1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの熱中症対策グッズランキング!人気商品を比較

2018/03/22更新

おすすめの熱中症対策グッズランキング!人気商品を比較【2018年】

水とタオル

夏場の強い日差しを受けて脱水症状になる熱中症。重症化すると命の危険もあるために、しっかりと予防対策を取っておくことが大切です。屋外はもちろんのこと、屋内でも熱中症の危険性があるので注意が必要です。

そこで今回は熱中症対策グッズの選び方をご紹介します。おすすめの人気商品も取り上げながら、その効果的な使い方についても触れているので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

熱中症対策グッズの選び方

熱中症

熱中症の予防のためには、水分と塩分の補給をして脱水症を防ぐことと、体温の上昇を防ぐ冷却による予防が必要です。そのためのグッズが色々と販売されているので、チェックしていきます。

どのような場所やどんな状態の時に、どのグッズを使えば良いのかを適切に判断することが大切です。そのために参考にしていただければと思います。

即効性があるのは体を冷やす冷却グッズ

屋外はもちろんのこと、屋内でも室温が高く体内の熱が放出されないような場合には熱中症になる可能性があります。気分が悪くなったりめまいを起こすことにもなるので、少しでも体調に異変を感じたら即効性のある冷却剤などを使用すると良いでしょう。冷却剤にもいくつかのタイプがあるので、知っておくと役立ちます。

瞬間冷却剤

体をすぐに冷やせる瞬間冷却剤は即効性があるので便利です。全身をめぐる動脈を冷やすと効果的なので、首や脇などに挟むことで、すぐに体を冷やすことができます。

冷却スプレー

ひんやりとした冷感を感じさせてくれるのが冷却スプレーです。寒さを感じることで一気に体温を下げることができます。

モバイル扇風機

首から下げて使用できるモバイル扇風機も、炎天下の屋外では役に立ちます。日陰がないような広場で日差しを避けることができないような時に効果があります。

冷却スカーフ

首に巻くことで動脈を冷やし、全身から熱を放出できるグッズです。コンパクトな大きさなので持ち歩きにも便利です。

水分補給により脱水を防ぐグッズ

熱中症対策として、脱水を防ぐことも大切です。実際に熱中症になってしまってからでは効果はあまり期待できませんが、普段から利用することで脱水状態になることを防げます。ポイントは水分と共に汗と一緒に排出されてしまう塩分を補給できるということです。

経口補水液

熱中症対策用のドリンクとしてはあまりに有名な商品です。病院の点滴と同じ成分で作られているので、高い吸収性により即効性も期待できることが特徴となります。脱水症状になってからの水分補給には適したタイプと言えます。

スポーツドリンク

汗をかいた時に飲むドリンクとして開発されているので、熱中症対策としても有効に活用できます。ただしカロリーが高いので、無暗に飲むのは避けた方が良いでしょう。コンビニなどで手軽に購入できる便利なグッズと言えます。

塩分を含んだ飴やタブレット

飴やタブレットも普段の熱中症対策では便利なグッズです。塩分を含んだものであれば、汗をかいた時に失われるナトリウムを補給することができます。水を一緒に摂取するのがポイントとなります。

日差しを避けるアイテム

屋外での熱中症対策として、直射日光を避けるグッズも効果的です。日傘はシンプルに日差しをカットできるので、体温の上昇を軽減することができます。

他にも帽子をかぶるだけでも効果がありますが、できれば後頭部から首にかけてカバーする布がついていると良いでしょう。血液やリンパが多く通る場所に直射日光が当たると、体温が急激に上昇します。ここをカバーすることを意識すると良いでしょう。

日傘は黒を選ぶこと

黒は熱を吸収するので白い方が良いと思いがちですが、日傘は黒がベストです。白い日傘の場合、地面からの照り返しを中で反射してしまうので、かえって紫外線を受けることになります。

帽子は綿素材がおすすめ

帽子を選ぶ時にも、つい通気性の良いものを選びがちになります。けれども日差しをカットできないという意味でメッシュ素材はおすすめできません。しっかりとつばがついている、綿素材のものが良いでしょう。もちろんUVカット機能があるものを選びます。

UV機能の備わったタオル

日傘や帽子はかさばるので、普段持ち歩くのは面倒と思う人もいるでしょう。そのような方には、UV機能が備わったタオルをおすすめします。頭に巻いておくだけでも効果がありますし、水に濡らして絞ることでひんやりとした冷感を感じることもできます。特に首に巻いておくことで体内に熱がこもることを防止できます。

ベビーカー用日よけグッズ

熱中症対策は子供にももちろん必要です。特に小さな子供は体調不良をうまく伝えることができないので、親がしっかりと予防してあげることが大切です。

ベビーカーに乗せた子供を日差しから守る日よけグッズは、UVカット機能が備わったものを選びましょう。ベビーカー全体をしっかりとカバーできる大きさのものを選ぶことも大事です。

