1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの窓用防犯ブザー比較ランキング!人気で大音量なのは?

2018/03/03更新

おすすめの窓用防犯ブザー比較ランキング!人気で大音量なのは?【2018年】

家 街並み

空き巣の被害のおよそ6割が窓ガラスを破って侵入するものだと言われています。玄関や勝手口から客を装って侵入する手口よりも窓から侵入する犯罪の割合ははるかに高く、自宅の防犯性を高めるためには窓からの侵入を予防することが重要なポイントの一つになります。

窓からの侵入による空き巣被害などを予防するために効果が期待されるのが窓用防犯ブザーを設置することです。

自分で手軽に設置できる比較的低価格で手に入る製品も多く、どれを選べばよいか迷ってしまう人は多いのですが、本ページではそんな時に役に立つ窓用防犯ブザーに関する様々な情報をお届けします。

スポンサーリンク

窓用防犯ブザーの選び方

自宅の窓の防犯効果を高めるために使い易い防犯ブザーを選ぶ際に、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

窓のタイプに合わせて検知方式を選ぶ

窓は空き巣の侵入経路として最も利用されやすい場所です。玄関や勝手口から堂々と侵入する手口もありますが、圧倒的に多いのが窓からの侵入だと言われます。そこで家の防犯対策に選ばれているのが窓用防犯ブザーです。

住宅の窓には開閉方式が大きく分けて横引き窓と開き窓の2種類があります。窓を横に引くことで開閉するタイプの横引き窓は、窓用防犯ブザーを選ぶ際に本体と子機の距離が離れた瞬間に警報音が鳴る開放検知型のものが効果的です。マグネット式で子機と本体とが数センチ離れただけですぐに警告音が出るしくみになっている為、横引きの窓が開閉を即座に検知します。

一方、開き戸タイプの窓の場合は窓ガラスに強い衝撃があった場合などに振動を検知することで警報音を発生させる衝撃検知タイプが向いています。衝撃検知タイプのものは多くが日常生活の中で起こりうる天候などによる振動には反応せず、検知するのはガラスに対して明らかに日常的ではありえ無い衝撃が加えられた時だけなので、普段の刺激で誤報が頻繁に起こる心配は少ないと言われています。

そして開放検知型にさらに衝撃検知機能も搭載された機能を持つ防犯ブザーならよりに安心ですが、その分価格はやや高くなり親機と子機と設置する必要があるので横引きタイプの窓への設置に適しています。横引きタイプの窓の防犯性能をさらに高めたいときには開放検知型を選ぶのがおすすめです。

音量の大きさで選ぶ

防犯ブザーさえ設置していれば侵入犯などを確実に予防できると言うものではないのですが、空き巣被害を未然に防ぐための抑止力としての効果は期待できます。空き巣の手口で最も高確率な侵入経路と言われている窓の防犯を高めるための窓用防犯ブザーは、侵入犯が窓を開けたとたんに警報音が鳴り響く仕組みになっているものがほとんどです。

窓自体を開きにくくしたりガラスを破りにくいものにしたりするのはもちろん大切な事なのですが、プロの手にかかれば普通の戸締り用のカギなどあってないようなものだとも言われます。

簡単に窓を開ける事が出来たとしても、その時に警報音が鳴り響くことで侵入犯をひるませるのが窓用防犯ブザーの目的です。その為防犯ブザーを選ぶ際には音量の大きさも重要なポイントになります。

防犯ブザーにもさまざまなタイプがありますが、選ぶときに警報音の音量がどれくらいなのかを確認して選ぶのがおすすめです。一般的な防犯ブザーの音量は70dB から110dB位のものが多いのですが、設置する家の広さによっても必要な音量が変わってきます。

アパートの部屋に設置するなら、自分が部屋にいる時なら音量が小さなものでも十分ですが、一戸建ての住宅でせっかく家に住人がいるのに他の部屋の窓からの侵入犯に気が付かずに犯行を許してしまうようなことのないように、離れた部屋からも聞こえるように大音量のものを選ぶ必要があります。

