1. グッディ∞
  2. 家電おすすめの振動ドリルは?DIYに人気の商品比較ランキング

2018/02/15更新

おすすめの振動ドリルは?DIYに人気の商品比較ランキング【2018年】

振動ドリル

最近では、テレビ番組でお笑い芸人や俳優などの芸能人がDIYをする企画の人気が高く、注目されていることもあり、自宅でDIYを楽しむ人が増えました。人気の高まりとともに、自宅で使う工具として、振動ドリルを購入する人も多くなりましたが、ここでは、人気の振動ドリルについての基礎知識や人気商品をご紹介します。

振動ドリルを購入する予定の人や買い替える予定のある人などは、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

振動ドリルの選び方

考える人とはてな

振動ドリルは、コンクリートや木材などの穴開け作業を簡単にするため便利なアイテム。建設現場や工事現場で使うような本格的なものから、女性や初心者でも単に使うことのできるものなど、様々な種類があります。

どのようなものを選んでいいのかわからないという人に向けて、振動ドリル選びのポイントをまとめました。

使いやすいのはシンプル設計

初心者の方には、あれこれと機能の付いていないシンプルな振動ドリルがおすすめ。例えば、レバーを引くだけの簡単操作ですぐに使うことができるものは、手にしたその時からすぐに作業を始められるので便利です。

回転数を調整できるものや、ねじ留めができるドライバー機能、コンクリートを砕くハツリ機能の付いた多機能のもの、たくさんのアクセサリーが付属したお得なセットもありますが、まずはシンプルに「穴をあける」という仕事をするものを選びましょう。

経験を重ねて、色々な機能がほしくなった時に、付属品を買い足すことができるように、初めからいろいろなアタッチメントに対応するタイプを購入するというのも方法の一つです。

回転数を調整できるものが便利

振動ドリルは、商品によって回転数に違いがあります。楽に作業をすることができるのは、高速回転に対応するものです。簡単に短時間で穴あけをすることができるのがメリットです。

ただし、高速だから性能が高いということではなく、高速だと穴があけにくい素材もあります。そういった時に便利なのが、回転数が調整できるものです。無段階変速のものは、素材によって微妙に回転数を調整することができるので、あらゆるものに対応します。

女性におすすめはコンパクトで軽量なもの

力仕事の多いDIYは男性の仕事だと思われがちでしたが、最近では、女性で挑戦する人も多くいます。男性に比べて力の弱い女性には、軽量なものがおすすめ。質量が1kg~2kgくらいのものを選ぶと、使いやすいでしょう。

また、実際に握るグリップの他にもう一つ、補助グリップのついているものもおすすめです。コンクリートやブロックなどの硬いものは片手で作業を行うとぶれやすく、力がないと自分では安定させられないことがあります。補助グリップが付いていると、2つの点で支えることができるので、安定して、安全に作業を行うことができます。

グリップは、フィット感があり、柔らかいソフトグリップのものが握り心地が良く、長時間の作業になりがちなDIYも楽に続けることができます。

収納ケース付きはスマートに省スペースに収められる

電動ドリルによっては、収納ケースが付属品としてついているものもあります。プラスチックのようなハードケースのものは、玄関や物置などのスペースに収めやすく、コードや小物を一つにまとめることができるので、とても便利。

ケースは、スタンドタイプが多く、厚さはどれも十数センチとそれほど大きくないので、見た目のスマートさも叶えることができます。きれいにまとまっていると、気持ちがいいものですよね。

振動ドリルは、工具箱に収めるにはサイズが大きく、適当な大きさのケースを買おうと探すと大きすぎるものしか見つからないなど、収納場所に困ってしまう人が多いツール。だからこそ、専用ケース付きのものを選んで、あらかじめ収納場所を確保することがおすすめです。

スポンサーリンク

振動ドリル人気おすすめ商品TOP10

ここでは、振動ドリルについて人気商品をピックアップ。今売れ筋の商品についてランキング形式でご紹介していきます。各商品についてのご紹介もあるので、メリットやデメリットなど、それぞれの商品の特徴を参考にしてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル PSB600RE/S

