1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのふきんかけは?人気の商品比較ランキング

2018/02/06更新

おすすめのふきんかけは?人気の商品比較ランキング【2018年】

ふきんかけ

洗ったお皿を拭いたふきんや濡れた台ふきん、いつもどのように干していますか?湿った状態のふきんはしっかり乾かさないと雑菌が繁殖しやすく不衛生。ふきんを清潔に保つには、通気性の良いふきんかけを使うことをおすすめします。

今回の記事では、ふきんかけの選び方のポイントや人気商品の特徴など「色々なふきんかけがあって迷ってしまう」という方に役立つ情報をご紹介していきます。ご自身にとって使い勝手の良いふきんかけを選ぶための参考にしてくださいね。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

ふきんかけの選び方

考える女性

では早速、ふきんかけを選ぶ際に知っておきたい検討ポイントについてご説明します。ふきんかけの形状や取り付け方法など、さまざまな選択肢があるのでひとつずつチェックしましょう。

ふきんかけのタイプは主に5種類

まず、ふきんかけのタイプから見ていきましょう。大別すると主に以下の5種類に分けられます。

設置場所を変えられる「自立式スタンドタイプ

キッチンカウンターや棚などに立てて設置するスタンドタイプは、好きな場所に自由に移動させられるところが大きな利点です。キッチンでは乾きにくい場合、日当たりや風通しの良い場所に移動させれば乾きも早くなり衛生的です。このタイプは以下のポイントをチェックしましょう。

設置場所に合う形状・サイズ

スタンドタイプには、ふきんを3枚程度干しておけるコの字型のシンプルタイプの他、本のように扇型に広げるタイプなど色々なバリエーションがあります。基本的には設置場所に合うサイズのものを選びましょう。

なお、設置場所が決まっている場合はコの字型で十分ですが、扇型のように広げるタイプは角度も変えられるので、設置場所に応じたサイズに調整することも可能です。

コンパクトに折りたためるかどうか

ふきんを干す必要がないときや、来客があってふきんかけをしまいたいときは、コンパクトに折りたたんで収納できる仕様のものが便利です。折りたたみ式のふきんかけの多くは2〜3㎝程度の幅にできるので、棚の隙間などのちょっとしたスペースに収納しておくことができます。

吊り戸棚に設置するタイプ

キッチンのシンク上などに吊り戸棚がある場合は、その棚の底板に取り付けられるふきんかけを選択肢に加えましょう。設置パーツを棚に挟み、ネジを回し締めるだけで固定できます。

このタイプは、吊り戸棚の下の空間を活用できるというメリットもあります。ただし、商品によって設置できる底板の幅が異なるため、購入前に必ずサイズを確認しておきましょう。

強力磁石で固定できる「マグネットタイプ

強力なマグネットで設置できるタイプは、冷蔵庫など磁石が使える場所に簡単に取り付けることができます。冷蔵庫の他、洗濯機やスチール製の棚などにも使えるので便利です。

幅広い場所に設置できる「両面テープタイプ

手軽さを重視するなら両面テープで付けるタイプも便利です。凹凸のない材質であれば、マグネットより幅広い場所に設置できるでしょう。ただし、設置場所の汚れやホコリをあらかじめ除去しておかないと粘着力がすぐに弱まるので要注意です。

簡単に取り付けられる「吸盤タイプ

両面テープと同様に設置面が汚れていると使えませんが、真空状態を利用する吸盤タイプも簡単に取り付けることができます。

通気性が確保された仕様かどうか

せっかくふきんかけを購入しても、干したふきん同士がくっつきそうな仕様だと、乾きにくくて不便かつ不衛生です。上記のふきんかけのタイプを絞り込んだら、ふきんをかけるアームやバーの幅や間隔がしっかり確保されているかどうかをチェックしましょう。

通気性を良くする工夫も

アームやバーの幅に加えて、通気性の良い工夫が施されているかどうかも検討した方が良いポイントです。例えば同じスタンドタイプでも、マガジンラックのように段差が付いている仕様だと空気に触れやすく効率的に乾かすことができるでしょう。

