1. グッディ∞
  2. 生活雑貨おすすめの子猫用シャンプーは?人気の商品比較ランキング

2018/03/22更新

おすすめの子猫用シャンプーは?人気の商品比較ランキング【2018年】

可愛い子猫

毎日元気でやんちゃな子猫はまだまだ自分の身の回りのことが完璧にできません。食べたり・排泄したりの行為も上手にできない場合が多く、すぐに身体をよごしてしまう、なんてこともしばしば。大人になった猫よりも身体が汚れやすくなってしまうのもごく普通のことです。

となればキレイに身体を洗ってあげる必要がありますが、その際に使用するシャンプーはどんなものがいいのか、悩んだことはありませんか?今回は子猫ちゃんでも安心して使用できる、おすすめの子猫用シャンプーとその選び方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

子猫用シャンプーの選び方

洗われる子猫

人間用のシャンプーも実にさまざまな種類の物がありますが、最近では猫用・犬用といったペット専用のシャンプーもかなり種類が豊富になってきています。それぞれに香りや成分、持っている効能が違うため、一概に「これがベスト」と言い切るのは難しいかもしれません。しかし、概ね一定の基準をクリアした商品も多く、クオリティの高さを感じさせてくれます。

昔ながらの考えですと「わざわざペットのためにシャンプーを買うなんて」と仰る方もいるように、まだまだペット専用のグッズなどを購入することに抵抗感を感じてらっしゃる方も少なくありません。しかしそれはあくまでも昔の話。今のシャンプーは含まれている成分も多く、なかには猫や犬には全く合わないものもあるのです。

シンプルな石けんであればまだしも、人間が使っているようなシャンプーを子猫やお家のペットに使用して、かぶれてしまったり皮膚にトラブルが起きてしまう、なんてことになったら悲しいですよね。それを避けるためにも、ぜひ専用のシャンプーを使ってあげてほしいところです。

選び方のコツ

では、実際に購入する前にはどんなことに気をつければいいのでしょうか。子猫というのは何か特別なものを購入する必要があるのか、色々と気になる点がある方も多いでしょう。基本的には子猫も普通の猫シャンプーを使って問題がないと考えられている場合が多いようですが、商品のなかには「子猫用」とわざわざ明記されているものも少なくありません。

心配であれば、まずは子猫用と書かれているものを手に取ってみるのがいいでしょう。基本的にそういったシャンプーは、低刺激のものであったり、皮膚への影響が少ないようにできているものが多いはずです。デリケートな子猫の肌を守る為にもあらかじめ安心を得られるものを選ぶことはとてもいいことですね。

また、それぞれに特徴を持ったシャンプーも多数販売されています。たとえばノミとりと謳った商品、ノミなどは皮膚のトラブルや身体の不調を起こすもとでもありますので、極力避けなければならないもの。そういったものに対処できるシャンプーというのは非常に注目ポイントですね。これらも含め、どんな点をチェックすればいいのか簡単にまとめてみました。

ここからは、実際に子猫用シャンプーを購入する際に気をつけたいポイントを簡単にご紹介していきたいと思います。できるだけ子猫が快適に過ごせるようなアイテムを探してあげることで、きっと飼い主の方にとっても満足できることでしょう。

肌の状態をチェックしましょう

まずは子猫の肌が今どんな状態なのか、チェックはそこから始まります。子猫に限らず猫全般に言えることなのですが、猫の皮膚というのは思った以上に繊細です。まだ未熟な身体である子猫の場合は、より一層気をつけてあげなければ大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

清潔な状態を保つことはもちろん大切なのですが、シャンプーによって肌を傷めつけるのだけは避けたいところ。まずは子猫の皮膚をよく観察して、そこからシャンプー選びへと進んでいきましょう。

皮膚のトラブルが見受けられない時

特にトラブルが見当たらない場合は、基本的にそのままの状態を続けておくほうが安心です。かえってシャンプーしすぎると皮膚を傷めてしまうこともあるので、よほど食べこぼしなどで汚れてしまわない限りはシャンプーを避けるのが吉。とはいっても全く洗わないわけにもいかないですよね。

この場合はとくにシャンプーにこだわりすぎる必要はないかと思われます。一般的な猫用(もしくは子猫用と書かれているもの)を使って、優しく洗ってあげるといいでしょう。それほど汚れが強くない場合は、水のいらないシャンプーもおすすめです。手軽に、優しく洗うことができるので、こちらは外出先などでも使うことができ便利です。

そもそも猫は水があまり得意な生き物ではありませんので、水が苦手な場合は水のいらないシャンプーを使うことでストレスを増やさず洗ってあげることができます。あまり苦手意識が見られない場合は、普通に専用の物を選んで使ってあげましょう。

