1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのウォータードリッパー人気比較ランキング

2018/03/02更新

おすすめのウォータードリッパー人気比較ランキング【2018年】

ウォータードリッパー コーヒー

アイスコーヒー用のウォータードリッパーという道具がありますが、なんだかおしゃれで憧れますよね。しかし、持っている人が多い製品でもないため、どうやって選べば良いのか難しい製品でもあります。

ウォータードリッパーは、サーバーの形やサイズ、素材、フタの有無をはじめ、業務用か家庭用か、抽出時間、デザイン、値段といった部分に注目しながら選びましょう。今回は、ウォータードリッパーの選び方からおすすめの商品を9個、さらには効果的な使い方もご紹介します。

スポンサーリンク

ウォータードリッパーの選び方

キッチンで悩む女性

ウォータードリッパーは、サーバーの形やサイズ、素材、フタの有無をはじめ、業務用か家庭用か、抽出時間、デザイン、値段といった選び方があります。

サーバーについて

ウォータードリッパーのメインであるサーバーは、抽出されたコーヒーが溜まっていく大切な部分です。サーバー部分の形、サイズ感、素材、フタの有無は確認しておきましょう。アイスコーヒーをそのまま保存しておきたい方は、特に見ておきたいポイントです。

ポットタイプ

サーバー部分が、ポットのような形になっているウォータードリッパーは多いです。ポットの形になっていると、アイスコーヒーを注ぐときに、そのまま使うことができます。

サーバー部分は、おしゃれなウォータードリッパーだと、楕円形や筒状といった見た目もこだわった形になっているものが多いです。しかし、楕円形のように特殊な形は、そのままサーバーごとコーヒーを保存するわけにはいきません。別容器に移し替える必要があり、少々手間がかかります。

サーバー部分がポットの形になっていれば、そのままコーヒーをカップに注ぐことができます。洗い物も増やさないため、とても便利です。機能や便利さを重視する方は、サーバーがポットの形になっているウォータードリッパーを選ぶのがおすすめです。

サイズ

サーバー部分は、サイズ感も重要です。コーヒーを抽出したあとに、そのまま冷蔵庫に収納したいときってありませんか?冷やして飲みたいときなど、サーバーがそのまま冷蔵庫に入れば便利ですよね。

しかし、サーバーのサイズが大きいウォータードリッパーだと、冷蔵庫に入れることができません。特に、ウォータードリッパーはもともと背の高い製品のため、注意が必要です。コーヒーを冷蔵庫に入れて冷やしておきたい方は、購入時に自宅の冷蔵庫と、入る容器のサイズ感を確認しておきましょう。

水出しコーヒーは、熱湯を使用しないために酸化しにくく保存が効きやすいです。そのため、冷蔵庫に入るくらいのサイズ感の方が、1回抽出したら長く飲める物が多いです。1000ml前後のサーバーがおいしくコーヒーを飲めるサイズ感でしょう。

素材

ウォータードリッパーの素材は、ほとんどがガラスで作られています。水を注いでコーヒーを作り、熱は使用しないため、割れる心配はほとんどありません。

しかし、食器洗い機に使えるかどうかは製品によって異なるため、注意が必要です。食器洗い機で洗いたい方は、事前に対応素材かどうか、確認しておきましょう。

フタの有無

ウォータードリッパーのサーバーに、フタが付けられる製品もあります。フタが付けられる製品であれば、そのまま保存をすることができます。

フタが付いているとそのまま冷蔵庫に入れられますが、さらに密封タイプかどうかということも確認してみましょう。密封タイプであれば、フタを閉めてしまえば中身がこぼれることはありません。そのため、サーバーの高さが冷蔵庫に合わない製品であっても、横に倒して入れておくことができます。

冷蔵庫に保存しておきたい方は、このようにサーバーの形、サイズ、フタの有無は最低限見ておきましょう。

業務用か家庭用か

ウォータードリッパーには、業務用と家庭用があります。製品の高さだけでなく、一度に作れるコーヒーの量も、異なります。

業務用

業務用のウォータードリッパーは、やはり見た目から本格的です。背が高くて、置いておくだけでインテリアになります。また、一度に作れるコーヒーの量も4〜5杯、もしくはそれ以上と、かなり多くなります。

