1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめのガーデニング用支柱比較ランキング!栽培に人気なのは?

2018/03/02更新

おすすめのガーデニング用支柱比較ランキング!栽培に人気なのは?【2018年】

ガーデニング支柱

ガーデニング用支柱の人気商品をご紹介いたします。草花を育てたり家庭菜園を作ることは、庭やベランダのある家庭で行う趣味として多くの方に愛されています。そしてガーデニングを本格的に行う際に大切なアイテムがガーデニング用支柱です。

風雨で植物が倒れてしまうのを防止したり、ツル性の植物が伸びるための場所作りのためには、ガーデニング用支柱は必須と言えるでしょう。そんなガーデニング用支柱をどのように選んだらいいのか悩んでいるあなたのために、ガーデニング用支柱の選び方と、おすすめの製品をお教えします。

ガーデニング用支柱ってどう使えばいいのかわからないと思っていたあなたにも、わかりやすく説明させていただきますので、ぜひ素敵なガーデニングを楽しんでください。

スポンサーリンク

ガーデニング用支柱の選び方

ガーデニング

ガーデニング用支柱を選ぶ際にどういったものを選べばいいかわからないという場合のために、わかりやすい選び方を説明させていただきます。ガーデニング用支柱は、基本的に植物を支えるためのものです。そのため、選び方としては、対応する植物、植える場所によって選択するということになります。

庭に植えるか、プランターで楽しむか、植木鉢で育てるか、そういったシチュエーションによって、ガーデニング用支柱も違って来るのです。また、ガーデニング用支柱のなかには野菜などを守るためにビニールシートを被せるためのトンネル支柱というものもあります。それらを簡単に学んでおきましょう。

使用する植物のタイプに合わせる

ガーデニング用支柱を使用する際の植物のタイプで、大まかに必要な支柱の種類を分けてみました。植える草花の性質によって必要とするガーデニング用支柱は変わってきます。支柱の種類によっては、ある程度応用が利く場合もあります。

基本としての考え方がわかっていると、選ぶ際に迷う必要がなくなります。その植物にとって、なぜ支柱が必要なのかということを理解すれば必要なガーデニング用支柱も自ずとわかるからです。その理解の一助として、参考にしてみてください。

茎の細い植物を支えるには直立型支柱

1本1本独立した茎の細い植物、特に花が大きかったり、上のほうに葉がたくさんついたり、大きな実が成ったりするような植物を育てる場合、真っ直ぐな支柱をその植物に添えるようにして、途中途中で専用の紐などで双方を結びつけていきます。

そうすることで、植物が折れたり倒れたりすることを防ぐことができます。頭が重くならない植物でも、外で育てる場合には、激しい風雨にさらされることがあります。

そういった場合に倒れてしまわないように支えるのがガーデニング用支柱の役割です。真っ直ぐに育てる植物には、直立型支柱と言って、真っ直ぐな棒タイプの支柱を使います。

ツル性植物を支える立体型支柱

ツル性の植物こそガーデニング用支柱が必須の植物と言っていいでしょう。ツル性植物は、ツルを巻きつけながら成長するので、どうしても支柱が必要となるのです。具体的なものとして、小学生の頃に多くの方が育てたことがあるのではないかと思われる朝顔があります。

朝顔の育成セットを購入すると、輪っかのついたガーデニング用支柱が入っていることがあります。これが立体型の支柱です。立体型にはいくつか種類があります。

朝顔に使われる、リングのついた支柱のように形ができていてそれを設置するタイプ、直立型を組み合わせて立体にするタイプなどです。ツル性植物を植える環境に合わせた立体型支柱を選んでください。

使用する場所に合わせる

ガーデニング用支柱は、使用する場所に合わせた選択も大切です。単純に言えば広い場所には大きな支柱を、狭い場所には小さな支柱を使うことになります。ガーデニング用支柱は用途に合わせて工夫されたものが発売されています。

場所に適した製品を選ぶことができれば、後は楽にセットすることができるものが大半です。本格的な畑のような広い土地に野菜などを作る場合には、大きなものを組み立てる必要がありますが、そうでなければさほど技術も力も要せずにセットできるようになっています。

畑や庭などで使うには直立型

家庭菜園や庭で野菜や大きな草花を育てる場合には、直立型のガーデニング用支柱の太くて長いものを利用するのが一般的です。大きく育てる場合には、直立型の支柱を必要本数立てたものに横に直立型支柱を組み合わせて頑丈な支柱にします。

