1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティースキンケア洗顔洗顔料泥洗顔のおすすめ比較ランキング!人気最強なのは?

2018/01/10更新

泥洗顔のおすすめ比較ランキング!人気最強なのは?【2018年】

顔を洗う女性

泥洗顔は汚れがすっきりと落とせて、美白効果も高いことから多くの女性に支持される人気洗顔料です。また、泥の種類も豊富で、その効能もさまざまとなっていて、選ぶ際に迷うことが多いアイテムでもあります。

今回はそんな泥洗顔の人気商品ランキングと、自分に合ったものを選ぶ方法、さらにより効果的な使い方を詳しく解説させていただきます。そしてその観点から人気の最強泥洗顔の実力もぜひ確認してみてください。

スポンサーリンク

泥洗顔の選び方

スマホを使う女性

泥洗顔料を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。自分に合った商品の選び方の参考に、泥の種類や期待できる効果などをご紹介します。

種類で選ぶ

泥洗顔は使われている泥の種類によってその効果がやや違います。効果が高いけれども刺激も強いもの、刺激が少なく保湿に高い効果があるものなど、それぞれの特徴を理解することで、選びやすくなるはずです。

クチャ(マリンシルト)

クチャ(マリンシルト)は、沖縄の海底から採取される泥です。ミネラル豊富で粒子が細かく、汚れ落ちがいいことで人気となっています。美白効果、血行促進効果も期待できます。

カオリン

カオリンは中国産の泥成分です。刺激の少ない優しい使い心地で、炭酸ガスを含んでいるため汚れをよく吸着するとされています。毛穴の引き締め効果が高く、肌のくすみ改善が期待できます。

ガッスール

ガッスールは北アフリカ、モロッコで採取される吸着力の高い泥洗顔です。マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富で、洗浄力、保湿力が高いことで知られています。泥洗顔の中ではメジャーで人気の高いものと言えるでしょう。

モンモリロナイト

モンモリロナイトはベントナイトという鉱石に含まれる泥成分で、産地であるフランスのモンモリヨンにちなんで命名されました。火山灰が海底に溜まって固まったもので、日本でも採取されます。皮脂などの有機成分を吸着して落とす性質があり、菌の増殖を抑えるため、ニキビに効果が高いとされています。

タルク

タルクは主にイタリアを原産地とする泥成分で、滑石という鉱物を粉砕して作られています。白っぽい細かい粉末で、ベビーパウダーやファンデーションなどにも含まれています。吸着性、保湿性が高く、さらっとした使い心地が特徴の泥洗顔になります。

ホワイトクレイ

ホワイトクレイはフィンランド地方原産の泥成分です。保湿、美白効果にすぐれ、刺激が少ないので敏感肌の人に向いています。刺激に弱い肌の人におすすめの泥洗顔になります。

レッドクレイ

レッドクレイはフランス産の泥成分です。その名の通り赤い泥で、鉄分を多く含んでいます。油分も豊富で粘り気があり、泥パックとして使い勝手のいい泥と言えるでしょう。血行促進、保湿効果などの効能があります。

グリーンクレイ

グリーンクレイもフランス産の泥成分です。鉱物を含んでいてミネラル豊富、医療用にも活躍している泥成分で、殺菌効果、デトックス効果が高いとされています。ニキビに悩んでいる人にぴったりの泥洗顔となるでしょう。

使い勝手の良さで選ぶ

石鹸と花

泥洗顔と言っても製品によって大きな違いがあります。固形石鹸のようなものだったり、チューブに入っていたりといった形状の違い。さらには他の成分と混ぜても変化しにくいという特徴から、さまざまな成分を配合して効能を追加したものも多いのです。

泥洗顔を選ぶ場合にはこれらの使い勝手の良さ、携帯性、効能などを考えて、自分の条件に合うものを選ぶのがいいでしょう。

容器による差異

泥洗顔でも固形タイプは石鹸仕様なのでしっかりと泡立たせる必要があります。一方でチューブに入った洗顔フォームタイプは簡単に泡立たせることができ、なかには泡立たせる必要もないものもあります。

