1. グッディ∞
  2. 生活雑貨裁縫セットおすすめ比較ランキング!人気なのは?

2018/03/02更新

裁縫セットおすすめ比較ランキング!人気なのは?【2018年】

裁縫道具

ボタンが取れたり服がほころんだりした時に、便利に使えるのが裁縫セットです。針やはさみなど必要な道具が一通り入っている上に、コンパクトなケースであれば持ち運びも便利です。

今回はこの裁縫セットの選び方をご紹介します。お子さんの家庭科の授業でも必要になるものなので、ぜひ参考にしていただければと思います。さらに人気のある商品もご紹介します。

スポンサーリンク

裁縫セットの選び方

ボタン 針 糸

お子さんの家庭科での裁縫のために、あるいは外出先で手軽に使える裁縫セットは携帯性に優れたものを選びたいものです。けれどもその内容によって使い勝手は変わってきます。

どのような点に注意をすればよいのかをご紹介しますので、参考にしていただければと思います。持ち運びの利便性と機能性のバランスを考えて選べるように、チェックしてみてください。

子供の裁縫セットは必要な用具が揃っているか確認すること

お子さんが小学校で家庭科の授業が始まると、裁縫セットが必要になります。学校で購入できるものもありますが、その価格の高さに驚かれる方も多いことでしょう。そこで自分で探す場合、授業で必要となる用具が一通り揃っているかを確認しておきましょう。

配布されるパンフレットには何が入っているのか記載されています。授業で必要になるものが一通り揃っているので、自前で探す場合にも同じものがあるかどうかをチェックする必要があります。

もちろん、足りないものは別売りのもので補うことはできます。けれども裁縫セットはそれぞれの用具を収納する場所が決まっています。中でバラバラにならないようにするためです。

別売りの用具を入れる場合には、中で固定できる場所があるかどうかを確認する必要があります。

どのような用具が入っているのかを知っておく

裁縫セットにはどのような用具が入っているのか、まずは一通り知っておくと役に立ちます。まず裁縫で基本的に必要になる縫い針があります。これは生地の厚さによって必要な太さや長さが違うので、数種類の長さがあれば良いでしょう。

そして糸を切るための糸切りはさみと布を切るための裁ちばさみが必要です。家庭科の裁縫セットでは最低限これらが入っていることが条件となります。

さらに布に印をつけるためのチャコペン、針に糸を通す糸通し、様々な色の糸などが必要になるでしょう。また長さを測るメジャーは150cmほどあれば十分です。布を留めるためのまち針は頭が平らなものであれば名前を書くことができます。

家庭科で使う裁縫セットを選ぶ際の注意点

まずお子さんが学校に持っていくものなので、ケースはお子さんが気に入るものを選びましょう。針やはさみは商品によって品質にバラつきがあります。けれども授業で使える程度の性能があれば良いので、それほど高品質なものでなくても構いません。

針は先端がきちんと尖っているかどうか、はさみも糸や布がきちんと切れれば大丈夫です。これらは実際に商品を使用した人の口コミを参考にすると良いでしょう。

針もはさみもステンレス製がほとんどですが、使っているうちに劣化していきます。はさみも切れ味が落ちてきますので、その時は別のものに買い替えれば良いでしょう。

普段使いで選ぶ場合のポイント

お子さんが学校で使うものではなく、家などで普段使うような裁縫セットを選ぶならば別の注意すべきポイントがあります。

糸は原色系のものが多いものを

裁縫セットには糸も付属していますが、これはボタンを付けたりズボンなどのほころびを補修する時に使います。基本的に白と黒は必要になりますが、他の色はできれば原色系があると便利です。

また同系色のものばかり揃っていると使いにくいので、色んな系統の色が入っていると役立ちます。ただし自分が着る服などの色の系統が同じであれば、その系統の色で揃えるという手もあります。

