1. グッディ∞
  2. 家電ドライフルーツメーカーおすすめ比較ランキング!人気なのは?

2018/05/30更新

ドライフルーツメーカーおすすめ比較ランキング!人気なのは?【2019年】

ドライフルーツ

ドライフルーツは生のフルーツの状態よりも量が減り、栄養素はそのまま摂取することができ、世界中で食べられています。持ち運びも容易で、バッグに入れておけば思い立った時にすぐ食べられるのも人気の秘密です。

濃縮されるので、甘みが増し、食感も良く、ダイエットのおやつにも用いられる体に良い食べ物です。今回はそんなドライフルーツを自宅で作ることができるドライフルーツメーカーをご紹介します。

スポンサーリンク

ドライフルーツメーカーの選び方

スマホをもってOKサインを出す女性

ドライフルーツメーカーは食品乾燥機やフードドライヤーとも呼ばれることもあり、果物を乾燥することはもちろんですが、商品によっては野菜や肉、魚、花なども乾燥することができます。

乾燥させることで、生の状態に比べ、保存ができ、旨みや甘味が増すものも多く、メリットがたくさんあります。ここではどのような点に注意して選べばいいか詳しくご紹介します。

タイマーがついているか

ドライフルーツを作るためにはある程度の時間を要します。ずっと自宅にいて、時間になったら電源を切ることができるなら問題ありませんが、時間が経つと作っていることを忘れてしまいがちです。乾燥させすぎると、カチカチになってしまいせっかく時間をかけて作っていても台無しになってしまいます。

タイマーが付いている物であれば、忙しい時間でも時間になれば自動で止まってくれます。タイマーはあると便利なので、付いているものをなるべく選ぶようにしましょう。コスト面などの理由で、タイマー機能の付いていないドライフルーツメーカーを購入した場合には別で、タイマーがあると、電源オフは手動になりますが、忘れる心配がないですね。

またはいつも身近にあるスマホや携帯電話のアラーム機能を使うのもいいですね。だいぶ時間が経つと何でアラームを設定したかも忘れてしまうこともありますので、そんな時にはスマホや携帯のアラーム機能のメッセージにドライフルーツなどと書いておくと、わかりやすく、安心です。

温度調整はできるか

ドライフルーツメーカーは一定の温度だけのものと、35度から70度くらいまでの温度を調節できるものとあります。果物を乾燥させるなら60度くらいの温度で作ることができるので、ドライフルーツ作りだけに使用するなら問題ありませんが、野菜や魚、肉などを乾燥させたい場合、食材によっては乾燥温度を変える必要も出てきます。

少しの温度差で仕上がりの違いが出てくる場合も出てきます。好みの問題もありますので、自分で温度調節ができるものの方が、おすすめです。ドライフルーツだけの利用のつもりで購入しても後から様々な食材で作りたくなった場合には温度調節ができないと後悔してしまうかもしれません。

温度調節の方法はつまみで回して5度ごとに調節できる簡単なものが多いです。値段も温度調整できるからと言って一概に高くなってしまうわく、コストパフォーマンスの良い商品もありますので確認してみてください。

本体の大きさは設置場所に合っているか

ドライフルーツメーカーは炊飯器や電子レンジくらいのサイズのものが多く、円柱型、ボックス型などがあります。コンパクトと言ってもそこそこの大きさはありますので、キッチンやリビングなど、設置する場所をあらかじめ確認し、その場所に置いていても邪魔にならないか、ストレスなく使えるかをポイントに選びましょう。

商品によって、鍋のように上にふたが付いていて開けるタイプ、オーブンのように横から開くタイプのものがあります。高さのない場所で、ふた式にしてしまうと開けにくいですし、オーブン式で、前に何か置いてしまうような環境だと使いづらいですので、本体が置けるというのはもちろんですが、開閉時に使いやすいかも同時に確認しておきたいですね。

一度にどのくらいの量を乾燥させたいかということも重要です。同じ量の素材を1回で乾燥させられるか、数回に分けなえればいけないかで、時間も電気代もだいぶ変わります。無駄に大きくならず、小さすぎないよう、ほど良い大きさのドライフルーツメーカーを選ぶことで、失敗が少なくなります。

トレイの枚数

ドライフルーツメーカーは数枚のトレイを積み重ねて乾燥させるものが多いです。トレイの数が多ければそれだけ乾燥させられる量も多くなるわけです。省スペースしかな場合にはトレイの数が多いものにすることで、コンパクトでも高さがあれば多くのドライフルーツを作ることができます。

