1. グッディ∞
  2. ファッション&靴&アクセサリーおすすめの男子学生用ローファーは?人気比較ランキング

2018/03/02更新

おすすめの男子学生用ローファーは?人気比較ランキング【2018年】

革靴

オシャレは足元から、なんて言葉があるように、実は靴をきちんとしたものを選ぶのはとても大切なことなんです。見た目に与える印象としてはもちろんのこと、全体重を支えてくれる足が少しでも負担がかかりにくいようなものを選ぶこと、それは健康を守るのと同じぐらい重要なことです。

今回は、なかでも男子学生のみなさんにおすすめしたい、男子学生用ローファーについてご紹介していきたいと思います。育ち盛りの学生さんにとって、最適なローファーはどんなものなのか。選び方についても気をつけたいポイントを含め、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

男子学生用ローファーの選び方

学ラン

基本的には靴の選び方、として捉えていただいて構わないのですが、男子学生用ローファーの場合は少しだけ押さえておきたいポイントがいくつかあります。それは選び方のうえでも重要な点になりますので、そちらを中心にまとめていきたいと思います。履いている本人も満足できるようなものをみつけていきましょう。

サイズで選ぶのが重要です

ローファーに限ったことではありませんが、靴を購入する際にもっとも大切なことといえばサイズです。どんなにデザインが気に入っていたとしても、サイズが合わなければ折角のデザインも決まりません。足への負担が大きくなってしまうこともあるため、できるだけきちんと合ったものを身につける必要があります。

しかし、サイズといってもローファーの場合は他の靴とは違って注意しなければならない点があります。それは「できるだけぴったりのもの」を選ぶことです。

スニーカーや運動靴よりも小さめのものを

普段使いとして履く機会の多いスニーカーなどは、比較的ゆとりがあっても紐をきつく結び直したり、いかようにも調節することができます。むしろ、無理にきついものを履くよりは、ややゆったりと余裕があるものを選ぶ方がおすすめ。ラフな感じで履きこなせるのが魅力でもあります。

しかしローファーの場合は違います。スニーカーのように紐はありませんし、あまり大きすぎるとスポンと抜けてしまうこともあります。履いた時に「少しきついかな?」と思える程度のものを選んでおく方が、後々しっくりと足に馴染みやすくなります。もちろん窮屈で苦しいと感じるほどのものを選ぶ必要はありません。

目安としてはスニーカーよりも0.5〜1cm程度小さめのものを選ぶというイメージでいいでしょう。メーカーやローファーの形によっても、若干フィット感は変わってきますので、その都度履き心地を確かめてみるのがおすすめです。選ぶ際はできるだけ履いて試してみるようにしましょう。

足囲に注目して選ぶ

先ほどは足のサイズ、いわゆる「縦」についてお話しました。今度は「横」に注目。足のまわり、足囲についてです。靴には足のつま先からかかとまでの長さのサイズだけでなく、足の甲の一番広い部分をぐるっと一周した長さも設定されています。「EEE」といったアルファベットが並んでいるのをみかけたことがありませんか?

これはワイズと呼ばれるもので、A~E・2E(EE)・3E(EEE)・4E(EEEE)・F・Gというように10段階に分けられています。日本国内では一般的にE〜4Eのものが合うとされているので、その他のアルファベットは見る機会も少ないかもしれません。こちらは先ほど言ったように足囲、そして足幅によって適切なサイズがあります。

縦のサイズに注目する機会は多いですが、案外この足囲に関してはきちんと見ていないという方も少なくありません。しかし、ここが窮屈だと靴を履いていてもちっともフィット感が感じられませんし、苦しいだけです。人によって足のサイズは違います。ぜひこちらもチェックしてみましょう。

色で選ぶ

ローファーの定番カラーとして真っ先に挙げられるのは「黒」でしょう。つづいてブラウンなどが一般的で、他にも焦げ茶、いわゆるダークブラウンや赤みのかかった色などさまざまなバリエーションがあります。人によって似合う色は違いますので、制服に合わせて選んでみるのもいいでしょう。

しかし、似合うに合わないではなく、学校に通っている場合は指定されている色があることも。その場合は指定されたカラーで選ぶのが普通です。個人的な好みで選べるのがいちばんですが、学生さんのうちはそういうわけにもいかないですよね。校則に従って、安心して履けるものを選びましょう。

黒を選ぶ場合でも、マットな印象のものかツヤ感があるものか、これだけでもずいぶん違います。実際に並べて、履いてみるとわかるのですが、同じような色味であっても印象は大きく変わってきます。指定されている色があったとしても、こういった違いに注目してみることで、より自分らしさを表現できるようになるのではないでしょうか。