糸の太さにも注意

糸はあまりに細いと、ボタンをつけてもすぐに取れてしまいます。ある程度の太さがあることを確認する必要があります。

メジャーは巻き戻し式のものを選ぶ

付属するメジャーには折りたたみ式のものと巻き戻し式のものがあります。折りたたみ式はコンパクトになりますが、毎回たたむのは面倒なものです。できれば巻き戻し式のものを選んでおいた方が良いでしょう。

針の収納がしっかりしていること

これはお子さんの家庭科用でも同じですが、針の収納がしっかりできるものを選びましょう。これが緩いとケースの中で散らばってしまい危険です。本数が多いと、1本足りなくても気が付かないことがあります。

逆にプラスチックのケースに差すような場合、あまりにきついと出し入れが面倒です。かなり力を入れなければなりませんし、お子さんが使う場合には相当に苦労します。

スポンサーリンク

裁縫セット人気おすすめ商品TOP13

それでは販売されている裁縫セットの中でも、人気のあるものをご紹介します。セット内容が充実したものが多いものですが、使い勝手などはそれぞれに違いが見られます。

どのような目的で必要としているのかによっても、選ぶべき商品は異なります。用途によって使いやすそうなものを選ぶためにも、参考にしていただければと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

13位

ミササ ソーイングセットうす型タイプ ブルー No.1452

ミササ ソーイングセットうす型タイプ ブルー No.1452

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,560

ドット柄のデザインが可愛らしいブルーのボックスに入った裁縫セットです、お子さんの家庭科の授業にもぴったりの商品と言えます。裁ちばさみは20cmあるので使いやすさもしっかりと確保しています。ケースサイズは222mm×152mm×56mmです。

セット内容はステンレスの裁ちばさみと糸切りはさみ、2mの自動巻メジャーとニードルセットにチョークペン、ピンクッションや2種類の指貫に糸と折れ針ケースも付属しています。

12位

ミササ ソーイングセット オープンファスナーバッグ ブラック No.638-7

ミササ ソーイングセット オープンファスナーバッグ ブラック No.638-7

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,748

ファスナータイプのバッグに収納された裁縫セットです。中は仕切りの位置を変えることができる便利な仕様となっています。はさみなどが劣化した時も、新たに買い替えた際にサイズなどが変わっても収納しやすいのが特徴と言えます。

セット内容はステンレスの裁ちばさみと糸切りはさみ、自動巻きメジャーにニードルセット、ピンクッションとチョークペンシル、折れ針ケースもついているので安全です。さらにセル皮の指貫と手縫い糸にミシン糸となっています。

11位

ミササ ソーイングセット コンパクトタイプ ブラック No.7871

ミササ ソーイングセット コンパクトタイプ ブラック No.7871

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,240

お洒落な箱に裁縫用具が綺麗に収納された裁縫セットです。お子さんの家庭科の授業のためにも活躍しそうな商品です。ケースサイズは横12.4cm×縦20.2cm×厚さ6cmとなります。

セット内容はステンレスの裁ちばさみと糸切りはさみ、自動巻きのメジャーにニードルセット、ピンクッションにリッパー、そしてチョークペンに手縫い糸などとなります。授業で必要となる用具などは揃っていますし、もちろん家での作業用としても申し分のない内容となります。

10位

現代百貨 ミニソーイングセット NEEDLEEORK K755

現代百貨 ミニソーイングセット NEEDLEEORK K755

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 864

コンパクトな携帯用の裁縫セットです。セット内容ははさみと縫い針、まち針に安全ピン、糸巻きに糸通しとボタンにピンクッションなどとなっています。カバンなどの中にそっと入れておけるサイズなので持ち歩きに最適です。

ちょっとした補修作業ができる、最低限の用具が揃っています。出先でボタンが取れてしまったり、ズボンの裾がほどけてしまったりした時に役立ちます。ケースも北欧風でお洒落なところが人気です。

9位

TUXWANG 裁縫セット 90個高質量ポータブルミシンアクセサリー 24種カラー超長い100メートルの縫い糸 ソーイングセットプロ裁縫道具 家庭用 大人用子供用

TUXWANG 裁縫セット 90個高質量ポータブルミシンアクセサリー 24種カラー超長い100メートルの縫い糸 ソーイングセットプロ裁縫道具 家庭用 大人用子供用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,390

