1. グッディ∞
  2. 生活雑貨猫用迷子札のおすすめは?人気の商品比較ランキング

2018/02/15更新

猫用迷子札のおすすめは?人気の商品比較ランキング【2018年】

アイキャッチ

大事な飼い猫が外で迷子になった時には、見つけてくれた人に連絡してもらうための猫用迷子札が役に立ちます。可愛いデザインのものも多く見られますが、実用性などを考えた選び方を知っておく必要があります。

そこで今回は、猫用迷子札の選び方をご紹介します。どのように活用すれば良いのかも併せて取り上げていますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

猫用迷子札の選び方

選び方 (2)

猫用迷子札は大きく分けて首輪型とチャーム型の2種類のパターンになりますが、細かく見てみると選択肢が色々とあることが分かります。大事なことは外で迷子になってしまった時に、確実に目につくようなデザインであることです。

それを踏まえてどのような選び方をすれば良いのかをご紹介します。その上で、デザインなどに満足できる商品を選ぶようにしましょう。

とにかく目立つことを念頭に選ぶことが大事

猫はたとえ首輪をしていても、外を歩いている様子を見て迷い猫だと認識する人は少ないものです。これは室内で飼っている猫も外に出て散歩をすることが知られているからです。たとえ迷子になってさまよっている猫であっても、それが単なる散歩なのか迷子になっているのかが他の人には分かりません。

そこで、目立つ迷子札を付けておくことで目を引き、そこに名前や連絡先が書いてあれば迷子になっているのだと認識できるようになります。

猫用迷子札は可愛らしいデザインが多いのですが、まず最初に目立つものを検討することが大切です。

色のコントラストを考えること

猫用迷子札は大抵の場合、オーダーメイドで色々と注文することができます。名前や連絡先はもちろんのこと、色もいくつかの種類の中から選べる商品も多くあります。

そのようにカラーを選べる商品の場合には、ベースとなる色と名前などの色が同系色にならないようにすることが大切です。遠目に見ると同系色の文字は見えないので、単なる首輪やアクセサリーとしか認識できません。

できればベースカラーと名前の色を反対色にすると良いでしょう。例えば赤の反対色は緑から紺色の系統に、オレンジの反対は青緑から紫の系統になります。このような組み合わせにすることで、名前や連絡先が確認しやすくなります。

2種類のタイプから猫に合うものを選ぶ

猫用迷子札には、チャーム型と首輪型の2種類の商品があります。チャーム型はペンダントのような形をしていて、すでにつけている首輪に取り付けることができます。首輪型は普段つけているような首輪に名前や連絡先が書いてあるものです。

それぞれに特徴が違うので、自分の飼っている猫の性格や癖を考慮して、どちらが合うのかを考えてみましょう。

見た目にお洒落なチャーム型

チャーム型は首からペンダントを下げるような形のもので、プラスチック製や金属製など色んなタイプのものがあります。その材質や形状、色など可愛らしいものが多いので、つい目がいくのではないかと思います。

またチャームをつけている猫は目立つので、迷子になっている時は注目されやすく連絡しれくれる可能性も高まります。見た目にも可愛いので、飼い主も満足できるでしょう。

プラスチック製の迷子札は名前や連絡先をプリントしたり刺繍したりしますし、金属の場合には彫刻されるものが多く見られます。

ただしプラスチック製は紫外線を受けることで次第に劣化していきます。名前なども見にくくなるので、適時新しくする必要があります。その代わりに重さが軽いので、猫もそれほど気にすることはありません。

一方で金属製の場合には錆びに強いステンレス製であれば劣化しにくく長期間使用できます。その代わり、金属の重さを気にする猫もいますしストレスを感じることにもなります。

首輪型は猫に馴染みやすい

首輪型の猫用迷子札は普段首輪をしている猫にとっては馴染みやすいという特徴があります。チャーム型と異なり、名前や連絡先を大きく書くことができるので見やすくアピールできます。

ただし毛の長い猫の場合には、首輪が埋まってしまうことで記載している連絡先などが見えにくくなるという注意点もあります。

チャーム型を選ぶ際の注意点とは

チャーム型はすでにつけている首輪に取り付けるだけなので、商品によっては長く使用できる利点があります。ただし注意点として、部品などが壊れやすくないかどうかチェックすることが挙げられます。