BOSCH(ボッシュ) 振動ドリル PSB600RE/S

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 8,219

自動車部品や電動工具メーカーであるドイツのボッシュ。マイスター発祥の国で作られる精巧で安全性の高い商品は、家庭でDIYを楽しむ素人から、現場で活躍するプロにまで幅広く愛され、世界中で支持されています。

約1.9kgと軽量でありながら600wのモーターを搭載したハイパワーな仕様で、あらゆる作業を楽に行うことができます。専用の収納ケースの他、アクセサリーセットなど、付属品も充実。ブランドを象徴する、グリーントレッドのおしゃれな見た目も人気の理由です。

9位

E-Value (イーバリュー) 振動ドリル EID-650VA

E-Value (イーバリュー) 振動ドリル EID-650VA

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,266

コンクリート・鉄工・木工とマルチに使える振動ドリルです。質量は約2.5kgと、軽すぎず、また、重すぎないので、安定して使うことができます。深さゲージが付いているので、同じ深さでいくつもの穴をあけたい時に便利。ロックがあり、連続での作業も楽に行うことができます。

回転モードと打撃モードを簡単に切り替えることができ、穴をあけるものによって使い分けられる便利な機能付き。防震ゴムグリップ採用で、防音にも役立ちます。

8位

マキタ 電気ドリル M611

マキタ 電気ドリル M611

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 7,782

日本の電動工具メーカーとして多くの人たちに愛されているマキタ。使いやすさに定評のある振動ドリルの中から、シンプルなデザインが人気のこちらの商品がランクインしました。約1.2kgと軽量で、それほど大きくないサイズでありながら、最大穴あけ能力は鉄工で10mm、木工で25mmと見た目以上の実力を持ち、あらゆる作業を簡単に行うことができる機能性の高さが人気です。

使い方がシンプルで、簡単に使うことができるので、プロだけではなく、家庭でDIYを楽しむ人にも広く愛用されている商品です。

7位

マキタ 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm HP1640FK

マキタ 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm HP1640FK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 18,234

ハイパワーで、コンクリートなどの硬いところにも難なく穴をあけることのできるドリルです。力があるので、穴をあけている途中にぶれることなく、グリップが付いているので安定した状態でスムーズに作業を進めることができて安全です。LED照明付きで、早朝や夕方、薄暗い場所での作業も楽に行うことができます。

コンクリート16mm、鉄工13mm、木工30mmに対応し、ドリルモード、振動ドリルモードへの切り替えや、正逆転を簡単にチェンジでき、日常のほとんどの作業に対応するマルチな機能性が人気です。

6位

マキタ 電気ドリル M609

マキタ 電気ドリル M609

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,276

シンプルなデザインと使いやすさが人気の電気ドリルです。最大穴あけ能力は、鉄工で10 mm、木工で25 mm。重さは1.4 kgと軽量で使いやすく、長時間の作業でも疲れにくいサイズが支持されています。

操作は、レバーを引くだけの簡単なもので、正逆回転も簡単に切り替えることが可能。ドリルの回転数は1分間に2500回転と速すぎず、安心して使うことができます。初心者や女性にも人気が高く、気負わずに使うことができる便利アイテム。一家に一台置いておきたいドリルです。

5位

マキタ 高速ドリル 鉄工6.5mm 木工1.5mm DP2010

マキタ 高速ドリル 鉄工6.5mm 木工1.5mm DP2010

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,739

重さは1キロと軽くて使いやすく、女性でも気軽に作業することのできる小さめのサイズが人気。握りやすい形状のグリップで、操作性の高い振動ドリルです。鉄工でφ6.5mm
木工でφ15mmに対応し、色々な作業に便利に使うことができます。

スイッチ一つで正逆転を切り替えることができる簡単操作。無段変速で、指先で微妙な速度を調整しやすく、高速で回転するので、作業がスムーズに運び、別売品のストッパポールを使うことで、より使いやすくなります。