この状態に更に斜めに直立型支柱を組んで、より頑丈にする場合もあります。また、ツル性のものには合掌式として、2つの支柱を頂点で交差させ、そこに横に直立型支柱を結びつける方法もあります。

プランターで使うにはメッシュ型

あまり広い庭がない場合やベランダで植物を育てる場合にはプランターを使うことが多いと思います。プランターには手軽に利用できるプランター用のメッシュ型のガーデニング用支柱を選ぶのがおすすめです。

メッシュ型の支柱は自分で組み立てる必要がないのでとても簡単です。もちろん細いタイプのあまり長くない直立型のガーデニング用支柱を購入して、畑や庭と同じように自分で組み立てるという方法もあります。

植木鉢で使うにはあんどん型

ちょっとしたスペースで植物を育てることができ、移動も簡単な植木鉢は人気の栽培ベースです。植木鉢で真っ直ぐ育つ植物を育てる場合には、直立型支柱1本で十分間に合います。しかし前述した朝顔のようなツル性の植物を育てる場合には、立体的なガーデニング用支柱が必要です。

その際に選びたいのがあんどん型の支柱です。これは鉢の縁ぎりぎりに支柱を複数立ててそれを紐などで丸く繋ぐというもので、朝顔などに使われるリングの付いた支柱がそれに当たります。他にも細い直立型のガーデニング用支柱を3本ほど組み合わせたピラミッド型のものなどもあります。

畝を覆うトンネル支柱

トンネル支柱は、いわゆるビニールハウスの小型版を作るための支柱であると考えるとわかりやすいと思います。温度の変化や害虫などから作物を守るのに適したやり方で、半円にした支柱を畝を囲むように設置して、その上に専用のビニールシートを被せることで完成します。しなりのいい支柱を自分で曲げながら設置するものと、最初から半円状のトンネル用の支柱があります。

スポンサーリンク

ガーデニング用支柱人気おすすめ商品TOP10

現在人気となっているガーデニング用支柱をランキング形式でご紹介させていただきます。手軽で便利なあんどん型のガーデニング用支柱や、本数が多くてコスパのいいガーデニング用支柱などが人気となっているようです。

また、冬場や虫の季節に畑を守るためのトンネル支柱も定番の人気商品となっています。ぜひあなたのガーデニングにぴったりの支柱を見つけて、使ってみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

NAKAJO リング支柱 6号 60cm

NAKAJO リング支柱 6号 60cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 200

NAKAJO リング支柱 6号 60cmは、丸い植木鉢にぴったりな、3本の支柱に3つのリングがあるツル性の植物に最適なガーデニング用支柱です。この高さ60cmのリング支柱は、6号から7号の植木鉢にちょうどいいサイズとなっています。

中條金物製である本品は、支柱部分もリング部分もしっかりとしているのが特徴。成長の早いツル性の植物をサポートします。使わないときには畳んで平たくなるので、収納も手軽で使いやすいガーデニング用支柱です。

9位

後藤:花ささえ 22本セット 811011

後藤:花ささえ 22本セット 811011

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,200

後藤:花ささえ 22本セット 811011は、植木鉢の外側へと無秩序に広がってしまう花や植木を押さえるための特殊なガーデニング用支柱です。風雨で植物が倒れるのも防ぐことができます。植物を支える部分にすべり止めがあるので、茎の部分が滑り抜けることもありません。

セットの22本のなかには、固定タイプが18本と、大きめの植物を支えるのにちょうどいい伸縮タイプが4本入っています。サイズは固定タイプが約幅14cm×長さ20.2cm、伸縮タイプが約幅14cm×長さ最長32cmです。

8位

タキロン ココスティック 450mm

タキロン ココスティック 450mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 591

タキロン ココスティック 450mmは、本数を継ぎ足すことで好きに長さを延長することができるガーデニング用支柱です。この支柱なら、植物を支えるために使用したけれど、思ったよりも植物が成長してしまい、支柱の長さが足りなくなったということがありません。

長さが足りなくなった場合には、新しい支柱を元の支柱のてっぺんに突き刺すことで、組み合わされ長さを伸ばすことができます。1本のサイズは、太さ45mm×長さ450mmです。

