1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの布団干し比較ランキング!人気で使いやすいのは?

2018/02/08更新

おすすめの布団干し比較ランキング!人気で使いやすいのは?【2018年】

布団

布団干しのおすすめをランキング形式でご紹介します。布団は重いので頑丈なバーが必要となります。そのため、専用の布団干しを使うことが多く、その種類もさまざまです。

そんな布団干しの人気商品を、選び方や便利な使い方も説明しつつピックアップしていきます。あなたの使いやすい布団干しを見つけて、ぜひお日様に当ってふわふわになった布団で快適な睡眠を楽しみましょう。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

布団干しの選び方

家事男性

布団干しを選ぶ際に基準となる条件について説明させていただきます。布団干しが欲しいけれど、どんなものがあるのか、また、どんなものがいいのかわからないということで迷ってしまう場合があります。

そんなときにはあなたにとってどのような布団干しが必要なのかを考え、その条件を前提に1つ1つ確認していくといいでしょう。ご要望に応えることのできる布団干しの種類をご紹介しますので、ぜひ布団干しを選ぶ際の目安にしてみてください。

スペースで選ぶ

現代日本の住宅事情を考えた場合、布団干しにどの程度のスペースを確保できるのかということはかなり重要な前提条件となります。布団は大きいものなので、ある程度のスペースを必要としますが、布団干しによっては、省スペースで多くの布団を干せるものなどがあります。

また、布団干しは使わないときにコンパクトに収納できるかどうかも大切です。簡単に収納することができれば空いたスペースを有効活用することができるからです。布団干しの使用時のスペースと、収納時のスペースを考えて選んでみましょう。

広い場所でも狭い場所でも使いやすい屏風型

従来の屏風とは違いますが、四角いパイプ枠を組み合わせた屏風型の布団干しは、使いやすくて人気のある商品です。使う際には広げて、枠部分に布団を掛けるだけ、使わないときには畳んでしまうと枠のサイズのみの省スペースサイズで収納が可能となります。

高さがあまりなく、運びやすいのが特徴です。単純な構造ですが、単純なだけに頑丈で、布団の重さを支えて安定感があります。また、四角い枠を組み合わせることで干せる布団の数が増やせるので、大量に布団を干したい場合に大変便利なタイプです。

使用時のスペースは広げ方で変わるので、空間の調整が可能であることも人気の理由となっています。

干すときは広く収納時はコンパクト簡単便利なスタンド型

脚を広げてセットすることのできるスタンドタイプは、布団を干すときには広いスペースを使い、折りたたむと省スペースで収納できる使いやすさが人気です。また、使われているパイプも太すぎないものが多いので、あまり重くないのも特徴。

その分耐久性は低めで、特に接続部分が壊れやすいという弱点もあります。スタンドタイプには伸縮タイプもあり、枚数を多く干したいときには広げて、少ないときには縮めて使うことができます。布団の他に洗濯物も干せるのも便利です。

省スペースのシングルタイプ

シングルの布団干しは、いわば移動できる背の低い小さな物干し台といった感じの仕様となっています。また、シングルで幅を取らないので、狭い場所でも使えるという特徴があります。

基本的には布団1枚を干すためのもので、布団を干さないときには普通に物干し台としても使えます。あまりスペースがないマンションのベランダなどで使い勝手がよく、布団干しだけでなくいろいろ使えるので便利です。

布団の干せる枚数で選ぶ

布団干しを選ぶ際には、布団を何枚程度干したいのかということを目安に選ぶのも大切です。1枚だけ干すだけならスペースを取らないシングルタイプの布団干しが便利ですし、2枚以上干したい場合には、スタンドタイプのものや、屏風タイプのものから欲しい枚数のものを選ぶといいでしょう。

布団干しの仕様には必ず干せる最大枚数が書かれているので、それを確認して選ぶようにしてください。普段は2枚干せればいいけれどお客さんが来たときに増やしたいという場合には伸縮タイプがおすすめです。

