コールマン アウトドアドライバッグ/L 170-6899は、収納時は小さく収まり、使用時には大容量となるドライバッグです。ドライバッグは防水性のあるスタッフバッグで、荷物の収納分別に便利に使えるアイテムです。サイズは使用時には約40cm×95cm、収納時には約35cm×20cmとなります。

素材はPVCで、軽く丈夫です。付属のショルダーベルトで肩掛けにもできます。テントなどもそのまま入るアウトドアに嬉しいドライバッグです。

コールマン アウトドアドライバッグ/L 170-6899の口コミ評判

とにかくデカい、安い。。。しかし、実用に耐えないことはないです。
キャンプ道具一式楽に入ります。
生地はペラペラでもないですが、そうは言ってもよほど乱暴に扱わなければ大丈夫と思います。

このバッグは購入正解でした。数あるドライバッグの中で、ここまでの大きさは無く、私の使用方法は、バイクでキャンプツーリングに出かける際、テント・シュラフ・マット等を濡らさない為に使用しています。

19位

karrimor SF Dry Bag ・ カリマーSF ドライバッグ 耐水バッグ 耐水袋

karrimor SF Dry Bag ・ カリマーSF ドライバッグ 耐水バッグ 耐水袋

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,592 – ¥ 3,132

karrimor SF Dry Bag ・ カリマーSF ドライバッグ 耐水バッグ 耐水袋は、40Lと90Lという大容量の耐水スタッフバッグであるドライバッグです。購入の際はサイズやカラーを選ぶことができます。40Lサイズは縦61cm×横44cm、底部24cm×26cm。90Lサイズは縦80cm×横57cmで底部27cm×35cm。

内側に耐水加工を施した薄くて軽く、柔らかいナイロン製。縫い目の裏に耐水テープによる補強という作りになっています。ミリタリーカラーで取り回しが便利。他にはない大容量ドライバッグです。

karrimor SF Dry Bag ・ カリマーSF ドライバッグ 耐水バッグ 耐水袋の口コミ評判

よいものが手に入りました。
旅行用のインナーバッグとして購入しましたが、使わないときは防災グッズを入れています。

本当に、薄くて軽くて丈夫で、しかも使用しない時は非常に小さく折り畳めます。
従来の防水袋の、あの分厚い生地のものとは、比較にならない
使い易さです。

18位

北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」超軽量 ウルトラライト 耐水 ドライバッグ 2個セット (6L & 12L)

北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」超軽量 ウルトラライト 耐水 ドライバッグ 2個セット (6L & 12L)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,599

北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」超軽量 ウルトラライト 耐水 ドライバッグ 2個セット (6L & 12L)は、6Lと12Lの耐水性スタッフバッグであるドライバッグのセットです。超軽量の本体に携帯用のストラップがついて、簡易の肩掛けバッグにすることも、何かにぶら下げることも可能です。

カラーも鮮やかなブルーとオレンジで、見た目にもきれいなドライバッグとなっています。北欧スウェーデン発の高性能でデザイン性も高い商品です。

北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」超軽量 ウルトラライト 耐水 ドライバッグ 2個セット (6L & 12L)の口コミ評判

両方のサイズで、それぞれ利用するタイミングがあったのでセットでよかったと思います。
とても軽いので、万一のときのために鞄に入れておいても苦になりません。

カヤックで無人島キャンプの際にインナーバッグとして使用しました。
薄いのでハードな使用には向きません。その代り圧倒的に軽いです。

17位

防水バッグ ドライバッグ 収納袋 防水 40L 旅行袋 ショルダーバッグ 防災バッグ アウトドア 登山 旅行用 収納バック 肩掛けや手提げ ドラム型 4色

防水バッグ ドライバッグ 収納袋 防水 40L 旅行袋 ショルダーバッグ 防災バッグ アウトドア 登山 旅行用 収納バック 肩掛けや手提げ ドラム型 4色

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,980

防水バッグ ドライバッグ 収納袋 防水 40L 旅行袋 ショルダーバッグ 防災バッグ アウトドア 登山 旅行用 収納バック 肩掛けや手提げ ドラム型 4色は、大容量40Lの防水スタッフバッグであるドライバッグです。ドラム型で、リュックタイプにも手提げバッグタイプにも使うことができます。

