1. グッディ∞
  2. 家電おすすめの変換プラグ人気比較ランキング

2018/03/02更新

おすすめの変換プラグ人気比較ランキング【2018年】

変換プラグ

変換プラグとは、日本式のコンセントを海外旅行などの際に現地で使えるようにしてくれるアイテムです。最近では、スマホやパソコンなどは海外の電圧に対応しているものが多いため、変圧器よりもこちらの変換プラグの方が必要な場合が多いでしょう。

しかし変換プラグの見た目は、ぱっと見どれも同じようなもの。海外に行く際に購入しようと思っても、どれを買っていいかわからないという人もいるでしょう。しかし購入する変換プラグを間違えてしまうと、用途を満たさないことも。

そこで今回は、変換プラグを選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

変換プラグの選び方

国旗

今まで海外にあまり行ったことがないという人は、変換プラグが必要だということになっても、どういう風に選ぶべきかわからないかもしれません。しかし自分に必要な変換プラグを選ばなければ、現地についてみて使えないことに気づくというような失敗談もよく見受けられます。

そういったことにならないためにも、変換プラグを購入する前にしっかりその選び方を知っておきましょう。ここでは変換プラグを選ぶときのポイントをまとめてみました。

渡航先のプラグタイプで選ぶ

変換プラグを選ぶときの最重要項目は、渡航先で使える変換プラグを選ぶということです。コンセントのプラグタイプには、さまざまなものがあり、国によって異なります。また同じ国でも地域や建物によってタイプが違うことも。

そのため、まずは渡航先の国のコンセント情報をしっかりと下調べしましょう。下記に変換プラグのタイプと主に使われている国をまとめてみましたので、参考にしてください。

Aタイプ

日本、南北アメリカ、台湾、タイ、ベトナムなど

Bタイプ

インド、中国、デンマーク、スウェーデンなど

Cタイプ

ヨーロッパ、韓国、中国、タイ、インドネシアなど

SEタイプ

ヨーロッパ、韓国など

B3タイプ

インド、中国、モンゴルなど

BFタイプ

イギリス、マレーシア、シンガポール、香港、中東など

Oタイプ

オーストラリア、ニュージーランド、他オセアニア地域、中国など

O2タイプ

中国など

CBタイプ

ブラジルなど

この他にもプラグのタイプはありますが、上記のタイプで主要な国々のプラグはカバーできます。2つ以上のタイプのある国は、現地の情報を事前に確認し、必要そうなら複数のタイプの変換プラグを用意しておきましょう。

これを間違えてしまうとコンセントを差すことができないので、そもそも変換プラグの用途を満たしてくれません。

持ち運びしやすいものを選ぶ

旅行をするときはなるべく荷物は小さく軽くなるのが理想です。そういったことを考えると、変換プラグも重くてごついものよりもコンパクトで軽量なものの方が望ましいでしょう。実際、人気の変換プラグはどれもコンパクトで軽量なものになっています。

プラグの形状の都合でコンパクトになりづらい形状のものもあるのですが、基本的にはシンプルなものをおすすめします。重量なども購入前にチェックしておくといいでしょう。

世界を旅する場合は世界対応できるものを

変換プラグは基本的にはコンパクトなものがおすすめですが、世界一周などのような旅をする人には、世界対応のできるマルチタイプの変換プラグをおすすめします。大きさは通常の変換プラグよりも大きくなりますが、これ1つで多くの国のコンセントに対応できるため、非常に便利です。

これが大きすぎるという場合は、いくつかの変換プラグがセットになっているものを購入するといいでしょう。その場合は1つ1つが小さいため、荷物の隙間に押し込むことができます。いくつかの変換プラグを買うという場合は、行く予定の国のプラグ情報をすべて確認しておくことをおすすめします。

機能で選ぶ

変換プラグにはとてもシンプルなものが多いのですが、中には暗いところで光るタイプや、蓄光タイプなどといったものもあります。こうしたものだと、暗いところでも変換プラグの位置がわかるので便利なこともあるでしょう。

また、プラグにUSB充電用の差し込み口があるようなタイプの変換プラグもあります。これだと、何か他のものにプラグを使いながら、同時にスマホを充電したりできるので、とても便利です。

見た目で選ぶ

変換プラグは機能的には似ている商品が多いため、いまひとつ決めてにかけるということもあるかもしれません。そういった場合は、変換プラグの見た目で決めてしまいましょう。

色もオーソドックスなブラックから、ホワイト、クリアなど意外とさまざまなものがあります。どちらにするか迷うという場合は、見た目の好みで選んでも構いません。

スポンサーリンク

変換プラグ人気おすすめ商品TOP10

変換プラグの選び方や種類がわかったところで、さっそくどんな商品があるかを見ていきましょう。ここに、使い勝手がよく人気のおすすめ商品を10アイテム集めてみました。

ランキング形式でご紹介していくので、その特徴やタイプなどを見比べながら、自分にとって最適な変換プラグを見つけてみましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