手間としては洗顔フォームタイプのほうが楽ですが、ベースとなる成分に刺激の強いものが使われていることが多く、固形タイプに比べて劣化しやすいという特徴があります。

また、なかには化粧クリームのようなジャータイプの容器に入ったものもあります。このタイプは合成成分は少なめであれば劣化しにくいのですが、合成成分が多いと1番劣化しやすい製品となります。

成分をきちんとチェックして選ぶ必要があるでしょう。本来の泥成分だけであれば変化しにくいものがほとんどなのですが、基本的に何かの成分を配合していることが多いので、劣化するという認識で、一定期間の使い切りを考えたほうがいいでしょう。

機能が融合されているもの

泥洗顔には本来の泥成分による洗顔機能だけでなく他の成分を配合して機能を追加しているものがあります。忙しいときに便利なので、そういったものを選んでみるのもいいでしょう。

泥洗顔とパック、泥洗顔とクレンジングなどのプラス機能の製品がよくあるようです。パックの場合はスキンケアに力を入れたい場合。クレンジングは手間を省きたい場合に選ぶのがいいでしょう。

他にも栄養成分などを配合しているものもあるので、自分の肌質やどのような使い方をしたいかなどを考えて選んでみてください。

スポンサーリンク

泥洗顔人気おすすめ商品TOP8

泥洗顔のおすすめな商品をランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

8位

大豆気分 どろ豆乳石鹸

大豆気分 どろ豆乳石鹸

大豆気分 どろ豆乳石鹸は、ベントナイトをメインとした泥洗顔です。黒砂糖や豆乳発酵液などをプラスすることでミネラル分と大豆イソフラボンの効果を加え、つるつるしっとりの美肌作りのための効能が考えられています。

日本製でジャータイプの90g入り。ジャータイプは量を計りやすく残量がはっきりとわかるので、切り替え時期に次の注文を行ってケアを途切れさせることなく使うことができます。

ただ、酸化しやすいので、開封したら間を置かずに期間内に使い切ってしまいましょう。洗顔時に毛穴の汚れがきれいに落ち、しかも美肌効果を高める成分が配合されているため高い効果が期待できる泥洗顔です。

大豆気分 どろ豆乳石鹸の口コミ評判

脂性肌でその脂分のせいか、肌が赤っぽくなるのが悩みでしたが
これを使うようになってから赤みが気にならなくなりました。
肌も調子がよく、朝起きた時、顔を洗った後、鏡を見るのが楽しみになりました。

7位

海斗 海泥パック洗顔 70g

海斗 海泥パック洗顔 70g

海斗 海泥パック洗顔 70gは、チューブ入りの泥洗顔です。日本製で70g入り、グリセリンをベースにしてタナクラクレイを配合しています。海底に溜まった火山灰が固まった古代の泥で、ミネラル豊富、ねっちりとした泥成分が毛穴の奥から汚れを落とします。

使い方はさくらんぼほどの量を手に取って、よく泡立ててから顔に使い、丁寧にマッサージを行います。その上でさらにぬるま湯または水を加えて、再度泡立ててから洗い流してください。

肌の黒ずみが気になる人に最適な泥洗顔となっています。小鼻の角栓などもねっちり泡が吸着して落としてくれるため、毛穴パック効果もあります。チューブタイプなので酸化しにくく最後まで状態のいいまま使い切りやすい、美肌に効果的な製品です。

6位

泥クチャ 石けん

泥クチャ 石けん

泥クチャ 石けんは、沖縄の太古の泥クチャをベースにした固形石鹸タイプの泥洗顔です。沖縄の海底で数百万年もの間に堆積した白泥が使われていて、その細かい微粒子がお肌の汚れをすみずみまで落としてくれます。

クレイ成分の他に贅沢にローヤルゼリーや黒糖、アロエなどを配合していて、お肌に栄養を補給し、炎症を抑える効果が期待できます。洗顔後につっぱり感が少なくなるように工夫されていて、使い心地がやさしく、それでいて汚れをしっかりと落とすように考えられているようです。

