1. グッディ∞
  2. 生活雑貨食洗機用洗剤のおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/05/30更新

食洗機用洗剤のおすすめは?人気の商品比較ランキング【2019年】

食洗機で食器を洗う場合には、泡立ちを抑えて排水が詰まらないように食洗機用洗剤を使う必要があります。けれども通常の食器洗剤よりも単価が高いことから、その選び方に迷う方も多いと思います。

そこで今回は食洗機用洗剤の選び方について取り上げます。仕上がり具合やコストパフォーマンスなどチェックすべきポイントが色々とあるので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

食洗機用洗剤の選び方

選び方

食洗機用洗剤を選ぶポイントは、汚れの落ちの良さと庫内を綺麗にできるかどうか、そして臭いや雑菌に対する効果などが挙げられます。さらに費用対効果という点でのコストパフォーマンスを考慮することも大切です。

その点を踏まえてチェックすべき選び方をご紹介します。どの点を重視するのかを考えながら参考にしてみてください。

食洗機用洗剤は3種類ある

食洗機用洗剤は3種類あるので、まず最初にその中でどれを選ぶかがポイントになります。そのために、それぞれの特徴をしっかりと理解しておくことが大事です。

粉末タイプの洗剤

洗浄力の高さであれば最も高い性能を持つタイプです。価格も安いものですが、一回当たりの価格で考えると液体タイプよりもやや安いといったところです。

課題となるのが、洗浄を終えた後に洗剤が溶けきれずに残ることがあることです。また保管時には湿気に注意する必要もあります。衛生面で考えると液体タイプよりも保管が面倒であると言えます。

難点としてはアルカリ性が強いので、アルミ素材の食器の場合には化学反応により白くなることが挙げられます。グラスなどのガラス類も白くくもりがちになります。

液体タイプの洗剤

粉末タイプのように溶け残りが無いことが利点といえます。洗浄力は粉末タイプよりも若干落ちるといった感じです。粉末タイプと同じように、洗う食器の量に応じて使用する量を調整できるのもメリットとなります。

特徴としてグラスなどに水垢がつきにくいので、白くくもりにくいことが挙げられます。酵素が入っているタイプのものは高音に弱いので、涼しい場所での保管が必要になります。

タブレットタイプの洗剤

手を汚すことなく簡単に食洗機に投入できるのが利点です。保管も簡単で、手軽に使えることが大きなポイントになります。

難点としては、洗う食器の量に関わらず同じ量を使用しなければならない点が挙げられます。一回あたりの使用における単価は、粉末タイプと液体タイプに比べると大きく高まるのもデメリットとなります。また濡れた手で触ると表面の膜が破れてしまうので、注意が必要です。

汚れ落としの他の効果も考慮すること

食洗機用洗剤には、単に汚れを落とす以外にも様々な効果を持つものがあります。その効果の中でどれを必要とするのかを考慮することも、商品選びには必要です。

コップなどのくもりを透明に

グラスなどがくもる原因は、水道水に含まれるカルシウムイオンと洗剤に含まれるアルカリ剤などが結合するためです。この結合により付着する炭酸カルシウムをはがし取ることができる成分を含んだ洗剤を購入すると、ガラスのくもりもクリアになります。

食洗機の庫内の水垢もやはり、炭酸カルシウムが原因となります。過炭酸ナトリウムの配合量が多い洗剤を使うことによって、庫内に水垢が残りにくくなります。さらに、嫌な臭いを防止する効果も生まれます。

あるいはくもりの原因となるアルカリ剤や漂白剤を使用していない洗剤を使うという方法もあります。

頑固なこびりつきも落とす

ごはんや卵など、時間が経つと食器にこびりついて取れなくなってしまいます。そのためにまず水に浸けておくなどの手間が必要になります。けれどもこのような頑固なこびりつきもしっかり落としてくれる洗剤もあります。

漂白剤で茶渋も綺麗に

湯呑みやコーヒーカップなどに付着した茶渋やコーヒーの黒ずみなどは、手洗いをしても簡単には落ちません。食洗器用洗剤でも、このような汚れを落とすのは難しいものです。

そこで漂白剤入りの洗剤を使うことで、このような頑固な汚れも綺麗に落とすことができます。ただし塩素系の漂白剤が入ったものは、酸性の洗剤と混ざらないように気をつけましょう。

