1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーエチケット靴用消臭スプレーのおすすめ比較ランキング!人気の商品を比較

2018/03/03更新

靴用消臭スプレーのおすすめ比較ランキング!人気の商品を比較【2018年】

スプレー

毎日履く靴の臭いが気になったことはありませんか?人前で靴を脱いだ時、嫌な臭いがして恥ずかしい思いをしたことがある方もいるかもしれません。そんな時に便利な商品が「靴用消臭スプレー」です。消臭するだけなら衣類用や布製品用で代用できないの?と思う方もいるのではないでしょうか?

足の裏は背中の5~10倍の汗腺があると言われています。靴の中ではがれた角質や汗をエサに雑菌が繁殖し、靴の嫌な臭いにつながります。靴用消臭スプレーはそういった靴独特の臭いに対して効果があります。靴用消臭スプレーの選び方や人気商品をチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

靴用消臭スプレーの選び方

考える女性

革靴やスニーカー、ブーツなど臭いがこもりがちになる靴を履いている時に、人前で脱ぐのを躊躇してしまった経験がある方もいるではないでしょうか?靴用消臭スプレーで日々お手入れをしておけば、そういった心配ともさようならできます。靴用消臭スプレーを購入する時のポイントを整理してみましょう。

成分を確認する

靴用消臭スプレーを選ぶ際は、まずは成分をチェックしてみましょう。靴の嫌な臭いを消すといっても、消臭効果のみのものであれば、その場は一時的に臭いが消えるかもしれません。しかし、時間が経つにつれ、またすぐに嫌な臭いがしてくるものです。

成分の効果としては、消臭効果以外にも抗菌効果があるものが理想的です。靴の嫌な臭いの原因は、汗や体からでる脂や剥がれた角質をエサにして増える雑菌です。抗菌効果があれば、雑菌が繁殖するのを抑えてくれるため、一時的な消臭だけでなく比較的長い時間、嫌な臭いが発生するのを抑えてくれるでしょう。

靴用消臭スプレーの中には、消臭や抗菌だけでなく防カビ効果のある成分が含まれているものもあります。長時間靴を下駄箱にしまって置く場合や、湿気の多い季節は、防カビ効果のある成分が入っているとより安心です。

スプレーの噴射タイプを確認する

靴用消臭スプレーはスプレーの噴射の仕方で、ミスト式とガスを用いた噴射式の2種類に分けられます。それぞれの特徴をチェックして好みのタイプを選びましょう。

ミスト式

霧吹きのようにレバーで操作し、1回レバーを引くごとにシュッと噴射されるのがミスト式です。無駄がなく、狙ったところに成分を行き渡らせることができます。デメリットは、靴のつま先などノズルが届きにくい場所に噴射しにくいということが挙げられます。

ガス噴射式

ヘアスプレーのようにガスを用いるもので、ヘッド部分を押している間シューっと長く成分を噴射させられるのがガス噴射式です。手が届きにくい靴のつま先やロングブーツの奥にも成分を行き渡せることができるため便利です。デメリットは、成分が拡散されるため、ミストタイプよりも無駄になってしまうことがある点と、廃棄の際にスプレー缶に穴をあけるなどの手間がかかる点が挙げられます。

使用できる範囲を確認する

靴用消臭スプレーは、商品によって使用できる範囲が異なります。靴の内側と下駄箱に使用できるものが一般的ですが、商品によっては靴下やストッキングを履いた上からスプレーできるものもあります。靴下やストッキングを履いた上からスプレーできるタイプは、靴の内側と同時にスプレーすることで、より強力に消臭・抗菌できますが、肌の弱い方の場合は使用の際に注意が必要です。

多くの場合、靴の外側に使用することや、本革製品に使用することはできません。革製品に誤って使用してしまった場合は、革にスプレーの跡が残るほか、革を傷めてしまう原因になるため注意が必要です。靴用消臭スプレーを使う前には、使用できる範囲の注意書きを読んでおくことをおすすめします。