もし劣化により取れてしまうと、下に落ちたチャームを口にして猫が飲み込んでしまうことがあります。また首輪に取り付けるためのリングが外れやすくないかどうかも確認しておきましょう。錆びにくい材質であることも必要なので、素材もチェックする必要があります。

またチャーム型は猫によっては気になってストレスにつながる場合があります。猫は動くものに反応するからですが、チャームは常に首元で動いています。もし金属製の高価なものが気に入ったとしても、最初に安価なものを付けて様子を見る必要があります。すぐに慣れてくれれば良いのですが、毛づくろいなどの時に自分で取り外したがるような状態が続くようであれば、首輪型を検討した方が良いかもしれません。

普段の猫の動作を見て、邪魔にならない長さを選ぶことも大事です。エサを食べる時にチャームが口元で動いていると、猫は気になってしまいます。かといってあまりに短いと、長い毛に隠れてしまうこともあります。適度な長さのものを選ぶようにしましょう。

また柔らかい首輪に金属製のチャームを取り付けると、その重みで首輪が猫の首に食い込んでしまうことがあるので注意しましょう。場合によっては首輪ごと交換することも必要になります。その際には、新しい材質の首輪に慣れるかどうかも確認が必要です。

さらに刻印などで記すことができるスペースが狭いので、せめて読みやすいフォントを選べるかどうかも確認しておく必要があります。

首輪型を選ぶ際の注意点とは

すでに首輪を付けている猫なら良いのですが、成猫になってから首輪を付けるのは難しいものです。とにかく嫌がりますし、外そうとして怪我をするケースもあります。できれば子猫のうちから首輪に慣れさせておいて、迷子札を付けてあげるのが良いでしょう。その上で、どのようなタイプであれば嫌がることがないのかを確認する必要があります。

それまで首輪をしていなかった成猫に付ける場合には、最初にスカーフやヘアバンドなどを巻いて慣れさせることが必要になります。徐々に慣れてきてから首輪型の迷子札を付けてあげましょう。

また外に出た時に、何かに首輪が引っ掛かっても怪我をしないようにセーフティバックル機能を備えていれば安心です。これは衝撃を受けることで、簡単に外れる首輪となります。

さらに首輪型の迷子札は、名前が読みやすいかどうかもチェックする必要があります。例えばデザイン上重心の重い部分があれば、次第に首輪が自然に回って重い部分が下になります。このような状態で名前部分が後ろに回ってしまうと、読みにくくなってしまいます。

これまで付けていなかった素材の首輪を付ける場合には、アレルギーにも注意が必要です。首周りに毛が抜けてしまうことがないか、赤くなっていないかなど細かく観察して、猫の体質に合っているかどうかをチェックしましょう。

オーダーでメッセージを記載できるかどうかチェックする

猫用迷子札には、猫の名前と連絡先、さらに飼い主の名前を記載することになります。これだけでも十分ですが、できれば他にもオーダーで文字を入れることができた方が良いでしょう。

外で見かけた猫の首輪やチャームに名前などが記されていても、連絡してくれるケースは案外と少ないものです。けれども、“見つけたら連絡を下さい”などのメッセージを入れておくと効果的です。明らかに迷い猫だと分かるので、ちゃんと連絡をしてくれるようになります。

このようなメッセージを入れることができるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

猫用迷子札人気おすすめ商品TOP10

猫用迷子札は色んな商品が販売されていますが、特に人気のあるものをご紹介します。どれも可愛らしいデザインであることはもちろんですが、猫にストレスがかからないようなスタイルのものを選ぶ参考にしていただければと思います。

また材質やサイズなども色々とあるので、飼い猫に合うものが見つかるのではないのでしょうか。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

迷子札カラー 肉球のイラストと猫のシルエット 名入れ 目立つPOPでカラフルなお洒落な迷子札で毎日が楽しくなる!

迷子札カラー 肉球のイラストと猫のシルエット 名入れ 目立つPOPでカラフルなお洒落な迷子札で毎日が楽しくなる!

