1. グッディ∞
  2. 生活雑貨液だれしない醤油さしのおすすめは?人気商品の最強比較ランキング

2018/02/15更新

液だれしない醤油さしのおすすめは?人気商品の最強比較ランキング【2018年】

醤油

あると便利な食卓グッズのひとつに醤油さしがあります。食卓に醤油さしがあると、醤油を少しだけ使いたい時でも、大きなボトルを出してくることなく使えるため便利です。近年の健康志向や減塩ブームの追い風を受けて、醤油さしにも商品のバリエーションが増えています。普段何気なく使っている方も多いかもしれませんが、便利な醤油さしをチェックしてみてはいかがでしょうか?商品選びのヒントになるような醤油さしの選び方や、活用方法を人気の商品と合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

醤油さしの選び方

醤油さしは液体を注ぐスタンダードな形状だけでなく、健康志向や減塩ブームの到来で、スプレータイプやプッシュタイプなどさまざまな形状のものが販売されています。また、素材もプラスチックからセラミックまでバリエーションに富んでおり、ひとくちに醤油さしと言っても、使う方によって好みが分かれる商品です。お気に入りの醤油さしを選ぶには、どのようなことをポイントにすれば良いのでしょうか?

形状で選ぶ

まずは形状をチェックしてみましょう。使うシーンや使う方のライフスタイルをイメージしながら選ぶと、選びやすくなります。スタンダードな液体をそのまま注ぐタイプ、スプレータイプ、プッシュタイプの3種類があります。

スタンダードタイプ

容器を傾けることで、醤油などの液体をそのまま注ぐタイプです。多くの方が「醤油さし」と聞いてイメージするタイプではないでしょうか?

メリットは、量を多く出したい場合にスムーズに醤油が出せる点があります。調理中に使う時にも便利です。さまざまなデザインや素材のものが多く販売されているため、選ぶ楽しさがあるところも魅力です。

デメリットは、出す液量を微調整しにくい点にあります。出し過ぎると醤油が無駄になってしまうこともあります。本体が倒れると醤油がこぼれてしまうことが多いのもデメリットとして挙げられます。

口コミではここをチェック!

注ぎ口によって液垂れしてしまうものもあるため、醤油の切れが良いか、液垂れしにくいかどうかをチェックしましょう。

スプレータイプ

ボトルにスプレーノズルが付いており、プッシュすると霧状になった醤油が噴霧されるというタイプです。

メリットは、少量の醤油を食材にまんべんなく振りかけることができるため、しょうゆを付けすぎることが無い点です。使用量を微調整しやすいため、無駄に使いすぎることが無い点も魅力です。減塩生活をしている方や、小さな子どもの要る家庭におすすめです。料理の際は、食材の表面だけに醤油の香りを付けたい時におすすめです。

デメリットは、プッシュしないと醤油がでないため、量を多く取りたい場合は非常に不便になります。また、食品以外の部分(お皿や机など)にも醤油が飛んでしまうことがある点も挙げられます。種類があまり豊富でないため、デザインを選ぶことができないのも残念な特徴です。

口コミではここをチェック!

使用頻度が少ない方の場合は、ノズルが詰まりやすくなってしまいがちです。ノズルが詰まると醤油がキレイに噴きつけられなくなり不便です。ノズル部分の詰まりにくさをチェックしてみましょう。

プッシュ式

フタの部分にプッシュする箇所が付いていたり、フタ全体がプッシュできるようになっており、押すことで醤油が一定量出る仕組みになったタイプです。

メリットは、ワンプッシュで一定量を出したり、長押しで量を多く出したりと醤油の量が調整しやすい点です。スタンダードなタイプとスプレータイプのメリットをかけあわせたようなメリットがあるところが魅力です。本体が倒れてもしょうゆがこぼれにくい点もメリットとして上げられるでしょう。

デメリットは、安価すぎる商品の場合、目詰まりを起こしてしまうものがあるという点や、使用頻度が高い方の場合は、プッシュするのが面倒臭いと感じるかもしれません。

口コミではここをチェック!