7位

ニチカン トマト支柱セット(高さ1.8m)

ニチカン トマト支柱セット(高さ1.8m)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 970

ニチカン トマト支柱セット(高さ1.8m)は、トマト用のガーデニング用支柱セットです。直径が11mm、高さ1.8mの3本の支柱の頂点部分をまとめることによって細長いテントのような三角錐の形の骨組みになり、ミニトマトがその3本の支柱に絡まるように伸びるように誘導します。

組み立てるまでは、支柱部分は3分割されていて、持ち運びしやすいサイズとなっているのであまり邪魔にならず、使わない間は容易に収納することもできます。

6位

NAKAJO リング支柱 5号 55cm

NAKAJO リング支柱 5号 55cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 612

NAKAJO リング支柱 5号 55cmは、よく朝顔を育てるのに使われる、リングのついた鉢植え用の支柱です。3本の支柱が3本の大中小のリングによって円形に配置され、鉢植えの上部を囲むように支柱が展開されます。

ツルを伸ばして成長する朝顔のような植物のためのガーデニング用支柱です。高さ55cmで、5号から6号サイズの比較的小さめの植木鉢に適合しています。材質は銅管にポリ塩化ビニールを皮膜してあり、軽くて丈夫です。

5位

NAKAJO リング支柱 10号 90cm

NAKAJO リング支柱 10号 90cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 329

NAKAJO リング支柱 10号 90cmは、ツル性の植物用のガーデニング用支柱です。下から順次大きくなる4つのリングによって3本の支柱が円形にまとまった形で植物の成長を助けます。高さ90cmの大きめの支柱で、10号から11号の大きな植木鉢に適合したサイズになります。

使用しないときには、リングにそってたたむことができるので、立体的ではなく、平面的な形として保管することができます。冬場はこの支柱の上にカバーをかけることで簡易的に防寒仕様の環境を作ることもできます。

4位

NAKAJO 鋼管 ささ竹 5本入 450mm 5.3mm

NAKAJO 鋼管 ささ竹 5本入 450mm 5.3mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 165

NAKAJO 鋼管 ささ竹 5本入 450mm 5.3mmは細めの汎用型のガーデニング用支柱です。5.3mmという細さなので、狭い場所でも植物を支える支柱として立てることができます。高さは45cmで、使いやすいサイズ。竹のように節が作ってあるので、固定も楽に行えます。

数は5本入っていて、安価な商品なので必要な数を揃えるのに手軽に購入することができます。材質は銅管で、緑のポリ塩化ビニールで皮膜されていて、とても丈夫です。

3位

マツモト 農業資材 支柱 グラファファイバーポール 5.5×1800 10P

マツモト 農業資材 支柱 グラファファイバーポール 5.5x1800 10P

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,790

マツモト 農業資材 支柱 グラファファイバーポール 5.5×1800 10Pは、本職用の農業資材として利用されることも多いガーデニング用支柱です。丈夫でありながらしなりのいい材質なので、畑のトンネル支柱として手軽に利用することができます。

サイズは太さ5.5mm×長さ1800mmで、広い範囲を覆うトンネル支柱として使いやすいサイズとなっています。1セット10本入りで家庭菜園などに使い勝手のいいちょうどいい分量です。

2位

積水樹脂 セキスイ トンネル支柱 5本パック 8S318 3型 Φ8 1800mm

積水樹脂 セキスイ トンネル支柱 5本パック 8S318 3型 Φ8 1800mm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,400

積水樹脂 セキスイ トンネル支柱 5本パック 8S318 3型 Φ8 1800mmは、トンネル支柱専用のガーデニング用支柱です。太さは8mmとかなり太く、頑丈です。長さは1800mmと、畝をきれいに覆うことができるサイズとなっています。

特殊なコーティングがなされていて、ビニールで覆う際にビニールを傷めることがありません。先端部分はセキスイならではの技術によって開発された、ウォータータイトキャップとなっていて、サビの侵食を防ぎます。

1位

渡辺泰 角型トンネル支柱 11mm 11x3130mm(巾90cm 高120cm)

渡辺泰 角型トンネル支柱 11mm 11x3130mm(巾90cm 高120cm)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 880

渡辺泰 角型トンネル支柱 11mm 11x3130mm(巾90cm 高120cm)は、丸ではなく、角型になっているトンネル用のガーデニング用支柱です。特殊な作りなので、トンネル内に高さがあり、ある程度の高さの植物を覆うのに適しています。