皮膚に乾燥が見られる時

人間でも冬場や季節の変わり目など、乾燥肌に悩まされてしまうことってありますよね。これは動物でも同じ。特に繊細といわれる猫の皮膚は、乾燥にも弱いことが多いです。細かい粉のような物が出ている場合はフケの可能性があり、この場合猫の肌が乾燥していると思われます。非常にデリケートな状態ですので、一般的なシャンプーを使用するのは一旦ストップ。

できれば低刺激のものを選ぶなど、皮膚への影響が少ないシャンプーを使うのがおすすめです。もしくは、使わないという選択肢も頭に入れておくといいでしょう。というのも、人間と同じで乾燥している状態はうるおいがなく、皮脂のバランスが悪い状態です。適度な皮脂があることで皮膚の状態は整いますが、それを奪ってしまうのはかえって乾燥肌を悪化させることも。

汚れが気になる場合や、長期間シャンプーしない、においが気になるという時は優しい刺激の少ないシャンプーを選ぶこと。もしくはぬるま湯などで優しく流してあげるだけでもずいぶん違います。状況に応じて臨機応変に、必ずしもシャンプーしなければならないと意地にならないことをおすすめします。

皮膚に皮脂の分泌が目立つ時

先ほどとは逆で、皮脂の分泌が多くなっているパターンもあります。子猫のうちはそれほどトラブルは起きないとも言われていますが、環境や体質によってはどうしても皮膚の状態が悪くなりがちな場合もあり。なんだか皮膚の表面がべたべたとしていたり、先ほどの乾燥の時とはちがって、逆に大きなフケが出ているときはかなり汚れが付着している可能性が高いです。

この場合はしっかりと汚れを落とすことが出来る、やや洗浄力が高めの物がおすすめになります。といってもそういった商品はパワフルすぎることもあるため、子猫にとっては負担がかかりすぎることもあります。ですのでごく一般的な普通のシャンプーにするか、猫専用のシャンプーを選ぶようにすると安全にお使いいただけるでしょう。

洗いすぎるのもよくありませんが、汚れが溜まりすぎるのももちろんよくありません。清潔に保つことは子猫の健やかな成長を助けるためにも大事なことです。同じ環境で育っていても、猫それぞれに状態は違ってきますので、それぞれよくチェックしてあげるといいでしょう。

ノミやダニがいる場合

トラブルのなかでも特に気をつけたいのがノミやダニ。最近は予防用のシャンプーも多数出てきていますので、そういったものを使ってあらかじめ防いでおくことは大切かもしれません。しかし子猫の場合はまだ皮膚も繊細ですので、洗浄力が高いこういった商品は不向きであることがほとんどです。かといって放置しておくわけにもいかないでしょう。

ある程度大きくなってくればノミ・ダニ用シャンプーもおすすめですが、まだ小さなうちはできるだけ避ける方が安心。やはりノミやダニが見つかったときは、シャンプーせずに獣医師の診察を受けることをおすすめします。市販のノミ・ダニ用シャンプーがだめというわけではありませんが、子猫のうちは避ける方が安心ですね。

シャンプーでどうにかするというよりは、その他の対策を考えるほうが根本的な解決にも繋がります。子猫はまだそういったシャンプーを使うよりは、別の面で気をつける方が安心です。また、ノミやダニに気づいた場合はできるだけ早く診察を受けさせてあげること。早期の治療と対策が鍵を握ります。

添加物の有無で選ぶ

最近は添加物に何かと敏感になりがちですが、人間が使うシャンプーや食べるもの、さまざまな身の回りの物にも添加物は含まれています。人によってはこの添加物がアレルギーの原因になったり、不調のもととなることもあるため、神経質になりすぎる必要はないものの多少気にした方が安全ともいえます。

添加物なしを選ぶメリット

これはもちろんデリケートな時期でもある子猫にもいえること。シャンプーは特に、添加物をたくさん含んでいるアイテムの一つでもあります。猫用のシャンプーも最近は添加物を含んでいない物が増えているなど、できるだけ健康かつ安全に使用できることを第一に考えられているものも多く見られるようになりました。

いいにおいがする、とつい香りでシャンプーを選んでしまうこともあるかもしれませんが、この場合科学香料などが含まれていることもあります。他にもシリコンやパラベンといった成分も、皮膚への影響が懸念されていることから子猫のうちはできれば避けたいところ。100%何かが起こるわけではありませんが、心配なら使用を控えたいですね。