また、アームやバーを左右に動かせるタイプなら、ふきん同士を離すことができるので乾きが早くなります。

何枚干すことができるか

一般的なふきんかけは3枚用が多いですが、中には4〜5枚同時に干せるタイプもあります。場所や用途によってふきんを複数枚使い分けている方など、ふきんをしょっちゅう取り替える場合は対応枚数が多い方が便利でしょう。

材質も確認しよう

濡れたふきんをかけるので、耐水性が高くサビにくいかどうかも確認しましょう。ふきんかけに適している材質として挙げられるのは、サビにくく耐久性のあるステンレスで、実際にステンレスを採用している商品は多いです。

強度のあるスチール製もふきんかけに適していますが、ステンレスと比べるとサビやすいため、粉体塗装などのコーティングが施されているものを選びましょう。

色で選ぶ

スタンダードなふきんかけの色は、衛生的なステンレスカラーや清潔感のあるホワイトが多く人気もあります。シルバー系のステンレスカラーもホワイトも、どのようなキッチンにもマッチするでしょう。

キッチンのカラーコーディネートにこだわりがある場合は、落ち着いた雰囲気のブラウンカラーやシックでスタイリッシュなブラックなどの選択肢もあります。

マルチ機能の一体型も人気

ふきんかけだけではなく、まな板を干しておけるホルダーやラップ類を保管しておけるラックも付いている一体型も人気があります。一体型は主に吊り戸棚に取り付けるタイプで、上部にラックやまな板置きがあり、下部にふきんを干すバーが付いている仕様のものが多いです。

スポンサーリンク

ふきんかけ人気おすすめ商品TOP10

では、実際にどのようなふきんかけが人気なのか、売れ筋の10商品の特徴をチェックしていきましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第10位 天馬 FV18 ファビエ ふきんスタンド

天馬 FV18 ファビエ ふきんスタンド

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,350

落ち着いたブラウンカラーで高級感のあるスタンド式のふきんかけです。高さの異なるバーが3つ付いていて、最も高いバーの高さは約29㎝。幅は22㎝、奥行きは10㎝となっています。キッチングッズに多いステンレスカラーやホワイト系では物足りない方におすすめです。

亜鉛メッキとブラウン粉体塗装のWコーティングなのでサビにくく、耐久性にも優れています。バーの高さが違うのでふきんが空気に触れやすく、乾きやすいところも魅力ポイント。

第9位 レック ふきん掛け 粘着 テープ 5本

レック ふきん掛け 粘着 テープ 5本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 327

ふきんを5枚干しておけるレック製のふきんかけです。粘着テープで取り付けるタイプで、冷蔵庫や洗濯機、タイルやガラスなどの凹凸のないなめらかな面に設置できます。

粘着テープが使えない場所には、手持ちの木ネジを使って設置することも可能です。軽くてお手入れしやすいスチロール樹脂製。本体を外して水洗いすることもできます。5枚掛けられる割に低価格なので使用枚数が多い方におすすめの一品です。

第8位 蜂の巣 折り畳み布巾ハンガー 雑巾掛け キッチン 台所 収納 スタンド式 (ブルー)

蜂の巣 折り畳み布巾ハンガー 雑巾掛け キッチン 台所 収納 スタンド式 (ブルー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,180

使わないときは幅2㎝に折りたたんでしまうことができるふきんかけです。使用時は本を開くように扇型に広げてふきんをかけます。軸となるジョイントパーツ部分の可動域は360度なので、好きな形にフレキシブルに変えることができます。

ふきんをかけるパーツにはユニクロメッキと粉体塗装のWコーティングなので、サビに強く、濡れたふきんをかけても劣化しにくいです。サイズは高さ26㎝、幅28㎝。軸色はさわやかなブルーで清潔感があり、どんなキッチンにもなじみやすいデザインです。

