1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの手持ち花火比較ランキング!人気なのは?

2018/03/02更新

おすすめの手持ち花火比較ランキング!人気なのは?【2018年】

夏と言えば皆さんは何を想像するでしょうか?色々な物が挙げられると思いますが、その中でも「夏の風物詩」と言うと想像されるのは、やはり花火ですね。夏の夜空に打ち上げられる大輪の花は、見ていてワクワクするような、そして不思議と物悲しくさせるような気持ちを湧きあがらせてくれます。

しかし打ち上げ花火は個人で用意するのは大変。そこで個人で、家庭でやる花火と言えば手持ち花火。今回はこの手軽にできて楽しめる手持ち花火について、選び方や効果的な使い方、そしてどんな手持ち花火が選ばれているのかランキング形式で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

手持ち花火の選び方

手持ち花火と下駄

まずは手持ち花火の選び方をお教えしていきたいと思います。手持ち花火とは言ってもその種類はススキ花火や定番の線香花火など様々。その種類によって楽しみ方も様々です。そこでそのタイプの違いを説明しながら、どんな花火を選べばいいのか参考にしてみて下さい。

また手持ち花火は色々な改良が施されているものもあります。その点についても紹介していきましょう。

手持ち花火はタイプで楽しみ方が変わってくる

前述したように手持ち花火は様々なタイプが存在します。その違いは花火の名称だけではなく、遊び方や楽しみ方などにも現れてきます。そこでまずは手持ち花火のタイプの違い、特徴を細かく解説していきます。どの花火をどんな風に楽しめばよいのか、そしてどんな風に遊びたいのか、そこから手持ち花火を選んでいきましょう。

ススキ花火の特徴

手持ち花火の中でも特徴的な、花火の先に紙がたくさんついているタイプです。火をつけるとそこから火が伸びて飛び、まるでその火がススキのようなことからススキ花火と呼ばれます。また手持ち花火の中でも火の勢いが強いのも特徴で、かなり遠くまで火が飛ぶので少し注意が必要ですね。

燃える威力が強いせいか煙も多く出るので、火の勢いが強いこともあって広く開けた場所で使用した方が良いでしょう。品によっては色が途中から変化するものもあり、大人も子供も楽しめる花火です。

線香花火の特徴

手持ち花火と言われるとこの線香花火を想像する人が多いのではないでしょうか。火を付けると黒く丸い火種になり、そこからパチパチと小さな灯が飛ぶようになっています。静かに火が出るので少し物寂しくもありますが、静かに楽しむことのできる花火です。

実は線香花火の火は「牡丹」「松葉」「柳」「散り菊」と名前が付いており、その火の飛び散り方に段階があると思うととても雅な気分になりますね。そんな線香花火は煙が他の花火より比較的少ないということもあって、煙をあまり出さずに楽しみたい人は線香花火がおススメですね。花火のインターバルや締めにも。

スパーク花火の特徴

細い棒に火薬が直接付けられていて、そこから線香花火のような小さな火が出ます。煙が少なく、飛ぶ火も少ないことからお祝い事のケーキの先につけたりするなど、花火として楽しむよりも演出として色々な場所で使われている花火です。

トーチ花火の特徴

真っすぐに火が出て、そしてその火がとても明るい光を放つのでトーチ花火と呼ばれます。このとても強い光は写真のフラッシュ代わりにも使うことができるほど明るくなる花火です。火の出方や花火自体の形はススキ花火に似ていますが、ススキ花火のように色々な火の色をしているようなものはあまりなく種類は多くありません。

絵型花火の特徴

絵型花火は手で持つ部分が紙になっているのが特徴です。なので持ち手が銃のような形にされていて、そこからレーザーのようにススキ花火の火が飛ぶなど、演出が面白くて子供に人気です。最近ではアニメキャラなどのイラストが描かれているものも多く出ています。

手持ち花火を長く楽しみたいなら

打ち上げ花火と違って手持ち花火はその名の通り、手で持って楽しむ花火。しかし火を付けて暫くすると燃え尽きてしまいますよね。できればこの見ている時間を長く楽しみたいものです。そこで注目するべきなのは、パッケージに記されている燃焼時間チェックです。この燃焼時間が分かるものはどれくらいなのか見ておきましょう。

ただインターネット販売などになるとこの燃焼時間が分からないものも多くあり、手元で購入する場合でもどこに書いてあるのか分からないという時もありますね。そういう時は花火の火薬部分に注目。この部分が長いほど燃焼時間が長くなっているものが多いのです。

モクモクと上がる煙が苦手な人は

花火の煙が苦手な人、もしくは近所に迷惑がかからないか気になって花火を十分に楽しめないという人は、花火の煙が少ない物を選びましょう。スパーク花火や線香花火は比較的煙が少なめですが、花火自体の煙を抑えたものもあります。

また最近では火薬の調合などが見直されている「煙の少ない花火」というそのままズバリなネーミングで売られている花火もありますので、チェックしてみましょう。煙の苦手な人は、集合住宅近くでやる場合はこういった花火を選ぶのも気づかいですね。