固形石鹸タイプなので長期保存が容易で、成分変化が少なく、長く使えるのでコスパもいいのでお得な泥洗顔と言えるでしょう。単に洗顔だけでなく健康的な美肌のための成分も多く配合された、高い効能が期待できる泥洗顔と言えます。

5位

alva ディープウォッシュパック 150

alva ディープウォッシュパック 150

alva ディープウォッシュパック 150は、モロッコ溶岩クレイをメインとした泥洗顔です。単なる泥洗顔と違い、ローズマリーやベルガモットなどのハーブを豊富に配合した、肌の状態を安定させる美容効果の高い泥洗顔となっています。

チューブ入りで使い勝手がよく、洗顔の際には泥パックのように使えます。肌への洗浄力、除菌効果、保湿効果などが期待でき、顔だけでなく全身に使用しても高い効果が期待できるとされています。

さらにシャンプー代わりとしても使用可能。取り回しの便利な万能洗浄泥洗顔となっています。季節や環境の影響で肌の状態が代わりやすい人におすすめです。

alva ディープウォッシュパック 150の口コミ評判

以前オーガニックショップでオススメされすごくよくてリピート!
毛穴の黒ずみやくすみなど、これでマッサージしてしばらくおいて流すだけですっきりキレイになります。
安心安全な素材を使ってこの価格は嬉しいです。

4位

簡単クチャくりぃむソープ 100g

簡単クチャくりぃむソープ 100g <35175>

簡単クチャくりぃむソープ 100g は、沖縄のさとうきび畑の、5ミクロンの超微粒子な泥炭を配合した泥洗顔です。さらにゴーヤエキス、月桃エキスを加えて毛穴の奥まで洗浄できる吸着力の高さを誇ります。

日本製、ジャータイプで100g入り。泡立ちがよく、細かな泡がもっちりとした粘りを発揮して高い洗浄力を実現しています。配合されているゴーヤエキスや月桃エキスは沖縄独特の美容成分です。

どちらもお肌をピカピカにするのに最適な効能を持っているとされています。使い方としては手を濡らして泡立て、顔全体になじませてから洗浄しましょう。

自然由来の成分を多く配合しているので、敏感肌の方でも使える安心の泥洗顔となっています。ジャータイプなので開封してからは保管場所に注意しましょう。冷蔵庫などで補完しておくと酸化しにくくなるのでおすすめです。

3位

ジャーマンクレイ フェイスソープ 100g

ジャーマンクレイ フェイスソープ 100g

ジャーマンクレイ フェイスソープ 100gは、フェイシャルケアのエキスパートによって開発されたドイツの美容用の泥を配合した泥洗顔です。パーム核脂肪酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分、美肌成分を多く配合しています。

配合された成分的にはエステによるフェイシャルケアに近い効果を期待できる内容となっています。さらに保湿成分として効果が高いとされる美肌成分ムルムルバターも配合し、洗浄、美肌、保湿と揃った贅沢なほどの構成となっています。

固形石鹸タイプなので保存がしやすく、劣化しにくいのが特徴と言えるでしょう。使用の際には泡だてネットで泡立てて、その泡を使って洗顔します。無添加で安心感のある泥洗顔石鹸です。

2位

きんごきんご ハローキティ ほわいときんご

きんごきんご ハローキティ ほわいときんご

きんごきんご ハローキティ ほわいときんごは、ほわいときんごのハローキティ限定パッケージです。この泥洗顔は、鹿児島の石化マグマである火山白土を配合した泥洗顔で、細かな粒子と高い吸着力を洗顔に利用した製品となっています。

なんでも吸着するというその効能は強力で、洗顔料に香りをつけることすらできないほど。使用する際には泡立てて使うのですが、その泡はとてもきめ細かく、やさしく肌を包んでくれます。

また、ローヤルゼリーエキスと黒糖、アロエエキスを配合していて、肌に栄養と保湿をもたらします。キティちゃんの限定パッケージのかわいらしさも最高で、思わず持ち歩きたくなる泥洗顔です。

きんごきんご ハローキティ ほわいときんごの口コミ評判

すべすべになるし,毛穴まできれいに洗える感じがとても気に入り,
今回は自分で購入しました。
パッケージもかわいく,大きすぎず,
ジムに行くときにも愛用しています。

