1. グッディ∞
  2. 生活雑貨圧縮袋のおすすめは?旅行や衣替えに人気な商品の比較ランキング

2018/02/13更新

圧縮袋のおすすめは?旅行や衣替えに人気な商品の比較ランキング【2018年】

旅行の荷物

皆さんは、衣類の整理はどのようにしているでしょうか?衣類というのはどうしてもかさばってしまい、場所を取りますよね。普段の生活の中でも衣類整理は大変ですし、旅行に持っていく時も量があると大変。そんな衣類を整理するのに便利なのが、圧縮袋です。

この圧縮袋は賢く使うことで普段使い、衣替え、旅行の時の荷物整理など色々な場面で活躍してくれます。そこで今回はそんな圧縮袋の選び方、人気の圧縮袋ランキング、効果的な圧縮袋の使い方をお教えしましょう。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

圧縮袋の選び方

トランク

まずは圧縮袋の選び方をお教えしていきたいと思います。今回は圧縮袋の中でも衣類整理に使える衣服用の圧縮袋について解説していきますが、衣類用圧縮袋もタイプやサイズ、特徴は様々です。しかしこの特徴をより理解することで、自分に向いている圧縮袋を選ぶことができます。

その注目するべきポイントを一つずつ解説していきますので、どんな圧縮袋が自分に合うかチェックしていきながら見てみて下さいね。

どんな衣服をしまうのか?

まずは基本ともいる、しまう衣服から考えていきましょう。圧縮袋には色々なサイズが用意されていてどのサイズを選べば良いのか分からなくなりそうですが、どんな衣服をしまうかを考えると適切なサイズが分かります。衣類用の圧縮袋はSサイズからLサイズまで取り扱っているので、どのサイズが適切か考えてみましょう。

例えばSサイズならシャツが三枚ほどを収納すると一杯になってしまいますが、Lサイズほどになると厚手の服もしまうことができます。このことからSサイズはどちらかと言うと衣類の中でも薄手、もしくは下着などを収納することに向いています。

収納することだけを考えるならサイズは大きめの物を、旅行のお供に持っていくなら色々なサイズの圧縮袋を取り揃えておくと幅広く対応しやすいですね。

圧縮性はどれほどか?

圧縮袋は圧縮するための袋ですが、袋によってどれだけ圧縮できるかは違ってきます。その圧縮性は主に袋の厚さで変化します。なぜなら袋の厚さが薄いと破れやすくなり、十分に空気を抜くことができないからです。なので購入前に袋の厚みをチェックしておきましょう。

また十分に空気を抜くことを考えるなら、空気を抜くための通気口が付いているものが便利です。この通気口があるだけでより空気を抜くことができ、圧縮して衣類をコンパクトにまとめられます。

圧縮しやすさはどうなっている?

圧縮袋が上手く使えないという人もいますよね。空気を抜いて口をしめて使う圧縮袋は、タイプによって使いやすさ、つまり圧縮しやすさが違ってきます。この圧縮袋の使いやすさは、袋の口部分がスライダー状態になっているものがベストです。

基本的に圧縮袋は衣類を入れたら空気を抜いてから口を閉じますが、この時にスライダー式だと口部分を調整しておきやすく、空気を抜いたまま上手に密封することができます。またこちらの方が口を閉じた後に空気が入りにくく、密閉性が高いです。つまりより圧縮性も高い物になります。

今の圧縮袋はほとんどがスライダー状態の物になっていますが、それでも念のために口部分のチェックもしておいて下さいね。

スポンサーリンク

圧縮袋人気おすすめ商品TOP10

ではここからインターネット通販で購入できる人気のあるおすすめの圧縮袋を紹介していきたいと思います。インターネット通販は店舗を回ることなく、色々な品を比較できるというメリットがあります。ただ手にとって直に商品を見ることができないというデメリットも同時に存在します。

そこでその圧縮袋がどういったものなのか、特徴を解説していきたいと思います。また人気の圧縮袋をランキング形式で紹介していきますので、どんな圧縮袋が皆に選ばれているのか参考にしてみて下さい。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第10位 【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 Lサイズ 5枚組 (Bon Voyage)日本製

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 Lサイズ 5枚組 (Bon Voyage)日本製

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 972

サイズは約34×50cm。収納する衣服の厚さによって変わりますが、セーターでも二枚ほど入って圧縮できてしまうサイズです。口部分はスライダー式なので口も閉じやすく、圧縮しやすくなっています。なので掃除機を利用した吸引で空気抜きをする必要はありません。