温度計

室内では気づかないうちに熱中症になっていることがあります。そこで客観的にその危険度を判断できる温度計も必要です。エアコンをつけていない部屋では、気づかないうちに室温が上昇していきます。温度計をチェックしてしっかりと水分補給などができるようにしましょう。

スポンサーリンク

熱中症対策グッズ人気おすすめ商品TOP14

それでは実際にどのような熱中症対策グッズが人気を集めているのかをご紹介します。使用する場所などに応じて選ぶべき商品は違います。

色んなタイプのものが揃っているので、普段から対策を心がけておくものや即効性のあるものなど選ぶことができます。いざという時のためにもぜひチェックして、熱中症の予防に役立てていただければと思います。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

14位

ミドリ安全 《電解質をクイックチャージ!乾いたカラダに塩分補給!》 塩熱グミ 【2袋セット】

ミドリ安全 《電解質をクイックチャージ!乾いたカラダに塩分補給!》 塩熱グミ 【2袋セット】

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

手軽に塩分を補給できるグミタイプの熱中症対策グッズです。炎天下でのスポーツに、あるいは室内でもナトリウムや電解質を補給できます。さらに水分とエネルギーも補給できる便利さが人気の商品です。

持ち歩きにも邪魔にならない大きさなので、手軽にどこへでも携帯することができます。仕事中でもすぐに口に入れることができる点も評価されています。

13位

《額の汗を吸水・速乾!》 《水に浸せば、気化熱冷却!》 ヘルメット用 クールDEデコ HO-55

《額の汗を吸水・速乾!》 《水に浸せば、気化熱冷却!》 ヘルメット用 クールDEデコ HO-55

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 970

ヘルメットの内側にマジックテープで留めるタイプの冷却剤です。屋外での炎天下での作業中に頭部を冷やすことができます。吸水性が高いので、汗を吸い取ることもできます。

水を含ませることにより、気化熱を利用して冷却効果を生み出すことになります。土木作業などの最中での熱中症を予防できることで人気の高い商品です。

12位

ミドリ安全 経口補水塩熱飴 1kg 2袋セット

ミドリ安全 経口補水塩熱飴 1kg 2袋セット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,800

塩分と電解質をバランスよく吸収できる飴タイプの熱中症対策グッズです。水と一緒に摂取することで、水分や塩分をしっかりと補給することができます。

手軽に持ち歩いていつでもすぐに摂取できる手軽さが人気の商品です。ドリンクタイプと異なりかさばらないので、通勤や通学での持ち歩きにも便利な点が高く評価されています。

11位

《服の内側にスプレー/衣類用冷却スプレー》 涼しいの何でか? HO-93

《服の内側にスプレー/衣類用冷却スプレー》 涼しいの何でか? HO-93

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,343

シャツや肌着の内側にスプレーする衣類用の冷却スプレーです。ナノテク技術により長時間にわたって冷感が続きます。地肌にスプレーをすると皮膚に影響があるような方におすすめです。

仕事で移動が多いような人には特に高く評価されています。いちいち肌にスプレーをしたり冷却剤を巻いたりする手間がかからないので、面倒がない点で人気があります。

10位

ミドリ安全 キャンデー 塩熱飴PRO 80g 341871

ミドリ安全 キャンデー 塩熱飴PRO 80g 341871

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 328

作業時やスポーツの合間に手早く電解質を補給できる飴タイプの熱中症対策グッズです。レモンとウメ、アセロラの3つの味が楽しめます。

電解質以外にも水分とエネルギーを補給することもできます。エネルギーにすばやく変化するブドウ糖と、糖の分解を助けるビタミンB1を配合しています。手軽に持ち歩けていつでも摂取できる点が人気の商品です。100CCの水と一緒に摂取することが推奨されています。

9位

冷感クールタオル バシクール(CCTタオル)(ネイビー)冷感復活 特殊3層COOLタオル 熱中症・暑さ対策・スポーツ DMSBC1NB

冷感クールタオル バシクール(CCTタオル)(ネイビー)冷感復活 特殊3層COOLタオル 熱中症・暑さ対策・スポーツ DMSBC1NB

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,080

水で湿らせることで気化熱を利用してひんやり効果が期待できる熱中症対策グッズです。首周りに巻くことで、体内の熱を放出する効果が得られます。

洗濯機での洗濯が可能なので、何度でも繰り返し使用することができます。家事や通勤時などのちょっとした時間に使用できる手軽さが高評価の商品です。水で濡らせば冷感が復活するエコで便利なグッズと言えます。

