1. グッディ∞
  2. スマホ&アプリLightningケーブルのおすすめランキング!人気の商品比較

2018/01/16更新

Lightningケーブルのおすすめランキング!人気の商品比較【2018年】

スマホとLightningケーブル

LightningケーブルといえばiPhoneやiPadなどapple製品に付属するケーブルのことで、充電やPCとのデータ同期など様々な用途で使われることから、appleユーザーには必須となるアイテムです。そのため、iPhoneやiPad購入時には本体と共に同梱されています。

ただ、付属のケーブルは長さがおおよそ1mと決まっており、環境によっては使いづらさを感じることもしばしば。また、断線時には買い替えを要求されるわけですが、正直言って純性のケーブルはやや高価です。これらのことから、apple純製品以外のLightningケーブルを欲している方も少なくありません。

実際、既にapple以外のいくつかのメーカーがLightningケーブルを販売しており、中には純正品より人気が高そうな商品まで存在します。今回はそんな商品の中から特に人気の高いものを10個紹介。同時に簡単な選び方も解説しましょう。

スポンサーリンク

Lightningケーブルの選び方

まずはLightningケーブルの選び方から見ていきましょう。価格やケーブルの長さ、appleの認証など様々な面から見ていきますので、気になる項目だけでも読んでみてください。

種類について

Lightningケーブルは「appleの純正品」「MFi認証取得製品」「MFi非認証製品」の3つに分けることができます。1つ目のappleの純正品については説明は不要でしょう。要はappleが専門のショップなどで販売しているケーブルのことです。iPhoneやiPad購入時に付属するため、何本か持っている方も多いと思います。

対して後者2つはappleではなく、別のメーカーから販売されている商品のこと。有名どころであれば、AnkerやAmazonベーシックなど。appleの純正品と違って長さの幅があったり、色が好きに選べたり、ケーブルの柔らかさが違ったり。純正品には無い魅力を持っています。そして、そんな純正品以外にはMFi認証のものと、そうでないものが存在するのです。

このMFi認証とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略称であり、apple社からiPhoneやiPadで使用可能ですという認証を受けた証拠。つまり、MFi認証のついた商品はappleから認められた、安心性の高い商品となります。MFi認証については取得していればほぼ確実に表記があるはずです。そのため、Lightningケーブルを選ぶ際のひとつの目安にするといいでしょう。

一応はMFi認証の無い商品にも「安価」というメリットがありますが、それを補って余りあるデメリットがあることから、あまりおすすめはできません。実際、値段だけで選んでしまい後悔する方も少なくないです。MFi認証と非認証にどれだけの違いがあるのかについては、下記で詳しく解説していきましょう。

MFi認証について

さて、上記で説明したMFi認証について詳しく解説していきましょう。MFiを使用するメリットはいくつかありますので、項目を分けて詳しく説明します。

アップデート対応

iPhoneやiPadを使用している方ならご存知のように、appleは「これでもか」というくらいにアップデートを入れ込んできます。マイナーアップデートも含めれば、最低でも月に1回くらいはアップデートをしていそうです。そんなアップデート時に困りものなのは既存アプリのバグ。アップデートをすることで、少し前まで正常に動いていたアプリの挙動がおかしくなる、または動作しなくなることも珍しくありません。

これと同じように、Lightningケーブルもアップデートで使えなくなることがあるのをご存知でしょうか。純正品やMFi認証の商品を使っている限りは問題ありませんが、MFi非認証のケーブルだとアップデートに対応できず、そのまま無用の長物と化してしまうことも。

そのため、アップデートが頻繁に行われるapple製品で非承認商品を使うことはおすすめできません。いくら単価が安くとも、アップデートごとに使えなくなっては結果として高くついてしまいますからね。もちろん、そう頻繁に起こることではありませんが、急に充電が出来なくて困った、なんてトラブルはご免でしょう。

iPhoneやiPadに優しい

少し変な言い方になりますが、純正品やMFi認証ケーブルはapple製品に優しいと考えてください。というよりも、MFi非認証ケーブルがapple製品にダメージを与えることがあるのです。実際、MFi非認証製品を使ったばかりにiPhoneが故障してしまったという事故も発生しています。認証製品は非認証製品に比べて高めとは言え、その差は数百円程度です。