材質で選ぶ

布団干しを選ぶ際に、その材質もチェックするようにしましょう。材質によって耐久性や重さ、見た目などが違って来るので、その使い勝手も変わってきます。どの材質にも一長一短あり、パーフェクトな材質というものはありませんが、それぞれの長所短所を理解した上で選ぶようにすると、使う際にもその特徴を活かした使い方ができます。

頑丈で美しいステンレスパイプ

ステンレスは錆びない金属なので劣化せずにいつまでも美しいシルバーで、とても使い勝手のいい素材です。しかし値段が高く、重いので、布団干しの素材としては鋼管の皮膜として使われていることが多くなっています。ほとんどのステンレス布団干しは皮膜したものです。

本当のステンレスのパイプと違い、皮膜したものは軽く、皮膜が効果を発揮している間は錆びることがないので、きれいに使い続けることができます。ただし傷が入ると錆びてしまうので、注意して使うようにしてください。

安定感のある塩ビ皮膜パイプ

鋼管に塩化ビニールで皮膜したものも布団干しの素材として人気です。ステンレス皮膜と違ってカラーがある程度自由につけられるので、白やブルーなどの布団干しに人気のカラーのものが多いようです。

塩化ビニール皮膜加工がしてあると錆びず、水洗いも楽にできて便利です。ただし、ホコリはつきやすいので、こまめに雑巾などで拭くようにするといいでしょう。塩化ビニールの皮膜に傷が入るとなかの鋼管が錆びてしまうので注意しましょう。

軽くて扱いの楽なアルミパイプ

アルミパイプ素材はとても軽く、お値段も安めで購入しやすく人気があります。アルミは錆びても白くなるだけなので、あまり見た目が劣化しないという特徴があります。

しかし、アルミ素材は耐久性が低いので、重い布団を干し続けるという負担が続くと、構造にもよりますが、あまり長持ちはしない可能性が高いのが弱点となっています。とは言え、軽くて扱いやすいので、室内干しの素材としてはかなりおすすめです。

スポンサーリンク

布団干し人気おすすめ商品TOP13

布団干しのなかで現在人気で売れている商品をランキング形式でご紹介させていただきます。たくさんの布団を干したい場合におすすめで人気となっているのが、四角い枠を接続して折りたたみができる屏風型の布団干しです。

また、洗濯物も干せる多機能な布団干しもとても人気です。いろいろな種類の布団干しがありますが、ぜひこのなかからあなたの環境にぴったりの布団干しを見つけてみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第13位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 5枚干し ステンレスSFW-50R

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 5枚干し ステンレスSFW-50R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,926

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 5枚干し ステンレスSFW-50Rは、布団を5枚干すことのできる布団干しです。材質はステンレス巻きスチールパイプにポリプロピレンの接続部が設置されていて、四角い布団干し部分が1辺を支点にして広げたり閉じたりすることができる屏風型となっています。

収納時には閉じた状態で場所を取らず、使用する際には広げることで安定して布団を支える造りとなっています。サイズは幅約242cm×高さ約115cm、重量は約8kg。施設や大人数の家庭向けの布団干しです。

第12位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し アルミ 幅約1,455~2,400×奥行約820×高さ約1,180mm

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し アルミ 幅約1,455~2,400×奥行約820×高さ約1,180mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,926

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し アルミ 幅約1,455~2,400×奥行約820×高さ約1,180mmは、幅を広げることのできる伸縮スタンドタイプの布団干しです。材質はアルミなので大変軽く、持ち運びも便利です。使用時には、幅が約145.5cmから約240cmの間で伸縮可能。

奥行約82cmで高さ約118cmとなっています。狭い状態で布団を両端に2枚干すことができ、幅を広げた状態で、計4枚の布団を干せます。重さは2.6kg。2人から4人家族の家庭におすすめです。