8位

布施商店 《接触冷感/吸汗速乾/UVカット》 冷感アーム(COOL ARM) FT-584 ブラック

布施商店 《接触冷感/吸汗速乾/UVカット》 冷感アーム(COOL ARM) FT-584 ブラック

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:-

腕に装着して冷感を感じるアーム型の熱中症対策グッズです。汗をすばやく吸収・放出することができます。UVカットにより紫外線も防止します。

屋外での作業中に装着することで、ひんやりと冷たく感じることにより体温の上昇を抑制することができます。スポーツやアウトドアでの活動中にも手軽に装着できて便利と人気の商品です。

7位

【抗菌防臭】冷感持続 マジクール フィット(テープ留めtype) ピンク(首冷却)DNIMCFT4PK

【抗菌防臭】冷感持続 マジクール フィット(テープ留めtype) ピンク(首冷却)DNIMCFT4PK

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 980

水を含ませることで冷感が得られる便利なネッククーラーです。気化熱を利用するので、何度でも繰り返し使用できる利便性の高さが評価されています。

超微細ポリマーを採用することで、気化熱作用が有効に働く面積を広くしています。そのためにたっぷりと保水することで持続時間を長くしています。抗菌防臭試験にも合格しているので安心して使える商品と言えます。

6位

《ヘルメットに簡単装着》 《後頭部を冷却!保冷剤&気化熱》 ひえたれハイパーⅡ HO-5A

《ヘルメットに簡単装着》 《後頭部を冷却!保冷剤&気化熱》 ひえたれハイパーⅡ HO-5A

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,350

後頭部を冷却することで効率良く体内の熱を放出する熱中症対策グッズです。ヘルメットに装着するタイプなので、炎天下での作業に便利と評価されている商品です。

保冷剤は手軽に調達できるものなので、いつでも簡単に使用できる手軽さも人気の理由です。首筋を日よけすることにより、体温の上昇を抑制することにもつながります。

5位

扶桑化学株式会社 瞬間冷却パック ひえっぺデラックス (12個)

扶桑化学株式会社 瞬間冷却パック ひえっぺデラックス (12個)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 3,888

叩けば冷える冷却剤タイプの熱中症対策グッズです。瞬間的に冷却できるので、即効性が期待できます。炎天下での運動やアウトドアなど、手軽に持ち歩けてすぐに使用できる利便性の高さが人気の理由となります。

持続時間も長いので、長時間での屋外の活動におすすめできます。室温30℃での使用で100分ほどの持続が可能となる商品です。

4位

アイリスオーヤマ 冷却枕 ソフト レギュラー CSP-30YM

アイリスオーヤマ 冷却枕 ソフト レギュラー CSP-30YM

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,167

熱帯夜での熱中症予防に便利な冷感枕です。結露しないので、そのまま使用することができます。就寝時の他にも首に当てることで勉強や仕事の休息時に首筋を冷やすことも可能です。

メッシュ状のカバーは取り外して丸洗いできるので、衛生的に使用することができます。熱中症対策以外にも頭痛時や肩こり、打撲や捻挫などにおける冷却に活用することも可能です。

3位

ケンユー 夏の猛暑対策ひんやりグッズ スーパーネックールブルー

ケンユー 夏の猛暑対策ひんやりグッズ スーパーネックールブルー

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 756

首に巻いて程よい冷感が感じられるネクタイタイプのグッズです。外側のジェル袋は3分割されているので、冷凍しても首筋にしっかりとフィットします。急激に冷やすタイプではないので、高齢者の方も安心して使用できます。

保冷剤が二重になっているので、比較的持続時間が長い点が評価されています。肌触りも優しいので心地よく使用できる商品となっています。

2位

ミドリ安全 塩熱サプリ 6粒PTP 3シートセット

ミドリ安全 塩熱サプリ 6粒PTP 3シートセット

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 551

タブレットタイプのサプリメントで電解質や栄養素を補給できる熱中症対策グッズです。摂取スピードが速いので即効性が期待できます。コップ一杯の水で飲めるので持ち歩きにも不便がなく、あらゆるシーンで活用できる便利な商品と言えます。

塩分や電解質に加えて、ビタミンB3の補給もできます。運動中やアウトドアを楽しんでいる時に手軽に摂取できる点が高く評価されています。飴とは異なり暑さでも溶けないのが利点です。

1位

瞬間冷却スプレー 500ml

瞬間冷却スプレー 500ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 983

運動後のクールダウンや体調不良時の応急処置にすぐ使用できる熱中症対策グッズです。瞬間冷却できるので、即効性が高い点が評価されています。

直接噴霧する以外にも、タオルなどに吹きかけておけば首周りの冷却にも効果が期待できます。屋外での活動には不可欠との声も多く、様々な使い方ができることでも人気の高い商品です。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

熱中症対策グッズの効果的な使い方

ジョギング

熱中症対策グッズには色んな種類がありますが、それぞれの効果的な使い方についてご紹介します。しっかりと予防することで脱水などを防ぐように役立てていただければと思います。

