1. グッディ∞
  2. 生活雑貨バナナスタンドおすすめ比較ランキング!ヘッドホンかけにも人気?

2018/02/15更新

バナナスタンドおすすめ比較ランキング!ヘッドホンかけにも人気?【2018年】

バナナ

バナナを美味しく長く保存できるバナナスタンドは、見た目にもお洒落なものです。キッチンインテリアとしても選ぶ楽しさがあります。けれどもバナナ以外にも様々な活用方法があることで、どのような商品を選べばよいのか迷ってしまいます。

そこで今回はこのバナナスタンドの選び方をご紹介します。用途に応じて最適なものを選ぶことができるように、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

バナナスタンドの選び方

スマホで検索

バナナを直置きするよりも長もちさせるバナナスタンドは材質や形状、サイズなど選択肢が多くあります。基本的な使い方は同じですが、微妙に使い勝手が異なるので選び方にも注意が必要です。

バナナ以外にも使用するのであれば、さらに形状に関してはチェックしておきたいことが色々とあります。そのポイントをご紹介しますので、これから購入を考えている方は参考にしていただければと思います。

安定性をチェックすること

バナナスタンドは何本か房についたままで吊るすことになります。そのためにある程度の重量には耐えられる設計になっています。

ただし材質などによってはバランスが崩れることもあるので、使い勝手と共に安定性をチェックしておくと良いでしょう。ワイヤー型のものは重くなるとしなるので、重心がずれてきます。口コミなどをチェックして、どの程度の重量に耐えることができるかを調べると良いかもしれません。

またバナナ以外に使用するのであれば、さらに高い耐荷重が必要になります。ヘッドホンを吊り下げる人も多いのですが、その重みに耐えることができるかどうか、倒れることがないかをチェックしておきましょう。

高さが十分にあるかどうかを確認すること

バナナにも色んなサイズがあるので、最も大きなサイズでも吊るした時に下につかないかどうか高さを確認しておきましょう。

ヘッドホンを吊るす場合には、手持ちのヘッドホンのサイズを測って確認する必要があります。他にもフォトフレームやキャンドルを下げるなど用途に応じて高さが確保できるかをチェックすることが大切です。

キャンドルを吊るす場合には耐熱性もチェックを

バナナスタンドは吊るすという行為ができるものであれば、色んな使い道があります。その中でアロマなどのキャンドルを吊るす場合には、耐熱性にも注意が必要です。金属製のフレームに熱が伝わり、土台にもその熱が伝わるので土台にも注意しましょう。

ヘッドホンを吊るす場合には癖がつかない形状のものを

ヘッドホンを吊るす場合、バナナスタンドがワイヤー状となると吊り下げる部分に癖がつくことがあります。そこで吊り下げ部分にある程度の厚みがあるものを選ぶと良いかもしれません。

あるいは下にぎりぎり接地するサイズであれば、吊り下げ部分の負荷が軽減されます。

耐久性のある構造かどうかを確認する

バナナスタンドは土台とフレーム部分とが接続されています。例えば土台が木でフレームがアイアンである場合、その接続部分がどのように処理されているのかを確認する必要があります。長く使用しているうちに、接続部分が外れてしまうことがないような商品を選ぶことが大事です。

重量のあるバナナを吊るしているうちに、この接続部分に負荷がかかってきます。そのうちに折れてしまうことがないかどうか、口コミなどをチェックして調べてみると良いでしょう。

最も丈夫なのはステンレスの一枚板を打ち抜いて加工したような商品です。継ぎ目がないので、折れるような心配がありません。

デザイン性にもこだわりを

注意点をいくつか挙げましたが、それらをクリアした上で好みのデザインを選ぶと良いでしょう。細いワイヤー型はシンプルなシルエットがスタイリッシュです。土台に天然木を
使っているようなタイプはナチュラルテイストのインテリアが好きな方におすすめです。

あるいはオールステンレスとなると上質な雰囲気を感じさせます。素材によって雰囲気はかなり変わりますし、インテリアの好みによってもどれを選ぶかが変わります。

基本的にはキッチンやダイニングなどのインテリアにマッチしたデザインを選ぶことになります。シンプルな形状かアジアンテイストを感じるものかなど、テーマを決めると素材やデザインを選びやすくなります。

土台はテーブルを傷つけないものを

バナナスタンドは商品によっては土台と本体を組み立てるものがあります。この場合、取り付けのネジなどが底面にあると、その頭でテーブルを傷つけてしまうことがあります。

必ず底面が平らになっているか、あるいはフェルトなどによって傷つきにくくなっているものを選びましょう。

組み立て式のものは耐久性もチェックすること

土台と本体を自分でつなげる組み立て式のものは、その耐久性もチェックすることが大切です。実際に使用している人の口コミを見ると参考になります。
バナナスタンドは割と重いバナナを吊り下げているので、その負荷によって接続部分に負担がかかるようになります。

長く使用してもぐらついたりしないようなものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

バナナスタンド人気おすすめ商品TOP10

販売されるバナナスタンドは実に種類が豊富ですが、人気のある商品をランキング形式でご紹介します。それぞれに個性がありフォルムも違うので、気に入るものが見つかるのではないかと思います。

バナナ以外にどのような用途に活用するのかを想像しながら、部屋のインテリアにうまく溶け込むようなものを探してみてはいかがでしょうか。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

バナナスタンド ワイヤー アイボリー 約16.5×16.5×30cm 55-92IV

バナナスタンド ワイヤー アイボリー 約16.5×16.5×30cm 55-92IV

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 752

シンプルでありながらもお洒落なワイヤー製バナナスタンドです。サイズは16.5cm×16.5cm×高さ30cmとなります。色はナチュラルなアイボリーなので、どのようなインテリアにも合います。

バナナの黄色との相性も良いカラーなので、お洒落に保存しておくことができます。どんなデザインにしようか迷っている方なら、とりあえず選んでみても間違いはないでしょう。

9位

山崎実業 バナナスタンド トスカ ホワイト 2411

山崎実業 バナナスタンド トスカ ホワイト 2411

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,728

木の本体にスチールの組み合わせという、珍しいデザインのバナナスタンドです。インテリア雑貨の専門メーカーによるお洒落な商品となります。サイズは13cm×13cm×高さ28cm、重さは200gとなっています。

ナチュラルな雰囲気を醸し出すので、家のインテリアが北欧調のご家庭にも向いているのではないでしょうか。バナナ以外にもリースなどの雑貨をディスプレイしても良いかもしれません。

8位

バナナスタンド ネコ AAIS-855

バナナスタンド ネコ AAIS-855

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 918

猫の可愛い飾りが取り付けられているお洒落なバナナスタンドです。材質はスチール、サイズは16cm×16cm×高さ32cmで重さ200gとなります。土台とフックの接続部分は溶接された造りとなっています。猫好きな方にもおすすめの商品です。

細身なデザインですが、バナナ5~6本くらいは吊るすことが可能です。観葉植物のミニテラリウムなどを吊るすこともできそうです。

7位

CASUAL PRODUCT ワイヤー バナナスタンド 064739

CASUAL PRODUCT ワイヤー バナナスタンド 064739

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 982

錆びに強いステンレス製のワイヤー型バナナスタンドです。サイズは幅18.3cm×奥行13cm×高さ28.8cmと土台に余裕があるので安定性も抜群です。非常にシンプルなデザインなので、どのようなインテリアにもマッチします。

バナナはもちろんのことヘッドホンを吊るしたり、あるいはアロマキャンドルを吊り下げてみてもお洒落に演出することができそうです。

6位

バナナスタンド バナナツリー バナナハンガー フルーツスタンド バナナホルダー 果物スタンド バナナフック

バナナスタンド バナナツリー バナナハンガー フルーツスタンド バナナホルダー 果物スタンド バナナフック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,728

まるで木の小枝を連想させるようなお洒落なデザインのバナナスタンドです。クロムメッキされたザマック金属が上品な質感を感じさせます。スタイリッシュなキッチン雑貨が好きな人に向いているのではないでしょうか。

サイズは幅16.5cm×奥行9.5cm×高さ28cmです。重さ600gとどっしりとした重量なので、かなりの重さにも耐えることができそうな商品です。

5位

チャバツリー バナナ ハンガー KA003

チャバツリー バナナ ハンガー KA003

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,554

木目が優しいナチュラルテイストのバナナスタンドです。自然が創り上げる造形美というものに魅せられるような方にもおすすめです。サイズは13.5×17.5×高さ24.6cmとなります。

材料はオーク材で、表面は植物オイルとミネラルオイルで塗装されています。金属ワイヤーとは異なり、ヘッドホンを吊り下げるのにも癖が付きにくいので良いかもしれません。

4位

[cross] バナナスタンド 折りたたみ バナナツリー バナナハンガー バナナホルダー (ステンレスバナナスタンド)

[cross] バナナスタンド 折りたたみ バナナツリー バナナハンガー バナナホルダー (ステンレスバナナスタンド)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 880

ステンレス素材が高級感を感じさせる、デザイン性の高いバナナスタンドです。お洒落に、まるでオブジェのようにバナナを吊るしておくことができます。錆びにも強いので長く使用することができます。

美しいフォルムなのでバナナだけを吊るすのはもったいないものです。ヘッドホンや雑貨などを吊るしておいても絵になります。インテリアグッズのひとつとして活用できるのではないでしょうか。

3位

SALUS デイリー バナナツリー

SALUS デイリー バナナツリー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 890

太さのあるステンレスの丈夫なバナナスタンドです。サイズも直径13.5cm×高さ26.5cmとかなり大きなタイプです。バランスも良いので、かなりの重量を吊るしても安定します。

引っ掛ける部分もそれほど狭くないので、ヘッドホンを吊るすのにも向いています。他にもアクセサリーをかけておいたり、雑貨などをディスプレイするのに役立てることができるでしょう。