香りの有無を確認する

靴用消臭スプレーは、香りが付いているものもあれば無香性のものもあります。香りは好き嫌いが分かれるため、可能であれば店頭などで実際の香りを確認しておくと安心です。

同じ香りでも、良い香りと感じる方もいればそうは思わない方もいます。人前で靴を脱ぐことが多い場合や、座敷に上がるのがあらかじめ分かっている場合などは、無香性のものがおすすめです。靴用消臭スプレーはエチケットとして必要ですが、靴用消臭スプレーを使っていることが周囲に知られるのが恥ずかしいという方の場合は、無香性を選ぶと良いでしょう。

スプレーできる回数を確認する

商品を買う時に誰もがチェックするのが1本当たりの価格ではないでしょうか?靴用消臭スプレーの価格はそれぞれですが、チェックしたい部分は1本(1缶)で使用できる回数です。単価が安いと思って購入しても、使用できる回数が極端に少ないものであれば、頻繁に買い足す必要があり、かえってお金がかかってしまうことにもなりかねません。

特に使用頻度が高い方や、使う人数が多い家族の場合には、価格と同時に使用可能回数をチェックしておくことをおすすめします。

使いやすさを確認する

商品を使いやすいと感じる点は人それぞれですが、使う頻度が高いものほど、その使い勝手は確認しておきたいところです。

大きさ

靴用消臭スプレーの場合、自宅や職場のロッカーに保管する場合であればある程度大きなものでも保管の邪魔にはなりませんが、カバンに入れて持ち歩く場合は、携帯用の小さなものや細いものが便利です。

重さ

ミスト式の場合は商品の重量が比較的重ためなので、腕の力が弱い方や高齢者の方、商品を携帯したいという場合、扱いにくいかもしれません。軽さを重視する場合は、ガス噴射式の商品を選ぶと良いでしょう。

噴射の向き

靴用消臭スプレーはまっすぐ立てて使用しないと成分が噴射されない商品が多いものです。しかし、中には商品を逆さまに向けても噴射できるものもあります。靴下やストッキングを履いたまま足の裏にスプレーしたい時やロングブーツの内側にスプレーしたい時、靴のつま先にスプレーしたい時などは、逆さまでもスプレーできる商品が便利です。

スプレーの乾きやすさ

スプレーした成分がドライパウダーのものは、質感がサラッとしていて、スプレーしたすぐでも靴を履くことができます。ドライパウダーは、靴下やパンストを履いた上からでもスプレーできるというタイプに多く採用されています。

ドライタイプ以外のものはウェットタイプで、スプレーしたあとすぐに靴を履くと、濡れているため不快感があることも多いでしょう。ウェットタイプのほとんどの商品には、スプレー後1~2分程度乾かしてから靴を履くようにと注意書きされています。

スポンサーリンク

靴用消臭スプレー人気おすすめ商品TOP10

雨や雪が多くて湿気がこもる季節や冬の屋内の暖房など、靴の中に臭いがこもるのは夏の汗ばむ季節だけではありません。靴用消臭スプレーの購入を検討している時は、どのような商品が人気なのかチェックしてみましょう。各商品の特徴を口コミとともにランキング形式でご紹介します。商品購入の際の参考にしてみてください!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ミスオドイーター 靴消臭スプレー ストッキング・靴下・靴用 ソープ調の香り 150ml

ミスオドイーター 靴消臭スプレー ストッキング・靴下・靴用 ソープ調の香り 150ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 406

靴の内側だけでなく、靴下やストッキングの上から直接スプレーすることもできるタイプです。缶を逆さまに向けてもスプレーできるため、靴下を履いて立ったままでも使えるため玄関に置いておくと便利です。

足の臭いを消す消臭成分だけでなく、除菌成分も含まれているため臭いの発生を抑えることにも効果があります。ドライスプレーなのでベタつかず、スプレーしてすぐに靴を履けるのも実用性があります。ソープ調の香りなので男女問わず使え、家族で使い回せるのもおすすめポイントの1つです。

9位

【まとめ買い】オドイーター スニーカー用 除菌・消臭・防カビ ミストスプレー 250ml(約800回分)×3個

【まとめ買い】オドイーター スニーカー用 除菌・消臭・防カビ ミストスプレー 250ml(約800回分)×3個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 988

