1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのふくさ比較ランキング!冠婚葬祭に人気の袱紗は?

2018/02/15更新

おすすめのふくさ比較ランキング!冠婚葬祭に人気の袱紗は?【2018年】

ふくさの上に香典袋

冠婚葬祭で必需品でもある「ふくさ」。慶事のさいには祝儀袋を、弔事のさいには不祝儀袋を用意し、汚さないためにふくさで包むことは、大人のマナーともいわれています。

しかし、ふくさをいざ購入しようと思っても、さまざまな柄や色があってどれが良いのかわからなくなりますよね。他の人がどのようなふくさを使っているのかを確認する機会も少なく、ひとりで悩んでしまいがちに。

今回はそんなふくさについて、選び方のポイントをご紹介します。他にも人気のふくさをランキング形式でご紹介したり、効果的な使い方についてもまとめてみたので、参考にしてくださると幸いです。

スポンサーリンク

ふくさの選び方

悩む男性

ふくさの選び方について、「使うシーン」・「色と柄」・「ふくさの種類」・「ふくさの素材」などのポイントから、それぞれどんなものを選んだら良いのかをご紹介します。ふくさの使用シーンや用途を考えながら、ご自分が欲しいふくさのイメージを固めてみてくださいね。

ふくさをいつ使うのかで選ぶ

ふくさには「慶事用」と「弔事用」と「慶弔両用」があります。それぞれどのようなものがあるのか、選び方のポイントをご紹介します。

慶事用のふくさについて

結婚式など、お祝いを渡すときに包むふくさとしてふさわしいのは、暖色系の色のふくさです。赤色・朱色・桃色などの明るい色が良いでしょう。

弔事用のふくさについて

葬儀などで香典等を包むときは、寒色系のふくさを用意します。紺色・深い緑色・灰色など暗い色を選びましょう。

慶弔両用のふくさについて

紫色のふくさの場合、慶事と弔事を問わず使うことができます。こちらを1枚持っておくと、いざというときに慌てなくてすむでしょう。ただし「薄紫」は慶事用となってしまうので注意。

また、中には「リバーシブル」になっているものもあります。ふくさの表面は暖色・裏面は寒色となっているので、1枚あるだけでどちらにも対応できて便利です。しかし、包むさいには間違えないよう注意が必要です。

柄について

基本的に慶事・弔事どちらも「無地」のものが良いとされているそうです。長く使おうと思うと、やはり無地のものが無難です。ただ、お祝い事の場合は縁起の良い刺繍があると、ワンポイントとして華やかになりそうですね。

ふくさの種類で選ぶ

ふくさは用途に合わせてさまざまなタイプのものが販売されています。自分にとって使いやすいものや、使うシーンにふさわしいものを選ぶようにしましょう。

一般的なふくさ

最も一般的なのは正方形のふくさです。風呂敷を小さくしたようなサイズで、たたむようにして金封を包みます。会社の上司やお世話になっているかたなどへ渡す場合は、こちらのふくさにしておきましょう。ただし鞄等に入れている間に生地がずれてしまうことがあるので、渡すさいにはチェックするなど扱いに気をつけましょう。

大きい金額を包むときにも使えるので、これが1枚あると非常に便利ですよ。使い終わるとただの1枚の布になるため、非常にコンパクトで邪魔にならないのもうれしいですね。

爪付きのふくさ

包んだ後に生地が乱れたり包みが開かないように、ふくさに爪が付いています。布を留めておくことができるので、包んだ時の状態をキープすることができます。

台付きふくさ

金封を乗せるための台が付いたふくさです。台の四隅には紐やゴムなどの留めがついているので、金封がずれないように固定することが可能。型崩れしにくいのもうれしいポイントですね。

金封ふくさ

金封が包みやすいように袋状になっている略式のふくさ。お金を渡すときにサッと取り出すことができ、非常に便利なタイプです。冠婚葬祭に慣れていないかたなどは、こちらを購入しておくと良いかもしれません。

ただし、使用する金封が大きかったり、中に入れる金額が多い場合は、こちらのふくさに入らない恐れがあります。3万円くらいを包むときに使うと丁度良いかもしれません。

ふくさの素材について

ふくさの素材には、正絹・綿・化学繊維などがありますが、やはり「正絹のふくさ」が上品でおすすめです。手触りも良くシワになりにくいので、風呂敷タイプのふくさにぴったりです。着物にもよく似合いそうですね。

ただし、正絹はお値段が高くなります。「正絹が良いけど、慶事用と弔事用に2つも用意するのは大変……」といったかたは、慶弔両用の紫色の正絹のふくさを1枚持っていれば、どのようなシーンでも対応できるので便利ですよ。男女兼用なので一家にひとつあると安心です。もちろん、他の素材でもふくさとして十分すてきです。

スポンサーリンク

ふくさ人気おすすめ商品TOP15

インターネットで購入できるふくさの人気商品を、15位からランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

