1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おしゃれな洗濯ばさみのおすすめランキング!人気商品を比較

2018/02/15更新

おしゃれな洗濯ばさみのおすすめランキング!人気商品を比較【2018年】

洗濯ばさみ

洗濯物を干すのに欠かせない「洗濯ばさみ」。普段どのようなタイプを使っていますか?「洗濯物を干す」という割と地味な作業で使うアイテムなので、「洗濯ばさみなんてどれも似たり寄ったり」と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、毎日のように何気なく使っている洗濯ばさみには、実はさまざまなタイプがあり、ワンランク上のおしゃれなデザインのものもあるんですよ。

おしゃれなだけではなく、機能性にも優れた商品もあるので、ここでご紹介する選び方のポイントや人気商品の特徴をチェックしていきましょう。

編集部スタッフより

編集部スタッフ
“あれが欲しい!”と思ったときに役立つ情報をグッディ∞がお届けします!ご紹介する商品のなかに、気になる商品があるでしょうか。「これだ!」「いいね!」と思っていただける商品があれば幸いです。
スポンサーリンク

洗濯ばさみの選び方

女性 エプロン

洗濯ばさみを選ぶ際に、頭に入れておきたいポイントをご紹介していきます。

まずは素材を検討しよう

洗濯ばさみを素材で分類すると、プラスチック製・ステンレス製・木製という3種類に分けることができます。それぞれメリット・デメリットがあるので特徴を見ていきましょう。

低価格でカラフルな「プラスチック製」

誰でも一度は使ったことがあるのが、プラスチック製の洗濯ばさみではないでしょうか。

リーズナブルな価格なので、まとめ買いをしてもお財布にやさしいところが大きな利点。洗濯物の量が多い家庭や、週末にまとめて洗う方など洗濯ばさみをたくさん使う方におすすめです。カラーバリエーションも豊富なので色付きを使いたい方にも◎。

注意したいのは、プラスチックは屋外で使い続けると紫外線や気温の影響を受けて劣化しやすいという点です。耐久性はあまり高くないので、消耗品と認識しておきましょう。

価格はやや高めになりますが、プラスチック製でもUV加工は施されているタイプもあります。

耐久性が高くスタイリッシュな「ステンレス製」

耐久性が高いものを使いたい方は、ステンレス製の洗濯ばさみを選びましょう。ステンレスは紫外線を浴びても劣化しにくく、サビも付きにくいので夏場や雨の日でも安心して使えます。スタイリッシュなデザインが好きな方におすすめです。

デメリットとしては、ステンレスはプラスチック製と比べると価格は高めです。また、素材を活かしたメタリック調のものがほとんどなので、色々な色を楽しみたい方には物足りないでしょう。

ナチュラルでぬくもりを感じる「木製」

ナチュラル派の方には木製の洗濯ばさみがおすすめです。肌あたりも優しく、洗濯物に跡が付きにくいところが魅力。木製の洗濯ばさみはスリムタイプが多く、インテリア用としても適しています。

ただし、木なので劣化のしやすさは否めません。屋外で使うと長持ちしませんから、室内干し用にする方が良いでしょう。ステンレス製と比べると留める力は弱いので、ハンカチなどの小物類向けと言えます。

バネの強度は?

風が強い日でも洗濯物が飛ばされないくらい、バネの強度があるかどうかもチェックしておきたいポイントです。

一般の消費者にもわかるようなバネ強度を示す指標は特にありませんが、スプリング部分が太く、巻き数が多いものは反発力が強い傾向があります。「しっかり留められる」「ゆるくてずれてしまった」など、ユーザーの口コミ情報を参考にするのもおすすめです。

使いやすい仕様かどうか

洗濯ばさみは毎日のように使うアイテムですから、使い勝手が悪いものだと非効率ですしストレスになってしまいます。以下のような工夫が施されているものだと使いやすいですよ。

指にフィットしやすいデザイン

バネが強い洗濯ばさみだと、しっかり固定できるのはいいですが、力の弱い女性や高齢者にとってはパワーが必要で扱いにくいです。バネが強くても、つまむ部分が指にフィットしやすい形状になっているものだと、軽い力でも扱いやすくなりますよ。

手が濡れていても滑りにくい

湿った洗濯物を干すときは手が滑りやすくなるので、持ち手部分が滑りにくい仕様になっているものの方が使いやすいでしょう。滑り止めが付いているタイプ、滑りにくい加工が施されているタイプなど、商品によって仕様は異なります。

バスケット付きも便利

20個以上入っているような大容量タイプだと、困るのが収納場所。商品によっては、取っ手のあるバスケットなど収納用アイテムが付いてくるものもあるので、別途用意する必要がなくなります。

サイズ・入り数で選ぶ

洗濯ばさみには、長さ5㎝程度から10㎝程度まで大小さまざまなサイズがあるので、使用場所や干すものに応じて選びましょう。通常、小ぶりなピンチタイプは開いたときの幅も狭く、物干し竿にも使えるような大きいサイズの方がしっかり開きます。

物干しスペースに見合う入り数は?