靴や下駄箱に使用するタイプです。ミストスプレーなので、繊維の奥まで浸透して消臭する効果が期待でき、しつこい臭いがある場合におすすめです。ミストなのでスプレーしてすぐに履くのはおすすめできず、靴を脱いだ後にスプレーしておく方が良いでしょう。

本革製品にスプレーしてしまうと、革にシミがついたり革が傷んでしまうことがあるため、革とのコンビネーションになっているスニーカーにスプレーする時は注意が必要です。靴に付いた臭いを消す消臭効果だけでなく、除菌効果や防カビ効果がある点にも注目です。3本セットなので、玄関用と靴用などに分けたり、人数の多い家族にもおすすめです。

8位

たちまちさん 靴・靴下用 消臭スプレー 180ml

たちまちさん 靴・靴下用 消臭スプレー 180ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 432

靴の内側や靴下、ストッキングを履いた上からスプレーできるタイプです。植物油系の消臭剤で、除菌成分にはグレープルーツ種子抽出物を使用しています。ガスを使用して成分を拡散噴射するため、靴の奥まで成分が届きやすいのが特徴です。スプレーしたあとは、きちんと乾いてから靴を履くことをおすすめします。

180mlで約60足分なので、使用頻度の高い方や使う家族の人数が多い場合はすぐになくなってしまうかもしれません。香りはほんのりとグレープフルーツの香りがする程度なので、強い香り付きの商品が好みでない方におすすめです。

7位

オドイーター 除菌・消臭スプレー 靴用 180ml

オドイーター 除菌・消臭スプレー 靴用 180ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 681

靴の内側や下駄箱に使用するタイプです。180mlと小さめの缶ですが、1回2秒の噴射で約110回使えるため頻繁に買い替える手間がいらずに便利です。靴の強い臭いを中和する消臭効果だけでなく、除菌成分が含まれているため臭いの原因の発生を防ぐ効果も期待できます。

ガスを使用して成分を拡散噴射させるタイプなので、手の届きにくい場所にもスプレーしやすく便利です。オドイ-ターはシリーズで消臭インソールも販売されているため、セットでの利用もおすすめです。

6位

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー ベビーパウダーの香り

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー ベビーパウダーの香り

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 748

靴の内側や下駄箱にスプレーするタイプです。人体に無害の特殊な抗菌剤を使用している点が特徴で、抗菌加工製品全般の規格SIAAの安全規格をクリアした商品です。コーキンマスターという抗菌・防カビ成分を使用し、実験では99%の雑菌を抑制したという結果があります。

ミストスプレーなので、スプレー後成分が乾いてから靴を履くことをおすすめします。ベビーパウダーの香り付きで、ピンクの缶にはハイヒールとブーツの絵柄がデザインされているため、男性は店頭では手に取りにくいかもしれません。ガス噴射式。

5位

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香性タイプ 150ml×3個

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香性タイプ 150ml×3個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,009

フットケア商品に特化したドクターショールから発売されている靴スプレーです。靴の内側や下駄箱にスプレーするタイプです。天然成分オドミットが靴の臭いを瞬時に消し、抗菌、防カビ成分であるコーキンマスターが臭いの元となる細菌やカビの繁殖を抑えます。ミストスプレーなので、成分が乾いてから靴を履くか、靴を脱いだあとにスプレーしておくと便利です。

無香性なので男女問わず使いやすいところも魅力です。3本セットの商品なので、使用する頻度の高い方や使う人数が多い家族、職場や自宅など分けて使いたい方におすすめです。ガス噴射式。

4位

オドイーター スニーカー用 除菌・消臭・防カビ ミストスプレー 250ml(約800回分)

オドイーター スニーカー用 除菌・消臭・防カビ ミストスプレー 250ml(約800回分)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 329

靴や下駄箱に使用するタイプです。ミストスプレーなので、繊維の奥にまで成分が染み込み、特にスニーカーなど汗の臭いを吸い込んでしまっている靴におすすめです。「スニーカー用」とあるように、本革製品には不向きで、スプレーすると革が傷んでしまう可能性があります。異素材を組み合わせたスニーカーの場合、素材を確認してからスプレーすることをおすすめします。