サイズが大きいこともあって旅行の着替えの圧縮だけでなく、冬物の整理にも最適。衣替えのサポートから旅行のお供にまで、幅広く使うことのできる衣類圧縮袋です。

第9位 衣類圧縮袋 衣類収納袋 Cosy Zone 圧縮袋 超大容量 10枚入り 衣類整理 収納 圧縮 掃除機不要 旅行 出張用 トラベル 便利グッズ 透明 35×50cm 40*60cm

衣類圧縮袋 衣類収納袋 Cosy Zone 圧縮袋 超大容量 10枚入り 衣類整理 収納 圧縮 掃除機不要 旅行 出張用 トラベル 便利グッズ 透明 35×50cm 40*60cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

超大容量という名前通り、サイズ違いの圧縮袋が10枚セットになっています。内訳は35×50㎝のMサイズが5枚、40×60㎝のLサイズが5枚です。目安としてMサイズはTシャツなどが三枚ほど、Lサイズはトレーナーやセーターなどの厚手の物が二枚ほど収納できます。

口部分は二重チャックのスライダー式になっており、空気も抜きやすく使いやすいです。そして衣類をしまうのに便利な防ダニ・防カビ・防湿気・防悪臭。色々な悪環境から衣類を守ってくれる優秀な圧縮袋ですね。

第8位 衣類圧縮袋 旅行用 U-miss 衣類圧縮パック 旅行用圧縮袋 防虫・防臭対策に 掃除機不要

衣類圧縮袋 旅行用 U-miss 衣類圧縮パック 旅行用圧縮袋 防虫・防臭対策に 掃除機不要

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,299

Mサイズは35cm×50cm、Lサイズは40cm×60cm。MサイズならTシャツなどが三枚ほど、Lサイズはトレーナーやセーターなどの厚手の物が二枚ほど収納できます。またMサイズは下着なら5枚ほど収納できるので、旅行の際は着替えを収納するだけでなく、着た後の衣服をしまっておくのにも向いています。

防虫、防臭対策がされているので虫食いや臭い漏れもなく、汚れ物の収納に最適なのでやはり旅行用の衣類を圧縮して持っていくのに向いているでしょう。厚手の物もしまえることから、冬の旅行のパートナーにも活躍できますね。

第7位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 L 10枚組 日本製 旅行 旅行用

【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 L 10枚組 日本製 旅行 旅行用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,288

35×50cmのLサイズが10枚も入っており、目安としてセーターが三枚前後しまえる容量。なのでかさばる冬物もコンパクトに、たくさん収納することができます。もちろんスライダー口なので空気も抜きやすく、女性でも子供でも簡単に空気抜きが可能。

素材も厳選されており、薄いけれど耐久性のある作り。その秘密は気体通過しにくいナイロンフィルム、密閉率を高めるLLDポリエチレンの二層構造。圧縮袋は薄いのに高い密閉性で空気を抜き、より圧縮して衣類をまとめることができるでしょう。

第6位 圧縮袋 衣類圧縮袋 Love-KANKEI 掃除機不要 防塵防湿 防虫防カビ 繰り返し使用出来 衣替え収納/旅行/引越し/出張/家庭 Lサイズ 10枚組

圧縮袋 衣類圧縮袋 Love-KANKEI 掃除機不要 防塵防湿 防虫防カビ 繰り返し使用出来 衣替え収納/旅行/引越し/出張/家庭 Lサイズ 10枚組

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 799

サイズは35×50cm、防虫防カビ、湿気やほこりからも衣類をまもってくれる高い密閉性の衣類圧縮袋です。圧縮も簡単で、衣類を入れたらスライダー口を止めて手で巻くように押していくだけ。するとそこの部分から空気が抜けていきます。その圧縮率はなんと75%。かなりのスペース削減になります。

なので旅行や衣替えだけでなく、引っ越しや長期出張の際の衣類まとめにおすすめ。キャンプなどでも汚れ物をビニールに入れて圧縮しておけば場所を取らず、臭いません。

第5位 【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 Lサイズ 10枚組 (Bon Voyage)日本製