第11位 MORY ステンレスベランダ布団干し スリム幅・セパレートタイプ FC-10

MORY ステンレスベランダ布団干し スリム幅・セパレートタイプ FC-10

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,112

MORY ステンレスベランダ布団干し スリム幅・セパレートタイプ FC-10は、ベランダが狭い場合に使いやすい布団干しです。サイズは1つが幅78cmから106cm×奥行50cm×高さ120cmのシングル布団干しで、これが2つセットになっています。

ジョイント部分でそれぞれのパイプを付け外して形態を変えることができ、布団を干す場合には2組を接続して使うことで丈夫で広く使えます。使わないときはジョインとを外して、コンパクトに収納できるので、邪魔にならず便利です。

第10位 ビーワーススタイル 布団干し 4枚用 折りたたみ 室内 屋外 兼用 ステンレス製 3S-110

ビーワーススタイル 布団干し 4枚用 折りたたみ 室内 屋外 兼用 ステンレス製 3S-110

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,659

ビーワーススタイル 布団干し 4枚用 折りたたみ 室内 屋外 兼用 ステンレス製 3S-110は、布団を4枚干せるステンレスの布団干しです。室内でも屋外でも使えて、折りたたむことができる収納しやすい造りになっています。四角いパイプの枠が4つあり、1辺で全てが接続している屏風型です。

この1点を支点に扇型に広げたり、十字型に広げたりと自由に設置することができます。1つの枠のサイズが幅116cm×高さ120cmで、折りたたんだ際には厚みが9.5cmとなり、ほとんど場所を取りません。

第9位 積水樹脂 物干し 室外 ふとん干し FDX-80C

積水樹脂 物干し 室外 ふとん干し FDX-80C

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,086

積水樹脂 物干し 室外 ふとん干し FDX-80Cは、横幅を広げることで布団を4枚まで干すことができるステンレス巻きパイプのスタンドタイプの布団干しです。折りたたんだ状態からクロスさせて広げることで、室外用の布団干しとなります。

幅を広げない状態なら布団は2枚まで干せ、幅を広げると4枚まで干せるようになります。サイズは使用時なら幅140cmから235cm×奥行76cm×高さ115cmとなっていて、収納時には幅140cm×奥行10cm×高さ130cmとなります。重さは4.5kg。一般家庭で大変使いやすい布団干しです。

第8位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し 幅×奥行765×高さ2,100~3,000mm CSX-240

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し 幅×奥行765×高さ2,100~3,000mm CSX-240

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,378

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し 幅×奥行765×高さ2,100~3,000mm CSX-240は、最大、布団が4枚干せる、幅の広がるスタンドタイプ布団干しです。サイズは約幅143cmから240cmまで伸縮可能。奥行き76.5cm×高さ113.2cmとなっています。

ステンレス巻きスチールパイプで、錆びにくく、角が丸くなっているので布団もかけやすい仕様です。パイプの部品を組み立てて完成しますが、組み立てに道具は必要なく簡単です。

第7位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し スタンドタイプ 幅1030×奥行660×高さ1110mm FSA-100

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し スタンドタイプ 幅1030×奥行660×高さ1110mm FSA-100

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,251

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し スタンドタイプ 幅1030×奥行660×高さ1110mm FSA-100は、手軽に使える折りたたみ式のスタンドタイプ布団干しです。干せる布団は1枚。布団を干さないときにはアーム部分にハンガーを掛けることで洗濯物干しとしても使えます。

コンパクトなので室内、室外場所を選ばず使うことができるのが特徴です。材質は鋼管に塩化ビニール皮膜を施したもので、サイズは幅1030mm×奥行き660mm×高さ1110mm。重さは2720gとスリムな布団干しです。

第6位 平安伸銅工業 布団干し ステンレス伸縮 シングル敷布団最大4枚対応 幅140-235cm SMH-4

平安伸銅工業 布団干し ステンレス伸縮 シングル敷布団最大4枚対応 幅140-235cm SMH-4

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,980

平安伸銅工業 布団干し ステンレス伸縮 シングル敷布団最大4枚対応 幅140-235cm SMH-4は、手軽に幅の調整ができるステンレス製の伸縮スタンドタイプの布団干しです。サイズは幅140cmから235cmまで広がり、奥行69cm×高131cm。最大布団を4枚干すことができます。