ただし、最も重要な留守にする際の防犯性を考えれば、侵入犯が犯行に移る際に威嚇する効果を狙う為には大音量の警報アラームを鳴らす方が効果的です。約110dBの音量の場合、イメージとしては2メートルほど離れた場所で聞く車のクラクションの音と同程度と言われるため、窓から侵入しようとした瞬間にこれだけの警報音が鳴り続ければ、犯行の手を一時的にでも止めさせる効果は期待できます。

視覚的な防犯効果を狙って選ぶ

現在市販されている窓用防犯ブザーは両面テープなどを使用して手軽に張り付けられるタイプのものが多くあります。本体を窓ガラスに室内から取り付ける際に裏面に警戒中や進入禁止などの大きな文字が書かれているものが少なくありません。

セキュリティ対策をしていることを視覚的にアピールすることが目的なので、ステッカーに書かれた文字は一目で警戒中であることがわかるように大きく目立つ書き方をしてあるものの方がより効果的です。

切り替えが簡単なものを選ぶ

留守の際に窓からの空き巣の侵入を許さないためにも窓用防犯ブザーは是非活用したいアイテムなのですが、本体には日常生活の中で自分たちが窓を開け閉めする際にうっかり大音量の警報音が鳴ってしまわないように警戒解除ができるスイッチがついています。

ただし、その切り替えが簡単にできないようなタイプだと日常的にしょっちゅう誤報で大きな音がする事が不快で、せっかくの防犯ブザーなのに常に切っておくことになってしまいかねません。現在解除中なのか警戒中なのかがわかりやすく切り替え作業も簡単にできる扱いやすいスイッチのものを選ぶことも重要なポイントです。

スポンサーリンク

窓用防犯ブザー人気おすすめ商品TOP15 

窓の防犯性を高める窓用防犯ブザーを、人気の高いものを中心にランキング形式でご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

15位

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃検知 ブラウン ASA-S11(BR)

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃検知 ブラウン ASA-S11(BR)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,264

本体の厚みがわずか8mmしかない薄型のウインドウアラームです。面倒な配線なども不要で簡単に両面テープを使って必要な場所に設置できます。窓ガラスに衝撃が加わったときやガラスの破壊を検知すると大音量のアラームが25秒間にわたって鳴り続け、犯罪を抑止する効果が期待できます。

ガラスが割れる時の衝撃だけに反応し、窓の開閉や天候による振動などには反応しない精度の高い衝撃検知方式を採用しています。価格もリーズナブルで、本体裏側の警報サインも視覚的な効果が期待できるデザインになっています。

現在警戒中なのか解除中なのかが一目でわかる大きなスライド式スイッチなので、家族の誰もが使い易く操作が簡単にできます。

14位

ドア・窓が開くとその場で鳴る★ドア窓チャイム2台(2色)/セット

ドア・窓が開くとその場で鳴る★ドア窓チャイム2台(2色)/セット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,480

マグネットセンサーによってドアや窓が開けられたのを感知してチャイムやアラーム音を発生します。16種類の音の中からアラーム音を選べるようになっており、在宅時には来客の感知の為に、家を留守にする際には防犯アラームの役割を担います。

来客感知に便利な一回だけモードと、閉め忘れを防止するための鳴り続けモードとがあり、音を選ぶ際にも来客などには曲が鳴るように、ドアや窓からの侵入者の感知にはサイレンが鳴るように設定するなど、必要に応じて使い分ける事が出来ます。

曲は全部で13種類、サイレンは3種類あります。設置にあたっては両面テープを使って簡単に取り付け出来て、電池の寿命は約6か月です。

13位

ドア・窓センサー REV60

ドア・窓センサー REV60

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,418

マグネットセンサーでドアや窓が開いたのを感知して離れた場所にある受信機に連絡してくれる窓センサーです。雨などにぬれても安心の防雨型のセンサーなので屋外への設置にも対応しており、さらに浴室などにも使用できます。

電波到達距離は屋外見通しで約200メートルあり、中継機(REV2000)を使えばさらに遠くまで電波を飛ばすことができて、デジタルID方式なので混信する心配もありません。

設定にあたっては即時と遅延の2種類のモードに切り替える事が出来ます。センサーが反応して、すぐに知らせるモードと、自分や家族などが出入りするときには遅延モードなどのように、必要に応じて切り替えて便利に使い分ける事が出来ます。電池の寿命は一日10回程度使用した場合で約1年間です。