除菌で安心して使用できるように

自動で食器洗いをしてくれるのは良いのですが、除菌がしっかりと行われているのかどうか気になる方もいるかと思います。そのような場合には、除菌効果のある洗剤を選ぶと良いかもしれません。

庫内の嫌な臭いの元となる菌も取り除いてくれるので、清潔に保つこともできます。

環境に優しい商品を選ぶ

特に粉末タイプの場合、洗浄後に多少食器に跡が残る場合があります。気づかずにそのまま使用することも考えると、環境に優しい商品を選んでおけば安心できます。

リン酸やチッ素などが配合されていないかどうかを確認しましょう。あるいはヤシ油の活性剤や酵素など安全性の高い、天然原料を使用したものであれば安心して使うことができます。

スポンサーリンク

食洗機用洗剤人気おすすめ商品TOP10

食洗機用洗剤はメーカー各社がそれぞれ独自開発した技術で性能をアピールしています。汚れを落とすという点ではどれも高く評価されますが、その中でも特に人気のある商品をランキング形式でご紹介します。

それぞれの特徴を踏まえて、選ぶ際の参考にしていただければと思います。現在抱えている悩みを解消できるようなものがあるかどうかも、チェックしていただければと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 本体 480g

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 本体 480g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 457

ガラスのくもりをすっきり綺麗にしたい場合におすすめの食洗機専用洗剤です。水垢などのカルシウム汚れの上に付着した油汚れをはがし取ることで、蓄積した食器の汚れをクリアにしてくれます。

ダブル酵素を配合することで、なかなか落ちないごはんのこびり付きや卵の汚れもしっかりと落とします。ジェルタイプなので洗浄後の洗剤の溶け残りも心配する必要がありません。

9位

キュキュット ウルトラクリーン 食器用洗剤 食洗機用 本体 480g

キュキュット ウルトラクリーン 食器用洗剤 食洗機用 本体 480g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 409

キュキュット史上最強の洗浄力をもつ食洗機専用洗剤です。ワンプッシュで適量の洗剤が出る便利なジェルタイプのボトルです。シトラスの爽やかな香りで嫌な臭いも残りません。

オムライスやハンバーグなどといった、脂とタンパク質が混ざったような手強い汚れもしっかりと分解して除去してくれます。さらに食器にこびりついた汚れやしつこい臭い、ガラスのくもりに悩まされている人におすすめです。

8位

ハイウォッシュ ジョイ 食洗機用洗剤 オレンジピール成分入り 詰め替え 490g

ハイウォッシュ ジョイ 食洗機用洗剤 オレンジピール成分入り 詰め替え 490g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 298

オレンジピール成分によりさわやかな香りが特徴の食洗機専用洗剤です。毎日使用してもたっぷり3ヶ月使えるお得な詰め替え商品となります。粉末タイプなので洗浄力も高く、庫内にも臭いが残りにくくなります。

洗う食器の量に応じて使用する洗剤の量も調節できるので経済的です。あらゆるメーカーの食洗機に対応していますし、乾燥後には食器に嫌な臭いが残ることもないので安心して使用することができます。

7位

緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤 800g

緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤 800g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 574

各メーカーの食洗機に対応した、高い洗浄力を持つ粉末状の洗剤です。PCソーダ配合により頑固な茶渋もしっかりと分解し、さらに庫内の除菌効果も備えています。また庫内のパイプに付着した汚れまで落としてくれるので、蓄積した食洗機の汚れが気になる人にもおすすめです。

洗い上がりもすっきりと、さらにきつい臭いもなく爽やかな仕上がりとなります。庫内の水質もきれいにしてくれるので、ぬめりが付きにくくなり衛生面でも安心できる商品です。

6位

ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 60P

ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 60P

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 845

ジェルタブを1粒食洗機に入れるだけの手間なし簡単作業が魅力の洗剤です。とにかく家事の時間を短縮したいという人にもおすすめです。洗浄力の高い粉末と油汚れに効くジェルを2層構造で一体化させています。

さらにライムの爽やかな香りで、食洗機の庫内も消臭してくれます。食器には香りが残らないので安心です。頑固な茶渋なども予洗いせずに落とすことができるので、簡単便利な洗剤と言えます。

5位

ハイウォッシュ ジョイ 食洗機用洗剤 除菌 詰め替え 490g

ハイウォッシュ ジョイ 食洗機用洗剤 除菌 詰め替え 490g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 298

