1. グッディ∞
  2. 生活雑貨直火式エスプレッソメーカーおすすめ比較ランキング!IH対応など人気なのは?

2018/02/15更新

直火式エスプレッソメーカーおすすめ比較ランキング!IH対応など人気なのは?【2018年】

エスプレッソメーカー

本場イタリアでは「マキネッタ」と呼ばれ、手軽に本格的なエスプレッソを作ることができる直火式エスプレッソメーカー。直火にかけることで発生する蒸気圧を利用し、濃厚なコーヒーを抽出する直火式エスプレッソメーカーは、イタリアでは一家に2〜3台保有していると言われています。

日本でも直火式エスプレッソメーカーを愛用している人が増えているので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、「目覚めに手早くおいしいエスプレッソが飲みたい」「電気式より手軽な直火式のエスプレッソメーカーが欲しい」という方のために、選び方の基本ポイントや人気商品の特徴などについて解説していきます。

ご自身にとって使いやすい直火式エスプレッソメーカーを選ぶための参考にしてくださいね。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

直火式エスプレッソメーカーの選び方

コーヒー

「買って良かった!」と思える直火式エスプレッソメーカーを見つけるには、どのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。以下に基本的な検討ポイントを挙げているので、ひとつずつチェックしていきましょう。

アルミニウム製かステンレス製か

直火式エスプレッソメーカーに使われている材質は、アルミニウム製かステンレス製がほとんどです。それぞれにメリット・デメリットがあるので特徴を知っておきましょう。

なお、最も重要な味については、使いはじめにはそれぞれ特有の風味が感じられることがあり好みが分かれるところですが、大きな違いはないと言われています。

アルミニウム製

伝統的なスタイルの直火式エスプレッソメーカーはアルミニウム製で、本場イタリアでは現在でも主流となっています。アンティーク風の味わいのある質感があり、ステンレス製より手頃な価格で入手できるところが魅力です。

ただし、アルミ製本来の性質上、使い込んでいくと白いシミのようなものが付いたり黒く変色することがあります。そのまま使っても健康に悪影響はありませんが、見栄えが悪くなってしまうので気になる方はステンレス製を使った方が良いでしょう。

なお、日本のように湿度が高く、イタリアほど使用頻度が高くない状況だと上記のような汚れが発生しやすいです。使用後はしっかり洗浄&乾燥を心がけると予防につながります。

ステンレス製

モダンでスタイリッシュなデザインの商品が多いのがステンレス製です。ステンレスはアルミニウムより耐久性が高く、サビにくい性質があります。なめらかな質感があり、見た目の美しさを保ちながら衛生的に使い続けることができるでしょう。

ステンレス製の直火式エスプレッソメーカーのデメリットは、アルミ製より価格が高めという点です。あとはデザインの好みが分かれ目になりますが、お手入れのしやすさを重視する方はステンレス製がおすすめです。

適切な容量はどれくらい?

直火式エスプレッソメーカーには、1カップ用のコンパクトタイプや18カップ用の大容量タイプなどさまざまな容量・サイズの品揃えがあります。

エスプレッソ1カップ=約50cc

一般的に、エスプレッソの単位は1カップあたり50ccで、デミタスカップ1杯分が目安となっています。ですから、これを基準に使用人数や飲む量を踏まえ、何カップ分必要かを検討しましょう。

一般家庭では2〜4カップ用が使いやすい

例えば、一人暮らしの方であれば1〜2カップ用が使いやすく、2人分作ることが多いとしたら2〜3カップ用がおすすめです。とはいえ、通常より多めに飲むことが多い場合は、2人分でも4カップ用を使う方も多いです。

友人が来ることが多く、少人数のホームパーティーなどでエスプレッソを振る舞いたいという方は、6カップ用を持っていると重宝するでしょう。

大きめサイズを使うときの注意点

「来客時に足りないと困るから、大きめのサイズにしておこう」と考えて、普段は3カップもあれば十分なのに6カップ用を購入するのはおすすめできません。なぜなら、直火式エスプレッソメーカーは容量いっぱいに作ることでしっかりと圧をかけ、濃厚な仕上がりになるからです。

容量の半分で作ると薄くなってしまうので、大きめサイズが欲しい方は少ない量でもしっかりと圧力をかけられる「減量フィルター」が付いているタイプを選びましょう。

IH調理器に対応しているかどうか

自宅の調理器がIHクッキングヒーターだという方は、IH対応機種かどうかもチェックしておきたいポイントです。伝統的なアルミニウム製のエスプレッソメーカーはほぼIH非対応ですから、IHに使う方はステンレス製から探しましょう。

ただし、ステンレス製でもIH非対応のものがあり、有磁性のステンレスでないとIHが反応しないという注意点があります。自分で見分けるのは困難ですから、商品に「IH対応」と明記されているタイプを選びましょう。