折りたたんで口を閉めるタイプなのでサイズは調整可能。素材はポリ塩化ビニルクロライド。サイズは幅43.5cm×高さ73cm、底の直径が27.5cmとなっています。

防水バッグ ドライバッグ 収納袋 防水 40L 旅行袋 ショルダーバッグ 防災バッグ アウトドア 登山 旅行用 収納バック 肩掛けや手提げ ドラム型 4色の口コミ評判

二人分の着替えとタオルとお茶を入れて余ります。バックの口をくるくる丸めてワンタッチをカチャっとするだけ。背中に背負いそのままシュノーケリングしましたが漏水無し。

かなり大きく大容量です。厚めの素材のため多少の擦り傷などには耐えられそうな感じ。持ち手もしっかりとつけてあるので安心感はあります。

16位

[チャムス] ベースバッグ Base Bag 3.5L CH60-2266

[チャムス] ベースバッグ Base Bag 3.5L CH60-2266

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,808

[チャムス] ベースバッグ Base Bag 3.5L CH60-2266は、まんなかが完全に開くファスナー式のスタッフバッグです。表地の素材は30D Ripstop Cordura Nylon。サイズは縦28cm×横8cm×マチ17cm。

3.5L容量で、四角い形の収納となっているので、リュックなどのなかで仕分けるのに収まりのいいバッグとなっています。この品物のカラーはブラックですが、他に4カラーあり、全部で5カラーとなっています。仕分け用に揃えると便利に使うことができます。

[チャムス] ベースバッグ Base Bag 3.5L CH60-2266の口コミ評判

かわいい。サイズもよし。使い勝手よし。バックパックにいれてます。

15位

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ L ブラック 371701 ブラック L

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ L ブラック 371701 ブラック L

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 947

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ L ブラック 371701 ブラック Lは、クッカー専用のスタッフバッグです。カラーはブラックでサイズはL。大きさは底直径が22cmで高さが20cmとなっています。ナイロン100%で底部分を補強してあり丈夫です。

Lサイズの収納は中型コッヘル向き。メッシュが入っていて中身の確認が容易です。荷物のなかで収まりの悪いクッカーをきれいに収納できるので、とても便利です。本来のメーカー純正品よりも評判のいいクッカー収納用スタッフバッグです。

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ L ブラック 371701 ブラック Lの口コミ評判

クッカーを入れるのに使用
スノーピークのアルミクッカーセットを入れて使用します
上記を入れても余裕があるので、マグカップも追加して入れられます

トランギアストームクッカーL用に購入
純正の様にぴったりです。 薄めですが、縫製も生地も丈夫だと思います。

14位

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ M ブラック 371601 ブラック M

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ M ブラック 371601 ブラック M

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 737

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ M ブラック 371601 ブラック Mは、クッカー専用のスタッフバッグです。Mサイズで大きさは底直径が14cmで高さが20cm。ソロクッカーなどを収納するのに適当なサイズとなっています。

上部がメッシュになっていて、なかのものが見えるので、捜し物に便利。ループ付きで吊り下げて使うこともできます。あまり伸縮性がないのが特徴で、内部の荷物をきっちり押さえてくれます。クッカー用として考え抜かれた商品です。

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ M ブラック 371601 ブラック Mの口コミ評判

スノーピークトレック1400が径、高さともぴったりでした。深型で蓋がボウルのように深いコッヘル(高さが高くなる)の場合は900ml~1000mlサイズまでかなあというところでしょう。

プリムスイージークックノンステック・ソロセットM
PCーCKK202の附属品袋の代用品として購入しました。
純正品かと思うぐらいぴったりです。

13位

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 7L NM91650

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 7L NM91650

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,141

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 7L NM91650は、丈夫で軽いPERTEX(R)Quantumのナイロン100%スタッフバッグです。7Lの大きめ容量で、サイズは縦33cm×横18cm×マチ18cm。着替えなどを仕分けするのにちょうどいいサイズです。

こちらの商品はブラックですが、カラーは全部で6色あり、複数枚購入する場合には色分けして利用することができます。軽くて丈夫な正統派のスタッフバッグと言えるでしょう。

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 7L NM91650の口コミ評判

ダウン・衣類等入れて旅行用に使ってます。大変重宝してます。

バッグ内で小物をしっかりまとめ入れができるので助かっています。

12位

イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット(4マイセット) 357000

イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット(4マイセット) 357000

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,869

イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット(4マイセット) 357000は、ナイロン生地で防水コーティングのスタッフバッグの4枚セットです。サイズは21cm×7cm×43.5cm、22cm×6cm×38cm、17cm×5cm×31.5cm、19cm×29cmとなっています。