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 918

136個もの猫のシルエットから、愛猫に近いものを選べる猫用迷子札です。5種類のカラーと2種類のサイズ(25mmと20mm)から好きな組み合わせを選べるので、猫の大きさや雰囲気に合わせて注文できます。

もちろんオリジナルの名入れができますし、キーリングはステンレス製なので錆びにも強い商品です。猫にピッタリの迷い札を探している方におすすめです。

9位

刺繍ネーム猫首輪 迷子札首輪 Sサイズ 名前入り ネコ (青)

刺繍ネーム猫首輪 迷子札首輪 Sサイズ 名前入り ネコ (青)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,560

刺繍でオーダーメイドのネームを入れてくれる首輪型の猫用迷子札です。幅2cmのSサイズ、長さは2cmの調整が可能となっています。猫に負担をかけずに軽い迷子札を探している方におすすめです。

ある程度の力が入ると外れるようなセーフティバックルに変更することもできます。首輪がどこかに引っ掛かってしまっても外れるので、安心できます。

8位

猫首輪 迷子札 猫 ねこ 子猫 首輪 猫くびわ 迷子ふだ ネームタグ おしゃれ

猫首輪 迷子札 猫 ねこ 子猫 首輪 猫くびわ 迷子ふだ ネームタグ おしゃれ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,980

幅が1cm×長さ19~24cm、重さわずか8gの首輪型猫用迷子札です。セーフティバックルなので、首輪の引っ掛かりによる事故も防ぐことができます。軽い首輪タイプの迷子札を探している方におすすめです。

名前と電話番号を名入れで入れてもらえます。デザインから製作まで全て国内の工房で手がけているので、安心できる品質と言えます。

7位

刺繍ネーム猫首輪 迷子札首輪 Sサイズ 名前入り ネコ (オレンジ)

第7位 刺繍ネーム猫首輪 迷子札首輪 Sサイズ 名前入り ネコ (オレンジ)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:2,560

おしゃれな刺繍で名前と電話番号を入れてくれる首輪型の猫用迷子札です。本体カラーはオレンジですが、ネームの色も選ぶことができます。刺繍の味わいが好きな方におすすめです。

素材は軽くて強度の高いパイレンテープ、さらにセーフティバックルなので引っ掛かりによる事故も防げる安全仕様となります。日本製なので品質も安心できます。

6位

愛猫用のオリジナル迷子札 オーダーメイドのオーバルミニ

愛猫用のオリジナル迷子札 オーダーメイドのオーバルミニ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

猫の名前と連絡先を刻印する真鍮製の卵型猫用迷子札です。猫のシルエットは48種類、好きなものを選べます。おしゃれな迷子札を探している方におすすめです。

プレートの重さは2g、さらに首輪に取り付けるためのステンレスリングも大小どちらかを選ぶことができます。カラーもシルバー・ゴールド・ブラックの3種類が用意されている満足度の高い商品です。

5位

猫用 迷子札 サークルリンク クリアブルー 1円玉サイズ 重量わずか2g 超軽量で気にならないアクリル製

猫用 迷子札 サークルリンク クリアブルー 1円玉サイズ 重量わずか2g 超軽量で気にならないアクリル製

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,480

アクリル製の軽い猫用迷子札です。直径2cm×厚さ3mmのアクリルにはレーザー加工で名前と連絡先を彫刻してくれるので、消える心配はありません。猫に負担がかからないような軽量タイプを求める方にぴったりではないでしょうか。

彫刻できる記載内容は猫の名前と連絡先、さらに飼い主の名前となります。色は涼し気なクリアブルーとなっています。

4位

刺繍ネーム猫首輪 迷子札首輪 Sサイズ 名前入り ネコ (カーキグリーン)

刺繍ネーム猫首輪 迷子札首輪 Sサイズ 名前入り ネコ (カーキグリーン)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,560

オーダーメイドで猫の名前と連絡先を刺繍で入れることができる首輪タイプの猫用迷子札です。首輪の色はカーキグリーンです。刺繍の色も自由に選べるので、デザイン性を求める方にもおすすめの商品になります。

適度にハリのある材質なので、首に密着しにくいので猫にもストレスはかかりにくいようです。着脱もワンタッチで簡単に行えます。

3位

迷子札カラー 猫のイラスト 名入れ 目立つPOPでカラフルなお洒落な迷子札で毎日が楽しくなる!

迷子札カラー 猫のイラスト 名入れ 目立つPOPでカラフルなお洒落な迷子札で毎日が楽しくなる!