数百円の支払いを躊躇したばかりに、大切なiPhoneやiPadが故障。なんてことになったら笑えませんよね。機種や容量によりますが、中には10万円前後する機器もあるのですから、きちんとMFi認証製品を選びましょう。認証された製品はapple社が「iPhoneやiPadに悪影響を与えない」ことを確認しています。

充電時間が短い

「どのケーブルを使っても充電時間なんて同じじゃないの?」という考え方は大間違い。やはりケーブルの質によって充電にかかる時間は変わってきます。具体的に言えばケーブルに流れる電流の量が変わってきます。

MFi認証ケーブルについては、ほぼ純正品と同じ充電時間だと考えて大丈夫でしょう。これに対して、非認証ケーブルだと充電時間が倍近くかかることも。もちろん、商品によって異なりますが、こればかりは購入してみないと分かりません。

非認証ケーブルを購入したものの、充電時間が長くて使い物にならない。そんな事態を回避するためにもMFi認証製品を選んでください。ケーブルの電圧や電流については検証データがネット上や雑誌などに掲載されています。

不良品の確率が低め

さすがに0とは言いませんが、MFi認証ケーブルは非認証ケーブルに比べて不良品の数が少ないとされています。また、MFi認証ケーブルは一定の保証期間が設けられているため、もしトラブルがあっても修理や交換対応をしてくれるでしょう。

非認証ケーブルは1回で使えなくなったり、データ通信は出来るものの充電が不可であったり、初めから接触が悪かったり。このようなトラブルが起きることも少なくありません。安価な商品にはそれなりの理由があると考えましょう。

長さについて

Lightningケーブルの購入理由として上がりやすいのがケーブルの長さです。1mの純正品はデスク周りにぴったりとされる順当な長さではあるものの、コンセントやPCの位置は家庭によって違うもので、場合によっては1mが短く感じることもあるでしょう。充電しながら使っているとケーブルがピンと伸びてしまう。これはケーブルへ負荷がかかるうえ、場合によっては家族が足をひっかけて大惨事になってしまいます。

では、長い方がいいかと言えば、そうでもありません。長すぎれば邪魔に感じることも多いですし、断線の確率が高くなります。結局のところ、自分の生活空間に合わせて長さを調整するのが一番。まずは1.5mや2m、10cmなどのケーブルや紐を用意し、シミュレーションをしつつ最適な長さを考えていきましょう。いくつかの長さを用意して使い分けるのもおすすめです。

断線について

断線について

Lightningケーブルを買い替える理由で多いのは長さ問題だけでなく断線もです。純正のLightningケーブルは意外ともろく、使い始めて数か月で断線してしまうことも少なくありません。それでいて、基本的に2年間は使い続けるのですから困ったものです。

数あるサードパーティのLightningケーブルの中には、純正品に対して強度を高く設定したものがあります。商品説明に耐久試験の結果が表記されていることも多いですね。よく断線させてしまう方は、少し丈夫な商品を選んでおくといいでしょう。また、保証期間が長い商品を選ぶのもひとつの手です。

ヘッドのサイズについて

どのLightningケーブルを選んでもコネクタ部分のサイズは同じです。これが違えば挿し込み自体が出来ませんからね。ただ、コネクタを覆うヘッドの部分の大きさには差があります。基本的に僅かの差ではあるのですが、これが意外と重要。ヘッドのサイズが大きすぎると、iPhoneのケースと干渉してしまい、ケーブルが挿せないこともあるのです。そうなれば、せっかくのMFi認証ケーブルでも使い物になりませんね。

もちろん、ケースを外して充電すれば大丈夫ですが、いちいち外すのは面倒すぎるでしょう。数ある商品の中には純正品よりヘッドのサイズを小さくしたものがあります。心配であれば、そういった製品を選んでみてください。

巻き取りについて

Lightningケーブルの中には巻き取り式の商品も存在します。使わない時にはコンパクトにまとめておき、使う時に必要な分だけケーブルを延ばす事ができるため、普段は机の引き出しにしまっておくことも可能。もちろん、鞄やポケット、ポーチなど好きな場所に入れて持ち運べますし、場所をとらないので邪魔に感じることもありません。

また、長いケーブルにありがちな、使っているうちに絡まってきた、というトラブルも回避できますね。ケーブルの壁掛け収納などに抵抗を覚える方は、巻き取り式も検討してみてください。