第7位 SG スタンド式 ふきん掛け KK-201

SG スタンド式 ふきん掛け KK-201

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,380

レック製の自立タイプのふきんかけです。設置時のサイズは高さ約25㎝、アーム長さ約30㎝、幅10.5㎝。ふきんがかけられる長さは約25.5㎝です。未使用時はコンパクトに折りたたんでおけるので収納場所もとりません。

ふきんが乾きやすい幅広アームはサビにくく耐久性に優れたステンレス製。なおかつアームは左右に動かせるため、さらに風通しを良くすることができます。設置方法を変えれば牛乳パックやペットボトルを引っ掛けて乾かすこともできるマルチ仕様となっています。

第6位 ふきんかけ 布巾スタンド 布巾ハンガー (ホワイト)

ふきんかけ 布巾スタンド 布巾ハンガー (ホワイト)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,243

シンプルなスタンドタイプのふきんかけです。調理台や棚などにそのまま置くだけなので取り付け作業が要らず、好きな場所に設置することができます。色は清潔感のあるホワイトなのでインテリアの邪魔になりません。

材質は軽くてお手入れしやすいスチール製です。サイズは高さ23㎝×幅28.5㎝×奥行き10㎝。適度に空間が設けられているのでふきんが乾きやすく、清潔に保つことができます。また、縦横の向きを変えて設置することもできるので、ふきんのサイズや設置スペースに応じた使い分けも可能です。

第5位 山崎実業 戸棚下まな板&布巾ハンガー タワー ホワイト 2493

山崎実業 戸棚下まな板&布巾ハンガー タワー ホワイト 2493

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,463

ふきんと一緒にまな板も設置することができる多機能タイプのふきんかけです。2段式になっていて、下側にはふきんをかけるバーが付いています。吊り戸棚の下に差し込んで設置するタイプなので空間を有効利用することができて便利。

設置場所によっては、ふきんに限らず大き目のハンドタオルなども干しておくことができます。まな板を置く部分は枠のみでベタ置きではないため、空気に触れやすく衛生的に収納しておけます。材質は軽量なスチール製で、粉体塗装が施されているため水にも強いです。

第4位 レック SG ふきん掛け 吸盤 ・ 粘着 テープ

レック SG ふきん掛け 吸盤 ・ 粘着 テープ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,294

吸盤と粘着テープのどちらも選べるレック製のふきんかけです。使いたい場所の材質や使い勝手に応じて設置方法が選べるところが魅力ポイント。アームはステンレス製の幅広タイプなのでサビにくく乾きやすいです。

吸盤は、吸盤より大きいタイルや無地のステンレスなどの光沢のある平らな面に取り付け可能。粘着テープは、化粧合板やガラスなど凹凸のないなめらかな面に設置することができます。さまざまな場所に設置できる割に価格はリーズナブルな、コスパ良好な一品です。

第3位 田窪工業所 吊戸はさみ用 ふきん掛け HKS-4

田窪工業所 吊戸はさみ用 ふきん掛け HKS-4

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 845

吊り戸棚の底板に取り付けるタイプのふきんかけです。底板を挟む部分はキズを付けにくい仕様になっているため、安心して使うことができます。設置できる底板の厚さは15〜25mmで、パイプが用いられている場所には取り付けられません。

ネジ締めタイプだから取り付けも簡単です。吊り戸棚の下のスペースを有効利用することができるので一石二鳥。アーム部分はステンレス製なので濡れてもサビにくく、見た目にも清潔感があります。

第2位 レック 吊戸棚 ふきん掛け (3本)

レック 吊戸棚 ふきん掛け (3本)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,166

吊り戸棚に挟むようにして取り付けるタイプのふきんかけ。アームは3本です。キッチンなどの吊り戸棚の底板に挟み、そのまま締めるだけなので取り付けも簡単。戸棚にキズを付ける心配もありません。設置可能な底板の厚さは15〜26mmです。