また、洗濯ばさみは1個単位で売られていることはあまりなく、4個入りや10個入り、30個入りなどセット購入するものがほとんどです。物干し竿のスペースがあまりないのに20個入りの大きなポールピンチを買ってしまうと持て余してしまうので、物干しのスペースや普段の洗濯物の量に見合う入り数を選ぶようにしましょう。

気に入った色・デザインで洗濯を楽しく

家事で使うアイテムはデザインにもこだわってみると、毎日の作業がちょっと楽しくなるかもしれません。洗濯ばさみの色やデザインは、スタイリッシュなものからポップでカラフルなもの、ナチュラルでやさしい雰囲気のものなどバラエティーに富んでいます。

「シンプルだけど、形がなんとなくかっこいい」と思わせるような海外ブランドの製品も人気がありますし、かわいいデザインが好みの方は、猫やクマなどの動物や音符をモチーフにしたものもおすすめです。

昔ながらの「いかにも」な洗濯ばさみだと、単なるやっつけ仕事になりがちですが、気に入ったデザインのものを使うといい気分で丁寧にできるようになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

洗濯ばさみ人気おすすめ商品TOP8

では、実際にどのような洗濯ばさみが人気なのか、売れ筋の商品をご紹介します。ここでは、特におしゃれ度が高い8商品を厳選したので、それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

第8位 現代百貨 洗濯バサミ SUNNY ランドリーピンチ 30個入 ミックス K584MI

現代百貨 洗濯バサミ SUNNY ランドリーピンチ 30個入 ミックス K584MI

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 864

カラフルでポップなデザインの洗濯ばさみ。洗濯物の量が多い家庭でも余裕を持って使える30個入り。S字フックと専用バスケットも付属しているので、物干し竿などに引っ掛けておけば手に取りやすく便利です。

持ち手部分と挟む部分が扇型になっているため、指にフィットして力を入れやすく、衣類を傷めにくいです。カラーはホワイト・ピンク・ブルー・イエロー・パープルの5種類あるため、その日の気分や洗濯物の色に合わせて選ぶ楽しみもあります。大容量ですがリーズナブルな価格も魅力です。

第7位 ねこ の おすわり 洗濯バサミ 3個セット 白 ME241

ねこ の おすわり 洗濯バサミ 3個セット 白 ME241

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 810

キュートな白猫をモチーフにした洗濯ばさみ。3個入りです。物干し竿に留められるタイプなので、シーツやバスタオルなど大きな洗濯物もしっかり固定できます。

少し足を開いた猫が、洗濯物や物干し竿の上にちょこんと座っているように見えるところがなんともかわいらしく、猫好きにはたまらない一品。いつもの洗濯が楽しくなりそうですし、サイズが合えば室内のカーテンポールなどにインテリアとして飾っておくのもおすすめです。

第6位 【洗濯バサミ】Leaping Frogs プルーマミックスクリップ12個

【洗濯バサミ】Leaping Frogs プルーマミックスクリップ12個

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,380

カラフルでおしゃれなプラスチック製の洗濯ばさみ。プラスチック製の洗濯ばさみは日光が当たり続けると劣化しやすいですが、本品はUV加工済みなので屋外でも長期間使用できるでしょう。4色(青・赤・緑・黄)12個入りです。

サイズは長さ6.6㎝×幅2.2㎝×高さ2.7㎝。持ち手にはギザが付いた滑りにくい仕様になっています。留める部分にゴムが付いているため、洗濯物に跡が付きにくいところが大きな魅力。ランジェリーなどのデリケートな洗濯物にも安心して使うことができます。

第5位 GAWOOW ステンレス 洗濯バサミ 洗濯ピンチ 洗濯クリップ フック付ピンチ 錆びに強く (8個セット)

GAWOOW ステンレス 洗濯バサミ 洗濯ピンチ 洗濯クリップ フック付ピンチ 錆びに強く (8個セット)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 790

便利なフック付きのステンレス製洗濯ばさみです。ピンチとフックが一体化しているため、ピンチハンガーがなくても靴下やハンカチなどの小物を単品で干すことができて便利です。メモを挟んでおいたり、キッチンでふきんをちょっと乾かしたりするのにも重宝します。8個入り。

ステンレス製だから屋外に干しても劣化しにくくサビにくいです。主張しすぎないシンプルなデザインなので、設置する場所を選ばないところも魅力ポイントです。

第4位 木製 クロスピン (S) 50ピース入り PO-480-50

木製 クロスピン (S) 50ピース入り PO-480-50

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 436

パーチウッドで作られた木製の洗濯ばさみです。長さは約4.8㎝と小ぶりでスリムタイプなので、大きな洗濯物には不向きですが、ハンカチなどの小物を干したり、写真やポストカードをおしゃれに飾ったりするのに適しています。

ナチュラル素材なので見た目の印象がやさしくいい雰囲気です。大容量の50個入りですが、リーズナブルな価格で入手できるところも人気のポイント。低価格の割に良質なのでまとめ買いにおすすめです。