家庭用の裁縫セットとしては圧巻の縫い糸が揃った商品です。縫い糸24色と4個の替えボタンが備わっているので、急なボタンの取り付けやほころびの補修も簡単に作業できます。

他にセット内容として、スチール製の縫い針30本、留めピン10本、クリップ6個、糸通しと指貫がそれぞれ2個、チャコペンに毛抜きに抜糸器などとなっています。カラフルな糸はダンス用の衣装の直しにも使えそうです。

8位

サクラクーピーペンシル ソーイングセット SCS-002

サクラクーピーペンシル ソーイングセット SCS-002

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,025

サクラクレパスから販売されている裁縫セットです。懐かしいサクラクーピーペンシルの缶をモチーフにしたケースもお洒落です。セット内容は11.5cmのステンレスはさみとニードルセット、1mの自動巻メジャーにピンクッション、そしてまち針にポリエステルスパン糸となります。

用具の品質も高く、使い勝手も非常に良い商品です。ケースのデザインに惚れ込んで購入する方が多い人気商品と言えます。

7位

裁縫セット プロ裁縫道具 24種カラー鮮やかな縫い糸 高質量ポータブルミシンアクセサリー ソーイングセット

裁縫セット プロ裁縫道具 24種カラー鮮やかな縫い糸 高質量ポータブルミシンアクセサリー ソーイングセット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,280

24種類もの糸がセットになった裁縫ケースです。100%綿の手縫い糸には大抵の系統の色があるので、必要なものが使える便利な商品です。他にボタンも白と黒がそれぞれ55個、30本の縫い針に40本の留めピン、糸切りばさみに裁ちばさみなどがセットになっています。

これから裁縫を始めようという方はもちろんのこと、ある程度の経験を積んだベテランの方も満足できる内容ではないでしょうか。

6位

裁縫セット プレミアムブラック【日本製裁ちばさみ】 右利き用

裁縫セット プレミアムブラック【日本製裁ちばさみ】 右利き用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,480

高品質な国産の21cm裁ちばさみがセットになった、本格的な裁縫セットです。家庭科の授業で使えるのはもちろんのこと、家での裁縫にも十分に使用できる品質となります。

セット内容はミシン針やししゅう針なども含めた針セットに指貫、あると便利な針山にリッパー、2mのメジャーに糸切りばさみなどとなります。手縫い糸の種類は少ないので道具が充実した商品が欲しい方におすすめです。

5位

Clover ソーイングセット SS-201 ブルー 38-121

Clover ソーイングセット SS-201 ブルー 38-121

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 475

縫い針3本に糸切りはさみ、糸通しに安全ピンとボタンなど必要最小限の裁縫用具が入った裁縫セットです。ブルーのコンパクトなスケルトンケースに入っているので、カバンの中に入れて持ち歩くのにも便利です。

アウトドアや旅行先はもちろん。出張などに持っていくと、いざという時に役立ちます。家に常備するというよりも、非常時の備えとして持っていると便利かもしれません。

4位

AZLHL 裁縫セット ソーイングセット ポータブルミシンアクセサリー 携帯用 ブラック

AZLHL 裁縫セット ソーイングセット ポータブルミシンアクセサリー 携帯用 ブラック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 880

30本の縫い針に18色の糸が入った充実した裁縫用品の裁縫セットです。家庭での裁縫作業を行うには申し分のない内容となっています。それぞれがゴムバンドで固定されているのできちんと収納することができます。

取れたボタンをつけたり破れたズボンを補修したりと、すぐに応急処置をすることが可能です。豊富な色の糸があるので、大抵の補修に対応することができるでしょう。

3位

Qisiewell 裁縫セット ソーイングセット 22種カラー鮮やかな縫い糸 108個高質量ポータブルミシンアクセサリー プロ裁縫道具 家庭用 大人用

Qisiewell 裁縫セット ソーイングセット 22種カラー鮮やかな縫い糸 108個高質量ポータブルミシンアクセサリー プロ裁縫道具 家庭用 大人用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,499

