1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの散水ホースは?人気の商品比較ランキング

2018/04/20更新

おすすめの散水ホースは?人気の商品比較ランキング【2018年】

散水ホース 1

手軽に水を巻けるアイテムの中に、散水ホースがあります。すでに散水ホースを使っているという人も多いかも知れませんが、散水ホースは庭を掃除するときやお花の水撒きに使えるので、自宅で利用している方も多いでしょう。

散水ホースは伸縮性のあるタイプやオシャレなデザインのタイプまで種類が様々です。現在では、様々なメーカーからたくさんのホースが販売されているので、購入する時に迷ってしまうこともあるでしょう。

本ページでは散水ホースの選び方のポイントや、効果的な使い方、さらにネット通販で購入できる人気の散水ホースをランキング形式でご紹介したいと思います。自分にぴったりの散水ホースを見つけて、効果的な水撒きに活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

散水ホースの選び方

散水ホース 2

まずは散水ホースの選び方についてご説明したいと思います。効率良く水を撒くためには、用途に合った散水ホースを選ぶことが大切なので、ぜひ参考にしてください。

種類で選ぶ

散水ホースは様々なタイプの種類があり、使いやすさや持ち運びなど利便性が大きく変わってきます。そのため、それぞれの特徴を把握して用途に合った散水ホースを選ぶことが大切です。

リールタイプ

散水ホースの中でもシンプルでスタンダードなタイプです。巻き取り用のリールにホースが巻かれているタイプで、比較的長めのホースが使えるようになっているのが特徴的です。シンプルな作りになっていますので、そのまま持ち運びしやすくなっているのは嬉しいですね。

しかし、カバーがあるわけでもないので外に置いておくと、少しずつ劣化していってしまいます。そのため、使わないときには収納することを考えておきましょう。ただし、小型になっていますので、収納スペースを大きく取ることはないのは魅力的ですね。

フルカバータイプ

散水ホースの大きな問題となっていた、ホースが劣化してしまい壊れる弱点を改善したタイプです。ホース全体を覆うようにカバーが付いていますので、太陽光や雨風で傷付きにくくなりますし、ぶつかったり踏んづけることも少なくなっています。

そのため、耐久性が高くなり散水ホースを長期的に使えるようになったのがメリット。ただし、リールタイプと比べると重たくなってしまい、スペースを取るようになってしまっています。フルカバータイプの散水ホースは、持ち運びや設置スペースを考えて選ぶことが大切ですね。

コンパクトタイプ

全面にカバーの付いた散水ホースをそのまま小型化したようなタイプです。フルカバータイプと比べると耐久性が低くなりましたが、その分持ち運びしやすくなったので、子供や女性の力でもスムーズに場所を移動させられるのは嬉しいポイントですね。

小型になったことで収納スペースに困ることなく、すっきりと収納できるようになっています。太陽光や雨風などには強くなりましたが、衝撃が加わると壊れてしまう可能性がありますので、持ち運びの最中に落としたり、設置してあるものを踏んだりしないように注意しておきましょう。

マジックホースタイプ

これまでの散水ホースとは違い、伸縮性の高い素材でホースが作られているタイプです。水を使うときにはホースとしてしっかり伸びてくれますが、水を使わない状態のときには、コンパクトになっているところが特徴的です。水を出し始めればホースが伸びだしてくれるので、抜群の使いやすさが体感できますね。

ホースだけでリールが付いていませんので、持ち運びに便利で収納スペースに困ることはありません。そのため、蛇口の近くに設置しておく、もしくはガーデニングセットの中に入れておけば、誰でも手軽に使えるようになるのは魅力的ですね。

また、散水ホースの種類で選ぶときには、ホースとリールをつなぐ接続部分の大きさもはかっておかないといけません。規格が合っていないホースの場合には、繋ぐことができなくなってしまいますので、ホースをムダにしてしまわないように注意しておかなければなりません。

ホースを選ぶときには種類を考えると同時に、接続部分やホースの特徴をしっかりと把握しておかなければなりませんね。

ホースの種類で選ぶ

ホースの種類も散水ホースを選ぶときの大事なポイントになりますね。どんな用途で使うのかに合わせて種類を選んであげましょう。

ビニールホース

一般的なビニールで作られたタイプのホースです。ある程度の耐久性と軽さが特徴的ですが、耐久性の高いホースと比べると劣化が早いので、使う頻度と年数が長いと壊れやすくなってしまいます。また、壊れるときには破裂することがありますので、なるべく早めに買い換えるようにしておきましょう。