カシムラ 海外旅行用変換プラグ BFタイプ TI-65

カシムラ 海外旅行用変換プラグ BFタイプ TI-65

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 890

カシムラのBFタイプ変換プラグです。このシンプルなブラックの他に、光るタイプや蓄光タイプなどもあります。BFタイプはイギリスやマレーシアなどで使えるプラグです。プラグの形状の関係でコンパクトとはいきませんが、そういった地域に旅行する人には必須のアイテム。

比較的お求めやすいお値段ですから、複数購入してもいいでしょう。BFタイプの地域に出張や旅行をする際には、間違いなく必要になる変換プラグです。

9位

海外用電源プラグOタイプ

海外用電源プラグOタイプ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 289

ヤザワのOタイプ電源プラグ。シンプルなホワイトカラーで、コンパクト・軽量と旅のときに邪魔にならない要素を備えています。また、とても安価なのも魅力的。Oタイプは、オセアニア地域で使えるタイプになっています。

オーストラリアやニュージーランドにワーキングホリデーや留学などで長期滞在する人に特におすすめ。複数持っていっても邪魔にならない大きさと重さになっています。もちろん出張にも使える商品です。

8位

カシムラ 海外旅行用変換プラグ Cタイプ TI-64

カシムラ 海外旅行用変換プラグ Cタイプ TI-64

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 720

カシムラのCタイプの変換プラグです。真っ黒でシンプルな外観となっています。アジアやヨーロッパでCタイプが使える国は多いので、海外旅行をすることがある人は、1つ持っておくと便利でしょう。

とても軽くシンプルなため、持ち運びやすいのもポイント。長期滞在をする人は、いくつか購入していくといいでしょう。黒い変換プラグが良いという人におすすめです。

7位

カシムラ マルチ電源プラグサスケ(ブルー) TI-13

カシムラ マルチ電源プラグサスケ(ブルー) TI-13

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格: ¥ 3,980

カシムラのマルチ電源プラグです。見た目もなかなかかっこよく、ロボットのように組み合わせたりできるのが斬新な変換プラグです。これさえあれば、世界中のコンセントに対応できるという優れもの。ただし、南アフリカの一部(B3Lタイプ)では使えないため、その地域に行く場合は別に変換プラグが必要です。

変換プラグとしては珍しくカラバリもあるので、好きな色を選ぶといいでしょう。世界中を旅する旅人におすすめの商品です。

6位

海外用電源プラグSEタイプ

 海外用電源プラグSEタイプ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 274

ヤザワのSEタイプ変換プラグです。SEタイプは、ヨーロッパや中国などで見るタイプのプラグとなっています。しかし現在はそれらの地域でもCタイプの方がよく見られるため、あまり活躍する出番がないかもしれません。渡航する予定の国がSEタイプである場合は、1つ持っておくと便利です。

とても軽量でコンパクト、且つ安価なので、SEタイプとCタイプが混在している国に2つとも持って行くのもいいでしょう。そういった国には、念のためこの商品を持って行くことをおすすめします。

5位

カシムラ 海外旅行用変換プラグ Oタイプ TI-67

 カシムラ 海外旅行用変換プラグ Oタイプ TI-67

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 870

カシムラのOタイプ変換プラブです。クールなブラック色になっていて、とてもシンプルな変換プラグ。Oタイプはオセアニア地域でよく見られるタイプです。オーストラリアやニュージーランド、その他周辺の島々に行くという人はこれを購入するといいでしょう。

とても小さく軽量ですから、幅を取りません。長期滞在をする予定なら、いくつか準備していくことをおすすめします。

4位

ヤザワ 海外用マルチ変換プラグ 差込口形状A・C・O・BF・SE・USB対応 HPM4WH

ヤザワ 海外用マルチ変換プラグ 差込口形状A・C・O・BF・SE・USB対応 HPM4WH

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,236

ヤザワのマルチ変換プラグです。これ1つあれば、さまざまな国のコンセントに対応できるという商品となっていて、さらにUSB充電も可能です。

対応タイプは、タイプA、C、O、BF、SEの5つ。これは世界の主要な国々をカバーしています。もちろん電圧も240Vまで対応。何個もプラグを持ち歩きたくない、世界中をあちこちする旅人におすすめの商品です。製品の性質上少し大きめなのが難かもしれません。