トレイの中には食材がくっつきにくい形状や素材で出来ているものもあります。パリパリになるほど乾燥させるだけでなく、少ししっとりの状態も作る場合には使いやすいトレイを選ぶと扱いやすいですね。

スポンサーリンク

ドライフルーツメーカー人気おすすめ商品TOP10

ドライフルーツメーカーは最近人気になっていますが、店頭ではまだあまり見かける機会がありません。あったとしても種類は少なく、好みのものを見つけるのは難しいです。そんな時に便利なのが通信販売です。

豊富な種類から選ぶことができます。ここでは通信販売で人気のドライフルーツメーカーをランキング形式でご紹介します。そのような商品が人気なのか、ぜひ参考にしてみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

HUKOER 食品乾燥機 ドライフルーツ 野菜ドライヤー ステンレス 家庭用

HUKOER 食品乾燥機 ドライフルーツ 野菜ドライヤー ステンレス 家庭用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 19,920

ステンレス鋼製のドライフルーツメーカーです。ダイヤルを回して乾燥させる時間を設定するだけの簡単操作でドライフルーツを作ることができます。野菜や魚、肉なども乾燥させることができます。

引き出し式で、透明なふたが付いているので、下の段の素材も作っている間の様子が見えやすい作りになっています。四角い形の機械なのでさまざまな形のフルーツを無駄なく置くことができ、1回にたくさんの素材を乾燥させることができます。
無機質なステンレスがおしゃれな商品です。男性の一人暮らしでも可愛すぎないのでぴったりです。

9位

ROOMMATE ヘルシーフードドライヤー EB-RM33A (ドライフルーツ/ジャーキー/ドライベジタブル/ローフード)

ROOMMATE ヘルシーフードドライヤー EB-RM33A (ドライフルーツ/ジャーキー/ドライベジタブル/ローフード)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,800

目を引く赤と丸みのあるフォルムが可愛らしいこちらは食材に合わせて35度から70度までを5度単位で温度設定が可能です。低めの温度は酵素やビタミン、ミネラルなど加熱で失われがちな成分を摂取することができます。また、乾燥時間も1時間から12時間までで設定できるので、空いている時間に作ることができますね。

余っている食材をドライフードにすることで、無駄なく使い切ることができます。タイマーと温度調節どちらも付いていて、コストパフォーマンスもいい優れものです。

8位

ドライフードメーカー [乾燥させることで果実・野菜・肉・魚などの栄養と旨味を凝縮し健康食・ダイエット食・保存食を簡単に作ることが出来る]

ドライフードメーカー [乾燥させることで果実・野菜・肉・魚などの栄養と旨味を凝縮し健康食・ダイエット食・保存食を簡単に作ることが出来る]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,980

ダイヤルで乾燥時間を設定するだけでドライフルーツや干物なども自宅で簡単、安心、安全な保存食を作ることができます。

本体サイズは直径約23.5㎝の円柱型でコンパクトです。リンゴなら4時間~10時間、オレンジなら6時間~36時間、好みの状態のドライフルーツを作ることができるので、ヨーグルトのトッピング、パン作りに混ぜるなど、さまざまな用途に最適な状態のドライフルーツを作ることができます。ペット用のジャーキーも、無添加で作ることができます。

7位

食品乾燥機専門店 【コストパフォーマンスNo.1】 ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E 12時間タイマー内蔵 安心1年保証

食品乾燥機専門店 【コストパフォーマンスNo.1】 ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E 12時間タイマー内蔵 安心1年保証

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 16,800

食品乾燥機専門店ウミダスジャパンのフードドライヤーなので、専門の知識が豊富に搭載されており、安心感がありますね。12時間タイマーが搭載されているので、いちいちスイッチを止めなくても自動で止まってくれます。

消し忘れてカチカチになってしまう心配もありません。また、素材に合わせて温度調節も4段階で出来ます。高床式のデザインなので、台に面する部分が少なく、音が静かです。食材の高さに合わせてトレイの高さも調整することができるので、好みの厚さでドライフルーツを作ることができます。

細かい部分まで消費者のことを考えてくれているドライフルーツメーカーです。ウミダスジャパンのホームページには「食品乾燥機deレシピ」という様々なレシピが掲載されているので、参考にしながら作ってみるとレパートリーが増えて幅が広がりますよ。