耐圧ホース

強い水圧でも破裂しないように、補強糸が入っているタイプのホースです。ビニールホースと比べると耐久性が高く、コストパフォーマンスが高くなるところが特徴的です。また、破裂しにくくなっていますので、ガーデニングの水撒きに使いやすくなっています。

耐圧防藻ホース

耐圧ホースをさらに強化して、ホースに黒い層が作られたタイプのホースです。太陽光を通さないように作られていますので、藻の発生を防止してくれる効果があると期待されています。太陽光は劣化の原因にもなりますので、耐久性もより強くなっているところは嬉しいポイントの一つですね。

耐圧防藻折れ防止ホース

耐圧防藻ホースの耐久力や機能はそのままに、ホース内部にスプリング機能を追加したことで、踏んだり引っ張ったりしても、折れにくくなっているところが特徴的なホースです。最も耐久性の高いホースで、どんな状況で散水ホースを使う場合にもぴったりですが、その分値段が高くなってしまいますね。

ホースの種類は耐久性によって変わりますが、基本的にはビニールホースでも問題はありません。ただし、良く散水ホースを使う方なら、耐圧ホース以上の耐久力を持っているものにしておきましょう。

藻が発生してしまうことが多いなら、耐圧防藻ホースを使うべきですし、折れにも強くしたいなら耐圧防藻折れ防止ホースを使ってあげましょう。用途に合わせたホース選びをすることが大切ですね。

さらに、ホースの種類はうねうねと曲がらないタイプのものが出ていますし、平らになるホースも出てきています。メーカー独自の機能も備わってきていますので、大きなジャンルでわけた後は、細かい機能を見ていってあげることが大切ですね。

長さで選ぶ

散水ホースを選ぶときには長さは重要なポイントになってきますね。基本的には約10mから50mのホースが販売されていますが、蛇口の位置から散水ホースがどのくらいの長さが必要かを考えておかなければなりません。基本的には余裕を持った長さのホースを用意しなければなりません。

ちょっとしか離れていないところに水を撒くのは、50mの長さのホースを使っていたら、ムダな長さになってしまいし、長すぎると持ち運びに不便になってしまいますね。短すぎてしまうと、ホースが届かなくて水を撒くことができなくなりますね。必ず蛇口から使う場所までの長さをはかっておきましょう。

また、余裕のある長さでないと小回りが利かなくなってしまいますし、無理に使っているとホースに傷が入ってしまいますね。そのため、散水ホースの長さは考えて選ぶことが大切ですね。

ホースの太さで選ぶ

散水ホースは太さを考えて選ぶことで、水量や勢いが変わってきます。一般的な太さなら7.5mmから15mmのものを使うことが良いと言われています。

細めのホースであるなら、軽くて力がいらずに持ち運びができるので、子供や女性でも使いやすくなるところがメリットですね。その代わり、水圧を強くすることはできないので、水の勢いが良くならないことがデメリットとなります。

太いホースであれば重たくなってしまいますが、その分水の勢いが強くなることが魅力的ですね。そのため、使いやすくなっているのが嬉しいポイントですね。持ち運びが不便になってしまうところはマイナスポイントになりますので、なるべくなら少し細めのものを選んであげた方が使いやすくておすすめですね。

スポンサーリンク

散水ホース人気おすすめ商品TOP10

ここからはネット通販で購入できる人気の一筆箋を、ランキングでご紹介していきたいと思います。口コミの一部もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

タカギ(takagi) ホース ホースリール マーキュリーIIツイスター 30m ねじれに強い 巻き取りやすい RT330TNB 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ホース ホースリール マーキュリーIIツイスター 30m ねじれに強い 巻き取りやすい RT330TNB 【安心の2年間保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,530

ねじれに強いツイスターの散水ホースです。シンプルなリールタイプなので、持ち運びに便利で使いやすいのはメリット。30mの長さになっていますので、短くて困るということもほとんどないのは魅力的ですね。約60℃までの耐熱仕様になっていますので、屋外でも劣化しにくくなっています。

シンプルで使いやすい散水ホースとなっていますので、幅広い年代の方から男女問わず人気が高くなっています。シンプルなホワイトカラーになっていますので、庭に設置していても雰囲気を崩しにくくなっているのは嬉しいポイントの一つですね。

9位

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラZERO 20m ねじれに強い R220ZE 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラZERO 20m ねじれに強い R220ZE 【安心の2年間保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,520

ホースのねじれに強いタカギのリールタイプの散水ホースです。20mの長さがありますので、程よく水が撒けるようになっているのはメリット。リールタイプは持ち運びに便利なので、使いやすくなっているのは嬉しいポイントの一つですね。

