1. グッディ∞
  2. ヘルス&ビューティーエチケットグルーミングおすすめ脱毛器の人気比較ランキング!最強なのは?

2018/02/21更新

おすすめ脱毛器の人気比較ランキング!最強なのは?【2018年】

女性 脇

ムダ毛の処理は女性の身だしなみとして、もはや当たり前とも言えるでしょう。そのために家で手軽に処理できる脱毛器が人気を集めています。脱毛サロンに通うよりも時間もお金もかからないというのが理由ですが、一方で自分で処理をすることに不安もあるようです。

そこで今回は、安心して処理できるような脱毛器の選び方とおすすめ商品をご紹介します。安全に、かつ効率良く処理できる脱毛器を選ぶために参考にしていただきたいと思います。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

脱毛器の選び方

足 脱毛

家庭で簡単に脱毛ができる脱毛器は、商品によって効果や痛みなどが違います。人によってどの程度の強さが必要なのか、あるいはどれくらいの頻度で行う必要があるのかも異なります

そこで自分に合う脱毛器を選ぶためにチェックしておきたいことをいくつかご紹介します。確認すべきポイントは色々とあるので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

主流は痛みの少ない光式脱毛器

脱毛器には主に光式かレーザー式がありますが、いずれも毛のメラニン色素に光やレーザーを当てることで毛根にダメージを与える仕組みとなっています。そして共にその際には痛みがありますが、レーザー式よりも痛みが少ない光式が主流となっています。

さらにどちらも照射面積の範囲内で脱毛処理を行いますが、光式の方がレーザーよりも広範囲に照射できるので、処理の時間も短くなります。

光式のメリットは使い勝手の良さにあります

光式の脱毛器はレーザー式とは異なり、産毛などにも効果があることで人気があります。商品によっては口周りの産毛を目立たなくすることもできます。

さらにデリケートゾーンのように痛みを感じやすい部分でも安心して使用できることが人気の理由と言えます。

光式のデメリットは時間がかかること

光式はレーザーよりも一度に広範囲に照射できるので、処理する時間は短くなります。けれども痛みが少ないということは、出力が弱いということでもあります。つまり脱毛効果を感じるまで時間がかかることを意味します。短期間での効果を期待する人にとっては物足りないと感じるかもしれません。

脱毛効果の高いレーザー式

光式脱毛は、いわゆる除毛と呼ばれる施術になります。つまり毛が生えにくくなったり生える周期が長くなりますが、永久的に脱毛されるわけではないということです。

それに対してクリニックなどで行われるレーザー脱毛は、永久脱毛の効果が期待できます。それを家庭で簡単に行えるのがレーザー式の脱毛器です。

光式よりも出力が強いので、痛みも強く感じるのが難点となります。またデリケートゾーンや産毛などには使えないというデメリットもあります。けれどもすぐに効果を得たいという方であれば、レーザー式を選んでも良いかもしれません。

レーザー式のデメリットとは

レーザー式は脱毛効果が高いものですが、デメリットと言える部分もあります。特に照射面積が狭いので、同じ部位の脱毛をする場合には光式よりもさらに処理時間はかかります。

連続照射するための時間をチェックすること

光式でもレーザー式でも、1回照射した後に次の照射をするまでチャージ時間が必要になります。時間にしてわずか数秒ですが、何十回も照射をしていればチャージ時間が長くなると処理時間に大きな差が生まれます。

そこでできる限りチャージ時間の短いものを選ぶことが必要になります。ただし単純にチャージ時間が短ければ良いかというと、そうとも言い切れません。というのも脱毛器は出力の強さを調節することができますが、強くなるほどに痛みも大きくなるからです。

その際には痛みを抑えるために皮膚を冷却することになります。チャージ時間が短く、連続照射ができるとしても、痛みに耐えられず少しの間冷やすということもあります。つまり、いくら連続で照射できても実際には使用できないということになるわけです。

もっとも照射出力が大きくなれば、連続照射するためのチャージ時間も長くなります。痛みの強さと連続使用する時間もバランスも考える必要があると言えます。

何回照射できるのかもチェックしよう

光式脱毛器は、光を照射するカートリッジ1つで照射できる回数が決まっています。商品によっては照射回数が上限に達した場合、それ以上の使用ができなくなります。

そこで、カートリッジ1つで何回の照射ができるのかをチェックすることが大切です。あるいはカートリッジを新品に交換することができるのかも大事なポイントです。交換ができないとなれば、照射回数分だけ使い切ってしまうと新しく買い替えなければなりません。