1位

■2個セット■ どろ豆乳石鹸 どろあわわ 110g×2個 泡立てネット付です  洗顔石鹸 沖縄奇跡の泥 マリンシルト配合 泥豆乳石鹸 ドロあわわ

■2個セット■ どろ豆乳石鹸 どろあわわ 110g×2個 泡立てネット付です  洗顔石鹸 沖縄奇跡の泥 マリンシルト配合 泥豆乳石鹸 ドロあわわ

■2個セット■ どろ豆乳石鹸 どろあわわ 110g×2個 泡立てネット付です  洗顔石鹸 沖縄奇跡の泥 マリンシルト配合 泥豆乳石鹸 ドロあわわは、沖縄のマリンシルトを配合した泥洗顔です。

細かくてボリュームのある豊かな泡が作れて、そのどっしりとした吸着力で肌の汚れを吸着して落とします。実はこの泥洗顔には沖縄のマリンシルトの他にベントナイトも配合されていて、その粒子の違う2つの泥がより効果的に汚れを落としてくれるようになっています。

さらに汚れを落とした後の保湿にも気を使った成分配合となっていて、豆乳発酵液、コラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスなどを贅沢に使用しているようです。

また、この製品は2個セットなので、通常の1個販売のものを買うよりもお得に購入できるのも人気の秘密でしょう。泡立てネットもついていて、購入したらそのまま使うだけでOKです。チューブタイプなので使いやすいのもいいですね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

泥洗顔の効果的な使い方

泡立てる手

肌の汚れを毛穴の奥から落とし、洗浄力の強さでは高い人気を誇る泥洗顔ですが、だからこそ、使い方はより効果的に正しく行う必要があります。とは言え、使われている泥の種類も多く、それぞれの製品で配合された成分も違います。

そのため、共通の使い方というよりも、メーカーの指導する使用方法をきちんと読んで、それに従うのが1番効果が出る使い方であることは間違いありません。

何より、固形タイプやクリームタイプなど、状態も商品によって差があるので、全てが同じようには使えないと考えたほうがいいでしょう。しかし、泥洗顔ならではの注意すべきことや、使い方として覚えておいたほうがいいことはあります。

だいたいは製品に付属している使い方でカバーされているはずですが、知っておくと効果をアップできたり、逆に問題が生じるのを避けられたりするので、共通の効果的な使い方も知っておきましょう。

クレンジングで汚れを落としてから使おう

泥洗顔には強力な洗浄力があるのだから、クレンジングも兼ねて使えばいいと思うかもしれません。しかし、化粧を落とす場合には専用のクレンジングを使うことをおすすめします。

化粧の成分と泥洗顔が得意とする皮脂汚れなどの有機成分とは違うので、泥洗顔では落としきれなかったり、化粧成分を上乗せして摩擦力が上がって皮膚に負担がかかったりすることがあります。

泥洗顔を利用する場合にはクレンジング兼用の製品以外は、必ず先にクレンジングで化粧成分をきれいに落としてください。もちろんクレンジング兼用の製品の場合は化粧も一緒に落として問題ありません。

ただし一般的な泥洗顔は化粧落としには向いていないので、きちんと使い分けるようにしましょう。

毎日はNG

泥洗顔は強い吸着力で毛穴の奥まで入り込んで洗浄するのが特徴です。これは肌にとっては大きな負担にもなります。そのためあまり毎日使うのはおすすめできません。

そもそもターンオーバーによって生じる皮脂汚れも、酸化していない内は雑菌などから毛穴を守る役割を持っています。あまり頻繁に取り除くと、その大事な役割が果たせなくなってしまうのです。

さらにどれだけ微細な粒子とは言え、肌がこすられることは負担になります。肌にはあまり負担をかけないほうがいいので、特に乾燥肌や敏感肌の方は3日に1度程度の頻度で使用するのがおすすめです。

優しい泡を使ってあまりこすらない製品の場合は、負担はそこまで問題にならないのですが、先に述べたように皮脂にも役割があるので、ある程度は毛穴に残っている必要もあります。