支柱のサイズは太さ11mm×長さ3130mmで、トンネル支柱としての大きさは90cm幅で120cmの高さとなっています。トンネルの内部の高さは1mほどまで有効で、そのサイズまでの植物を保護することができます。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

ガーデニング用支柱の効果的な使い方

植木

ガーデニング用支柱を効果的に使うには、使う時期や使い方を知っておくことが大切です。そこで、ガーデニング用支柱の効果的な使い方をわかりやすく解説させていただきます。

ごくごく基本的な部分ですが、基本だからこそ大切なことです。ちょっとしたことでその効果は全く変わってしまいます。少しでもあなたの楽しいガーデニングの助けになることができれば幸いです。

支柱を使う時期

種から育てる場合、植物がどの程度の状態になったら支柱を立てたらいいのかということがわかりにくいのではないでしょうか。支柱は、本葉が2枚ほど出たら立てるようにするといいでしょう。

立てる際には、植物の根本から10cmから15cmほど離して立てるとちょうどいい距離感になります。最初から苗として育てる場合には、苗の植え付けと一緒に支柱を立てるようにしてください。最初に立てる支柱は細いものを使うと植物に負担になりません。

支柱の立て方

ガーデニング用支柱を立てる際に注意すべきことは、真っ直ぐ深く挿すということです。ただ、これは畑や庭の場合と、プランターや植木鉢の場合ではどうしても違いがあります。そこでそれぞれの場合の刺し方を説明します。

支柱は植物にとって、文字通り支えとなる大切なものです。最初の設置がきちんとできていないと、その役割が果たせない場合があります。最初の設置をきっちりと行うことを心がけてください。

庭や畑

庭や畑でガーデニング用支柱を設置する場合は、土のなかに真っ直ぐ挿して、深さは20cmから30cmは差し込むようにしましょう。このとき、左右にぐらつくようでは支柱としての役割が果たせないので、さらに深く挿すようにしてください。

庭や畑など、吹きさらしの状態の場所では風などの力が強く、支柱もより頑丈に設置する必要があります。絶対に浅く挿したり、斜めに挿したりしないように注意しましょう。

プランターや植木鉢

プランターや植木鉢の場合、いくら支柱を深く挿したくても限界があります。そのため、必ず底に届くぐらいの深さまで真っ直ぐに挿すようにしてください。特にプランターは浅めのものが多いので、支柱の支える力が弱くなりがちです。

そのくせプランターはあまり移動に強くないので、外で風雨にさらされる場合が多く、支柱の設置に苦労することとなります。プランターや植木鉢にはそういった不満に対応して、支柱用のホルダーのついたものもあります。不安な場合はそういった商品を使うといいでしょう。

支柱と植物の結び方

ガーデニング用支柱を利用する際に、注意すべき点に支柱と植物の茎との結びつけ方があります。支柱と植物とは単に結べばいいということはありません。植物と支柱の間に空間がないと、植物が健康的に育つことができないのです。

そのため、結び方は8の字になるようにするのが基本です。支柱側で1度結んでしまって、植物側にもう1つ輪を作り、茎を固定します。この植物の茎側の輪は絞ってしまわずに、成長分の余裕を持たせる必要があります。

サポート用品として、ガーデニング用支柱のクリップなどもあるので、縛るのが苦手な場合はそれらを利用してもいいでしょう。

トンネル支柱の設置の方法

トンネル支柱を設置する場合のやり方を簡単に説明します。トンネルを張る場合、支柱と支柱の間隔は約50cmぐらいがいいとされています。トンネルの両端の支柱は、外側に向けて斜めに挿し、その外側に杭を打ち込みます。

この杭に紐を結んでトンネル支柱同士を紐で固定していきます。最後にビニールシートを被せて、杭の部分で結びつけます。

まとめ

ガーデニング用支柱の人気ランキングをご紹介させていただきました。人気の商品は頑丈で使いやすく、コスパのいいものとなっています。ガーデニング用支柱は、植物を健康に育てるのにとても役立つアイテムです。

1度覚えてしまえば、設置はそう難しくありません。ぜひ使いやすいガーデニング用支柱を見つけて、お気に入りの植物を丈夫に育ててあげてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.