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 Lサイズ 10枚組 (Bon Voyage)日本製

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,620

一枚のサイズは34×50cm、大きめの衣類や厚手の衣類を入れるのに向いています。口部分もスライダー式なので密封しやすく、手で押さえるだけで密封できるので掃除機は必要なし。また袋は透明なので何が入っているのか分かりやすく、衣類の整理にも向いています。

そのLサイズが十枚組ということもあり、どちらかと言うと旅行向き。家庭での衣類整理なら色々なサイズを取り揃えるのも良いですが、持っていくものがほぼ決まっている旅行にはこのサイズがピッタリです。

第4位 【日本製】【Amazon.co.jp限定価格】 衣類圧縮袋 リムーブエアー 10枚アソートセット エンボス加工あり

【日本製】【Amazon.co.jp限定価格】 衣類圧縮袋 リムーブエアー 10枚アソートセット エンボス加工あり

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,386

よくある衣類圧縮袋のLサイズ34×49cm、Mサイズ32×39cmに加えて、一回り大きい LLサイズ45×65cmが含まれているのが特徴です。このLLサイズにはセーターやトレーナーのような厚手の衣類が四枚ほど収納でき、Lサイズの倍の大きさと言うとその容量の大きさが分かるでしょう。

圧縮もしやすく、抜けた空気が逆戻りしない構造になっているので密閉率がとても高いのも良いですね。他社では真似できないエンボス加工によってフィルム部分がしなやかなので、手で圧縮しやすいというメリットも大きいです。大容量の圧縮袋が欲しい人にはぴったりですね。

第3位 Vacplus 衣類圧縮袋【10枚セット 掃除機不要 終身交換承り】 手巻き 圧縮袋 防塵防湿 衣類真空パック ダニ、カビ対策 省スペース 旅行 旅行用 (50x35cmx5枚&40x30cmx5枚)

 Vacplus 衣類圧縮袋【10枚セット 掃除機不要 終身交換承り】 手巻き 圧縮袋 防塵防湿 衣類真空パック ダニ、カビ対策 省スペース 旅行 旅行用 (50x35cmx5枚&40x30cmx5枚)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 980

サイズ50×35cmを五枚、40×30cmが五枚の十枚入り。掃除機やポンプなどが不要で手で巻くだけで圧縮できる仕様になっています。また湿気、埃、ダニやカビ対策がされているので、衣類を清潔な状態で保ちながら収納しておけます。

特徴となるのはそのデザインの可愛らしさ。ボタニカルな模様が付いていて、収納していてとても見た目が良く、ただビニールの透明な収納には飽きたという人にはおススメです。旅行時に見られたくない下着などをしまうのも良い使い方ですね。

第2位 【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 日本製 旅行 旅行用

【Amazon.co.jp限定】 掃除機不要! 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 日本製 旅行 旅行用

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,099

Mサイズは30×40cm、Lサイズは35×50cm。大き目なものから下着や靴下の収納にまで使えるので、色々な衣類を小分けして収納したい旅行にはぴったり。掃除機も不要で手で丸めれば圧縮できるので、旅行先でもコンパクトに使うことができます。

もちろん自宅で衣類をコンパクトにまとめたい時にも活躍してくれるので、サイズや容量が違う衣服をまとめてしまいたい場合はこの圧縮袋のサイズ違いが入っているセットをおススメします。利便性の高さが分かりますよ。

第1位 【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 (Bon Voyage Go Goセット)日本製

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 (Bon Voyage Go Goセット)日本製

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,512

色々なサイズの衣類をしまいたい人にピッタリな、MサイズとLサイズを十枚組にしたセット。シーズンオフ中の夏物や冬物の収納から、旅行の着替え収納、汚れ物の保存。また長期出張などでたくさん衣類を移動させなければいけない時に圧縮してくれる便利なセットです。

手で巻くだけなのはもちろん、スライダー式の口は密閉率が高くて使いやすさにも優れています。透明なこともあってどこから見てもすぐ何が入っているか分かりやすいので、下着や靴下などの小物をたくさん収納するのにも向いているコストパフォーマンスの高い圧縮袋です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

圧縮袋の効果的な使い方

洋服

次に圧縮袋の効果的な使い方を紹介していきたいと思います。圧縮袋は衣類を圧縮して使うもの、だからしまうための衣類を圧縮して、そこから出し入れして……その使い方は正しいのですが、実は衣類圧縮袋はもっと色々な使い方ができるものなのです。