6位

マリン商事 自宅で簡単 ドライフルーツメーカー KI-10071 【野菜の保存用にも】

マリン商事 自宅で簡単 ドライフルーツメーカー KI-10071 【野菜の保存用にも】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,600

快適な生活のための商品を販売しているマリン商事からは見た目に清潔感のあるこちらのドライフルーツメーカーです。

35度から70度までの温度がつまみで調整できます。タイマー機能は付いていないので、様子を見ながら時間を調整してください。リーズナブルに、操作も簡単にドライフルーツを手軽に作りたい人に便利な商品です。

フルーツの他にも野菜やきのこ、花、ペット用のジャーキー作りなどさまざまな素材を乾燥させることができます。

5位

[プリンセス]PRINCESS【Food Dryer】 フードドライヤー デジタル タイマー/温度調節機能/レシピ 付き/ドライフードメーカー

[プリンセス]PRINCESS【Food Dryer】 フードドライヤー デジタル タイマー/温度調節機能/レシピ 付き/ドライフードメーカー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,830

四角型のこちらのドライフルーツメーカーは4時間から2時間刻みで16時間までのタイマーで調理時間を設定することができます。また、調理温度は40度から10度ごとに70度まで温度調整が可能です。食材に合わせた温度と時間を設定すれば後は放っておけばドライフードを作ることができます。

6段トレイなので、一度に多くの食材乾燥がおこなえます。温度や時間を自分好みに調整して、オリジナルのドライフード作りを楽しむことができます。見た目にもシックでおしゃれで、温度調整、タイマーが付いている多機能商品なので、外出の多い人や男性にもおすすめです。

4位

ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM3100A

ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM3100A

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,480

直径約27.5㎝とコンパクトサイズのドライフルーツメーカーです。ダイヤルを回して、温度を35度から5度ごとに70度まで調節することができます。素材を乗せるトレイは透明で、ふたを開けずに中身を確認することができます。

トレイは5枚を積み重ねて同時に乾燥することができます。省スペースですが、さまざまな素材を一度に乾燥することができるようになっています。無添加で体に優しい手作りドライフルーツを手軽に楽しみたい人に最適です。

3位

SIS 【自宅で簡単にドライフルーツやビーフジャーキーが作れる】 食品乾燥機 ドライフード工房 FDS-77

SIS 【自宅で簡単にドライフルーツやビーフジャーキーが作れる】 食品乾燥機 ドライフード工房 FDS-77

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,525

本体が白く、清潔感のあるこちらのドライフルーツメーカーは中が見えないのでお客さんから見えても気にならないデザインです。

35度から68度までの温度をつまみで調整することができるので、適温を選ぶことができます。操作も簡単なので、冷蔵庫の中に残っている食材や、食べきれないフルーツを思い立ったらドライフードにすることができます。フレッシュな素材に比べて栄養素や甘味が凝縮するので、体に優しくおいしいドライフードを家庭で手作りできます。

2位

【食品乾燥機 ドライフルーツ】野菜 果物 キノコ 花 乾燥可能 ドライフルーツメーカー ホワイト(A977-S2)

【食品乾燥機 ドライフルーツ】野菜 果物 キノコ 花 乾燥可能 ドライフルーツメーカー ホワイト(A977-S2)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,610

直径約32㎝の円形のトレイが5枚付いているので、たくさんのドライフルーツを一度に作りたい人に便利なアイテムです。家庭菜園でたくさん採れた野菜や果物をドライフードにすれば腐らせてしまうことなく、フレッシュなものとはまたひと味違うおいしい食材に変身させることができます。

温度は35度から70度まで調整できるので、食材に合わせた温度に調整することで、栄養素を失うことなく、おいしいドライフードをいつでも作ることができます。

1位

APIX ドライフードメーカー 「12品目のレシピ付き」 フードドライヤー AFD-550-WH ホワイト

APIX ドライフードメーカー 「12品目のレシピ付き」 フードドライヤー AFD-550-WH ホワイト

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,790

おしゃれなデザイン家電を販売しているAPIXのドライフルーツメーカーは四角タイプの透明なトレイで、中に食材を入れると、鮮やかにうつり、見た目にも楽しめます。トレイはウェーブ式で、こびりつきを抑えてくれます。

タイマーが付いており、2時間から10時間までを2時間ごとにセットすることができます。作るのが初めてのひとには嬉しいオリジナル簡単レシピが付いているので、まずはこのレシピを参考にしてみるのもいいですね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ドライフルーツメーカーの効果的な使い方