コンパクトなサイズから大きな荷物が入るサイズまでが揃っています。それぞれカラーも違うので見た目で分別可能。使いやすい薄くて丈夫なスタッフバッグのセットです。

イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット(4マイセット) 357000の口コミ評判

袋の大きさと色分けがしてあるのでザックの中を小分けするのにちょうど良いです。

このような袋系の商品には紐が特殊(素材が麻で無加工など)な物で口を締めにくいなどがよくあるのですが、こちらの商品はスムーズに開閉でき、ストッパーもついていますので非常に便利です。

11位

LICLI ドライバッグ 防水 リュック ショルダー バッグ 5L 10L 20L 30L 大容量 おしゃれ 防水バッグ 「 バイク 釣り 海 ダイビング 海水浴 防災 」「 耐水 スマホケース 付 」「 ドラム型 袋 」 9色 4サイズ

LICLI ドライバッグ 防水 リュック ショルダー バッグ 5L 10L 20L 30L 大容量 おしゃれ 防水バッグ 「 バイク 釣り 海 ダイビング 海水浴 防災 」「 耐水 スマホケース 付 」「 ドラム型 袋 」 9色 4サイズ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 848 – ¥ 1,280

LICLI ドライバッグ 防水 リュック ショルダー バッグ 5L 10L 20L 30L 大容量 おしゃれ 防水バッグ 「 バイク 釣り 海 ダイビング 海水浴 防災 」「 耐水 スマホケース 付 」「 ドラム型 袋 」 9色 4サイズは、高水準の防水機能を持ったスタッフバッグであるドライバッグです。

5L、10L、20L、30Lの4サイズから選択できて、防水スマホケース付き。カラーは9色あり、仕分けに便利です。口をくるくる巻き込むことでサイズ調整可能。リュックとしても、バッグとしても利用することができます。

LICLI ドライバッグ 防水 リュック ショルダー バッグ 5L 10L 20L 30L 大容量 おしゃれ 防水バッグ 「 バイク 釣り 海 ダイビング 海水浴 防災 」「 耐水 スマホケース 付 」「 ドラム型 袋 」 9色 4サイズの口コミ評判

このバッグを持って水浴びイベントに参加したところ、上からも下からも水が染み込むこともなく中身は全て無事でした!

30Lサイズは、二組のシュノーケリングセット(フィン、シュノーケリル、ゴーグル)を入れても、きちんと折り返して止めることができました。

10位

Infityle 防水バッグ ドライバッグ ボートやカヤック ラフティング 釣り 水泳 キャンプ スノーボードなどに適用 + フリー防水ポーチ + ポケットツール

Infityle 防水バッグ ドライバッグ ボートやカヤック ラフティング 釣り 水泳 キャンプ スノーボードなどに適用 + フリー防水ポーチ + ポケットツール

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 699 – ¥ 1,998

Infityle 防水バッグ ドライバッグ ボートやカヤック ラフティング 釣り 水泳 キャンプ スノーボードなどに適用 + フリー防水ポーチ + ポケットツールは、防水に優れたスタッフバッグであるドライバッグです。

密封性と防水性が高いため、水場のアウトドアにぴったり。テントなどにも使用されている引き裂きに強い素材使用。さらにスマホ用防水ケースと、缶切りやドライバーなどに使える多機能のカードツールが付いていて大変便利です。

Infityle 防水バッグ ドライバッグ ボートやカヤック ラフティング 釣り 水泳 キャンプ スノーボードなどに適用 + フリー防水ポーチ + ポケットツールの口コミ評判

バッグの状態はかなりしっかりしており耐久性も問題なさそうです。ファスナーなどが無い構造のため隙間から浸水することもありません。海水浴やキャンプに最適だと思います。

10Lの本製品は、5L品と同じ太さで、長さ(高さ)だけが伸びています。使用感としては大差ありません。5Lか10Lかで迷っている方には10Lをお薦めします。

9位

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ S ブラック 371501 ブラック S

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ S ブラック 371501 ブラック S

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 632

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ S ブラック 371501 ブラック Sは、バラけてしまいやすいクッカーを収納するためのスタッフバッグです。メッシュ生地になっているので、中身が確認できて便利です。