けれどもカートリッジを交換することでさらに使い続けることができるのであれば、コストパフォーマンスも高くなります。このように照射回数によるコスパもチェックすることが大切です。

光式脱毛は定期的に使う必要がある

家庭用脱毛器は決して永久脱毛できるというわけではないので、一度はすべすべになった肌も再び毛が生えてきたら脱毛をすることになります。

カートリッジ1つで照射回数は数万回という数になりますが、このように定期的にメンテナンスをすることを考えるとカートリッジを交換できるタイプにした方が良いのかどうかを考えると良いでしょう。

また本体価格は安くても、カートリッジが高いものがありますし、あるいはカートリッジ交換できなくても本体価格が安いものもあります。長く使い続けるとしたらどちらがお得なのかを考えることが大事です。

電源はコード式か充電池式かどちらが良いか

家庭用の脱毛器は電源をコンセントから取るコード式か、あるいは充電して使用する充電池式があります。充電池を使う場合、邪魔なコードがないので扱いやすいというメリットがあります。

照射する部位によっては無理な角度から当てることにもなるので、コードが無いと作業しやすくなります。ただし充電池は何度も充電をすると、次第に蓄電量が少なくなってしまうので使用できる時間が短くなってきます。

一方でコード式の場合には、確かにコードが邪魔に感じることもありますが、電源は安定して供給されるので安心して使用することができます。どちらが使いやすいかは一概には言えませんが、自分ならどちらが使いやすいと思うのかを考えておくと良いでしょう。

レーザー式脱毛器はコード式がおすすめ

レーザー式脱毛器は光式よりも出力が大きいので、電池式の場合にはすぐに電池切れを起こすようになります。しかも充電しながら使用できる商品は少ないので、できればコード式をおすすめします。

充電式であれば、使用前にしっかりと充電しておく必要があります。もし何度も充電することで蓄電量が少なくなってきたと感じるようであれば、充電池を交換しておくと良いでしょう。

冷却ファンの音もチェックしておきましょう

脱毛器は光やレーザーを照射するために高温になります。そこで冷却ファンを内蔵していますが、その音が意外と大きいものです。脱毛はある程度の時間をかけて作業しますし、集中することにもなります。そこで音楽を聴いたりテレビの音を聴いて気を紛らわせようという人も多いものです。

けれども冷却ファンの音が大きいと、そのような音も耳に届かなくなります。また夜中に処理をするような場合、マンションなどの集合住宅では隣の部屋の人に迷惑にもなります。

通販で購入する場合には試してみることができないので、口コミを見て冷却ファンがどの位うるさいのかをチェックしておきましょう。

本体の重さはなるべく軽いものを

脱毛器は割と長時間使うことが多いものです。そのために本体の重さも大事なチェックポイントになります。これくらいの重さなら、と思っていても長時間使い続けていると結構負担に感じるものです。

そこでなるべく本体の重量が軽いものを選ぶようにしましょう。また本体の形状も握りやすいデザインであれば、重さを感じにくいものがあります。けれども、握りやすいとは言っても長時間使用すると結構疲れてくるので注意しましょう。

照射する部位によってアタッチメントが交換できれば便利

脱毛器の中には、照射部分のアタッチメントを当てる部位に応じて交換できるものがあります。例えば口周りの細かな部分となると、照射面積は狭い方が使いやすくなります。そこで照射面積を絞り込むアタッチメントを取り付けることによって、簡単に処理できるようになります。

スポンサーリンク

脱毛器人気おすすめ商品TOP8

家庭で簡単に使える脱毛器は色々とありますが、その中でも人気の商品をご紹介します。いずれも効果が実感できると評判のものばかりですが、それぞれの特徴をチェックしています。

商品選びのためには参考になる部分も多いかと思います。人によって適するものは違いますので、より効果が期待できるものを選ぶためにもご覧いただければと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第8位 ヤーマン 光美容器YA-MAN Rei Beaute(レイボーテ) レイボーテ Rフラッシュ STA-188-1

 ヤーマン 光美容器YA-MAN Rei Beaute(レイボーテ) レイボーテ Rフラッシュ STA-188-1

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 49,794

高速連射により短時間での処理が可能な光式脱毛器です。約20万回の照射ができます。照射口が広いので広範囲での処理ができるために、作業時間も短縮できます。ローラーを内蔵しているので、肌の上を滑らせるようにして処理をしていくことができます。