3ヶ月分たっぷりと使える詰め替えタイプの食洗機専用洗剤です。W除菌効果により、漂白剤と漂白活性化剤の効果が期待できます。高い洗浄力と強力な除菌により食器はもちろんのこと、庫内もきれいに洗浄してくれます。

粉末タイプなので食器の量に応じて使用量が調節可能とあって、無駄なく適切に使用することができます。液状タイプと比べても高い洗浄力が期待できるので、しっかりと汚れを落としたい人におすすめできる商品です。

4位

チャーミークリスタ 消臭ジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

チャーミークリスタ 消臭ジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 549

ジェルタイプなので溶け残りが心配な人におすすめの食洗機専用洗剤です。水垢などのカルシウムが原因でこびりついた汚れの膜までもしっかりとはがし取るので、蓄積したガラス食器の気になる汚れもピカピカにしてくれます。

さらに食洗器の庫内に残った汚れの膜もはがしてくれるので、嫌な臭いもすっきりと取り去ってくれます。消臭成分のリナロールを配合することで、洗浄成分のSASと共に高い消臭効果を発揮します。

3位

フィニッシュ 食洗機用洗剤 パウダー 詰替 900g (約200回分)

フィニッシュ 食洗機用洗剤 パウダー 詰替 900g (約200回分)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 462

99.9%除菌が可能な高い洗浄力を持つ食洗機専用洗剤です。なかなか落ちにくいとされる茶渋や魚の油汚れ、卵や牛乳などのたんぱく質の汚れにご飯のでん粉汚れもしっかりと落とすことが可能です。

パウダー状の洗剤なので、食器の量に応じて使用する量を調節できるのが利点です。予洗いが不要なので食器洗いの手間と時間を大幅に短縮することができます。食器に付着した菌も99.9%除菌するので安心して使用できます。

2位

フィニッシュ 食洗機用洗剤 タブレット パワーキューブ 60個 (60回分)

フィニッシュ 食洗機用洗剤 タブレット パワーキューブ 60個 (60回分)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 584

凝縮キューブ型で食洗機に入れるだけなので、手軽に使える食洗機専用洗剤です。酵素の力を利用して抜群の洗浄力が期待できます。こびりついて落ちなくなったごはん粒もしっかりと落とすことができます。

青と白の二層構造となっていますが、青い層は分解酵素で汚れを落とし、白い層は除菌成分となり99.9%除菌することが可能です。ビルトインタイプのような洗剤を入れにくい食洗機にもおすすめの商品です。

1位

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 559

汚れの膜までしっかりとはがし取ることで食器はもちろんのこと、食洗機の庫内も綺麗な輝きを保てる食洗器専用洗剤です。ダブル酵素を配合することにより、ごはんや卵などのこびりついた汚れも落とすことが可能です。

140回たっぷり使用できる大型サイズの詰め替えタイプとなります。液は中性、界面活性剤と水軟化剤、安定化剤と酵素を配合しています。香りは爽やかなスイートオレンジですが、食器には残らないので安心です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

食洗機用洗剤の効果的な使い方


食洗機用洗剤は様々な開発により使い勝手が向上していますが、それでも使い方が適切でなければ色んな問題が発生します。

汚れをしっかりと落とすと共に、食洗機も清潔に使用し続けるためには洗剤の使い方などをしっかりと理解しておく必要があります。その使い方や食洗器の手入れなどを取り上げていきますので、ぜひ目を通していただければと思います。

汚れに対して適切な量を使うこと

食洗機用洗剤は食器の汚れに応じて使用する量を調節する必要があります。使用量が少ないと、次第に庫内に油が残り底にこびりついてしまいます。洗剤を節約して少なめにすると、庫内の掃除が大変なのできっちりと汚れを落とせるように使用量を調節しましょう。

油汚れがひどい場合には、標準の倍の量を入れることを推奨されています。洗剤の中には庫内も洗浄するタイプがあります。それでも庫内に汚れが残るようであれば、予備洗いをする必要があります。

洗い残しがある場合は予洗いをすること

例えばお茶碗にこびりついたお米や、お皿の卵料理など食洗機の洗浄だけでは十分に取り除くことができない場合があります。もちろん食洗機用洗剤でそのような汚れを落とすことができる旨書かれていても、実際には残ってしまうケースがあるというわけです。

このような場合には、あらかじめ予洗いで取り除いておく必要があります。特にご飯粒は固まってしまうとなかなか落ちないので、お湯につけて柔らかくしておくなどの手間が必要です。