カラーについて

apple純正のLightningケーブルと言えば白なわけですが、サードパーティ製の商品であれば黒などのカラーバリエーションを選択することも可能です。もちろん、カラーによる性能の違いはありません。ただ、白いケーブルは予想以上に目につくもので、近くで充電しているとチラチラ視界に入って邪魔に感じることもあります。また、白いケーブルは汚れが目立ちます。

対して、黒いケーブルであれば汚れが目立ちにくいでしょう。本体が黒なら黒いケーブルの方が気分的にも良いもの。中にはピンクやシルバーなどのカラーもありますので、好みによって選んでみてください。

2.4A出力について

iPhoneユーザーには関係のない話ですが、iPad付属のACアダプタは2.4A出力に対応しています。これはiPadのバッテリーが大容量なためですね。2.4A出力によって充電時間を短縮します。ただ、ケーブルが2.4A出力に対応していなければ、充電時間を短縮することができません。

つまり、iPadの充電時間を短くしたいのなら、Lightningケーブルは2.4A出力対応の商品を選ぶのが吉。いくらアダプタが対応していようがケーブルが非対応なら無意味です。基本的には対応しているものの、一応は確認しておいてください。

スポンサーリンク

Lightningケーブル人気おすすめ商品TOP10

ここからは人気のLightningケーブルをランキング形式で10商品ほど紹介します。「選び方は分かったけど、具体的にどんな商品があるのかわからない」そんな方はぜひ本ランキングを参考にしてみてください。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

【Apple認証 (Made for iPhone取得)】Anker® プレミアムライトニングUSBケーブル 0.9m iPhone 7 / 7 Plus/iPhone 6s / 6s Plus / iPhone 6 / 6 Plus /5 / iPad Air / iPad mini 用 コンパクト端子(ブラック) A7101011

【Apple認証 (Made for iPhone取得)】Anker® プレミアムライトニングUSBケーブル 0.9m iPhone 7 / 7 Plus/iPhone 6s / 6s Plus / iPhone 6 / 6 Plus /5 / iPad Air / iPad mini 用 コンパクト端子(ブラック) A7101011

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 890

こちらは液晶保護フィルム等で有名なAnkerのLightningケーブル。カラーはブラックで長さは0.9m。付属品との差は10cm程度ですので、ほぼ純正品と同じ取り回しで使用できるでしょう。ブラックの本体を使っている方はブラック×ブラックでケーブルだけ浮くこともありません。PCとの同期や充電を同時に行うことができます。

もちろん、MFi認証は取得済み。appleによる認可を示すチップが与えられており、それぞれのケーブルには独立したシリアルナンバーが与えられています。また、4000回以上の曲げてもダメージがないという耐久性もポイント。これなら断線させることが多い方でも安心して使えると思います。ヘッド部分がコンパクトに出来ているのも、ケースとの干渉を避けられて嬉しいですね。いちいちケースを外して充電したり、ケーブルに合わせたケースを選択する必要はないでしょう。

Ankerは世界的に有名な企業であり、既に1000万人以上に支持されると言われています。加えて、18カ月の保証もつくことから安心感は十分でしょう。スペックが自分の要望に合えば購入してみるのもいいと思います。

【Apple認証 (Made for iPhone取得)】Anker® プレミアムライトニングUSBケーブル 0.9m iPhone 7 / 7 Plus/iPhone 6s / 6s Plus / iPhone 6 / 6 Plus /5 / iPad Air / iPad mini 用 コンパクト端子(ブラック) A7101011の口コミ評判

iPhone7で使用していますが
充電はもちろん、PC(iTunes)とのデータ転送も問題なしです。

カーナビがiPod nano のBluetooth接続に対応していないため、有線接続用に購入。
TPUのケースを着けていますが、問題なく接続できました。
認識エラーや充電不良もなく、快適に使用しています。

9位

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 0.9m ブラック A8432511

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 0.9m ブラック A8432511

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,299

こちらはAnkerのLightningケーブル。見た目こそ同社のプレミアムライトニングケーブルとそっくりですが、こちらはパワーラインの名前通り、非常に高い耐久力を誇ります。その耐久力は、約80kgの重りを持ち上げることが可能なほど。それでもワイヤーが断線することはないようです。日常生活の中でLightningケーブルに80kgの負荷をかけることはまずありませんが、いかに耐久力に優れるかは伝わるでしょう。

