1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーオイル市販の妊娠線予防オイルのおすすめ比較ランキング!保湿ケアに人気なのは?

2018/03/01更新

市販の妊娠線予防オイルのおすすめ比較ランキング!保湿ケアに人気なのは?【2018年】

写真を持った妊婦

妊娠、そして出産は、女性にとって体形などの変化を感じることが多い出来事であるといわれています。またそのような中でも腹部などに出来やすい「妊娠線」については、一度できてしまうと消えないものであるともいわれているため、これから出産を控えている妊婦さんにとっては心配ごとの一つとされている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、市販の妊娠線予防オイルをテーマに、その選び方やおすすめ商品、そして効果的な使い方などをご紹介!これからママになる方はもちろん、妊婦さんへのプレゼント選びなどで悩まれている方にもおすすめの情報となっていますので、是非とも読んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

妊娠線予防オイルの選び方

PCを使う妊婦

はじめに、妊娠線予防オイルの選び方についてご紹介していきますが、まずは妊娠線とはどのようなものなのか、そしてなぜできてしまうのかをご説明したいと思います。

妊娠線とは何?

妊娠した際には、お分かりのように週数が進むごとにお腹が大きくなってきますよね。そのような中で皮膚が急激に引き延ばされることでひび割れを起こし、ミミズが這ったような筋が出来てしまうことがあります。これが妊娠線が出来てしまうメカニズムです。

ある統計では7割以上もの妊婦に妊娠線が表れるといわれていますが、特に妊娠中の急激な体重増加、また小柄な女性や乾燥肌など体質によっても、妊娠線が出来やすい原因になり得るといわれているのです。

また妊娠線は腹部だけではなく、太ももやお尻、胸部などにも表れることがあるそうです。またその本数にも個人差があり、複数の場合もあれば、1~2本のみ、というケースもあります。

そして何と言っても一番の懸念材料は、一度出来てしまった妊娠線は次第に薄くなったり、目立たなく改善することはあっても、完全に消失することはないといわれている点でしょう。妊娠線は、宝物であるお子さんをお腹に宿した勲章である、と捉える人もいますが、できればなるべく残したくない、と感じている妊婦さんが多いのではないでしょうか。

妊娠したら早めのケアを

妊娠線は、妊娠後期となる8か月目くらいから表れることが多いといわれていますが、体質などによっては妊娠中期となる5か月目くらいから悩まされるケースもあるとのことです。

また妊婦さんは、出産が近づくにつれてますます忙しい毎日となっていきます。赤ちゃんを迎えるために、その肌着やおむつ、ベッドなど身の回りの準備に追われてしまい、つい妊婦であるご自身のケアを忘れてしまう場合もあるでしょう。そして、気がついたときには既に手遅れに…、となる前に、妊娠が分かったら早めに妊娠線予防オイルなどを使ってケアをしていくことをおすすめします。

妊娠線予防オイルの利点は?

オイルを手にとる

妊娠線予防を目的とした商品には、オイルを主成分としたもののほか、クリーム状となっているものなどもあります。今回テーマとなっている妊娠線予防オイルについては、少ない量でも伸びがよく、成分が角質層までゆっくりと浸透し保湿力にアプローチするという利点が特徴です。また、オイルでマッサージすることにより皮膚の体温上昇を促し、皮膚の伸展を促進。妊娠線が出来にくい肌に改善することをサポートします。

低刺激タイプがおすすめ

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすいため、少しの刺激にも敏感に反応してしまうことがあります。そのため妊娠線予防オイルを選ぶ際には、添加物の少ない低刺激タイプのものを選ぶことがおすすめです。「無着色」や、「防腐剤(パラベンなど)無添加」などの表示がある商品が、それに該当するといえるでしょう。

植物由来がトレンド

オイルの成分としては、植物由来の油脂を主成分とした商品が数多く登場しており、大変人気となっています。代表的な成分としては、「ホホバオイル」「ココナッツオイル」「アーモンドオイル」などがありますが、それぞれが保湿力に優れたオイルとなっていますので、お好みで選んでいくといいですね。

香りも大切な要素

妊娠中は香りの変化などにも敏感となることが多いため、刺激の強い香りがするものなどについてはおすすめできません。しかし、天然成分がメインとなる妊娠線予防オイルについては、成分となる油脂の匂いをかすかに感じるか、配合されているアロマオイルの香りなど、低刺激である商品が多いといえるでしょう。使い続けて妊娠線を予防していくためには、こちらについてもお好みの香りのものをチョイスしていくことが大切です。

コストパフォーマンスを考える

先程もご紹介したように、妊娠線予防オイルでのケアについては妊娠初期から出産に至るまでの間、是非とも取り組んでいくことをおすすめしたいと考えています。そのためあまりにも高価なオイルを選んでしまうと、使い続けていくことが難しい場合も考えられるでしょう。