12位

PLUSCOME 薄型ウインドウアラーム 開放検知 磁気センサー アラーム 警報 窓/ドア等 大音量 90dbアラーム 家庭防犯 盗難防止 不審者対策 ホワイト

PLUSCOME 薄型ウインドウアラーム 開放検知 磁気センサー アラーム 警報 窓/ドア等 大音量 90dbアラーム 家庭防犯 盗難防止 不審者対策 ホワイト

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 450

窓ガラスやドアの開放などを検知すると約90dB/50cmの大音量のアラームが鳴り続けます。窓やドアを閉めるか本体のスイッチを切ると途中でアラームを停止することができます。

本体は電池式になっており裏側の両面接着テープで好きなところに簡単に設置することができます。本体とセンサーを並べて隙間なく設置しておき、本体からセンサーが0.8cmほど離れると警報音を発する仕組みです。

そのため窓やドアなどを元通りに閉めるか本体のスイッチを切るまでアラームが鳴り続ける事になるので、空き巣などの防犯対策に効果が期待できます。単四電池2本を使用しますが、警報音が弱くなったり鳴らなくなったりしたら電池の消耗の可能性もあるので電池の交換が必要になります。

11位

Panasonic 窓用心(補助錠付)(ブラウン) EC950AP EC950AP

Panasonic 窓用心(補助錠付)(ブラウン) EC950AP EC950AP

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,135

窓を開けようとすると警報音を発することで異常を警告する補助錠つきの防犯ブザーです。音停止ボタンを押して止めるまで、およそ70dBの音量で警報音を発し続けます。ただし、音停止ボタンを押さなくても約1分間経過すれば自動的に警報音は停止します。

さらに補助錠がついているので窓が開くのを防止する機能もありながら、例えば室内の換気をするために少しだけ窓を開けた状態で使用することもできます。侵入者があった時に大きな音を発することで警告してくれ、設置にあたっては配線も不要で簡単に取り付ける事が出来て大変便利です。

機能面が充実していながら手軽に誰にでも簡単に取り付け出来てしかも価格もお手頃なので、自宅を空き巣被害などから守るための防犯対策におすすめの製品です。

10位

Panasonic 窓用心(マグネット付)(ブラウン) EC951AP EC951AP

Panasonic 窓用心(マグネット付)(ブラウン) EC951AP EC951AP

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,700

窓を開けようとするとおよそ70dBの警報音で警告する引き違い窓2枚を1台で警戒できる窓用防犯ブザーです。窓に貼り付けた時に外側から見える部分に警戒中の文字が記されているので侵入者に対する視覚的な予防効果も期待できます。

窓が開くと電源スイッチを切るまで連続的に警報音が鳴動し続けます。設置にあたっては大掛かりな工事は不要で、単四電池2本で面倒な配線工事も必要なく設置することができます。本体のサイズは 高さが14.8㎝、幅が2. ㎝6、奥行が2.2㎝の小型サイズなので、邪魔にならず手軽に取り付ける事が出来ます。

9位

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃検知 パールホワイト ASA-S11(PW)

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃検知 パールホワイト ASA-S11(PW)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 982

コイン型リチウム電池を使用した衝撃検知式のウィンドウアラームです。窓に設置することで窓ガラスに対して衝撃や破壊があった時に即座に検知して約90dB/50cmの大音量の警報音を25秒間鳴らしつづける事で、犯罪の予防効果が期待できる製品です。

わずか8ミリメートルの厚さでほとんどの窓の開閉に支障をきたすことなく設置できます。衝撃の検知に際してはガラスを破壊したり強い衝撃があった時だけ検知するため、通常の生活や暴風雨などの振動で誤作動する心配はありません。

電池の寿命は使用状況によって異なりますが、一日1回約3秒間のテスト鳴動の場合約1年間持ちます。アラーム本体の裏側の窓の外から見える部分には警報サインの図柄を採用しているので、侵入者に対する視覚的な犯罪抑止効果が期待できます。

8位

スポット人感チャイム GC250

スポット人感チャイム GC250

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,227

12~20度、最大で80度の範囲に人が侵入すると、その場でチャイムや警告音を発してくれる人感チャイムです。感知範囲が狭いので、ピンポイントで確実に感知して狙った場所をしっかりと監視できます。