また、単純な負荷だけでなく、曲げに対する耐久性が高いのも特徴。1万2千回の厳しいテストにも耐え、一般的なケーブルに比べて12倍の耐久性を持つと言われています。それでいて、触り心地や柔らかさは十分なもの。もちろん、MFi認証にも対応しているため、不具合が生じることは少ないでしょう。

ちなみに、ケーブルの長さは標準より少しだけ短い0.9mでカラーはブラックです。Lightningケーブルを断線で買い替える羽目になってしまった方は、本商品を購入してみるのもいいかもしれません。

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 0.9m ブラック A8432511の口コミ評判

・ケーブルもコネクタの付け根も耐久性が高く、一般的なケーブルより壊れにくい
・Apple純正ケーブルよりも少しだけ充電速度が速い

安物ケーブルはライトニングの端子そのものの品質は悪いようで接点自体の表面処理がいまいちのケースが多いのですが、Anker製品のコネクタは非常にキレイに処理されています。

8位

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 1.8m ホワイト A8433521

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 1.8m ホワイト A8433521

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,399

こちらはAnkerのPowerLine2のひとつ。カラーは純正品と同じホワイト、長さは付属品の倍近くある1.8mです。本商品の特徴は耐久性に優れる部分で、80kg以上の重りを持ち上げてもワイヤーが断線することはありません。加えて、1万2千回の曲げにも耐えられることから、長期にわたる使用が期待されます。ケーブルは長くなるほど断線の確率が高まるわけですが、本商品なら安心して使えそうですね。

当然ながらMFi認証は取得済みですので、アップデートが来ても問題なし。さらに、Anker社による厳格な品質検査も実施されています。耐久性が高いことからケーブルが硬い、といったこともありません。むしろ、ケーブルには触り心地の良い素材が採用されています。「1.8mくらいの長めのケーブルが欲しいけど断線が心配」そんな方は本商品を選んでみるといいかもしれません。

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 1.8m ホワイト A8433521の口コミ評判

これで車を牽引するつもりはありませんが、
うっかり引っ張ってしまっても断線しない様なので、長く使えそうです。

ベッドで充電するために購入したため、太さはあまり気にしていません。また、たまに耐久性を重視しすぎてガッチガチのケーブルもありますが、これはそこそこしなやかであるため寝転がりながら使う分には適しているかなと思います。

7位

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約10cm

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約10cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 587

こちらは高品質低価格をモットーとするAmazonベーシックのLightningケーブル。iPhoneやiPadに挿す側のコネクタにはAmazonベーシックのロゴが印刷されています。Amazonベーシックといえば安価なことから人気が高いのが特徴であり、本商品も600円以下で購入可能。定期おトク便を使えばさらに割引を受けられますが、4000回の曲げ試験に耐えるほどの耐久性を持ちますので、定期的に購入する必要もないでしょう。

ケーブルの長さは付属品の10分の1程度、10cmしかありませんので、充電しながらの使用には向きませんが、PCの上などで充電する方ならコンパクトで収まりがいいでしょう。無駄にケーブルがはみ出して邪魔に感じることもありませんし、何よりも短い分だけ断線の確率が減ると思われます。しかも、小型ヘッドを採用しているためケースに干渉する心配も少なめ。これなら好きなケースを選ぶことが出来るでしょう。

商品名からも分かるようにappleのMFi認証を受けていますので、長期にわたる使用が期待されます。短めのケーブルを用意しておきたいけど、お金はあまりかけたくない。そんな方は本商品を選んでみてください。ちなみに、カラーはホワイトです。

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約10cmの口コミ評判

純正コードは持ち運びにコードを折りたたむ手間があり面倒でしたが
これは短いのでカバンにそのまま入れるだけでOKです。

モバイルバッテリーとiPhoneを繋ぐため、短いケーブルを探していました。ちょうどいい長さで、カバンにいれておいてもジャマにならずに便利です。

6位

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【Apple MFi認証取得 / 高耐久ケブラー素材 / 結束バンド付属】iPhone、iPad、iPod各種対応 (ホワイト 1.8m)

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【Apple MFi認証取得 / 高耐久ケブラー素材 / 結束バンド付属】iPhone、iPad、iPod各種対応 (ホワイト 1.8m

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,199

こちらはAnkerのLightningケーブル。耐久性に優れるPowerLineです。ケブラー素材を用いることで耐久性を高めており、数千回の曲げ試験でも断線せず、同期と充電が可能のようです。しかも、厚いワイヤーに加えケーブル内抵抗を低減することで各種USB充電器に対して最速の充電を可能にしたと言われています。