15位

使い分けカンタン慶弔ふくさ

使い分けカンタン慶弔ふくさ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,300

片面ずつ「桃色」と「紫色」となっており、必要に応じてリバーシブルできる慶弔両用のふくさ。桃色はお祝い用で「松に梅」の刺繍があり、紫色の不祝儀用には「はすの葉」の刺繍があります。

サッと金封を取り出すことのできるポケット式なので、使用するさいも簡単便利。こちらをひとつ持っていると、いざというとき焦らないでおすすめ。

14位

丹後ちりめん台付きふくさ(袱紗)慶弔両用 箱付き 日本製

丹後ちりめん台付きふくさ(袱紗)慶弔両用 箱付き 日本製

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,160

慶弔両用の紫色の台付きふくさ。台のサイズは幅約12cm長さ約20cmで、ふくさは一辺約35cmの正方形だそうです。台は片面ずつ朱と緑になっているため、慶弔どちらかに合わせてリバーシブルで使用でき便利です。

ふくさには、台を固定するバンドと、ふくさをたたむ時に使うフックが付いているため、型崩れの心配も少なそうです。非常に上品なふくさなので、1枚持っているとあらゆるときに使用でき便利です。

13位

袱紗 ちりめん桜小紋 金封ふくさ 箱入り 紫

袱紗 ちりめん桜小紋 金封ふくさ 箱入り 紫

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

慶弔両用で使える紫色のふくさです。小さな桜模様がさりげなくあしらわれており、華やかな印象があります。ちりめん素材も手触りが良さそうですね。金封ふくさなので、ふくさの形を崩すことなくスマートに金封の取り出しができます。

箱入りなので、贈り物としても喜ばれるでしょう。上品かつ可愛らしいふくさなので、さまざまなシーンで活躍できそうですね。

12位

ちりめんふくさ 袱紗 無地タイプ 日本製 ムラサキ 慶弔両用 冠婚葬祭 結婚式 (ムラサキ)

ちりめんふくさ 袱紗 無地タイプ 日本製 ムラサキ 慶弔両用 冠婚葬祭 結婚式 (ムラサキ)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 980

慶弔両用で使用できる紫色のふくさ。慶弔両用の場合は金封の包み方が異なるのですが、こちらのふくさは「慶事は右開き」、「弔事は左開き」にできるよう、上下対称のデザインとなっているので、どちらで使用しても不自然ではありません。

デザインがシンプルで無地なので、男女問わず幅広い年齢のかたも使用できます。サッと金封を取り出すことができるので、所作もスマートですよ。

11位

ブラック無地ちりめんふくさ 金封袱紗 慶弔両用 結婚式 ブラックフォーマル 冠婚葬祭

ブラック無地ちりめんふくさ 金封袱紗 慶弔両用 結婚式 ブラックフォーマル 冠婚葬祭

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,380

黒色の金封ふくさとなっています。黒色なので弔事用として使用するのがふさわしいでしょう。シンプルで飽きの来ない無地のデザインなので、老若男女問わずいつの時代でも使用できそうですね。

金封をスマートに用意・渡すことができる形なので、いざというときに焦ることもありません。長く使うことができそうなふくさです。

10位

金封ふくさ 二重ちりめん 墨黒

金封ふくさ 二重ちりめん 墨黒

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,053

墨黒色のふくさとなっています。暗い色合いのため、お通夜やお葬式等の弔事用として使用してください。無地でシンプルなデザインのため、性別や年齢を問わず使用でき使い勝手も良いでしょう。

金封ふくさということで、形について気にせず使用できるので便利です。男性用のスーツの内ポケットにもきちんと収まり、出し入れしやすいのもうれしいポイント。

9位

マルアイ 金封ふくさ 洋風 フラワー ネイビー フク-50DB

マルアイ 金封ふくさ 洋風 フラワー ネイビー フク-50DB

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,600

ジャガード織で光沢のある花柄の生地が特徴的の、洋風なふくさ。タッセルパーツがついているため、高級で華やかな印象になります。タッセルパーツは取り外して使用することも可能なので、シーンに応じて使い分けられそうですね。

色は落ち着いたネイビーなので、弔事のときに使用すると良いでしょう。金封ふくさのため。金封が楽に取り出せ便利です。

8位

金封ふくさ 慶弔セット エステル桜綸子 P62-758

金封ふくさ 慶弔セット エステル桜綸子 P62-758

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,726

慶事の右包みの桃色の金封ふくさと、弔事の左包みの紫色の金封ふくさがセットになった商品。慶事のものには縁起の良い鶴、弔事のものには蓮の花の刺繍があります。どちらにも桜の模様があり、可愛らしいふくさへと仕上がっています。