1本で約800回分使用できる、比較的長持ちするタイプです。スニーカーの臭いを消す消臭効果だけでなく、臭いの原因菌を除菌する除菌効果もあります。湿気のこもりがちな下駄箱や梅雨の時期に嬉しいカビの繁殖を抑える防カビ効果も期待でき、1本あると便利な消臭スプレーです。

3位

シューズの気持ち 消臭芳香剤 靴用 無香性 プレミアム 280ml

シューズの気持ち 消臭芳香剤 靴用 無香性 プレミアム 280ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 737

下駄箱はもちろん靴の内側や靴下、ストッキングを履いた上からスプレーできるタイプです。化粧品原料を使用しているため、万が一肌についてしまっても安心という特徴もあります。化粧品原料を使用しているので、肌についても安心。缶を逆さまに向けても噴射できる点が使いやすいと評判です。1缶で使用できるのは約150回と少し少な目なので、1人で使う方や使用頻度の少ない方におすすめです。

フマキラーの従来品よりも除菌成分が3倍量増え、プラスイオン抗菌剤を2倍配合したプレミアムタイプです。無香性なので、人工的な香りが苦手な方にもおすすめです。ガス噴射式。プラスイオン抗菌剤除菌成分を従来品の3倍量除菌成分を従来品の3倍量

2位

シューズの気持ち 消臭芳香剤 靴用 無香性 180ml

シューズの気持ち 消臭芳香剤 靴用 無香性 180ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 469

下駄箱はもちろん靴の内側や靴下、ストッキングを履いた上からスプレーできるタイプです。スプレー後は乾かしてから靴を履くことをおすすめしますが、万が一肌に触れてしまっても、化粧品原料を使用しているため安心です。ガス噴射式なので靴の奥までスプレーしやすい点が便利です。

ポリアミン系消臭剤を使用し、イソ吉草酸や酢酸など足元のニオイを中和消臭します。抗菌剤が繊維の奥に入り込み、臭いの元になる菌の増殖を抑えます。無香性なので、スプレーを使用していることが周囲にバレにくいのも魅力のひとつです。

1位

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香料

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香料

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 791

靴の内側や下駄箱にスプレーするタイプです。フットケアに特化した商品展開をしているドクターショールの商品です。無香性で、パッケージのカラーやデザインが中性的なので、男女問わず手に取りやすいところが魅力です。

人体に無害の特殊な抗菌剤を使用している商品ですが、濡れたような不快感を防止するためにも、スプレーがしっかりと乾いてから靴を履くことをおすすめします。抗菌加工製品全般の規格SIAAの安全規格をクリアしている点にも注目です。使用している抗菌・防カビ成分が372菌種の細菌・カビに強力作用します。安全性と消臭力のどちらも重視したい方におすすめの1本です。ガス噴射式。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

靴用消臭スプレーの効果的な使い方

下駄箱と靴

靴用消臭スプレーは靴を履く前にスプレーする方法の他に、靴を脱いだ後にスプレーしておくという方法もあります。もちろん両方を併用すると、より高い効果が期待できます。

スプレーした靴をすぐに下駄箱に閉まってしまうと、ウェットタイプのスプレーの場合は湿気がこもってしまいます。しっかりと乾燥させてから下駄箱に片づけましょう。湿気がこもりがちな下駄箱にスプレーするのもおすすめです。

日々の靴用消臭スプレー+丸洗いで効果を高める

臭いの付いた靴のケアとしては、日々のお手入れとして靴用消臭スプレーを使用し、1~2週間に1度程度丸洗いすると効果的です。素材によっては水洗いできないものあるため、あらかじめ確認してから行うことがポイントです。

靴を丸洗いする方法

靴を丸洗いする場合の手順を確認しましょう。コインランドリーには靴用の洗濯機もあるため、泥汚れなどを落としたあと、靴用洗濯機を利用する方法もあります。下準備としてインソールや靴ひもは外しておきます。