クレマやカプチーノを作れるタイプも

エスプレッソを作ることに加え、プラスαの機能を備えている商品も人気があります。

例えば、お店で提供されるエスプレッソや電気式エスプレッソメーカーと比べると、直火式エスプレッソメーカーは表面にクレマが現れにくいのですが、特殊な仕様で人工的にクリーミーなクレマを作ることができるタイプも。

また、エスプレッソにミルクフォームを加えたカプチーノを簡単に作れる機種も存在するので、好みに応じて選びましょう。

スポンサーリンク

直火式エスプレッソメーカー人気おすすめ商品TOP8

次に、売れ筋の直火式エスプレッソメーカーをご紹介していきます。8商品を厳選しましたので、その特徴や魅力をチェックしていきましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第8位 ビアレッティ 直火式 モカアルピナ グリーン 2762

ビアレッティ 直火式 モカアルピナ グリーン 2762

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,381

アルプスの山岳兵「アルピーニ」をモチーフにした、おしゃれでユニークなデザインの直火式エスプレッソメーカーです。イタリアでトップシェアを誇るビアレッティ社製で、容量は160ccの3カップ用となっています。

本体はアルミ合金製。フタが山岳兵の帽子のようなデザインになっているので、登山やキャンプなどのアウトドアに持参するのにもおすすめです。普段使いにすれば、いつものコーヒータイムがさらに楽しくなりそうな一品です。

第7位 ZARINA (ザリーナ) エスプレッソメーカー 3cup用 グレー RZ-3GL

ZARINA (ザリーナ) エスプレッソメーカー 3cup用 グレー RZ-3GL

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,592

モダンでおしゃれなデザインで人気の、イタリアのメーカー リゾリ社製直火式エスプレッソメーカーです。「ザリーナ」シリーズはスタイリッシュな中にも温もりを感じさせるカラー展開が特徴で、本品はどんなキッチンにもなじみやすいグレーです。

容量は140mlで、2〜3人分に適した3カップ用。コンパクトでおしゃれなので出しっぱなしにしても邪魔になりません。温度を均一に保ちやすく冷めにくい溶解アルミニウムとダイキャスト製法を採用しています。

第6位 IH対応保証 エスプレッソメーカー 「イザベラ」 4カップ用 (スペイン製)

IH対応保証 エスプレッソメーカー 「イザベラ」 4カップ用 (スペイン製)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,832

スペインの大手調理器具メーカー ヴァリラ社製の直火式エスプレッソメーカー。抽出量は約200cc、2〜4人分に適した4カップ用です。IH対応保証となっていて、シーズヒーターヤニクロムヒーター、セラミックヒーターにも使うことができます。

材質はお手入れしやすく耐久性に優れたステンレス製。ベークライトで作られたハンドルは強度があり握りやすいデザインです。日本語の説明書の他、スペアのゴムパッキンやアレンジレシピ集も付属している良心的な商品となっています。

第5位 【本場イタリア製】G.A.T マグニフィカ 3カップ 直火+IH対応 GAMG3

【本場イタリア製】G.A.T マグニフィカ 3カップ 直火+IH対応 GAMG3

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,800

イタリアのトップメーカーG.A.T社製の直火式エスプレッソメーカーです。直火はもちろんIHにも対応し、3〜5分で美味しい本格エスプレッソを作ることができます。ただし、日本のIHの中には反応しない場合があるため、説明書の対処方法を確認しましょう。

本体は伝統的なフォルムですが、ウッド調のハンドルがアクセントになっていておしゃれ。デミタスカップ3カップ用なので2〜3人分を淹れる場合に丁度良いサイズです。

第4位 ビアレッティ ブリッカ 2カップ 1938

ビアレッティ ブリッカ 2カップ 1938

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,270

エスプレッソの表面にできるクリーミーな微細な泡(クレマ)を人工的に作ることができます。イタリアの老舗メーカー ビアレッティ社の定番「モカエキスプレス」の進化版とも言える一品です。

容量80mlの2カップ用。特殊バルブを採用し、抽出の最後に圧をかけることでクレマが生まれます。価格はモカエキスプレスより高めですが、濃厚な本格コーヒーと共にクリーミーなクレマも楽しみたい方におすすめの一品です。

第3位 ビアレッティ 直火式 ムッカ エキスプレス 牛柄 2カップ 1908

ビアレッティ 直火式 ムッカ エキスプレス 牛柄 2カップ 1908

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 11,500

エスプレッソとミルクフォームを同時に作ることができる、ビアレッティ製の直火式カプチーノメーカーです。コーヒー粉末と水、ミルクをセットすれば、約6分間でクリーミーな泡立ちの本格カプチーノができあがります。2カップ用。

バルプの設定を調整すれば、カフェラテにすることもできる優れもの。軽量カップも付属しているので、説明書どおりにブレンドすれば初心者でも簡単に美味しく作れるでしょう。白と黒のホルスタイン柄というところもユーモアを感じさせ、それでいておしゃれにまとまっているところがさすがイタリア製です。