しかし、なかでも気をつけたいのが防腐剤。こちらも添加物のひとつに分類されるのですが、防腐剤はその名前からも分かる通りそのものを腐りにくくする成分でもあります。物というのは空気に触れ、時間が経てば劣化していくのが当たり前。それを食い止めることは時に必要な役目でもあります。

防腐剤なしを選ぶ場合は出来るだけ早く使い切る

必要な役目であることは分かっていても、できればそれも含めて避けたい。そのようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。その場合はもちろん防腐剤なしを選んでも構いません。子猫の健康には変えられないものですので、もしそれを選ぶことで不安に感じるのであれば防腐剤フリーのシャプーがおすすめです。

ただし、防腐剤なしを選ぶ際は「できるだけ早く使い切ること」必ずこれを守ってください。ナチュラルであるものはそれだけ早く物がダメになってしまうため、当然腐りやすくなってしまいます。ダメになったものをそのまま使い続けるとどうでしょうか。おそらくかえって悪影響を及ぼす引き金となってしまうこともあるでしょう。

防腐剤を含め添加物との付き合い方は難しいところです。しかし、きちんとルールさえ守れば安心に使うことができますので、飼い主さんにとってベストな使い方、扱いやすさを重視して選ばれるのも大切なことかもしれません。ぜひ無添加の言葉だけに惑わされず、選んでみてくださいね。

香りで選ぶ

シャンプーといえばやはり香りで選ぶ、という方は多いのではないでしょうか。飼い主さん自身が購入される場合は、香りを基準に選ばれているかもしれませんが、猫に対してはどうでしょうか。ふんわりといい香りが漂ってくるのは、やはり一緒に過ごしていても心地がいいものですよね。

ただ、心地よい香りというのは人間にとって、の話であって猫ちゃんにとってはそうでないこともあります。猫や動物にとってにおいというものはとても重要なもの。自分の臭いを周囲につける、ということを前提に考えると、シャンプーの香りが邪魔に感じてしまうことも十分考えられます。それによってストレスを与えるのはやはりかわいそうです。

いい香りをさせたい気持ちは少しだけ我慢して、無香性のもの、もしくは微香性程度に留めておく方がいいでしょう。においというものは健康状態を知らせてくれたり、大事な役目をになっている部分でもあります。大事な家族の一員が、日々健康かどうかをチェックするためにも、ぜひ香りに気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

子猫用シャンプー人気おすすめ商品TOP10

ここからは、おすすめしたい人気のシャンプーをランキング形式でご紹介していきたいと思います。肌・体に優しいもの、少しでもご自宅の猫ちゃんが気持ちよく過ごせるようなアイテムが見つかれば幸いです。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

10位

ノルバサン シャンプー 0.5 (236ml)

ノルバサン シャンプー 0.5 (236ml)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 2,215

主成分は酢酸クロルヘキシジン、ヤシ油脂肪酸アミドなどで出来たシャンプーです。肌にも優しくアプローチしてくれるなど、低刺激となっていますので子猫にも使っていただけるアイテムになります。カビや最近などから皮膚、被毛をケアしてくれる頼もしいシャンプーでしょう。

コンディショナー配合ですので、洗い上がりも毛がふんわりとしなやかな仕上がりになるのが嬉しいですね。気になりやすいにおいも自然な香りですのでいやみがなく、猫ちゃんにとっても飼い主の方にとっても、快適に使っていただけるのではないでしょうか。

9位

ペットキレイ 毎日でも洗えるリンスインシャンプー愛猫用 330ml

ペットキレイ 毎日でも洗えるリンスインシャンプー愛猫用 330ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 561

洗浄成分の100%が植物生まれのものを使っている、という成分へのこだわりを感じられるシャンプーです。低刺激性ですので、デリケートな皮膚にも優しく、安心して使っていただけるのではないでしょうか。毎日でも洗える、というぐらいの優しさを感じさせてくれますね。

乾燥した後の皮膚や、ブラッシング摩擦などあらゆる刺激から守ってくれるのもポイント。うるおい成分アミノ酸も配合で、乾燥に悩まされている猫ちゃんも安心です。リンス成分も含まれているので、毛がふんわりとなめらかな仕上がりになるなど、シャンプー後の満足感も得られるでしょう。

8位

ペティオ (Petio) ペッツスマイルド 肌に優しいアミノ酸配合シャンプー 全猫種用 350ML

ペティオ (Petio) ペッツスマイルド 肌に優しいアミノ酸配合シャンプー 全猫種用 350ML

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 385

皮脂のべたつきや被毛の汚れも、優しくしっかりと洗浄してくれるシャンプーです。お肌にも優しいアミノ酸配合ですので、刺激が気になるときや乾燥が気になるときにも、安心して使っていただけるのではないでしょうか。トリートメント成分も配合で、仕上がりもふんわりやわらかです。