4位

日立工機 振動ドリル AC100V 720W コンクリート18mm/鉄工13mm/木工30mm ケース付 FDV18V

日立工機 振動ドリル AC100V 720W コンクリート18mm/鉄工13mm/木工30mm ケース付 FDV18V

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,397

スマートな見た目で、工具箱の中にもスリムに収まる振動ドリルです。ソフトグリップを採用しているので、手にフィットして握りやすく、女性にも使いやすいと支持されているアイテム。

木材やプラスチックには回転モード、コンクリートなどの硬いものには、回転と打撃を合わせたモードに切り替え、作業するものによって使い分けることができる便利な仕様です。デプスゲージ付きで、穴をあけた時の深さが一目瞭然。初めてDIYをする方にとっても簡単に使いこなすことのできる機能性の高さが人気です。

3位

マキタ 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K

マキタ 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 9,956

電動工具の総合メーカーとして、プロユースの商品もたくさん生み出しているマキタの振動ドリルは、日本のメーカーらならではの品質の高さと、使いやすい機能が人気です。握りやすいグリップで、初心者でも簡単に使うことができて、木材からコンクリートまでどんなところへの作業も楽に行うことができます。

専用のケース付で、上段には、ネジやパーツなど細かな小物を入れられる仕様。下段には本体を収納できて、様々なものをきれいにひとつに収めることができます。おしゃれな見た目も人気です。

2位

高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V

高儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル DR-110V

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,642

木材からコンクリートまで、色々なものに穴あけをすることができ、マルチに使うことのできる便利な振動ドリルです。左右回転を簡単に切り替えることのできるスイッチ付で使いやすいと人気です。

無段変速で、スイッチ引金を引く具合で回転数を調整でき、指の操作でスピードをコントロールが可能。自在に操作することができる便利な機能付きです。360度角度を変えてドリルを使うことができるので、どんな場所の作業にも使いやすいアイテムです。

1位

SHINKO(新興製作所) 変速振動ドリル SVV-130

SHINKO(新興製作所) 変速振動ドリル SVV-130

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,196

金属、木材、プラスチックだけではなく、コンクリートにまで穴あけをすることができるハイパワーの振動ドリルです。日常にあるあらゆるものに加工することができるので、DIYの幅が広がります。深さを調整することのできるゲージが付いているので、初心者でも失敗することなく作業をすることができて安心です。

ダイヤルを回すことで回転数を調整することができ、レバーを回すと正逆回転を切り替えることができる便利な機能付き。補助レバーが付いているので、力の弱い女性でも簡単に作業をすることができます。シンプルなのに本格的な機能で、人気の高いアイテムです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

振動ドリルの効果的な使い方

振動ドリルの使い方

振動ドリルは、使い方によって様々な形で活用することができます。早速、そのアイディアの数々をご紹介していきましょう。

多機能タイプでオールマイティに作業可能

振動ドリルは、基本的に、コンクリートや木材などに穴をあけるツールですが、これ以外にも便利な機能の付いた多機能タイプを選べば、作業の幅が広がり、あらゆることができるようになります。

ハツリ機能

コンクリートを砕くハツリ機能が付いているものは、大きさを少々変えるくらいであれば十分に使うことができます。

一般的な振動ドリルには、回転のみ、回転と打撃というモードが備わっており、スイッチ一つで切り替えができるようになっていますが、さらに、打撃のみというモードが加わったものがあり、この打撃モードでハツリを行います。

ガーデニングやDIYなどで使うコンクリートやブロックを自在にアレンジできるので、自身の自由な発想を生かした作業をすることができるのがメリットです。

木工作業には振動ドリルドライバーが便利

振動ドリルは、基本的に回転、回転と打撃という2パターンで木材やコンクリートへの穴あけを行いますが、それにプラスして、ねじ留めができる機能の付いた振動ドリルドライバーというものがあります。

穴をあけて、ドライバーでねじを固定して・・・という作業の繰り返しが面倒な時に、先端を付け替えるだけですぐにどちらの用途でも使うことができるので、とても便利。特に、木工作業に向いており、大きな家具や棚などの組み立てを簡単に行うことができるようになります。

補助ハンドルでブレ知らず

振動ドリルドライバーでは、硬いものに穴をあける時に手で押さえる必要がありますが、力が足りないとブレが生じてしまい、穴あけをしたものの破損や、思わぬ事故、怪我につながってしまいます。そこで、安心して使うことができるのが、補助ハンドルの付いたものです。