豊富な色のカラーコットン縫い糸22個がセットになっている裁縫セットです。防水性のあるケースに入れることでアウトドアにも安心して持ち歩けます。

スチール製の縫い針が30本、留めピン5本にチャコ鉛筆とスチールはさみやミニ巻き尺が入っています。他に便利なものとして、ボタンやクリップ、糸通しや指ぬき、毛抜きに抜糸器などもあるので大抵の補修作業に対応できます。

2位

kasimir 裁縫セット ソーイングセット 携帯式 ブラック

kasimir 裁縫セット ソーイングセット 携帯式 ブラック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 950

コンパクトなケースの中に40種類以上ものソーイング用品が入った豪華な裁縫セットです。様々な長さの針と2種類の巻き尺、スティッチリッパーにいざという時のスチールボタンも入っています。

家庭で使う分には申し分のないセット内容である上に、PU素材の耐久性の高いケースに入れるので持ち運びにも便利な商品です。旅行の際に持っていると、いざという時に安心できます。

1位

Qisiewell 裁縫セット プロ高級ソーイングセットポータブルミシンアクセサリー 携帯式コンパクト付き ブラック

Qisiewell 裁縫セット プロ高級ソーイングセットポータブルミシンアクセサリー 携帯式コンパクト付き ブラック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,088

色系の違う糸が18本、30本の縫い針がセットになった充実した内容の裁縫セットです。他に留め針18本や巻き尺、糸切りはさみやスティッチリッパーなども付属しています。

道具はゴムバンドで固定されているので、ケース内部で散らばる心配もありません。ケースのサイズは17cm×11cm×2cmとコンパクトなので持ち運びも便利です。出先でボタンが取れてしまった時にもすぐに取り付けることもできます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

裁縫セットの効果的な使い方

縫う 人

裁縫セットを購入したら、その使い方に関しても知っておきたいことが色々とあります。そこで用具の正しい使い方や手入れについいてまとめてみましたのでご覧ください。

さらに知っておくと便利なことや、工夫すると役立つことも取り上げています。知らずにいると苦労することもあるので、ぜひチェックしていただければと思います。

はさみは消耗品と考える

裁縫セットで用意されているはさみは通常、ステンレス製となります。糸切りばさみはもちろんですが、裁ちばさみもステンレスはあまり研ぐことをしません。そのために切れ味が悪くなってきたら、新品に交換した方が良いでしょう。

ただし裁縫セットには裁ちばさみの収まる場所が決まっているので、同じような大きさのものを探す必要があります。もちろん使い慣れているからということで、研ぎに出すことは可能です。ただし料金はそれなりに必要になるので、買い替えた方が経済的ではないかと思います。

裁ちばさみはあまり人に貸さないこと

はさみは使う人によってクセが付くようになります。ネジのゆるみ具合などが使い方によって変わるので、色んな人が使うと自分の使いやすいようなクセが付かなくなります。

裁ちばさみでは紙を切らないこと

これは基本的なことですが、型紙のような硬い紙を裁ちばさみで切ってしまうと傷めてしまいます。これは布を切るための裁ちばさみは通常のはさみよりも刃が薄く、鋭くなっているからです。

紙の硬い繊維を切ってしまうと、裁ちばさみの刃はすぐに欠けたり潰れてしまうので注意しましょう。

針も消耗品

針もはさみと同様に消耗品と考えた方が良いでしょう。特にお子さんが学校で使う裁縫セットの道具は、それほど耐久性は高くありません。あくまでも練習用として使うものなので、針の通りが悪くなったら新しいものに交換してあげましょう。

子供は使い勝手が悪くなっても、いちいち言わないかもしれません。けれども通りの悪い針を使っていると力を使うので、子供にとっては負担がかかります。親がたまに使ってみて、通りが悪くなったと思ったら替えてあげた方が良いかもしれません。