油分は拭き取っておくこと

また、シチューやカレーなどはキッチンペーパーなどで拭いておくことも大事です。洗剤の洗浄力を過信せずに、最初にできることは行っておきましょう。庫内も綺麗に保つことができますし、洗剤の使用量も少なくなります。

残飯などをそのままにして食洗機に入れると、故障の原因にもなります。たとえ洗剤で汚れを落とすことができても、残飯が消えるわけではありません。

食器を詰め込み過ぎないこと

食洗機用洗剤の洗浄力が高くでも、食器の入れ方によってはその効果を十分に発揮することはできません。

食器は重ねないこと

当然のことですが、例えばお皿を重ねて食洗機に入れてしまうと汚れを落とすことはできません。重なった部分に水を直接当てることができないので、汚れを洗い落とすことができないからです。

水が噴射される方に向けること

お皿やコップは汚れている面を、水が噴射される方に向けておくことも大切です。洗剤を入れさえすれば汚れが落ちるというわけではありません。しっかりと水を当てることで、汚れが落ちるようになることを理解する必要があります。

食洗機の洗浄も行うこと

食洗機は次第に庫内に嫌な臭いが残るようになります。臭いの原因の多くはフィルターなので、まめに掃除をしておく必要があります。

それでも臭いが取れないのであれば、食器を入れない状態でクエン酸を入れて運転させると嫌な臭いを発生させる汚れを取ることができます。

食洗機専用洗剤には注意点も多い

食洗機には通常の食器洗剤は使えませんが、専用の洗剤でも注意点はいくつかあります。商品によって注意点は異なるので、それぞれの説明をよく読んで守ることで、その効果を十分に発揮することができます。

つけ置きはNG

通常の食器洗剤と同様に、食洗機用洗剤でもつけ置きはNGとするものが多く見られます。これは洗剤には洗浄力はあっても、通常は除菌力が無いのが理由です。長い時間放置してしまうと、菌が大量に繁殖することになります。

アルミ食器は専用の洗剤で

通常の食洗機用洗剤はアルカリ性なので、アルミ食器を入れると黒ずんでしまいます。また中性洗剤であっても、高温の温水を使うことによって洗剤の成分が熱分解し、洗浄液がアルカリ性に傾くものもあります。

アルミ製の食器を洗うのであれば、きちんと対応している商品を使用することが必要です。

使用後には庫内のフィルターを洗うこと

食洗機を使った後は、残菜フィルターを掃除して綺麗にしておくことも大切です。庫内に臭いが発生することを防ぎますし、洗剤の洗浄効果を低下させないことにもつながります。

さらに乾燥機のノズルや排気フィルターなども定期的に掃除するようにしましょう。庫内を綺麗にしておくことで、食洗機用洗剤の効果を十分に発揮することができます。

洗剤は所定の位置に

食洗機にはそれぞれ、洗剤を置く(あるいは流す)位置が定められています。例えばタブレットタイプの場合、庫内に入れておけば良いと書かれていても、食洗機の機種によっては不適切となる場合があるので注意が必要です。

というのも、食洗機はそれぞれ洗浄の運転工程が違いますし、中には運転スタートした直後は排水運転から始めるものがあります。このような機種にタブレットを庫内に直接入れてしまうと、すぐに排出されて洗浄時には洗剤が残らなくなります。

このようなタイプの食洗機は、タブレットは粉末タイプと同じ投入位置に指定されています。必ず説明書を読んで、適切な位置に投入するようにしましょう。

液体タイプの洗剤が使えない食洗機の場合

また、このようなタイプの食洗機は液体タイプの洗剤は使えないことがあります。そもそも液体洗剤を投入するようには設計されていないのが理由です。

けれども粉末タイプでは仕上がりに跡が残ってしまうことが気になる人もいるでしょう。どうしても液体タイプの洗剤を使いたいというのであれば、最初の運転時における排水工程が終了してから一度運転を停止させて、洗剤を投入すると良いかもしれません。

まとめ

食洗機用洗剤は色んなメーカーから様々な商品が出ていますが、まず最初にどのライプを購入するのかを決めておくことが大切です。

その上でそれぞれのタイプをどのように使えば汚れを十分に落とすことができるのかを知っておくことも必要です。あとは臭いや庫内の洗浄などそれぞれが持つ特徴を考慮しながら選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->