肌の上の移動距離を感知することで適正な間隔で照射するために、毛が残る心配もありません。シングルモードに切り替えることでピンポイントでの照射もできるようになります。さほど重くないので楽に作業できます。

第7位 Cinseer 家庭用レーザー脱毛器 IPL光美容器レーザー式脱毛機スキンサイエンス 自宅で簡単光脱毛 安心安全設計/痛くない設計/永久脱毛/光脱毛/クリアベール/むだ毛/ひげ/男女兼用 [日本語説明書付](ブルー)

Cinseer 家庭用レーザー脱毛器 IPL光美容器レーザー式脱毛機スキンサイエンス 自宅で簡単光脱毛 安心安全設計/痛くない設計/永久脱毛/光脱毛/クリアベール/むだ毛/ひげ/男女兼用 [日本語説明書付](ブルー)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 6,600

肌の色や毛質に合わせて5段階で照射レベルを変えることができる、レーザー式の脱毛器です。照射可能回数は30万回となります。チャージ時間は3.5秒ほどですが、実際には10秒ほどかかることもあるようです。

部位によって違う毛の太さに応じて適切な強さのレーザーを照射できるので、効率良く作業できる点が評価されています。充電式なので邪魔な電源コードもありません。

第6位 脱毛器 ベリッシマ フラッシュ&ゴー プラス BELLISSIMA Flash&Go Plus BEF-1202

脱毛器 ベリッシマ フラッシュ&ゴー プラス BELLISSIMA Flash&Go Plus BEF-1202

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 16,280

肌に優しい特許申請のHPL方式による光脱毛器です。カートリッジは交換可能で、1個で12万回照射できます。照射スピードは1回のチャージで3.5秒ほどかかります。

安全装置としてスキンタッチセンサーや肌色センサー、照射箇所マークなどがあります。目から下で使用できるので、口周りの産毛にも使用することができます。電源はコンセントにケーブルを差す形となります。

第5位 パナソニック 光美容器 光エステ ボディ用 ピンク調 ES-WH71-P

 パナソニック 光美容器 光エステ ボディ用 ピンク調 ES-WH71-P

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 12,340

トリマーで除毛しながら光を当てるので、効率良く処理できる脱毛器です。照射面積は広くないので、じっくりと処理できる方におすすめです。

光はそれほど強くないので傷みも少ない反面、効果を実感できるとの評価が高い商品です。永久脱毛ではないので継続での使用が必要ですが、毛の濃さも薄くなるとの声も多い人気商品です。

第4位 ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5001

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5001

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 39,800

フラッシュ自動調節システムにより肌の色に合わせて光の照射量を自動で調節する脱毛器です。1回のチャージ時間もわずか2秒弱なので、スムーズな処理が可能です。

カートリッジ1個で12万回の照射ができます。電源コードにより電力を供給するので、途中で電池切れを起こすということもありません。剛毛であるほどに効果を実感するとの評価が高い商品です。

第3位 パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ピンク調 ES-WH75-P

パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ピンク調 ES-WH75-P

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 21,797

フェイス用アタッチメントを取り付けることで鼻の下など細かな部分での処理もできる光式脱毛器です。カートリッジ交換はできませんが、15万回の照射ができます。

ボディアタッチメントを取り付ければ5.4㎡の広範囲照射ができます。照射出力も5段階で調節できるので、肌の状態などに応じて優しくケアすることができます。皮膚に当てるだけで自動照射される手軽さも人気の理由です。

第2位 脱毛器 光脱毛器 IPL脱毛器 家庭用 脱毛器 40万発 IPL式 5段階 レーザー 永久脱毛 美肌光美容器 全身用 男女兼用 液晶LCDスクリーン搭載

 脱毛器 光脱毛器 IPL脱毛器 家庭用 脱毛器 40万発 IPL式 5段階 レーザー 永久脱毛 美肌光美容器 全身用 男女兼用 液晶LCDスクリーン搭載

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 10,800

交換用カートリッジも付属して、照射回数40万回の光式脱毛器です。肌のタイプや毛質に応じて照射レベルは5段階で調節できます。

痛みもそれほど感じることなく、効果を実感できると評価されています。男女問わずに使用できる点も人気の理由です。照射面積は4.5㎡と広めに当てることができるので、処理時間もそれほどかけずに済みます。