ヨーグルトドライフルーツ添え
市販のドライフルーツには見た目を良くしたり、保存がより長期にできるようにさまざまな添加物が使用されているものが多いです。ドライフルーツメーカーで作る場合には素材そのもののを乾燥させるだけなのでとても健康的で、生の状態に比べて日持ちもします。

フルーツや肉や魚は生の状態で食べる時と食感や甘み、旨味が全然違うので、新鮮なうちはフレッシュな状態で、その後、乾燥させて食べれば、同じ食材でも飽きることなく食べきることができます。

カットの仕方

乾燥させる時間を短縮させたい場合には小さめにカットすることがポイントです。逆に食感を楽しみたいのであれば大きめにカットして乾燥させましょう。乾燥させると縮むことも忘れずに頭に置いてカットしてくださいね。また、皮の付いているミニトマトやブドウの乾燥は時間がとてもかかりますので短縮したい場合には皮を剥くなどの方法を考えてもいいかもしれません。

ドライフルーツメーカーを使ったレシピ

ドライフルーツメーカーを使ったレシピをご紹介します。

ドライイチゴ

イチゴは洗ってへたを切り、スライスしトレイに並べます。60度の温度で乾燥すると約6時間でセミドライ状態になります。約18時間で完全に乾燥できます。

ドライリンゴ

皮とタネを取り除き8等分くらいにカットしトレイに並べます。50度の温度で乾燥すると約6時間でセミドライ状態になります。約18時間で完全に乾燥できます。

干しブドウ(皮つき)

ブドウは洗って房から外しトレイに並べます。60度の温度で乾燥すると24時間でセミドライ状態です。78時間で完全に乾燥できます。

素材の大きさ、水分量で、仕上がり時間は変わります。干しブドウは皮が付いているので、乾燥時間がとても長くなりました。皮を剥いて乾燥すると短時間で乾燥することができます。

生の状態の果物のほか、缶詰のフルーツを乾燥させることもできます。

ドライフルーツ活用法

乾燥させたフルーツをグラノーラやヨーグルトに混ぜたり、パウンドケーキ、クッキーに混ぜるなどスイーツにアレンジすればレパートリーが広がり、飽きずに毎日取り入れることができますね。

サラダに細かくして入れればいろどりも良く、食感も加わり、いいアクセントになります。

紅茶に混ぜればフルーツティーになり、砂糖を入れなくてもフルーツの自然の甘さと香りを楽しむことができます。フルーツを替えれば色も香りも全く違う紅茶になります。お客様にも選んでもらう楽しみもできますね。

ドライフルーツの効果的な保存方法

時間のある時に様々なドライフルーツを作っておけば透明な瓶等に入れて飾れば見た目でも楽しむことができます。また、いざ使いたいときにも中身が見えているので中身がわかりやすく、すぐ使うことができますよね。

生のフルーツは新鮮な時はいいですが、時が経つと見た目が悪くなってしまいますよね。また、場所も取ります。ドライフルーツは完全に乾燥させておけば保存できますし、見た目にも作りたてとあまり変わりません。たくさん作って保存をする場合には空気に触れないビンに入れて便利に、見た目にもかわいくあえて見せる保存をするのがおすすめです。

フルーツだけではもったいないその他の食材レシピ

ドライフルーツメーカーの中にはフルーツだけでなく、さまざまな食材を乾燥させることができるものも多くあります。ここではドライフルーツメーカーのさまざまな使い方をご紹介します。こんな食材も使えるの?と言うびっくりレシピもあるかもしれませんよ。

アイシングクッキー

材料:粉糖200g・卵白1個・食紅適量・水適量

ボールに粉糖を用意し、卵白を少しずつ入れ、混ぜます。食紅を小皿にいれ、少量の水を入れ、溶きます。

アイシングに食紅を混ぜ、色を付けます。数種類の色を作る場合には必要な量のアイシングを取り分けて色を付けましょう。

好みのクッキーをトレイに乗せ、クッキーにアイシングを塗ります。35度に設定し、10分乾燥させれば完成です。

こんにゃくチップス

材料:こんにゃく2袋・水300CC・コンソメの素1個・コショウ少々・ガーリックパウダー少々

こんにゃくを3㎜ほどの厚さに切ります。こんにゃくを水が入った鍋に入れ、茹でます。10分ほど茹でたら火を止めます。

鍋の湯を捨て、こんにゃくを再び鍋に戻します。水300CC、コンソメの素、こしょう、ガーリックパウダーで味付けをします。火にかけ沸騰したら火を止めます。冷めるまで置いておきます。