スポンサーリンク

手持ち花火人気おすすめ商品TOP10

ではここからインターネット通販で購入できる人気のあるおすすめの手持ち花火を紹介していきたいと思います。手持ち花火は色々な場所で売られていて、シーズン中ならコンビニでも取り扱いしている所もあります。しかし逆にシーズン中は花火は売り切れていることもあり、確実に入手するならインターネット通販がおススメ。

花火はイベントですし、確実に入手しましょう。またインターネット通販なら数多くある手持ち花火を比較しながら見ていくこともできます。ここでは手持ち花火の特徴を紹介していきながら、人気のランキングに沿ってみていきましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

手持ち花火と噴出花火のWセット エンジョイW

手持ち花火と噴出花火のWセット エンジョイW

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,250

名前通り、手持ち花火と噴出花火がダブルセットになったお得なセットです。内容は手持ち花火がいろいろ取り合わされて33本、線香花火4本、そして噴出花火が4個入ってます。容量だけを見たらそこまで多くはありませんが、家庭で買って花火を楽しむなら十分な量で、容量的にもお手軽です。

噴出花火というのは地面に置いてそこに火を付けて火が湧き出るようにする花火。ですからある程度の広さのある場所でやることをおススメします。ちょっと花火がしたい、そんな時にぴったりの花火セットです。

9位

煙が少ない花火セット100本入り KMR-25

煙が少ない花火セット100本入り KMR-25

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,060

煙の量が少ない手持ち花火が100本も入っているセットです。内容はセットによって違いますが、線香花火を始めとした色々な花火がセットになっています。その容量も魅力ですが、やはり煙が少ないセットというのが一番の特徴でしょう。

煙が少ない花火は手元から上がってくる煙が苦手な人でも楽しめるだけでなく、ご近所にも煙が流れていかないというメリットがあります。また煙が少ないことで花火の色が綺麗に見えるというメリットも。そのため花火をやりながら写真を撮っても、煙で曇らずに綺麗に撮れますよ。

8位

花火 手持ち花火セット 煙り少なめ!日本でつくった花火 03363 阿知波花火

花火 手持ち花火セット 煙り少なめ!日本でつくった花火 03363 阿知波花火

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

純国産の手持ち花火が詰められたセットです。国内産だけあって発色はとてもれぞ匠の技。純国産の手持花火が詰まったこだわり商品です。また煙が少ないだけでなく、音が少ない手持ち花火が詰め合わされたセットです。それに加えて七変色花火、青や緑などのカラフルな花火も入っているので花火の良さはしっかりと楽しめます。

煙が少ないだけでなく音が小さいということもあり、住宅街で花火をやるようなシチュエーションにはピッタリ。音が小さいことから子供でも怖がらずに花火を楽しめますよ。

7位

W LONG手持ちセット L-20 【燃焼時間長持ち花火 手持ち花火セット】

W LONG手持ちセット L-20 【燃焼時間長持ち花火 手持ち花火セット】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

ロングサイズの手持ち花火がたっぷりと詰まったセットです。ロングサイズということで燃焼時間も長く、一セットだけでもかなり長時間花火を楽しむことができます。因みにこの一袋で50分以上の燃焼時間となっているので、それだけでも容量の豊富さと燃焼時間の長さが分かりますね。

敢えて言うなら種類の面では少し他の商品に劣るでしょうか。しかしそれでも一本一本の花火を長く楽しむことができるので、一回で長時間やっても、二回に分けて楽しんでもいい花火セットですね。

6位

花火セット 手持ちパレード

花火セット 手持ちパレード

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

ススキ花火や線香花火が組み合わされた花火セットです。セットの内容はその時々でバラツキがありますが、それでも手持ち花火の良さはしっかりと楽しむことができるでしょう。少し気になる点を挙げるとするなら、花火の量自体はそこまで多くはないということ。

できればもう一つ小さめの花火セットを追加してあげると、二つの家族がたっぷり遊べるほどの量になるでしょう。ただ子供が数人で遊ぶくらいならこれくらいでも十分です。使い捨ての紙バケツも付いているので、水の用意もしやすくてレジャーにもぴったりです。

5位

大満足花火 ボリュームMAX160本

大満足花火 ボリュームMAX160本

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

大満足とついているだけあってそのボリュームは凄く、なんと手持ち花火160本セットとなっています。なので大人も子供も一緒になって遊んでも満足できる、花火をとことん楽しみたいという人たち向けの花火セットです。サークルの合宿人数でも十分なほど花火を楽しめることでしょう。

その分、花火の後片付けも大変な面はありますが、これが一つあれば多くの人数が満足できるほど花火ができます。大容量ということもあって二回に分けて花火をするという方法もありますから、コストパフォーマンスも高いと言えます。

4位

花火 手持ち噴出花火セット 100本テモプラ 4513

花火 手持ち噴出花火セット 100本テモプラ 4513

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,250

手持ち花火と噴出花火のセットです。しかし容量の多さが最大の特徴で、手持ち花火はなんと100本という多さ。またそこに噴出花火が二個ついています。手持ち花火をたくさん楽しみたい、もしくは大人数で花火をする場合には十分とも言えるほど花火が詰まっています。