ふきんをかけるアームはサビにくく耐久性のあるステンレス製。幅広アームなので干したふきんがくっつかず、乾きが早いところも魅力です。

第1位 レック SG ふきん掛け ウルトラ マグネット

レック SG ふきん掛け ウルトラ マグネット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 636

強力なネオジム磁石を採用し、しっかり取り付けることができるふきんかけです。冷蔵庫や洗濯機、スチール製品などマグネットが付くさまざまな場所に設置することができます。ふきんをかけるアームは3本。

アーム部分はステンレス製なのでサビにくく、汚れても拭き取りやすいところもうれしいポイント。普通の物干しだとふきんがくっついてしまうことがありますが、本品のアーム幅は広いので乾きやすいです。長さもしっかりあるため使いやすいと評判の一品です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ふきんかけの効果的な使い方

キッチン

ふきんかけは、なるべく通気性の良い場所や日当たりの良い場所に設置することをおすすめします。キッチンが北向きで窓がない場合は、まわりを物で囲まないようにし、空気に触れやすい状態にするか、他の場所にこまめに移動させるようにしましょう。

また、シンプルな形状のものが多いふきんかけですが、工夫次第でふきんを干す以外の用途にも使うことができます。おすすめのアイディアをご紹介しましょう。

ジッパー付き保存袋を乾かす

使い回すことのあるジップロックなどのジッパー付き保存袋は、食材などを入れておくことが多いので、しっかり干して衛生的に使いたいですよね。ふきんかけの中にはこうした保存袋を干すのに適したタイプもあります。

例えば、吊り戸棚に設置するタイプやマグネットタイプのように、軸からアームが出ている仕様のものは、保存袋を乾かすのにも便利です。ざっと洗った袋にアームを引っ掛けるだけなので、洗濯ハサミなどを使うよりも簡単に干すことができるでしょう。

牛乳パックやペットボトルを乾かす

保存袋と同じように、牛乳パックやペットボトルなどリサイクルBOXに出す前に洗ったものを乾かすのにもふきんかけは重宝します。こちらもアームタイプが便利で、牛乳パックの口の部分を開いてそのまま引っ掛けておけばOKです。

ペットボトルは口のサイズが小さいので、アームやバーの太さ・幅によっては対応できませんが、口から差し込んでおくだけで簡単に干すことができます。

食器洗い用のゴム手袋を干す

ふきんかけは、湿気がこもりやすい食器洗い用のゴム手袋を、引っ掛けたり吊るしたりすることもできます。

なべ敷きや耐熱ミトンを吊るしておく

耐荷重量内の重さであることやサイズが合うことが前提ですが、アームタイプのふきんかけは、ループ付きの布製なべ敷きや鍋つかみ、料理用の耐熱ミトンなどを吊るしておくのにも便利です。

S字フックやワイヤークリップを活用する

ふきんかけにS字フックやワイヤークリップなどのアイテムを引っ掛ければ、用途の幅はさらに広がります。例えば、スポンジやタワシなど、衛生的に保ちたいキッチンまわりの小物を干しておくのに重宝しますよ。また、フックなら輪ゴムを引っ掛けておくのにも便利です。

特に、一般的なスタンドタイプはアームタイプのように横から差し入れることができないので、フック類を補助的に使うことをおすすめします。

まとめ

ここまで、ふきんかけの選び方のポイントや人気商品の特徴などについてご説明してきましたが、参考になる情報はありましたか?

ふきんかけは、形状や設置方法によって主に5種類に分けることができるので、キッチンのレイアウトや設置スペースなどに応じて選びましょう。吊り戸棚がある場合は底板に設置するタイプが便利ですが、通気性も日当たりも悪い場合は置き場所を変えられるスタンドタイプもおすすめです。

また、ふきんかけは割と目に付きやすいものなので、キッチンのインテリアにマッチする色・デザインのものを選ぶことも大切なポイントです。

形状によっては、ふきんかけは「ふきんを干す」以外にも日常的にさまざまな用途に応用できる便利アイテムです。ここでご紹介したチェックポイントを参考にしながら、ご自身のライフスタイルや好みに合う一品を見つけて下さいね。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.