素材に注目して選ぶ

サイズや色、それぞれにこだわりやポイントを見せてくれるところですが、やはり物の本質は「素材」で決まるのではないでしょうか。同じように見えるローファーも、実は使っている素材がそれぞれ違います。合皮か本革か、こちらも選ぶ際に大きく悩むところではないでしょうか。

しかし、学生さんのうちはどうしてもよく動くことも多いため、汚れやすさが気になることも。気軽に履きたいという方にとっては、どちらを選べばいいのか迷ってしまいますよね。では、それぞれの素材の特徴についてお話していきたいと思います。

本革の特徴

本革の大きな魅力はなんといっても本物の素材感、高級感がある点でしょう。若いうちはなかなか理解しづらいところかもしれませんが、品質としても高いものも多く、傷みにくいので長く愛用していただけます。やっぱりきちんとしたものを選びたい、という際は本革を選ぶのがおすすめでしょう。

しかし、本革は思った以上にデリケートな素材。水との相性はあまり良くありません。雨の日に履いているとどんどん水を吸ってしまいますし、皮の状態を悪化させてしまいかねません。いいものだからこそ手がかかる、それぐらいの気持ちがあれば本革でも問題ないでしょう。こまめなお手入れさえすれば、長年履き続けることも可能です。

しかし手軽に履きたい、若いうちは何かと汚れも気になってしまう。そんな場合は合皮がいいかもしれませんね。

合皮の特徴

本革に比べて大きく違う点と言えば、やはり柔らかさがひとつ挙げられるかもしれません。本革はやや硬い生地のため、慣れる時間が必要となります。大人になるとその良さもいいものだ、と思えるのですが、学生さんが履くとするならばやや違和感の方が大きく感じられてしまうかもしれませんね。

また、合皮は本革に比べてリーズナブルなところもおすすめのポイント。失敗しづらいので、成長期であれば合皮を選んでおく方が安心できるでしょう。靴擦れもしにくいですし、比較的履いてすぐに慣れることが出来ます。お手入れもそれほど難しくありませんので、毎日履く物であればこちらを選ばれる機会が多いかもしれません。

ただ、本革に比べると長持ちしづらいデメリットがあります。本革と合皮、それぞれにいいところがありますので、もし余裕があれば一足ずつ購入して、雨の日は合皮、普段は本革というように履き分けてみるのもいいかもしれません。同じ靴を長く履き続けるよりも、靴を長持ちさせることができるでしょう。

デザイン・機能で選ぶ

この他にも注目したいのは、やはりデザイン。指定のカラーなどもありますが、その範囲の中で自分がいいなと思える形を選ぶのは大切なことです。いいと思えるものを履くことで、学校へ行くのも楽しくなるはず。よく見てみるとローファーもそれぞれ特徴がありますので、ぜひ細かな部分までチェックしてみてください。

他にも、機能にも注目したいところ。靴の裏底をぜひ眺めてみてください。革製でできているものとゴム製でできているもの、実はそれぞれに違いがあります。普段はそれほど気にする必要はありませんが、雨の日など道路や床が滑りやすくなっている時はゴム製がすべり止めとしての役割を果たしてくれます。

もちろん絶対滑らないわけではありませんが、男子学生の方は動き回る機会も多いでしょう。できるだけ安全に履けるものを選べるのがおすすめです。こういった、ちょっとした部分でも靴は大きく役割を果たしてくれますので、余裕があればぜひ普段は見ない部分も注目してみてください。

スポンサーリンク

男子学生用ローファー人気おすすめ商品TOP10

ここからは、おすすめしたい人気の男子学生用ローファーをランキングでご紹介していきたいと思います。ぜひ購入の際、参考にしてみてくださいね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

S-MAKE(エスメイク)コインローファー 黒 ワイズ3E(EEE)24.5cm~28cm [メンズ(男性用)学生靴・学生ローファー・通学靴・紳士靴][大きいサイズ(ビッグサイズ):27.5cm 28.0cm あり]

S-MAKE(エスメイク)コインローファー 黒 ワイズ3E(EEE)24.5cm~28cm [メンズ(男性用)学生靴・学生ローファー・通学靴・紳士靴][大きいサイズ(ビッグサイズ):27.5cm 28.0cm あり]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,680

表地はフェイクレザー、アッパー素材は合皮、ソールは合成ゴムでできたコインローファーです。適度なツヤ感があるので、見た目もちょっとだけリッチに見せてくれるところがポイント。サイズも24.5〜28cmと、成長期のお子さんにもフィットしやすいサイズ展開となっています。