トレイにこんにゃくを並べます。下にクッキングシートを敷くと汚れ防止になります。60度の設定で約6時間乾燥させて完成です。

こんにゃくなので、ダイエットの時のおやつとしておすすめです。

スルメイカで一夜干し、干しイカ

材料:スルメイカ

スルメイカを水で洗います。イカの胴体、足をを開いて、中心に包丁をいれ、軟骨を切ります。イカの口と目をとります。肝と墨袋を耳の方から優しく剥がしていきます。(傷つけないように)イカの足の先を切り、吸盤の少し硬い部分をこそぎ取ります。

もう一度水で洗い、塩水に10分~20分浸けます。(3~10%の塩分濃度の塩水)乾燥トレイに並べます。温度は70度です。

約2時間~3時間で一夜干しの完成です。約6時間で完全に乾燥したするめの完成です。好みの状態まで乾燥させてくださいね。

乾燥トウモロコシ

材料:トウモロコシ

皮つきのトウモロコシを電子レンジで5分加熱します。皮を剥いて、トレイに並べます。約68度で15時間程度乾燥させます。

そのまま食べてもおいしいですが、それを鍋に水と塩をいれ沸騰させたもので15分ほど茹で、実が戻ったら完成です。

そのまま茹でるだけでなく、一旦乾燥させることで甘みや旨味が凝縮されワンラック上のおいしさになります。戻すときに鶏ガラスープやバター醤油入りのゆで汁でゆでると味が加わります。好みの味で茹でてみてください。

完全に乾燥させておけば長期保存できるので、トウモロコシの時期に乾燥させておけば食べたいときに茹でで、いつでも甘くておいしいトウモロコシを食べることができます。

まずはレシピを参考に

ドライフルーツメーカーを販売しているメーカーやレシピサイトにはさまざまなレシピが掲載されています。

初めての場合は下準備の仕方、温度、時間など全くわかりませんよね。まずは掲載されているレシピを参考に作ってみることで、だんだんとコツがつかめてオリジナルレシピを作ったり、好みの乾燥状態にするなど、ドライフルーツメーカーを使いこなすことができるようになってきますよ。そうなると、ドライフルーツ作りが楽しくなってきますね。

乾かす前の下準備

そのまま乾燥することができる食材もありますが、魚介類は内臓などをとり、種のある果物は種を取るなどのいた準備が必要です。また、大きさもカットすることで、短時間で乾燥され、調理に使う場合にも使いやすくなります。

魚介や肉、こんにゃくなどの味が付いていないものはあらかじめ調味料で味を付けたり、塩水につけて、乾燥するだけでおつまみやおやつになります。

バナナはカットしてそのまま乾燥してもいいですが、変色しやすいので、砂糖水につけてから乾燥させることで、変色を減らして、見た目にもおいしそうなバナナチップになります。

肉の乾燥には温度に注意

生の肉を乾燥させてジャーキーを作る場合には食中毒予防として、63℃以上の温度で8時間以上の加熱が必要です。心配な人は乾燥させる前に電子レンジや鍋で加熱してから乾燥させると安心ですね。また、缶詰の鶏レバーなどを乾燥させても普段の食感とは違うおつまみに変身します。

ドライフルーツメーカーはいつでも作ることができます。

ドライフルーツメーカーを使って乾燥させることで、天日干しに比べて温度が安定しているので、しっかり乾燥させることができます。

梅雨の時期には自然に乾燥させてドライフルーツを作るのは難しいですが、ドライフルーツメーカーがあれば、天候を気にしなくても良く、いつでも作りたいときに作ることができます。

食材は時季によって旬があり、おいしくて安い時期がありますよね。そんな旬の時季に多めに購入しておけば新鮮なうちに美味しく食べて、残ったり、飽きてしまった時には乾燥させておくことで、時季が終わってしまった時にも食べることができます。長期保存したい場合は完全に乾燥させる必要があります。

まとめ

いかがでしたか?ドライフルーツを自宅で作るのは難しいのではないかと思っている人も多いと思いますが、ドライフルーツメーカーがあれば簡単に天日干しに比べて短時間に作ることができます。

ドライフルーツが好きな人、健康の為に取り入れたい人にはドライフルーツメーカーで添加物の入っていないおいしい安心な手作りのドライフルーツを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2019 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->