また手持ち花火だけでなく噴出花火も入っているので、手持ち花火のセットだけでは物足りないという人におススメです。仲間で花火を楽しみたい人、もしくは大家族での花火に最適です。

3位

スーパーダブル ロング 花火

スーパーダブル ロング 花火

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,540

手持ち花火が大体50本入っており、大まかになりますがセット内容はすすき花火が25本、スパーク花火が22本、そして線香花火が4本ほど入っています。どれも長持ちするように長めのサイズになっていて、この量でも十分に花火を楽しむことができるでしょう。

量自体こそ少ないものの、花火の一本一本が長めに楽しめるという点でメリットがある花火セットです。なので少人数で遊ぶ場合や、もしくはこの花火をもってどこかに出かける場合などにおススメの花火ですね。

2位

手持ち花火 スーパーロング花火セット 501666 L-L

手持ち花火 スーパーロング花火セット 501666 L-L

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 900

スーパーロング花火という名前通り、燃焼時間が長い花火を詰め合わせたセットです。ロング花火の他線香花火や変色花火も入っており、これらの花火もロング花火ほどではありませんが燃焼時間が長く、一本を長時間楽しみたい人向けの花火セットです。

その燃焼時間は1本で約60秒。変色花火や線香花火も50秒や40秒ほど持つので、花火の本数こそ少ないですが長時間遊べる花火セットです。色々な花火ではなく、一本の花火を長く楽しみたい大人向けの花火セットと言えるでしょう。

1位

焚昇ニューゴールドスパークラーミニ 250本入

焚昇ニューゴールドスパークラーミニ 250本入

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,999

煙の少ない星火花のスパーク花火です。こちらの花火はスパーク花火ということもあって通常の花火とはまた違う、楽しみ方で花火を使うことができます。その方法とはケーキやパフェなどに飾って楽しむという、ショップでしか見ないような遊び方です。しかしそれを一般でもできるというのが最大の特徴でしょうか。

花火一本の長さは約23㎝、煙が少ないことから花火の火がとても綺麗に見えて、インパクトのある使い方でパーティの目玉になることは請け合い。一般的な花火だけでなく、ちょっと変わった花火を楽しみたい人向けです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

手持ち花火の効果的な使い方

親子で花火

色々な花火セットがありますが、ここで手持ち花火の効果的な使い方を紹介しましょう。皆さんはどのように花火を楽しんでいるでしょうか?もしかしたら中には手持ち花火は火が付かないことが多く、楽しめないと思っている人もいるかもしれませんね。

花火が付かない原因は色々とありますが、実は意外な所に花火に火が付かない原因があります。そこで手持ち花火をより楽しむためにも、この花火に火が付かない原因を一つお教えしましょう。この方法はかなり多くの人が勘違いしているので、ちょっと花火の時に確認をしてみて下さい。

特に手持ち花火の中でも主流ともいえるススキ花火。このススキ花火、意外と火が出るまでに時間がかかりますよね。何度もロウソクに近づけて火を付けているのに、火が出なかったということがありませんか?その理由は、実は「火薬に火が付いていない」ことが原因です。

なぜなら多くの人がススキ花火の先の紙に火を付けていることが多いからです。このススキ花火の先の紙には、実は火薬は入っていません。この紙の部分は花びら紙というのですが、この紙ではなく薬の入っているパイプのような部分に火が付いて初めて火が出るのです。

知らない人はこの部分に火を付けることで花火に火が付くと勘違いしていることが多いですね。なのでより早く火を付けるには、先にこの花びら紙の部分を丁寧に取ってからパイプ部分を露出させて火を付けてみましょう。すぐに花火が出始めるでしょう。

特に子供に花火をやらせると花びら紙に気を取られて「火が付かない花火」「しけっている花火」と勘違いしてそのまま水バケツに入れてしまうこともあるので、先に大人がこの部分の紙を取って上げるとやりやすいですね。

因みにこの説明は、意外にもパッケージ部分に書かれています。ですが花火の注意部分はそこまで注意して読むことは少なく、勘違いしている人も多くいます。なので今まで「しけっている花火が多い」と思った人も、この方法で手持ち花火で楽しんでみて下さい。

まとめ

手持ち花火は夏を楽しむためには欠かせないアイテムです。夏の夜に皆で手持ち花火をするというのは、忘れられない思い出になるでしょう。そんな時にはやはり、手持ち花火をセットで購入して楽しみましょう。そしてその時にはまず花火セットの中身からチェックしてみましょう。

例えば手持ち花火のセットでも中にはススキ花火、線香花火、スパーク花火など色々な花火が詰め合わされています。どの花火がどんな特徴があるのか、そしてどんな楽しみ方をすればいいのか。また花火の量はどれくらい入っているのか、そういう風に考えていけばどんな花火セットを選べばよいのか分かるでしょう。

それに花火は大人だけでなく、子供も好きなイベントです。子供たちがたっぷりと花火を楽しめるように、大人である皆さんが花火を選んであげて下さい。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.