ワイズは3Eと、標準の物よりもやや横幅にゆとりがあるのが特徴です。合皮でできているため比較的皮もやわらかめなので、早い段階で足になじむのではないでしょうか。落ち着きのあるブラックカラーで、すっきりとまとまった一品です。

9位

(クリアアンドクリア) CLEAR&CLEAR ローファー スリッポン メンズ 靴 幅広 3EEE 抗菌 消臭 撥水 次世代抗菌剤「スカロー」

(クリアアンドクリア) CLEAR&CLEAR ローファー スリッポン メンズ 靴 幅広 3EEE 抗菌 消臭 撥水 次世代抗菌剤「スカロー」

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,190

素材はフェイクレザー、合皮で出来たローファーです。足が窮屈で市販の靴が合いにくい、という学生の方にも試していただきたい幅広の3E(EEE)ゆとりのある履き心地に満足していただけるのではないでしょうか。撥水加工が施してあるので、泥や汚れにも強いのが特徴。完全防水ではありませんが、きれいな状態を保ちやすくなっています。

次世代抗菌・消臭剤「スカロー」を中時期に配合することで、気になる汚れや消臭効果も。スカローは青森県産のホタテの貝殻を100%使用した、環境に優しい安全の抗菌剤。ぜひその高い抗菌効果に注目してみてください。

8位

BRAVAS(MoonStar)本革 メンズ ローファー 黒 3E(学生靴・通学靴・紳士靴)[大きいサイズ 27.5cm、28cm、28.5cm、29cm、30cm、小さいサイズ 21.5cm、22cm、22.5cm、23cm、23.5cm、24cm あり]

BRAVAS(MoonStar)本革 メンズ ローファー 黒 3E(学生靴・通学靴・紳士靴)[大きいサイズ 27.5cm、28cm、28.5cm、29cm、30cm、小さいサイズ 21.5cm、22cm、22.5cm、23cm、23.5cm、24cm あり]

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 16,980

表地にレザー、アッパー素材に牛革、ソールには合成ラバーを使用したメンズローファーです。ワイズは3E(EEE)とゆったりめに履くことが出来るので、足囲がしっかりある方でもフィットしやすくなっています。安心の日本製ですので、やっぱり品質が一番とお考えの親御さんにとっても選びやすい商品ではないでしょうか。

本革のよさを感じていただきやすく、足をきれいに見せてくれる形なのもポイント。制服にもなじみやすいので、他の物とはまたひと味違った雰囲気を味わえるのではないでしょうか。

7位

[エスメイク]SMAKE 定番のメンズ 学生靴 ローファー 3E ワイン

[エスメイク]SMAKE 定番のメンズ 学生靴 ローファー 3E ワイン

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,240

やや赤みを帯びたカラーで、制服だけでなくさまざまな色味の服にも合わせやすいのがこちらのローファーです。メインの素材は合皮ですので、シーンを問わず気軽に毎日履くことが出来そうですね。ヒールの高さは3cmと、ほどよい高さがあるので歩きやすさも抜群。学生さんにもぴったりです。

ゆとりのある3Eですので、ワイドなものをお探しの場合にもおすすめ。ベーシックなデザインで、どなたでも使いやすいのではないでしょうか。黒に比べてややカジュアルな印象を見せてくれるのがいいですね。

6位

【Jo Marino】 高品質 人気 メンズ ローファー 学生靴 通勤 通学 撥水加工 軽量 防滑 防臭

【Jo Marino】 高品質 人気 メンズ ローファー 学生靴 通勤 通学 撥水加工 軽量 防滑 防臭

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,900

フェイクレザー、合皮素材を使った軽量モデルのローファーです。幅も3Eと余裕があるので、普段履いていた物ではすこし窮屈に感じる、という方にもおススメしたい一足でしょう。アウトソールは防滑仕様の溝がついているので、雨の日の濡れた路面でも安心して歩くことが出来そうです。

毎日履いているとにおいも気になりやすいですが、インソールは抗菌・防臭にすぐれた素材を使用しているので、履き続けても嫌なにおいがしにくいのがいいですね。気軽に通学に、毎日の生活に役立ってくれる選びやすい商品です。

5位

[アール スウィフト] ローファー、スリッポン 1071

[アール スウィフト] ローファー、スリッポン 1071

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,780

毎日の通学にも気軽に履くことが出来る、人気のデザインのローファーです。アッパーは合皮を使うことで、撥水加工が施されていることから水分や汚れにも強く、お手入れがしやすいというメリットがあります。アウトソールはすべりにくい設計で、雨の日や道路が滑りやすい日にも安心して使っていただけます。

履きやすさもさることながら、ローファーのなかでもリーズナブルで、細部にもこだわりが見られる一足。素材もやわらかめに出来ているので、履き心地にも満足していただけるのではないでしょうか。