そこでより圧縮袋を効果的に使うべく、圧縮袋の別の使い方もお教えしましょう。またどうしても衣類圧縮袋に空気が入ってしまうのが気になるという人のために、簡単に、しかもより空気を抜いて圧縮できる方法もお教えしたいと思います。

着替えを入れるだけじゃない、衣類圧縮袋の使い方

圧縮袋の使い方として旅行に持っていくことがありますが、この時に着替えを圧縮することばかりに気がとられてはいませんか?実は着替えを圧縮するだけでなく、他の物をしまうことにも衣類圧縮袋は便利に使うことができるのです。その方法をお教えします。

着替えた後の汚れ物を管理する

旅行先では当然着替えをします。そこで圧縮袋の出番です。圧縮袋は衣類を圧縮してコンパクトにまとめるだけでなく、着替えた後の汚れ物を保存することにも向いているのです。なぜなら圧縮袋は密封されるので、服についた臭いが外に漏れださないからです。

これを利用して汚れ物をまとめたり、ビニールと併用して一時的な赤ちゃんのオムツをしまっておいたりなどにも圧縮袋は使うことができます。特に食べ物の臭いが強いシャツなどを密封しておくにはピッタリでしょう。

化粧品ポーチの代わりに

圧縮袋は密封率が高く、ビニール製なのでそれ自体は水にも強いです。それを利用して化粧品ポーチの代わりに利用するのもおススメの方法。長期の旅行で化粧水などを大容量で持っていきたい場合、途中で使いたしたい場合は圧縮袋にしまいましょう。液漏れなどを防ぐことができます。

ただ注意として圧縮袋といってもビンを圧縮しないように。ビニールがビンの角やとがった場所に当たると破損してそこから液漏れすることも考えられます。あくまでポーチの代わりとして、ゆったりと詰めるようにしましょう。

圧縮袋に上手くしまえない!という人へ

圧縮袋を使ってみたはいいけれど、上手くしまえない、しまいにくい、どうしても空気が入ってしまうとお悩みの人へ。そんな人のために圧縮袋に衣類を簡単にしまう方法をお教えします。まずはこの方法で衣類をしまってみて下さい。今までよりも簡単に衣類がしまえるはずです。

衣類をしまう前

まず衣類をしまう前に、固く絞った布巾を用意して下さい。そしてその布巾で衣類圧縮袋の中を軽く拭くのです。このひと手間で圧縮袋が衣類とくっつきやすくなり、より空気が抜けるようになります。この時の水分に関しては気にすることはありませんが、どうしてもカビなどが気になる人は防湿剤を入れると良いでしょう。

もしくは湿気を防ぐタイプの圧縮袋も販売されているので、そちらを入れるとより効果的ですね。

衣類をしまう時

衣類をしまう時はまず一枚目を袋よりも少し小さめのサイズに畳みます。袋の上に置いてみると分かりやすいですね。そしてその一枚目より小さめに二枚目を畳んで重ねます。中に入れる衣類の量は目安の量にして下さい。多く入れようとすると破損の原因になったり、空気が上手く抜けなくなります。

次に衣類を丸めて、それから袋に入れて広げます。こうすることで畳んでいれるよりも遥かに簡単に衣類をしまうことができます。そのため衣類も寄れにくく、空気も抜きやすくなります。

圧迫する時の注意点

圧迫する時は無理に全ての空気を抜こうとしなくても十分。手で圧縮できるタイプならゆっくりと押していくだけで綺麗に空気は抜けます。逆に空気を抜くことに集中しすぎると衣類のシワの原因にもなります。ペラペラにせず、ある程度空気を抜くようにすると上手くできますよ。

まとめ

衣類はそこまで重さはなくても、どうしてもかさばってしまうのが欠点。しかもそれは一枚、また一枚と重ねるごとに場所を取って、タンスや押し入れを圧迫します。しまっておける家庭内ならともかく、旅行先などではその量の多さは荷物が増えてしまう原因の一つです。

そこで圧縮袋の出番。かさばる衣類を圧縮して収納すれば、どんな場所でもコンパクト。鞄などの収納スペースを賢く使うためにも、衣類をたくさん持っている人は一度試してみて下さい。衣類圧縮袋を使ってみれば、その性能の高さと利便性の豊富さに驚いてもらえると思いますよ。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.