ドリルを回転させるスイッチの付いたグリップの他に、もう一つ、振動ドリルを固定するためのハンドルが付いており、2つのポイントで全体を支えるので安全に使うことができます。初心者や女性におすすめの機能です。

無段変速機能

回転数をチェンジすることのできる無段変速機能は、指先でスイッチを調整することで、高速と低速を自由にチェンジすることが可能です。

高速回転モードでは、小径の穴あけに向いており、簡単にスムーズにきれいな穴をあけることができるメリットがあります。ただし、中~大径の穴あけを高速にして始めると、回転によって素材がはじかれ、初めに当てた位置から主軸が微妙にずれてしまうので、細かなところや精度の高い作業が求められるところにはあまり向いていません。

低速モードでは、中~大径の穴あけに向いており、精度の高い作業をする時に便利です。ずらしたくないポイントにゆっくりと近づけて低速で穴をあけ始めると、その位置にピタリと決まります。

コンクリートなどの硬い素材には、低速で穴をあけ始める方が安全です。高速で行うと、刃がはじかれて折れや傷みの原因となってしまうとか、素材が破壊されて飛び散り、怪我につながる可能性があります。

回転数を調整することのできないものもあり、シンプルで使いやすいのですが、幅広い作業をしようと思った時に不便なので、出来るだけ変速機能の付いているものを選ぶことがおすすめです。

LED照明付き

先端部分を照らすLED照明の付いたものは、暗い場所での作業を楽にしてくれる便利な機能です。早朝や夕方などの薄暗い時間帯だけでなく、日陰での作業や、柱や部品が穴あけの場所を覆ってしまっているなどの場合では、作業をする場所が見えないと失敗の原因となってしまいます。

一度穴をあけると修復しにくく、見た目が悪くなりますが、LED照明が照らしてくれることで失敗を防ぎ、きれいな仕上がりのためのサポートをしてくれます。

充電タイプ

充電式のものは、作業をする時にコードの引っ掛かりがなく、身軽さが人気です。DIYをしようとしている場所の周辺にコンセントがない時や、高所での作業に使いやすいところが嬉しいポイント。ただし、長時間の作業には向いておらず、途中で電源が切れてしまう可能性があるので気を付けましょう。

作業内容によって用意したいアクセサリー

コンクリートやブロックなどの硬いものや、木材やプラスチックなどで細かなクズが飛ぶものの作業では、破片が飛んできて怪我をするなど、思わぬ危険が潜んでいます。これらの破片は、小さくても破壊力が大きく、目に入ると角膜を損傷して、大事故につながる可能性もあります。そこで便利なのが、ゴーグルや保護メガネなど、目を守るためのアイテムです。

ゴーグルや保護メガネを装着することで、細かな破片が眼球や目の周辺に飛散することを防ぎ、安全に作業を進めることができます。特に、小さな穴をあける時には、目を近づけて目標の場所を見ることがあり、知らぬ間に顔が近づいてしまっていることもありますが、そういった作業の時にも安心して行うことができます。

同じように、体を守るものとして、ヘルメットを着用することもあります。簡単なDIY作業ではほとんど必要のないものですが、大掛かりな作業や工事現場での作業など作業をする場所によってヘルメットを着用することが推奨されます。

まとめ

振動ドリルには、穴をあけるという本来のシンプルな機能のみではなく、ねじ留めやハツリ機能などが付いた多機能のものもあり、様々な種類があります。DIY初心者が使うのであれば、それほど多機能のものでなくても十分なので、シンプルで使いやすいものを選びましょう。

また、グリップの握り心地も大切。可能であれば、実際に自分で振動ドリルを握ってみてそのフィット感を試してみてください。自分の手には小さすぎるとか、逆に大きすぎるとなると、作業効率が下がり、使いにくさから使用しないようになってしまいます。

たくさんの振動ドリルの中からどれを選んでいいのか迷っている人は、ぜひこの記事を参考にして、自分によって最適な振動ドリルを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.