針のケースが使いにくい場合

裁縫ケースに入っている針のプラスチックケースが使いにくい場合があります。固くて出し入れに力を必要とする場合には、自分でケースを作ってみてはいかがでしょうか。

と言ってもそれほど面倒なことではなく、両面起毛のネルの生地などを使って、針を刺してクルクルと巻けば終わりです。

縫い針の選び方

裁縫ケースには数多くの縫い針が用意されています。長さや太さの異なる数種類の縫い針がありますが、これは布の種類によって使い分けます。

薄い布は細い針を、厚みのある布は太い針を使います。また粗い縫い目にするのであれば長い針を使い、細かな縫い目の場合には短い針を選びます。針の通りが悪いからと太い針などを使うと穴が大きくなり、糸が抜けやすくなります。

使用する糸の太さに応じて針も適切なものを選ぶようにしましょう。

縫い針の持ち方

縫い針の持ち方もしっかりと覚えておきましょう。まず針を持つ手の中指に指貫をはめて、人差し指と親指で針をつまみます。そして他の指は丸めて中指の指貫に針の背を当てます。これが基本的な持ち方になります。

人差し指と親指の先に出る針の長さは5mm程度であれば縫いやすくなります。

針に通す糸について

針に糸を通す時は、最初に斜めにカットしておくと通しやすくなります。そして糸は1本取りと2本取りの2種類の通し方があります。

1本取りは針に通した後、片方だけ玉結びをしておきます。2本取りは針に通した2本の糸の両端を揃えて結びます。

長さはだいたい60cmくらいにしておくと、絡まることなく使えます。布に糸を通していって、足りなくなれば新たに60cmほど糸を取り、続けて縫っていくようにします。

すぐに補修作業ができるようにする

服などのボタンが取れていることに気づき、出かける直前になって慌ててボタンを付けるといった経験はないでしょうか。裁縫セットがあればすぐに対応できるので便利です。けれども、さらにひと工夫しておくことで、短時間で作業することができます。

やり方は簡単で、針にあらかじめ糸を通しておくだけです。色は白か黒であれば、大抵の場合には対処できるのではないかと思います。あくまでも応急処置なので、後で時間のある時に外して、しっかりと処理をしておくのを忘れないようにしましょう。

リッパーの使い方

手芸品や洋服などのリメイクを依頼すると、その料金がかなり高いことに驚いた経験はありませんか。実はこれ、ほどきの作業料金が高いのが理由です。緻密に縫い込まれたものは、糸をほどく作業にかなり手間がかかります。

ならば布を新規で購入した方が安上がりになるのではないかと思いがちですが、思い入れのあるものをリメイクしたいという場合が結構あるものです。

そんな時に役立つのが、裁縫セットにも入っているリッパーです。布を傷つけることがないように、玉のついているものを使用します。

使い方は簡単で、縫い糸をリッパーの先端ですくい、くぼみのところにある刃でカットするだけです。

カバーステッチの外し方

ハンドメイド作品で裾の始末としてカバーステッチをしているケースも多く見られます。これは通常、平二本針と呼ばれる方法で縫われていますが、ほどくのが結構面倒です。

実はカバーステッチをほどくためにはコツがあります。必ず縫い方向とは逆の方向から、つまり縫い終わりからほどくことがポイントです。

まず最初に表のステッチを二本とも、縫い終わりの2~3目ほどきます。すると裏のステッチが自然にほどけるので、ほどけた糸を引っ張ると綺麗に外れていきます。もし途中で引っ掛かるようであれば、また表を外してから裏を引っ張るという作業を繰り返します。

ミシンで始末されている場合には、ミシンでどのようにステッチ作業をするのかを考えると縫い方向が分かります。例えばTシャツの場合、袖口をミシンに当てると左から右に向かって縫い方向が走っていることが分かります。

まとめ

裁縫セットは内容にも違いがありますし。用途などに応じて適したものを選びたいものです。お子さんの授業で使うのであれば、必要な用具が揃っているかを確認しておきましょう。

また裁縫セットは本格的に使うものや携帯用として応急処置に使うものなど用途も違います。それぞれに適した使い方があることも知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.