第2位 ビアレッティ 直火式 ヴィーナス 4カップ 1682

ビアレッティ 直火式 ヴィーナス 4カップ 1682

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,980

なめらかな光沢があり耐久性に優れたステンレス製の直火式エスプレッソメーカーです。イタリアで50年以上の歴史がある世界最大手ビアレッティ社製。ビアレッティと言えば伝統的なアルミニウム製のモカエキスプレスが有名ですが、本品はステンレスでモダンなデザインを実現。

美しい女性を思わせる優美なデザインは、その名のとおり「VENUS」にふさわしいと評判です。容量は200mlで4カップ用。2〜4人で楽しむのに適したサイズです。お手入れしやすいところもステンレスならではの利点です。

第1位 ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 3カップ

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 3カップ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,500

イタリアの老舗コーヒーメーカー「ビアレッティ」の定番エスプレッソメーカーです。イタリアはもちろんヨーロッパ各国でも愛用者が多く、直火式エスプレッソメーカーを初めて使う方におすすめの一品。

モカエキスプレスのサイズ展開は1〜18カップ用までありますが、本品は2〜3人で楽しむのに適した3カップ用です。材質はアルミニウムで、美しい八角形のフォルムも人気のポイント。ハンドルは人間工学に基づいて設計されるなど、アンティーク風の味わいがありながら使い勝手にも優れた商品です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

直火式エスプレッソメーカーの効果的な使い方

ラテアート

最後に、直火式エスプレッソメーカーを効果的に使うコツや、アレンジメニューをご紹介します。

コーヒー豆は細挽きでOK

コーヒーショップなどで売られているエスプレッソ用の豆の多くは、電気式エスプレッソメーカーに適した「極細挽き」となっています。極細挽きの豆を直火式に使うと、細かすぎて目詰まりを起こすことがあるため、細挽きがおすすめです。

弱火でじっくり&抽出音を聞く

おいしいエスプレッソを作るには、弱火でゆっくりと抽出するのがコツです。強火で一気に淹れようとすると、まだ水温が高くなっていないのに上がってしまうことがあります。

また、抽出が始まると小さな音がし始め、抽出が完了する頃には「ボコボコ」と大きめの音に変化します。この音がしたらすぐに火を止めるか器具をコンロからおろしましょう。そのまま放置するとコーヒーが焦げてしまいます。

アレンジメニューにもチャレンジしよう

直火式エスプレッソメーカーに使い慣れてきたら、以下のようなアレンジメニューにもチャレンジしてみましょう。

ミルクたっぷりの「カフェラテ

カフェラテは、エスプレッソにミルクをたっぷり注いで作ります。イタリアでカフェといえばエスプレッソのことをあらわし、ラテ=牛乳という意味です。ミルクはあらかじめ電子レンジなどで温めてから入れましょう。クレマが出ないためお店のようなラテアートは作れませんが、簡単に作りたてのカフェラテを飲めて初心者でも実践しやすいおすすめアレンジです。

ふわふわミルクフォームを乗せた「カプチーノ」

カプチーノもエスプレッソにミルクを入れて作りますが、カフェラテと異なるのはミルクを泡立てるという点。自宅にクリーマーがあれば、エスプレッソを抽出している合間に、温めたミルクを泡立てておきましょう。泡立て器でもOKです。エスプレッソをカップに注ぎ、ミルクフォームをトッピングすれば完成です。

甘くてほろ苦い「キャラメル・マキアート」

エスプレッソに温めたミルクフォームを注いで、キャラメルシロップをトッピングすれば、甘みと苦味のハーモニーがたまらないキャラメル・マキアートに。チョコシロップなど好みに合わせてトッピングをすれば日替わりでアレンジメニューを楽しむことができますよ。

お酒に入れる楽しみ方も

お酒に強い方は、エスプレッソにグラッパなどのアルコール度数の高いお酒を加えて飲むという楽しみ方もおすすめです。エスプレッソにお酒を入れるたしなみ方はカフェ・コレットと呼ばれ、イタリアでは砂糖も加えて食後に楽しむそうです。

まとめ

ここまで、直火式エスプレッソメーカーの選び方のポイントや人気商品の特徴など、購入前に知っておきたい情報についてご説明してきました。気になる商品や情報はありましたか?

直火式エスプレッソメーカーを選ぶ際は、まずアルミニウム製にするかステンレス製にするかを検討し、使用量に合うサイズ・容量で絞り込みましょう。IHを使っている方は、対応しているタイプかどうかも要チェックです。

今回ご紹介した情報を参考にしながら、ご自身のライフスタイルに合う一品を見つけてくださいね。お気に入りの直火式エスプレッソメーカーがあると、いつものコーヒータイムがいっそう味わい深く豊かなものになりますよ。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.