第1位 ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5002

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5002

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 44,800

カートリッジ交換はできませんが、30万回の照射ができる光式脱毛器です。肌の色に応じて光の強さを自動調節するので、安心して使用できます。

連続フラッシュモードを搭載することで、照射間隔を短くすることができます。自分で処理する上で、人間工学に基づいたデザインなので楽に作業ができるようになっています。ファンの音もそれほど大きくないなど高評価の商品です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

脱毛器の効果的な使い方

カミソリ

家庭用脱毛器は手軽に使えるのが利点ですが、クリニックなどできちんとチェックを受けながら行うわけではないので正しい使い方を心得ておく必要があります。

そこでしっかりと効果が期待できるような脱毛器の使い方をご紹介します。自己流で使うことで、かえって体毛が濃くなるといったようなことが無いように参考にしていただければと思います。

脱毛器を使う前には毛を剃っておくこと

脱毛器は毛のメラニン色素の黒さに反応して光を照射することになります。そこで毛を剃っておいて、照射される部分を少なくしておくと効果が期待できます、特に脇のように黒く太い毛は、長いままにしておくと痛みも大きくなりますし毛根に効果的に作用しなくなります。

脱毛は毛周期に応じて行うこと

エステサロンやクリニックでは、脱毛はサイクルを考えて予定を組んでくれます。これは毛周期と呼ばれる毛の生え代わりのサイクルを考慮しているからです。

脱毛で最も効果が期待できるのは、成長期にある毛に対して行う時だと言われます。まだ毛が生えていない毛根に照射しても効果はありませんし、あるいは成長しきって退行期に入った毛も効果がないとされています。

この毛周期は人によって周期が違うので、自分の場合はどのような周期で毛が生えてくるのかをよく観察しながら行うようにすることが大事です。

照射の前後は皮膚を冷やして痛みを軽減させること

レーザー脱毛はもちろんですが、光式脱毛でも人によっては痛みを感じることがあります。そこで脱毛器を使う時には、まず皮膚を冷やしておきます。

また脱毛処理を終えた後も同じように皮膚を冷やすことで、肌にダメージが残るのを防ぐことができます。また冷却した後は保湿もしておいた方が良いでしょう。特にレーザー脱毛を行った後は熱によって皮膚は乾燥することになります。肌荒れにもつながるので、しっかりと保湿をしてケアするようにしましょう。

使用前には化粧水やクリームは塗らないこと

肌をケアするという意味で脱毛器を使う前に化粧水やクリームを塗るというのはやめておきましょう。照射前に塗ってしまうと、光や熱が化粧水やクリームに邪魔されて毛根にまで届かなくなるからです。照射回数に限りがあるので、なるべく無駄打ちはしないようにしましょう。

脱毛した後は湯舟には浸からないこと

脱毛処理を行った後は肌が非常にデリケートになっています。そのような時に湯舟に浸かってしまうと、雑菌が入り込んで皮膚のトラブルにつながることがあります。

またシャワーだけならばと思っていても、熱いお湯を浴びることで肌に負担がかかることになります。できれば脱毛器を使った後はお風呂に入るのは避けておいた方が良いでしょう。

最初は出力レベルを下げて使用すること

初めて脱毛器を使うような場合は特に、出力レベルは下げておいた方が良いでしょう。脱毛器は多くの商品で、照射レベルを調節できるようになっています。レベルが高くなるほど強い光やレーザーを当てて脱毛効果を高めます。

ただし痛みもその分大きいですし、肌への負担も大きくなります。そこで慣れるまでは出力レベルは下げて使用することをおすすめします。時間はかかりますが、肌のトラブルを避けるために安全に使うことを考えるようにしましょう。

ホクロやシミがある部分には照射しないように

脱毛器は黒い部分に反応して照射する仕組みになっています。ホクロやシミがあれば、そこに熱が吸収されることになります。特にホクロの場合には刺激を与えることによって、思わぬトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。広範囲に照射する脱毛器を使う場合には、きちんとホクロやシミが無いかどうかをチェックして使用するようにしましょう。

まとめ

家庭で簡単に脱毛処理ができる脱毛器は、しっかりと効果が実感できるものを選ぶことが大切です。加えて使い勝手の良さやコスパなども考慮してどれを選ぶかを検討すると良いでしょう。

また使い方にも注意しておきたいことが色々とあります。正しく使用してきちんと脱毛効果が得られるようにしましょう。そして何よりも、肌のトラブルなどを避けるように、安全に使うということが大切です。急いで処理しようとせず、焦らずに手順通り行うことを心がけていただきたいと思います。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.