4位

[エスメイク]SMAKE ローファー メンズ 学生靴 黒(ブラック)

[エスメイク]SMAKE ローファー メンズ 学生靴 黒(ブラック)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,240

正統派のローファーをお求めの方におすすめしたいのがこちらのブラックカラーのローファーです。メインの素材は合皮でできているので、軽くて扱いやすく、普段履きとしても非常におすすめ。毎日使いたい学生さんにもぴったりではないでしょうか。色も落ち着きがある、ややマットな黒。ベーシックなデザインです。

ツヤがありすぎるわけでもなく自然な仕上がりなので、靴だけが悪め立ちするような心配もいりません。お手入れもしやすいので、長く愛用していただけるのではないでしょうか。どなたでも選びやすい一足です。

3位

【ALLA MODA】 高品質 人気 メンズ ローファー 学生靴 通勤 通学 撥水加工 軽量 防滑 防臭

【ALLA MODA】 高品質 人気 メンズ ローファー 学生靴 通勤 通学 撥水加工 軽量 防滑 防臭

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,700

定番のデザインで使いやすい一足が、こちらの商品になります。基本的に合皮や合成底でできているので、しなやかで履きやすく、すぐに足に馴染んでくれるのがポイント。滑りにくく軽さもあるので、毎日履きやすさをじっかんしていただけるのではないでしょうか。学生さんにもおすすめできるアイテムでしょう。

抗菌や防臭など、気になりやすい靴のトラブルも予防してくれる素材を使っているので、メンテナンスの面でも安心ですね。いやなにおいに悩まされていて困っていた、という場合にも活躍してくれることでしょう。色も落ち着いた黒で、学校指定がある際にも安心です。

2位

人気学生靴 抗菌&消臭&撥水仕様 メンズ ローファー

人気学生靴 抗菌&消臭&撥水仕様 メンズ ローファー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,093

ワイドな設計の3Eで、毎日ラクに履いていただくことが出来るローファーです。素材は合皮ですので、お手入れもしやすく汚れなども比較的落としやすくなっています。シンプルで、いわゆるオーソドックスなデザインだからこそ選びやすいのがいいですね。今までの靴が窮屈で履きづらかった、という方にも試していただきたいところ。

嬉しい抗菌・消臭効果に加え、撥水仕様となっていることで雨の日にも安心。普段の汚れからも守ってくれるので、長くきれいな状態を保ちやすくなっています。手頃で履きやすく、人気のあるローファーです。

1位

[ハルタ] ローファー トラディショナル 3E 合皮 メンズ 6550

[ハルタ] ローファー トラディショナル 3E 合皮 メンズ 6550

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,100

人気メーカー・ハルタのローファーは、やっぱりなんといってもその履き心地のよさ。一度履くとその良さを実感できる、というファンの多いメーカーです。素材は合皮ですがしっかりと設計されており、履きやすさと手入れのしやすさの面からとても人気があります。足元をきれいに見せてくれるのもポイント。

はじめてのローファーとしてもおすすめで、ファンは学生さんだけでなく年代を超えてさまざまな方にも愛されています。いつの時代も色あせないデザインは、いくつになっても愛用したくなる一足。迷ったときはぜひ、チェックしてみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

男子学生用ローファーの効果的な使い方

たくさんの靴

男子学生用ローファーをより効果的に使う為に意識したいのが「お手入れ」についてです。履いたら履きっぱなし、では当然すぐに靴は傷んでしまいます。夏の高熱を持ったアスファルト、長雨には泥水から足を守って、風の強い日はホコリや汚れも足元に集まってきます。人の足を守るため頑張ってくれているローファーは、定期的なお手入れがおすすめです。

ただ本格的なお手入れとなると、忙しい毎日を送る学生さんにとっては面倒に感じてしまうもの。親御さんが行う場合も、なかなか時間がとれなくて難しいですよね。ですので、あくまでも最低限のお手入れを心がけておくこと、ちょっとだけでもずいぶん変わってきますよ。

ブラシやウエス(雑巾)を準備しておくだけでも、軽く汚れは落とすことが出来ます。できれば汚れが気になったときに、さっと拭いたりブラシで汚れを取り除いておくといいでしょう。気になったらそのときに、それをクセづけることで靴は長くきれいに履くことが出来ます。ぜひ普段から意識してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか、男子学生用ローファーもさまざまな種類があって悩んでしまいますよね。毎日履くものだからこだわりたい、その気持ちを持つのはとても素敵なことです。値段だけで決めるのではなく、履くことで気持ちを前向きにしてくれるような、そんな靴を選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.