パイプを繋いで組み立てるため、工具などは必要なく、簡単に組み上げることができます。使用しないときには幅140cmで奥行き約8cm、高さ131cmのサイズになって、場所を取らずに収納することができます。

第5位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 5枚干し オールステンレス 幅φ2450×高さ1250mm ASF-5R

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 5枚干し オールステンレス 幅φ2450×高さ1250mm ASF-5R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 5,630

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 5枚干し オールステンレス 幅φ2450×高さ1250mm ASF-5Rは、継ぎ目のないオールステンレスパイプの頑丈な折りたたみ式の屏風型布団干しです。四角い枠の形をしたパイプを1辺を繋いで5つ接続した形になっています。

広げると扇のように展開し、たたむとパイプ5本分の厚みの四角い枠の形になります。1つ1つの枠に布団が干せるので、全部で最大5枚の布団を干すことが可能。収納時のサイズは幅約123cm×奥行約15.5cm×高さ約125cm、重さが約6kgとなっています。

第4位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し 幅1430~2400×奥行き765×高さ1132mm CX-240

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し 幅1430~2400×奥行き765×高さ1132mm CX-240

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,258

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し 幅1430~2400×奥行き765×高さ1132mm CX-240は、アイリスオーヤマの伸縮スタンドタイプの折りたたみ布団干しです。サイズは幅143cmから240cmまで広げることができ、奥行き76.5cmで高さが113.2cmとなり、布団を最大4枚まで干せます。

材質はポリプロピレンと塩化ビニール被覆鋼管、ABS。重さは4.95kgとなっていて、大変頑丈です。使用時にはクロスさせて開き、収納時には畳んでコンパクトに収納します。

第3位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し ステンレス 幅1,455~2,400×高さ1180mm SFW-40R

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し ステンレス 幅1,455~2,400×高さ1180mm SFW-40R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,935

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し ステンレス 幅1,455~2,400×高さ1180mm SFW-40Rは、ステンレス皮膜で丈夫で美しい伸縮スタンドタイプの折りたたみ布団干しです。ステンレス皮膜パイプを接続して作られた四角い枠が4つ接続した形となっていて、最大4枚布団を干すことができます。

収納時のサイズが幅約119cm×奥行約18cm×高さ約115cm。重さは6.7kg。安定感のある倒れにくい構造をしているので屋外でも安心して布団を干すことができます。

第2位 アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し オールステンレス 幅φ2450×高さ1250mm ASF-4R

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し オールステンレス 幅φ2450×高さ1250mm ASF-4R

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,980

アイリスオーヤマ 物干し 布団干し 4枚干し オールステンレス 幅φ2450×高さ1250mm ASF-4Rは、オールステンレスのパイプ枠を4つ繋げた形の折りたたみ式の屏風型布団干しです。枠を全て展開した際には布団を4枚まで干すことができます。

収納時のサイズは、幅約123cm×奥行約12cm×高さ約125cmとなっていて、大きくは場所を取らずに収納することが可能となっています。接続のない1本のパイプで成型されているので、大変丈夫で安定感があります。

第1位 ekans(エカンズ) 伸縮式多機能ふとん干し ダブルバータイプ EX-701W

ekans(エカンズ) 伸縮式多機能ふとん干し ダブルバータイプ EX-701W

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 4,380

ekans(エカンズ) 伸縮式多機能ふとん干し ダブルバータイプ EX-701Wは、多機能な伸縮スタンドタイプの布団干しです。幅と高さの調整ができ、展開時には、幅は約121cmから200cmまで、高さは94cmから130cmまで調整ができます。奥行79.5cm。重さは約5.8kgとなっています。

片方のバーは横に幅を取ることができるダブルバーとなっていて、布団を干した際に空間を作って空気の通りをよくすることができます。また、片方のバーにはハンガー掛けがあり、洗濯物干しとしても便利に使えます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