ただし、背が高い分、収納場所に困る、扱いを慎重にしなければいけないというように、注意点もあります。また、サーバー部分も大きいために、冷蔵庫に入らないサイズ感の製品も多いです。また、本格的な分、扱うパーツ数も増えるため、お手入れに時間がかかります。

見た目を重視する、本格的なデザインがいい、一度に多くの量のコーヒーを作りたいという方に、業務用のウォータードリッパーはおすすめです。

家庭用

家庭用のウォータードリッパーは、作りがやや簡素になります。しかし、簡素な分扱いやすく、パーツ数も業務用よりは減るため、お手入れも比較的簡単です。

一度に作れるコーヒーの量は、1杯から最大で4杯ほどと、業務用に比べると少なくなります。その分、製品自体のお値段はやや安いです。そのため、自宅で簡単にコーヒーを淹れたい、お手入れが楽な方がいいという方は、家庭用のウォータードリッパーがおすすめです。

抽出時間

抽出時間も、製品によって異なります。普通はウォータードリッパーでの抽出には2時間以上かかりますが、1〜2時間で抽出できる製品もあります。反対に、8時間もの長時間、抽出時間が必要な製品もあります。

もともと、ウォータードリッパーで淹れるアイスコーヒーは、抽出に時間がかかります。というのも、熱で抽出速度は早められるのですが、ウォータードリッパーで使用するのは水です。そのため、どうしてもホットコーヒーよりも抽出時間がかかってしまいます。

しかし、ウォータードリッパーの中でも、早く抽出できるものもあれば、時間がかかるものもあります。なるべく早く淹れてしまいたいのか、じっくりと時間をかけて淹れたいのか、自分に合った製品を選びましょう。

デザイン

ウォータードリッパーは、見た目やデザインで購入を決める方も多いです。というのも、ウォータードリッパーは本格的なデザインやアンティークなデザインなどを採用している製品が多いです。さらには、グッドデザイン賞を受賞するほどのシンプルで機能的なデザインもあり、自分好みのものが見つかりやすくあります。

ウォータードリッパーは、背が高くなかなか収納場所も難しいため、そのまま置いているという方も多いです。そうすると人目につくことも多いため、デザインで選ぶという方が増えています。また、気に入ったデザインのものを使う方が、愛着が湧いて長く使い続けられます。そのため、見た目重視の方は、機能性よりもデザインで選ぶ方法がおすすめです。

値段

ウォータードリッパーは、製品によって値段がバラバラです。安い製品だと数千円で購入が可能ですが、本格的な製品やアンティークのような高価なものだと、10万円ほどする製品もあります。

値段の幅が広い商品ではありますが、自分の予算に合わせて選ぶことも可能です。「いくらまでだったら購入しよう」と上限を決めておくと、欲しい製品が見つかりやすいです。

スポンサーリンク

ウォータードリッパー人気おすすめ商品TOP9

ウォータードリッパーのおすすめ商品を、9個ほどご紹介します。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

9位

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー 「Uhuru」 440ml K8635-M

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー 「Uhuru」 440ml K8635-M

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 34,139

まるで砂時計のような、めずらしい形をしているこちらのウォータードリッパーは、iwakiの製品です。容量は440mlありますが、重量は1.4kgとやや重いです。もともと、店舗での使用を想定して作られているため、やや重くて大きいサイズ感のようです。

耐熱性のガラスポットになっており、かなり丈夫な作りをしています。さらには、抽出したコーヒーを電子レンジでそのまま温めることも可能です。コーヒーの抽出も、フィルターにセットをして水を注ぐだけの簡単なものです。

見た目も木を使ったあたたかいデザインをしています。インテリアと合わせたい方や、おしゃれな製品が欲しい方におすすめです。

8位

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー 440ml K8644-M

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー 440ml K8644-M

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,960

シンプルで分かりやすいデザインの製品を多く販売している、iwakiのウォータードリッパーです。重量は約720gで、容量は440mlとなっています。基本的には耐熱ガラスが使われている製品ですが、中心部の素材は天然木となっており、温かみのあるデザインが特徴です。