生地はナイロン100%。サイズは底直径11cm×15cm。Sサイズなので500ccまでのカップの収納にぴったりです。上部には吊り下げることもできるループ付き。荷物がガチャガチャ言わずに快適に持ち運べます。

イスカ(ISUKA) メッシュ クッカーバッグ S ブラック 371501 ブラック Sの口コミ評判

チタントレック700を、ナイロンバッグに入れたSVEA123Rに被せ、蓋を乗せた状態でこの袋に収納。上半分がメッシュですが、伸縮性はほぼなく、サイズがぴったりならきっちりとコッヘルをおさえてくれます。

主にカップ用途だと思われる本商品ですが
スノーピーク(snow peak) ソロセット 焚 SCS-004 が綺麗ピッタリ収まります

8位

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ PF Sac Pack NM61724

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ PF Sac Pack NM61724

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,300

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ PF Sac Pack NM61724は、単独でリュックのように使えるスタッフバッグです。サイズは縦44cm×横35cm。軽量な70Dリップストップナイロン素材なので、使わない場合にはコンパクトに収納可能。

内容量はA4サイズの大きさがそのまま収納できます。生地が薄く、見た目も格好いいので、さまざまな使い方をすることができます。上部に付いているキャリーハンドルが大きめで手持ちで持ち運ぶにも便利です。

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ PF Sac Pack NM61724の口コミ評判

部活でも使えるし、シンプルですし、喜んでもらえました。リュックにして背負える所が良いとのこと。生地もしっかりしているので、長い間使えそうです!

ダウン・衣類等入れて旅行用に使ったり、ちょっとお出かけに使ってます。」大変重宝してます。

7位

ISUKA(イスカ) ロールペーパーケース

ISUKA(イスカ) ロールペーパーケース

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

ISUKA(イスカ) ロールペーパーケースは、トイレットペーパーなどのロール状のペーパーを収納して、そのまま引き出して使えるスタッフバッグです。防水仕様なので野外でも安心して使うことができます。

底が二重になっていて、さかさまに吊り下げることができるので、置いて使うだけでなく吊るして使うことができて大変便利です。スタッフバッグの本来の収納ケースとしての役割よりも現場で使用する際に重宝するアイテムと言えるでしょう。

ISUKA(イスカ) ロールペーパーケースの口コミ評判

本製品はダントツに軽くシンプルな構造で防水性に優れています
他の類似品と異なる点は、生地がとても薄く僅かですがパッキングに便利です
自分はオレンジを購入しましたが、発色も良く気に入っています

中芯を抜いてジップ式の保存袋に入れて持っていっていましたが、このケースは重いものでもないし購入しました。使ってみた感想は、意外と使いやすかたのと、何より視覚的な満足感が非常に大きく気分も最高でした。

6位

22L防水袋 防水バッグ ドライバッグ ドラム型 IPX8&IPX6防水 大容量 2セット(22L防水バッグ+防水ケース)防水リュックサック ショルダーや手提げ両用 防災/プール/アウトドア/夜釣り/水泳/キャンプ/登山などに対応

22L防水袋 防水バッグ ドライバッグ ドラム型 IPX8&IPX6防水 大容量 2セット(22L防水バッグ+防水ケース)防水リュックサック ショルダーや手提げ両用 防災/プール/アウトドア/夜釣り/水泳/キャンプ/登山などに対応

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,880

22L防水袋 防水バッグ ドライバッグ ドラム型 IPX8&IPX6防水 大容量 2セット(22L防水バッグ+防水ケース)防水リュックサック ショルダーや手提げ両用 防災/プール/アウトドア/夜釣り/水泳/キャンプ/登山などに対応は、防水性のスタッフバッグであるドライバッグです。

用量は22L。ドラム型でショルダーでも手提げとしても使えます。防水ファスナーがあり、さらに小さなものを入れることも可能。スマホ用防水ケース付きです。

22L防水袋 防水バッグ ドライバッグ ドラム型 IPX8&IPX6防水 大容量 2セット(22L防水バッグ+防水ケース)防水リュックサック ショルダーや手提げ両用 防災/プール/アウトドア/夜釣り/水泳/キャンプ/登山などに対応の口コミ評判

リュックも口が大きくトートバッグのようになってるので荷物の出し入れがしやくてとても使いやすそうです!夏の海水浴シーズンや、釣りなどのアウトドアにも使えそうで、買ってよかったです