2位

不二貿易 木製 バナナツリー ボヌール キッチン雑貨シリーズ ナチュラル 94379

不二貿易 木製 バナナツリー ボヌール キッチン雑貨シリーズ ナチュラル 94379

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 900

温かみを感じさせる天然木を使ったバナナスタンドです。サイズは14cm×17cm×高さ29.5cmとなります。土台部分は自分で組み立てるようになっています。

見た目にも高級感があるので、インテリアにこだわる方にもおすすめできます。ヘッドホンも形状によっては無理なく吊ることができます。さらにキッチン用品を吊り下げたり、色々と活用方法を考えることができそうです。

1位

不二貿易 ワイヤー&木製バナナツリー キッチン雑貨シリーズ 天然木 ナチュラル 75713

不二貿易 ワイヤー&木製バナナツリー キッチン雑貨シリーズ 天然木 ナチュラル 75713

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,200

土台がラバーウッド、本体はクロムメッキのスチール製となるバナナスタンドです。サイズは幅14.5cm×奥行14.5cm×高さ31.5cmとなります。土台の裏にはフェルトがついているので、テーブルを傷つけにくくなっています。

天然木の優しい雰囲気がキッチンに合いそうなデザインです。高さも十分にあるので、ヘッドホンをかけておくのにも申し分ありません。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

バナナスタンドの効果的な使い方

効果的

バナナスタンドはバナナを吊るす以外にも色んな活用方法がありますし、人によって色々と工夫して楽しんでいます。そこで役立つ活用方法をいくつかご紹介します。

シンプルな形状なので手入れもさほど難しいものではありませんが、大抵は金属製なので錆びないように適度にメンテナンスをすることも大切です。お気に入りのデザインのバナナスタンドを長く愛用できるように、参考にしていただければと思います。

ヘッドホンを吊るす際のポイントと注意点

ヘッドホンを吊るすためにバナナスタンドを使用する人は多いものです。けれども注意をしなければ、ヘッドホンを傷めることになるのでポイントをご紹介します。

多くのバナナスタンドはスチール製となっています。中にはステンレス製のものもありますが、細いワイヤー状のものでバナナを引っ掛けるようになっているわけです。

そのバナナを引っ掛ける部分が狭いと、ヘッドホンを吊るす場合にきちんと収まらずにヘリの部分だけが当たるような形となります。このまま長時間吊るしておくと、スチールの跡が残って癖がついてしまいます。

このスタンドのスチールはかなり固いので、ペンチなどで幅を広げようとしてもなかなか変形させることはできません。そこで柔らかな布やフェルトなどを巻いて、ヘッドホンが変形しないようにすると良いでしょう。

フォトフレームを吊り下げて写真を飾る

バナナスタンドは色んなものを吊り下げることができますが、フォトフレームを吊り下げることで写真を飾ることもできます。単にフォトフレームをテーブルなどに立てておくよりも、お洒落に演出することができます。

高さの異なるバナナスタンドと形の違うフォトフレームを組み合わせていくつか並べておくと、写真の高さも変わり変化をつけることができます。これで写真も立派なインテリアとして飾ることができるようになります。

夏は蚊取り線香を吊り下げてみる

夏の風物詩のひとつである蚊取り線香を、バナナスタンドに吊り下げてみましょう。まるで火時計のように見て楽しむことができます。

下に落ちてくる灰を受ける受け皿も置いておくようにしましょう。

2つ用意してポールでつなげる

バナナスタンドは単体で使うのではなく、2つ同じ商品を用意すれば吊るす部分にポールを通すことができます。ここに色んなものを吊り下げることができるようになります。

例えばふきんをちょっと乾かしておいたり、あるいは調理器具をいくつも吊り下げておくといったこともできます。バナナスタンドはキッチン雑貨としてのデザイン性も高いので、無機質な収納グッズよりもお洒落に使うことができます。

スチール製のバナナスタンドは錆びに注意を

スチール製のワイヤータイプとなるバナナスタンドは、錆びに注意して扱う必要があります。メッキ加工していても、傷がついたりすることで錆びが発生することがあります。

普段は乾いた布で汚れを拭き取っておくことが大事です。キッチンは湿気もあるので、ホコリなどが付着したままになると水分を含んで錆びる原因になります。

ワイヤータイプのバナナスタンドは、溶接部分など狭いところが拭きにくいので、柔らかな歯ブラシなどで汚れを掻き出すと良いでしょう。またバナナを吊るす部分も熟した部分から水分が付着するので、よく拭いておくことが大事です。

まとめ

バナナスタンドはインテリア性もあり使い勝手も良い商品です。そこでどのように活用するのかに応じて、最適なものを選びたいものです。

キッチンやダイニングのインテリアにうまくマッチするものを選べば、まるでひとつのオブジェのように楽しむことができます。どのような使い方ができるのかも知っておくと、さらに楽しみが広がるでしょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.