布団干しの効果的な使い方

毛布

布団干しの効果的な使い方と言えば、布団の干し方ということになります。そこで、布団干しを使って効果的に布団を干すために知っておきたいことをご紹介します。布団干しは日光に干すことで、布団を乾燥させることが主な目的です。

日光の殺菌効果や熱によるダニ除け効果などもあり、布団を快適に保つためにはぜひ行いたいこととなっています。しかしどのくらい干せばいいのか、という疑問や、外に干すと花粉がつくのでは? という問題もあります。そういったことを少し考えてみましょう。

布団を干す時間

布団を干す時間は実はかなり重要です。日が出ている間は干しっぱなしでいいだろうと思っていると、せっかく乾燥した布団に湿気が溜まってしまうこともあります。布団を干すのはだいたい日光の強い時間に2時間程度、また、表にして干すのは寝る側になります。

もし余裕があるなら1時間ごとに裏表両面を干せるとさらにいいでしょう。季節によって布団干しに最適な時間帯も違うので、意識して干すようにしてください。

夏場

夏場の最適な時間帯は午前10時から午後2時の間となります。この時間内に2時間布団を干しましょう。

冬場

冬場の最適な時間帯は、午前11時から午後1時とかなり短いので注意が必要です。ぱぱっと2時間干してしまいましょう。

布団の種類による干し方

布団のなかのワタの種類によって布団干しをどのようにしたらいいのかが違ってきます。これはそれぞれの素材の吸湿性や放湿性に関係していて、吸湿性がよく、放湿性が悪いものは頻繁に布団干しが必要ですが、そもそも吸湿性がほとんどないものはあまり布団干しを必要としません。

ただ、布団干しをすると気持ちがいいのも確かなので、頻繁にする必要がない布団も、ある程度は時間をみて干すといいでしょう。

ポリエステル綿

現在の布団に多いのがポリエステル綿です。ポリエステル綿は人工素材なので、吸湿性はあまりよくありません。その上放湿性は高いので、湿気がたまらないという性質を持っています。ポリエステル綿は1週間から2週間に1回程度布団干しをすれば大丈夫でしょう。

木綿

昔から布団に使われている木綿は、吸湿性が高く、放湿性が低いという特徴があり、汗などを吸ってくれるのですが、湿気がたまりやすい性質です。そのため、布団干しも頻繁に必要で、3日に1回ぐらいは干したほうがいいでしょう。

羽毛

羽毛布団は布団干しの際に最も注意が必要な布団と言っていいでしょう。吸湿性が低く放湿性はそこそこといった性質なのですが、特筆すべきは、紫外線に弱いということです。

そのため、羽毛布団は日の当たるところには干さないほうがいいのです。乾燥させることを主目的として、2週間に1回程度干すようにしてください。

ウール

ウールは吸湿性も放湿性もよく、よほど湿気のあるところに収納しない限り、あまり湿気のたまらない素材です。そのため、ウール素材の布団も日に当てる必要はありません。ときどき風を当てて内部の空気を循環させる手助けをしてあげましょう。

布団干しを使って屋内干し

日中に家にいない、もしくは花粉の季節には布団を外に干したくないという場合には、屋内干しをおすすめします。あまり場所を取らないタイプのスタンド型の布団干しを使って、日の当たる屋内で干すか、扇風機の風などを当てる、エアコンを除湿モードにしておくなどして、乾燥させることができれば十分です。

まとめ

布団干しの人気の商品やおすすめの品などのご紹介をさせていただきました。今の時代はなかなか布団干しに最適な時間帯に家にいないということが多く、布団干しに馴染みがないという方も増えています。

しかし、布団は定期的に乾燥させておくことで、あなたの睡眠を快適にしてくれます。また、日光による殺菌や、熱によるダニ駆除など、健康を守るための力にもなります。お気に入りの布団干しを使って定期的に布団を干し、気持ちのいいお布団で眠れるようにしておきましょう。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.