注目するポイントは保湿効果が高いホホバオイル、さらにオリーブエキスが配合されている点でしょう。植物由来の成分を使うことで、安全性を高められているところも、多くの方に選ばれやすい理由ではないでしょうか。優しいベビーシャボンの香りがほどよく、心地よくなりますね。

7位

アイリスオーヤマ 無添加リンスインシャンプー 犬猫用 600ml MRS-600

アイリスオーヤマ 無添加リンスインシャンプー 犬猫用 600ml MRS-600

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 845

防腐剤無添加で、お肌がデリケートな猫ちゃんでも安心して使っていただけます。植物由来の洗浄成分によって汚れを優しく落とすことが出来ます。ふんわりとした優しい泡立ちで洗い上がりもサッパリ清潔に。3種類のハーブエキスを配合することで、ほどよくうるおいも保ってくれます。

香りもマイルドなフローラルタイプとなっていますので、においに敏感な猫ちゃんでも安心して使っていただけるでしょう。仕上がりも毛がサラサラとなめらかになりますので、ブラッシングと併用しながらお手入れしてあげたいですね。

6位

ゾイック キャッツシャンプー 300ml

ゾイック キャッツシャンプー 300ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,710

オシャレなボトルはまるで猫用シャンプーとは思えないデザイン。もちろん見た目の格好良さだけが魅力ではありません。猫専用のリンスインシャンプーで、低刺激なアミノ酸系ベースとなっており、デリケートな猫の皮膚や被毛もしっかり守りながら優しい洗い上がりを実現することが出来ます。

速乾性に優れている点がポイントで、シャンプー後も乾かす時間が長くかからず、それでいてうるおいもきちんと残してくれるところがポイントでしょう。香りもそれほど強くないので、ほのかなフローラルさを感じていただける程度で、安心して使っていただけるでしょう。

5位

フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 犬猫用 200g(医薬部外品)

フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 犬猫用 200g(医薬部外品)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,232

動物病院で最も処方されているクロルヘキシジン配合で、抗菌作用を持っている点や安全性が高いことでも知られており、できるだけ皮膚にダメージの少ないシャンプーをお探しの場合にもおすすめのアイテムとなっています。毒性や刺激性の低さは、特に注目すべきポイントではないでしょうか。

清潔な皮膚を保つためはもちろん、消臭効果などの面でも期待が寄せられます。香りも自然ないやみのない香りで、泡切れも非常に良いので仕上がりもとてもさっぱりしています。ドライヤー後もふわふわな毛になるので、思わず触れたくなりそうですね。

4位

ジョイペット 水のいらない泡シャンプー猫用 200ml

ジョイペット 水のいらない泡シャンプー猫用 200ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 440

猫の特性上、どうしても水とはあまり相性がよくありません。でも全く洗わないわけにもいかない、そんな時におすすめしたいのがこちらの水の入らない泡シャンプーです。べたつかず、ふんわりと優しいサラサラ仕上げで、簡単に清潔を手に入れることが出来るでしょう。ヒアルロン酸配合で、皮膚や被毛もキレイな仕上がりです。

ご自宅で使用する場合はもちろんのこと、外出先やちょっとした汚れが気になるシーンでも使っていただけます。舐めても安心な食品成分100%使用ですので、安心。なかなかシャンプーするのが難しいと感じている方にも試していただきたい商品です。

3位

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 580

つやつやな髪の仕上がり、毛艶や手触りなどすべてにこだわりたい飼い主さんにおすすめなのがこちらのシャンプーです。トリートメント成分も配合で、洗った後の仕上がりはまるでサロンにでかけたあとのよう。グレードの高さを感じさせてくれる商品と言えるでしょう。

ノンフレグランスですが、使用時はやや香りがあります。乾かした後はほぼにおいが残らないようになっていますので、猫ちゃんにも安心ですね。ふわふわの心地よい仕上がりをお求めの方にぜひおすすめです。

2位

ミラクル キャットシャンプー400ml

ミラクル キャットシャンプー400ml

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 1,130

フケなどが気になる時にも使っていただける、低刺激性のシャンプーです。季節の変わり目などにもおすすめで、肌の弱い子猫ちゃんにも使いやすい商品となっています。長年の実績を持つメーカーのアイテムということで、多くの方から信頼されているというのもチェックポイントでしょう。