こちらの製品には、iwakiオリジナルの簡易点滴抽出方法が採用されています。そのため、通常であれば一度につき8時間、一晩ほどの時間がかかっていたコーヒーの抽出が、早ければ2時間ほどで出来るようになっています。

また、形もポット型で、磁器製のフタがセットとなって付いてきます。そのため、抽出後は冷蔵庫に保管しておくことも可能です。早い抽出時間や、保存できる製品をお探しの方におすすめです。どんなに忙しいときでも、きちんと抽出したコーヒーを飲んで、ゆっくりとした時間を過ごすことができそうですね。

7位

HARIO (ハリオ) ウォータードリッパー ・ スロードリップ ブリュワー 雫 SBS-5B

HARIO (ハリオ) ウォータードリッパー ・ スロードリップ ブリュワー 雫 SBS-5B

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,535

中心部にサーバーが付いているこちらのウォータードリッパーは、HARIOの製品です。重量は約730g、容量は600gとなっています。耐熱ガラスのため、通常のガラスよりも頑丈に作られています。

点滴式のウォータードリッパーであり、なんと1〜2時間ほどでコーヒーの抽出が完了する製品です。水出しアイスコーヒーは、大体8時間ほど、早くても3時間ほどはかかるものがほとんどです。しかし、こちらの製品であれば、「アイスコーヒーが飲みたい!」と思って準備をしてから、早い時間で飲むことができます。

口コミで「味は美味しい」という声がありましたので、抽出時間が早いからといって、味に衰えが出るようなことはないようです。

6位

HARIO (ハリオ) コールドブリュー コーヒージャグ 水出し CBS-10HSV

HARIO (ハリオ) コールドブリュー コーヒージャグ 水出し CBS-10HSV

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,102

耐熱ガラス製品を製造、販売するHARIOのウォータードリッパーです。ガラス製ですが約500gと軽く、容量は1000mlあります。一度に、約8杯分のコーヒーを作ることができます。

シルバー色のサーバー部分にコーヒーをセットして、水を注ぐだけでコーヒーが簡単に作れます。また、サーバー部分のフタを開けずとも、隙間の注ぎ口からコーヒーを注ぐことができます。

ただし、注いでから冷蔵庫で8時間置いておく必要があるため、時間は少々かかります。そのため、夜に水を入れて、翌朝に飲めるように準備しておく方法がおすすめです。

5位

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット ミニ ブラウン 600ml MCPN-7CBR

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット ミニ ブラウン 600ml MCPN-7CBR

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,058

耐熱ガラス製品を製造しているメーカーである、HARIOのウォータードリッパーです。重量が約300g程度ととても軽いにも関わらず、容量は600mlほどあります。そのため、5杯程度のコーヒーを一度に抽出することができます。

素材はもちろん耐熱ガラスが使用されています。コーヒー抽出時はウォータードリッパーということで必要ありませんが、キッチンで火の近くに置いておいても、近づけすぎなければ問題ありません。また、製造方法も水をゆっくりと上から注ぐだけで、とても簡単です。

ポットタイプのため、抽出後はそのまま冷蔵庫に入れることが可能です。また、600mlという大きすぎない大きさのため、ご家庭の冷蔵庫でも収納しやすいでしょう。取っ手がついているため、注ぐときもとても楽です。

4位

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス ウォータードリップコーヒーサーバー 440ml K8644-CL

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス ウォータードリップコーヒーサーバー 440ml K8644-CL

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,691

iwakiは、家庭用の小さいサイズのウォータードリッパーをよく販売しているメーカーです。こちらの製品は、容量が440mlで、重量も470gと、とても軽くて持ちやすい製品です。

ポットタイプのウォータードリッパーのため、抽出後はそのままコーヒーを注ぐ、ポットのまま冷蔵庫で保存しておくといった使い方が可能です。抽出後に上部を取り外すだけでポットのみにできるため、とても簡単です。

このようなシンプルで使い勝手の良いデザインであることから、iwakiのウォータードリッパーは、2007年度のグッドデザイン賞に選ばれています。有名な賞を受賞しているということも、安心感がありますよね。本当に、誰が使っても分かりやすいデザインです。