ポリプロピレンや樹脂で作られていますので、ホースの耐久性も高くなっているのは魅力的です。シンプルに屋外で使えば、洗車やガーデニングに利用しやすく、2年間の保障が付いているのでおすすめの散水ホースとなっています。

8位

アイリスオーヤマ ホース ホースリール フルカバー スリム 20M グレー

アイリスオーヤマ ホース ホースリール フルカバー スリム 20M グレー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,237

フルカバータイプで耐久力が高く、使いやすさに長けている散水ホースです。フルカバータイプは重くて持ち運びに不便なのですが、スリムタイプになっているのはメリット。設置や収納スペースに困りにくくなっているのは魅力的ですね。

庭に設置していても太陽光や雨風による劣化が少なくなっているのは、嬉しいポイントの一つですね。サイドホースは1mの長さになっていますので、接続にも困ることが少なくて、幅広い年代の方から人気の高い散水ホースとなっています。

7位

アイリスオーヤマ ホース ホースリール ベランダ用 10M+延長4M 蛇口口金付 VHR-14

アイリスオーヤマ ホース ホースリール ベランダ用 10M+延長4M 蛇口口金付 VHR-14

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,409

家庭菜園で使いやすいベランダ用のホースリールで、水だけではなくお湯にも対応しているところはメリット。使いやすい10mのホースと延長用に4mのホースが付いているのは魅力的ですね。丸型の蛇口で使えるように蛇口の口金が付属していますので、利便性も高いです。

止水弁が付いたコネクターによって、ホースが片方に寄ってしまうのを防いでくれるのも嬉しいポイントの一つです。水圧に耐えられるように糸が入っていて、耐久性が高くなっていておすすめの散水ホースとなっています。

6位

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラBOXYツイスター 30m ねじれに強い カバー付き RC330TNB 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラBOXYツイスター 30m ねじれに強い カバー付き RC330TNB 【安心の2年間保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,154

耐久性の高いフルカバータイプの散水ホースです。30mの長さがありますので、しっかりと遠くまで水が撒けるようになっているのはメリット。ホース部分はねじれに強いツイスターホースになっていますので、うっかり踏んでしまっても壊れにくくなっているのは魅力的です。

持ち運びがしにくくなっているのはマイナスポイントですが、壊れにくくなっていますのでコストパフォーマンスが高くなるのは嬉しいポイントの一つですね。ガーデニングや洗車に使いやすくなっているので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

5位

三洋化成 日本製 ホースリール VARUNA BROUN REEL ヴァルナ ホース20m付 VB4-F207R

三洋化成 日本製 ホースリール VARUNA BROUN REEL ヴァルナ ホース20m付 VB4-F207R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,672

シンプルなリールタイプの散水ホースで、オシャレなブラウンの色合いになっているのは魅力的ですね。ホースの長さは20mになっていますので、程よいところに水が撒けるのはメリット。ホースの太さは12mmになっていて、使いやすい水圧で出てきてくれますね。

通常のホースリールより色合いがキレイになっていますので、ちょっぴりインテリアとして雰囲気を演出してくれるのは嬉しいポイントの一つですね。女性でも使いやすくなっていますので、プレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか?

4位

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラNANO 15m 軽い すっきり収納 RM215FJ 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラNANO 15m 軽い すっきり収納 RM215FJ 【安心の2年間保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,004

軽くてコンパクトなリールタイプ散水ホースです。ホースの長さは15mしかありませんが、持ち手やハンドル部分が折りたたみ式になっていますので、持ち運びしやすくなっているのはメリット。蛇口に接続するホースもキレイに収納できて、よりコンパクトになっているは魅力的ですね。

ノズル部分はかなり小さくて軽いので、女性でも扱いやすくなっているところは嬉しいポイントの一つです。使い方はシンプルで、一度握れば水が出てもう一度握るだけで水が止まってくれるので、使いやすくおすすめの散水ホースとなっています。

3位

タカギ(takagi) ホース ホースリール コンパクトリール 10m 軽い R110FJ 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ホース ホースリール コンパクトリール 10m 軽い R110FJ 【安心の2年間保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,502

かなりコンパクトなリールタイプの散水ホースです。ノズル部分も本体にかける部分がありますので、収納スペースをあまり取らないのはメリット。ノズルと蛇口部分は押し込んであげるだけで、簡単に接続できるのは魅力的ですね。

散水するときには水の形を5種類から選べるようになっていて、水圧の強いストレートとミストのように水を出せるのは嬉しいポイントの一つですね。小さな子供や女性でも簡単に扱えるようになっているので、人気が高くなっているのでおすすめです。

2位

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラBOXYツイスター 20m ねじれに強い カバー付き RC220TNB 【安心の2年間保証】