バケツでつけおき+ブラシでごしごし洗いをする方法

バケツで靴をまるごと洗剤液に浸してつけおき洗いをし、汚れのひどい部分を靴用ブラシでゴシゴシと洗う手順をご紹介します。

(1) 靴の外側のホコリや泥汚れをたたき落とし、軽く水洗いをする。

(2) 特に汚れがひどい部分は臭いの原因になっている可能性が高いため、部分洗い用洗剤を付けて靴用ブラシでこする。

(3) バケツにぬるま湯と靴用洗剤、または衣類用の洗剤と靴を入れてつけおきする。

(4) 汚れている部分を靴用ブラシなどでこする。

(5) 洗剤液から靴を取り出し、キレイな水でよくすすぎ乾燥させる。

自宅の洗濯機で洗う方法

自宅の洗濯機でスニーカーや子供の上靴が洗えるのはご存じでしょうか?洗濯機で洗うことに慣れたら、子どもの上靴洗いが大変楽になるためおすすめです。

(1) 靴の外側のホコリや泥汚れはたたき落とし、靴底の汚れはいらなくなった歯ブラシなどでこすって落としておきます。靴底に引っかかった小石なども取り除きます。

(2) 靴を洗濯ネットに入れます。1足分まとめていれても良いですが、よりキレイにしたい場合は片方ずつ別の洗濯ネットに入れることをおすすめします。はずしたインソールや靴ひもも別の洗濯ネットに入れておけば、靴と一緒に洗えます。

(3) 洗濯機に洗濯ネットに入れた靴を入れ、衣類を洗濯するのと同じ手順で洗濯します。洗剤は汚れや靴の臭いの度合いによって調整します。靴を傷めないためにも、水の量は少し多めにすることがポイントです

(4) 通常通り脱水まで済んだら日影で天日干しします。ホームセンターや100円均一ショップでは靴用のハンガーが売られていることもあり、そういった商品を使うとより短時間で乾かすことができます。湿気が残っていると雑菌が繁殖しやすくなるため、しっかりと乾燥させることがポイントです。

日々の靴用消臭スプレー+天日干し

日々のお手入れとして靴用消臭スプレーをし、週に1度程度の天日干しを併用する方法もおすすめです。紫外線を当てることで雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待されます。天日干しする場合は、素材によっては靴の変形や変色の可能性があるため、風通しの良い日影を選ぶ方が良いでしょう。靴の素材に注意して干す場所を選びましょう。インソールは外して別で干すことをおすすめします。

湿度が高い日や時間は、かえって靴に湿気を貯め込んでしまうことにもなりかねません。靴を干す場合は、湿度の低いカラッとしたお天気の日を選ぶことがポイントです。

日々の靴用消臭スプレー+乾燥

日々のお手入れとして靴用消臭スプレーをすると同時に、しっかりと靴の内側を乾燥させておくことが臭いを抑えるのに効果的です。靴の内側の湿気は、カビの発生や臭いの原因に直結します。靴は連続して数日履くのではなく、ローテーションで履き替え、内側を乾燥させる習慣を付けましょう。

お気に入りの靴は毎日履きたいものですが、そこを堪えて靴を休ませることで、靴の臭い対策になるほか、靴の傷みの軽減にもつながり一石二鳥です。

雑菌の繁殖を防ぐためには、風通しの良い場所で乾燥させるのが一番です。しかし、マンションなど靴を置いておく場所がない場合には、市販の靴用乾燥剤やお菓子や食品のパッケージに同梱されている乾燥剤を再利用し、靴を脱いだあとに靴の中に入れておくという方法もあります。

まとめ

日々の靴のお手入れとしておすすめの靴用消臭スプレーですが、成分の違いや、スプレーの噴射の仕方、スプレーできる回数など商品を選ぶポイントはさまざまです。人前で急に靴を脱ぐことになった時に恥ずかしい思いをしなくても良いように、日ごろから靴の臭い対策をしておきたいものです。

靴用消臭スプレーは汗をかく夏場だけでなく、スポーツをした後、よく歩いた後など日常的に使えるシーンがたくさんあります。お気に入りの靴用消臭スプレーを手に入れて、靴を履く前や靴を脱いだあとに、シュッとひと吹きする習慣を付けてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック

グッディの人気記事 10選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.