バイクに乗る機会が多く防水バッグを探してました。
ゲリラ豪雨やこれからの台風対策にバッチし。iphone用の携帯ケースもついていて超お得!!
これで、雨も気にしないでツーリングに行けます。

5位

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex? StuffBag 4.5L NM91651

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex? StuffBag 4.5L NM91651

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,210

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex StuffBag 4.5L NM91651は、やや大きめのものも入れられる便利なスタッフバッグです。サイズは縦28cm×横14cm×マチ14cm。素材はPERTEX(R)Quantum(ナイロン100%)。

生地が大変薄くシースルー生地で中身も確認できるため荷物整理にかさばらず、どこに何があるかわかりやすい便利なスタッフバッグとなっています。カラーの種類は全部で6種類あり、この製品はブラックですが、仕分けの際には別カラーを購入すると便利です。

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex? StuffBag 4.5L NM91651の口コミ評判

最新のテクノロジーが使われており、防水対策もイケテルのではないでしょうか。

4位

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 3L NM91652

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 3L NM91652

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,326

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 3L NM91652は、タオルや着替えなどいろいろなものを入れるのにちょうどいい3Lサイズのスタッフバッグです。カラーはブラック。

生地はパーテックスカンタム素材のナイロン製。サイズは縦24cm×横13cm×マチ13cm。口は紐留めです。THE NORTH FACEのロゴが大きく入っていて、大変目立ちます。この製品はブラックで、残り5色の計6色の種類があります。

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex(R) Stuff Bag 3L NM91652の口コミ評判

山行の時はドライフードを入れて、普段はジップロックスクリューのお弁当入れに使います。ジップロックスクリューは直径12センチなのでカラトリーを差し込んで丁度良い。

思った以上に薄く紐も細く手に取った瞬間は心配になりましたが、底が広く容量はありそう。この軽さに惹かれ子供のオムツ3枚やお尻拭きなど入れています。

3位

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex? StuffBag 2L NM91653

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex? StuffBag 2L NM91653

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,187

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex StuffBag 2L NM91653は、手軽で使いやすい2Lのスタッフバッグです。引き裂きに強いパーテックスカンタム素材。小さめのスタッフバッグなので、小物入れに便利です。

小さめの小物をたくさん持ち歩くという方におすすめのスタッフバッグと言えるでしょう。この製品はブラックですが、全部で6種類のカラーがあるので、小さいものをいくつか分ける場合にはカラーを揃えると便利です。

[ザ・ノース・フェイス] スタッフバッグ Pertex? StuffBag 2L NM91653の口コミ評判

ジム通いの為、着替えやタオルをまとめる目的でサイズ違いで2つ購入しました。あらかじめ入れるものを決めていましたので、サイズもぴったりです。

20ℓと勘違いして購入、、、
でも可愛いので小物入れに使ってます

2位

笑顔一番【 防水 ドライバッグ 】[ 寒い 冬 でも 柔らか素材 ] 5L 10L 20L 25L 30L 35L スマホ 用 防水ケース セット < プールバッグ 防災バッグ にも > 防水バッグ ビーチバッグ ドラム型 アウトドア カヌー SUP プール dry bag / 米独で人気 / 新素材 で 耐用年数2年間 / 国内即日発送

笑顔一番【 防水 ドライバッグ 】[ 寒い 冬 でも 柔らか素材 ] 5L 10L 20L 25L 30L 35L スマホ 用 防水ケース セット < プールバッグ 防災バッグ にも > 防水バッグ ビーチバッグ ドラム型 アウトドア カヌー SUP プール dry bag / 米独で人気 / 新素材 で 耐用年数2年間 / 国内即日発送

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 800 – ¥ 7,800

笑顔一番【 防水 ドライバッグ 】[ 寒い 冬 でも 柔らか素材 ] 5L 10L 20L 25L 30L 35L スマホ 用 防水ケース セットは、防水性のあるスタッフバッグであるドライバッグです。

特徴として、マイナス30度まで柔らかさを保つ素材で作られているので、真冬でも伸縮性を失わず丈夫です。サイズは5L、10L、20L、25L、30L、35Lの6種類。スマホ用防水ケース付き。耐用年数は2年で、安心の返金返品保証付き。カラーは6種類あります。

笑顔一番【 防水 ドライバッグ 】[ 寒い 冬 でも 柔らか素材 ] 5L 10L 20L 25L 30L 35L スマホ 用 防水ケース セット < プールバッグ 防災バッグ にも > 防水バッグ ビーチバッグ ドラム型 アウトドア カヌー SUP プール dry bag / 米独で人気 / 新素材 で 耐用年数2年間 / 国内即日発送の口コミ評判