また商品によっては注意点もありますし、効果を発揮するために知っておきたいこともあります。しっかりと脱水予防をするためにも参考にしていただきたいと思います。

冷却剤を使うポイント

熱中症になる原因として、自律神経が働かずに発汗せず体温を下げられなくなることが挙げられます、このような状態になった時、あるいは炎天下で予防するために冷却剤を使うと効果的です。

冷却剤は体を冷やすことができますが、大事なのはどこに当てれば良いのかということです。よくおでこに当てるケースを目にしますが、これは一時的にひんやりとした感覚があるだけにすぎません。

体を効果的に冷やすためには、全身を循環する血液を冷やすことが必要です。そのためには脇の下や首、足の付け根などの太い血管が通る部分を冷やすのが一番です。この部分だけを冷やすだけで全身を冷やすことができます。

冷却スプレーの使い方

冷却スプレーには、皮膚に直接吹きかけるタイプと、衣服に吹きかけるタイプがあります。説明書をよく読んで、どちらのタイプなのかを確認しておくことが大事です。

肌に直接吹きかけることができないタイプの場合、皮膚に付着すると炎症を起こすような場合もあります。

高齢者は衣類に吹きかけるタイプが安心

冷却スプレーは即効性が高いので、かなりの低温で冷却します。そのために高齢者にとっては負担がかかる場合があります。できれば肌に直接吹きかけるものではなく、衣類の上から吹きかけて冷却効果が期待できるものが良いでしょう。

水分補給だけでは不十分

脱水症状となる前に水分補給をすることが大事ですが、ただ水分だけを摂るだけでは不十分です。発汗によって塩分も対外に排出されているので、必ず水分と共に塩分も補給することが必要になります。

そこで塩分を含んだドリンク、あるいは飴などを使って脱水を防ぐようにしましょう。
スポーツドリンクも汗で失ったナトリウムなどを補給できますが、飲みすぎには注意しましょう。カロリーが高いので、健康面での副作用を避けるためです。

紅茶やコーヒーでは水分補給にはならない

水を飲むだけでは味気ないからと、紅茶やコーヒーなどで水分補給をするというのは効果ありません。これらに含まれるカフェインには利尿作用があるので、逆に水分を輩出することになります。他にもアルコールや栄養ドリンクではなく必ず水と塩、あるいは電解質などを含むドリンクを飲むようにしましょう。

室内でもこまめに水分補給を

エアコンが苦手な人は、多少暑くても室内で我慢することがあります。あるいは高齢者の場合室温が上昇しても、あまり暑いと感じないケースが見られます。

そのような状態が続くと、いつの間にか脱水症状になっていることがあります。夏場は意識的に水分補給をするように心がける必要があります。

その際には塩分補給も必要なので、熱中症対策となるドリンクやタブレットなどを常に用意するようにしましょう。

飴やタブレットは水と一緒に摂取すること

塩分や電解質を吸収できる飴やタブレットは、多くの場合水と一緒に摂取することと注意書きがあります。これは通常の飴やサプリメントとは異なる点と言えます。

あくまでも塩分や電解質だけを摂取するものなので、水分補給は別に行う必要があります。ただし傾向補給液やスポーツドリンクのように、ペットボトルで持ち歩く手間がかからないので便利です。

飴やタブレットだけを持ち歩き、あとは水と一緒に摂取するだけなので手軽です。何ccの水が必要になるのか説明書をよく読んでおくことも大事です。塩分のみを吸収すると高血圧にもつながるので注意しましょう。

運動の最中と後の対策を一緒に行うこと

炎天下での運動や仕事などでは、まず脱水を避けるための対策が必要です。とは言っても途中でわざわざ時間を取って休憩することもできないようなこともあります。そこで手軽に摂取できるような飴やタブレットを常に携帯して、さっと口に入れられるようにしておきましょう。

また運動や作業をした後はかなり体温も上昇しています。そのまま汗もかかずにいると体内に熱を溜め込んでしまうので、冷却剤などでクールダウンするのを忘れないようにしましょう。

冷却スプレーや保冷剤などもありますし、水に濡らすだけで気化熱を利用できるタオルもあります。いずれにしても自分が簡単に使えると思うものを準備しておくことが大事です。タオルなどであれば、繰り返し何度でも使えるので経済的です。

まとめ

熱中症対策グッズは主に、脱水を未然に防ぐ水分と塩分の補給をするタイプと、体を冷却するタイプに分かれます。この2つを一緒に効率よく取り入れることで、熱中症を回避できるようになります。

そのためにはなるべく手間がかからず、継続して摂取できるようなものを選ぶと良いでしょう。自覚がなくてもいつの間にか体調に異変を覚えるのが熱中症です。気づいた時には重症となっていることがないように、普段から予防することを心がけることも大切です。

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->