プッシュする部分が硬いものもあり、力の弱い子共や高齢の方が使いにくい商品もあります。プッシュのしやすさや素材をチェックすることをおすすめします。

素材で選ぶ

醤油さしの素材はさまざまです。重さや使い勝手の良さ、お手入れのしやすさなど、素材それぞれの特性を見極めて選ぶと良いでしょう。

プラスチック製

臭い残りや色移りしやすいですが、軽くて丈夫、価格も手ごろなものが多く、買い替える頻度が高い方におすすめです。傷がつきやすい点も、お手入れの際に注意するポイントです。

耐熱ガラス製

比較的重さがあり、小さな子どもや高齢者が家庭にいる場合は、万が一落としてしまった場合に割れやすくケガの心配がありますが、熱湯消毒できるため衛生的です。

セラミック製や陶器

重さもあり割れやすいため取扱いに注意が必要ですが、色やデザイン性に富んでおりオシャレなものが多く選ぶ楽しさがあります。不透明なので、残量が確認しづらいデメリットがあります。

容量で選ぶ

しょうゆさしの容量は、スプレータイプのように30ml前後の少量のものから、250mlほど入る大容量のものまでさまざまです。容量はライフスタイルに合わせて選ぶと、失敗が少ないでしょう。

使用頻度が低めの方や1人暮らしの方は、小容量の方が醤油の酸化が少なくて済むためおすすめです。反対に使用頻度が高めの方や、使う人数が多い家族、料理中の味付けとして使いたい方の場合は、大容量の方が詰め替える手間が少なくて済みます。

使いやすさもチェックして!

デイリーユースすることの多い醤油さしは、使いやすさにこだわるのもひとつのポイントです。注ぎ口が液垂れしないように形状が工夫されているものや、使用しない時にホコリがついたり虫がくることを防ぐようにフタが付いているものもあります。

パーツに分解できて丸洗いできたり、食洗機が使えるもの、素材によっては熱湯消毒できるものもあり、お手入れのしやすさも重要です。

スポンサーリンク

醤油さし人気おすすめ商品TOP10

インターネット通販では、どのような醤油さしに人気があるのでしょうか?商品によってどのような違いがあるのかに着目してみましょう。実際の使用者の口コミをチェックすると、その商品の魅力が分かりやすいため、参考にしてみてはいかがでしょうか?

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

プッシュワン 醤油さし S クリアレッド

プッシュワン 醤油さし S クリアレッド

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 536

プッシュ式なので、しょうゆをかけすぎる心配が要らない優れものです。塩分を控えている方や小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。プッシュしないとしょうゆが出ないため、食卓で倒れてしまっても食卓が汚れることがなく安心です。

メタクリル樹脂製なので軽量で割れにくいところもデイリーユースに向いていますが、醤油以外の酢、酒、ラー油等には使えないので、注意が必要です。フタはアイボリー、クリアブルー、クリアレッドの3色から選べます。容量40ml、高さ約9.5cmと手のひらサイズなので、しょうゆを使う頻度が少ない方や、一人暮らしの方におすすめです。日本製。

9位

醤油差し ルジェ ガラス 調味料入れ 135ml NT-209

醤油差し ルジェ ガラス 調味料入れ 135ml NT-209

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,296

香水瓶のようなオシャレなデザインの醤油さしです。丈夫な上に透明感の高いクリスタルガラス製なので、光が反射すると非常にキレイです。注ぎ口がすり口形状になっているため、液だれしにくくデザインの美しさだけでなく、使いやすさも兼ね備えています。

醤油さしとしての実用性だけでなく、中身を入れずにインテリアの1つとして飾っていてもオシャレな商品です。家庭用だけでなく業務用としても利用されています。日本製の醤油さしを探している方にもおすすめです。他にもソース入れやスパイス入れもあるため、シリーズを揃えても素敵です。

8位

iwaki 密閉醤油差し 120ml KS521-SVN

iwaki 密閉醤油差し 120ml KS521-SVN

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,373

シンプルな見た目で、スタイリッシュな生活感を感じさせない醤油さしを探している方におすすめの商品です。フタ付きなのでホコリや虫がつかず、小さな子供がいる家庭にもおすすめです。押さえやすい空気穴がついているため、液量を調整しやすい点も魅力です。密閉タイプなので、冷蔵庫保存しても臭い移りしにくい点もおすすめポイントのひとつです。

注ぎ口が本体から取り外せるため、洗いやすく清潔に使えるのも魅力です。本体が耐熱ガラスでできているためお湯で消毒することもでき、衛生的に使えます。容量120ml、ドイツ製。

7位

真空キープで鮮度を保つ しょうゆスプレー S ( 30ml ) ワンプッシュ 約0.2ml KK-321

真空キープで鮮度を保つ しょうゆスプレー S ( 30ml ) ワンプッシュ 約0.2ml KK-321

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 498

スプレータイプの醤油さしです。プッシュした分しか醤油がでないため、使う量が調整しやすい点が魅力です。スプレータイプなので、ワンプッシュで霧状のしょうゆが広範囲にまんべんなくかけられ、減塩生活をしている方におすすめです。ボトルが倒れても醤油がこぼれる心配がなく、小さな子供がいる家庭にも向いています。