MFi認証もきちんと受けているため、機器に悪影響などを与えることはなく、安心して使用できるでしょう。世界的に有名なAnkerの製品なうえ、18カ月の保証があるのも嬉しいところです。ちなみに、長さは1.8mと付属品に比べて長めです。

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【Apple MFi認証取得 / 高耐久ケブラー素材 / 結束バンド付属】iPhone、iPad、iPod各種対応 (ホワイト 1.8m)の口コミ評判

ケーブルが太めなので安心感があります。また保証付きなのもいいですね。
端子部分も小さめなのもいいです。現状では不満なところはありません。

強度もあり安心して使用出来ます。
中1の息子の乱暴な扱いにもヘッチャラです!

5位

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ブラック 約90cm

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ブラック 約90cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 740

こちらは安価で購入できると話題のAmazonベーシック商品。長さ90cmのMFi認証ケーブルでありながら、750円程度で購入することが可能です。しかも、定期おトク便を使用することで更なる割引を受けられます。長さがそう変わらないことから、カラーがブラックなことを除けば基本的に付属品と同じように使用できるでしょう。それでいて、4000回の曲げに耐える耐久性を持つのは嬉しいところです。

しかも、ヘッド部分はきちんと小型に作られており、ケースへ干渉しないよう考えられています。他にも、高品質な銅線、高抵抗の絶縁体、アルミホイルやマイラーによるシールディング、ソリッドPVC製の外部ジャケットなど。ケーブル部分にもこだわりを持った商品です。これなら人気が高いのも納得でしょう。

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ブラック 約90cmの口コミ評判

結果からご報告いたしますと、3年使用してそのかん、認識しないことはありませんでした。
ケーブルの耐久性も、結構ラフに使っていますが、全く問題ありません。

転送の失敗や接続不良がなく、満足して使っています。
純正はお高いからなるべく温存したかったので、お手頃なAmazonのでライトニングケーブルのおかげで助かってます。

4位

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 0.9m ホワイト A8432521

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 0.9m ホワイト A8432521

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,199

こちらは耐久性に優れることで有名なAnkerのPowerLine2。カラーはホワイトでケーブルの長さは0.9mです。少しだけ短いものの付属品とほぼ同じ長さ、そしてカラーもホワイトで変わらないことから、基本的には純正品と同じ感覚で使用できます。ただ、耐久性についてはおそらく純正品より本商品の方が上でしょう。

何といっても、80kgの重さに耐えられるほどの耐久性。これだけの耐久性を持つのなら、日常生活で断線することはまずないでしょう。加えて、1万2千回の折り曲げテストも通過しています。純正品の使い勝手には満足しているけど、耐久性だけは納得できない。そんな方におすすめです。

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 0.9m ホワイト A8432521の口コミ評判

製品にまず触れた時、この付け根の強度が大幅に改善されているのがすぐにわかりました。これなら今まで通りの使い方をしても問題ないかもしれないと思わせるほどしっかりとした作りになっています。

子供のiPadを充電していると、子供がケーブルを引っ張って根本部分を曲げてしまい使えなくなる、という事が頻繁に起きていたのですが、このケーブルは曲がりに強く、今のところ問題なく使用出来ています。

3位

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約180cm

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約180cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

こちらはAmazonベーシックのLightningケーブルでカラーはホワイト、長さは1.8mです。iPhoneなどに付属するケーブルに比べて長めなことから、使用しながら充電する際に役立つでしょう。価格はAmazonベーシックらしく900円程度と安価です。それでいて、MFi認証はきちんと受けており、安心して使い続けることが可能。ヘッド部分はケースに干渉しにくい小型ヘッドとなっています。ケーブルのカラーは付属品と同じホワイトでいいけど、長さに不満があるという方におすすめです。

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約180cmの口コミ評判

今まで、色々使用したコードの中で一番 長持ちします。 中には 一か月ほどで壊れるものもありましたが こちらは、まだ使えます。 他のものが 壊れたので 予備も含め 3本購入しました。

他の商品と比べ何となくこちらの商品が持ちが良さげな気がするので、車用やモバイルバッテリー用などに新たに4本購入予定です。

2位

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約90cm

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約90cm

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 740

こちらはAmazonベーシックのLightningケーブルのひとつ。多くの長さが用意されている中で一般的な90cm。付属品の長さに満足している方なら問題なく使用できるでしょう。カラーも付属品と同じホワイトです。ヘッド部分に「Amazon basics」のロゴが入っているため、人によっては違和感を覚えるかもしれませんが、おそらく使っているうちに気にならなくなるでしょう。