単独使用ならワンサイズ大きい10Lがお勧め
しっかりした作りで決して安っぽくはありません
スマホケースはおまけのわりに重宝しそう

海へ行くのに20ℓ購入しました。タオルや飲み物、日焼け止めなど色々入りますし、重宝する便利な大きさでした。砂もバックごと洗えて落とせるし、購入して良かったです。

1位

Unigear(ユニジア) ドライバッグ フリー防水ポーチ付 ドラム型 5L 10L 20L 30L 40L

Unigear(ユニジア) ドライバッグ フリー防水ポーチ付 ドラム型 5L 10L 20L 30L 40L

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,020 – ¥ 2,299

Unigear(ユニジア) ドライバッグ フリー防水ポーチ付 ドラム型 5L 10L 20L 30L 40Lは、防水仕様のスタッフバッグであるドライバッグです。形はドラム型で種類が5L、10L、20L、30L、40Lとあり、そのどれかを選ぶことができます。

スマホを入れるのにちょうどいい防水ポーチがセットでついてくるのでお得です。5Lから30Lまでは取り外し式のショルダーベルト付き。40Lのショルダーベルトは取り外せません。カラーは9種類あります。

Unigear(ユニジア) ドライバッグ フリー防水ポーチ付 ドラム型 5L 10L 20L 30L 40Lの口コミ評判

20リットルを購入しました。価格も、防水性も満足です。
色も気に入っていて、意味も無く10リットルも欲しくなってしまいます。

海岸から木舟に乗り、スキューバに向かったところ、雨と波しぶきで舟内びしょびしょ。他の方の荷物が濡れる中、舟底の海水・雨水に浸かっても、しぶきを浴びても全く平気で、回りの方から注目の的でした。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

スタッフバッグの効果的な使い方

登山

スタッフバッグはそれ自体が便利なものです。それをさらに便利に使うには工夫と応用が大切となります。スタッフバッグの種類ごとの機能を理解することで、より便利にスタッフバッグを使えるのです。そこで、ここではスタッフバッグの使い方の基本的な応用をご紹介いたします。本格的な登山のパッキングから、日常使いの便利アイテムまで、幅広く応用できるスタッフバッグを使いこなしてみましょう。

豊富なサイズとカラーを便利に使おう

スタッフバッグは基本的にカラーが豊富に用意されています。その使用目的がパッキングであるため、仕分けしやすいようにと考えられているのです。そのため、同じサイズを複数購入する場合には全て色違いにするのが便利に使うコツと言っていいでしょう。

また、サイズ違いでも5Lと7Lや10Lと7Lなどの近いサイズの場合は、色変えをしたほうが取り出す際の間違いがなくなります。逆に同じシーンに使用するものを同じカラーで統一するのも、便利に使うコツです。

ロールトップ型なら大は小を兼ねる

スタッフバッグを利用する際は、入れるもののサイズにぴったりのものを選ぶの基本です。大きいものに小さいものをたくさん詰め込んではパッキングする意味がないからです。しかし、行きと帰りで荷物の量が変わるという場合には、大きくも小さくも使える可変サイズのスタッフバッグが欲しいと思うこともあるのではないでしょうか。

そういった要望にもっとも近いのがロールトップ型のスタッフバッグです。ロールトップ型はドライバッグに多いタイプで、口をくるくると巻き込んで留めるため、空間が余った際にはそのまま余った部分を巻き込んで留めてしまえます。

また、コンプレッションバッグも圧縮できるスタッフバッグですが、ベルト部分がけっこうかさばるので、ちょっとした圧縮には逆に向いていない場合もあります。寝袋やダウンなどのかなり圧縮が可能なものにはぴったりです。

まとめ

現在人気のスタッフバッグのランキングをご紹介させていただきました。スタッフバッグは、用途の異なる荷物をひとまとめに詰め込まなければならない場合に、場所を取らずに小分けすることができる便利なアイテムです。

本来は登山用ですが、日常でも便利に使えるので、便利なものに敏感な若い人や女性の間で人気の広がりを見せています。本来の役割である登山やレジャーの際のパッキングに、その性能を日常に流用する場合にも、便利に使えるお気に入りのスタッフバッグを探してみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.