妊娠線を予防する目的で長期間継続してのケアを考えている場合には、自身に無理のない予算で選んでいくことが大切な要素となっています。

スポンサーリンク

妊娠線予防オイル人気おすすめ商品TOP10

それではいよいよ、売れ筋となっているおすすめの妊娠線予防オイルをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ピジョン オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ 400ml

ピジョン オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ 400ml<

天然成分にこだわった「ピジョンオーガニクス」シリーズから、プレママ期のボディラインをやさしくケアするマッサージオイルのご紹介です。「母なる樹」としても名高い、バオバブの種子から採れる希少なバオバブシードオイルを高配合。

お腹はもちろん、太ももやお尻、バストなどの妊娠線の出来やすい箇所にうるおいを与え、肌の柔軟性にもアプローチ。オイルながらべたつかず、さらりとした使い心地も特長となっているほか、ラベンダー、ゼラニウム、ネロリのオーガニックアロマの爽やかな香りが、癒しのひと時を与えてくれます。

ピジョン オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ 400mlの口コミ評判

お風呂上りに使っています。乾燥肌ですぐ痒くなってしまうので、クリームでなくオイルにしました。もうすぐ9カ月になりますが、今の所 妊娠線できていません。使い心地も良いので継続して使っていきたいです。

大容量で香りもよく、わりとシャバシャバしているので伸ばしやすいです。
1プッシュで胴体部分はすべてカバーできます。

9位

キャリネス ボディオイル 100ml

キャリネス ボディオイル 100ml

妊娠中や産後のママ、そして赤ちゃんを対象としたスキンケア製品や、マタニティアイテムなどを展開する「キャリネス」から、マタニティラインケア専用のオイルのご紹介です。ジェル化したオイル成分は、サラッとした感触が特長。美容皮膚科医が監修した美容成分が保湿力を与え、肌への弾力を促します。また、10種類に及ぶオーガニック精油には、むくみ解消効果が期待できる成分も。朝晩1日2回の使用が効果的。着色料、無鉱物油、アルコール無添加で、低刺激処方も嬉しい要素ですね。

キャリネス ボディオイル 100mlの口コミ評判

現在妊娠中で色んな妊娠線クリームや他社のオイルも試しましたが、とにかく香りが気に入りました。量が少ないので他社よりも割高ですがその点以外は大変満足しています。恐らくなくなったらまたリピする予定です。

冬でも胸元に使うのには重めで、ベビーパウダー併用でもニキビができました。お腹周り、足なのには問題ありません。もう少し軽めのオイルかクリームにしようと思ってます。

8位

【妊娠線の予防に】 ノコア(NOCOR)アフターボディ トリートメントクリーム150g&ファースト ボディトリートメントオイル 100ml

【妊娠線の予防に】 ノコア(NOCOR)アフターボディ トリートメントクリーム150g&ファースト ボディトリートメントオイル 100ml

低刺激となるホホバオイルが主成分。抜群の肌なじみで、保湿効果と肌へのバリア機能を高めます。そのほか、栄養豊富なオリーブオイルや、高い浸透力が特長のマカダミアナッツオイル、うるおいを促進するアルガンオイル、肌リズムを整えるローズヒップオイルなど、天然由来の植物油を高配合。また界面活性剤をはじめ、パラベンや合成香料、合成着色料などの添加物を使用せず、肌へのやさしさをとことん追求した処方です。ほのかなネロルの香りで、マタニティライフをさらにリラックスに。一緒に使うとさらに効果的なトリートメントクリームがセットとなっています。

【妊娠線の予防に】 ノコア(NOCOR)アフターボディ トリートメントクリーム150g&ファースト ボディトリートメントオイル 100mlの口コミ評判

妊娠線&肉割れが酷くて購入しました。
産後すぐに使用で少しずつ薄くなってきて効果を実感しています。

7位

ムーンソープ クインタプルヴェール マザーディライト 100ml

ムーンソープ クインタプルヴェール マザーディライト 100ml

妊娠線予防や産後のケアとしてママはもちろんのこと、赤ちゃんも一緒に使えるように開発されたオイルケア商品。肌なじみのよい滑らかタイプのオイルが特長です。ヴァージンココナッツオイルによる角質軟化作用が肌の弾力を高め、妊娠線予防にアプロ-チ。マカデミアナッツなどの天然オイルの香りも、癒しの効果を与えます。また100%が天然成分となっているため、赤ちゃんが舐めても問題なし。授乳期ママの乳頭ケアや、赤ちゃんのスキンケアとしても使えて便利です。