人体から出る赤外線の動きを監視する仕組みで、一般的な赤外線センサーよりも誤作動が少なく確実に感知することができます。防犯のためには窓の直下を監視するなどの設定が有効で、その他にも特定エリアだけを感知して、車やバイクを監視することも可能です。

音量の可変範囲は55~90dB/1mで、センサー感知範囲は12度×(20~80度)×3mです。センサーは180度×360度自由に方向調整できるので、取り付けたままで自由に監視する方向を調整することができます。

7位

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知 パールホワイト 2個入 ASA-W13-2P(PW)

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知 パールホワイト 2個入 ASA-W13-2P(PW)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,450

窓に取り付ける事で窓ガラスの破壊や衝撃などがあった際に検知して大音量の警報音を鳴らして警告する窓用の防犯アラームです。本体の厚さがおよそ8ミリメートルなので、ほとんどの窓には設置しても開閉に支障をきたす心配がありません。

大きくて操作しやすいスライド式スイッチになっており、警戒中か解除中かが一目でわかり使い易いです。ガラスの破壊や衝撃以外の振動で誤作動する心配がなく、必要なところに両面テープを使って貼るだけで簡単に設置できます。複数の窓に設置できるパールホワイトカラーの2個セットです。

6位

防犯センサー 1P 2102

防犯センサー 1P 2102

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 788

ドアや窓があいたら瞬時に警告音が鳴って知らせてくれる防犯センサーです。侵入者があった際には約90デシベル/mの大音量で撃退してくれるので、出かけていて家を留守にする時も家にいる時もどちらも安心して使用できます。

本体のサイズは6.2×3.1×2.5cm、センサーのサイズは5.5×1.2×0.9cmで、設置にあたっては面倒な配線工事なども不要で、両面テープを使って貼るだけで簡単に取り付けができます。電源はLR441.5Vボタン電池 を3個使用します。

5位

ドア・窓チャイム 【選べる16種類の音・音量調整】 ブラウン HSA-M4B

ドア・窓チャイム 【選べる16種類の音・音量調整】 ブラウン HSA-M4B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,598

ドアや窓が開くとその場ですぐに警報音を発する防犯チャイムです。普段は来客の感知に使用し、不在時には防犯アラームの役割をしてくれます。警報音は音量調整が可能で16種類の中から選んで設定することができ、曲とサイレンを使い分ける事が出来ます。

日常的に家族の出入りの確認や来客の感知には曲が流れるように設定し、窓の防犯やドアの防犯目的にはサイレンが鳴るように設定することもできます。繰り返しモードにすれば電池が切れるまでサイレンが鳴り続けるように設定もできるので、侵入犯の犯行を未然に防ぐ効果が期待されます。両面テープを使ってどこにでも誰でも簡単に設置できます。

4位

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知 ブラウン 2個入 ASA-W13-2P(BR)

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知 ブラウン 2個入 ASA-W13-2P(BR)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,641

衝撃検知とマグネット検知で、空き巣などが窓からの侵入する時の衝撃や開放を検知して警報音を発生させるウィンドウアラームです。衝撃検知はガラスの破壊や衝撃の実を検知し、通常の振動などによる誤作動の心配はありません。

約90dB/50cmの大音量の警報音で侵入犯の犯行を予防する効果が期待できる薄型のアラームです。本体のサイズは高さが約93mmm、幅が約33mm、奥行きが8mmで、マグネットサイズは高さが約32mm、幅が約11mm、奥行きが約9mmのスリムでコンパクトな製品で、ほとんどの窓で開閉に支障をきたすことなく設置できます。

大きくて操作のしやすいスライドスイッチで警戒中と解除中が一目でわかるようになっており、付属の両面テープで貼るだけで簡単に設置できます。窓のカラーに合わせられるブラウンの2個入りです。

3位

ドア窓チャイムセット X830

ドア窓チャイムセット X830

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,042

ドアや窓が開くと受信機へと送信するドア窓センサーと受信チャイムのセットです。マグネットと磁気センサーが離れると送信する仕組みになっています。256通りのIDコードにより使用時の混信の心配はほとんどありません。