ボトル内は真空になるような特殊な構造になっているため、醤油の酸化を遅らせて鮮度を長持ちさせられます。醤油をつめかえても真空にできるため、こだわりの醤油を使っている方におすすめの商品です。容量は30mlと少な目。ワンプッシュで約0.2mlの醤油が出るように工夫されています。プッシュの回数で使用した醤油の量が分かるので便利です。手のひらサイズなので旅行やキャンプに携帯することもできます。

6位

iwaki カラフルトップ しょう油差し 100ml ホワイト KB5023-W

iwaki カラフルトップ しょう油差し 100ml ホワイト KB5023-W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 687

見た目はスタンダードな醤油さしですが、耐熱ガラスで出来ているためお湯を使っての消毒や、作りたてのタレを詰め替えることもできるなど実用性に富んだ商品です。パッキンはシリコーンゴム製なので、フタがしっかりしまるのも、安心して使える要素のひとつです。パッキンは取り外しができ、丸洗いできます。本体は食器洗い乾燥機が使えるのも魅力です。

トップのカラーにバリエーションがあり、ホワイト、ピンク、グリーンの3色から選べるため、キッチンのイメージと揃えることもできます。容量は100mlで2~3人の家族におすすめです。使用頻度の高い方や家族の人数が多い場合は、詰め替える頻度が高いかもしれません。本体はインドネシア製。

5位

iwaki 密閉醤油差し 250ml KS522-SVN

iwaki 密閉醤油差し 250ml KS522-SVN

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,300

化粧水のボトルのようなスタイリッシュな印象がオシャレな商品です。シンプルで飽きこないデザインは、醤油を毎日使う方にぴったりです。フタ付きなのでホコリが入る心配もなく安心です。

ノズルはシリコーン製で液垂れしにくい構造になっており使い勝手の良い商品です。容量が250mlと大きめなので、醤油の使用頻度が高い方や人数の多い家族以外にも、料理の調味に使うのにもおすすめです。耐熱ガラス製で熱湯消毒でき、衛生的に使える点も魅力です。ドイツ製。

4位

iwaki フタ付きしょうゆ差し (M) 160ml KT5032-BK

iwaki フタ付きしょうゆ差し (M) 160ml KT5032-BK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 709

耐熱ガラス製の本体には透明のフタがついているため、ホコリや虫が付かずに安心して使えます。本体はゆるやかなカーブが付いており、手にフィットしやすく使い勝手の良い商品です。

フタには三層構造になったパッキンがついており、本体との密着性があるため、こぼれにくく、醤油が酸化しやすくなるのを防ぐ効果が期待できます。ただし、フタは外れてしまうことがあるため、持つ時は本体を持つことをおすすめします。パッキンは取り外して洗えるため、衛生的に使えるところも嬉しいポイントです。耐熱ガラスなので、本体は熱湯消毒も可能です。生産国はタイまたは中国で、容量は160mlとやや多めです。

3位

レック DELI プッシュ式 しょうゆ差し S ブラック ( 醤油差し )

レック DELI プッシュ式 しょうゆ差し S ブラック ( 醤油差し )

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 397

柔らかいシリコーン樹脂でできたフタ全体がプッシュ部分になっているため、手の大きさに関係なく押しやすい点が魅力のプッシュ式醤油さしです。押している間醤油がでるため、少量かけたい場合はプッシュの回数で調整し、少し量を取りたい場合は長押しするなど使い分けられるところが便利です。

ノズル部分はクロスカットと呼ばれる特殊な形状になっているため、液垂れしにくく、におい移りの心配もないためいつでも美味しい醤油が注げます。フタとアダプターは外して丸洗いできるので衛生的。瓶の口も広めなのでスポンジが入りやすく日々のお手入れも簡単です。容量100ml。グッドデザイン賞受賞商品。

2位

岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ 大 WA-417

岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ 大 WA-417

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

伝統的な江戸硝子で1つ1つ手作りされた日本製のこだわりの醤油さしです。江戸硝子は2002年に東京都伝統工芸品に認定されており、食べ物だけでなく、食器や調理器具にもこだわりたい方におすすめの商品です。栓の色はクリア以外にバイオレット、ピンク、グリーン、ブルーがあります。

液垂れや液漏れがしないと定評があり、数本揃えて中身によって使い分けるのもおすすめです。懐かしさも感じさせるレトロモダンなデザインは、食卓に飾っているだけでもオシャレです。色はクリアを選べば全てが透明なので、食卓に置いていても圧迫感がなく、どんなキッチンインテリアとも相性が良いところも魅力です。容量は100ml、日本製です。