香りもやさしくふんわりで、人間も猫もちょうど心地よいを感じられる程度のものです。洗い上がりもふんわり、そしてサラサラでその状態が長期間続くのも嬉しいですね。清潔に、洗い上がりの満足感も意識したい飼い主さんにもおすすめのシャンプーではないでしょうか。

1位

Natural Beauty 猫 シャンプー オーガニックホホバとティーツリー 低刺激 (250ml)

Natural Beauty 猫 シャンプー オーガニックホホバとティーツリー 低刺激 (250ml)

画像出典:Amazon.co.jp 参考価格:¥ 799

厳選された天然成分だけを100%使用した、植物成分配合のシャンプーです。天然のハーブティーツリーは爽やかで心地よい香り、なおかつ清潔さを保ってくれるアイテムです。無農薬ハーブを使用しているので、添加物などが気になる場合でも安心して使っていただけるでしょう。

他にもオーガニックホホバ、アロエベラ、ユーカリ、ラベンダーなど、保湿成分や皮膚の健康を守ってくれる成分が入っているので、お肌のケアとしても活用していただきやすいのではないでしょうか。猫ちゃんも飼い主さんも、お互いがリラックスしながらシャンプーの時間を過ごせそうですね。

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

子猫用シャンプーの効果的な使い方

濡れた猫

シャンプーを行う際には、できるだけ猫ちゃんに心地よい気分で過ごしてもらいたいものですよね。特に猫は水を嫌う生き物ですので、なかにはシャンプーをとても嫌がる子もいるでしょう。少しでも飼い主さんや猫ちゃんにとって快適なバスタイムとなるように、効果的な使い方について提案していきたいと思います。

シャンプー前に一通り準備しておく

ブラッシングを行うと髪や頭皮についた汚れもほとんど落とすことが出来る、こんな話を聞いたことがありませんか?人間のシャンプー前によく言われていることですが、これは動物も同じ。シャンプーを行う前にしっかりブラッシングしてあげるとスムーズに汚れが落ちやすくなります。

毛はどうしてももつれてしまいますし、ホコリも絡まってしまうこともあるでしょう。手では取り除くことが難しいものでも、ブラッシングであれば取り除くことが出来ます。猫ちゃんにとってもリラックスタイムとなりやすいので、優しくブラッシングしてみましょう。

また、暴れてしまった時に爪で引っ掻かれないよう、あらかじめ爪を切っておくのもおすすめです。お互いがストレスにならないよう、ちょっとした準備を整えておくだけでもずいぶん違ってくるはずです。

シャンプーはしっかり泡立てて使う

こちらも人間と同じなのですが、ただシャンプーを液体の状態で塗りたくっても汚れは落ちません。できるだけお湯と、手を使って泡立てた状態で使用しましょう。いきなり液体を身体につけてしまうと、その温度に猫がびっくりしてしまうこともあります。人肌で温めるイメージで、優しく泡立ててみましょう。

泡を優しく毛と馴染ませるように、できるだけ顔にかからないように気をつけてあげるだけでもやりやすくなります。からだ全体を撫でるようになじませながら、優しくリラックスしながら洗ってあげてください。

またシャンプー前と後は、それぞれしっかりシャワーをかけてあげること。人肌程度のぬるめのお湯がおすすめです。水圧も弱めにして優しくシャワーしてあげてください。しっかりと濡らしておくことでシャンプーも泡立ちやすくなります。シャンプー後は泡が残らないよう、丁寧かつ素早く流してあげてください。

シャンプーが残ってしまうと皮膚トラブルの原因となることがあります。せっかくきれいにしてあげるのでしたら、きちんと最後までお手入れしてあげましょう。できるだけ顔にお湯がかからないよう、細心の注意を払いながら丁寧に行うのがおすすめです。

シャンプー後はしっかり乾かす

基本的にはタオルドライで大まかな水分を取ってあげます。根元部分をしっかり拭き終えたら、さっとドライヤーをあててあげましょう。この際もシャワーと同じく、ややゆるめの風量で優しく乾かしてあげてください。夏場は特に半乾きのままですと、においが気になってしまうこともありますので注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。子猫にとってはシャンプーもまだ未知の、はじめての体験となることもあるでしょう。飼い主さんもやりづらさを感じることがあるかもしれません。しかしまずは焦らないこと、肌に優しいシャンプーを使ってみたり、ちょっとした工夫で快適な状態に整えてあげることはできます。

ぜひ、シャンプー選びに少しだけこだわってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

グッディ∞で分かる!おすすめ商品と正しい選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連キーワード

人気記事をチェック


生活雑貨
家電

運営者情報プライバシーポリシーお問い合わせ

© 2018 グッディ∞ All Rights Reserved.

-->