3位

HARIO (ハリオ) フィルターイン コーヒーボトル 650ml ショコラブラウン FIC-70 CBR

HARIO (ハリオ) フィルターイン コーヒーボトル 650ml ショコラブラウン FIC-70 CBR

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,502

耐熱ガラス製品を作るメーカー、HARIOのウォータードリッパーです。タンブラーのような形で、抽出後は先端の細長い口からコーヒーをそのまま注ぐことができます。容量は650mlで、冷蔵庫のドアポケットに収納できるサイズ感です。

抽出方法も簡単で、コーヒーを入れたフィルターに少しずつ水を注いで、そのあと8時間ほど冷蔵庫に置いておきましょう。注ぐだけのため、簡単にアイスコーヒーを作ることができます。

また、ウォータードリッパーの上部はシリコンで作られています。ストレーナー部分と取り外しができるため、ゴシゴシと洗うこともできます。衛生的にも安心して使用できる製品でしょう。

2位

水出し専用 コーヒージャグ 1.1L コーヒーポット

水出し専用 コーヒージャグ 1.1L コーヒーポット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 978

タンブラーのような形をした、1000mlもの容量のあるウォータードリッパーです。フタ付きで密閉でき、抽出後はそのまま冷蔵庫に入れて冷やすこともできるサイズ感です。プラスチックのため、重量も約350gととても軽いです。

抽出する方法も、コーヒーをフィルターにセットして水を注いだあとに、半日置いておくだけです。時間はかかりますが、一度に7〜8杯分のコーヒーを作ることができます。サイズは大きいですが、冷蔵庫のドアポケット部分であれば、ほとんどのご家庭で収納することが可能です。

口コミでは、「フィルターがちょっとペラペラしていて心配かも」という声もありますが、実際に作ってみると気にならない程度のようです。サイズが大きいのに商品の値段は比較的安価なため、「コスパが良い」との声もありました。

1位

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,000

HARIOは、耐熱ガラスのメーカーです。その熱に強い素材を活かして、サイフォンといったコーヒー関連の機器を中心に製造、販売しています。ポット型で、水でコーヒーを抽出したあとは、そのままの容器でコップへコーヒーが注げるようになっています。

抽出時は、「の」の字を描くように上から水を淹れてドリップしていきます。いちいち抽出用のパーツをつけたり外したりする手間が必要なく、とても楽です。ハンドル付きのケースで、抽出後はそのまま注げるだけでなく、持ち運びも可能です。

サイズも1000mlとかなり大きく、一度の抽出で8杯分作ることが可能です。ただし、水を注ぎ終えあとは、冷蔵庫で8時間置いておく必要があります。時間がかかるため、じっくりとコーヒーを淹れたい方におすすめです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ウォータードリッパーの効果的な使い方

アイスコーヒー メイソンジャー

ウォータードリッパーを使用する際は、水の量に注意しましょう。また、耐熱ガラス容器を選んでおけば、ホットコーヒーにすることも可能です。

水の量

抽出する際は、全体がほんのり湿るくらいの水量にしましょう。水を淹れすぎるとコーヒーが薄くなります。また、少なすぎてもコーヒー本来の味がしっかりと楽しめずに、ただただ苦いだけになってしまいます。

そのため、水の量には注意しましょう。入れながら、ほんのり湿るくらいの多すぎない量で止めるのがおすすめです。

耐熱ガラスならホットも可能?

耐熱ガラスのウォータードリッパーであれば、アイスコーヒーをホットコーヒーにすることも可能だと言われています。抽出後に電子レンジで加熱するだけで、とても簡単です。

ウォータードリッパーは、基本的にはアイスコーヒーを作るための道具です。しかし、たまにはホットコーヒーが飲みたくなるときもありますよね。そんなときは、耐熱ガラス仕様の製品を選んでおけば、電子レンジで容器ごと温めることが可能です。すぐにホットコーヒーができて、とても簡単です。

まとめ

夏に飲みたくなるアイスコーヒーですが、パックの商品よりも、しっかりと抽出したものの方がなんだかおいしい気がしますよね。しかし、アイスコーヒー用のウォータードリッパーは持っている人も少なく、どうやって選ぶか迷います。

ウォータードリッパーは、サーバーの形やサイズ、素材、フタの有無をはじめ、業務用か家庭用か、抽出時間、デザイン、値段に注目して選びましょう。今回おすすめした商品はどれもおすすめです。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->