慶弔両用の場合はシーンによって包み方を変える必要がありますが、こちらはそれぞれの形になっているため、冠婚葬祭に不慣れなかたにもおすすめです。

7位

金封ふくさ 小花ちりめん 紫 670-1

金封ふくさ 小花ちりめん 紫 670-1

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

いつでもサッと包め、取り出すことのできる便利な金封ふくさ。小花模様がおしゃれで可愛らしく、良いアクセントとなっています。ふくさ自体の色は深い紫色なので、花が可愛らしくも落ち着いた雰囲気となり、男女どちらにも似合う上品なデザインとなっています。

慶弔どちらにも使えるのもうれしいポイント。一家にひとつあると便利です。

6位

大興産業 金封ふくさ 正絹 西陣織 青海波 149-7

大興産業 金封ふくさ 正絹 西陣織 青海波 149-7

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,599

京都の「西陣織」で作られた金封ふくさ。いざというときもすぐに準備ができて、形が乱れる心配が少ないのでうれしいですね。また高級感のある紫色のため、結婚式のようなお祝い事はもちろんのこと、お葬式などにも雰囲気を壊すことなく使用できます。

落ち着いたデザインのため、誰がいつどんなシーンで使っても似合いますし、これから先長く使っていく分にもおすすめです。

5位

金封ふくさ 二重ちりめん 紫紺

金封ふくさ 二重ちりめん 紫紺

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,055

慶弔両用の紫色のふくさ。紫の中でも紫紺で上品かつシンプルなデザインなので、老若男女問わず使用できそうですね。冠婚葬祭はもちろんのこと、お見舞いのさいにも紫色のふくさがあると無難です。

さらに「金封ふくさ」なので型崩れの心配もありません。手軽にサッとポケットから取り出せ、金封を渡すことができるため便利です。

4位

袱紗 ふくさ 鮫小紋 慶弔両用 結婚式 男性 冠婚葬祭 ハンドメイド 日本製

袱紗 ふくさ 鮫小紋 慶弔両用 結婚式 男性 冠婚葬祭 ハンドメイド 日本製

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,944

日本製で綿素材の手作りのふくさ。慶事と弔事の両方で使用できるそうです。他にもお稽古の月謝を支払う時に使ったり、通帳ケースとしても利用できるのだとか。

鮫小紋の渋い柄なので、男性用に人気なんだそうです。もちろん男女兼用で使用できます。接着芯を使用していますが、全体的に柔らかめに製作をしているそうなので安心ですね。

3位

日本製 高級 二重 ちりめん 金封 ふくさ 紫紺 ( 慶弔両用 )E-802

日本製 高級 二重 ちりめん 金封 ふくさ 紫紺 ( 慶弔両用 )E-802

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 798

京都で作られた紫色のふくさ。慶弔両用で金封ふくさタイプなので、使い勝手が良く非常に便利です。さらに素材には高級2重ちりめんを使用しているため、水に強くて肌触りも滑らかです。

男性用のスーツの内ポケットにも収まるサイズなので、出し入れしやすいのもうれしいポイント。無地でシンプルなデザインなので、性別や年齢問わず長く使用できそうです。

2位

【日本製】 金封 ふくさ 紫 慶弔両用 袱紗

【日本製】 金封 ふくさ 紫 慶弔両用 袱紗

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

日本製のふくさ。上品な紫色なので、慶事と弔事両方に使用できます。無地なのでどのようなシーンや人にも合うでしょう。タイプは「金封ふくさ」となっているため、冠婚葬祭にあまり慣れていないかたでも簡単に準備と取り出しができます。

素材については、表がレーヨン100%、裏がポリエステル100%。金封の適応サイズは10.5cm×18.5cmとなっています。

1位

赤城 ふくさ 紫 慶弔両用 ハ21

赤城 ふくさ 紫 慶弔両用 ハ21

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 828

紫色のふくさなので、これひとつで慶事・弔事のどちらにも使えます。さらに金封ふくさのため、急いでいるときもサッと準備ができ、お渡しするさいに手間取ることもありません。金封の適用サイズは10.5cm×18.5cmとなっています。

デザインがシンプルなので、性別や年齢問わずどなたでも使用可能。また箱に入っているため、贈り物にも喜ばれるかもしれませんね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ふくさの効果的な使い方

香典を渡す

ふくさを使用するときは「基本的なマナー」を身に着けておく必要があります。金封を包むときは、慶事と弔事では包み方が異なるので注意。ふくさをひし形にして左、上、下の順でたたむのが慶事、右、下、上の順でたたむのが弔事となります。金封ふくさの場合は、右開きが慶事、左開きが弔事となります。

受付へ金封を渡すときは、受付の前でふくさから金封を取り出し、相手から見て正面になるように右回しで向きを変えて、両手で渡します。

まとめ

冠婚葬祭でお金を包むときは、ふくさを忘れないように用意しましょう。とくにお通夜やお葬式等の不幸は突然訪れるものなので、いざというときに慌てないためにもあらかじめ用意しておくと良いでしょう。そのさいには、包み方や渡すときのマナーについても調べておきましょうね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.