第3位 Freddy Leck(フレディレックウォッシュサロン) ポールピンチ6P FL-115

Freddy Leck(フレディレックウォッシュサロン) ポールピンチ6P FL-115

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 696

ドイツのおしゃれなコインランドリー「フレディレック・ウォッシュサロン」のランドリーブランド。なめらかな曲線が美しい白を基調にした洗濯ばさみで、フレディレックの青いロゴマークがプリントされています。全長9㎝、6個入りです。

素材はポリプロピレンですが、マットな質感に仕上げられるため、手が濡れていても滑りにくいところが魅力。インテリア雑貨のようなおしゃれな箱に入っているためちょっとした贈り物にもぴったり。おしゃれなだけではなく使い勝手にも配慮された一品です。

第2位 ROSENICE ステンレスクリップ 洗濯 バサミ ステンレス ピンチ 20個セット

ROSENICE ステンレスクリップ 洗濯 バサミ ステンレス ピンチ 20個セット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 899

多数周巻きスプリングでしっかり挟める、ステンレス製の洗濯ばさみです。20個入りなので、洗濯物を干す他、パンやお菓子など食品の袋を留めたりするのにも利用できます。サイズは長さ5.5㎝×幅1.3㎝×高さ2.5㎝。最大1.5㎝開くことができます。

ステンレス製なので、サビにくく耐久性が高いところが大きな利点。強力バネで厚手の洗濯物も固定しやすいです。丈夫な洗濯ばさみは造りがごつくなりがちですが、本品はシンプルできれいなデザインなので、たくさん留めても野暮ったい印象になりません。

第1位 mmcwin ステンレス ピンチ 竿用ピンチ 洗濯ピンチ 物干し 竿ばさみ 洗濯ばさみ 洗濯バサミ 錆に強い 12個セット

mmcwin ステンレス ピンチ 竿用ピンチ 洗濯ピンチ 物干し 竿ばさみ 洗濯ばさみ 洗濯バサミ 錆に強い 12個セット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 980

シンプルでスタイリッシュなデザインのステンレス製洗濯ばさみです。耐久性があり雨にも強いオールステンレス製なので、屋外でも安心して使うことができ、紫外線の影響も受けにくいです。12個入り。サイズは長さ8㎝×幅2.5㎝×高さ4㎝。開いたときの最大幅は4㎝です。

バネが強いため、厚手のタオルや風が強い日でもしっかりと留めておけるところも魅力ポイント。ハンガーのフックの部分を物干し竿に固定したいときにも便利です。強力バネですが、持ち手部分は長めで幅があるため、女性でも無理なく使うことができるでしょう。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

洗濯ばさみの効果的な使い方

洗濯ばさみ写真

洗濯ばさみは、その名のとおり洗濯物を挟むためのアイテムですが、それ以外にも以下のような効果的な使い方もできます。

食品の袋を留める

スナック菓子やパスタなど、湿気が気になる食品の袋を留めておくのに便利です。輪ゴムで留める方もいると思いますが、輪ゴムだと何度も取り外ししているうちに伸びたり切れたりしますが、洗濯ばさみであれば何度使っても大丈夫。

写真やポストカードを飾る

インテリアとして写真やポストカードなどをちょっと飾っておく場合にも、洗濯ばさみはおすすめです。インテリア用としては、飾るものを引き立てるシンプルなステンレスピンチや木製タイプが良いですよ。

持ち物の目印にする

大勢集まる場所に行ったときや、バーベキューやホームパーティなど、自分の持ち物がわからなくなることがありませんか?そんなとき、自分のコップやお皿だとわかるように洗濯ばさみを付けておけば、離れた場所で話し込んだり、お手洗いに行ったとしても一目で見つけられて安心です。

また、靴を脱ぐような場所に出向くと、靴を間違われたり、片方だけ見つからなかったりしがちですが、靴を揃えて洗濯ばさみで留めておけば、どちらの問題も一発解決できますよ。

観葉植物のネームプレートに

木製の洗濯ばさみに観葉植物の名前を書き、植木鉢のふちに挟めばちょっとおしゃれなネームプレートに。水やりをしても濡れにくいので一石二鳥です。

まとめ

ここまで、洗濯ばさみの選び方のポイントや人気商品の特徴など、購入前に知っておきたい情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

洗濯ばさみを選ぶ際は、まず素材を検討しましょう。価格重視で数が必要な方はプラスチック製が良いですし、サビにくく耐久性が欲しい方はステンレス製を選びましょう。主にインテリア用として使う場合は木製

そして、力を入れやすいかどうかなどの使い勝手や必要な入り数を検討していけば、最適な商品が見つかるはずです。機能性はもちろん、見た目も好みの洗濯ばさみを使えば、面倒な洗濯物干しもちょっと楽しくなるかもしれないので、ご紹介した内容を参考にしながら、使いやすい一品を見つけてくださいね。

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連キーワード

同カテゴリの人気記事

グッディの人気記事 5選



運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.