肌につけたら手早く洗おう

洗顔する女性

泥洗顔は泥パックのイメージがあるので、お肌の上に塗布して吸着を待って洗い流すというやり方を行っている方もいるかもしれません。もちろんパック兼用のものもあるので、そういった製品では問題ありません。

ただ、普通の洗浄用のものの場合は強い洗浄効果があります。肌に対する負担が大きいので顔に塗ったまましばらく放置するというのはやめましょう。洗顔のやり方の部分はそれぞれの製品の使い方に詳しく書いてあります。

それを参考にするのが1番ですが、なるべく肌の負担にならない内に洗浄を終えるのがおすすめです。泥洗顔を使うと、肌がつるっとして新品のようなピカピカした状態になるので、つい嬉しくてより効果を出そうと考えるかもしれません。

しかし肌に負担がかかると今度はシワやシミなどの原因となるので、大事な肌に無理はさせないようにしてあげてください。

強くこすらない

泥洗顔にはいろいろな種類があります。その内、泡立てて使うものであれば、肌の上に泡を乗せて、皮脂汚れなどを分解して吸着するので、こする必要はありません。

しかし、中にはマッサージを行うような感じで、顔に延ばしてすり込むように使用するタイプのものもあります。このタイプのものは肌を保湿したり栄養になる有効成分も配合されているので、つい塗り込みたくなってしまうかもしれません。

ですが、あまり強くこする必要は全くありません。泥洗顔の洗浄成分は、有機成分を吸い出す効果があります。そのため、あまりこすらなくても汚れが落ちるようになっています。

保湿成分やミネラルなども、無理に擦り付けなくても肌に浸透します。肌を泥洗顔でこするという行為は、丁度クレンザーで汚れを落とす行為と同じようなものです。

やりすぎると見えない傷が肌の表面についてしまいます。これが繰り返されると角質層が薄くなって、乾燥肌になったり、敏感肌になったりします。泥洗顔を使う際にはなるべくこすらないように使うほうがいいのです。

肌になじまないものは使うのをやめる

これは特に大切なことですが、使っていてひりひりする、肌が赤くなったという場合には無理に使い続けることはせずに、いったん使用を取りやめて皮膚科の医師に相談してください。

ベースとなっている泥自体はあまり身体に負担がかかるような成分ではないのですが、メーカーによってさまざまな有効成分が配合されています。また、加工の方法によって、界面活性剤を使ったり、オイルを使ったりもしていることもあります。

もしかすると、その中にアレルギーの元となる成分が入っている可能性もあるのです。赤くなったりぴりぴりするということは、少なからず炎症が発症しているということになります。

もしアレルギーが本格的に発症してしまうと身体への負担が大きく、下手をすると通院治療の必要がある場合もあります。異常を感じたら、ただちに使用を止めて、使った現物を持って皮膚科で検査をしてもらってください。

まとめ

今回は泥洗顔のおすすめ人気ランキングを紹介させていただきました。泥洗顔に含まれる泥には世界中を原産地とする多くの種類があります。同じ泥のように思えますが、それぞれ成り立ちなどで中に含まれている成分や、粒子の細かさが違います。

そのため、洗浄力の高さや刺激の強さも違い、個性豊かな製品となっています。選ぶときには、どのような泥を使っているかはチェックしておきたいポイントと言えるでしょう。

また泥洗顔として製品化される場合には、泥成分以外の肌にいい成分を配合してあることがほとんどです。その配合の内容によって、泥の性質に関わらず、肌への影響もまた変わります。

形状も石鹸タイプ、チューブ入り、容器に入ったジャータイプなどがあり、使い勝手も違います。自分に合った泥洗顔を選ぶ際には、これらの条件をよく確認する必要があります。

さらに使用する場合には、その製品ごとの使用方法をよく確認して、必ずその指示に従って使うようにしましょう。泥洗顔は肌のくすみや角栓に悩んでいる方にとってはまさに救世主のような洗顔料です。

人気の高いものにはそれだけの効果と理由があると考えていいでしょう。おすすめの泥洗顔から自分に合ったものを探して、ぜひお気に入りのものを見つけてみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

まだデータがありません。


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.