タカギ(takagi) ホース ホースリール オーロラBOXYツイスター 20m ねじれに強い カバー付き RC220TNB 【安心の2年間保証】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,181

ねじれに強いツイスターホースで作られたタイプの散水ホースです。ホースを引き出すときや巻き取るときに、くるくると回してあげるだけでホースを出し入れできるのはメリット。カバーは取り外しができるようになっていますので、清潔に洗えるところも魅力的ですね。

使い方はとってもシンプルで、レバーを握ってあげれば水が出て、もう一回握ってあげるだけで水が止まってくれます。小さな子供や女性でも簡単に使えるようになっていますので、初めて散水ホースを使う方でも使いやすくておすすめです。

1位

アイリスオーヤマ ホース ホースリール フルカバー ハンディ 15M

アイリスオーヤマ ホース ホースリール フルカバー ハンディ 15M

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,842

劣化に強いフルカバータイプの散水ホースです。フルカバータイプは持ち運びしにくいところがデメリットですが、コンパクトサイズになっているので、簡単に持ち運べるのはメリット。小さな子供や女性でも使いやすくなっているのは魅力的ですね。

ノズル部分が手元でくるくると回せるようになっていますので、ホースのねじれを防止してくれるのは嬉しいポイントの一つですね。手軽に持ち運びながら使えるので、どんな方でも使いやすくて、プレゼントとしても人気の高い散水ホースとなっています。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

散水ホースの効果的な使い方

散水ホース 人

散水ホースの効果的な使い方をご紹介します。

使い方に合わせて長さを選ぶ

散水ホースは使う場所や用途に合わせて、長さを選んであげることがポイントとなります。庭で使うのかベランダで使うのかによっても、使いやすさが変わってきますね。短い長さのホースなら短い範囲で使えるベランダに向いていますし、長めのホースなら蛇口から距離のあるガーデニングに使いやすいです。

使う状況に合わせて選び方がかなり変わってきますので、使い方にあわせて長さを選ぶ必要がありますね。また、ホースリールは寒い季節に外で置いておくと、水の凍結によって耐久性が低くなってしまいます。

暖かい季節では太陽光によって耐久性が落ちてしまいますので、保管方法は十分に考えてあげなければいけません。使い終わった後には、必ず水を残さず流してあげることもポイントですね。ホースが引っかかっているときも、無理に引っ張るのではなく、丁寧に扱ってあげることが大切です。

いくら耐久性が高く作られていても長さが合っていなければ、収納スペースも取ってしまうので外に放置してしまうこともあるでしょう。散水ホースは手入れや保管を適当にしていると、壊れやすくなってしまいますので注意しておきましょう。

ホースの種類で使い分ける

毎日水を撒く仕事や用事がある方は、ホースの種類も考えてあげると効果的に水撒きが行えるようになりますね。園芸用として使うのなら、耐圧防藻ホースを使ってあげましょう。合成繊維で強化された糸が入っていますので、藻が生えにくく水圧にも強くなるところがメリットです。

藻が生えなければノズルが詰まりにくくなりますので、さらに耐久性が高くなるところがメリットですね。また、ホースにスプリングが入っているものなら、折れや曲がりに強くなりますので耐久性がより高くなります。

一般用ホースを選ぶよりは、耐圧用に作られたホースを選んであげることが大事になってきます。また、耐久性が高く耐圧用に作られているホースは、専用のノズルやジョイントでなければ使えないこともありますので、必ず選ぶときに見ておくようにしておきましょう。

ノズルによっては水の出し方を豊富にわけられるものもあり、水圧や水のかけ方が調整できるようになっています。ワンタッチで機能が変わってくれるタイプが多いので、使い道によってノズルを選んであげることも重要なポイントになりますね。

何をするために散水ホースを使うのか、どんな機能がなくて困っているのかを考えながらホースを選ぶことを意識しておきましょう。せっかく使いやすい散水ホースを買ったのに、家に帰ったら使えなかった、なんてことにならないように注意してくださいね。

まとめ

散水ホースは手軽に水が撒けるアイテムですが、持ち運びも便利なタイプが増えてきていて、持ち手やノズルが折りたためるものまで種類が様々です。自分の用途に合わせた水撒きができて、使い勝手が良いアイテムだと思います。

豊富な種類のホースが販売されていますが、値段と性能はピンキリです。しかし、リーズナブルな散水ホースの中にも品質の高いホースが多くあるようです。散水ホースを購入する際、もし迷った時はぜひこちらのページを参考にしてくださいね。自分に合った散水ホースを選ぶことで、効果的な環境を整えることができるはずです。あなたも散水ホースを使ってガーデニングをはじめてみませんか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.