3位

Yazawa 海外用電源プラグBFタイプ HP5

 Yazawa 海外用電源プラグBFタイプ HP5

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 610

ヤザワのBFタイプの変換プラグです。BFタイプは、イギリスやマレーシア、シンガポール、香港などで見られるタイプのプラグです。BFタイプのコンセントはとても大きいため、コンパクトとは言えませんがこのタイプのプラグを使う人には必須の変換プラグ。

BFタイプの中ではコンパクト且つ軽量に作られている商品です。比較的安価にもなっていて、お買い得です。白い変換プラグが欲しいという人は、この商品をおすすめします。

2位

海外用電源プラグCタイプ

海外用電源プラグCタイプ

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 330

ヤザワのCタイプ変換プラグです。Cタイプは世界でもよく見るタイプのプラグです。日本人に人気の渡航先である韓国や台湾、中国などがこのタイプ。そして、ヨーロッパにも多いタイプですから、そういった地域に行く人には必需品です。

見た目もすっきりとしたホワイトでコンパクト。スーツケースやバックパックの中に入れても邪魔になりません。安価なので、いくつかの電子機器を同時に充電したいときのことを考えて、複数購入してもいいでしょう。

1位

ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5

 ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 635

ヤザワの変換プラグセットです。Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ、BFタイプ、Oタイプのセットになっていて、世界のほとんどの国に対応できるセットになっているので、世界中を旅行するという人に最適。セット内容の割にはかなりお求め安い値段になっています。

同一国内でもプラグの形が違う場所もありますし、そういったときに困らないようにこのセットを持っていてもいいのではないでしょうか。空港などで同じようなセット商品を購入するよりは、はるかに安価になっています。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

変換プラグの効果的な使い方

コンセント

変換プラグは、コンセントの形状を変えるためのものです。とてもシンプルなものに思えるかもしれませんが、使い方がわかっていなければ危険なことも。

そこで変換プラグを使うときの基本的な使い方や、注意すべき点などをまとめてみました。これを参考に、安全な変換プラグの使い方をしましょう。

変換プラグを使う前にチェック

変換プラグを現地のコンセントプラグに差し込む前に、もう一度その電子機器の電圧がその国に対応しているかどうかを確認しましょう。

製品の仕様などが書かれた部分に100V、若しくは100-240Vという表記があります。これが、100-240Vの場合は変圧プラグだけで使える製品ということです。もし、これが100Vの場合は変圧器というものが必要になるので、そのまま差し込んではいけません。

もしそのまま差し込んでしまうと、火事などの危険性もありますから、くれぐれも気をつけるようにしてください。

変換プラグの基本的な使い方

変換プラグを使うときには、先に電化製品のプラグを変換プラグに刺し、それから変換プラグをコンセントの差し込み口に差すようにしてください。

基本的な使い方はこれだけですが、変換プラグをコンセントに差しっぱなしにして使うのはあまりおすすめできません。なぜかというと、変換プラグの中には抜き差しが非常に難しい硬いものがあるからです。そのため、変換プラグを使うときには、電化製品のプラグと変換プラグどちらも手で固定しながら差し込むのが安全です。

いくつかのプラグを使う国では

いくつかのプラグ形状が流通している国では、コンセントの差し込み口もどちらにも対応しているということがあります。見た目ではわかりづらく、コンセントを見て持ってきた変換プラグが使えないと焦ってしまうかもしれません。

もしも見た目でちょっとでも似ている気がしたら、変換プラグが差し込めないか確かめてみるといいでしょう。普通にすっと入って、固定されているようであれば問題ありません。

このあたりの情報は、現地へ渡航前でも調べることができますから、あらかじめ調べておきましょう。

変換プラグが熱くなってしまったら

海外は日本よりも電圧が強いところが多いので、変換プラグを使ったときにプラグ部分がいつもより熱くなることがあります。また、海外ということもあり、熱くなってしまったのが気になるということもあるでしょう。

これが触れるくらいの程度であれば、そこまで心配することはありません。しかし、触って熱いと感じるほどなら危険なことも。あまりにも熱いと感じた場合は、プラグを抜いて冷ますようにしましょう。

これが原因でスマホやパソコンが熱を持ちすぎて壊れてしまったりということも考えられます。

慣れている場所なら問題ありませんが、はじめて渡航する場所や、はじめて宿泊する場所では、寝ながら充電をするのはおすすめしません。変換プラグを使うときは、故障や事故を防ぐためにも、時々熱くなりすぎていないか確かめるようにしてください。

特にたこ足配線などをするときには、いつも以上に気をつけるようにしてください。

まとめ

海外旅行をするときに必須アイテムである変換プラグ。何度も海外に行くという人は、いくつかのタイプのものを持っておいても便利でしょう。

電気が関わる製品だけに、間違った使い方をするととても危険です。使うときには細心の注意をはらい安全に使えるようにしてください。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.