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 918

39種類の可愛らしい猫のイラストが可愛らしいチャーム型の猫用迷子札です。キーリングは錆びにくいステンレス製で、ダブルリングとなるなので首輪から外れにくくなっています。

チャームの色は5種類、サイズは2種類から選べます。他にはないオリジナリティの高い迷子札が欲しいと思う方におすすめします。愛猫がペンダントをつけているようで、見ていて楽しめる商品です。

2位

迷子札 肉球 シルエット入 ネコ 猫ちゃん用 極小タイプ ネーム プレート ステンレスサークルSS

迷子札 肉球 シルエット入 ネコ 猫ちゃん用 極小タイプ ネーム プレート ステンレスサークルSS

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

刻印する名前の周囲に肉球のシルエットが入ったスタイリッシュな雰囲気の猫用迷子札です。シンプルにおしゃれな商品を探している方におすすめです。

プレートのサイズは1円玉よりも小さな、15mm×18mm×厚さ1.2mmとなります。名前と連絡先のフォントは丸ゴシックなので、可愛らしい雰囲気を楽しむことができます。

1位

愛猫用のオリジナル迷子札 オーダーメイドのサークルミニ

愛猫用のオリジナル迷子札 オーダーメイドのサークルミニ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

真鍮製のおしゃれなプレート型猫用迷い札のミニサイズです。大きさは17mm×20mm×厚さ1.5mm、重さは2gほどです。猫におしゃれなアクセサリーをつけたいと考えている方にもおすすめできます。

刻印される猫のシルエットは48種類用意されています。カラーはシルバーとゴールド、ブラックのスタイリッシュな3種類となります。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

猫用迷子札の効果的な使い方

効果的

猫用迷子札は、猫に付ければ終わりというわけではありません。商品によっては次第に劣化しますし、名前などが読みにくくなる場合もあります。

そこで普段の手入れやチェックの方法をご紹介します。せっかくお気に入りの迷子札を購入しても、いざ猫が外で迷子になってしまった時に役に立たなければ意味がありません。ぜひ参考にしていただければと思います。

基本的には常に猫に付けておく

室内にいる猫に首輪をつけておく必要があるのかと思う人もいますが、何かの拍子に外へ飛び出してしまうのが猫の習性です。そのまま帰ってこないというケースも多いので、猫用迷子札は常に付けておくことが必要です。

首輪型は猫の成長に合わせて長さを変える

チャーム型の猫用迷子札はすでに付けている首輪に取り付けるのでよいのですが、首輪型は猫の成長に合わせる必要があります。首周りも太くなるので、いつまでも同じものを付けていると首に食い込むようになります。目安としては、人間の指が2~3本入るくらいのスペースが空いているようにします。

特に子猫の頃は成長が早いので、サイズを変えられるものを選ぶかサイズを大きくすることが大事です。気がつくと首輪で締め付けられているというようなことが無いように、まめにチェックしてあげましょう。

すぐにサイズが小さくなるからと、あまりに長いものを付けてしまうと口にくわえてしまうことがあります。そのまま首輪から口が外れなくなってしまうことがあるので、きちんと適正な長さのものを付けてあげましょう。

首輪型はまめに洗って清潔にすること

また首輪型の猫用迷子札は汚れやすいので、まめに洗ってあげることも大事です、汚れたままにしておくと不潔ですし病気の原因にもつながります。

チャーム型は可動部などをまめにチェックすること

チャーム型は首輪に取り付ける部分や、取り付けリングなどが劣化していないかどうかをまめにチェックすることが大事です。気がつくとチャームが無くなっているというケースがあります。この場合、外で落としてきたのか、あるいは猫が飲み込んでしまったのか分かりません。

少しでもぐらつきなどを確認したら、すぐに新しいものに交換するようにしましょう。外を出歩くことが多い猫なら雨に濡れることも多いものです。錆びが発生していないかどうかも確認しておきましょう。

まとめ

猫用迷子札はまず第一に、いかに目立つかを考慮して選ぶ必要があることが分かります。また猫の性格などに応じて、ストレスを感じないようなタイプのものを選んであげる必要があります。

さらに劣化などに注意して、名前が読みにくくなっていないかなどチェックすることが大事です。必要があれば早めに新品に交換してあげましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック

グッディの人気記事 10選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.