ムーンソープ クインタプルヴェール マザーディライト 100mlの口コミ評判

使うとラベンダーの香りがとても心地よく、癒されます。私は、結構ななアトピーなのでそれでも乾燥しますが、普通の方ならプリプリになるでしょう(^-^)

ココナッツオイルが上質すぎて、凄くいいです。 マッサージしてる時も、香りがよく、楽しい気分になります。
以外と大容量で半年は持ちそうです。値段も内容も納得です。

6位

【妊娠線予防オイル】ノコア(NOCOR)ファースト ボディトリートメントオイル 100ml

【妊娠線予防オイル】ノコア(NOCOR)ファースト ボディトリートメントオイル 100ml

国産品で安心。スタイリッシュなパッケージでプレゼントなどにも最適な妊娠線予防オイル「ノコア ファーストボディートリートメントオイル」のご紹介です。最大のポイントは、①奥(角質層)まで届ける②うるおいの元をつくる③うるおいを閉じ込める、からなる、ノコア独自の「トリプル保湿」。

天然由来のゴールデンホホバオイルをはじめ、アルガンオイル、ムルムルバター、ひまわり種子オイル、ローズヒップオイルなどの豊富な配合成分で、高浸透、高保湿にアプローチしたメカニズムを生み出し、「つくらない」ための妊娠線ケアをサポート。また防腐剤やエタノール、合成香料などの添加物を含まず、敏感肌の方も安心です。フローラルでありながら、ナチュラルでやさしいネロリの香りもポイントとなります。

5位

オーガニックマドンナ セラムオイル80ml(オーガニック99%配合・妊娠線オイル)

オーガニックマドンナ セラムオイル80ml(オーガニック99%配合・妊娠線オイル)

ナチュラル成分にこだわり抜き、オーガニック成分を99%配合。日本人の肌に合うように作り上げられた国産の妊娠線予防オイルとなっています。オーガニックのエキストラバージンオリーブオイルや、うるおい豊かなモロッコ産アルガンオイル、またシアバター、ホホバオイルなどの配合成分が肌の弾力へアプローチし、かさつきを防止。

妊娠期から産後のケアはもちろん、フェイスのエイジングケアなど多用途に活躍します。香りは、柑橘系となるオーガニックレモンマートルの香りを採用。匂いに敏感な妊婦さんも安心して使うことができます。

オーガニックマドンナ セラムオイル80ml(オーガニック99%配合・妊娠線オイル)の口コミ評判

妊娠10カ月の妊婦です。最近、お腹のお肉部分が痛く買いました!
匂いはアロマの柑橘系!
こちらを使う前からジョンソンのローションと医薬品のヒルドイド軟膏を併用していて今回は追加で塗っています。

4位

エルバオーガニックス STMオイル ラージサイズ500ml【正規品】

エルバオーガニックス STMオイル ラージサイズ500ml【正規品】

肌にハリとツヤを与えるキャロットシードオイルや、潤い効果のあるオーガニックシアバター、そしてビタミン豊かなヒマワリオイルなどを高配合した、オーガニック成分96%の妊娠線予防オイルです。伸びが良くさっぱりとした使用感が特長で、オーガニックラベンダーの癒される香りも、是非とも選びたいポイントの一つ。500mlの大容量サイズで約半年間たっぷりと使えるほか、余ったオイルはベビーマッサージなどにも使用することができます。

エルバオーガニックス STMオイル ラージサイズ500ml【正規品】の口コミ評判

オイルは伸びがよく塗りやすかったです。

産前、切迫のため入院していましたが看護師さん達からもいい香りがすると好評でした。

お腹はあまり大きいと言われませんでしたが、無事出産、15キロ太っていましたが3か月でほとんど戻りました。
結構太った上、はやく体重が戻ったのにも関わらず妊娠線が残りませんでした。

3位

【肉割れ・妊娠線のケアに】 ノコア(NOCOR)アフターボディ トリートメントクリーム150g&ヒートブースター ボディマッサージ VCオイル 100ml

【肉割れ・妊娠線のケアに】 ノコア(NOCOR)アフターボディ トリートメントクリーム150g&ヒートブースター ボディマッサージ VCオイル 100ml

出来てしまった妊娠線にアプローチする、アフターケアを目的としたスキンケアセット。ベースとなるオイルを先に塗ることで、高いブースター機能を発揮。付属のクリームを上から塗り込むことで、肌表面の油分&水分のバランスを整え、固くなってしまった妊娠線も柔らか肌へと導きます。

キャリアオイルには、潤い成分として皮脂に近いといわれているゴールデンホホバを配合しているほか、オイルでは珍しいビタミンC誘導体も配合し、さらなるケア効果を期待。また2大「天然めぐり成分」として配合された、ミネラルやアミノ酸をバランスよく含んだホワイトバーチ、めぐりサポート成分となるブッチャーズブルームなども注目すべき成分となっています。

【肉割れ・妊娠線のケアに】 ノコア(NOCOR)アフターボディ トリートメントクリーム150g&ヒートブースター ボディマッサージ VCオイル 100mlの口コミ評判

今まで使用していた妊娠線専用クリームでかゆみが出ていましたが、こちらのクリームを塗ったところかゆみは無くなりました!
できたばかりの、赤い妊娠線も薄くなって、傷のような跡も無くなったような気がします!