耐久性は4000回の曲げに耐える程度には高め。当然ながらMFi認証を受けているので安全性も問題ないと思われます。それでいて安価なことから、予備にいくか購入する方も少なくないようです。

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約90cmの口コミ評判

普通に充電できますので、特に問題無いです。
こういう商品は当たりハズレも多いのでしょうが、二本購入してトラブルは有りませんでした。

コネクタ部分が純正並みに小さいのがいいですね。
以前買ったものはコネクタ部分が大きくてiPhoneのケースに干渉して使えませんでした。

1位

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル Apple認証 コンパクト端子 ホワイト0.9m A7101021

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル Apple認証 コンパクト端子 ホワイト0.9m A7101021

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 890

こちらはiPhoneのガラスフィルムなどでも有名なAnkerのLightningケーブル。ユーザーからの人気が高く、定番の商品ともいえる存在です。その理由としては、まず1本1本にシリアルナンバーが入ったMFi認証商品。加えて、4000回の曲げに耐えるケーブルの頑丈さ。さらに、コンパクトなヘッドでケースへの干渉をさけるなど様々な特徴を持つため。Lightningケーブルに欲しいと思える特徴は兼ね備えている印象です。

長さが0.9mでカラーがホワイトという、iPhone付属品とそう変わらないのも嬉しいところ。どれが良いか迷ったら無難に本商品を選ぶのもありだと思います。もし、ホワイトが気に入らなければブラックもありますし、長さも1.8mや3.0mに変更可能です。

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル Apple認証 コンパクト端子 ホワイト0.9m A7101021の口コミ評判

ある程度安価な物は最初、問題なく使えますが、しばらくするとダメになりました。最終的にたどり着いたのが、アンカーの商品です。充電速度も速くて、安心して使ってます。

純正が断線してしまい、充電出来なくなってしまったので、購入しました。iPhone6sも、iPhone5も、問題なく使用、充電できています!

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

Lightningケーブルの効果的な使い方

スマホとケーブル

ここからはLightningケーブルの効果的な使い方を見ていきましょう。

予備を用意する

Lightningケーブルは普段使いのものと別に、予備をひとつ用意しておくといいですよ。というのも、断線したり、認識できなくなったり、急なトラブルが発生する確率も0ではありません。保証を受けるにしても、新しいケーブルをネット通販で注文するにしても、新しいケーブルが届くまで数日はかかるでしょう。人によっては、それだけの期間iPhoneが充電出来ないのは死活問題でしょう。

予備の方は短めにしておき、充電場所によって使い分けたり、自宅用と外出用を分けるのもおすすめ。とにかく、Lightningケーブル1本で運用するのは危険度が高いと思われます。Amazonベーシックなどの商品であれば安価ですし、2本か3本ほど用意してもそう負担にはならないでしょう。

電流チェッカーを用意する

同じLightningケーブルを長く使っていると、ある時、急に充電時間が長くなることもあります。そんな症状が起きる場合はケーブルの劣化が考えられますので、電流チェッカーを用意して電流の計測をしてみましょう。電流チェッカーは安ければ500円程度で購入できます。ひとつ用意しておくだけで、ケーブルの劣化を確認できますし、持っておいて損はないでしょう。定期的に電流をチェックして、ケーブルの劣化を確認するのもいいと思います。

乱暴に扱わない

当たり前と言えば当たり前ですが、Lightningケーブルは優しく扱ってください。乱暴に扱うと断線だけでなく、先端のコネクタ部分が折れてしまう恐れもあります。最悪の場合、折れたコネクタが本体に残ってしまうことも。こうなると修理作業が必要になり非常に面倒です。引き抜くときは力を入れすぎないようにしてください。

まとめ

iPhoneユーザーの多くは付属品のLightningケーブルを使用していると思いますが、必ずしも純正品である必要はありません。上記ランキングで紹介したように、使い勝手や耐久力に優れたLightningケーブルは数多く存在します。現在使用しているケーブルに不満がある方や、切断などのトラブルで買い替えを検討している方は、今回の選び方やランキングを参考に、自分にぴったりの商品を模索してみましょう。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.