送信機と受信機は何台でも増設することができます。チャイム、メロディー、サイレンを含む16種類の中から選んで設定することができ、送信機ごとに選択することも可能です。送信機は防滴仕様になっているため屋外への設置はもちろん可能だし、浴室などへの設置にも対応できます。

電池式なので電源を気にせずにどこにでも設置できます。電波到達距離の目安は屋外見通し/最大100m、屋内見通し/最大50mです。

2位

ELPA 薄型ウインドウアラーム 開放検知 パールホワイト 2個入 ASA-M12-2P(PW)

ELPA 薄型ウインドウアラーム 開放検知 パールホワイト 2個入 ASA-M12-2P(PW)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,250

薄型アラーム開放検知器のパールホワイト2個入りセットです。厚さがわずか8mmで、どんなタイプの窓に設置しても邪魔になる心配なくスムーズに使用できます。精度の高い衝撃検知開放検知式のアラームで、窓への衝撃と開放時に警報音を発生させます。

開放検知機能は窓に取り付けたマグネットと本体が8mm以上離れるとアラームが鳴り続ける仕組みになっており、通常の生活時にはスライド式のスイッチを切る事でアラームを停止できます。

アラームは約90dB/50cmが25秒間鳴り続ける仕組みで、現在が警戒中か解除中かが一目でわかる大きくて使い易いスライドスイッチになっています。両面テープで窓などに貼るだけで簡単に誰にでも設置できて、本体の裏面には防犯警報サインシールが付いています。

1位

ドア・窓チャイム 【選べる16種類の音・音量調整】 ホワイト HSA-M4W

ドア・窓チャイム 【選べる16種類の音・音量調整】 ホワイト HSA-M4W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,036

ドアや窓に設置することで開くとすぐにチャイムが鳴ります。店舗などの来客確認に使用するほか窓の防犯には大音量のサイレンが鳴るように設定できます。16種類の音の中から適した曲やサイレンなどを選ぶことができ、音量を調整することもできます。

さらにアラームが鳴る回数の切り替えも可能なので、例えば曲で繰り返しに設定しておけばドアが閉まるまで曲が鳴り続けたり、電池が切れるまでサイレンを鳴らしつづけることができます。

単4アルカリ電池を2本使用し、一日10回動作で電池寿命は約6か月間です。音量を最大にして連続で鳴らしつづけた場合、約8時間持続します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

窓用防犯ブザーの効果的な使い方

ガラス

留守にすることの多い家庭では空き巣被害などに対する対策は今や必須です。最近は比較的リーズナブルな価格で取り付けも誰でも簡単にできて配線工事の不要な電池式の窓用防犯ブザーも数多く市販されるようになり、手軽に自分でできる防犯対策として人気が高まっています。

ただし市販されている窓用防犯ブザーの中にはかなり安価なものもありますが、頻繁に開け閉めするようなところに使うと接着力が低下して外れてしまう事もあるので、選ぶ際には重さや形状などもしっかり考慮して選ぶようにしましょう。

防犯ブザーを窓に設置した場合、侵入犯が窓に衝撃を与えたり窓を開閉した行為を検知すると警報音を発して侵入者を威嚇する効果があるのですが、相手もプロでアラーム音に動じることなく瞬時に警報音を停止させることは十分に考えられます。

そのため窓用防犯ブザーを設置したから窓からの空き巣の侵入に対しての備えは万全だなどと安易に考えるのは大きな間違いで、防犯対策には常に様々な意識を持っておくことが求められます。

たとえば侵入者を検知したときにはどのように対処するかなど、いざというときの対処方法を日ごろから家族で検討しておくなど、自分でできる備えはしっかりしておくようにしましょう。

まとめ

専門家ではなくても手ごろな価格で誰でも簡単に設置できる窓用防犯ブザーが人気です。自分でできる空き巣被害などの防犯対策としてはもちろん有効なのですが、あくまでも犯人を一時的に威嚇するためのもので、残念ながら空き巣などの犯行を完全に防げるものではありません。

窓用の防犯ブザーを設置すると同時にその他にもできる防犯対策はないか、日ごろから家族で話し合い防犯意識を高めておくようにしましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->