1位

iwaki フタ付きしょうゆ差し (S) 120ml KT5031-BK

iwaki フタ付きしょうゆ差し (S) 120ml KT5031-BK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 518

シンプルでスタンダートな外観に見える醤油さしですが、使い勝手が抜群と評価の高い商品です。滑らかなカーブのついた本体は、持った時に手馴染みが良く、滑りにくい点が魅力です。フタ付きなので、ホコリが注ぎ口に付着することがなく、衛生的に使えます。

パッキンは取り外して水洗いが出来る上、本体は耐熱ガラス製なので熱湯消毒ができるという優れものです。容量120mlとやや小さめなので、1人暮らしの方や醤油の使用量が少ない方におすすめです。オリーブオイルなどを詰め替えて使うこともできます。少量の調味料を使い分けるのにも便利です。生産国はタイか中国になるため国産品ではありませんが、使い勝手の良い商品を探している方におすすめです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

醤油さしの効果的な使い方

醤油さし

醤油さしを購入したら、出来るだけ便利に使いたいものです。醤油さしの効果的な使い方をチェックしてみましょう。

醤油以外の用途はある?

醤油さしと言えば、当然のことながら醤油を小分けにして入れるものですが、他の調味料にも活用できるのをご存じでしょうか?醤油以外の調味料を入れる場合には、ガラス製や陶器製のものを選び、調味料との相性を確認しておくことがポイントになります。

人気の使い方としては、ガラス製の醤油さしに、オリーブオイルを入れて使用するという方法です。特にフタのある醤油さしの場合は、オイルが酸化しにくくなるためおすすめです。最近ではオリーブオイルソムリエという資格もあるほど、食事にオリーブオイルを取り入れる方が増えています。醤油さしに移し替えておくと、手軽にサラダや料理にかけられて便利です。

もちろん、オリーブオイルだけでなくごま油でもOKです。オイル類を入れる時は、醤油さしの注ぎ口の口径が広めのものを選ぶと詰まりにくいため、使いやすいでしょう。

ガラス製の醤油さしはお酢やお酒を入れるのにも使えますし、天つゆや甘ダレなどを作った時に移し替えておいても便利です。冷蔵庫に入れて保存する場合は、形がシンプルなものの方がすき間に入れやすくおすすめです。

日ごろのお手入れで長く快適に使えます

醤油さしを使っている方の中には、使いはじめは快適だったのに、長く使うことで上手く醤油が出なくなったという経験がある方もいるのではないでしょうか?

醤油さしの内側に液漏れしないようにパッキンがある商品であれば、長く使うことでパッキンが割れて液漏れしやすくなったり、注ぎ口が洗浄の際に欠けてしまうことで形状が変化し、液垂れすることがあります。

醤油さしを長く快適に使うためには、日ごろのお手入れが大切です。洗浄の仕方は素材に合った方法を守ることは勿論、注ぎ口はデリケートな部分になるため、優しくかつ目詰まりのないようにしっかりとキレイにしておくことがポイントです。特にスプレータイプのものはノズルが目詰まりしやすい商品も多いため、注意しましょう。

醤油さしの本体は食器洗い乾燥機が使えるものでも、シリコーン製のパッキンを使用している場合は、パッキンは食器洗い乾燥機が使えない場合が多々あります。間違えて食器洗い乾燥機に入れてしまうと、パッキンが変形したり、ひび割れの原因にもつながるため注意しましょう。

お手入れの頻度は、商品を長く快適に使うことにもつながります。容量がたくさん入るからといって、醤油を長くいれっぱなしにするよりも、少量にして使い切り、洗浄して醤油を入れ替えるようにすることをおすすめします。

醤油を美味しく食べるには?

醤油は常温保存できる食品ですが、空気に触れることで酸化し色や風味が落ちてしまいます。夏場はカビが発生してしまうこともあります。醤油の保存は、光が当たらず温度の変化も少ない冷暗所で保存するほうが良いでしょう。

醤油さしも、基本的には冷蔵庫で保存することをおすすめします。冷蔵庫にある他の食品の臭いを吸ってしまわないように、フタ付きのものや密閉タイプの醤油さしを選ぶと良いでしょう。

まとめ

液垂れのする醤油さしは食卓が汚れるだけでなく、醤油さしの注ぎ口も不衛生になりがちで、日々のお手入れが億劫なものです。最近では液垂れしないことはもちろん、中身の鮮度が保てる工夫やにおい移りのしにくいものなど、さまざまな工夫が施された商品が増えています。新しく醤油さしを買おうか迷っている方や買い替えを悩んでいる方は、ぜひ口コミや商品説明を参考に、お気に入りの商品を見つけてみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック

グッディの人気記事 10選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.