2位

AMOMA マタニティオイル 160ml ■妊娠線オイル

AMOMA マタニティオイル 160ml ■妊娠線オイル

ママと赤ちゃんのためのナチュラルブランド「AMOMA」から、産後もキレイなお腹でいたいと願う女性のためのマタニティオイルのご紹介です。日本人の肌になじみやすいといわれている米ぬかを原料としたライスオイルや、保湿力抜群のマカダミアナッツオイルを主な配合としているほか、マタニティアロマセラピストが長年の実績より厳選した3種の精油(パルマローザ、フランキンセンス、マンダリン)の効果により、肌のうるおいと柔軟性にアプローチします。

AMOMA マタニティオイル 160ml ■妊娠線オイルの口コミ評判

現在、臨月で、2プッシュでお腹全体と胸辺りまで、半プッシュでおしりと太もも辺りを、会陰マッサージではほんの少しプッシュして3滴ほど使っています。
ポンプの押し方でオイル量を調整できます。

妊娠線ができそうな縦のカサカサゾーンがありましたが、そこに集中的に塗り込んでいたら、カサカサ感がなくなり、落ち着いています。

1位

ヴェレダ マザーズボディオイル 100ml

ヴェレダ マザーズボディオイル 100ml

妊娠線の予防としてはもちろん、産後の肌の引き締めにもおすすめとなるボディオイル。高品質のアーモンドオイルのほか、浸透性豊かなホホバオイル、さらにめぐりに作用するといわれているアルニカ花エキスなどを高配合。肌に弾力を与え乾燥を防ぐことで、しなやかな状態に整えます。ナチュラル感ある天然エッセンシャルオイルの香りで、癒しのひと時を。合成成分や鉱物油は使用せず、植物成分にこだわった配合であることも特長です。

ヴェレダ マザーズボディオイル 100mlの口コミ評判

お腹だけでなく胸や脚など全身に使えて重宝します。香りも最初は強く感じますが、慣れればとてもリラックスできる香りだと思います。

香りもよくて、使い心地もサラリとしていてべとつかずとても良いです♪
赤ちゃんにも優しい成分で作られているようなので、お風呂上がりのママにも使えてかなり便利だと思います♪

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

妊娠線予防オイルの効果的な使い方

妊娠線予防オイルをぬる妊婦

最後に、妊娠線予防オイルの効果的となる使い方として、最も妊娠線の出来やすいお腹のケアについてご紹介していきます。

オイルは手でよく温めてから

はじめにオイルを手のひらにとり、両手を合わせてよくなじませます。あらかじめオイルを人肌程度に温めることにより、肌への浸透力がさらにアップ。そのようにすることで、お腹へは、強いマッサージを必要とせずにうるおいを届けることが可能となります。

お腹全体にやさしく塗布

手についたオイルを片手ずつ、おへそ辺りを中心としてお腹全体にやさしく塗っていきましょう。見逃しがちな脇腹や、下腹部もしっかりと塗布することが大切です。

オイルは多めに

オイルについては、1回での使用目安が表示されている場合、それを基準として使用していくことが望ましいでしょう。しかしお腹の大きさや肌の状態などによっても個人差がありますので、自身に適した量を見極めていくことが大切です。おすすめとしては、「少々多めかな」と思う位の量。比較的たっぷりと使うことで潤滑油の役割も果たし、刺激を最小限に抑えることが可能となります。

お腹の赤ちゃんに話しかけるように

妊娠線予防オイルを使用する際は、強くこすらずにソフトタッチで塗っていくことが最大のポイントです。母体とお腹の赤ちゃんへ強い刺激を与えることなく使うことが、健康なマタニティライフを送る上で大切であるといえるでしょう。胎教を兼ねて、お腹の赤ちゃんに語りかけるように使われるといいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?一度出来た妊娠線は、出産した後にも残ってしまうものであるといわれています。マタニティ期間は出産までの一定期間となりますが、その期間に油断することなく念入りにケアしていくことが、産後も美しいボディをキープしていくためのポイントとなるのです。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

まだデータがありません。


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.